海外転職に強い

海外で転職したいと思ってもどの転職エージェントに登録したらあなたの希望が叶うのかわからず、お悩みではありませんか?
海外転職の転職エージェントは多数あり、強みや特徴も異なります。
そのためこの記事ではあなたの状況や希望に合わせて転職エージェントや転職サイトを選んでもらえるよう、目的別・国別に転職エージェントをまとめました。
また、転職エージェントの選び方や活用術、利用の際の注意点もまとめていますので転職活動の参考にしてくださいね。

記事の目次

海外転職におすすめの転職エージェント|目的別に解説

まず海外での転職におすすめの転職エージェントを目的別にご紹介します。下の目次からあなたにぴったりの転職エージェントを探してみてください。
国別のおすすめ転職エージェントはこの後にご紹介します。また、先に選び方を確認したい方はこちらを先に読んでくださいね。

ぶっちゃけ話転職エージェントは人によって合う合わないが大きいです。また、海外転職の求人は多くありません。
ご自身の希望を最大限に叶えるためには、複数のサービスに実際に登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみるのがいちばん効率的にあなたに合った転職エージェントを見つける方法です。

ハイキャリアの海外転職におすすめ

これまで国内外でしっかりとキャリアを積んできたあなたにぴったりな転職エージェントをご紹介します。海外転職の実績がしっかりあるエージェントですが、エリアによっては求人が限られてきますので複数のエージェントへの登録をおすすめします。

JACリクルートメント


JACリクルートメント

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/
JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
海外(グローバル)転職専門のキャリアコンサルタントが在籍しており、海外特有の事情や海外での転職希望者の市場感を熟知しています。
そのため、企業や海外の状況に合わせた面接アドバイスが可能で、模擬面接も行ってくれます。企業の紹介はもちろん、ビザの取得や生活状況などについても相談可能です。
企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

特徴:・グローバル専門のキャリアコンサルタント
   ・面接アドバイスや模擬面接可
   ・ハイクラス向けの求人から若手の求人まで

対応エリア:シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・中国・香港・韓国・インド・ベトナム・イギリス

ビズリーチ


ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/
ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
有料ではありますが、「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。海外転職では国に合わせてヘッドハンターを探すことのできるシステムとなっており国ごとの特徴を熟知したヘッドハンターに相談することができます。
他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その中に2,000件近い海外転職求人があります。また、求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用することができますので。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

特徴:・国ごとにヘッドハンター探せる
   ・駐在採用/現地採用どちらも紹介
   ・海外転職の求人数が多い

対応エリア:アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・オーストラリア・中国・韓国・香港・シンガポール・タイ・ベトナム

iconicJob


iconicJob

公式サイト:https://iconicjob.jp/
iconicJobは海外・アジアでの転職に強みのある海外転職向けの転職エージェントです。国内外に6拠点を有し、海外拠点・国内拠点双方で日本人エージェントに相談できることが特徴。
公開されている約80%が非公開求人です。未経験や語学不問の求人掲載もあるため、英語力や自分の経歴にあまり自信のない方でもチャレンジできます。
一方で、ハイクラス向けの求人も多数あり、ハイクラスの特設ページもあります。アジア圏でキャリアアップしたい方におすすめです。

特徴:・国内外双方の拠点で日本人エージェントに相談できる
   ・海外転職に特化
   ・ハイクラス向け特設ページや未経験可の求人など求人が幅広い

対応エリア:シンガポール・ベトナム・インドネシア・マレーシア

海外転職が初めての人におすすめ

海外で就職したことがなく、転職活動をしっかり一からサポートして欲しい方におすすめの転職エージェントをご紹介します。地域によっては求人数が少ない場合もありますので、その場合はいくつかの転職エージェントを併用してください。

リクルートエージェント


リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの最大の強みは転職支援実績がNo.1であることです。
そのため他の大手転職エージェントでは実績のないような前例も多数あり、求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さです。
海外転職の求人は約400件ほど保有しています。またエリアが限られていないため他では探せないエリアの求人も見つけることができる可能性があります。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」など他にはない求人が評価されています。

特徴:・転職支援実績No.1
   ・求人エリアが限られていない
   ・人材業界大手のリクルートが運営

対応エリア:全世界

パソナグローバル


パソナグローバル

公式サイト:https://www.pasona-global.com/gl/
パソナグローバルは大手人材会社であるパソナが運営するグローバルに特化した求人を紹介している転職エージェントです。
強みを見つけて活かすキャリアカウンセリングを得意としており、実際にキャリアカウンセリングも丁寧で親切だと定評があります。
また、履歴書の書き方や面接対策もしっかり行ってくれるだけでなく、勤務地での生活やビザの取得についてもアドバイスをもらうことができます。
世界に多くの紹介実績を持ち、海外拠点にも日本人や日本語対応スタッフが常駐しているため、就職後になにかあった際にも頼ることができ安心です。
スタッフクラスからエグゼクティブクラスまで紹介していることも魅力で、幅広い年齢層の方におすすめできるエージェントです。
海外就職について詳しくない方はパソナグローバルで開催されている「JOB博」に参加してみるとリアルな話が聞けるかもしれません。

