CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「転職したいけれど、失敗が怖い…」「転職に失敗しないためのコツを知りたい」という看護師の方は多いのではないでしょうか。

何度も転職をして、なかなか職場に定着できないことほどつらいものはありませんよね。

そこでこの記事では、看護師の方が転職で失敗しないためのコツをご紹介します。
また、成功するためにはどうすれば良いか具体的にご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

加えて、看護師の転職において頼りになる転職エージェントもご紹介していきます。
転職エージェントは強い味方になってくれますので、積極的に活用していきましょう。

>>すぐに失敗しない転職エージェントを知りたい方はこちら

関連記事
看護師転職サイトおすすめランキング|口コミ・評判から徹底比較

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

看護roo!
利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり

\業界最大級の病院件数/

公式サイト→

記事の目次

看護師の転職事情

看護師は転職回数を重ねている人も多く、更に求人数も多いため、比較的転職がしやすい職業であると言えます。
医療関係の職種は常に人手不足が深刻になっており、引く手あまたな状況です。

看護師として働き続ける上で、もし今の職場があなたにとって最適ではない環境ならば、思い切って転職活動を始めることをおすすめします。

とはいえ、見切り発車で転職活動を始めてしまうと、成功率は下がってしまいます。
転職成功のためには、しっかりとした下準備が欠かせません。

ここからは、よくある失敗例をご紹介します。

看護師の転職でよくある失敗と回避方法

転職を成功させるために、まずはよくある失敗例を知っておきましょう。
成功に辿り着くためにも、どのような失敗があるかを把握しておくことは非常に重要です。
よくある失敗の回避方法についても記載しますので、参考にしてくださいね。

1. 転職後も人間関係がうまくいかない

前職よりもより良い条件の病院に転職したものの、人間関係に問題を抱えてしまうということは一番多くある失敗ではないでしょうか。
イメージしていたよりも上下関係が厳しい、いじめがある環境だった、など人間関係で悩む看護師は少なくありません。

人間関係が上手くいかなければ、仕事に集中することは困難です。
特に転職したての頃は、どのように振る舞えば良いのかわからず、意図せず誰かに嫌われてしまう可能性もあります。

元の職場よりも人間関係が複雑で職場に向かう足取りが重くなってしまうとせっかくの転職は成功とはいえないでしょう。

<回避方法>
事前に職場環境についてしっかり調べておきましょう。
自分で病院に足を運んで雰囲気をみることも有効ですが、内部事情まで把握している転職エージェントへの相談がおすすめです。
しっかり相談して内部事情まで知りたい場合は、過去の転職者や派遣スタッフから口コミを集めている看護のお仕事に相談してみてください。
他の転職エージェントも知りたいかたはこちら

2. 給与が上がらなかった

給与アップを狙って転職したものの、実際に働き始めたところ全く給与が変わらなかったという失敗もあります。
アップするどころか下がってしまったという人も少なくはありません。

給与だけが全てではありませんが、働いていく上で重要なポイントであることは否めません。
とはいえ、これまでの評価は転職では引き継ぎづらいため転職によって給与をあげるにはそれなりの実績が伴う必要があります。
どうしても給与アップを狙いたいのであれば、転職活動の際に相応の努力が必要だということを意識してください。

<回避方法>
給与アップやキャリアアップに強みのある転職エージェントへの登録がおすすめです。
担当コンサルタントが一緒にあなたの強みを考えてくれます。
給与アップに強い転職エージェントはこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。
>>看護師転職サイトおすすめランキング|口コミ・評判から徹底比較

3. 求人内容と待遇が違う

求人票にはとても働きやすく、更に給与も高い水準にあると書かれていても、実際に入職してみたら全く違っていたということもあります。

求人の内容がどれだけ耳心地の良いものであっても、事実が異なっていては意味がありません。
よく確認したつもりでも、入職してみると待遇をガラッと変えてしまう職場があることも覚えておきましょう。

不自然に高給与な求人や、残業は全くないなどといった謳い文句にはしっかり検討しましょう。
聞いていた待遇と違ってしまったら、また転職活動をしなければならなくなってしまうかもしれません。

