「今の仕事に疲れてしまった」「もっと楽な仕事に就きたい」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

確かに、辛い仕事を続けることは誰でも避けて通りたい道ですよね。

そこでこの記事では、楽な仕事をご紹介するだけでなく、楽な仕事に就く方法までご紹介していきます。
「楽な仕事なんて本当にあるのか」と探している方は、ぜひ最後まで目を通すことをおすすめします。

先に楽な仕事に就く方法を知りたい方はこちら

楽な仕事とは何か|特徴13選

そもそも楽な仕事とはどういうものを指すのでしょうか?

ここでは楽な仕事の条件を13個に絞ってご紹介していきます。

人間関係がつらくない

まず、「人間関係がつらくない」ということが楽な仕事の条件となります。
人間関係がつらい職場はストレスが溜まり、出社するだけで気分が落ち込んでしまいます。
たとえ業務内容が簡単なものであったとしても、職場の人間関係がギスギスしていると、精神的に落ち込んでしまうことは避けられません。
パワハラやモラハラといった最悪の行為がまかり通ってしまっている職場であればなおさらです。
業務に集中できない環境におかれているのであれば、楽な仕事に就きたいと思っても無理はないでしょう。
人間関係にお悩みの場合は、派遣という働き方もおすすめです。
万が一人間関係で合わない企業で働くとしても、期間を決めての契約になるため、契約期間が満了した時点で別の職場を紹介してもらうことができます。
>>>優良派遣会社おすすめランキング

心に余裕を持てる

常に仕事が手一杯であることを強いられている仕事も、楽な仕事とは言えません。
締め切りがどんどん迫って来ていて、一つ終わったと思えばすぐにまた一つ締め切りが来る、といった仕事はとても余裕があるとは言えないでしょう。
他にも、取引先から何らかの圧力をかけられているせいで常に下手に出て接待をし続けなければならないなど、心に余裕を持てない仕事も多いです。
楽な仕事なら、心に余裕を持って毎日の業務に向き合うことができます。

業務の内容が毎日決まっている

業務の内容が毎日違うものだと、あれもこれもと色々考えなくてはならず、非常に大変だと言わざるを得ません。
今日はあの作業だった、昨日からの引継ぎをしなければならない、といったように考えることはなかなか労力のいることです。
その点、業務の内容が毎日同じであれば、複雑に考える必要はありません。
毎日決められたことを決められた手順で行っていけば良いだけなので、過度なストレスに悩まされることはないでしょう。

体を酷使しない

体を酷使する仕事は楽な仕事だとは到底言えません。体を使いすぎると、どこかを痛めてしまうかもしれませんし、何よりも日々の疲れが抜けません。
昨日の疲れが抜けないまま次の日にまた体を酷使するとなると、どんどん疲れが蓄積していくことになります。
それでは疲れは溜まっていく一方ですから、考え方もネガティブになってしまいます。
体を酷使せず、のんびりとした環境に身を置きながらできる仕事が楽な仕事だと言えるでしょう。

収入を多く得られる

収入を多く得られる仕事もまた楽な仕事であると言えます。
金銭面に余裕がないと精神的にも余裕がなくなってしまいますし、働いても焦ってしまい、空回りをしてしまうことが多くなります。
その点、収入を多く得られれば、この仕事をしていれば生活に困ることはないという余裕を持つことができるようになります。
ただし注意したいのが、高収入だからといって条件の厳しい仕事に就いてしまっては意味がないということを忘れてはいけません。あくまでも楽な仕事をしたいのであれば、収入が多く、かつ労働条件も緩い仕事に就かなければ本末転倒になってしまいます。
第一線で働く商社マンや海外を股にかけるコンサルタントなどは高収入でしょうが、あまり楽な仕事だとは言えません。自分は何を重視するかをきちんと意識しておきましょう。

残業がない

残業、特にサービス残業がないことも楽な仕事の重要な条件です。
定時ピッタリに退勤できる仕事はあまりありませんが、だからといって過度に残業がある仕事に勤めたいと思う人はいないでしょう。
できるなら残業のない仕事を選び、プライベートタイムも充実させたいところです。
特に最近では過労死の問題などが取りざたされ、世間の目が残業に向けられています。
残業のない仕事選びもしやすくなっていると言えるでしょう。