特徴:・丁寧なキャリアカウンセリング
   ・世界に多くの紹介実績あり
   ・海外拠点にも日本人や日本語対応スタッフが常駐

対応エリア:台湾・シンガポール・香港・アメリカ・インド・カナダ・韓国・ベトナム・インドネシア・中国・マレーシア・タイ

REERACOEN


REERACOEN

公式サイト:https://www.reeracoen.asia/
REERACOENはアジアを中心とした海外での転職に特化した転職エージェントです。求人サイトをいくつも運営しているネオキャリアが運営しており、日系企業法人や現地企業まで幅広く紹介してもらえます。
10の国に16の拠点があり。全拠点に日本人スタッフが常駐しているため、現地で何か不安なことがあればいつでも相談することができ、安心です。
応募求職者は10,000人を超え、取引企業も1,000社を超えています。また、希望の国が決まっていなくてもあなたの希望条件や経歴から国や求人を提案してもらえるので気軽に相談できるのも嬉しいポイント。
語学不問の求人もあるため、日本語以外自信がない、という方でも求人を探すことができます。アジア各国の生活情報や求人情報をまとめて知ることもできるので一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

特徴:・アジアでの転職に特化
   ・全拠点に日本人スタッフが常駐
   ・希望の国が決まっていなくても相談可能

対応エリア:台湾・香港・タイ・インドネシア・フィリピン・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インド・中国

海外転職をまだ決めていない人におすすめ

海外での転職に興味はあるものの、日本での転職も視野にあるあなたにおすすめの転職エージェントをご紹介します。日本企業で、海外転勤がある企業や海外への営業など語学力を活かせる求人を多数扱っているエージェントです。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント
公式サイト:https://www.springjapan.com/
Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。海外転勤ありの求人や海外とのやりとりの多い企業の求人、また日本に拠点をもつ企業の駐在員の求人などもあります。
ビザ取得などについてもサポートしてくれますので国内外問わずグローバルな求人を探している方におすすめです。

特徴:・人財サービスのグローバルリーダー
   ・幅広い企業の紹介が可能
   ・国内外問わず求人を探している方におすすめ

対応エリア:全世界

dodaグローバル


doda転職サイト

公式サイト:https://doda.jp/
dodaグローバルは大手人材会社のインテリジェンスが運営するdodaの海外転職に特化した特設ページです。
求人数が非常に多く、様々な条件で検索することもできることが特徴で、初任地が海外の求人や海外駐在のチャンスがある求人、海外出張のある求人などで絞り込みが可能です。
また、転職エージェントとして利用できるだけでなく、転職サイトやスカウト機能を利用することもできます。「アジアで働きたい方の個別相談会」が開催されるなど海外の転職に興味のあって転職活動を悩んでいる方にぴったりです。
転職マニュアルなどコラムも多数掲載されていますので転職活動の合間に読んでみるとためになるはずです。
求人の量・質ともに満足度の高いことも特徴で転職者満足度No.1も獲得しており、日本の求人でも首都圏だけでなく地方にも対応しています。

もちろんエージェントサービスでは履歴書や職務経歴書の書き方からサポートしてくれますので初めての転職でも安心です。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録があります

特徴:・検索機能が充実
   ・海外転職の個別説明会も開催
   ・転職者満足度No.1

対応エリア:全世界

GJJ海外就職デスク

GJJ海外就職デスク
公式サイト:https://www.kaigai-shushoku.com/
GJJ海外就職デスクは、海外就職支援サービスです。海外での就職や転職に関する情報がまとまっており、海外就職説明会を随時開催しています。
8,000件以上の求人が集められており、必要であれば人材紹介エージェントにも紹介してくれます。カウンセリングは無料で受けることができ、有料のグローバルキャリアデザインコースを受けると書類の作成やエージェントへの推薦、面接対策、同じ転職活動を行っているメンバーとの交流などができます。
ワークショップやオンラインセミナーなど随時開催されておりますので、まだ海外転職を決めていないけど興味はある、という方におすすめです。

特徴:・海外就職支援サービス
   ・ワークショップや海外就職説明会などを開催
   ・人材紹介エージェントの紹介あり

対応エリア:全世界

海外営業転職ナビ

海外営業転職ナビ
公式サイト:https://tennavi-job.com/internationalsales/
海外営業転職ナビは50,000人以上が登録している海外営業に特化した転職エージェントです。面接対策も行っていて、利用者満足度は97.1%とかなり高いです。一部の求人には自分で直接応募することも可能ですが非公開求人が90%もありますのでエージェントを利用しながら気になる求人があった場合は直接応募することをおすすめします。
海外での勤務や日系企業の転勤、出張などのある求人が多数あります。