<回避方法>
ブラックな職場など職場環境を見抜くには口コミサイトの活用がおすすめです。
転職エージェントだけだと担当コンサルタントとの相性によってあなたの理想の働き方がきちんと伝わらない可能性があります。
聞いていた条件とのギャップを減らすためにも転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。

>>女性の転職サイトおすすめランキングはこちら

4. 有休がとりにくい

有休の制度自体は用意されていたとしても、実際にとりやすいかどうかは別の問題です。
有給は年間最低5日取らなければいけませんが、自由なタイミングで取れる院もあれば院が決めた日程で取らなければいけない場合もあります。

同僚が忙しく働いているところで有休を申請することは、いささか気が引けるでしょう。
特に、自分以外は誰も有休をとったことがないといった職場の場合は、転職したての自分が有休をとるわけにはいかないと感じてしまう人は多くいます。

しかし、制度として設けられているのに申請しにくいという職場は決して好ましいものではないでしょう。
できればそういった職場は避け、有休をとりたい時にきちんととれる職場に転職したいところです。

<回避方法>
有給の取りやすい雰囲気かどうかというのは簡単に見抜けるものではありません。
看護のお仕事はかなり求人情報が豊富な転職エージェントのため、
雰囲気などについても聞くことができます。
また、複数の転職エージェントに聞いてみることも有効です。
ここが気になっていますが、雰囲気どうですか?有給取れますか?など聞いてみてください。
>>看護師におすすめの転職エージェントはこちら

5. 前職より残業が多かった

残業が多く、激務だったため転職を決めたという人は少なくありません。
しかし、転職後の職場では更に残業が多く、体力的にも精神的にも追い詰められてしまうケースもあります。

<回避方法>
職場の残業量はパッと見でわかるものではありません。
残業について、また職場の雰囲気について事前に知りたいのであれば、前述の看護のお仕事への登録がおすすめですが、
そもそも正規雇用に拘らないのであれば、残業のない看護師派遣という働き方もおすすめです。
看護師派遣は高収入が狙え、委員会や勉強会への参加は強制されないことが多いです。
また同じ職場にいる期間も最長で3年のため人間関係にもあまり悩まさせません。
>>看護師派遣について詳しく知りたい方はこちら

6. 業務についていけない

スキルレベルが追い付かず、業務についていけないということも考えられます。
望んでいた職場に入職したけれど、思っていたよりも遥かに高いレベルのスキルが求められ、苦しい思いをしてしまう人も多いのが現状です。

スキル不足に気づけないまま、ハイレベルな職場に転職してしまうと日々の業務に支障をきたしてしまいます。
望んでいる職場がどの程度のスキルを必要としているのか、また、自分はそれに応えられるだけのスキルを身につけているのかという点は非常に重要です。

<回避方法>
自分の持つスキルを正確に、かつ客観的に判断し、本当に転職先で問題なく働くことができるかどうか熟慮してから転職先を決めるべきだと言えます。
自分の強みや弱みを把握した上で自分にあった条件を考えていくことが重要です。
転職サポートに力を入れている転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の作成だけでなく面接の対策も行ってくれます。
その際にあなたの強みやあなたのスキルについても一緒に考えてくれますので、登録をおすすめします。
>>看護師におすすめの転職エージェントはこちら

7. 前職の方が働きやすかった

転職したからといって、必ずしも前職よりも良い環境に恵まれるとは限りません。
前職でつらい思いをしたから、きっと次は良いところだろうと思っていても、現実は逆だったということも考えられるのです。

前の方が良かった、と思っても、もう一度同じ場所に戻ることは困難です。

<回避方法>
転職前に絶対に外せない条件を可視化しておきましょう。
なんとなく今の職場のこういうところがいやだから転職したいな…という程度の認識で転職活動を進めてしまうと、
自分が本当に耐えられない環境にあたってしまう可能性もあります。

事前に今の職場の良い部分、また転職したい理由(絶対に外せない条件)を説明できるようにしておくと、
転職エージェントに相談する際にも楽かつ正確にあなたの条件が伝わります。

