CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「広告業界に強い転職エージェントが知りたい」
「華やかな広告業界に未経験から転職したい」

このようにお考えの方のために、広告業界に転職する際におすすめの転職エージェントをご紹介します。
この記事では未経験・経験者それぞれに合った転職エージェントをご紹介しますので、あなたの経験に合わせて参考にしてみてください。

記事の後半では未経験から広告業界に転職する方法や、転職で失敗しないための方法もご紹介しているので、是非最後までご覧ください。

記事を読み進めるのが面倒という方のために、先に広告業界に強いおすすめ転職エージェントを3社紹介しておきます。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルート
エージェント
業界トップのリクルートが運営
業界トップクラスの求人数
doda
業界最大手の転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
type転職
エージェント
首都圏の転職におすすめ
年収アップの非公開求人多数

▶︎横にスクロールできます▶︎

記事の目次

広告業界に強い転職エージェントおすすめランキング

さっそく広告業界の転職に強い転職エージェントをご紹介していきます。

まずは経験の有無を問わず全ての方におすすめできる転職サイト・エージェントを5社ご紹介するので、多くの方に参考にしていただければと思います。

ぶっちゃけ話転職エージェントは人によって合う合わないの差が大きいです。
あなたの希望の働き方を最大限に叶えるためには、複数のサービスに実際に登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみましょう。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界トップクラスの求人を保有するの転職エージェントです。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


2.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

ITへの転職を考えている方はマイナビエージェント×ITもおすすめ。
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

4.JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

アスコープ

リクルートエージェント

おすすめ度
公式サイト: https://ascope.co.jp/

アスコープは、人気の大企業から話題のベンチャー企業まで、
プロが厳選したおすすめの求人を多数紹介している転職エージェントです。

クリエイティブ業界で活躍するための様々な働き方や雇用形態が掲載されていて、
求職者のライフスタイルに合わせた働き方を見つけることができます。

また、お友達紹介キャンペーンなどうれしい特典も盛りだくさんです。

誰もが知ってるあの企業で働きたい人や、キャリアアップを目指したい人におすすめの転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(マーケティング / 年収500万円台)
同じ業界で働く友人に進めてもらい、私でも知っているような有名な企業の求人がたくさんあったので、キャリアアップを目的にこちらを利用しました。
紹介キャンペーンでギフト券をもらえたので、とても嬉しかったです。私の友人で転職を考えている人がいたら、こちらを紹介しようと思います。

5.Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

転職ニーズ別|広告業界おすすめ転職エージェント

ここからは転職者のニーズに合わせて、それぞれおすすめの転職サイト・エージェントをご紹介していきます。

職種や仕事が幅広い広告業界では転職に何を求めるかは転職者によって異なり、それぞれ利用するべき転職エージェントが異なります。

転職ニーズを以下から選択し、あなたにぴったりの転職エージェントを見つけてくださいね。

転職ニーズ別|広告業界おすすめ転職エージェント
>>未経験から広告業界に転職したい方

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。
また、女性のための転職支援サービスも行っており、様々な業界。タイプの企業を紹介してくれます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめ度:
公式サイト: https://hataractive.jp/

ハタラクティブは、第二新卒・新卒・既卒・フリーターなど、20代若手層に特化している転職エージェントです。

これまでに約15万人をサポートした実績もあり、未経験OKの求人も2000件以上持つため正社員未経験の方でも就職までしっかりサポートしてもらえます。
求人数は多くないですが、情報の質が高く、実際に取材した企業のみ掲載しているため、社内の雰囲気や仕事内容もしっかり把握、きちんとした企業を紹介してくれます。

内定率は80.4%、就職後の定着率は90%以上を誇るため、経歴に自信がない方はハタラクティブに登録するのがおすすめです。

就職Shop

就職Shop

おすすめ度:
公式サイト: https://www.ss-shop.jp/

就職Shopは株式会社リクルートキャリアが運営する若者・フリーター向けの対面型就職・転職活動支援サービスです。
対面型のため基本的に電話面談はなく、関東・関西の主要エリアにある店舗で直接面談をします。
書類選考はなく、応募した企業で選考、面接を受けることができるので、すぐに就職したい方におすすめです。
また、求人数も同じく若年層向けの転職支援サービスであるハタラクティブよりも豊富で8500社以上の登録企業があります。さらに全ての企業が未経験者歓迎なので「未経験だけど正社員で働きたい」「就職活動に自信がない」若者にぴったりです。

