「仕事が辛い」皆さん一度はこういった感情になったことありませんか。
この感情が最悪の場合、退職の原因になってしまう恐れがあります。人生において働く時間のほうが長いので、どうせなら「楽しく働きたい」と感じるものです。
では何故、多くの方が「仕事が辛い」と思ってしまうものなのでしょうか。
今回は仕事が辛いと感じる要因や、その状況を解決する方法について、明日から活用できる解決策をご紹介していきます。

記事の目次

仕事が辛いと感じるのは決して「甘え」ではない

仕事が辛いと感じることは「甘え」ではありません。実際7割の社会人がストレスを感じているというデータがあります。
もちろん、ストレス=仕事が辛いと直結しているわけではありませんが、あなた以外の社会人の方でも、仕事に対する辛さやストレスを感じているという事実もあります。
なので、あなただけがメンタルが弱いわけでもなく、あなただけが打たれ弱いわけでもないので安心して下さい。決してあなただけはありません。
ストレスを感じる原因は人によって異なりますが、その中でも人間関係に関係するストレスが最も多いとされており、その他にも仕事量が多すぎて手が回らず辛い人もいれば、業務内容が自分に合ってないので辛いと思っている人も多いようです。
もちろん、原因が1つとは限らず、色々なストレスの原因が積み重なっているケースが多いですが、ここでは様々な原因の対処法をご紹介していきたいと思います。

仕事の何が辛く、どこにストレスをおぼえるのか?

仕事の辛さがどこにあって、何がストレスの元凶になっているのか社会人の方にアンケートを取ると以下のような結果になりました。

仕事の辛さ・ストレスの原因
1位.上司に関する人間関係
2位.会社に対する将来の不安
3位.ノルマ・目標が達成できない
4位.拘束時間が長い
5位.業務内容が合わない
6位.同僚・後輩に対する人間関係

このような結果になりました。もし、あなたが上司が厳しくて辛い、拘束時間が異常なぐらい長い、ノルマが達成できず辛いと悩んでいるのであれば、それもあなただけではなく、同じように苦しんでいる人が全国にいるということです。
決してあなただけが甘く、我慢強さがないわけでもありません。

仕事での辛さ・ストレスが原因の身体的症状

寝つきが悪くなった

睡眠は、私たちが思っている以上に身体や心の不調のサインを出してくれる場所です。
これまでは布団に入るとすぐに眠れたのに、最近眠りに入るのに時間がかかる(入睡困難)。夜中に目が覚めてしまい、それからなかなか寝付けない(中途覚醒)。
起きる時間の予定時刻よりも早く起きてしまう(早寝覚醒)。これらはあなたに対して身体が示すストレスを感じているサインなのかもしれません。
仕事をしている夢を見てしまうこともあります。寝ていても、仕事しているなんてとてつもなく辛いですよね。

なんとなく布団に入る時間が遅くなった。

これまでは11時までには布団に入っていたのに、なんとなく寝る時間が遅くなった・・・。
SNS、ネットフリックス、携帯ゲーム・・・今はやらなくてもいいのに、早く寝て明日に備えなければならないのに、ついつい歯止めが効かなくなり、寝不足が続いてしまう。
それ故に、仕事中にミスが増えてしまう、そんな負の連鎖が続いたりしていませんか。
本当についついやってしまう行為なので、思い当たる節がある方は、翌日を迎えるのが怖くなり、仕事が行くのが辛いのに気づかないうちに逃げてしまっている恐れがあります。

身体がだるい・重い

疲労感は最もストレスを感じていることを示す、大事なサインです。
そんなに身体を動かしたわけでもなく、しっかり睡眠も取ってるはずなのに疲労感が抜けず辛い。
通常の疲れは睡眠によってしっかりと抜けます。ですが、よく眠っていて、食事もきちんと摂っているはずなのに、毎日疲労困憊に感じる人は要注意です。
日々仕事の辛さやストレスを感じているが故の心身の回復が出来ない状態になってしまっているので注意しましょう。