看護師が転職失敗する理由とは

ここでは、看護師が転職に失敗してしまう理由についてご説明していきます。

1. 早く転職先を決めたいと焦ってしまった

転職活動は余裕を持って行うことが重要です。
転職する際に焦って転職先が決まる前に退職してしまうと転職失敗につながりやすくなってしまいます。
先に退職を決めてしまうと転職先が決まらなかった時に金銭的にも精神的にも追い詰められ、とにかく早く転職先を決めることが優先になってしまいます。
本当はもっと優先したい条件があった場合でも妥協することになりかねません。

確かに現在の職場に居心地の悪さなどを感じていると、とにかく転職さえできれば…と焦ってしまいがちですが、
本当にその職場で満足なのか、そこで働くことが最善策なのか、見極めることが肝心です。

焦っても良いことはありませんし、後でもっと良い条件の職場が見つかる可能性もあります
まずは落ち着いて転職活動を行っていきましょう。

2. 自分が求める条件を明確にしておかなかった

自分が転職先に対して何を求めているのかをはっきりと決めておかなければ、転職失敗の可能性は非常に高まります。

ぼんやりとしたイメージを持って求人票を見ていると、どの病院も同じように思えてきてしまいます。
どの病院が自分に合っているのか、見極めることができないと転職をする意味がありません。

どのような条件を求めて転職するのか、それがわからないまま転職活動を進めても得はないでしょう。

3. 転職活動を気軽に始めてしまった

特に計画を立てることもなく、何となく転職しようかな、といった気持ちで転職活動を始めてしまうと、失敗に終わる危険性が高いと言えます。

転職活動で「計画性」というものは非常に大切です。
計画性がなければ、さまざまな病院を比較することも、決断することもできません。

意気込みすぎる必要はありませんが、先を見通した行動をするべきでしょう。
勢いや思いつきで転職活動を始めると、後で取り返しのつかないことになってしまいかねません。

4. 求人情報をきちんと集めていなかった

転職活動にありがちな失敗ですが、求人情報の収集不足のせいで転職先を間違えてしまうというケースがあります。

転職先を決めるためには、まずどの病院が最もメリットをもたらしてくれるかを考えなければなりません。
たまたま目についた求人の条件が良さそうだったから、といった理由で転職を決めてしまうと、後日違うサイトでより良い条件の求人を見つけてしまうこともあります。

転職活動はまさに情報戦と言っても過言ではありません。
情報はできるだけ早く、多く仕入れる必要があります。
情報を集めるうちに、自分が何を重視して転職活動をしているのかということも見えてくるでしょう。

5. 自分ができることを整理しておかなかった

自分のスキルを整理しておかないと、転職先で業務に支障をきたしてしまいます。
多少無理をしてでも決めたいという病院があったとしても、実際に業務が始まればやはりついていけなかったという失敗は数多くあります。

転職活動をする上で、自分ができることをしっかりと整理して、何が可能で何が不可能なのかを考えておく必要があります。

そして、決して無理をしないことが重要です。
無理をしてしまうと、転職先で苦しい思いをし、「この転職は失敗だった」と思ってしまいかねません。

6. 事前に転職先の情報を仕入れておかなかった

事前に転職先の情報をきちんと仕入れていなかったという失敗も散見されます。
転職先がどんなところなのか調べておかないと、入職してから「こんなはずはなかった」と愕然としてしまう可能性が非常に高いと言えます。

求人票に書いてあることと待遇が違うなどといった事態を防ぐためにも、転職先の情報はきちんと集めておかなければなりません。

入職してから初めて知ることが多いと、業務に集中できませんし、どうしても色々なことが気になってしまいます。
転職して良かった、と思えるように、転職先の情報は集めておくべきです。

看護師が転職で失敗しないためには

ここでは、看護師が転職する際に失敗しないためのコツをご紹介します。
前述の失敗例の回避方法と合わせて参考にしてくださいね。

1. 希望条件に優先順位をつける

まずしておくべきことは、希望順位に優先順位をつけることです。
最も譲れない条件は何か、妥協しても良いラインはどこか、といったように順位付けをすることによって自分が何を最も重視しているのかはっきりと再確認することができます。