ウズキャリ

ウズキャリ

おすすめ度:
公式サイト: https://uzuz.jp/

ウズキャリは「既卒・第二新卒専門」の「エージェント型」転職サイトです。
他サイトよりもサポートがしっかりしていることが魅力で、一人一人に合わせたサポート体制をとっています。
既卒や第二新卒での転職を経験したエージェントがサポートしてくれるため、第二新卒や既卒の方にぴったりです。
ウズキャリの社員も元既卒や元第二新卒なので話しやすく、リアルな話が聞けます。
また、掲載している求人からは「ブラック企業」を徹底的に排除しています。そのため入社1年後の定着率は94%を超えています。
ただ、関東圏を中心とした求人しかなく、求人数も多くはないです。
サポートに時間をとってくれますが、その分こちらも時間がかかってしまうというデメリットも。
しっかりとサポートして欲しい、時間に余裕のある方は求人数の多いサイトと併用すると良いでしょう。

リクらく

リクらく

おすすめ度:
公式サイト: https://www.rikuraku.net/

リクらくは未経験からの転職に強い「エージェント型」転職サイトです。約8割が未経験からの転職で、内定率は94%とかなり高いです。20代の転職であれば経歴不問、学歴職歴関係なく転職活動の相談ができます。
非公開求人も多数あり、第二新卒に特化したノウハウやコラムなどもまとめられています。
サービスは首都圏を中心としていますので首都圏で転職を考えている人におすすめです。

>>キャリアアップしたい経験者の方

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で転職支援実績No.1の「エージェント型」転職サイトで約37万人の実績があります。
多くの実績から、あなたも見つけていないあなたのスキルや価値を見つけてくれます。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」など利用者からの高い評価を得ています。

マスメディアン

マスメディアン

おすすめ度:
公式サイト: https://www.massmedian.co.jp/

マスメディアンは広告・Web・マスコミ職種に特化した転職支援サービスです。
クリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行する宣伝会議のグループ会社が運営しており、宣伝会議の人脈や情報ネットワークが活かされています。

専門的な知識をもっているので、志望先の企業に合わせたアドバイスを受けることができます。
4万人を超える転職支援実績があり、面接の同席や条件交渉もしてくれるのでサポート体制の良さにも定評があります。

広告転職.com

広告転職.com

おすすめ度:
公式サイト: https://www.koukokutenshoku.com/

広告転職.comは広告業界に特化した転職エージェントです。
特にWEB・IT・AIの分野に強みを持っているため、最先端の企業で広告に携わることができます。

広告に特化したサービスだからこそ、求職者のニーズにピッタリの求人を紹介してもらうことができます。

プロの転職

プロの転職

おすすめ度:
公式サイト: https://proten.jp/

プロの転職は広告・IT・WEB業界に特化した転職エージェントです。
以前までは「シンアド転職エージェント」という名前でサービスを行っており、広告・PR・IT業界において10年以上の実績を持っています。

つながりを持っている企業の担当者は社長クラス・役員クラスが多いため、他にはない独自の案件を多く保有しています。

シンフォニード

シンフォニード

おすすめ度:
公式サイト: https://www.symphoneed.co.jp/

シンフォニードは広告業界をはじめとしたマスコミ・メディアをはじめ、幅広い職種を扱っている転職サービスです。
業界ごとに専門性を持った専任のチームが転職サポートを行うので、質の高い情報を共有してもらうことができます。

転職先企業との親密度が高いため、転職市場にはあまり出てこない非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

>>ハイキャリアを目指したい方

1. キャリアカーバー

キャリアカーバー

おすすめ度:

