派遣とバイトの違いって何?大学生はどちらを選ぶべきか
大学生も派遣に登録できることをご存知でしょうか。
※詳しくは「学生でも派遣スタッフ登録はできるのか?」を参考にしてください。

この記事では派遣とバイトの違いと、大学生はどちらを選んだ方がいいのかについて紹介します。

結論から言うと、どちらもメリット・デメリットはありますが、下記のような人は派遣で働くことをおすすめします。

  • 春休みや夏休みといった短期・単発で入りたい
  • 高い時給を望んでいる
  • 面接を何回もしたくない

これだけでは判断できないという方のためにも、派遣とバイトの違いについて詳しく解説していきますので、あなたに合った働き方を選ぶ参考にしてください。

最初にチェック!高評価の派遣会社
高時給案件が多い
派遣会社

大手の実績
抜群のブランド力
全国に派遣案件あり

\登録かんたん/

公式サイト→

pasonarogo

担当対応満足度良
大手の実績
全国に派遣案件あり

\登録2分/

公式サイト→

短期・単発の派遣求人を派遣アルバイトと呼んでいる

派遣の求人を見てみると派遣アルバイトという求人がありますが、派遣社員と派遣バイトは同じ意味です。

労働時間が短かったり、勤務日数が少ない形態で働くことを、派遣バイトと呼ぶようになりました。

派遣アルバイト=短期・単発の派遣

具体的には勤務日数が30日以下であったり、週に2~3回程度しか働かない場合です。このように勤務日数が30日以下の派遣条件は、別名「日雇い派遣」という呼び方もします。

大学生が春休みや夏休みに派遣で働く場合、派遣アルバイトの求人を紹介されることになります。

学生の方には、派遣アルバイトの求人をアプリで簡単に探せるマッハバイトを利用するのがおすすめです。
※勤務が決まれば最大1万円のマッハボーナスがもらえます。

マッハバイトでお得にバイト探し

マッハバイトでお得にバイト探し
開発元:Livesense Inc.
無料
posted with

派遣とバイトの違い

派遣とバイトの違いは、主に下記の内容です。

雇用主の違い

派遣とバイトが大きく違うのは雇用主が違うことです。

派遣で働く場合、勤務するのは派遣先の企業ですが、雇用契約を結んでいるのは登録した派遣会社です。

派遣雇用の仕組み

雇用主が派遣会社となるため、給料や福利厚生は派遣会社の制度が適用されます。
大手の派遣会社を利用すれば

時給の違い

時給はバイトよりも派遣の方が高い傾向にあります。

職場側の視点からわかる、バイトよりも派遣のほうが時給が高い理由は下記のとおりです。

  • バイト募集にかかる広告費用が不要
  • 面接や研修をしなくても採用条件に合う人材が見つかる
  • 雇用契約を結ばないので各種手続きにかかるコストが不要

このように派遣先にとって自社でバイトを募集して雇用契約を結ぶよりも安いコストで最適な人材に働いてもらえます。

余計なコストがかからない分、派遣会社と働く人に還元できるため時給が高くなっています。

勤務時間やシフトの違い

登録制の派遣では、自分が働きたい期間だけ仕事をすることができます。たとえば、夏休みの間だけ働きたいといった場合や、講義の時間に合わせて柔軟にシフトを変更することができます。

初めから派遣先と契約期間が決まっているので、辞める時も後腐れがなくスパッと辞められます。

また派遣会社が次の派遣先企業を紹介してくれるので、違うバイトを探したり、履歴書の作成や面接に悩む必要はありません。

勤務先の雰囲気が事前に分かるかどうか

バイトの場合は、自分で店の雰囲気を見に行ったり、バイト先に知り合いがいない限り勤務先の仕事内容や環境を知る手段はありません。

しかし派遣の場合、派遣会社が派遣先企業とやり取りをしていますし、営業担当が実際の職場状況をリサーチしています。また長期的にやり取りしている企業であれば、実際に働いてきた派遣の人に感想を聞いていますので、生の口コミを知ることができます。

仕事をする上で、気持ちよく仕事ができることは重要ですので、勤務先の雰囲気が事前に分かることのメリットは大きいです。

残業の有無の違い

派遣の場合、バイトと違って派遣会社と厳密な契約を結んでいるため、突発的な残業はほとんど起こりません。

残業がある企業なら事前にその旨を伝えられますので、残業が完全NGという要望を派遣会社に伝えておけば、条件にあった派遣先を紹介してくれます。

福利厚生の違い

数年単位で働くことを前提にしている派遣社員とは違い、バイトの場合、社会保険や有給休暇、健康診断といった福利厚生はありません。

大学生が短期・単発で働きたいなら派遣がおすすめ

派遣とバイトの違いについて解説してきましたが、ここまでの内容を踏まえて大学生には派遣で働くことをおすすめします。

時給が高く、雇用期間があらかじめ決められていますので、後腐れなく辞めることができますよ。
大学生が春休みや夏休みといったスポットで仕事をしたいなら派遣がおすすめです。

ぶっちゃけ話効率的に稼ぎたい学生の方には、職場が決まるだけで最大で1万円のボーナスがもらえる「マッハバイト」の利用をおすすめします。

マッハバイトでお得にバイト探し

マッハバイトでお得にバイト探し
開発元:Livesense Inc.
無料
posted with

派遣で働くメリット

派遣で働くメリットを紹介します。

派遣で働くメリット

  • 高時給が設定されている求人が多い
  • 自分の好きな時に働くことが出来る
  • 同じ職場に通い続ける必要がない
  • 様々な仕事を経験できる

それではそれぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

高時給が設定されている求人が多い

メリットの1つ目は高時給の求人が多いことです。

そもそも派遣先の企業が単発や短期などの派遣で求人募集を行う理由は、「スタッフが辞めてしまった」「休暇スタッフが多くて仕事が回らなくなった」などの事情から、すぐにでも即戦力の人材に来てほしいと思っているからです。
派遣先企業としても切羽詰まった状況であるため、単発・短期スタッフに対しては通常よりも高めの時給が設定されていることが多いです。