ノルマがない

営業職のように、月ごとにノルマがある仕事は精神的にかなり厳しくつらいと言えます。
ノルマがある仕事は、多くの場合、結果が順位となって発表されることがあります。これを誇りと思えるか、プレッシャーと捉えるかは人それぞれですが、いずれにせよ決して楽な仕事ではありません。
ノルマがないのんびりとした仕事なら、自分の力をゆっくり発揮できる可能性もあります。
人には向き不向きがありますから、何かに追い立てられることでは力を発揮できない人もいます。
ノルマがない方が楽だと感じる人も多くいるでしょう。

有給休暇がとりやすい

「有給休暇が取りやすい」ということも、楽な仕事の条件に当てはまるでしょう。
ずる休みをしたいわけでもなく、正当な方法で事前に申請をして休暇を貰おうとしているだけなのに、明らかに周囲から冷たい目を向けられるとしたらとても理不尽です。
楽な仕事であれば、有給休暇の申請が通りやすく、二つ返事で了承してもらうことができるという理想的なパターンが想定されます。
誰からも非難されることなく有給休暇をとることができる楽な仕事を探しましょう。

接客をしなくてすむ

誰かを相手どって仕事をすることは、目に見えないストレスがかかるものです。よほど人と接することが好きな人でなければ、接客をすることは楽な仕事とは言えないでしょう。
客からクレームを言われることもありますし、理不尽な要求をされることもあります。また、それらに笑顔で対応しなければならないことがほとんどです。
働く人の性格にもよりますが、なるべく人と関わらない仕事の方が、比較的楽な仕事に近いと言えるでしょう。

勉強をしなくても良い

新しいことを覚えるために、自ら勉強をしてスキルアップしていかなければならない仕事は「楽な仕事」とは言えないでしょう。
毎日同じことを繰り返すだけなら楽ですが、「技術者として資格を取るために勉強をしなければいけない」「もっと知識をつけておかないと現場で周りについていけない」などといった場合には、勉強をせざるを得ません。
こうした時には、普段の業務にプラスして勉強をしなければならなくなってしまうため、仕事で手一杯になってしまうことが考えられます。
また、勉強をすること自体が好きではないし、自分がどれくらい成長したのか可視化できないとやる気が起きない人も多いです。
向いていないと感じたら、転職を視野に入れることも大切です。

忙しくない

楽な仕事の特徴として「忙しくない」ということも挙げられます。
忙しくない仕事はなかなか見つからないものです。
どのような仕事でも、必ず終わらせなければならないタスクがあり、皆それに追われています。毎日のノルマなどがない仕事であれば、楽な仕事であると言えるでしょう。

人に急かされない

誰かに急かされることで自分のペースが乱され、思うように仕事を進められない環境も楽な条件とは言えません。
特に自分の後ろに誰かが控えていて、自分が遅いせいで作業がつかえてしまっているような場合はとても気を遣わなければなりませんし、作業のスピードを上げなければいけません。
しかし仕事ですから、クオリティーを下げるわけにもいきません。このようなことが続くと、疲れてしまうことも多いでしょう。
「人に急かされない」ということは、楽な仕事の条件のひとつだと言えます。

責任が大きすぎる

責任が大きい仕事も、もちろん楽な仕事ではありません。
重大な責任にはプレッシャーが伴います。例えば人事に関わることや、人命に関わることなど、誰かの一生を変えてしまうような仕事は決して楽な気持ちでは取り組めません。
もちろん、どのような仕事にも責任を持って取り組むべきではありますが、その責任があまりにも大きすぎる仕事は望ましくないということを意識してみてください。

正社員以外の働き方
一度転職して失敗してしまうと、すぐに次の転職を考えるのはキャリア的にも精神的にも難しい部分があります。
正社員での働き方にこだわらないのであれば、一般派遣や紹介予定派遣もぜひ視野に入れて考えてみてください。
派遣は、期間を定めて働き、契約も派遣会社との契約になるため、責任のある大きな仕事や人間関係、サービス残業などの悩みはあまり発生しません。
派遣の働き方について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。
最初にチェック!高評価の派遣会社
高時給案件が多い
派遣会社

大手の実績
抜群のブランド力
全国に派遣案件あり

\登録かんたん/

公式サイト→

pasonarogo

担当対応満足度良
大手の実績
全国に派遣案件あり

\登録2分/

公式サイト→

楽な仕事かどうかの見分け方

ここでは、あなたが選んだ仕事が楽な仕事かどうかを見分ける方法をご紹介します。

自分がその仕事を好きになれそうか

仕事をしていて「この仕事は楽だな」と思える瞬間はどのような時でしょうか?
人それぞれ様々な答えがあるでしょうが、少なくとも嫌いな仕事をしている時ではないでしょう。
楽な仕事をしたいと思うのであれば、まず初めにその仕事を好きになれそうかどうかを確認することが重要です。
好きな仕事なら、楽だと思う瞬間が幾度も訪れます。逆に仕事そのものが嫌いであれば、楽だと感じる前に苦痛しか味わうことができません。