公式サイト: https://careercarver.jp/

リクルートが運営する、ハイキャリア転職に特化したヘッドハンティングサービスです。
公開求人数は5万件を超え、全国に対応しています。

待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。
その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。
また。通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

タイプ:「サイト型」転職サイト 
※スカウトサービス・相談可能
対応エリア:全国
公開求人数:53,792件


2.リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの最大の強みは業界トップクラスの求人数を保有し、転職支援実績No.1である点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

タイプ:「エージェント型」転職サイト
対応エリア:全国
公開求人数:129,158件 
非公開求人数:141,859件


3.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!との口コミもありました。

タイプ:「エージェント型」転職サイト
対応エリア:全国
公開求人数:64,990件 
非公開求人数:37,443件

転職者の年代別|広告業界おすすめ転職エージェント

ここでは転職者の年代に応じておすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

転職サービスはそれそれサポートの強みを持っている年代が異なるので、あなたの年代にあった転職サービスを利用することをおすすめします。

年代別|広告業界おすすめ転職エージェント
20代におすすめの転職エージェント

doda


doda転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

転職を考えている方であれば、必ず登録しておきたいサイトが「「doda」です。
超大手転職サイトで、サイトには掲載されていない非公開求人などを含む10万件以上の求人から自分にあった求人を紹介してくれるエージェントサービスや企業から直接オファーが届くスカウトサービスも提供しているため、一度の登録でいろいろな利用方法ができます。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で転職者満足度No.1も獲得しています。首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!という口コミもありました。

他の転職サービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

30代におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職エージェントです。

他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスという特徴があります。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方には是非一度登録してみることをおすすめします。

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

40代におすすめの転職エージェント

キャリアカーバー

キャリアカーバー

おすすめ度:
公式サイト: https://careercarver.jp/

リクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。

待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。
その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。
また。通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

ランスタッド

ランスタッド

おすすめ度:
公式サイト: https://www.randstad.co.jp/professionals/

ランスタッドは世界39か国、日本でも136拠点で人材ビジネスを展開する世界最大級の総合人材サービス企業です。
日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外転職や外資系転職に強みがあり、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼を活かした優良求人が多数あります。

また、ランスタッドのハイクラス転職は、年収800万円以上の求人が80%を占めていて、現在最前線で活躍中の20代後半〜30代のこれからハイクラスを目指したい方にはおすすめです。

広告業界で転職エージェントを使うべき4つの理由

広告業界の転職の際には、転職エージェントを使うことを強くおすすめします。

その理由は、転職エージェントを利用することには以下のようなメリットがあるからです。

転職エージェントのメリット
客観的な視点を取り入れることができる
非公開求人に出会うことができる
書類添削・面接対策で選考突破率が高まる
全てのサービスを無料で利用することができる

【関連記事】
転職エージェントとは|利用方法や上手な選び方まで徹底解説

ではそれぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

客観的な視点を取り入れることができる

転職エージェントに相談することによって、転職のプロの意見や考え方を取り入れることができます。

自分だけで転職活動をしているだけでは思いつかなかったような転職の方向性や、転職のプロならではの専門的なアドバイスを得られるのは大きなメリットです。

特に転職成功のために重要になる「自己分析」は自分だけで考えるのは大変なので、転職エージェントに一緒に考えてもらうことをおすすめします。

非公開求人に出会うことができる

転職エージェントを利用することで、非公開求人に出会うことができます。

求人サイトなどには掲載されていない求人なので、思わぬ高年収求人や、あなたのニーズに合った求人に出会うことができるかもしれません。

転職エージェントを利用していない人よりも格段に有利に転職活動を進めることができます。

非公開求人とは
多くの転職エージェントや派遣会社は非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェント・派遣会社を利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。
その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。
新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。
求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は人材サービスを利用した非公開求人として人員を募集します。
こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に担当者から紹介してもらいましょう。

