【最新版】ヘッドハンティング会社おすすめランキング12選|徹底解説

CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

転職サイトにはないハイクラスの転職がしたい
おすすめのヘッドハンティング会社は?

この記事は、このような悩みを解決する記事です。

おすすめヘッドハンティング会社12社
・ヘッドハンティング会社の選び方
・活用方法
などをご紹介しています。

ぜひ最後まで読んで気になるヘッドハンティング会社に登録してみてくださいね。

>>先におすすめのヘッドハンティング会社ランキングをみたい方はこちら

この記事のまとめ
おすすめヘッドハンティング会社

複数登録し比較すると効率的
信頼できるヘッドハンター選びが肝

記事の目次

最初におすすめ|ヘッドハンティング会社3選

これからおすすめのヘッドハンティング会社をご紹介しますが、記事が長くなってしまうので、簡単に数社おすすめを知りたいという方に向けて表で紹介します。

下記に紹介する全てのヘッドハンティング会社に登録しておきましょう。
一社だけに登録するよりも多くのヘッドハンターに見つけて貰いやすくなり、より好条件での提案をいただける機会が増えます。

\ 登録後は待っているだけ /

コメント
リクルート
ダイレクト
スカウト
求人の質◎
年収800万~2,000万の求人多数
エンワールド 100名以上のヘッドハンターが所属
年収800万円以上の求人1万件以上
ランスタッド 50年以上の実績ある転職サービス
80%が年収800万円以上の求人


>>おすすめヘッドハンティング会社

事前知識|ヘッドハンティングとは?意味を解説

ヘッドハンティング会社をご紹介する前にヘッドハンティングについて解説します。

ヘッドハンティングについて詳しくご存知の方は、こちらを飛ばして下記の「おすすめのヘッドハンティング会社一覧」に進んでください。
>>おすすめのヘッドハンティング会社一覧をみる

ヘッドハンティングとは、特定以上のスキルを持った優秀な人材を企業が雇用する目的でスカウトすることを言います。

企業側からすると、求人広告を出し面接して採用するよりも、望む人材に直接スカウトをする方がより企業の求める優秀な人材を獲得でき、スカウトされる方も転職サイトやエージェントには掲載されることがない好条件の待遇で転職を実現させることができるのです。

求められる人材の多くは、幹部クラスや社長候補などの、エグゼクティブ層と呼ばれる上級管理職や高いスキルを持ったエンジニアが多いです。

そのため、ハイクラス向けの転職と言えます。

しかし近年では簡単にスカウトできるヘッドハンティング会社やプラットフォームが登場したおかげで、ハイクラス以外も何かスキルがあればヘッドハンティングされやすい状況です。

ヘッドハンティングと引き抜きの違い

求める人材を獲得するという広い意味ではどちらにも大差はありません。

ヘッドハンティングはエグゼクティブ層等の希少な人材をスカウトして迎え入れることを目的としています。エグゼクティブ・ヘッドハンティングがこの例でしょう。

一方で引き抜きは、役職等を問わず外部の求める人材に声をかけて転職を促します。

トラブルの防止
外部の会社から優秀な人材を獲得するため、引き抜かれる会社からするとせっかく育てた優秀な経営者やエンジニアを他社に取られてしまうため阻止しようと考えて訴訟を起こそうと考えるかもしれません。

こういった面倒を避けるためのサービスとしてヘッドハンティング会社が存在します。
スカウトを受ける側も登録することで転職の意思を表明できるため、トラブル回避ができると企業も多く利用しています。

なので今の会社でもいいけど、もっと条件のいい会社で働きたいという方はヘッドハンティング会社に登録しておくといいでしょう。

ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違い

続いて似たサービスに転職エージェントがあるので、違いを紹介します。

ヘッドハンティング会社と転職エージェントの大きな違いは以下の3つです。

仕組みの違い

最も大きな違いは仕組みの違いでしょう。

もともとはヘッドハンティングは外資系の企業によく見られる採用方法でした。
しかし、日本でも普及してきたことにより、人材ビジネスの一つとして注目されるようになりました。

