「会社行きたくない」
これは社会人になると、誰しも出てきてしまう感情だと思います。

しかしそんな感情が毎日出てきてしまうのであれば、それは心からのサインかもしれません。
サインを無視した状態で仕事を続けた場合、最悪の場合、精神疾患などに陥る恐れや腹痛や吐き気に襲われる出勤困難症といわれる恐ろしい病気にかかってしまう可能性が高いです。

自分の人生を守るうえで、会社に行く気が起きない理由を知り、それを解決に導いてあげる事が大事です。

なので、ここでは会社に行きたくない理由から解決策まで紹介していきます。解決策を知り、迎えたくない朝を乗り切りましょう。

会社に行きたくない状態の種類とは

会社に行きたくない気持ちは2種類に分かれます

会社に行きたくない気持ちは以下の2種類

  • 仕事は楽しいけど今日はただ気分が乗らないだけ
  • 会社に合っていないので日常的に限界を感じている

1つ目は一過性で終わることも多いですが、2つ目はずっと続く恐れのある理由です。
それぞれの理由を掘り下げていきましょう。

仕事は楽しいけど今日はただ気分が乗らないだけ

一時的に「今日は出社したくない」という日は誰にでも訪れるものです。
体の調子が良くない、前日飲みすぎて二日酔いになってしまった。、ミスをすると立場がない、昨日はすごく怒鳴られたなど、様々な理由が考えられます。
こういったケースはどの場合もやる気は復活していきます。

会社に合っていないので日常的に限界を感じている

「今日1日」のみならず、「会社に行きたくない」が末期の状態に陥っているケースも考えられます。
仕事内容や同僚などのせいで「この仕事に向いていない」と考え、毎日限界を感じ、限度を越えてしまっているなと感じる事はありませんか。
このケースの場合は、放置しておくと出社したくない気持ちは変わらず、やる気が復活することはありません。

「会社に行きたくない」は決して甘いわけではない、理由を考えてみよう

「会社に行きたくない」という感情が出てしまうと、自分が甘いのではないかという錯覚に陥るパターンがあります。
しかし、「出社したくない」という感情は誰しもに訪れます。何が要因でそうなってしまったのかを考えていきましょう
考えられる理由としては6つあります。

重い責任・のしかかるプレッシャー・慣れない環境で感じるストレス

肩書きによる感じる重い責任、過密なスケジュールによるプレッシャー、イレギュラー対応、部署変更による環境の違いによるストレス。
これらの理由により、出勤困難症を患ってしまうことがあります。
期間が決まっているプロジェクトであれば、終わりと同時にプレッシャーなどから自由になれるケースもあるみたいです。
ただ、ゴールが見えない場合は、「いつになったらこの状態から解放されるのだろう・・・」と失望してしまう恐れもあります。
「必ず完璧に仕上げなければならない」「ミスは絶対にしてはいけない」という自分自身の気持ちも、よりストレスを感じさせ、精神状態に負担がかかってしまっているのかもしれません。

拘束時間が長すぎる、過度な労働による疲労困憊

長い拘束時間や法外な労働による疲れやストレスが残ってしまい、それが溜まってしまっているケース。
食生活や睡眠時間を確保できるように気を付ける、運動や趣味に没頭して気分転換する、定期的に医療機関に通い、健康になるための意識付けをしていかなければ、ある日急に限界突破が起きてしまう恐れがあります。
気分転換しようと思っても、拘束時間が長すぎるため、時間が取れないケースも多いようです。

私生活のショックによるうつ病

業務内容や人間関係と関係なく、私生活のストレスにより、うつ病にかかってしまい、それが原因となり出勤困難症になってしまうケースもあります。
失恋、離婚、親族の病気や死など理由はそれぞれあります。
職場に行き業務をこなすことで、ストレスの発散になる場合もありますが、あまりにも大きなショックを受けたことにより、出勤が不可能になる人も多数います。
この辺の受け取り方は、人それぞれでしょう。

職場における人間関係のストレス

会社での人間関係も大きな出社したくなくなる大きな原因の一つです。
なんせ週5日8時間の時間は一緒にいるわけですから、相性が最悪だと大きな苦しみを味わうことになります。
単に波長が合わないや性格の不一致ならまだしも、権力を振りかざしたパワハラ・セクハラといった深刻な問題も報告されています。
セクハラ・パワハラ対策がしっかりなされている企業なら、従業員の声に耳を傾き、解決に導いてくれるかもしれないです。
でも残念なことに、多くの会社ではハラスメントの対策においてはほぼ放置状態。誰も救ってくれないまま、「これは我慢するしか方法がないのか・・・」と元気をなくしてしまう方も多いです。

