結論からいうと、18歳以上なら誰でも派遣に登録することができます。

大学生なら春休みや夏休みなどの長期休暇に派遣スタッフとして働けますよ。

ただしスキルや社会人経験がない学生を派遣先企業が採用するメリットは少ないです。そのため派遣会社によっては学生の登録ができない場合もありますので、派遣会社へ事前に確認してください。

また労働基基準法により、18歳未満は1週間の労働時間が40時間、1日8時間を超える勤務を禁止しています。

派遣の求人はフルタイム勤務(1日8時間労働)が多いです。18歳以下の場合、登録できたとしても紹介できる仕事が少ないでしょう。




学生が派遣登録してから就業までの流れ

  1. プロフィールWEB登録または派遣登録会予約
  2. 人材派遣会社のWEBページでプロフィール登録
  3. 派遣登録説明会予約
  4. 派遣登録説明会の参加
  5. 自身での仕事応募or派遣会社からの仕事の紹介
  6. 人材派遣会社社内選考
  7. 職場見学(顔合わせ)
  8. 派遣先での就業開始

全体的な流れ上記のようになっています。まずは登録したい派遣会社のWEBサイトから

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 希望勤務条件

これらの簡単な情報を登録します。登録すると詳細な求人情報を見られるようになります。

登録したらからといって、すぐに登録会に出席する必要はありませんので、気になる派遣会社があれば気軽に登録してみましょう。

「春休みや夏休みの間だけ働きたいけど、とりあえず登録だけ済ませておこう」といった要望も聞き入れてくれますよ。

人気の求人情報ほど非公開になっているので、登録しなければ見つけられない、おいしい派遣情報をGETできるかもしれません。

各項目の詳細については「人材派遣で働くにはどうしたらいいの?登録からお仕事開始までの流れをご説明します。」こちらで解説しています。

日雇い派遣で働ける条件は決まっている

学生が休みの間だけ派遣で働く場合、働く期間は30日以内になります。

30日以内の短期派遣や単発バイトは日雇い派遣と呼ばれていて、平成24年10月1日に施行された改正労働派遣法によって原則禁止となりました。

ただし例外があり、以下の場合は30日以内の短期派遣であっても働くことができます。

  • 60歳以上の方
  • 学生(雇用保険の適用を受けない学生)
  • 年収500万円以上
  • 世帯収入が500万円以上で生計者ではない

画像引用:はたらこねっと

注意したいのは学生であっても雇用保険の適用を受けない学生(通信制学校や夜間の定時制学校に通っている)は雇用保険に加入しなければならないため、日雇い派遣では働けません。

学生でもOKの派遣会社に登録しよう

こちらの記事「派遣とバイトの違いって何?大学生はどちらを選ぶべきか」で紹介した通り、短期や単発バイトとして派遣を利用することは時給や社会経験といったスキルの面でもメリットの多い働き方です。

しかし派遣会社が大学生を登録するメリットが少ないため、おおっぴらに「大学生歓迎!」といっている企業はありません。

そこでこちらでは短期バイトや単発が豊富な大学生におすすめの派遣会社を紹介していますので、チェックしてくださいね。

>>【最新版】大学生におすすめの派遣会社|短期バイトや単発も豊富

エリア別おすすめ派遣会社ランキング
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックテンプスタッフに登録してお仕事を探す
>>派遣recoで一番登録されている派遣会社です<<

未経験案件が豊富
・業界最大手の実績
・豊富な職種
クリックマンパワーに登録してお仕事を探す
>>1分で登録完了<<

事務職求人にとても強い
・世界的企業の安心感
・福利厚生が充実




おすすめの記事