自分の好きな時間に働くことが出来る

2つ目のメリットは、好きな時間に働くことが出来ることです。

派遣の大きな特徴の1つは自由度が高いことです。

バイトの場合は数ヶ月分のシフトを提出しなければならないことが多い一方で、派遣の場合は自分の好きな日時だけ働くことができます。
プライベートに合わせて働くことができるのは大きなメリットです。

同じ職場に通い続ける必要がない

3つ目のメリットは同じ職場に通い続ける必要がないことです。

アルバイトの場合、基本的に同じ職場に通い続けなければなりません。
もし働いてみて職場の雰囲気と合わなかったり、人間関係で悩むことがあっても簡単には職場を変更することはできません。

しかし派遣の場合は勤務期間が限定されているため、もし職場に嫌気がさしても短期間でその職場に通う必要がなくなるので居心地の悪さを感じ続けずにすみます。

また職場で人間関係を構築することが面倒だと感じる人も多いと思いますが、派遣ならすぐに職場から離れることになるため、わざわざ人間関係を構築する必要もなくなります。

様々な仕事を経験できる

4つ目のメリットは、様々な仕事を経験出来ることです。

派遣では様々な職場で勤務することになるため、多くの種類のお仕事を経験することが出来ます。
まだご自身似合った仕事がわからないという方や、いろいろな仕事に挑戦してみたいという方にとっては大きなメリットです。

また、同じ仕事ばかりやっていると飽きてしまうという方でも、様々な仕事をすることでモチベーションを保つことができます。

派遣で稼ぐためのポイント

学生が派遣で効率よく稼ぐためには、知っておかなければならないポイントが存在します。

派遣はバイトよりもメリットが多い働き方であることはお伝えしてきましたが、ポイントを抑えておかないと場合によってはバイトよりも稼ぐことができなくなってしまうこともあります。

効率よく稼ぐためには、派遣で働く際のポイントを理解しておきましょう。

求人の勤務時間を確認する

求人に応募する前には、勤務時間を確認しておくことが大切です。
特に固定の勤務時間が決まっている場合などは、あなたのスケジュールとしっかりとマッチしているかを確認しましょう。
また、幅広い時間帯で募集されていれば良いのですが、時間帯の幅が狭い場合は働ける枠も少ないので、バイトよりも稼げない可能性があります。

自分の得意不得意を把握しておく

求人選びの際には、あなたの得意不得意分野をしっかりと把握しておきましょう。
もし時給が高くても、あなたの苦手な分野だった場合は仕事が高く評価されず、勤務日数を多く確保することができないかもしれません。
あなたの得意分野で仕事をすることで、勤務日数が増やせる上に時給が高くなる可能性も高いです。

給料の振り込み時期を確認する

基本的に給料は派遣会社から振り込まれるので、派遣会社から給料がいつ振り込まれるのかはしっかりと把握しておきましょう。
派遣会社にもよりますが、月払い・週払い・日払いなどの制度があります。
もしすぐにお金が必要にもかかわらず振り込み時期が1ヶ月後だった場合、かなり大きなデメリットになってしまいます。
給料が必要な時期と振り込まれる時期はしっかりと把握しておきましょう。

一度に勤務できるスタッフの数を確認する

これは意外と盲点ですが、応募先の勤務できるスタッフの数を確認しておくことが重要です。
もし一度に働くことができるスタッフの数が限られている場合、採用されてもなかなか勤務させてもらえない可能性が高いです。
せっかく勤務先が決まっても、働くことができなければ意味がありません。
バイトよりも稼げない事例として割と多い事例なので、注意しておきましょう。

人気の職種には注意する

人気がある職種には注意しましょう。
前述の勤務スタッフ数の確認と共通していますが、人気がある職種だとなかなかシフトを入れてもらえなかったり、勤務日数を十分に確保できない事が考えられます。
職種による人気度の確認方法ですが、派遣会社によっては人気度を教えてくれるところもあります。
また、インターネット上でおすすめとして紹介されている職種は人気が高い場合が多いので注意が必要です。

派遣とバイトの違いまとめ

この記事では派遣とバイトの違いについてまとめてきました。

紹介した内容を踏まえると、「時給が高い」「自由度が高い」などのメリットが多い派遣で働くのがおすすめです。

派遣は、特に休み期間や空いた時間に効率よく稼ぎたい学生の方にピッタリの働き方です。
高校生・大学生におすすめの派遣会社を知りたい方は、下記の記事を是非参考にしてください。

>>【最新版】大学生におすすめの派遣会社|短期バイトや単発も豊富

都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる

総務事務におすすめの派遣会社ランキング

役員・社長秘書の求人に強いおすすめの派遣会社

経理の求人数が多いおすすめの派遣会社

製造業・軽作業におすすめの派遣会社

シングルマザーの求人に強いおすすめの派遣会社

看護師に強いおすすめの派遣会社

介護職に強いおすすめの派遣会社

保育士に強いおすすめの派遣会社

コールセンターにおすすめの派遣会社

主婦・子育てママにおすすめの派遣会社