遅刻が増えた

出かける準備が以前よりもスピードが遅くなっていませんか。出かける直前に、今やる必要のない事を思い出し、それをしてしまうことで遅刻回数が増えたりしてませんか。
もしかしたら仕事場に行きたくないというサインが無意識に出てしまっているのかもしれません。もちろん自分自身では気づいてはいません。
実は仕事での辛さによる、ストレスを感じてしまってのサインとして表れている可能性が高いです。このように気づかないうちに仕事場に行きたくないというサインが潜んでいる可能性があるのです。

血圧が上がり、急に頭が締め付けられるような痛みに襲われる

これまで何の前触れもなかったのに、健康診断に行ったら高血圧と診断されてしまったなんてことはありませんか。
血圧は生活習慣などの身体的な病気のイメージをお持ちの方が多いですが、実はストレスにより急激に血圧が上昇することもあります。
これまでは健康で全く身体に異常を感じたことなかったのに、突然血圧が上がり、脳梗塞や心臓疾患などの恐ろしい病を引き起こすケースもあります。
またストレスが原因で胃潰瘍なんかも発症してしまうケースもあります。ストレスが引き起こしてしまう病気はこれだけにはとどまらないので、身体に異常を感じたら医療機関に行くことをおすすめします。

普通の肩こりとは比べ物にならないくらいに肩こりがひどい

通常放置しがちな肩こりですが、精神的なストレスが原因で悪化してしまう恐れがあります。
長時間のデスクワークが原因ではなく、ストレスが原因で筋肉が固くなってしまうので、肩こりを発症してしまうこともあります。
悪化してしまうと、我慢できないぐらいの痛みに襲われることもあります。マッサージなどで筋肉をほぐして少しは楽になるのですが、再度発症します。
ひどい場合は、肩のみではなく、背中にも張りが出て痛みを感じる恐れがあります。

頭痛やめまいなど身体的不調が感じられるのに、医療機関に行っても異常なしと診断される

ストレスが一定レベルを超えてしまうと、あらゆる身体的な不調を引き起こしてしまいます。
身体的異常はないはずなのに、様々な不調を感じられる場合、それはストレスが原因の自律神経の乱れが出ているのが原因です。
自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は、活発に動いている際に働く神経です。副交感神経はリラックスを促します。
ストレスが過剰に感じるようになってしまうと、本来の自律神経の働きに乱れが出てしまい、様々な身体的不調が現れてしまいます。
頭痛、めまい、胃痛など様々な不調が出てしまう恐れがあります。

完璧主義者ゆえに自分を精神的に追い詰めてしまう

どれだけ努力をしても、まだ納得いく仕事ができていない気がする、周りからどれだけ高評価をしてもらっても自分の努力量が不足している気がする。
小さいミスでも、ものすごく気落ちしてしまう。そんな人はとてもストイックで完璧主義な節があります。
どれだけ努力をしていたとしても、満足せず、自分の能力の極限まで行ったとしても頑張ってしまった結果、ものすごく追い込まれてしまう可能性があります。
ですが、こういった方のほとんどは自分自身が自分をここまで追い詰められていることに気づいていないことが多いので、時々自分自身で確認してみましょう。
なので、たまには「これでいいや」、「なんとかなる」と自分に言い聞かせましょう。

仕事が辛い理由6選とその対処法

仕事が辛い理由とその対処法その1:上司が恐ろしくて辛い

先ほどの仕事の辛さ・ストレスの原因アンケートでも1位になってた通り、上司に関する人間関係が原因で仕事においての辛さやストレスを感じる人は多数います。
その中でも仕事が辛い思うレベルになるとこのようなことをことをする上司もいます。

仕事が辛いと思わせる上司の行動
怒られない日はない、毎日起こられる
部下の指導というかは説教
理不尽なことで怒られる
大声で怒られたり、机を叩いたり、椅子を蹴られたりして脅される
一言声をかけるにも上司のご機嫌を取りながら声をかけなければならない
密室で長時間、1対1で詰められる
機嫌がよくなかったら八つ当たりのようにキレられる
言葉の暴力。「頭悪いの?お前」「いつまでチンタラしてんの?遅いよ」「お前は本当に給料泥棒でしかないよね」「本当に使えねえな」と罵倒される。
いつも忙しそうなので、声をかけづらい
考えてきた案をすべて却下され、やりたいことができない
言っていることが毎回変わる
指示に一貫性がない
手柄を自分のものにし、ミスは部下に責任を押し付ける