特徴:・海外営業転職に特化
   ・利用者満足度97.1%
   ・非公開求人90%

対応エリア:全世界

英語が話せない人におすすめ

英語は苦手だけど海外で挑戦したい!という方におすすめの転職エージェントをご紹介します。多くの求人は少なくともビジネスで会話のできるレベルの語学力が必要です。そのため、希望の国で希望の職種で転職したい、というご希望であれば今無理に海外に転職をせずに、語学の勉強を優先させることをおすすめします。
いますぐに海外に、という方は、語学不問の求人はかなり数が少ないため、転職を実現させるために複数のエージェントに登録し、出会う求人の数を増やしてくださいね。

REERACOEN


REERACOEN

公式サイト:https://www.reeracoen.asia/
REERACOENはアジアを中心とした海外での転職に特化した転職エージェントです。求人サイトをいくつも運営しているネオキャリアが運営しており、日系企業法人や現地企業まで幅広く紹介してもらえます。
10の国に16の拠点があり。全拠点に日本人スタッフが常駐しているため、現地で何か不安なことがあればいつでも相談することができ、安心です。
応募求職者は10,000人を超え、取引企業も1,000社を超えています。また、希望の国が決まっていなくてもあなたの希望条件や経歴から国や求人を提案してもらえるので気軽に相談できるのも嬉しいポイント。
語学不問の求人もあるため、日本語以外自信がない、という方でも求人を探すことができます。アジア各国の生活情報や求人情報をまとめて知ることもできるので一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

特徴:・アジアでの転職に特化
   ・全拠点に日本人スタッフが常駐
   ・希望の国が決まっていなくても相談可能

対応エリア:台湾・香港・タイ・インドネシア・フィリピン・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インド・中国

アデコタイランド


アデコタイランド

公式サイト:https://adeccojapanese.asia/
アデコタイランドは世界60か国に拠点を持つ人財サービスのグローバルリーダーである、アデコのアジア拠点です。海外での就職を目指す日本人と日本人の採用を考える企業のマッチングに専門特化した部門があり、日本にいたままアジアへの転職活動が可能です。
自分で転職活動のできるサイト型転職サイトですが、無料転職相談もでき、エージェントとしての側面も持っています。また、日本人が常駐しているため、現地を熟知した日本人コンサルタントに転職を相談できる点もポイントです。
語学不問や未経験可の求人などもあり、非公開求人を含む多くの求人があります。海外移住が初めてでもしっかりとサポートしてもらえますので、アジアでの転職を考えているのであれば登録しておくと良いでしょう。

特徴:・日本人の転職に特化した部門
   ・日本人がコンサルタント
   ・語学不問や未経験可の求人あり

対応エリア:ベトナム・シンガポール・マレーシア・フィリピン・インドネシア

iconicJob


iconicJob

公式サイト:https://iconicjob.jp/
iconicJobは海外・アジアでの転職に強みのある海外転職向けの転職エージェントです。国内外に6拠点を有し、海外拠点・国内拠点双方で日本人エージェントに相談できることが特徴。
公開されている約80%が非公開求人です。未経験や語学不問の求人掲載もあるため、英語力や自分の経歴にあまり自信のない方でもチャレンジできます。
一方で、ハイクラス向けの求人も多数あり、ハイクラスの特設ページもあります。アジア圏でキャリアアップしたい方におすすめです。

特徴:・国内外双方の拠点で日本人エージェントに相談できる
   ・海外転職に特化
   ・ハイクラス向け特設ページや未経験可の求人など求人が幅広い

対応エリア:シンガポール・ベトナム・インドネシア・マレーシア

海外でエンジニアとして活躍したい人におすすめ

海外でIT・WEB業界で働きたい方におすすめの転職エージェントをご紹介します。海外転職でエンジニアに特化している転職エージェントはありません。そのため、できるだけ多くの求人を誇る転職エージェントや転職サイトに複数登録し、求人を探すことをおすすめします。
こちらでご紹介する転職エージェントは特に求人数が多く、エージェント紹介も行っている海外転職支援サイトです。

GJJ海外就職デスク

GJJ海外就職デスク
公式サイト:https://www.kaigai-shushoku.com/
GJJ海外就職デスクは、海外就職支援サービスです。海外での就職や転職に関する情報がまとまっており、海外就職説明会を随時開催しています。
8,000件以上の求人が集められており、必要であれば人材紹介エージェントにも紹介してくれます。カウンセリングは無料で受けることができ、有料のグローバルキャリアデザインコースを受けると書類の作成やエージェントへの推薦、面接対策、同じ転職活動を行っているメンバーとの交流などができます。
ワークショップやオンラインセミナーなど随時開催されておりますので、まだ海外転職を決めていないけど興味はある、という方におすすめです。

