CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「施工管理の年収ってどれくらい?」
「他の業種と比較して自分の給料がどれくらいか知りたい」

このように考えているのではないでしょうか。

施工管理にも様々な仕事があり、経験や年齢、学歴によっても変わってきます。

本記事では、転職業界に精通した筆者が、施工管理の平均年収や他業界との年収を調査して比較した結果を紹介します。

この記事を読めば、あなたの年収が平均より高いのか、どのうすれば年収があがるのか分かりますよ。

施工管理の年収|比較

施工管理の年収を様々な面で比較した結果を紹介します。

施工管理の平均年収は株式会社クイックの施工管理待遇アンケートによると、630万6,376円です。

この数字は他の業種と比較して高いのでしょうか。
また、同じ施工管理でも職種によって年収は変化します。

まずは、施工管理が全職種と比較してどのくらいの額なのかを知っておきましょう。

施工管理年収と全職種との比較

施工管理年収
グラフは株式会社クイック「施工管理待遇アンケート」及び厚生労働省「賃金構造基本統計調査」を基に当サイトが作成

グラフから、全職種の平均年収は497万2000円、対して施工管理の平均年収は630万6376円と約130万も高いという結果になりました。

施工管理は専門知識が必要であったり体力が必要である現場が多いことから年収も高く設定されているところが多いようです。

次に施工管理の職種別平均年収を紹介します。

施工管理の職種別平均年収

職業別施工管理年収
グラフは株式会社クイック「施工管理待遇アンケート」を基に当サイトが作成

施工管理という仕事には多数の職業が存在します。

その中で最も年収が高いのはプラント・エネルギーでした。
プラントとは特殊な技術をもつ製造工場のことで、工場地帯にある建物がそれに該当します。
プラント建設は規模が大きく、工場内に必要な機械や部品が特殊であるため、プロジェクト予算が数100億から1兆円にも及びます。

それほど規模のでかい職種であるからこそ、年収も高いのです。

また、ゼネコンやディベロッパーも比較的規模の大きい職種だと言えます。
このように、施工管理と言っても規模の大小によって年収が大きく変わってくる事が分かります。

次に全業種での年代別での平均年収をご紹介します。

年代別の平均年収

職業別の年収を比較したところで次は全業種の年代別の平均年収を見ていきます。

年代 平均給与額 平均賞与額 平均年収額
~19歳 19.1万円 11.9万円 241.1万円
20~24歳 22.8万円 35.5万円 308.9万円
25~29歳 27.0万円 64.3万円 388.3万円
30~34歳 30.8万円 78.5万円 448.1万円
35~39歳 33.6万円 89.9万円 493.1万円
40~44歳 36.2万円 102.7万円 537.1万円
45~49歳 38.8万円 118.6万円 584.2万円
50~54歳 40.1万円 125.3万円 606.5万円
55~59歳 38.7万円 116.4万円 580.8万円
60~64歳 28.6万円 59.8万円 403.0万円
65~69歳 26.7万円 33.2万円 353.6万円
70歳~ 26.2万円 26.8万円 341.2万円
全平均 30.7万円 71.8万円 440.4万円
表は平成28年賃金構造基本統計調査を基に当サイトが作成

一般的には年齢を重ねると年収が上がり、責任の重い役職につく50代後半がピークに達します。

その後は定年を迎え、雇用形態の変化から年収も低下していきます。

あなたが施工管理として働いている場合、上記の表を参考にして自分の年収を比較してみてください。

施工管理は資格を保有していると年収が高くなります。

仮に施工管理技師の資格を保有しているのにも関わらず、全業種の年収よりも低い場合はこれを機に転職をしてみるのも考えてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを使って転職をすると転職成功率やスピードが圧倒的に上がりますよ。

>>施工管理の転職におすすめの転職エージェント

学歴別の平均年収

最後に学歴別の平均年収の比較を紹介します。

施工管理年収
グラフは株式会社クイック「施工管理待遇アンケート」を基に当サイトが作成

グラフから、大学院卒が最も年収が高く、744万円という結果になりました。
次に年収が高いのが、高専卒でした。

高専は5年制の専門学校で一般的な専門学校よりも高い学力が必要とされています。また、大学よりも専門性の高い知識を得ることができるため平均年収が二番目に高いと考えられます。

また、専門卒や高校卒や中卒は年収にそこまで差はないため、専門性の知識よりも学歴で分類されていることが分かります。

年収を上げるためにできること

ここからは年収を上げるためにできることについて解説していきます。

年収を上げるためにできること

  • 資格を取る
  • 業務量を増やす
  • 労働環境を変える

1.資格を取る

まず最初にできることとしては、資格を取ることが挙げられます。

建築施工管理の場合
2級建築施工管理技士1級施工管理技師の月収を比較してみると、転職のスタート給与の下限でおよそ5万~15万程度の差がでます。
2級建築施工管理技士は、施工管理できる現場の規模に制限があります。対して1級施工管理技師は制限が無いため、資格をもっているとどのような現場でも対応することができるので、年収も上がるのです。