書類添削・面接対策で選考突破率が高まる

転職エージェントは書類添削や面接対策など、選考を突破するためのサポートを行ってくれます。

最近では書類の作成が苦手、作成方法が分からないという方は増えてきています。
そのような方にとって、書類作成サポートがあるのはかなり助かりますよね。

また、面接対策では企業の内部事情をよく理解したエージェントが、内定に必要なポイントを詳しく教えてくれるので、面接が苦手という方でも安心です。

全てのサービスを無料で利用することができる

転職エージェント最大のメリットは、あらゆるサポートやサービスを無料で利用することができる点です。

上記の通り転職エージェントには様々なサポートがありますが、これらを無料で利用できるのは非常に大きな魅力です。

転職エージェントを無料で利用できる理由としては、転職エージェントは転職先の企業から報酬をもらっているからです。
転職エージェントが受け取る報酬は職種や企業によって異なりますが、平均すると転職者の年収の約30~40%です。

これだけ高い報酬が発生しているため、求職者は転職エージェントを無料で利用することが可能なのです。

>>おすすめの転職エージェントを見る

未経験から広告業界に転職する方法

ここでは未経験から広告業界に転職するための方法をご紹介します。
異業種や実務経験のない未経験者から広告業界に転職するのは、経験者に比べると転職難易度が高まります。

しかし、未経験者は「伸びしろがある」・「新しい企業風土に馴染みやすい」・「長期的なキャリア形成が見込める」など、企業目線でのメリットもあるので、これらをうまく活用すれば有利に転職活動を進めることができます。
未経験者ならではの強みを活かすために、必ず知っておかなければならない知識が存在するので、以下にご紹介します。

それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

広告業界の理解を深める

未経験の方はあまり深い広告業界についての知識がないと思いますので、業界知識については早めに身に着けておくことが必要です。

広告業界についての知識を身に着けることで、あなたが転職に求める条件が明確になり、求人を選ぶ効率が高まります。
希望条件を明確にすることで書類作成や面接で話す志望動機などを簡単に作成できるようになるので、早めに取り組んでおきましょう。

特に「広告会社の種類」・「ビジネスモデル」・「職種」は把握しておくようにしましょう。

広告会社の種類

広告代理店

広告代理店とは、顧客企業のマーケティング・広告活動を代理で行う会社のことです。
多くの企業はブランディング力やPRの知見が十分ではないため、広告代理店に依頼をするのです。

広告代理店は、その広告の手段によって大きく3種類に分類されます。

広告代理店の種類

  • 総合広告代理店
  • テレビ・新聞・雑誌・インターネットなど、あらゆる媒体を活用した総合的な広告代理が可能な企業です。
    広告代理店と聞いて多くの人が思い浮かべる大手企業は、総合広告代理店であることが多いです。
    例:電通・博報堂・ADKなど

  • 専門広告代理店
  • その名の通り、1つの媒体を専門的に扱う広告代理店です。
    最近ではインターネットが急速に発達してきており、インターネット広告を専門で取り扱う広告代理店が増えています。
    例:サイバーエージェント・DAC・オプト・日経広告社など

  • ハウスエージェンシー
  • ハウスエージェンシーとは、特定の会社の専属広告主として事業を行う企業のことです。
    基本的にはある会社の専属として広告事業を行いますが、最近では他社の案件も引き受けるハウスエージェンシーも増えており、総合広告代理店との明確な差が少なくなってきています。
    例:株式会社デルフィス・東急エージェンシー・ジェイアール東日本企画

広告制作会社

広告制作会社とは、広告の企画や制作を行い、世に出る広告を生み出す役割を担う会社です。
実際に人々の目に触れる広告のキャッチコピーやデザインを企画・制作します。

主な仕事の受注方法としては、広告代理店からの依頼と企業からの直接依頼の2種類です。

広告代理店とは違い広告の「制作」に特化している企業なので、広告制作に強く興味のある方におすすめの広告会社です。

アドネットワーク事業者

そもそもアドネットワークとは、インターネットで広告主と、広告掲載先のメディアのマッチングが行われるネットワークです。
アドネットワーク事業者は、広告主から広告の依頼を受け、適したメディアに広告を配信する役割を担います。

