「結婚を機に転職サイトをしたいけど転職先は見つかるのか」
「結婚前と後、どっちが転職するのはおすすめ?」

このようなお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結婚を機に転職をする場合は女性と男性でおすすめの時期が変わってきます。
それは産休や育休といった制度の利用と関係してくるからです。

そこでこの記事ではそれぞれのおすすめの転職時期と、他の求職者と差をつける転職ポイントを紹介していきます。

この記事を読めばいつ頃から転職の準備を始めるべきかわかりますよ。

▶︎横にスクロールできます▶︎

現在の転職業界情報
求人倍率

表は求人転職レポートを参考に当サイト作成

表は昨年5月からコロナを経た2020年7月までの求人倍率の増減を表したものです。
求人倍率はコロナ騒動から急激に減少しており、転職が難しくなってきていると言えます。
そこで周囲の求職者と差を付けて転職を成功させるために転職エージェントを利用しましょう。

「結婚を機に転職」は伝えるべき?

結婚のために転職をする際に面接官に正直に結婚を機に転職することを伝えるべきか迷う方は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、面接官に正直に伝えることは男女ともにメリットになるので伝えるようにしましょう。

男性の場合
男性は結婚を機に転職するということは、安定を求めている、もしくは給料改善など、なにかしらの前職との比較から環境を改善したいという意思を伝えることができます。

また、結婚を機に転職をすると今後は家族を守る立場となるため、長期的に働いてくれそう、まじめそうという印象も面接官に与えることができるためプラスの面が大きく現れます。

女性の場合
女性は結婚を機に転職をすると伝えると、「すぐに産休・育休にはいってしまうのではないか」という印象を持たれてしまいがちなため、面接官によってはいい印象を与えないことがあります。

しかし、企業に就職することが目的ではなく、働きやすい環境、求める条件の揃った会社に就職することが大切なのです。
そのため、女性が働きやすい企業かどうかを見極めることができるという意味でも結婚を機に転職を伝えるようにしましょう。

次の章では女性が結婚前後に転職する場合のメリットデメリットをそれぞれ解説していきます。
男性は女性と類似している点も多いため、本記事では女性にフォーカスして解説します。

結婚前に転職する場合のメリットデメリット

メリット

  • 仕事の幅が広くなる

    未婚女性はフットワークが軽いと思われがちなため、結婚前に転職する人が選べる仕事の幅が広くなるという特徴があります。

  • 結婚前に環境の変化に慣れることができる

    結婚は一つの人生の転機であり、自身の環境が変わる方も多いと思います。
    それに合わせて、職場まで新しくなってしまうと慣れるまでの心労が絶えない生活が続いてしまいます。
    結婚後の心労を少しでも減らすためにも事前に転職をして慣れてしまうことをおすすめします。

  • 働き方の調整をしやすい

    結婚後の生活を想定することで、働き方や、労働時間、勤務地、雇用形態を調整しやすくなります。

  • 少しでも若い方が転職に有利

    企業は即戦力となる人材を求めていると同時に、吸収力の強い若者を雇用したいと考えています。
    そのため、少しでも早く転職をする方が年齢的に選べる業界や職種の幅が広くなるといえます。
    特に職種によっては年齢が大きく影響してしまう場合があります。例としてIT業界が挙げられます。ITは常に成長し続ける業界で、未経験でも参入しやすい半面、常に学び続ける姿勢が重要となります。
    そのような業界ではすでに知識が固定化されてしまった年配の方よりも柔軟な発想が可能な若い世代の方が重宝されますし、より長く働いてくれそうな人材であるため転職は早い方がいいでしょう。

  • 産休前に信頼関係を築ける

    仮に今後子どもを欲しいと考えている場合は、産休・育休を取ることになるでしょう。
    出産までの期間に新しい職場で信頼関係を築ける期間が長くなるというメリットがあります。