そんな人材ビジネスでの人材紹介サービスの一環として企業の求人を基にヘッドハンティング会社が条件にあった人材に直接スカウトを行うため、スカウト型と呼ばれており、スカウト型のサービスを展開する人材紹介会社がヘッドハンティング会社と呼ばれます。

対して転職エージェントは、転職意思のある求職者がデータベースに登録し、求人企業とのマッチングを図る目的で企業に紹介するサービスです。いわゆる登録型と呼ばれています。

このような攻めの姿勢と受け身の姿勢が採用の違いとなっています。

>>外資系に強い転職サイトおすすめランキング

立場の違い

ふたつ目の違いとして、転職をする方の立場の違いが上げられます。

転職エージェントでは求職者がエージェントに登録して仕事を求めることから、採用する会社の方が立場的に強くなってしまいます。

しかしヘッドハンティングでは、そもそも転職をしなくてもいいハイクラスの方が好条件での職場を探すために利用するため、登録者の方が立場的に強くなり自分の求める条件を実現させやすくなります。企業としても、お願いして入社してもらうというポジションになるので好条件を提示してでも獲得しようとします。

このように、ヘッドハンティングと転職エージェントでは立場の強弱の違いがあります。

案件のレベルや条件の違い

一般の方が見ることができる求人は誰でも応募できるような案件を多く取り扱っています。

役職でも、転職エージェントでは一般事務といった一般職であるのに対して、ヘッドハンティング会社では社長候補や幹部候補といった重役から、なにか特別なスキルを持った方など企業の求める条件を持っていればスカウトを受けることができます。

ぶっちゃけ話求職者目線で両者の違いを一言でいうと、「待ちのヘッドハンティング」と「攻めの転職エージェント」です。

転職の姿勢 企業に対する立場
ヘッドハンティング会社 待ち 強い
転職エージェント 攻め 弱い

あなたが今すぐでも転職をしたい場合には転職エージェントを利用しましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら

しかし、今すぐの転職は求めていないけどいい条件の職場に就きたい方はヘッドハンティング会社に登録しましょう。

おすすめのヘッドハンティング会社ランキング一覧

ここからはおすすめのヘッドハンティング会社をご紹介します。
登録しておくだけであなたに魅力を感じた企業やヘッドハンターからスカウトが来ます。

ヘッドハンティング会社は2〜3社の登録がおすすめ

  • 多くのヘッドハンターに見つけてもらえる
  • ヘッドハンターを会社の比較できる
  • 保有している求人がそれぞれで異なる

また、下記の内容を基準にヘッドハンティング会社を選定していきましょう。

  • 求人数
  • ヘッドハンターの質
  • サポート体制

>>先にヘッドハンティング会社の選び方をみたい方はこちら

1位:リクルートダイレクトスカウト


リクルートダイレクトスカウト

待っているだけで求人を紹介
ヘッドハンティングサービス
年収800〜2,000万円求人多数掲載
リクルートダイレクトスカウトはリクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。

待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2,000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。

その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。

また、通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

おすすめ度:
職種 経営ボード / 経営企画・事業企画 / 管理 / 人事 / マーケティング /
広告 / マスコミ・メディア / 出版 / クリエイティブ / 営業 / サービス /
コンサルタント / ITコンサルタント / 専門職 / IT技術職 /
WEBサービス・制作 / ゲーム / 電気・電子 / 半導体 / 機械 /
組み込み制御 / 化学 / 化粧品・食品 / 金融 /
メディカル / 不動産 / 建築・施工管理
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・一部海外に求人あり
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

\ 登録後は待っているだけ /

>>リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミをみる


2位:エンワールド


エンワールド

年収800万円以上の求人が10,000件以上
大手外資系、日系グローバル企業多数掲載
転職サポートが充実

エンワールドは、転職成功者のサービス満足度94.8%を誇る転職支援サービスです。

年収800万円以上の求人数は常時10,000件を超え、大手外資系企業や日系グローバル企業など人気求人が多数掲載されています。

また、エンワールドには100名以上のヘッドハンターが所属しており、転職エージェントサービス同様、面接前対策などのサポートも充実しています。
他社と比べて内定率が高いと感じた、丁寧にサポートしてくれたなど高評価を受けているサービスです。