親和性の高いメディアに広告を出したい広告主と、単価の高い広告を掲載したいメディア、双方のメリットを最大化させる役割を担っています。

メディアレップ

メディアレップは、基本的な役割としてはアドネットワークと同じです。
アドネットワークとの主な違いは、メディアレップは特定の媒体に強みを持っていることです。

つまり、広告主・メディアは力を入れたい分野が定まっている場合にメディアレップを活用することが多いです。
しかしアドネットワークとは違い、幅広い分野の広告を出稿・掲載することはできません。

アドネットワークよりも特定の分野に特化して広告に携わりたい方におすすめの広告会社です。

広告業界のビジネスモデル

広告業界に転職するためには、ビジネスモデルを把握しておくことは必須条件と言えます。

面接でもビジネスモデルを理解していることが前提で質問されることも多いので、転職活動の早い段階で必ず勉強しておきましょう。

広告業界におけるビジネスモデルは、大まかには以下のようになっています。
広告業界のビジネスモデル

広告業界は多くの企業の関係によって成り立っており、非常に複雑です。

全てを完璧に理解することは難しいので、未経験から転職する際には上の図と合わせて下記のポイントを押さえておきましょう。

広告業界の基本的な仕組み
  • 広告主(広告を出したい企業)が広告代理店に依頼
  • プラットフォームが広告代理店経由で広告主に広告枠を販売
  • 広告主は広告枠販売の代理手数料を広告代理店に支払う
  • 広告制作会社が広告代理店に広告を納品
  • 広告主の合意の上、広告代理店が広告を出稿

基本的に広告業界の仕事の流れは上記のようになっています。

広告代理店としては、広告主から受け取る「広告枠販売の手数料」が主な収入源となります。

最近では上記の流れ以外にも、広告代理店が広告制作も行っていたり、先述した「アドネットワーク」や「メディアレップ」を通じてプラットフォームが販売されていることも多いです。

広告業界の職種

広告業界には、下記のような職種があります。

職種の多くは他業界とあまり変わらないので、他業界で勤務している方や広告業界未経験の方でも転職のチャンスはたくさんあります。

職種 業務内容
営業 広告主に対する広告の提案・営業
サービス開発 実際の広告制作、広告掲載先のメディア発掘、プロモーション企画の立案
マーケティング クライアントの商品やサービスの市場調査、マーケティング戦略の立案
経営企画 企業の経営戦略策定、事業戦略の企画、リソースの最適配分
人事 人事の採用計画、人事制度・評価・育成計画の策定
総務 庶務・法務・経営管理などの一般事務
経理・財務 企業の資金調達・投資・決算業務・財務業務など

広告業界に強い下記の転職エージェントを利用してみてください。

業界大手!求人数総合型転職エージェント
リクルートエージェント ロゴ
業界トップクラスの求人数
転職サイトでも有名

公式サイト→

doda
業界最大手の
転職エージェント
高い満足度

公式サイト→

広告業界で活かせる経験・スキルを持っておく

広告業界の転職で活かせるスキルをご紹介します。

ここでは広告業界で最も人気が高く求人数が多い「営業職」において必要とされるスキル・経験をご紹介します。

広告営業で活かせる経験・スキル
  • コミュニケーション能力
  • 情報伝達スキル
  • マネジメント能力
  • 判断能力
  • 提案力

上記を見ていただければわかるように、広告業界で求められる能力は他の業界とそこまで変わりません。

ですので広告業界を目指す方は、今の職場でも広告業界で活かせるスキルを身に着けることができるので、今のうちから上記のポイントを意識して勤務してみましょう。

職種によっては上記スキルが身につく経験ができない可能性もありますが、転職エージェントに相談すればあなたならではのアピールポイントを一緒に考えてくれるので、焦る必要はありません。

>>おすすめの転職エージェントはこちら

広告業界に詳しい人に相談する

これは意外と知られていませんが、広告業界に未経験から転職するためには、業界に詳しい相談相手がいることが必須と言えます。

広告業界は企業同士の取引が多いため、企業間のつながりが非常に強い業界です。
中途採用においては、こうしたつながりを活かして採用が行われていることがかなり多いのが実情です。