希望条件に順位がついていないと、どの求人が最も自分にとってふさわしいものなのか判断できなくなってしまいます。
最終的に決まればどれでも良い、などという決め方をしないためにも、希望順位は明確にしておきましょう。

2. 事前に転職先の情報を集めておく

事前に転職先の情報を集めておくことも重要です。
何も知らずに飛び込んで、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、事前に情報を集めておくべきでしょう。

求人票だけではわからない部分もあるので、口コミサイトを活用することをおすすめします。
看護師専門の口コミサイト「ナスコミ」を利用してみましょう。

もちろん口コミは過剰に悪口を書かれている場合もありますから、あまり信用しすぎないようにしましょう。
あくまでも参考程度にとらえておくのがベストです。

3. なぜ転職をするのか深く考える

転職活動を軽くとらえていると、成功することは難しいでしょう。
そもそも自分はなぜ転職をしようと思ったのか、改めて考えてみてください。

転職活動は人生において大きなターニングポイントでもあります。
見切り発車して良いものではありません。
自分が転職しようと思ったきっかけは何だったのか考えることも、そもそも転職してどうなりたいのか、ビジョンを描くことも大切です。

4. 転職活動は早めに始める

転職活動は必ず在職中に始めましょう。
退職してから転職活動を始めると、金銭的な余裕がなくなるため焦ってしまいます。

焦って転職先を決めると、後悔が残る可能性が非常に高いです。
転職活動は、金銭的にも精神的にも余裕があるコンディションで行うべきです。
そして、早めに始めることによってゆっくりと求人を探せるというメリットもあります。

5. 求人の詳細をきちんと確認する

よく確認せず求人票を流し見して応募しないようにすることも大切です。
基本的なことではありますが、意外と確認が漏れていることが多いので十分注意しましょう。

こういう職場だろうと思い込んでしまうと、実は全く環境が異なっていたという場合も考えられます。
どういった仕事内容なのか、どの程度のスキルが求められているのか、ふさわしい人材の条件とは何か、事前情報は十分に蓄えておきましょう。

6. モチベーションを保てるか、やりがいを感じられるか考える

モチベーションを保てない職場では、また転職したいと思ってしまう可能性があります。
職場に定着したいのであれば、本当にその職場でモチベーションを保てるか考えておくべきでしょう。

特におすすめしたいのが、定着率が記載されている求人票です。
職員の定着率が高い職場は、それぞれがやりがいを感じていると考えられるからです。
働く上でやりがいやモチベーションは非常に重要なものだと言えます。
安易に職場を決めてしまわず、まずは長く勤められる環境かどうかを見極める必要があります。

7. 実際に職場を見学する

できれば職場を見学してみることをおすすめします。
何よりも肌で感じることが一番手っ取り早いので、もし見学できる機会があれば迷わず見学してみてください。
実際に働いている人の様子や、院内の雰囲気、人間関係などが垣間見えるでしょうから、自分がそこで働くイメージを持ちやすいでしょう。

もしナースステーションに入れなくても、看護師がどのように働いているのかを見ることはできますから、自分が理想とする空気で働けるかどうか確かめることはできます。

8. 転職エージェントを活用する

看護師の転職活動に欠かせないのが転職エージェントです。
転職活動を一人で行うのは困難を極めます。
求人をひとつひとつ調べ、吟味することは容易ではありませんし、効率が悪すぎるためおすすめできません。

時間を最小限に抑え、更に質の良い求人のみを集めるためには、エージェントの力が必要不可欠だと言えます。
エージェントは常に最新の求人から、あなたに合うものだけを厳選して紹介してくれます。

そこで、次の章ではおすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職エージェント

ここでご紹介するのはおすすめの転職エージェントです。
どれもしっかりとあなたに寄り添ったサービスを提供してくれる、良質なものばかりです。
ぜひ登録してみてください。