特徴:・海外就職支援サービス
   ・ワークショップや海外就職説明会などを開催
   ・人材紹介エージェントの紹介あり

対応エリア:全世界

カモメ中国転職

カモメ中国転職
公式サイト:https://kamome.cn/
カモメ中国転職は日本人を探す中国の求人を掲載している海外転職支援サイトです。このサイト自体にはエージェント機能はありませんが、500件以上の求人が掲載されており、RGF HRエージェントやインテリジェンスに相談することができます。
スカウト機能があり、通常応募の約2倍の合格率を誇っており、掲載されていない求人に出会うこともできます。海外で働いている方へのインタビューなどコラムも多数まとめられていますので、中国への転職を考えている方は登録しておくと便利です。

特徴:・中国での転職に特化
   ・スカウト機能あり
   ・日本から応募できる企業が多数

対応エリア:中国

海外転職におすすめの転職エージェント|国別に解説

転職エージェントは得意な国やエリアが異なります。ここからは国や地域ごとにおすすめの転職エージェントをご紹介していきますので、あなたの転職したい国や地域があればぜひ参考にしてくださいね。

アジアへの転職におすすめ

アジアでの転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。比較的親日国家であるベトナムやインドネシア、シンガポールは日本人の海外就職先として年々人気が高まっています。また語学不問の求人も多数あるため、語学力に自信がない方におすすめです。

RGF HRエージェント

RGFHRAgent
公式サイト:https://www.rgf-hragent.asia/
RGF HRエージェントは大手人材会社のリクルートの子会社が運営するアジアを中心とした海外転職を支援する転職エージェントです。日本人のアジア海外転職において利用実績・満足度ともにNo.1を誇っています。
アジアに28拠点あり、900人を超えるコンサルタントが在籍しています。アジア全域の求人の紹介が可能で、東京で面談を受けることができます。非公開求人も多数保有していますので、アジアの転職を考えている方におすすめです。

特徴:・リクルートの子会社が運営
   ・日本人のアジア海外転職において利用実績・満足度No.1
   ・東京で面談可能

対応エリア:タイ・インドネシア・インド・ベトナム・中国・香港・シンガポール・マレーシア

アデコタイランド


アデコタイランド

公式サイト:https://adeccojapanese.asia/
アデコタイランドは世界60か国に拠点を持つ人財サービスのグローバルリーダーである、アデコのアジア拠点です。海外での就職を目指す日本人と日本人の採用を考える企業のマッチングに専門特化した部門があり、日本にいたままアジアへの転職活動が可能です。
自分で転職活動のできるサイト型転職サイトですが、無料転職相談もでき、エージェントとしての側面も持っています。また、日本人が常駐しているため、現地を熟知した日本人コンサルタントに転職を相談できる点もポイントです。
語学不問や未経験可の求人などもあり、非公開求人を含む多くの求人があります。海外移住が初めてでもしっかりとサポートしてもらえますので、アジアでの転職を考えているのであれば登録しておくと良いでしょう。

特徴:・日本人の転職に特化した部門
   ・日本人がコンサルタント
   ・語学不問や未経験可の求人あり

対応エリア:ベトナム・シンガポール・マレーシア・フィリピン・インドネシア

カモメアジア転職


カモメアジア転職

公式サイト:https://kamome.asia/
カモメアジア転職は日本人を探すアジアの求人を掲載している海外転職支援サイトです。このサイト自体にはエージェント機能はありませんが、1,000件以上の求人が掲載されており、スカウト機能で非公開求人に出会うこともできます。
語学不問や未経験可の求人など、アジア各国に幅広い求人があります。海外で働いている方へのインタビューなどコラムも多数まとめられていますので、アジアへの転職を考えている方は登録しておくと便利です。

特徴:・サイト型転職サイト
   ・語学不問や未経験可の求人あり
   ・スカウト機能あり

対応エリア:シンガポール・タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・インド・フィリピン

アジアンリーダーズキャリア


アジアンリーダーズキャリア

公式サイト:https://www.al-career.co.th/
アジアンリーダーズキャリアはタイを中心とした東南アジアでの転職に強い転職エージェントです。履歴書の書き方や面接対策などを日本語でサポートしてくれます。また、日本にいながらでもスカイプ等のWEB面談が可能です。
転職サポートで転職を成功させた半分以上は日本や他国在住のままタイへの転職を成功させています。1次面接についてもWEB面接が可能ですので、無駄なコストを心配せずに転職活動ができることも嬉しいポイントです。
入社後もフォローアップできる体制がありますので入社後も安心です。