結婚前に転職することで、今後を想定した行動が可能になり、職場での信頼を築くことができるため育休・産休を取りやすくなるメリットがあります。

次に結婚前に転職するデメリットを解説します。

デメリット

  • すぐに産休に入ることができない

    企業によっては労使協定で1年間は育休・産休に入ることができないと定められている場合があります。

  • キャリアが止まってしまう

    結婚を前提の転職では家庭を最優先としてしまう方が多いのではないでしょうか。家事と仕事の両立や家族との時間を大切にしたいために、条件を絞ることでキャリアが止まってしまう場合があります。また、最悪の場合はダウンする場合もあるでしょう。

結婚前の転職ではなにを一番に優先させるのかを決めることで上記に挙げたデメリットを許容できるようになるでしょう。

結婚後に転職する場合のメリットデメリット

メリット

  • 結婚生活に合わせた転職ができる

    結婚した後に転職をするため、すでに結婚生活が定まっている生活基準に合わせて勤務地や労働条件を選ぶことができます。
    そのため、転職後の心労を軽くすることができるでしょう。

  • 私生活が落ち着いてから転職を目指すことができる

    例えば妊娠・出産・育児を経験し、子どもが託児所に預けられる年齢になってから転職をすることで、早期退職、早期休業のリスクを小さくできます。

結婚後の転職では事前に生活基準が定まっているため、働き手を選びやすくなるといったメリットがあります。

次にデメリットを解説します。

デメリット

  • 企業からすぐに産休・育休をとるのではないかと思われてしまう

    人生の転機は結婚と出産と言われているように、企業も重視しています。
    特に結婚をした後の転職では企業側もすぐに居なくなるのではないかと心配してしまいます。企業としては長く働いてくれる人材を雇用したいので仕事を覚えた時期に育休に入られるというのは避けたいのです。
    しかし最近では育休・産休を取りやすい企業も増えていることから、女性の働きやすい職場を探す一つの指標にもなってきています。

結婚前に転職 結婚後に転職
メリット
  • 仕事の選択の幅が広くなる
  • 事前に環境の変化に慣れる
  • 働き方を調整しやすい
  • 少しでも若い方が転職に有利
  • 産休前に信頼関係を築ける
  • 結婚生活に合わせた転職ができる
  • 私生活が落ち着いてから転職を目指せる
デメリット
  • すぐに産休に入ることができない
  • キャリアが止まってしまう
  • 企業にすぐに産休・育休に入るのではと思われる

女性で転職のタイミングに迷ったら結婚前がおすすめ

前章の内容を踏まえて、女性の結婚を機に転職タイミングのおすすめは結婚前です。

理由としては企業側、転職する側の双方にとってメリットが大きいからです。

求職者 企業
メリット
  • 仕事の選択の幅が広くなる
  • 事前に環境の変化に慣れる
  • 働き方を調整しやすい
  • 少しでも若い方が転職に有利
  • 産休前に信頼関係を築ける
  • 妊娠・出産までの数年間は自社に貢献してくれる前提で採用に踏み切ることができる
  • 実際に産休・育休制度を利用させる前に本人の仕事能力や人柄を見ることができる

ぶっちゃけ話労使協定で育休の取得にしばりのある企業もあるため転職から育休・産休取得まで1年は見て人生設計を行いましょう。
結婚して転職も同時に行うことは心労が絶えない原因になりますので、少しでも心労を減らすために、新しい職場になれたタイミングで結婚。その後、仕事と生活の土台を作った上で産休・育休を取得するといったようにそれぞれを分けて一つずつ行うことで心労の分断、心身の安定を図ることができるでしょう。

女性の転職先を選ぶ際のポイント|結婚後のビジョンが大切

転職先を選ぶ際の注意点を3点紹介します。

結婚を機に転職する際は何を求めて転職するのかという条件を明確化する必要があります。
条件が明確化されていないで転職をすると結婚生活との両立が難しくなったり、産休がとれなくてまた転職活動をする羽目になるといったことになってしまいます。

そうならないためにも、なぜ結婚を機に転職をするのかを結婚後のビジョンを含めてしっかりと自己分析しましょう。
また、分析して出てきた転職に求める条件が複数ある場合もあるでしょう。