精神的にも肉体的にも楽か

楽な仕事の条件として、心身ともに楽であることが挙げられます。
両方の条件が揃っていることが大切です。精神的、肉体的のどちらかが辛いと、初めのうちは我慢できてもすぐに後悔することになってしまいます。
心身ともに健康でいなければ、仕事を続けていくことはできないからです。
精神的にも、肉体的にも自分が健康でいられるかどうかをきちんと確認してから働き始めましょう。
片方を疎かにして倒れてしまう、などといったことのないようにしてください。

自分が望んだ環境でできる仕事かどうか

人それぞれ、仕事をする上で望む環境というものがあるでしょう。
「冷暖房を完備しているところが良い」「適度に動けるところが良い」「静かなところが良い」など希望する環境はさまざまで当然です。
肝心なことは、仕事に就く前にその条件を満たしているかどうかを確認することです。
入社してから、自分が希望していた環境とは正反対だったということがないようにするためにも、事前に確認するようにしましょう。

楽な仕事|おすすめ16選を紹介

ここでは比較的楽な仕事と、その内容について詳しくご紹介していきます。

全部で16個ほど紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

1. 事務

女性に人気が高く、比較的楽だとされている仕事が事務職です。
特に一般事務は特殊なスキル、資格を必要としないため楽な仕事だとされています。
デスクワークがメインなので、あちこち走り回って体力を使うこともありません。
加えて、ほとんどの場合が毎日同じことを繰り返すルーティンワークであるため、入社してからどんどん覚えなければいけないことが増え続けるといったこともほぼないと言って良いでしょう。
また、残業をする頻度が低いところも魅力的です。事務職は残業をする機会があまりないので、ほとんど定時で帰ることができます。
事務職は派遣での働き方もおすすめです。人間関係で悩みたくない方やいろいろな場所で働きたい方は検討してみても良いでしょう。
>>>事務職に強いおすすめの派遣会社

主な仕事内容
  • 主にExcelやWordを使った書類やファイルの作成
  • 専用ソフトを使ったデータ入力
  • 書類のファイリング
  • 電話・来客対応
  • 倉庫の整理

他にも、やってほしいと頼まれたことは手が空いていれば全て行うことになりますが、それほど難しいことを要求されるわけではありません。

身につけておくと良いスキル
事務職を志望するにあたって身につけておくと良いスキルに、ExcelとWordの2つのソフトを使いこなすというものがあります。これは面接でも問われるもので、特にExcelは今時の事務職では必須スキルだと考えてください。実際に現場でもExcelを使う機会は多いので、マクロを組むレベルまでは必要ありませんが、一般的なレベルくらいには使えるようにしておきましょう。どれくらい使えれば良いのかわからない人は、「MOS(Microsoft Office Specialist)」を受験してみましょう。公式サイトはこちらです。

2. 社内システムエンジニア

社内システムエンジニアは、一般的なシステムエンジニアとは異なり納期や取引先とのやり取りに苦労することはありません。

主な仕事内容
  • 社内で起きたトラブルシューティング
  • システム開発
  • システム管理
  • システム保守運用
  • 問い合わせ対応

社内のどこかから問い合わせがあった時などにトラブルシューティングをすることや、常に社内のシステム保守運用を行うことなどが仕事内容として挙げられます。

外部との接触がほとんどないため、「刺激がないことが苦痛だ」という人は逆にきつい仕事であると感じてしまうでしょう。しかし、「納期に追われたくないけれどシステムエンジニアとして働きたい」という人にとってはうってつけの仕事です。

3. 講師

講師と一言で言っても、様々な種類の講師があります。

  • 子供向けの塾の講師
  • スマートフォンの使い方教室の講師
  • パソコン教室の講師
  • ストレッチ・体操教室の講師
  • 英会話塾の講師
  • カラオケ教室の講師

何か趣味や特技、誰かに教えられる自信があるジャンルのものがあれば、ぜひ近くに教室がないか探してみてください。
子供向けの塾の講師などは、1対1のタイプもありますし、中くらいの大きさの教室を使って学校の先生のように教えるタイプもあります。
また、低学年向けであれば簡単ですが、高校生の大学受験に向けた対策講師などであると少し難易度が上がるため、その点には注意しましょう。