このようなことしてくる上司は完全にパワハラなので、人事の人がいれば人事に、人事の人がいなければもっと上の上司に相談してみましょう。
証拠としてスマホに録音を残して、この証拠を元に訴えれば、普通な会社であれば対応してくれます。相談しても状況が変わらなければ、退職しても良いと思います。
このように上司との人間関係が辛いと思うのであれば、対処法をご紹介します。

上司が原因で辛いのであれば、報連相の数を増やす

上司との人間関係を変えるのに、劇的な効果がある方法があります。すごくシンプルなことなのですが、報連相の数を増やすことです。

コミュニケーションの数が少ないと、相手が何を考え、どうしたいのかがわからない上に、自分がどう行動したいのかを相手にも伝わりません。
プライベートにおいてのコミュニケーションの数を増やすのは決して簡単ではありませんが、仕事上のコミュニケーションの数を増やすのはそんなに難しくなく、それが報連相です。

報連相、特に報告の部分をしっかりとする部下を上司は好印象を持つ傾向があります。
指示された仕事が終了したときのみではなく、途中経過もしっかり報告するために、1日1回ルーチン行動として報告時間を作ると決めてしまえば思いのほか円滑に報連相ができます。

報連相を毎回決まった時間に行い、コミュニケーションの数を増やすと、上司はあなたが何を考え、何を行い、何を困り、何を修正をすべきか、把握する上でも、上司は安心できます。
安心して任せることが可能な相手に対し仕事を任せたくなるのは、人として当然のことです。そうなると声がかけづらいということはなくなります。

また、こまめに報連相をしていると、上司が何を考えているかを聞ける機会が増えます。指示に一貫性がない、言っていることが毎回違っていると思っていたことが、実はこうせざるを得ない事情があったからだと、おそらくわかるようになります。
事情が理解できていれば、方針の変更、作戦変更のストレスは緩和するはずです。

新入社員研修において、報連相は大切だから必ず行うようにと、教わったはずです。会社のおいて、社員に報連相を行って欲しいがゆえにそう指導するのですが、一方であなたにとっても、すればするほど自分にメリットがあるというのが報連相です

ですが、嫌いな上司をわざわざ好きになる必要もないです。また趣味などを合わせて媚びる必要もないです。ただ、仕事における報連相をこまめに行って下さい。
それをするだけで、上司との人間関係が劇的に効果があることをお約束します。

報連相をしようにも話すことすら辛い、と今でも思っているなら、話ができる精神状態にするための準備を2つご紹介させていただきます。

相手の良いところをメモに書いてみる

おそらく何も考えず、あなたの嫌いな上司の顔と名前を想像すると、嫌なところ、嫌いなところ、短所などネガティブな部分が浮かんでくると思います。
もちろん自分にとって悪いイメージを持つ人と話したくないと感じるのはわかります。なので、あえて上司の良いところを見つけ出しましょう。
最低20~25個上司の良いところをメモに書いてみてください。どうしても見つけ出せなければ、周りの同僚に聞きに行くのも悪くないです。
このメモによってこれまで気づかなかった、上司の良いところが見つかるかもしれません。

相手の立場に合わせて考える

少し難しいですが、あなたが課長になって指示を出す時をイメージしてみましょう。
課長のあなたが部下に出した指示を変えるとしたら、部長以上の役職の方に急に指示を出された場合が多いのではないでしょうか。
そんな時、方向性が固まっていたのに急に変更が変わったら部長などに不満を感じませんか。
なので、あなたと上司が考えていることは不満に感じていることは一緒で、実は仲間の可能性も高いのです。