このように資格を持っていると年収がアップするのでまずは下積みから経験をつみ、上位資格をとっていくようにすると年収も上がってきます。

取得するのに15年のように長い実務経験が必要な場合もあります。しかし、取得後は会社によっては手当がついたり、昇給したり、転職の際に有利に働いたりとメリットも大きいのです。

2.業務量を増やす

次に年収を上げる方法として、業務量を増やすことが挙げられます。

業務量が増えることで、負担は増えますがその分経験も積むことができ、業務量に応じた年収も得ることができるでしょう。

しかし、仕事量が増えると働く時間も増えるので体調管理が重要になってきます。

仮に年収が思ったより上がらない場合、最後の方法を確認してみてください。

3.労働環境を変える

ある程度経験を積んだ場合は労働環境を変えるために転職を考えてみるのもいいかもしれません。

転職をすることで労働条件を向上し、年収もアップする可能性が大きくあります。

また、資格を持っていると、スタート年収から大幅なアップを見込むことができます。

転職をする際には何を最も重視するのか決めてから転職活動を行うようにしましょう。
労働条件の改善なのか、年収のアップなのかで探し方が変わってくるはずです。

転職のアドバイス
転職する際には転職エージェントを利用することで転職での負担が減り、成功確立が大幅にアップします。
また、非公開求人を紹介してもらうことができるため、あなたが、1人では見つけることができないような求人情報を見つけることができますよ

非公開求人とは
多くの転職エージェントや派遣会社は非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェント・派遣会社を利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。
その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。
新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。
求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は人材サービスを利用した非公開求人として人員を募集します。
こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に担当者から紹介してもらいましょう。

最適な転職先を見つけるおすすめの方法

いざ転職を決意するとやるべきことは

自己分析(何をしたいのか)
求人探し
企業調査(ブラック企業に入らないために)
履歴書や職務経歴書の作成(質の高いものを作成)
面接対策
面接日の日程調節

といった作業が挙げられます。
このような作業を仕事をしながら同時に行うのは非常に大変な作業でしょう。

ここでおすすめしたいのが転職エージェントです。
転職エージェントは上記の作業をほぼ全て肩代わりしてくれるサービスです。

「自分ひとりだけで転職を行う」と気張るのもいいのですが、代行できるところは任せて資格取得や試験勉強に力を入れる方が時間を有意義に使えるのではないでしょうか。

転職エージェントがおすすめの理由
  • 完全無料で転職サポートを利用できる
  • 希望を伝えると求人を探して紹介してくれる
  • 求人先企業を詳しく教えてくれる
  • 面接の日程の調整や給料交渉などを行ってくれる
  • 推薦状を出してくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 複数の内定をいただいた場合、代わりに断ってくれる
  • 現職の退職アドバイスを行ってくれる

等、あなたの転職が大幅に楽になりますよ。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントは完全無料なので完全ノーリスクで利用することのできるサービスですが、実はたくさんのエージェントが存在してどれを選べばいいのかわからないのではないでしょうか。

実際にどこも同じだと適当に選んでしまうとあなたの気持ちに寄り添わない転職サポートをされる場合もあります。

そうならないためにも転職エージェントの選び方やおすすめなどを紹介している記事を用意しているので
よかったら参考にしてみてください。
建築・建設業界でおすすめの転職サイト・エージェントランキング16選

上記の記事のおすすめ転職エージェントを3社紹介するので今すぐ知りたいという方は下記の表から登録してください。

建築・建設業界におすすめの転職サイト

転職エージェント 総合評価 コメント
DYM就職(土木)
大手企業との強い繋がり
厳選された求人
リクルートエージェント
業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
doda
業界最大手の転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度

▶︎横にスクロールできます▶︎

転職エージェントの利用のポイントとして、複数の転職エージェントに登録するようにしましょう。

複数の登録がおすすめの理由
  • 求人を比較できて選択の幅が広がる
  • 用途によって会社を使い分けることができる

    (専門職特化で見て給料の比較をしたい等)

  • 各転職エージェントの独占求人や非公開求人を網羅できる
  • 担当者を比較できるので最適な担当者を選べる

上記の理由が挙げられます。

そして、複数登録した転職エージェントの中から満足のいく転職エージェントに転職サポートをお願いするようにしましょう。

施工管理年収まとめ|平均年収以下は転職を

ここまで、施工管理の平均年収について比較して、年収を上げる方法を紹介しました。

  • 施工管理は全業種と比較すると年収が高く設定されている
  • 施工管理では規模の大きい職業であれば年収も高くなる
  • 年代別では、経験を積むほどに年収が高くなり、定年をピークに減少する
  • 学歴別では、高学歴と専門性を身に着けることができる大学院や高専卒ならば平均年収も高くなる

比較をした結果あなたの今の年収と比較してみて高いのか、それとも低いのかを把握しておくことが大切です。

仮に相場よりも年収が低い場合は転職を検討してみましょう。
建築・建設業界でおすすめの転職サイト・エージェントランキング16選

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