特徴:・日本からもWEB面談可能
   ・履歴書の書き方からレクチャー
   ・入社後のフォローアップ体制あり

対応エリア:タイ・東南アジア各国

中国への転職におすすめ

上海だけでも8,000社以上の日系企業が進出しており、北京・広州も日系企業が多いなど日本人の転職には馴染みのある中国。英語の能力は求められることは少ないですが、中国語でのコミュニケーションが必須スキルになります。

カモメ中国転職

カモメ中国転職
公式サイト:https://kamome.cn/
カモメ中国転職は日本人を探す中国の求人を掲載している海外転職支援サイトです。このサイト自体にはエージェント機能はありませんが、500件以上の求人が掲載されており、RGF HRエージェントやインテリジェンスに相談することができます。
スカウト機能があり、通常応募の約2倍の合格率を誇っており、掲載されていない求人に出会うこともできます。海外で働いている方へのインタビューなどコラムも多数まとめられていますので、中国への転職を考えている方は登録しておくと便利です。

特徴:・中国での転職に特化
   ・スカウト機能あり
   ・日本から応募できる企業が多数

対応エリア:中国

英創人材

英創人材
公式サイト:http://www.yingchuang.com/jp/
英創人材は日本ではdodaが有名なインテリジェンスが運営する中国の転職に特化した転職エージェントです。非公開求人が90%を占めており、求人の9割は日系企業です。
職務経歴書の作成や面接対策を一緒に行ってくれるため、中国への転職に自信がない方でも安心です。

特徴:・インテリジェンスが運営
   ・職務経歴書の作成からサポート
   ・非公開求人多数

対応エリア:中国

北米への転職におすすめ

即戦力としての活躍が求められる地域で一般的にビジネスレベルの英語力は必須スキルです。就労ビザの取得も近年難しくなりつつあり、クリアできるだけのしっかりとしたステータスのある人材のニーズが高まっています。

ビズリーチ


ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/
ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
有料ではありますが、「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。海外転職では国に合わせてヘッドハンターを探すことのできるシステムとなっており国ごとの特徴を熟知したヘッドハンターに相談することができます。
他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その中に2,000件近い海外転職求人があります。また、求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用することができますので。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

特徴:・国ごとにヘッドハンター探せる
   ・駐在採用/現地採用どちらも紹介
   ・海外転職の求人数が多い

対応エリア:アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・オーストラリア・中国・韓国・香港・シンガポール・タイ・ベトナム

ランスタッド


ランスタッド

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/
ランスタッドは世界39か国、日本でも136拠点で人材ビジネスを展開する世界最大級の総合人材サービス企業です。
日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外転職や外資系転職に強みがあり、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼を活かした優良求人が多数あります。
海外勤務ありの求人も400件ほど公開されています。履歴書の書き方や転職ノウハウもしっかり提供してもらえるため、転職に自信のない方におすすめです。
また、ランスタッドのハイクラス転職は、年収800万円以上の求人が80%を占めていて、現在最前線で活躍中の20代後半〜30代のこれからハイクラスを目指したい方にもぴったりです。

特徴:・世界39か国4,700以上の拠点
   ・外資系企業に強く海外勤務ありの求人多数
   ・職務経歴書や履歴書の書き方からレクチャー

対応エリア:全世界

QUICK USA


QUICK USA

公式サイト:https://www.919usa.com/
QUICK USAはロサンゼルス・ニューヨークを拠点にアメリカの転職を実現させる転職エージェントです。主に現在アメリカで活躍中の社会人や留学生をサポートしていますが、日本からの登録も可能です。
全米の求人を紹介しており、レジュメや面接のアドバイスも行っています。語学やPCスキルに関する各種セミナーも開催しており、サポートを受けるメリットの大きいエージェントです。
これから米国への留学や転職を考えている方であれば登録しておくと良いでしょう。

特徴:・全米の求人を紹介
   ・日本からでも登録可能
   ・各種セミナーの開催

対応エリア:米国

ヨーロッパへの転職におすすめ

日系企業や日本食レストランが数多くあります。また即戦力が求められますので語学力と経歴はほぼ必須です。

JACリクルートメント


JACリクルートメント

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/
JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
海外(グローバル)転職専門のキャリアコンサルタントが在籍しており、海外特有の事情や海外での転職希望者の市場感を熟知しています。
そのため、企業や海外の状況に合わせた面接アドバイスが可能で、模擬面接も行ってくれます。企業の紹介はもちろん、ビザの取得や生活状況などについても相談可能です。
企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

特徴:・グローバル専門のキャリアコンサルタント
   ・面接アドバイスや模擬面接可
   ・ハイクラス向けの求人から若手の求人まで

対応エリア:シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・中国・香港・韓国・インド・ベトナム・イギリス