仕事が辛い理由とその対処法その2:仕事ができない・覚えられなくて辛い

自分が仕事が出来ないのが辛い理由なのであれば、解決方法は単純です。自分自身が成長して仕事をこなせるようになりましょう。成長を感じると自信がつき、やる気も上がります。
そして、入社数年しか経っていない社員が成長するためにはいたってシンプルです。今してないことをするだけで、すぐに成長が可能です。

仕事の内容、仕事の難しさ、勤務期間によって変わりますが、入社、1,2年目の新入社員や先輩や上司から「いつまでたっても仕事できねえな」と言われてしまう大きな原因は、1)同じミスを繰り返す 2)何回も同じ質問をするこの2点です。
上司や先輩から「教えてもらってるんだから、メモとれよ!で、そのメモ確認してやれよ。」と感じるので、メモしない新人には厳しく指導されます。
そのため、必ず行わなければならない行動は「メモ」です。

新しい仕事を教えてもらう際は必ずメモを取る

何か新しい仕事を任されたときは、必ずメモをしっかり取りましょう。
メモを取る際、「今どき、スマホの時代なのに、手書きやパソコンは時代遅れでしょ。スマホで写真撮影すればいいですよ。」と上司や先輩に確認せず自己判断で進めると、あまりいい印象は持たれません。
先に確認をし許可が出た場合は、どんなメモの取り方でもいいですが、確認なしで勝手に行いそれを良くないと思っている場合、印象が悪くなり、当たりが強くなってしまう事も覚悟する必要もあります。
なのでメモの取り方は、手書きでメモを取るべきか、パソコンで取るべきか、スマホで取るべきか、どんな方法でメモと良いのか教わる先輩に聞き、その指示を仰ぐのが良いです。
あるいは、メモのみにならず、ボイスレコーダーやスマホに録音させてもらったり、動画を撮影させてもらったりするのも一つの方法です。

終わった後、すぐに実践する

手取り足取りで教わっている際には、当然ですがその仕事はこなせます。とはいえ、その仕事が完璧にこなせるようになったわけではないです。
教わって、記憶が新しい内に、メモを確認しながら一人で同じ仕事をすると、その仕事が身体にしみこみます。特に、毎日行うわけではない仕事の場合は、忘れてしまう恐れがあるため「教えてもらった後、すぐ実践」はとても効果的です。
一人で実践してみて、うまくいかなかった時も、その場ですぐに上司に質問すると嫌な表情をせず対応してくれます。

実際にその仕事を行う際は、メモを確認しながらする

メモを取り、確認しながら一度実践したら、実際にその仕事をこなす際は、メモを確認しながら行えば、問題なくこなせるはずです。
唯一の懸念点としては、その取ったメモが行方不明になってしまう恐れがある点ぐらいです。
仕事ができないと馬鹿にされてしまう人は、整理整頓が苦手なパターンの人が多いですが、メモが行方不明にならないように管理しましょう。
パソコンやスマホでメモされる場合は、ファイル名をわかりやすいものにしておくのと、仕事のやり方を収集したフォルダ作成することが行方不明にしない方法です。

仕事が辛い理由とその対処法その3:拘束時間が長い

拘束時間が長いから仕事が辛いと感じているなら、一点ご質問があります。どうして拘束時間が長いのですか?

  • ノルマ達成できていないから帰るな、という雰囲気の会社なのでしょうか。
  • 社内の人が帰らないから、帰りづらい雰囲気がでているのでしょうか。
  • 拘束時間が長い理由に多いのがこの2点です。
    なのでこの2点の理由の対処法をご紹介していきます。

    ノルマ達成できていないから帰るなという雰囲気の会社の場合

    こういった雰囲気の会社の解決策は単純で、ノルマ達成することです。
    おそらく、ノルマ達成している人は、ある程度定時に帰ることが可能です。
    では、どうすればノルマ達成できるのか。これは正直会社によって違います。
    ここで言えるのは、あなたの会社でノルマ達成をできている方に教えを受けてください、というぐらいです。
    いずれにせよ、ノルマ達成さえできていれば、長時間拘束されることは解決できる会社に勤務出来ているというわけです。
    あなたがその会社に長時間拘束されずに勤務し続けたいのであれば、必死にノルマ達成できるように努力しましょう。
    ただノルマ達成していないと遅くまで拘束されなければならないのが、日本のすべて企業ではありません。
    ノルマ達成していなくとも帰りたいと思うのならば、「全員基本的に定時上がりです!月の残業時間多くても10時間以内です!」とか掲げる会社に転職するのをオススメします。

