CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「転職エージェントを活用したいけど、電話面談で大丈夫なの?」と、転職エージェントの電話面談について気になりますよね。

転職エージェントの面談は一番は対面で行うことが良いですが、電話面談のケースだと、適当に受けてしまうと自分にマッチした求人を案内されなくなってしまいます。

なので、この記事では電話面談のメリット・デメリットや電話面談がおすすめな人などについてのご紹介をしていきます。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント
業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
doda
業界最大手の転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
マイナビエージェント
新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎

▶︎横にスクロールできます▶︎

記事の目次

初回は直接面談・2回目以降は電話面談が良い

初回は基本的には電話面談よりも直接面談のほうがおすすめです。

理由としては、直接だとお互いの事を知りやすく、信頼関係を構築しやすいからです。

その初回面談で信頼関係を構築したら、それ以降は電話面談で大丈夫です。

ただ、複数の転職エージェントを活用している場合は、一度電話面談した上で、自分に合ったエージェントと直接面談することをおすすめします。

仮に、初回の電話面談でいきなり求人紹介されたら、そこの転職エージェントの利用を止めることをおすすめします。

何故なら、初回の電話面談のみではしっかりとしたヒアリングを取る事は厳しく、自分の希望とは全く異なる求人を紹介される恐れがあるからです。

初回の面談は直接面談がおすすめです

電話面談のメリット

ここでは電話面談のメリットについてご紹介します。
電話面談のメリットとしては以下の通りです。

電話面談のメリット

  • 自分のペースで転職活動が可能
  • 休日や時間帯関係なく対応してくれる
  • こういった方が電話面談のメリットと言えます。
    ここからはこのメリットについて一つずつご紹介していきます。

    自分のペースで転職活動が可能

    遠方に住んでいたり、現職が忙しいと、直接エージェントのオフィスに行くことは厳しいですよね。

    そういったケースだと、電話面談であれば自分の都合がつく時間帯に合わせて、転職活動を行うことが可能です。

    ですが、担当コンサルタントの都合によっては、電話面談に時間が指定されるケースもあります。

    休日や時間帯関係なく対応してくれる

    電話面談だと、直接面談と比較しても時間に融通がきくこともあります。

    担当コンサルタントは基本的に日曜休み、夜は9時までと決められてますが、電話面談であれば、担当コンサルタントがこれ以外の時間でも対応可能な場合があります。

    ですが、対応してくれる担当コンサルタントは非常に多忙で、中には50人以上対応している方もいるので、時間に融通がきかないケースもあるので注意しましょう。

    電話面談のデメリット

    ここでは電話面談のデメリットについてご紹介します。
    電話面談のデメリットとしては以下の通りです。

    電話面談のデメリット

  • 転職への思いを伝えにくい
  • 転職に関するサポートが受けにくい
  • こういった方が電話面談のデメリットと言えます。
    ここからはこのデメリットについて一つずつご紹介していきます。

    転職への思いを伝えにくい

    担当コンサルタントは面談の際に求職者が転職への思いを持っているかを把握しますが、電話だとのこの判断はしにくいです。

    担当コンサルタントはすぐにでも転職したいという方には求人をどんどん案内しますが、「なんとなく転職をしたい」という方にはあまり気合を入れて求人紹介をしないです。

    なので電話で面談する際は、「なるべく一ヵ月以内に決めたいです」という熱い思いを伝えることが大切です。

    転職に関するサポートが受けにくい

    直接面談では、面接対策してもらったり、職務経歴書の添削等のサポートを受けることが可能ですが、電話面談だと基本的にはこのようなサポートを受けることができません。

    もちろん、職務経歴書を事前に送ればアドバイスをもらうことは可能でしょうが、口頭だけでは伝えずらいところも色々あるのです。

    電話面談がおすすめな方

    電話面談のメリット・デメリットを踏まえて、電話面談をおすすめする方をご紹介します。
    電話面談がおすすめな方は以下の通りです。

    電話面談がおすすめな方

  • 遠方に住んでいる
  • 十分な実績を持つ人や転職がしやすいジャンルを希望する方
  • 経歴が不十分で転職サポートが可能かわからない場合
  • 以上が電話面談がおすすめな方です。
    ここからはこの準備について一つずつご紹介していきます。