正社員以外にもプロフェッショナル派遣や業務委託契約などの求人も扱っています。
幅広い選択肢で転職を考えたい方にもぴったりなサービスです。

おすすめ度:
職種 経理・財務 / 銀行・金融・保険 / 建設・インフラ / コンサルティング /
消費財・日用品・サービス・小売・広告 /
経営・経営管理 (役員クラス以上)エグゼクティブ / エネルギー・資源 /
人事・総務・エグゼクティブアシスタント /
法務・知財・コンプライアンス /
ライフサイエンス(医療機器・製薬・化学・ヘルスケア・農業・畜産)/
製造業(電気・電子・機械・自動車・化学・その他)/ 不動産 /
サプライチェーン・購買・物流 / テクノロジー・デジタル・通信
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・一部海外に求人あり
公式サイト https://www.enworld.com/

\ オンラインで登録完結 /

>>エンワールドの評判・口コミをみる

3位:ランスタッド


ランスタッド

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは世界39ヵ国、日本でも136拠点で人材ビジネスを展開する世界屈指の総合人材サービス企業です。

日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外転職や外資系転職等のグローバルに強みがあり、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼を活かした優良求人が多数あります。

歴の長いヘッドハンターを多く抱えており、得意分野での徹底サポートをしてくれます。

また、ランスタッドは、年収800万円以上の求人が80%を占めていて、現在最前線で活躍中の20代後半〜30代のこれからハイクラスを目指したい方にはおすすめです。

特にグローバルコネクションが強いため、大手外資企業や日本進出を控えている企業、海外進出を控えている日経企業などを狙っている方はまず登録しておいた方がいいヘッドハンティング会社です。

おすすめ度:
職種 ライフサイエンス業界 / 医療機器・診断機器・医薬品・その他
B2C消費財業界 / ファッション・高級品・化粧品・日用消費財(食品飲料・家電)・代理店・メディア・オンラインサービス・小売
マニュファクチャリング業界 / 自動車・科学・電気・半導体・機械・エネルギー・航空宇宙・海上
テクノロジー業界 / SaaS・IaaS・PaaS・セキュリティー・アプリ・IOT・コンサルティング・その他
管理部門スペシャリスト / 社内IT・財務・経理・人事・サプライチェーン・マネジメント
など
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/


4位:JACリクルートメント


JACリクルートメント

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがあるヘッドハンティング会社です。

企業ごとにヘッドハンターがいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめなヘッドハンティング会社です。

おすすめ度:
職種 サービス / 商社 / 流通 / 消費財 / マスコミ /
建設 / 不動産 / 金融 / コンサルティング /
シンクタンク / 事務所 / IT/通信 / WEB /
EMC / メディカル / バイオ / 医療 /
福祉 / 介護 / その他
対応エリア 埼玉・横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・広島・他
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/


5位:リクルートエグゼクティブエージェント


リクルートエグゼクティブエージェント

リクルートエグゼクティブエージェントは、業界トップクラスで求人案件数No1を誇るリクルートエージェントを展開する株式会社リクルートとリクルートの資本によるエグゼクティブサーチ・ヘッドハンティング企業です。

国内最大級のコンサルタントを擁し、社長をはじめ経営幹部や企業成長の核となるエンジニアなどのスペシャリスト等のエグゼクティブ層の人材が多く登録しています。

ただ、ヘッドハンターのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

おすすめ度:
職種 ライフサイエンス業界 / 医療機器・診断機器・医薬品・その他
B2C消費財業界 / ファッション・高級品・化粧品・日用消費財(食品飲料・家電)・代理店・メディア・オンラインサービス・小売
マニュファクチャリング業界 / 自動車・科学・電気・半導体・機械・エネルギー・航空宇宙・海上
テクノロジー業界 / SaaS・IaaS・PaaS・セキュリティー・アプリ・IOT・コンサルティング・その他
管理部門スペシャリスト / 社内IT・財務・経理・人事・サプライチェーン・マネジメント
など
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.recruit-ex.co.jp/