また、広告会社の業務内容は実際に働いてみないとなかなか具体的なイメージがわからないものです。

これらの理由から、未経験から広告業界に転職するためには、業界事情に詳しい相談相手を作ることが大切です。

もしそのような相談相手を作るのが難しそうであれば、次にも紹介しますが転職エージェントに相談するという方法もおすすめです。
実は転職エージェントも、広告業界の企業とのつながりが強く業界事情にも詳しいため、相談相手として最適な相手と言うことができます。

転職エージェントに相談する

先述しましたが、広告業界に転職するためには「業界事情に詳しい」「広告業界との繋がりが強い」人に相談することが必要です。

広告業界に詳しい知り合いがいれば相談することができればそれが理想ですが、転職エージェントに相談することもおすすめです。

転職エージェントも、広告業界とのつながりが強く業界事情にも詳しいため、転職の相談をする際には最適な相手です。

相談相手として転職エージェントを利用する場合は、「リクルートエージェント」「マスメディアン」など、広告業界に適した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

広告業界の転職でよくある失敗

広告業界の転職で転職エージェントを利用するのは非常にメリットが多いですが、恩恵を最大限受けるために意識しなければならない注意点が存在します。

ここでは広告業界の転職でよくある失敗例をご紹介していきます。
次の章では失敗しないためのポイントも解説しますので、是非転職活動を進める際の参考にしてください。

転職エージェント利用時のよくある失敗

よくある失敗

  • 担当者とのコミュニケーションが上手くいかず、就業までに時間がかかる
  • 担当者と合わない
  • 自分の経歴に見合わない求人を紹介される
  • 希望条件と合わない求人を紹介される
  • 結局最後まで良い求人に出会えない

転職エージェントを利用した場合、上記のような失敗はよく起こります。

ではこれらを防いで転職活動を成功に導くためにはどうすればいいのかを次にご紹介します。

転職で失敗しないための6つのポイント

1.連絡は素早く・こまめに

担当のキャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。

人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。
日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。

また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。

複数の転職エージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。

あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。

2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。
その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。

転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。

また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

3.経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。
後から「話が違う‥」などとなってしまうと、虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも、正直に伝えることをおすすめします。

また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

4.希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。

より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のキャリアコンサルタントに共有することが重要です。
なぜならキャリアコンサルタントは希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。

あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。

そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

5.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。
さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと、企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。

また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

6.推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。

「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。
企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。

担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもあります。

ですので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

転職エージェント利用の流れ

1.転職サイトの登録ページから登録

各転職サイトの公式ページから登録します。登録完了メールも確認しておきましょう。

2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

登録後、数日以内に連絡があります。
10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。
忙しい方や遠方の方はオンラインでの面談や電話面談が可能かどうか確認しておくと良いでしょう。

3.担当者によるキャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。
初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • ご自身のキャリアの棚卸
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでのご希望条件の整理
  • ご自身の強みの棚卸

4.求人を紹介してもらう

キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。
もちろんサイト内で気になる求人があった場合は自分からエージェントに相談することも可能です。

5.書類選考の対策などサポートしてもらう

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。

転職未経験の方はサポートのしっかりした転職エージェントに登録しておきましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

6.面接対策を受ける

書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

面接に不安のある方、転職未経験の方はしっかり面接対策も受けておくと良いでしょう。
面接に同行してくれる転職エージェントもあります。事前に自分にあっている転職エージェントを探しておきましょう。

7.内定と退職手続きのサポート

内定の連絡もエージェントから知らされます。
内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

広告業界で転職成功した方の体験談10選

ここでは広告業界で転職成功した方々の体験談をご紹介します。

前職や転職活動時の体験談、そして転職後の働き方についてどう感じている方が多いのか、是非参考にしてみてください。

口コミアイコン

​20代女性
以前は不動産業界で勤務していましたが、古臭い体質に嫌気がさして華やかな広告業界への転職を決意しました。
キャリアが十分になくて不安だったのですが、エージェントのサポートもあり無事転職成功することができました。