挫折を味わった

名門大学から超大手へと、ずっとエリートの道をひた走ってきた優秀な人が初の挫折が原因で出勤困難症になるケースも多いです。
第三者から見れば「充分結果を出しているのに、なんで?」「また復活して頑張ればいいのに」と考えるかもしれません。
エリートであるが故のプライドの高さ、そして基本的に挫折経験が少なすぎるため、挫折に慣れていないという背景もあるようです。
学力や才能が人よりも溢れている人ほど、悩みを打ち明ける人もおらず、その結果孤独を感じることが多いようです。

自分の性格や適正じゃない業務をやらされる。

自分の性格・能力に合ってない業務をやらされている、人はものすごくストレスを感じています。
黙々とものに向かってひたすら作業ができる人、対人コミュニケーションが得意で人間関係の構築ができる人、普通の人には編み出せない革新的なアイデアを生み出せる人など、得意不得意は人それぞれです。
いくら優秀で真面目な人でも本質的に合わない業務ばかりしていると、通常よりメンタルがやられやすくなります。
それが原因で、自分の業務に自信ややりがいを感じなくなり、出勤困難症になってしまう恐れもあるようです。

会社に行きたくない人に是非試して欲しい方法5選

いっそのこと休む

あまりにも会社に行くのが辛くなるようであれば、まずはいっそのこと1日休んじゃうことをオススメします。
切羽詰まった状態では、正確な判断を出すことはとても難しくなります。なので、会社を休み、メンタル的にも少しでもスッキリした状態になったうえで、次にやるべきことを考えましょう。
体調管理も大事な業務の一環と言われているので、メンタル的な疲れが要因で休んだとしても全然悪いことではありません。

会社に行きたくない理由と、しっかり向き合う

出社したくない理由と、面と向かって向き合ってみることも大事です。
要因は以下の通りです。

向き合って考えるべき内容は以下の3つ

  • あなたの努力や周りの協力で、解決できそうか?
  • 時間とともに解決することが可能か?
  • それとも、これからどう努力したところで解決の見込みがないものでしょうか?

会社に行きたくない理由と改めて向き合うことで、今後起こすべき行動が明確化されます。

しっかり栄養を摂って、よく体を動かし、たくさん寝る

仕事が忙くなり、時間的、メンタル的に余裕がないと、食生活が乱れがちになってしまいます。
毎日慌ただしくコンビニ弁当やカップ麺を食べている生活を送っていると、健康上良くありません。

また、業務がデスクワークだと、なおさら不健康になってしまいます。頭はすごく疲れているのに、肉体的疲労があまりないというアンバランスな状態になってしまいます。

なので、業務がデスクワークかつ運動不足だと、なかなか眠りにつきにくいことも多いようです。
「座りっぱなし」が健康上にとても悪影響なのは近年よく言われているので、思い当たる節がある方は是非対策をしましょう。

このように睡眠不足や食生活の乱れが続くとストレスに耐性が低下するので、ストレスの量が同じでも不健康の方のほうがストレスに対して弱くなってしまいます。

なので、栄養管理をしっかりして、スポーツクラブなどでしっかり汗を流し、しっかり睡眠を取る生活をしましょう。

医師の診断を受けたうえで、休職する

医師から「うつ病」などの診断書をもらえば、休職が可能になります。そうなってしまった際、「傷病手当金」ということで、1日当たりの「標準報酬日額の3分の2」の支給を受けれます
「出社していないのに給料もらっていいのかな」と気にされる方も多くいますが、これは労働者としての立派な権限ですので安心してください。

思い切って環境変えるために転職

職務内容や会社の雰囲気がどうしても合わないなら、思い切って転職してみましょう。
合わない職場環境から転職して、他社でイキイキと活躍されている方も多数いらっしゃるのは紛れもない事実です。
世の中は実はあなたが思っているよりも遥かに広いですし、可能性もたくさんあるのも事実です。
決して「この職場しか自分の生きる場所はない」などと決めつけないようにしましょう。