6位:dodaエグゼクティブ


doda

転職エージェントでも有名なdoda(デューダ)のエグゼクティブ層向けのヘッドハンティング会社。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界トップクラスのヘッドハンティング会社です。

取り扱い求人は年収800万円以上に絞っており、プレミアム案件も多数保有しているのが魅力です。
実際に年収が上がったという評判が多く、実績を徐々に積み上げています。

業界最大級のネットワークを持つため、他のヘッドハンティング会社との比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。

おすすめ度:
職種 IT・通信業界・インターネット・広告・メディア業界 /
メーカー(機械・電気)業界 /
メーカー(素材・化学・食品・化粧品・その他)業界 /
商社業界 / 医薬品・医療機器・ライフサイエンス・医療系サービス /
金融業界 / 建設・プラント・不動産業界 /
コンサルティング・リサーチ業界・専門事務所・監査法人・税理士法人 /
人材サービス・アウトソーシング業界・コールセンター / 小売業界 /
外食産業・飲食産業 / 運輸・物流業界 /
エネルギー(電力・ガス・石油・新エネルギー)業界 /
旅行・宿泊・レジャー業界 / 警備・清掃業界 /
理容・美容・エステ業界 / 教育業界 / 農林水産・鉱業 /
公社・官公庁・学校・研究施設 / 冠婚葬祭業界 / その他 /
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://doda.jp/executive/


7位:ix転職

iX転職
年収800万〜2,000万円の非公開求人多数
書類・面接対策から入社まで長期的にサポート
iX転職はdodaで知られるパーソルが運営するハイクラス転職向けのヘッドハンティングサービスです。

登録は約1分で完了し、登録後は待っているだけでヘッドハンターからスカウトメールが届きます。
ヘッドハンターは応募から入社まであなたの転職をサポートしてくれ、選考前の事前準備や面接対策、入社前交渉もフォローを受けることができます。

スカウトに反応しない限りあなたの個人情報がどこかに伝わることもないため、安心して転職活動を進めることができます。
良い求人があれば転職したい、という方にもおすすめの転職サービスです。

おすすめ度:
職種 CxO・事業責任者 / 事業企画・経営企画 / 営業 / IT・Webエンジニア /
経理・財務・人事・法務 / マーケティング・販促・商品開発 /
技術職(機械・電気) / コンサルタント / 金融系専門職 /
医療専門職 / 技術職(化学・食品系) /
技術・専門職(建設・不動産系)
クリエイター・クリエイティブ職 / サービス系(店舗管理・運営管理)
技術職(組み込みソフトウェア)/ SCM・物流・購買系 /
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://ix-tenshoku.jp/

\ 登録後は待っているだけ /


8位:クライス&カンパニー


クライス&カンパニー

公式サイト:https://www.kandc.com/
クライス&カンパニーは27年間の実績をもつヘッドハンティング会社です。キャリアコンサルタントの国家資格を取得したヘッドハンターが在籍しており、幅広い知識と業界の最新の情報を熟知しています。

また面接通過のためのコミュニケーションアップのサポートもありますので面接が不安な方も安心です。入社後もしっかりサポートしてくれるため、次の転職や今後のキャリアを見据えた転職ができることが魅力です。

おすすめ度:
職種 経営企画・事業企画 /
コンサルタント / ITコンサルタント / マーケティング・広報・IR / 人事 /
経理・財務・会計 / その他企画・事務・管理 /
営業 / ITエンジニア / その他エンジニア / Web・モバイル関連 / その他 /
対応エリア 東京都・その他不明
公式サイト https://www.kandc.com/

9位:レイノス(キー・ネットワーク株式会社)