口コミアイコン

​20代女性
広告業界の転職ってどんな感じだろうと思っていましたが、わりと選考に関しては新卒の時とあまり変わりませんでした。
新卒の時とは違い、エージェントのサポートがあったため、安心して転職活動を進めることができたのは良かったですね。

口コミアイコン

​20代女性
広告業界の転職ってどんな感じだろうと思っていましたが、わりと選考に関しては新卒の時とあまり変わりませんでした。
新卒の時とは違い、エージェントのサポートがあったため、安心して転職活動を進めることができたのは良かったですね。

その他の口コミを見る
口コミアイコン

​20代女性
前は保育士として働いていましたが、広告業界に転職して本当に良かったと思っています。
前職では人間関係でかなり悩むことが多かったので、みんなが仕事に対する高い意識を持っている広告業界ではそんな悩みがなくてよかったです。
仕事に集中したかった私にとって本当にいい転職になりました。

口コミアイコン

​20代男性
エンジニアとして勤務していました。
より社会貢献性の高い仕事がしたくて広告業界に転職しましたが、良い判断だったんだと思っています。
エンジニアならではの良さもありましたが、広告は予想通りの華やかな業界で感動しました。

口コミアイコン

​20代女性
新しいことに挑戦したくて広告業界に転職しました。
転職先が良い意味で予想以上に常に新しいことにチャレンジする社風で、転職してよかったなという気持ちです。
広告業界で活躍すれば今後のキャリアに有利と聞くので、今後も頑張ろうと思います。

口コミアイコン

​30代男性
前の職場ではなかなか成果が正しく報酬に反映されていなかったので、成果報酬というイメージが強い広告業界に転職を決めました。
やはりイメージ通りで、個人で出した成果がそのまま給料に反映されているので満足しています。

口コミアイコン

​30代女性
広告業界の中でも大手と言われている企業を目指して転職活動を行いました。
正直私のキャリアでは難しいと思ったのですが、転職エージェントを使うとこんなにも上手くいくのかというほど上手くいきました。

口コミアイコン

​20代女性
転職が決まった企業は従業員のモチベーションが高いことに驚きました。
同じ営業職でも、前職の保険業界とは大きく異なりました。
周りに感化されて、今では私も毎日の仕事に全力を注いでいます。

口コミアイコン

​20代男性
以前は人材業界で働いていました。
前職で培ったヒアリング・提案力が転職先でも活かすことができていると思っています。
成果報酬型の給与体系なので、かなり仕事に気合が入っています。
前職ではそこまでモチベーションが高くなかったので、転職してよかったなと思っています。

広告業界の転職でよくある質問と回答

広告業界は未経験だけど転職できる?

資格を持っていなくても経験がなくても広告業界で働くことは可能です。もちろん業務では専門的な知識を必要とされますが、研修や業務を通して学ぶことができます。
広告業界は成長が続いている業界であり、慢性的に人材が足りていない状況です。そのため、新卒採用で未経験OKなだけでなく、中途採用でも未経験で募集している求人が多数あります。
未経験の場合は、広告に関する知識ではなく、これまでの経験をどのように次の企業で活かせるか、柔軟に学ぶ気持ちがあるか、などをしっかり伝えることが重要です。

また、前職での営業実績などをアピールすることによって転職活動が有利になることも多いです。
広告業界への転職を考えている方は、前職でできるだけアピールしやすい経験をしておきましょう。

年齢を重ねてからの転職も可能ですか?

未経験の求人も多い広告業界ですが、スキルや知識が豊富な30代〜40代の広告業界経験者は重宝されています。そのため、現場で活躍できる即戦力だと年齢関係なく転職に有利です。
ただ、これまでのスキルや経歴にこだわりすぎると、「この会社に合わせる気がないのでは…」「これからスキルアップする気がないのでは…」と誤解を与えてしまいますので、注意しましょう。
また、40代以上の転職では、マネジメント経験があると強みになります。チームや人材の管理経験があるのであればしっかりアピールしておきましょう。

広告業界の転職には転職エージェントしか方法はない?