そのような場合は条件は3つ程に絞り優先順位を付けることが大切です。

例)

  • 優先度(高):

    将来は育児に専念したいから産休・育休の取得が簡単な会社に入社したい

  • 優先度(中):

    家庭を優先したいから残業のない会社に入りたい

  • 優先度(低):

    給料は下がっていもいいから忙しくない会社でゆっくりと働きたい

このように優先順位をつけておくと求人を絞ることができ、理想の転職に近づきます。

それでは転職先を選ぶ際のポイントを4つに分けて解説します。

1.社員に占める女性の割合

社員に占める女性の割合から、女性にとって働きやすい会社かどうかを見極めることができます。
そのような会社は産休や育休に関しても協力的な姿勢が強いため、結婚後の子育て等を視野に入れている場合は注目しておきたいポイントです。

2.産休・育休の取得実績

育休・産休制度が整っていても、利用することができなければ意味がありません。
そこで参考にしたいのが取得実績です。

1の社員に占める女性の割合と合わせて見ることで、産休・育休を取得しやすいかどうかが分かるでしょう。

女性の割合が高いのに取得実績が少ない場合には注意が必要です。
そのような場合は実際に確認してみましょう。

確認方法として主な3つを紹介します。

1.実際に働いている人に聞いてみる
この場合は知り合いにそのような方がいない場合は少し厳しいでしょう。そこで残り2つをおすすめします。

2.口コミから判断
自分で探したい場合はインターネットの口コミを利用して探す方法もあります。
口コミには実際に働いていた方のリアルな声が聞けるため企業選びの参考になるでしょう。
口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

3.転職エージェントに頼る
1人では難しいと感じる場合は転職エージェントを利用してみましょう。
転職エージェントは求人先の企業の勤務環境等を把握しているため、詳しく聞くことができます。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

3.柔軟な働き方は可能か

結婚後、子育てを終えて復帰したいと考えた際に重要なポイントになります。
子どもはいつ急に熱が出るかわかりません。
そのような緊急時に、融通が聞く働き方ができるかは大きな判断基準となります。

4.残業や出張の有無

残業や出張が多い仕事だと家族との時間を割いて仕事に当てなくてはなりません。
月に一度のように少ない回数だといいのですが、頻繁な場合は家族との時間を作ることができなくなり、結果家庭不和という状況に陥ってしまいます。

そうならないためにも自身の求めるライフスタイルにあった働き方で家庭との両立ができるかどうかを基準に判断しましょう。

次の章では男性の転職先を選ぶ際のポイントを解説しますが、女性にも当てはまる内容でもあるので合わせて把握しておきましょう。

男性の転職先を選ぶ際のポイント|家庭との両立を

次に男性の転職先を選ぶ際のポイントを解説します。

近年では、女性が男性よりも収入が高い家族もあるため一概に当てはまるとは言えなくなりました。しかし、家族はパートナー同士の支えあいが大切なため、足りないところをお互いにカバーするという意味で女性の転職先を選ぶ際のポイントと合わせて確認しておきましょう。

1.年収

家族を持った場合は年収は大事になってきます。
特に今後子どもを育てたいと思う方はお金がかかるため気にしたいポイントです。

パートナーと共働きの世帯が増えていますが、お金に余裕を持つことで家族サービス等に使うこともでき、結果家庭円満につながります。

2.家庭との両立は可能か

せっかく結婚したのに、単身赴任で会えない、残業が多くて家に帰れないなんてことになってしまわないためにも、自身にあったライフプランで家庭と両立できる範囲で働ける仕事につきましょう。

結婚を機に転職する場合の進め方

結婚をすると転職も独身の時のようにはいきません。

住む場所やパートナーとのライフスタイルによって変わってきます。

ここでは結婚を機に転職をする際のスケジュールを紹介します。

パートナーとの話し合い(1か月)