ビズリーチ


ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/
ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
有料ではありますが、「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。海外転職では国に合わせてヘッドハンターを探すことのできるシステムとなっており国ごとの特徴を熟知したヘッドハンターに相談することができます。
他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その中に2,000件近い海外転職求人があります。また、求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用することができますので。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

特徴:・国ごとにヘッドハンター探せる
   ・駐在採用/現地採用どちらも紹介
   ・海外転職の求人数が多い

対応エリア:アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・オーストラリア・中国・韓国・香港・シンガポール・タイ・ベトナム

centre people


centre people

公式サイト:https://www.centrepeople.com/
centre peopleは英国に拠点をおく転職エージェントです。ジャパニーズ部門があり、日本人求職者と日本人の採用を検討している企業をマッチングしてくれます。また、コンサルタントは全員日本語を話すことができます。
英国内だけでなく、欧州各国への紹介も可能です。新卒レベルからシニアマネジメントレベルの幅広い層の求人を揃えており、4,000社以上の日系企業との繋がりがあるため求人は豊富です。
ヨーロッパでの転職を考えていて、現地にいく予定がすでに立っているのであれば登録しておくべきエージェントです。

特徴:・コンサルタントは全員日本語を話すことができる
   ・欧州各国への紹介が可能
   ・正社員・契約社員の仕事を中心に紹介

対応エリア:英国・ドイツ・フランス・ベルギー・オランダ・ルクセンブルク・アイルランド・イギリス

オセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)への転職におすすめ

日本人の留学先としても人気のあるオセアニア地方ですが、日本では転職に特化したエージェントはありませんでした。indeedなどの求人サイトも併用して求人を見つけることをおすすめします。

ビズリーチ


ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/
ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
有料ではありますが、「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。海外転職では国に合わせてヘッドハンターを探すことのできるシステムとなっており国ごとの特徴を熟知したヘッドハンターに相談することができます。
他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その中に2,000件近い海外転職求人があります。また、求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用することができますので。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

特徴:・国ごとにヘッドハンター探せる
   ・駐在採用/現地採用どちらも紹介
   ・海外転職の求人数が多い

対応エリア:アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・オーストラリア・中国・韓国・香港・シンガポール・タイ・ベトナム

海外転職 転職エージェントの賢い選び方

海外の転職に強い転職エージェントをご紹介しましたが、さらに自分で探される場合や、ご紹介した中から自分にあった転職エージェントを選ぶ際には、どのように選ぶかであなたの転職活動を大きく左右します。
あなたにあった転職エージェントを見つけてもらうために、転職エージェントの選び方をまとめました。ぜひ参考にしてください。

転職エージェントの種類|総合型と特化型とは
転職エージェントには総合型と特化型があります。
総合型転職エージェントとは業種・職種に限らず、たくさんの求人を紹介してくれたり、サポートの手厚さが売りの転職エージェントです。
特化型転職エージェントは職種・業界 ・地域など特定の分野に特化した転職エージェントです。特化しているからこそ、その分野での知識が豊富で企業とのつながりも強かったりします。
そしてどちらにもメリット・デメリットがあります。どちらも上手く使い分けて、転職活動の成功確率を上げましょう。
メリット デメリット
総合型 ・とにかく求人数が多い!
・業種・職種で限られないので、志望先を迷っているひとにもおすすめ
・キャリアアドバイザーによっては専門知識があまりない
特化型 ・特化しているからこそ他にはない求人がある
・専門知識があるので、業界に特化したアドバイスが受けられる
・業界や職種が限定されてしまい、求人も絞られる

▶︎横にスクロールできます▶︎

まずは求人数の多い総合型の転職エージェントから1〜2社登録

まずは求人数の多い総合型の転職エージェントから1〜2社登録して、どのような求人があるのかを確認しながらあなたのご希望と照らし合わせてみてください。また、幅広い業界・職種の求人があるため、あなたが考えていなかったような求人も見つかり、選択肢が広がるかもしれません。
複数社登録することで転職エージェントごとに比較ができます。求人の量・質だけでなく、サービスの使いやすさ、サポートの充実度や担当との相性も比較し、より良い転職エージェントを選びましょう。
また、転職サポートへの熱意も大切です。自分の代わりに企業と交渉してくれる存在のため、熱意を持って伝えてくれるかどうかも見極めると希望の就職先に通りやすくなります。

この記事でご紹介している転職エージェントでは、JACリクルートメントビズリーチリクルートエージェントが当てはまります。
この転職エージェントは転職エージェントの中でも特に利用している方が多く、求人も多数、サポートも手厚いため多くの方におすすめできる転職エージェントです。