1.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事はIT転職やフリーランスに強いレバレジーズの運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
友達に勧めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。クチコミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。
また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。

>>看護のお仕事の評判や口コミを詳しくチェックしてみる


2.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は、利用者満足度96.2%を誇る看護師転職に特化した転職エージェントです。
業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件を超えています。
応募手続きから退職交渉、給与アップ交渉などのサポートも充実。履歴書の添削や面接練習も行ってくれます。また、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴です。
10年以上、看護師さんの転職支援を行ってきた実績のある転職エージェントですので、転職に慣れていない方はぜひ相談してみてください。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、希望にあった求人をさらに紹介してもらえました。
転職先についても正直にアドバイスをもらえたおかげで自分にあった病院を探すことができました。給与面でも理想的な病院に決まったのでとても感謝してます。

>>看護roo!の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

3.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

>>ナース人材バンクの評判や口コミを詳しくチェックしてみる


4.医療ワーカー

医療ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療ワーカーは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。

>>医療ワーカーの評判や口コミを詳しくチェックしてみる


5.マイナビ看護師

マイナビ看護師

おすすめ度:
公式サイト: https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は20代30代に人気を誇るマイナビが運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
3年連続認知度No.1で、全国に求人もあります。求人情報の読み方からレクチャーしてくれるほどの丁寧なサポートが魅力で、面接対策はもちろんですが、面接に同行してもらうこともできます。
セミナーも開催していますのでそもそも転職を悩んでいるという方にもお勧めできます。病院はもちろん、クリニックや介護施設などの求人も多く扱っていますので、多くの選択肢から検討することができます

口コミアイコン
30代女性(年収300万円台)
子供を産むタイミングで仕事をやめ、昔お世話になったマイナビさんを利用しました。転職活動をそもそも何から初めるべきか悩んでいましたが、相談してからスムーズに運びました。
夜勤なし、残業少なめという条件も叶えてくれて感謝しています。

>>マイナビ看護師の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

転職エージェントの使い方

1. 連絡はこまめに・素早く取る
2. 経歴やスキルは正直に伝える
3. 希望条件には順位をつける
4. サイトは毎日チェックする
5. 求人について迷ったらキャリアアドバイザーにすぐ相談する

1. 連絡はこまめに・素早く取る


キャリアアドバイザーとの連絡はこまめに取るようにしましょう。
キャリアアドバイザーはまだサイトに載っていない求人を抱えている可能性があるため、早くエントリーするためには連絡を取って確認する必要があります。

また、キャリアアドバイザーから連絡があった場合にはすぐに応えられるようにしておくことも大切です。
待っていても連絡が来ないと判断された場合、キャリアアドバイザーは違う求職者に求人を回してしまいます。
良い求人を逃さないためにも、キャリアアドバイザーには素早く連絡が取れるようにしておきましょう。

2. 経歴やスキルは正直に伝える


これまでの職歴や、スキルの度合いは正直に伝えましょう。
短い職歴が多いと不利になるのではないか、と考えて隠したくなってしまうかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

職歴が短くても、キャリアアドバイザーはそれを悪く伝えることはありません。
それよりも、虚偽の申告をしていたことが後々になってわかってしまったという事態の方が大きな問題です。

また、スキルに関しても同様です。
必要なスキルを全て「できる」と答えてしまい、いざ業務を任された時に全くできない、となっては派遣先の企業は困ってしまいますし、何よりも今後の信用問題に関わります。

経歴やスキルは嘘偽ることなく、正直に伝えましょう。

3. 希望条件には順位をつける


求人を探す際には、希望条件に順位をつけましょう。
さまざまな希望条件があるでしょうが、それら全てを満たす求人があるとは限りません。
その時に、自分が一番大切に思っている条件はどれだろう、と考えてみてください。

求人を探す上で軸となる条件を見つけておくことは非常に大切です。
なお、条件が決まったらキャリアアドバイザーにも伝えておきましょう。
キャリアアドバイザーと意思疎通ができていないと、希望する条件に当てはまる求人を提案してもらえません。