レイノス
公式サイト:https://www.raynos.co.jp/

レイノスは「新規事業立ち上げ責任者」や「年収1000万円超えの幹部候補」といったハイキャリアの役職を持つ人材を対象としています。

100名を超えるヘッドハンターを抱えており、規模は日本最大級です。

レイノスではヘッドハンターが直接企業のマネジメント層とつながり、依頼を受けて人材を探してスカウトをするサーチ型のヘッドハンティングが特徴です。
そのためスカウトを受けると企業の経営者やマネジメント層と直接面談するという流れになります。

おすすめ度:
職種 不明
拠点箇所 北海道・宮城・東京・埼玉・神奈川・静岡・宮崎・愛知・富山・大阪・福岡・岡山・沖縄
公式サイト https://www.raynos.co.jp/


10位:MRIJAPAN

MRIJAPAN
公式サイト:https://www.mri-tmg.jp/

MRIJAPANは世界最大級の人材ネットワークを誇るMRIグループの日本法人です。
外資系グローバル企業のヘッドハンティングに強い会社です。

世界40カ国、600以上の拠点を展開し、毎年45,000人を超えるヘッドハンティングを成功させているという強みを持っています。

また、最新の転職市場動向に加え、履歴書・英文レジュメの添削・対象企業のエグゼクティブ層と面談する際の注意点等、幅広くサポートを展開しています。

国内、国外のグローバル企業への転職を検討しているのであれば、登録しておきましょう。

おすすめ度:
職種 不明
対応エリア 不明
公式サイト https://www.mri-tmg.jp/


11位:AIMSインターナショナル

AIMSインターナショナル
公式サイト:https://www.mri-tmg.jp/

SIMSインターナショナルは世界最大級のエグゼクティブサーチ会社であり、日本でも経営幹部向けのヘッドハンティングを行っています。

日本では25年以上経営されていて、経営幹部クラスのエグゼクティブ層の実績が豊富なのが特徴です。

世界50カ国90以上の拠点を持ち、グローバルネットワークを活かした外資転職が強みです。

おすすめ度:
職種 不明
対応エリア 不明
公式サイト https://www.mri-tmg.jp/

12位:トスワーク(キー・ネットワーク株式会社)

トスワーク
公式サイト:https://www.tosswork.jp/

トスワークは、キー・ネットワーク株式会社の運営するヘッドハンティング会社です。
レイノスと同じ運営会社であるため、基本的にはレイノスからの依頼を受け、リサーチ・アポイントを行っています。

リサーチ方法としては、人伝の紹介や新聞雑誌、Webなどの情報を基にリサーチを行っています。

レイノス同様、ハイクラス求人が豊富で、約800万〜1,500万円以上と高年収で転職を行うことが可能です。

トスワークにはHP上に登録窓口も設けられているため、年収アップを目指している方は登録をおすすめします。

おすすめ度:
職種 不明
対応エリア 不明
公式サイト https://www.tosswork.jp/

12位:icpa

icpa
公式サイト:http://www.icpa.com/
icpaは、創業29年の長い実績を誇るヘッドハンティング会社です。

ヘッドハンティング会社ではあまり行ってくれない、転職支援のサービスも受けられるので、ヘッドハンティング会社が初めての方でも安心して転職活動を行うことが可能です。

また、icpaでは、人事採用担当者に直接あなたを紹介してもらえるといった点もメリットの一つです。
企業の人事部には毎日大量の履歴書が送られてきており、その多くは社員に一律に処理されてまいます。
そのため、どんなに適正な人材であっても履歴書が見過ごされてしまう可能性があるのです。

icpaではそのようなことが起きぬよう、きちんと人事採用担当者にあなたの強みを伝えてくれるので、通常応募するよりも遥かに採用率が高くなります。

ヘッドハンティング会社でありながら、転職支援を受けられる・あなたの強みをきちんとアピールしてくれるなど、多くのサポートが受けらるので、ヘッドハンティング会社が初めての方におすすめです。