特化型転職エージェントに登録

特化型転職エージェントはあなたの希望により近いものを選びましょう。目的や希望する国に特化した転職エージェントは大手で扱っていない求人を扱っていたり、現地密着の話が聞けるため、より濃密な転職活動ができます。
希望している、もしくは気になっている業界があればとりあえず登録してみましょう。業界に特化した情報を教えてもらえるため、実際にあなたの希望にあっているかどうか確認することもできます。
求人数が少ないこともありますので、総合型との併用がおすすめです。

合計3社ほど利用しながら比較してみる

総合型の転職エージェントと特化型転職エージェントを合計3社ほど登録をしたあとは各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみましょう。
求人の検索のしやすさや担当者との連絡の方法、担当者の熱意などあなたと相性が合うのかはっきりとしてくると思います。
大手転職エージェントでも希望条件やあなたの経歴・スキルによっては紹介してもらえない場合もありますが、エージェントごとに非公開求人や独占求人は異なりますので、諦めずにさらにいくつか登録してみてください。
使いやすいサービスについてはそのまま継続利用し、もっと他にも検討してみたいとおもった場合には早めに他の転職エージェントの利用も検討しましょう。
転職エージェントは担当するキャリアコンサルタントの相性や質が最も重要です。まずは利用してみて、一番良いと思ったところを活用するという心構えで選んでみることをおすすめします。

転職エージェント7つの活用術

転職エージェントに登録したあとは、しっかりとポイントを抑えて最大限活用しましょう。

連絡は素早く・こまめに

転職エージェントのコンサルタントとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。
人気のある条件の良い求人はもちろんですが、海外転職の求人数がかなり少ないため他の案件もすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。
海外での転職は国を跨ぐため時間合わせはとてもシビアですので早めの連絡・行動を心がけてください。
仕事を続けながらの転職活動ですと、忙しく返信を怠りがちですが、できればその日のうちに、最低でも2日以内に連絡しておきましょう。エージェントによっては土日は連絡がつかない場合や連絡のつかない時間帯もあります。最初にエージェントの休日等も確認しておきましょう。

また、転職活動を進めていく途中で、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。
コンサルタントと綿密なやりとりをすることで優先的にサポートしてもらいましょう。

転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
理由は”良い求人を優先的に紹介してもらう”ためです。転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。「転職時期はまだ考えていない…」と答えてしまうとせっかくのチャンスを逃すことになりかねません。
さらに、あなたの準備状況も合わせて伝えましょう。すぐに海外に転職できる状況か否か正直に伝えておくことで準備段階からサポートを受けることができます。

経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
また、転職エージェントに伝えた内容は交渉などで企業に伝わることもあります。
入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることが大切です。

あなたの経歴や希望条件は頭の中だけではなく、文章にして簡単にまとめておくと便利です。複数の転職エージェントを利用する際にもスムーズに共有でき、改めて自分を見つめ直す機会にもなります。

希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかりコンサルタントに共有することが重要です。
なぜならコンサルタントはその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。
「海外で働きたい」という漠然とした条件ではなく、「いつから、どんな地域で働きたいのか」を伝えておくと良いでしょう。
あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうこともあります。
そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

また、リストアップした条件に優先順位をつけておくことも重要です。条件をつければつけるほどもちろん求人は見つけにくくなります。そのため、条件に優先順位を決めておき、どこまでは譲れるが、ここは譲れない、など優先順位を決め、共有しておきましょう。
条件は決めすぎない方が幅のある良い条件の企業を紹介してもらえることもありますので、譲れない条件はあまり多く設定しないことが理想的です。

担当コンサルタントは変更できる

コンサルタントと実際にやり取りをしてみると「うまく意思疎通ができない」「話しにくい」と感じることもあると思います。特に国をまたいだ連絡になると、連絡の頻度や連絡できる時間帯などが合わない場合もあります。
そのような場合には別の転職エージェントを利用してみるというのもおすすめですが、サービスは使いやすい、他には無い求人があるなどといった場合には、担当コンサルタントを変えてもらう、または国内のコンサルタントがいないかどうか確認するというのもおすすめです。
人と人には相性がありますので、担当変更は問題として扱われません。ただし、頻繁に担当者を変えたり、あまりに失礼な態度をとってしまうと要注意人物とされてしまうこともありますので、注意しましょう。

応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。複数のサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱し、両者の関係に影響してしまうことも。
企業にも転職エージェントにも不信感を与えることになり、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも紹介を断られるケースもあります。

推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。
「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。
担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

海外転職向けの転職エージェントを利用する上で注意したいこと

海外の転職事情は国内の事情と異なります。少しの認識のずれや常識の違いから思っていた転職ができなかった、と後から気づいても取り返しがつかなくなってしまいますので気をつけてください。
海外転職の転職エージェントを利用する際には以下の3点に注意しておきましょう。