希望する条件については、じっくりと話し合ってみてください。

4. サイトは毎日チェックする


派遣会社の求人画面は毎日チェックしましょう。
求人はどんどん更新されていくので、目を離してはいけません。
また、応募者が多数の求人は早々に応募を締め切ってしまうこともあります。

もし興味のある求人を見つけたら、すぐ連絡するようにしてください。
サイトの求人は増減の動きが激しい時期がありますから、もしめぼしい求人がなかなか見つからないようであればそういった時期を狙ってみるのも良いでしょう。

どうしても見つからないという場合は、キャリアアドバイザーに直接連絡してみてください。
サイトに未掲載の求人を抱えていることも多いので、希望する求人が見つかる可能性は高いです。

5. 求人について迷ったらキャリアアドバイザーにすぐ相談する


良いと思っても応募するべきか迷ってしまう求人があったら、まずキャリアアドバイザーに相談しましょう。
一人で悩んでいても良い結果は生まれませんし、時間だけが過ぎてしまいます。
その間に別の求職者に決まってしまうということもあり得るので、求人を掴みたいのであればすぐにキャリアアドバイザーに相談するべきです。

その求人ではどのような求められているのかなど、詳しい条件は求人票だけではわからない場合が多々あります。
直接キャリアアドバイザーに詳細を聞いた上で、応募するかどうか判断するのが最もいいと言えるでしょう。

転職エージェントによくある疑問

Q1. 転職エージェントと人材派遣は何が違うのですか?
Q2. なぜ無料でサービスを受けられるのですか?
Q3. 個人情報はしっかり守られるのでしょうか?
Q4. 転職エージェントに複数登録するメリットは何ですか?
Q5. キャリアプランについて相談しても問題ありませんか?

Q1. 転職エージェントと人材派遣は何が違うのですか?


人材紹介という単語でも呼ばれる転職エージェントは、しばしば人材派遣と同義にされることがあります。
しかし転職エージェントと人材派遣は異なるサービスなので、その違いをご説明します。

人材派遣は、人材派遣会社が人材を雇用し、一定期間企業に派遣するサービスです。
これに対して転職エージェントは正社員としての雇用を希望される方に、面談、求人紹介、面接対策などの転職サポートを提供するサービスです。

Q2. なぜ無料でサービスを受けられるのですか?


それぞれの転職エージェントは求人企業からの紹介手数料で運営しているため、求職者からお金をもらう必要がありません。
そのため全てのサービスを無料で受けることができます。

Q3. 個人情報はしっかり守られるのでしょうか?


個人情報に関する規定に反すると労働省の認可が外れてしまうため、登録した内容が漏洩することはありません。
ほとんどのサービスが第三者に個人情報が渡ることについての規定は厳格に定められているので、個人情報に関しては安心していただいて問題ありません。

Q4. 転職エージェントに複数登録するメリットは何ですか?


転職エージェントに複数登録しておくと、一社から求人が回って来なくても違う会社から求人を回してもらえる可能性が高くなるため、ブランクをなくすことができます。

任期と任期の間のブランクがなくなると、金銭的にも余裕ができる上、スキルが下がることもありません。
また、転職先の企業にも好印象を与えることができるため、非常に有利になると言えます。

Q5. キャリアプランについて相談しても問題ありませんか?


問題ありません。
むしろキャリアアドバイザーには、今後どうしていきたいかを積極的に相談しましょう。
どのような仕事を続けていきたいか、職種を変えるべきかなど、将来について不安なことがあればどんどん相談してください。

キャリアアドバイザーは丁寧に相談に乗ってくれますから、心配は要りません。
もやもやとした悩みを抱えているのであれば、まずはキャリアアドバイザーにキャリアプランについて相談してみてください。

まとめ

看護師は転職がしやすい職種ではありますが、必ずしも転職を成功させられるとは限りません。
しっかりとした情報収集をすることはもちろん、転職エージェントを上手に使いながら、より多くの求人に目を通せるように工夫していきましょう。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
看護roo!

利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり!
ナース人材バンク

看護師登録者数No.1!
年間10万人以上が利用

▶︎横にスクロールできます▶︎

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