スマートフォンなどデバイスの使用方法の教室は、ある程度以上の知識を持っていれば問題ありませんが、本格的なところだと入社してからも勉強し続けなければならないため注意が必要です。

4. 工場の作業員

工場の作業員は人と話すことが苦手な人にもおすすめです。
基本的に黙々と作業をすることが求められるので、コミュニケーションスキルよりも正確に手先を動かし、製品にキズや歪みなどがないかを見つけるスキルが重視されます。
工場の作業では刺激に満ちたことをするわけではないので、淡々とした作業に飽きが来ない人におすすめです。
また、工場の作業員は夜勤がある場合が多く、ほとんどの場合夜勤は給与が日勤より高く設定されています。もし夜勤に抵抗がなければ、高給与を狙って夜勤を希望してみるのも良いでしょう。

主な仕事内容
  • ライン作業
  • ピッキング
  • 軽作業(梱包など)

ライン作業ではベルトコンベアを流れてくる部品などを組立て、それをまたベルトコンベアに戻して流していく作業を行います。流れを止めないようにすることや、立ちっぱなしで行うことなどを考慮すると体力的には簡単ではないかもしれません。

ピッキングとは?
ピッキングとは、伝票を見て倉庫内にある商品や部品を取ってくる作業のことです。
ピッキングには2つの方式があります。1つは「摘み取り」方式、もう1つは「種まき」方式です。
「摘み取り」方式は、一人が伝票を持ち、1つのかごを持って商品を取りに行きます。
このように、一人で1つの伝票を担当するのが「摘み取り」方式です。
「種まき」方式は、複数の配送先からの商品や部品を、一度に複数人で担当区画を決めて同時に取ってくる方式です。
全ての商品が出揃ったらベルトコンベアに流し、自分の必要なもののみを選んで取っていきます。
これを仕分け作業と呼びます。
「ピッキング・仕分け」と求人募集に出ている場合は、こういった作業が業務内容に含まれるのです。

5. 地方公務員

地方公務員は都道府県や市町村の役所で働く役員です。
地方公務員の魅力は、何と言っても安定しているところにあります。解雇されることはまずありませんし、恩給が良いところも大きなメリットです。
何かのノルマもありませんし、基本的にはカレンダー通りに休むことができます。
有給休暇の申請も通り安いですから、プライベートを大事にしたい人にはとてもおすすめできる仕事です。

主な仕事内容
  • デスクワーク(部署により異なる)
  • 市民からの問い合わせ対応
  • 企画立ち上げなど

6. 長距離ドライバー

長距離ドライバーは基本的に一人で作業することが多いので、人間関係に悩まされることがありません。
また、一度ルートややり方を覚えてしまえば、それ以上何かを覚えることや勉強し続ける必要がないところも楽だと言えるでしょう。
給与に関しては、多くが歩合制であり、更に夜間であればより高くなることが多いため高給与が期待できます。
休憩時間も長めですし、一人で運転することが好きな人にはおすすめな仕事です。

ドライバーの種類
  • 長距離ドライバー
  • 中距離ドライバー
  • ルート配送

長距離ドライバーは日をまたいで運転をすることがありますが、中距離ドライバーは日帰りで仕事を終えることができることが大きな違いです。

7. ビルメンテナンス

ビルのメンテナンスは基本的に人と関わることが少ないためコミュニケーションをとることが苦手な人にもおすすめな仕事です。
残業も少なく、毎日同じことを繰り返すため慣れてしまえばそれほど難しい仕事ではありません。
また、ノルマがないところも魅力的です。のんびりと仕事ができるので、精神的に追い詰められることがありません。

主な仕事内容
  • ビル内の清掃
  • 設備管理
  • 点検

 

取っておくと有利な4つの資格
ビルメンテナンスの仕事に就くために、所持しておくと有利な4つの資格があります。
危険物取扱者乙種第4類
二級ボイラー技士
第三種冷凍機械責任者
第二種電気工事士
所持しているから必ずビルメンテナンスになれるわけではありませんが、一つでも持っていると有利になるので、もし時間があれば勉強してみてください。

8. 警備員

男性におすすめな仕事として、警備員が挙げられます。
立ち仕事なので多少体は疲れますが、人と過度に関わることはありませんし、もちろん何らかのノルマもありません。
毎日同じ仕事を繰り返すことが苦痛でなければ、非常に条件の良い仕事だと言えます。