駐在員か現地採用か確認しておく

海外転職で紹介される求人は主に2種類あります。「駐在員」は日本国内に拠点をもつ企業で採用され、海外拠点に出向する形です。採用は日本ですので、給与や待遇は日本のルールにのっとった基準になりますし、場合によっては高級コンドミニアムを会社経費で賃貸してもらえることも。マネジメントや新規事業開発などの業務が多い傾向があります。
「現地採用」は文字通り、現地の企業に採用される形です。そのため、給与や待遇も現地に合わせます。日本人にむけた営業や日本語によるオペレーションなどが業務内容です。駐在員は管理職が多く、しっかりとキャリアがないと難しい一方、現地採用はスキルと語学力で戦うことができます。
転職エージェントの多くはどちらの求人も扱っていますので、紹介してもらった際にはしっかりとどちらの採用になるのか、確認しておきましょう。

採用の流れを確認しておく

海外の採用フローは国内のフローと違うケースがあります。特に注意が必要なのは、現地での面接の有無です。WEB面接で採用を決めるというパターンや企業の人事担当の来日タイミングで面接というパターンもありますが、多くの場合は実際に現地に面接に伺わなければなりません。
そのため、求人を紹介してもらった段階でどのタイミングで面接に進み、その場合は現地にいくのか、という点は必ず確認しておきましょう。

サポートの範囲

海外転職が初めてであればサポートの範囲はとても重要です。まず、日本国内とは違う事情の海外転職で高評価な履歴書の書き方や面接の対策を行ってくれるエージェントが良いでしょう。また、ビザの取得については主に企業が動くところではありますが、場合によっては自分で手続きを行わなければならないこともあります。
そのため、ビザ取得についてもしっかりサポートしてくれるかどうかは先に確認しておきましょう。採用後のフォローアップ体制があると安心です。異国の地で現地に相談できる日本人がいると、何かあった場合に心強い存在になってくれます。
エージェントや就職先によってできる対応は異なりますので細かく確認しておきましょう。

海外転職に関する 4つの疑問

海外転職にはお金がかかる?

また、現地で面接が必要な場合、渡航費・ホテル滞在費や生活費などがかかります。さらに就職した際には、渡航費、ビザ取得費用、引越し代、契約手数料などがかかります。企業によっては渡航費やホテル滞在費などを負担してくれる場合もありますので事前に確認しておきましょう。
現地の物価にもよりますが、北米やヨーロッパよりも安くおさまるアジアでも上海やシンガポールなどであれば高額になります。ちなみに、転職エージェントのサポートは原則無料です。

英語が話せなくても転職できる?

基本的にはビジネスレベルの英語力が必須スキルです。一部の日系企業であれば基礎的な英語力で問題ありませんが、外資系の場合ではネイティブレベルを求められることもしばしば。
日系の現地企業の一部の求人では語学不問のものもありますが、業種職種は限られます。海外で希望の転職を叶えたいのであれば先に語学を学ぶことが近道かもしれません。
日系企業の面接は日本語で行われることがほとんどです。

海外のどの国で働きたいか決まっていない場合は?

転職エージェントに相談する際は、「英語力を活かせる」「職種や業種から探す」「未経験可」「語学不問」など様々な条件から求人を探してくれます。
そのため、「どの国にしたいかは具体的に決まっていない」ことを伝えた上で、希望する他の条件をしっかりと伝えましょう。
また、大まかな地域も決まっていない場合はできるだけ求人数が多く、世界各国に求人のある転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。

海外転職した場合給料は上がる?

現地企業での就職の場合は現地の物価に合わせて支払われるため、給与は下がることは多々あります。ただ、物価も安い上、現地の給与の中では日本人への給与は高いことも多く、余裕のある生活ができる可能性も。
また、駐在員の場合は上がる、もしくは同等で、福利厚生や居住地の提供などがしっかりしていることが多いです。成果が評価の対象になるため、成績をしっかり残すことができればキャリアアップの可能性が大きいことも海外転職の魅力です。

海外転職におすすめの転職エージェントまとめ

海外の転職におすすめしたい転職エージェントを目的別・国別にまとめました。海外の転職は国内での転職と違った部分も多いため、しっかり転職エージェントを活用することが成功の鍵と言えます。
また、海外の求人は全体的に多くなく、条件や国、地域によっては求人数が少ないため、複数の転職エージェントに登録してあなたにぴったりの求人と出逢ってくださいね。

海外転職におすすめの転職エージェント
ハイキャリアの海外転職におすすめ

海外転職が初めての人におすすめ

海外転職をまだ決めていない人におすすめ

英語が話せない人におすすめ

海外でエンジニアとして活躍したい人におすすめ

アジアへの転職におすすめ

中国への転職におすすめ

北米への転職におすすめ

ヨーロッパへの転職におすすめ

オセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)への転職におすすめ

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