    遠方に住んでいる

    遠方に住んでいる方だと、直接面談することが厳しいので、経歴やジャンルに関係なく電話面談がおすすめになります。

    顔が分からない分伝えにくい部分も出てくると思いますので、事前に自分の希望職種やスキルをまとめておくことをおすすめします。

    十分な実績を持つ人や転職がしやすいジャンルの方

    十分な実績を持つ方、転職しやすいジャンルにいる方の場合でも、電話面談がオススメです。

    具体的なジャンルとしては、ハイクラス層や医療看護というジャンルです。

    そういった方は希望条件のみヒアリングができれば十分なので、移動コストなども考えると電話面談のほうがオススメと言えるでしょう。

    経歴が不十分で転職サポートが可能かわからない場合

    経歴や実績面が弱めの方は転職サポートしてもらえるか不安を感じている場合だと、一度電話面談を挟むことをおすすめします。

    理由としてはサポートが難しいという判断になってしまった際、お互いの時間を使ってしまう事になるからです。

    なので、お互いのコストを考えると電話面談の方がおすすめになります。

    電話面談で転職活動を完結するリスク

    この章では「電話面談で転職活動を完結するリスク」についてご紹介します。
    電話面談で転職活動を完結するリスクは以下の通りです。

    電話面談で転職活動を完結するリスク

  • 状況によっては非公開求人の数が減る
  • 電話面談だけだと担当コンサルタントからのフィードバックが遅い
  • 実際に対面した方が担当コンサルタントを味方にしやすい
  • 以上の方が電話面談で転職活動を完結するリスクと言えます。
    ここからはこのリスクについて一つずつご紹介していきます。

    状況によっては非公開求人の数が減る

    担当コンサルタントに相談すれば、「非公開求人」をリストアップしてもらい、転職活動を進めていく事が可能です。

    電話面談のみだと、担当コンサルタントによっては「非公開求人」をあまり流さないケースもあります。

    電話面談だけだと担当コンサルタントからのフィードバックが遅い

    電話面談で完結するリスクとしては、転職に関わる書類のフィードバックなどの連絡が遅いことです。

    ですが、空いている時間をうまく活用すればフィードバックまでの時間ロスをうまくかわす事が可能です。

    実際に電話対応のみで対応している転職エージェントの中には帰宅途中で電話での面談でフィードバックを行っているところもあります。

    実際に対面した方が担当コンサルタントを味方にしやすい

    担当コンサルタントとしては実際に顔を合わせて転職への思いや、力を貸してほしいと伝えた方が味方になってくれる可能性はやはり高いです。

    なのでできる限りは直接オフィスに足運部のが可能であれば直接行った方が気持ち等を伝えやすいです。

    電話面談に必要な準備

    ここの章では電話面談に必要な準備についてご紹介します。
    必要な準備としては以下の通りです。

    電話面談に必要な準備

  • 事前に履歴書と職務経歴書を送っておく
  • 静かな所で電話する
  • 基本的にはポジティブな話をする
  • 以上の方が電話面談に必要な準備と言えます。
    ここからはこの準備について一つずつご紹介していきます。

    事前に履歴書と職務経歴書を送っておく

    電話面談で気持ちを見せるためには、転職するにあたり、いかにこの電話面談に向けて準備をしてきたかをアピールする必要があります。

    その気持ちをアピールするためにも、履歴書と職務経歴書は事前にメールで送っておくことをおすすめします。

    この2点をしっかり準備することで、転職に対する熱い気持ちを事前にアピールしておきましょう。

    静かな場所の確保

    電話面談をするにあたり、静かな所での電話は非常に大事です。

    雑音とかが聞こえる場所だと「本当に転職したいのか」と誤解を生んでしまい、せっかくの熱い転職への思いも伝わりにくいので気を付けましょう。

    なので、静かな所を確保して、自分自身も落ち着いた気持ちで電話面談に臨むことが大事です。

    一番おすすめの場所は自宅ですが、厳しいようであれば、音楽がかかっていない落ち着いたカフェなどで行いましょう。

    基本的にはポジティブな話をする

    電話面談においては基本的にはポジティブな話をしましょう。

    自分が面接官だとして、ネガティブな人とポジティブな人のどちらの方と仕事したいですか?100%後者の方ですよね。

    何かネガティブな気持ちを持っているのであれば、それをポジティブな理由に変えて伝えましょう。

    例えば、「今いる職場の環境ではメンタル的に辛く非常に参っている」といった伝え方をせず、「これからキャリアアップを目指していて、今以上にチャレンジが可能な企業に行きたい」と伝えましょう。

    相手に伝えた際に、好印象を抱いてもらえるように言い方を変更するなど工夫を入れてみるといいです。

    電話面談の流れ

    ここでは電話面談の実際の流れや内容をご紹介します。

    電話面談は一般的には約30分~1時間程行われます。
    その時間の間に以下のステップで行われます。

    電話面談の流れ

    1. 自己紹介と希望職種を伝える
    2. 転職理由と希望条件を詳しく伝える
    3. 転職活動の方向性を明確にする

    以上が電話面談の流れになります。
    ここからはこのステップについて一つずつご紹介します。

    自己紹介と希望職種を伝える

    まずは自己紹介からスタートしていきましょう。

    担当コンサルタントは、基本的な情報に関しては登録情報(年齢・住所)から確認ができますが、一応把握していますが、念のため伝えておきましょう。

    それにプラスして、今の自分の業務内容と、これからどういった職種に就きたいかを伝えます。

    この時点で転職活動の方向性を明確に決められていない状態であれば、転職意志が強いという事をアピールするためにも、希望の業界だけでも伝えましょう。

    転職理由と希望条件を詳しく伝える

    次に転職の際の希望条件を詳しく伝えます。

    担当コンサルタントはあなたの希望条件をベースにした、求人を紹介されるため、事前準備をして明確化して伝えましょう。

    希望条件としては以下の項目を参考にして、あなたの条件を事前に考えておきましょう。

    転職する際に考慮すべき条件
  • 希望転職時期
  • 転職先でどういった経験を積みたいか
  • 希望年収額
  • 福利厚生
  • ワークライフバランス
  • どういった特徴を持った会社で働きたいか
  • 希望の会社の規模
  • 譲れない条件まで妥協してしまうと、新しい転職先でも同じような不満が出てしまい、また転職しなければならない羽目になります。