主な仕事内容
  • 指定された建物内の見回り
  • 銀行などの警備
  • 駐車場などの警備

9. データ入力

データ入力はデスクワークであり、誰かとコミュニケーションをとらずに仕事を進めていけるところがメリットです。
肉体的に負荷がかからない点も魅力的ですし、単純作業であるため一度覚えれば毎日同じ作業を繰り替えすだけという点も楽な仕事だと言えるポイントです。

主な仕事内容
  • テキストを入力する
  • 数字などのデータを入力する
  • 専用システムを利用して文字列を入力する

10. マンションの管理人

マンションの管理人は、基本的に毎日同じ仕事を繰り返しています。その上、難しい仕事を要求されることがありません。
いつも自分の仕事だけに没頭していれば時間が過ぎていくので、非常に楽な仕事だと言えます。
しかし、予測不能な事態が起こった場合には自ら解決策を考えなければならなかったりするので、応用力が問われる仕事だとも言えます。

主な仕事内容
  • 清掃、点検
  • トラブル解決
  • 駐車場、駐輪場の管理

11. ルート営業

営業というとノルマが厳しくきつい仕事であるイメージが強いかもしれませんが、ルート営業は営業の中では楽な部類に入ります。
通常の営業は顧客を獲得するために新規開拓して来なければならず、ノルマに追われる日々が続きますが、ルート営業はそのようなことがありません。
残業も基本的にそこまで多くないところもおすすめできるポイントです。

主な仕事内容
  • 既存の顧客に営業をかける
  • 自社商品やサービスの商品を行う
  • 要望があればフォローをする

12. 在宅ワーク

在宅ワークには、人間関係に悩まされないというメリットや、通勤しなくて良い、服装に気を遣わなくても良いなどといったメリットがあります。
しかし、在宅ワークは基本的に歩合制(成果報酬制)であるため、給与が安定しません。
契約を結んでもらえないと給与がもらえないこともあり得るため、楽観視できない点もあります。

主な仕事内容
在宅ワークには様々な種類があります。自分にできると思ったスキルの仕事を選び、クラウドワークスのような業務委託サービスを使い、契約を結びます。一例として、以下のような仕事があります。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • WEBライター
  • データ入力
  • アプリ開発
  • システム開発
  • ハードウェア設計・開発
  • 翻訳・通訳
  • 動画作成

13. 受付

ありとあらゆる場所に受付はありますが、この場合の受付はホテルマンのように一定の技能を必要としない場合の受付と定義します。
受付は対人スキルが必要ですが、基本的には座ってできる仕事ですから肉体的な疲労は少ないです。
来客がいない待機時間中はゆったりと過ごすことができることもメリットであると言えます。
また、受付時間が終われば帰ることができるので、残業をしなくてすむところも楽なポイントです。

主な仕事内容
  • 来客の用件を聞いて取り次ぐ
  • 電話の取次ぎ
  • データの管理

14. 図書館スタッフ

図書館で働くためには資格が必要だと思われがちですが、資格がなくても働くことができる図書館はあります。
図書館内は静かですし、騒いでいる人もいません。冷暖房も完備されている上、落ち着いている環境で働くことができるので、本が好きであるならば図書館スタッフの道も検討してみてはいかがでしょうか。

主な仕事内容
  • カウンターでの本の貸出・返却
  • 書架の整理
  • 配架(新しい本や返却された本を正しい位置に戻していく作業のこと)
  • 館内の見回り

15. 美術館スタッフ

美術館のスタッフは、学芸員とは異なり資格を必要としない仕事です。
過度な運動を伴わない上、静かな環境で働くことができるため絵画や骨董品などに興味がある人には最適な職場でしょう。
また、残業がなく、閉館時間と同時にタイムカードを切ることができる点も良いポイントです。

主な仕事内容
  • 館内の見回り
  • 受付
  • 物販コーナー

 

学芸員とは
学芸員とは、美術館に展示する展示物の収集や管理を主な仕事としています。また、企画展などの催しものを企画・開催するために案を練ることも学芸員の仕事です。美術館スタッフは学芸員の資格を持っていないため、これらの話し合いなどには参加することはできません。

16. コインパーキングの集金スタッフ

コインパーキングの集金スタッフは、誰かとコミュニケーションを取りながらする必要がありませんし、単純作業の繰り返しなので比較的楽な仕事だと言えます。
車の運転さえ苦でなければ、問題なくこなすことができる仕事でしょう。