    社内の人が帰らないから、帰りづらい雰囲気がでている会社の場合

    確かに、こういう会社は多いです。本当にあなたの仕事が完了しているなら、何も気にせず、ゆっくり帰り支度をはじめ、大声で「お先に失礼いたします」と言いオフィスから去っていく、そして、次の日なにか文句を言われた場合対応すればいいのではないでしょうか。
    あなただけでなく、みんな仕事が完了しているのに、帰れず残業したのであれば、あなたは称賛を受け、あなたに続く人が出てくるかもしれません。
    一人でやるのが恐ろしいのであれば、同僚や先輩に「いつもみんな会社に21時まで残業しているけど、自分は18時15分に帰宅してるんですよね。先輩もいかがですか?」と相談して、仲間を募るのも一つの方法です。
    先輩が「そうなんだ!自分も実は18時半には完了している」というのであれば、一緒に「お先に失礼します」大声であいさつして会社を出ましょう。
    ただ、職場の人間関係を気にするのであれば、帰宅直前に周りの人たちに、「私、自分の業務は終わったのですが、何かお手伝いしましょうか。」と建前上伝えておいたほうが良いです。それで実際に仕事を振られることもないです。
    あなたがこのように後輩などに気遣ってもらった時のイメージをしてもらいたいのですが、いきなりこう言われたとしても、頼める業務はなく、何かをしてもらうために、改めて説明する必要があります。
    また、チェックしなければならないので、そしたら自分でやった方が効率的だなと感じると思います。
    ということにより、「なにか手伝うことありますか。」と話しかけた上で、特になければ、胸を張って帰宅できます。

    仕事が辛い理由とその対処法その4:社風が合っていない

    「体育会系の雰囲気が自分に合わない」「軍隊のような激しい上下関係はきつい」「窓際社員のおじさんがはびこる環境が嫌だ」「ノルマノルマ、金金しか言わないので嫌気がさす」「社員同士の距離が近い、とかいって干渉しすぎ」など。
    あなたの好きな雰囲気と周りの方たちの雰囲気にミスマッチが起きている可能性があります。
    それが『辛い』というレベルまで達するのなら、結論から申し上げますと、あなたはその会社は辞めることをオススメします。
    就活のミスです。就活のアドバイスとしては「次の就活において、自分を偽って、その会社に内定をもらえそうな自分を演じてはならない」ことです。
    その会社の社風はその会社のマジョリティがベースになっています。みんながそれに共感して、みんなが良いと感じているから、そのような社風が生まれれているからです。
    あなたがそれが辛いと感じるなら、その会社に限るのですが、あなたはマイノリティで異質な人です。
    そんな異質な人が採用されているのは、採用担当者が無能だった可能性もありますが、あなたは就活時に「その雰囲気に馴染みやすそうな人材である」と上手く演じたということかもしれません。
    「体育系の雰囲気が合いそうな自分」「目上の人に気を使える人間」「成長意欲が強い自分」「リーダーシップを発揮して、仲間と達成してきた自分」
    を演じてしまったのが要因です。
    現在の会社がいくら待遇が良くても、どんなに世間体が良かったとしても、仕事が辛いと感じるレベルまでに社風が合っていないようであれば、あなたの精神的な健康を維持するためにも、辞めてしまうのが吉と出るでしょう。
    素の自分に近い状態で面接を受けて、それを「うちの雰囲気にピッタリだ」と少しでも早い行動をオススメします。

    仕事が辛い理由とその対処法その5:パワハラ・セクハラ・いじめにあっている

    パワハラ・セクハラ・いじめも相手しないのが一番の解決法です。いじめっ子は、相手してしまうからひどくなっていくのです。
    仕事と関係ないことは、完全に無視して下さい。仕事に集中すれば、あなたが正解です。
    パワハラ・セクハラ・いじめをしてくる人は、心が貧しい人なので自分に人生がプラスにもならないので、弱いものを攻撃しているだけです。
    そういった場合は「残念な人だな」と感じながら、無視して結構です。

    男性の場合の解決法

    最も効果的なのは仕事をバリバリこなして、出世してやることです。パワハラ・いじめをしてくる上司より偉くなればいいのです。
    なので、パワハラやいじめは気にせず、仕事に集中することです。仕事で結果を出せば、周りの雑音は消えます。

    女性の場合の解決法

    セクハラ・マタハラが女性の場合が多いです。これに関して言えば、録画・録音が最適な解決策です。いざとなった場合、あなたを助けてくれます。
    録画・録音をして、セクハラ・マタハラしてくる上司に見せつけるか、そのもっと上の上司に告発しましょう。

    仕事が辛い理由とその対処法その6:業務量が多すぎる

    業務量が多すぎたり、期限が迫っている業務がすごくあるのに、振られる仕事が増えに増えてしまうのであれば、とても最適な対処法があります。
    それは、週の業務スケジュールを作り、週に最初の月曜の朝に上司に提出するのをオススメします。
    週の業務スケジュールには、今週1週間でやらなければならない業務を書き出し、それぞれの業務に時間がどれほど要するか想定して、何曜日の何時までに担当業務をこなすことをアポイントや会議のスケジュールと同様に書き込みます。
    上司は神ではないので、あなたが今何の業務をこなして、いつまでにそれをこなすべきかなどをすべて把握はできていません。あなたの業務の進捗具合を理解していないので、たくさん仕事を振ってきて、そのせいで『業務量が多すぎる』状態に陥ってしまうことになります。
    週の業務スケジュールを提出すると、2つのメリットがあります。

    メリット1

    週の業務スケジュールを確認した上司が「この業務はしなくていい」と仕事を減らしてくれる可能性がある。

    メリット2

    これだけ業務が溜まっているのに、改めて業務を振られた際、「申し訳ないです、週の業務スケジュールを提出しておりました通り、今日納期の業務がたくさんあります。
    現在、依頼された業務をこなすとなると、その業務の完成が明日以降となってしまいますが、よろしいでしょうか。」
    と聞くことが可能になります。
    こう聞くと上司は業務の優先順位を考慮して、「そういう状況だったら、この仕事は後回しで、自分でするわ」や「その業務は明日で、この業務優先でやって」など適切な指示を仰ぐことが可能になります。
    仮に、「今日中にどっちもこなして。残業すればこなせるだろ。残業代はなしだけど。」みたいな対応をしてくるようであれば、会社に言いましょう。会社に言っても何がおかしいの。という反応してくるなら、転職をオススメします。

    自分が「うつ病」ではないかと感じたあなたへ

    「自分が出社したくないのは、うつ病ではないのか」と気にされた方も多いのではないでしょうか。
    もし自分が「うつ病」じゃないかと気になった場合は、体調不良を理由に午前休を取り、病院へ検査に行くことをオススメします。
    ここではうつ病診断チェックシートに記載されている項目を記載してみましたので是非参考にしてみてください。

    うつ病診断チェックシート

    チェック項目
  • 体がしんどく疲れやすい
  • 騒音が気にしてしまう
  • 気持ちの浮き沈みが激しい
  • 音楽を聴いても気持ちが乗らない
  • 特に朝に無気力になりがち
  • 話し合いに集中できない
  • 首・肩のこりが激しい
  • 頭痛持ち
  • よく寝付けず朝早く起きてしまう
  • 事故や怪我を起こしやすい
  • 食事に味気を感じない
  • テレビを見てもつまらない
  • 息詰まりがあり、胸が苦しくなってしまう。
  • のどの奥に何か引っかかるものを感じる
  • 人生が楽しくない
  • 何事もめんどくさく感じる
  • 本当は几帳面で仕事熱心
  • これらの項目でチェックが多いほど、うつ病に近い状態といえます。
    あくまで目安になりますが、あまりにも多くチェックがついてる場合は一度心療内科に行くことをおすすめします。
    一度休職して、治療に専念することを強くおすすめします。

    どういう状況でも相談に乗ってくれるおすすめの転職サイト7選

    ただ、じゃあ転職しようと思い立ってもそれぞれ転職理由が違ったりして、転職エージェントを選ばれるのに悩んでしまう恐れがあります。
    そういった転職についての悩みにどんなことでも親身に対応してくれるおすすめの転職エージェントを7社をご紹介いたします。
    是非転職活動のご参考にしてみてください。

    1位:リクルートエージェント


    リクルートエージェント

    おすすめ度:

    公式サイト: https://www.r-agent.com/

    転職エージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。

    リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

    求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
    「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
    ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

    公開求人数 149,000件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 160,000件(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    40代女性(事務 / 年収300万円台)
    リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
    ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
    転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

    2位:マイナビエージェント


    マイナビエージェント

    おすすめ度:

    公式サイト: https://mynavi-agent.jp

    マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
    20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

    未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

    公開求人数 20,000件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 22,000件(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    20代女性(広報 / 年収400万円台)
    新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
    やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
    丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

    3位:Spring転職エージェント


    Spring転職エージェント

    おすすめ度:

    公式サイト: https://www.springjapan.com/

    Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
    国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

    公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    20代女性(コンサル / 年収500万円台)
    結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
    学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
    もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

    4位:doda


    doda

    おすすめ度:

    公式サイト: https://doda.jp/consultant/

    転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

    求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
    求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
    とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

    他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
    ※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

    公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    30代男性(営業 / 年収350万円台)
    dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
    履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
    求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

    5位:JACリクルートメント


    JACリクルートメント

    おすすめ度:

    公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

    JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
    企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
    管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

    公開求人数 3,300件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    30代女性(営業 / 年収600万円台)
    求人の質は他社と比較しても良いです。
    JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
    私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

    6位:パソナキャリア


    パソナキャリア

    おすすめ度:

    公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

    パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
    人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

    書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

    公開求人数 39,500件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    20代女性(マーケティング / 年収500万円台)
    キャリアアドバイザーが現実的なキャリアプランを提示してくれたことが印象に残っています。
    現在だけでなく数年後にさらなるステップアップを目指した転職を考えることができる転職活動のアドバイスをいただけました。
    最初は紹介された求人が少なく、不安を感じましたが、最終的には自分に合った求人を吟味していただいたうえでの提案でしたので大変感謝しています。

    7位:ビズリーチ


    ビズリーチ

    おすすめ度:

    公式サイト: https://www.bizreach.jp/

    ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職エージェントです。

    他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスという特徴があります。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
    企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

    効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方には是非一度登録してみることをおすすめします。

    公開求人数 128,000件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    30代男性(IT / 年収900万円台)
    ビズリーチは何といってもスカウトの数が多いです。
    自分の可能性を知るためにも、ヘッドハンターやエージェントともコンタクトを取れるのは非常に良いと思います。
    ビズリーチ時代が急成長を遂げているIT企業ということもあり、IT起業経験者や人材業界経験者であれば、高額率でビズリーチ自体からもスカウトが送られてくることもあります。
    私や私の友人もビズリーチからスカウトを受信しており、これは他サービスにはなかなか無い特徴だと思います。

    まとめ

    仕事に行くのが辛くなった時の対処法などをご紹介してきました。

    仕事が辛くなったら頭に入れておくべきポイント
    1.症状が出始めたら迷わず病院へ
    2.辛くなったら上司に一度相談
    3.限界が来たら即転職

    これらのポイントをしっかり踏まえ、辛くなってきたらの対応をしていきましょう。

    また、「仕事が辛いので退職について考えているが決心がつかない」や「誰に相談していいかわからない」などといったお悩みの解決にオススメのエージェントをまとめた転職エージェントを比較|一目でわかる業種・職種別比較一覧を是非参考にしてみてください。
    あなたの決意がこれからの明るいに未来に繋がるように心より願っています。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