    後悔のない転職活動にするためにも、自分の芯をぶらさず、意思を伝えましょう。

    転職活動の方向性を明確にする

    最後にこれからの転職に関する進め方の案内を受けます。

    今後必要になる書類や転職活動中にやるべきこと・スケジュールなど事細かに説明をしてくれます。

    仮にスケジュールに関する案内がなかった際は、自分から積極的な質問をして、自分のするべきことの明確化をしていきましょう。

    電話面談に強い転職エージェント5選

    1.リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめ度:
    公式サイト: https://www.r-agent.com/

    リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で求人案件数No.1の転職エージェントです。

    「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
    ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

    口コミアイコン
    30代女性(事務 / 年収500万円台)
    リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
    ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
    転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


    2.doda

    doda

    おすすめ度:
    公式サイト: https://doda.jp/consultant/

    転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

    求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
    求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
    とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

    他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
    ※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

    公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    30代男性(営業 / 年収350万円台)
    dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
    履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
    求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


    3.マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめ度:
    公式サイト: https://mynavi-agent.jp

    マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
    若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

    未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

    口コミアイコン
    20代女性(広報 / 年収400万円台)
    新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
    やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
    丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

    ITへの転職を考えている方はマイナビエージェント×ITもおすすめ。
    公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

    4.JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    おすすめ度:
    公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

    JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
    企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
    管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

    口コミアイコン
    30代女性(営業 / 年収600万円台)
    求人の質は他社と比較しても良いです。
    JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
    私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。


    5.Spring転職エージェント

    Spring転職エージェント

    おすすめ度:
    公式サイト: https://www.springjapan.com/

    Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
    国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

    公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
    非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
    口コミアイコン
    20代女性(コンサル / 年収500万円台)
    結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
    学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
    もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

    電話面談に関するQ&A

  • Q1.対面が必要になるタイミングはありますか?
  • Q2.電話面談前にやるべきことはありますか?
  • Q3.スカイプでも電話面談は行うことはありますか?
  • Q4.求人を紹介してもらえないケースってありますか?
  • Q5.転職エージェントは何個か登録し置くべきでしょうか?
  • Q1.対面が必要になるタイミングはありますか?

    担当コンサルタントによっては、電話のみならず、対面面談も行うケースもあります。

    ですが事情説明をしっかりしておけばトラブルも起きないケースがほとんどです

    Q2.電話面談前にやるべきことはありますか?

    基本的に担当コンサルタントから案内が来ると思いますが、一般的なのが履歴書と職務経歴書を送った後に電話面談を行うケースがベターです。

    なので、担当コンサルタントが求人紹介をしやすくするためにも事前に履歴書と職務経歴書を準備しておく必要があります。

    Q3.スカイプでも電話面談は行うことはありますか?

    正直に申し上げて基本的にスカイプ面談方式をとっているところは比較的少なめです。

    もしスカイプ面談の際は、前もって映り方であったり、聞こえ具合の調整を行うなどきっちり準備しておきましょう。

    Q4.求人を紹介してもらえないケースってありますか?

    求職者のキャリアに問題があった場合は求人の紹介をもらえないケースがあります。

    例に挙げると以下の通りです。

    求人を紹介されない可能性のある方

  • 年齢に対して職歴が合っていない
  • 転職回数が多い
  • アルバイトやフリーター
  • 特殊な経歴(役者・自営業などの正社員経験がない経歴)
  • また、本当に案件がない状態だと紹介されないケースもあります。

    エージェントによって、求人紹介が厳しく、1社に断られたとしても切り替えて、別のエージェントへ登録しましょう。

    Q5.転職エージェントは何個か登録して置くべきでしょうか?

    もちろんです。

    複数の転職エージェントに登録しておくと、紹介される母数が大きくなり、選択肢が増えるので非常にオススメです。

    むしろ、担当コンサルタントに複数活用していますと伝えても問題ありません。

    まとめ

    当記事では転職エージェントの電話面談についてご紹介して来ました。

    エージェントの面談は対面が一番のおすすめですが、対面が厳しい場合は電話面談を受けるしかありません。

    どういった形であれ、面談はこれから転職活動を共にしていくためのパートナーとの貴重なミーティングの場でもあるので、しっかり転職への想いを伝えられるようにしましょう。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