転職活動を始めるうえで、オススメのエージェントをまとめた転職エージェントを比較|一目でわかる業種・職種別比較一覧を是非参考にしてみてください。

自分が「うつ病」ではないかと感じたあなたへ

「自分が会社に行きたくないのは、うつ病ではないのか」と気にされた方も多いのではないでしょうか。
もし自分が「うつ病」じゃないかと気になった場合は、体調不良を理由に午前休を取り、病院へ検査に行くことをオススメします。
ここではうつ病診断チェックシートに記載されている項目を記載してみましたので是非参考にしてみてください。

転職を決意した方におすすめの転職サイト7選

仕事に行きたくない理由を考えた結果転職しようと思い立ってみても、何から行動すればいいかかわからないですよね。
そういった転職についての悩みにどんなことでも親身に対応してくれるおすすめの転職エージェントを7社をご紹介いたします。
是非転職活動のご参考にしてみてください。

1位:リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

転職エージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

公開求人数 149,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 160,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
40代女性(事務 / 年収300万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

2位:マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

公開求人数 20,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 22,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

3位:Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

4位:doda


doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

5位:JACリクルートメント


JACリクルートメント

おすすめ度:

公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

公開求人数 3,300件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

6位:パソナキャリア


パソナキャリア

おすすめ度:

公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

公開求人数 39,500件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(マーケティング / 年収500万円台)
キャリアアドバイザーが現実的なキャリアプランを提示してくれたことが印象に残っています。
現在だけでなく数年後にさらなるステップアップを目指した転職を考えることができる転職活動のアドバイスをいただけました。
最初は紹介された求人が少なく、不安を感じましたが、最終的には自分に合った求人を吟味していただいたうえでの提案でしたので大変感謝しています。

7位:ビズリーチ


ビズリーチ

おすすめ度:

公式サイト: https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職エージェントです。

他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスという特徴があります。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方には是非一度登録してみることをおすすめします。

公開求人数 128,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(IT / 年収900万円台)
ビズリーチは何といってもスカウトの数が多いです。
自分の可能性を知るためにも、ヘッドハンターやエージェントともコンタクトを取れるのは非常に良いと思います。
ビズリーチ時代が急成長を遂げているIT企業ということもあり、IT起業経験者や人材業界経験者であれば、高額率でビズリーチ自体からもスカウトが送られてくることもあります。
私や私の友人もビズリーチからスカウトを受信しており、これは他サービスにはなかなか無い特徴だと思います。

自分が「うつ病」ではないかと感じたあなたへ

「自分が会社に行きたくないのは、うつ病ではないのか」と気にされた方も多いのではないでしょうか。
もし自分が「うつ病」じゃないかと気になった場合は、体調不良を理由に午前休を取り、病院へ検査に行くことをオススメします。
ここではうつ病診断チェックシートに記載されている項目を記載してみましたので是非参考にしてみてください。

うつ病診断チェックシート

チェック項目
  • 体がしんどく疲れやすい
  • 騒音が気にしてしまう
  • 気持ちの浮き沈みが激しい
  • 音楽を聴いても気持ちが乗らない
  • 特に朝に無気力になりがち
  • 話し合いに集中できない
  • 首・肩のこりが激しい
  • 頭痛持ち
  • よく寝付けず朝早く起きてしまう
  • 事故や怪我を起こしやすい
  • 食事に味気を感じない
  • テレビを見てもつまらない
  • 息詰まりがあり、胸が苦しくなってしまう。
  • のどの奥に何か引っかかるものを感じる
  • 人生が楽しくない
  • 何事もめんどくさく感じる
  • 本当は几帳面で仕事熱心
  • これらの項目でチェックが多いほど、うつ病に近い状態といえます。
    あくまで目安になりますが、あまりにも多くチェックがついてる場合は一度心療内科に行くことをおすすめします。
    一度休職して、治療に専念することを強くおすすめします。

    まとめ

    「会社に行きたくない」方に向けた出社したくない問題を解決対策まとめるとこんな感じになります。

    会社に行きたくない問題解決対策
    1.1日休んでみる
    2.会社に行きたくない理由と向き合う
    3.生活習慣の見直し
    4.休職
    5.転職

    ただ、無理し過ぎてしまうと「うつ病」になってしまうのでそうなってしまう前に転職という対策も是非参考にしてみてください。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