今後の生活についてどのようなライフスタイルを送りたいか、どんな家庭を築いていきたいかによって転職先選びが変わってきます。

そこでパートナーとしっかり話し合う時間を設けることをおすすめします。

話し合いの際は下記の点を押さえておくと良いでしょう。

  • 居住地・勤務地

    どこに住むのかを話し合うことで転職先を絞ることができます。
    また、子育てのしやすい環境や、パートナーの勤務時間等を考慮して決定していきましょう。

    ここである程度の方向性が決まればライフスタイルを決めやすいため仕事選びでの条件も絞られてくるでしょう。

  • 世帯年収

    今後どれだけの年収を希望するかを話し合っておきましょう。

  • 世帯年収とは
    同一の生計を立てる世帯の合計年収のこと。
    つまり生活をするためのお金を稼ぐ人が同じ世帯での合計年収のことです。
    例)夫500万、妻150万、子ども50万→世帯年収700万

    厚生労働省の調査によると世帯年収の平均は約542万円です。

    そのうち子育て世帯の平均は約713万円となっていますが、中央値では633万円となっています。平均では一部の富裕層によって底上げされている場合があるので中央値を参考に話し合ってみるといいかもしれません。

転職活動(1~3か月)

結婚式を行う場合は結婚式の準備や引っ越しを伴う転職の場合は面接の日程調整など余裕をもって行いましょう。

業務の引き継ぎ(1か月)

退職するからと前職をおざなりにしてはいけません。
よくある転職の悩みで、退職するとなった場合の周囲とのトラブルが挙げられます。

円満に退職し、業務が滞りなく循環するためにも業務の引継ぎをしっかりと行い退職の挨拶も忘れずにしましょう。

そうする事で後任の仕事のスタートもスムーズになります。

転職活動には転職エージェントの利用がおすすめ

ここからは前章の「転職活動」の項目をより深く掘り下げて話します。

いざ転職を行うとなった時、やるべきことはたくさん出てきますよね。

自己分析(何をしたいのか)
求人探し
企業調査(ブラック企業に入らないために)
履歴書や職務経歴書の作成(質の高いものを作成)
面接対策
面接日の日程調節

それに合わせてパートナーとの話し合いや業務の引継ぎ作業、場合によっては引っ越しも合わせて行わなければならず、転職活動がなかなか進まないなんてことになりかねません。

そんな時間的にも作業的に余裕のない方にエージェント型転職サイトの利用をおすすめしたいのです。実際に使うメリットとしては、

転職エージェントのメリット
  • 完全無料で転職サポートを利用できる
  • 希望を伝えると求人を探して紹介してくれる
  • 求人先企業を詳しく教えてくれる
  • 面接の日程の調整や給料交渉などを行ってくれる
  • 推薦状を出してくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 複数の内定をいただいた場合、代わりに断ってくれる
  • 現職の退職アドバイスを行ってくれる

このようにあなたの転職が目に見えて楽になるだけでなく、周りの求職者と差をつけて質の高い転職をお行うことができるようになります。

1人での転職と転職エージェントを利用した場合の転職の進め方の比較

1人で転職活動を行うとこのようなフローチャートになります。

1人で転職活動

日々の業務と合わせてこの作業でなかなか転職が進まない方が多いのです。
そこで転職エージェントを利用することで作業を分担しなおかつ同時進行で行うことができるようになるのです。

転職エージェントを利用して転職活動

このため、話し合いや業務の引継ぎ、引っ越しの作業などに多く時間を割けるようになり、時間効率が大幅によくなります。

結婚前に転職するなら転職エージェント

それではおすすめの転職エージェントを3選紹介します。
詳しく知りたい方はこちら>>

リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

転職エージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

公開求人数 149,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 160,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
40代女性(事務 / 年収300万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

公開求人数 20,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 22,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

まとめ

結婚を機に転職する際のおすすめの時期について解説しました。

おすすめの時期は男性は結婚後です。
理由としては、長くいてくれそう、まじめそうという印象を与えることができるからです。

女性は結婚前に転職することがおすすめです。
産休に入る前に職場での信頼関係を築けるとともに、転職に対しても有利に働くからです。

コロナの影響によって求人が低下している現在ではより精度の高い転職で回りと差をつけることが重要になるため転職エージェントの利用をお勧めします。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