主な仕事内容
  • 各所のコインパーキングを社用車で回って集金する
  • 清掃をして回る

楽な仕事に就くためにはどうしたら良いか

ここでは、楽な仕事に就くためにするべきことをご紹介します。
どういった仕事が楽なものなのかをご理解頂けたと思いますので、ぜひその上で参考にしてみてください。

自分が仕事に何を求めているかを明確にする

楽な仕事、と言ってもさまざまな条件があります。
人と関わらないことを楽だと思う人もいるでしょうし、ずっと立っていることを楽だと思う人もいるでしょう。
誰にでも当てはまる「楽な仕事」はないのです。
そのため、仕事を探す際にはあなたが何を一番重視しているかをきちんと明確にしておく必要があります。
これは極端な例ですが「楽な仕事だと友人に聞いたから始めてみたけれど、あちこち走り回ってばかりいて全然楽ではない」などといった口コミもよく聞きます。
これだけは譲れないという条件、これだけは避けたいという条件をそれぞれリストアップして、当てはまる仕事を探しましょう。

口コミサイトなどで実態を知ろう

実際のところ、その会社で働いてみなければ内部事情を知ることはできません。表向きは良いことを言っていても、入社してみたらブラックだったなどということは十分に考えられます。
そのような事態に陥らないためにも、口コミサイトなどを活用することをおすすめします。
以下の3つの口コミサイトを特におすすめしますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽な仕事に就くには転職エージェントを活用する

自分にあった仕事を見つけるベストな方法は転職エージェントの活用です。

「転職エージェント」と聞くと敷居が高いと感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、転職エージェントは誰でも無料で利用することができるサービスです。
1対1でエージェントが転職をサポートしてくれるため、あなたの希望にあった企業を紹介してくれます。

そこで、ここからはおすすめ転職エージェントを3つほどご紹介いたします。

是非、自分に合っていそうな転職エージェントに登録をしてみてください。

正社員以外の働き方
楽なお仕事を探しているのであれば、一つの会社に縛られず自由な働き方のできる「派遣」もおすすめです。
正社員での働き方にこだわらないのであれば、一般派遣や紹介予定派遣もぜひ視野に入れて考えてみてください。
派遣の働き方について詳しく知りたい方はこちら

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で転職支援実績No.1の「エージェント型」転職サイトで約37万人の実績があります。
多くの実績からあなたも見つけていないあなたのスキルや価値を見つけてくれます。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
地方から都心部への転職でリクルートエージェントを利用しました。

はじめはどうやって仕事を探せば良いのか迷いましたが、すぐにでも転職先を見つけたいとアドバイザーに相談したところ、自分のキャリアを生かした応募先をいくつかピックアップしてくれ、すぐに推薦してもらえました

リクルートエージェントでは面接指導も行っていましたが、アドバイザーとの時間が合わず、面談指導ができなかったことは残念でした。

2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

3.type転職エージェント

type転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは1994年から運営している老舗の「エージェント型」転職サイトです。年収アップにこだわった転職エージェントで、転職者の約71%が年収アップを実現しています。特に20代30代の利用者が多いです。
また、8割は非公開求人で、中には大手企業や人気の案件もあります。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件にとても強いエージェントですので首都圏で転職を考えられている方は特におすすめです。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
type転職エージェントは転職エージェントの老舗企業だと聞いていたので、自分に合った転職先を探し出してくれるのではないかと期待して登録しました。
非公開求人の取り扱い量がとても多かったです。type転職エージェントの求人は、質にもこだわっているようで、紹介してくれた企業はしっかりとした企業ばかりでした。

自分が出した条件には、厳しいものがありましたが、そこを見事にクリアしてくれて転職先を見つけてくれたので、こちらを利用して良かったなと感じました。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。
「【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較」

楽な仕事|まとめ

楽な仕事に就きたいという気持ちを持ったことは、誰しも一度は持ったことがあるものでしょう。
しかし、「運が良ければ就けるかもしれない」と思っているだけでは何も変わりません。
本当に環境を変えようと思うのであれば、この記事でご紹介したような転職エージェントを利用するなど、自らが動く必要があります。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 リクルートエージェント

転職支援実績No.1
公開求人数約12万件!
2位 マイナビエージェント

20代30代から人気!
新卒採用のマイナビが運営
3位 type転職エージェント

首都圏の転職に強い
年収アップにおすすめ

▶横にスクロールできます▶

上記の3つがおすすめの転職エージェントですので、是非活用してみてください。

あなた自身を変えることができるのはあなただけです。仕事選びに迷ったら、自分が何をしたいのかを問い直してみてください。あなたが良い職につけることを願っています。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