おすすめ度:
職種 不明
拠点箇所 東京
公式サイト http://www.icpa.com/

地域別|おすすめのヘッドハンティング会社

「自分の住んでいる地域でおすすめのヘッドハンティング会社を知りたい!」という方のために、地域別でおすすめのヘッドハンティング会社をまとめました。

その地域に拠点のあるヘッドハンティング会社や、求人数の多いヘッドハンティング会社をご紹介していきます。
以下の地域でお探しの方は参考にしてみてください。

地域別|ヘッドハンティング会社

東京でおすすめのヘッドハンティング会社

ランスタッド


ランスタッド

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは世界39ヵ国、日本でも136の拠点を置く世界屈指の総合人材サービス企業です。

ハイクラス・エグゼクティブ層への紹介を得意としており、年収1,000万以上の求人が豊富です。
経験豊富なヘッドハンターがあなたを徹底的にサポートしてくれますので、年収アップを目指した転職が可能です。

北海道札幌市にも拠点を置いているため、札幌市でヘッドハンティング会社をお探しの方におすすめです。

札幌でおすすめのヘッドハンティング会社

エンワールド


エンワールド

公式サイト:https://www.enworld.com/

エンワールドは転職成功者のサービス満足度94.8%を誇るヘッドハンティング会社です。

大手外資系、日系グローバル企業が多数掲載されており、年収は800万〜の求人が豊富です。

また、転職エージェントと同じように転職サポート支援を行ってくれるのも特徴の一つです。
そのため、「他ヘッドハンティング会社よりも採用率が高い」といった口コミも少なくありません。

サポートの点・求人の質・求人の量など非常に良いバランスが取れているため、東京にお住まいの方にはエンワールドがおすすめです。

また、ほとんどのヘッドハンティング会社は東京に拠点を置いているため、東京で転職希望の方は他にも2〜3社の複数の利用がおすすめです。
より多くのチャンスを掴むため、気になるヘッドハンティング会社にはどんどん登録していきましょう。

>>おすすめのヘッドハンティング会社一覧に戻る

名古屋でおすすめのヘッドハンティング会社

JACリクルートメント


JACリクルートメント

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、管理職・エクゼクティブ・専門職の転職支援に特化しているヘッドハンティング会社です。

外資系企業や国内大手企業などの求人を取り扱っており、年収は600〜2,000万円を目指すことが可能です。

業界・職種に精通した転職支援のプロが徹底的にサポートをしてくれるので、あなたの経験や能力を正しく理解し、適切な求人紹介を行ってくれます。

ヘッドハンティング会社の多くは東京のみに拠点を置いていますが、JACリクルートメントは名古屋にも拠点を構えています。
そのため、名古屋でヘッドハンティング会社をお探しの方にはJACリクルートメントがおすすめです。

大阪でおすすめのヘッドハンティング会社

リクルートダイレクトスカウト


リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトはリクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。
年収800〜2,000万円の求人が豊富で、高年収を目指した転職が可能です。

大阪の求人も豊富で、府内だけでも約8,000件もの求人が掲載されています。
また、掲載されている求人以外にも、好条件の非公開求人の紹介を受けることもできます。

大手人材会社のリクルートが運営しているため、安心して利用できます。

大阪でヘッドハンティング会社をお探しの方には、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。

\ 登録後は待っているだけ /

福岡でおすすめのヘッドハンティング会社

レイノス


レイノス
公式サイト:https://www.raynos.co.jp/

レイノスは、ヘッドハンティング会社として拠点数はトップクラスの多さです。
「役員待遇案件」や「幹部候補」などのハイクラス層をターゲットにしており、年収1,000万を超える転職を行うことが可能です。

レイノスはサーチ型と呼ばれるスカウトサービスがあることも特徴です。
サーチ型というのは、クライアント経営者から直接依頼を受けて、人材を探し出してスカウトをするといったものです。

そのため、好条件なものが多く、キャリアアップ・年収アップを叶えた転職を行えます。

また、ヘッドハンティングをうけたい方は会員登録をし、声がかかるのを待つこともできます。

東京に拠点が集中してしまいがちなