CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「毎日忙しく仕事ばかり」「仕事の成果も出せず辛い」と仕事のストレスによって身も心も疲れ果ててしまうと、現在の仕事を「辞めたい」と感じたことがあると思われます。

社会の荒波にもまれて働くと、それが一度だけでなく二度、三度あると思われます。近年では働く20~35歳の実に71%の方が「仕事を辞めたいと考えたことがある」と答えています。

ですが、今辞めるのは最善な判断か悩む方も多いようです。特に仕事を辞める事態が初の方にとってはその悩みはとても深刻なものなのかもしれません。

この記事では仕事を辞めたいけれど、今辞めるべきなのかを判断できる内容をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント
業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
doda
業界最大手の転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
マイナビエージェント
新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎

▶︎横にスクロールできます▶︎

仕事を辞めたいよくある理由8選

仕事を辞めたいと考える人の理由に挙げられやすい項目8選は以下の通りです。

仕事を辞めたい理由8選

  1. 給与・福利厚生への不満
  2. 人間関係の悩み
  3. 仕事内容が合わない
  4. 拘束時間が長い
  5. 社風が合わない
  6. 不当な評価基準
  7. ただ働きたくない
  8. 仕事が向いていない

といった理由が挙げられました、ここから1つ1つご紹介していきます。

給与・福利厚生への不満

「仕事を辞めたい」理由として最も多く挙げられたのが給与・福利厚生への不満の所でした。

仕事のやる気にはどうしてもお金の面は大きく直結してくるようです。

ある程度諦めがついている場合だと良いのですが、「自分の給与と業務量が合っていないのでは?」「現在の会社で今後昇給があるのか?」と疑問を抱き始めたら必然的に仕事へのやる気が落ちていきますよね。

やはり仕事に対する好きであったり、やりがいだけでは越えることが難しい、「給与」の部分は理想が高くなってしまう方が多いようです。

人間関係の悩み

「仕事を辞めたい」理由で、「給与」の部分と並んで多く挙げられたのが人間関係の悩みでした。

小さな悩みが積み重なってストレスになってしまうケースや、あからさまに悪意のある態度をとられたり、裏で陰口を叩かれたりと理由はいろいろあります。

人間関係を気にせず仕事で結果を出すことができたら一番いいのですが、職場にはいろいろな方がいますからね。

職場の方が一緒にいる時間が長くなってしまうので、人間関係の悩みは必然的に大きくなってしまうかもしれません。

仕事内容が合わない

「仕事を辞めたい」理由で仕事内容が合わないを挙げる人もいました。1日のほとんどの時間を過ごす仕事。

その仕事を好きになるのが難しいと、そのほとんどの時間を無駄にしてしまっているのではないかという焦りから、仕事を辞めたいと感じてしまう事もあるようです。

「仕事は生活するための手段」と考えることができればいいのですが、仕事を好きになるのがどうしても難しかったり、性格やスキルの部分で合わないと感じるとより「辞めたい」と感じるようになるのかもしれません。

拘束時間が長い

「仕事を辞めたい」理由で拘束時間が長いというのもありました。

平日は基本的に終電まで仕事で、休日は疲れをとるため寝てしまう。必然的に付き合いが悪くなってしまい友達もいなくなってしまった。

そうなってしまうとワークライフバランスとはなんなんだろうか、と考えてしまう方も多いかと思います。

もちろん、忙しい分だけ自分のキャリアやスキルを得ることはできるし、仕事に対しては達成感を得ること事も出来るので、キッパリ仕事を辞めることができない。

そういった方は、気力よりも体力面での限界で「仕事を辞めたい」と感じるようになるのかもしれません。

社風が合わない

「仕事を辞めたい」理由で社風が合わないというのもありました。

会社の社風に関して言えば一人で変えることは非常に難しいところではあります。

入社前に分からなかった会社の裏側が見えてしまったり、あと数ヶ月で会社の財務状況が危ないといったことを知ってしまうと、この会社にいて不安に感じてしまい、「辞めたい」と感じてしまうようです。

また、どうしても社風や職場の雰囲気が合わないと感じてしまうと、自分の中で疑問を抱いてしまい「辞めたい」という気持ちが強くなるようです。

不当な評価基準

「仕事を辞めたい」理由で不当な評価基準というのもありました。

これまで全てをかけた仕事に対し、正当な評価が得られないという事が続くと、仕事へのモチベーションが落ちてしまい、仕事を辞めたいと感じるようです。

そこにプラスで、自分だけにパワハラ・セクハラを受けたりすると自分の存在価値がないと言われているような気持ちになり、やるせなくなってしまいます。

自らの仕事を全うして、正しい評価を受ける。それが普通でない職場も多いようです。

ただ働きたくない

今の職場が辛くて「仕事を辞めたい」ということではなく、「そもそも働きたくない」というケースがあるようです。

昼間までゆっくり寝ていたい。好きなことだけして生きていきたい。でも、お金はたくさん欲しい。と考える方も少なからずいるようです。

仕事が向いていない

「仕事を辞めたい」理由で仕事が向いていないというのもありました。

自分が向いていないと感じながら仕事に取り組むと、思ったように仕事がうまくいかなくなってしまうケースもあります。

人にはそれぞれ向き不向きがあるので、向いていない仕事をしているとより辛い思いをしてしまうことになってしまいます。

仕事で辛い思いをする状況が長ければ長くなるほど、辞めたくなるのは必然的です。

仕事を辞めたいと感じた時の対処法

ここからは仕事を辞めたいと感じた際の対処法をご紹介していきます。

長期休暇を取ってみる

体が万全の状態でなければ、時には休暇を取って体をリフレッシュさせましょう

しっかり休暇を取ることも一時的に仕事での悩みから放たれるので、心のリフレッシュになります。

しっかりリフレッシュすれば、仕事の悩みが吹き飛び、モチベーションが上がってくる可能性があります。

業務効率化に注力する

拘束時間が長いと感じるのであれば、時間内に終わるよう効率的に行えるように努力する必要があります。

いつも以上に効率的に業務に取り組めば、残業の必要がなくなります。

責任感を強く持ち、自分の業務を完了させれば、早く帰ったとしても同僚であったり、上司に何も言われることもなくなります。

効率的に業務を行うことによって、心身ともにゆとりを持った時間が取れます。

昇給目指してスキルアップする

現状の給与に不満を持った場合、給与が上がるようスキルアップした方が最も効率的です。

会社として求めるレベルの人材までスキルアップすることができれば、会社に向け昇給交渉のネタの1つになります。

昇給交渉ができるようになれば、仕事が辞めたいという感情は必然的になくなっていきます。

転職を考える

給与額に納得いかず、昇給できなさそうであれば、心機一転、転職を考えてみるのも一つの手です。

自身のスキルに合っていない給与額だと思っていれば、尚更オススメです。

転職をしたら100%昇給する保証はありませんが、高給になる可能性はあります。

今の職場だと基本給の昇給が厳しくても、職場が変われば給与形態が変わり、能力給として昇給する可能性が高くなるケースがあるからです。

転職をご検討の場合は【2020年版】転職サイトランキング|プロが転職サイトの選び方も解説をご覧ください。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント
業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
doda
業界最大手の転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
マイナビエージェント
新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎

▶︎横にスクロールできます▶︎

部署変更をお願いする

上司や先輩と上手くいかなかった際、同僚で合わない人がいることで、不満が募ってしまったのなら、部署変更をお願いしてみましょう。

直属の上司に異動願を出しつつ、人事部に直談判するのもオススメです。

また、直属の上司とうまくいっていない場合は、その上の上司に異動願を出してみるのも一つの手です。

今がどういった状況なのかを把握した上で、現状を伝えて、他部署に異動したいという気持ちを伝えましょう。

新しい環境で新しい業務に挑戦することができれば、気持ちもフレッシュになりモチベーションも向上していくはずです。

合わない人にこちらから歩み寄る

人間関係が良くない、孤立を感じる、気が合わない人がいるなど、人間関係の悩みがでると職場に行くのが辛くなる。

憂鬱な気分で苦手な方に接してしまうと、それが相手側に伝わってしまうと、さらに人間関係が悪くなってしまう恐れがあります。

しかし人間関係のトラブルは、自分のみならず相手に原因が出た場合は、たまたま意見の食い違いが出てしまったり、勝手な思い込みであったりと原因はいろいろあります。

自分の思い込みで苦手だと感じていても、自分から歩み寄ってみるとすごく仲良くなることもありますので、まず会話をしてみることから始めてみるのもおすすめです。

仕事を辞めたい人が円満に職場を辞めるためにやっておくべきこと

上記の対処法を試しても仕事を辞めたい気持ちが変わらなかった場合は今の職場から離れることをおすすめします。

なので、ここからは円満に仕事を辞めるための方法をご紹介していきます。方法としては以下の通りです。

仕事を辞めたい人が円満に職場を辞めるためにやっておくべきこと

  • 退職後の大まかなイメージを持っておく
  • 次の就職先を決めておく
  • 家族や親族に事情を話しておく
  • 金銭面にゆとりを持っておく
  • 日にちに余裕を持った状態で職場に退職の意向を伝える
  • 退職時の引継ぎはしっかり行う
  • 未払い賃金が残っていれば請求する
  • といった方法がありました、ここから1つ1つご紹介していきます。

    退職後の大まかなイメージを持っておく

    まず、仕事を辞めたいと考えた時に、今後どういったイメージで進めていくかある程度決めていくことをおすすめします。

    今の会社を辞めた時に、後に改めて別の会社に転職をすると思いますが、何もイメージせずに辞めるとこういったケースに陥ります。

    1. 再就職までの経済的・時間的余裕を失い
    2. 結果的に今と同じような条件の会社に行くことになる
    3. あるいは条件が良くない職場に転職する

    というケースになってしまいます。

    次の転職先を決めておく

    辞める時期や次の会社に入社する時期もあると思いますから、退職前にあらかじめ転職先を決定までしておく必要はありませんが、少なくとも目途だけは立てておきましょう。

    目途を立てるには自分なりに次の会社への条件を決めておくことが大事です。条件項目としては以下の物が多いです。

    転職の際の条件項目
  • 給与・年収
  • 業務内容・職種
  • 勤務時間
  • 勤務地
  • 会社の雰囲気
  • この項目を元に、自分が行きたいと言える会社を絞ってみましょう。

    もし自分の条件にマッチングした会社が求人票を見渡してもなかった場合は仕事を辞めることを思いとどめることをオススメします。

    転職エージェント 総合評価 コメント
    リクルートエージェント
    業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
    doda
    業界最大手の転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
    マイナビエージェント
    新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    家族や親族に事情を話しておく

    これに関しては主に一緒に住む家族がいる際は、会社に辞める意向を伝える前に一番に相談すべき人です。

    漠然とした気持ちで「仕事を辞めたい」と伝えると、家族から猛反対をされる可能性が高いのですが、こういった手順で「どういった理由で辞めたいのか、こういった企業に転職したいと考えている」というビジョンを伝えることができれば、基本的には応援されることが多いです。

    家族からの了承をもらえれば、いざ会社に退職の意向を伝えやすくなりますし、1人で抱え込むよりも違った視点からアドバイスをもらえたりします。

    金銭面にゆとりを持っておく

    今の会社を辞めて、転職先が決まっている場合だといいのですが、なかなか転職先が見つからないという場合もあります。

    貯金が少ない状態で退職をしてしまうと、生活費などで金銭的に厳しくなって余裕がなくなり、結果的に以前の会社と変わらない場所に転職してしまったケースもあります。

    お金にゆとりがあると転職活動も気持ち的に楽な状態で続けられることでしょう。

    必ずしもそうではありませんが、2ヶ月生活が可能な貯金は持っておくと良いです。

    失業保険がもらえる

    辞める過去2年間のうちに12か月以上雇用保険に加入しており、現在、就職活動をしている状態等であれば雇用保険が適用されます。

    受取額は年齢や辞める前の状況で異なりますが、大体1日5~6000円を90日~120日分を受けることが可能です。

    退職前に貯金ができなかったとしても、失業保険を受給できれば数か月分の生活費は手に入るので、ぜひ有効活用していきましょう。

    金銭面の話という事で優先的に記載していますが、失業保険の申請が可能なのは仕事を辞めてからという事になります。

    日にちに余裕を持った状態で職場に退職の意向を伝える

    上記の全ての準備ができたら、いよいよ会社に辞める意向を伝えます。

    まず、辞める意向を伝えるべきですが、一般的には自分の部署の直属の上司に伝えます。

    法律上では2週間前に伝えれば大丈夫ですが、業務の引継ぎ等の関係上、可能な限りは会社で定められた退職を伝える期日に合わせて辞める意向を伝えたほうが良いです。(基本的には1~2ヶ月前がベターです)

    「退職届」で「辞めます」と一方的に言うよりかは、最初は「退職届」とともに「辞めたいと考えています」という含みを持たせた言い方の方が無難です。

    状況によっては、引き留められる場合もありますが、ここまでの内容をご理解頂ければしっかりと自分の意見を伝えることが可能なはずです。

    辞める方向で決まった際は、退職日の設定や退職までの引継ぎ内容などを共有して決定していく必要があります。

    辞める意向を伝えるべき人 一般的には自分の部署の直属の上司
    辞める意向を伝えるべきタイミング 辞める日の1~2ヵ月前が理想
    辞める意向の伝え方 口頭+「退職願」が理想

    退職時の引継ぎはしっかり行う

    辞める際の引継ぎはしっかりと行うようにしましょう。

    あなたが辞める事によって人員の欠員が出た際の対応は会社側の仕事ですが、後任に指名された人が存在するのであれば、その人の迷惑や支障が出ないように、これまでの仕事内容や情報の共有・引継ぎはマナーです。

    有給消化はしっかり行って辞める

    引継ぎの一方で、あなたに有給がまだ残ってある状態であれば、しっかり有給消化を行ったうえで辞めるようにしましょう。

    有給を辞める直前に活用することができれば、次の職場もゆとりを持った状態で探すことが可能になります。

    なので、辞める日の設定は「引継ぎが完了する期間+残った有給分」を想定して決めると良いでしょう。

    未払い賃金が残っていれば請求する

    就業条件や給与面に不満が溜まって辞めたいと感じる方が多いのですが、そもそも労働基準法を守っていない会社だと、支払われるべき賃金がしっかり支払われていなかった可能性も。

    特にトラブルとして多いのが残業代の未払い問題です。残業はこなしているのに、全く残業代がでていないなんてことはありませんか。

    それはしっかりと残業代が払われていない可能性が高いです。

    それまでの未払い分を請求したら、数十万円~数百万円にも上る残業代が後に支払われたというケースも多々あります。

    なので、辞める際に未払い賃金があった場合は一気に請求することをおすすめします。

    後に請求することも可能ですが、残業代請求の時効は2年とされています。辞めた日から経てばたつほど、受取額も少なくなってしまう恐れもありますので、早めに申請することをオススメします。

    仕事を辞める際に必ず行うべき準備・手続き

    ここでは、仕事を辞める際に行う大事な手続きについての2点をご紹介します。

  • 会社に返却するもの
  • 会社を辞めた後、受け取る書類
  • それぞれご紹介していきます。

    会社に返却するもの

    退職時に返却すべき備品は以下の通りです

  • 健康保険証
  • 名刺
  • 書類やパソコンなどの備品
  • 会社の経費で購入した文房具など
  • 身分証明書
  • 以上の5点を一般的に退職時に返却します。
    なので、在職中に無くさないようにしましょう。

    会社を辞めた後、受け取る書類

    会社を辞めた後にもらえる書類は以下の通りです。

  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 離職票
  • 年金手帳
  • 一般的に会社を辞めた後に郵送できますので、わざわざ出社して取りに行く必要はありません。

    仮に転職先が決まっていない状態で手続きするべきもの

    もし退職した際に転職先が決まっていない状態であれば手続きしなければいけない事が以下の2点です。

  • 失業保険の手続き
  • 健康保険の手続き
  • 失業保険の申請

    転職先が決定していない状況で、次の受給条件に当てはまる場合は失業給付金の手続きが必要になります。
    退職の日から遡って2年間に、被保険者期間が1年以上経っていることが条件です。
    ただし、倒産や解雇により退職をせざるを得ない場合は、退職の日から遡って、1年間に被保険者期間が半年以上あれば受給することができます。
    また、失業保険は就職しようする意欲があることが前提条件なので、病気や疾患、怪我といった理由ですぐに就職不可能な状況である場合は受給ができません。
    その際は傷病手当金をもらうか、失業保険の受給期間の延長の申請をして、病気や怪我が治った際に失業保険を受給が可能になります。申請は、居住地の管理下のハローワークでします。

    健康保険の手続き

    退職したと同時に、それまでの職場では加入されていた健康保険の被保険者資格は失効になります。すでに転職先が決まっている場合は、転職先で資格取得の手続きをします。
    転職先が決定していない、または転職から次の職場までの期間が長い場合は以下の手続きが必要です。

  • 任意継続被保険者制度の活動
  • 国民健康保険に入る
  • 家族の扶養に入る
  • このうちのどれかの手続きをしておきましょう。仮に手続きしてない状態だと、通院や入院が必要になった際に健康保険の適用されていないので、治療費は10割負担という形になるので注意が必要です。

    仕事を辞めたいと感じた時相談するべき転職エージェント5選

    1.リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめ度:
    公式サイト: https://www.r-agent.com/

    リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で求人案件数No.1の転職エージェントです。

    「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
    ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

    口コミアイコン
    30代女性(事務 / 年収500万円台)
    リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
    ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
    転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


    2.doda

    doda

    おすすめ度:
    公式サイト: https://doda.jp/consultant/

    転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

    求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
    求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
    とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

    他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
    ※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

    公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    30代男性(営業 / 年収350万円台)
    dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
    履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
    求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


    3.マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめ度:
    公式サイト: https://mynavi-agent.jp

    マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
    若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

    未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

    口コミアイコン
    20代女性(広報 / 年収400万円台)
    新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
    やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
    丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

    ITへの転職を考えている方はマイナビエージェント×ITもおすすめ。
    公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

    4.JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    おすすめ度:
    公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

    JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
    企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
    管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

    口コミアイコン
    30代女性(営業 / 年収600万円台)
    求人の質は他社と比較しても良いです。
    JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
    私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。


    5.Spring転職エージェント

    Spring転職エージェント

    おすすめ度:
    公式サイト: https://www.springjapan.com/

    Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
    国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

    公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    20代女性(コンサル / 年収500万円台)
    結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
    学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
    もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

    まとめ

    仕事を辞めたいと感じた際にやっておきたいことをご紹介していきました。

    仕事を辞めたいと感じた際にやっておくべきこと

  • 退職後の大まかなイメージを持っておく
  • 次の就職先を決めておく
  • 家族や親族に事情を話しておく
  • 金銭面にゆとりを持っておく
  • 日にちに余裕を持った状態で職場に退職の意向を伝える
  • 退職時の引継ぎはしっかり行う
  • 未払い賃金が残っていれば請求する
  • これらのポイントをしっかり踏まえ、準備しておきましょう。

    ですが、「仕事を辞めたいが決心がつかない」「仕事を辞めたいときに誰に相談していいかわからない」という事もあると思います。

    このようなお悩みの解決にオススメのエージェントをまとめた【2020年版】転職サイトランキング|プロが転職サイトの選び方も解説を是非参考にしてみてください。
    あなたの決意の参考になることを心より願っています。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