転職エージェント以外にも方法はあります。以下が主に利用されている転職方法です。

その他の転職方法
  • ハローワーク
  • SNS経由で応募
  • 直接応募
  • ハローワークを利用するメリットはなんと言っても求人数の多さです。また地元の求人も多いため、地元で転職活動をしたい方は大きなメリットを感じることができます。
    デメリットは自分で積極的に行動しなければほぼ進まなくなってしまうことです。
    続いてSNS経由での応募ですが、ベンチャー企業などで最近増えています。特に広告業界は需要が高く、声がかかる可能性が高いです。メリットは予想外な企業に出会えるチャンスになることですが、誰にも頼れないためその企業の良し悪しの判断がつきにくいことや転職活動中のサポートを受けられないデメリットもあります。SNS一本での転職活動はおすすめできません。
    最後に直接応募ですが、こちらはしっかり行きたい企業が決まっていて、自信がある方向けです。転職エージェントに登録すると、転職を成功させるコツや面接対策を受けられるだけでなく、企業へのプッシュも期待できます。まだ行きたい企業が決まっていない方や企業に入る自信がない方は転職エージェントの利用がおすすめです。

    転職エージェント登録後の流れは?

    1.転職エージェントのサービス登録ページから登録する

    各転職エージェントの登録ページから登録します。
    登録完了メールも確認しておきましょう。登録の際に経歴やスキル、資格も登録しておくと早い段階で求人を紹介してもらえる可能性があります。

    2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

    登録後、数日以内に連絡があります。
    10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件や聞いておきたいことがある場合にはここできちんと確認しておきましょう。
    忙しい方や遠方に住んでいる方など、直接会って面談することが難しい場合は先にWEB面談や電話面談が可能かどうか確認してください。

    3.担当者によるキャリアカウンセリング

    キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。
    初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

    • 現在の転職市場についてレクチャー
    • ご自身のキャリアの棚卸
    • 転職理由のヒアリング
    • 転職するうえでのご希望条件の整理
    • ご自身の強みの棚卸

    なるべく詳細に伝えることがポイントです。時間があれば事前に書き出しておくと、他のエージェントに共有する際にも便利です。

    4.求人を紹介してもらう

    キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。
    また、サイト上に気になる求人があれば自分から相談することもできます。

    5.書類選考の対策・準備をサポートしてもらう

    気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
    作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできますので活用してください。
    書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

    6.面接対策を受ける

    書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。
    面接対策も企業や職種ごとに異なります。事前にエージェントとしっかり対策を立てましょう。
    面接が不安な方は面接に同行してくれるエージェントもありますので事前に確認し依頼すると良いでしょう。

    7.内定と退職手続きのサポート

    内定の連絡もエージェントから知らされます。
    内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

    5.広告業界知識の勉強方法を教えてください

    広告業界の知識を学ぶ最も効率的な方法は、転職エージェントに相談することです。
    転職エージェントは、転職に携わることによって培ったノウハウを活かし、業界事情や知識についても惜しみなく教えてもらうことができます。

    1人だけで業界知識を勉強するのは大変だと思いますので、是非エージェントに相談して安心して転職活動を進められるようにしましょう。

    広告業界に詳しいエージェントに相談したい方は、「リクルートエージェント」を是非利用してみてください。

    広告業界におすすめの転職エージェントまとめ

    この記事では、広告業界の転職におすすめの転職エージェントを、転職者の特徴別にご紹介しました。
    未経験の方向けに、広告業界に転職するための知識もご説明したので、参考にしていただければ幸いです。

    広告業界の転職を成功させるためにも、まずは複数の転職エージェントに登録し、自分にぴったりの転職エージェントを探し出すことからはじめてみてください。
    あなたにぴったりな転職エージェントに登録できれば転職活動もスムーズに進むはずです。しっかり比較して転職活動を成功させてくださいね。

    >>広告業界におすすめの転職エージェントランキングに戻る

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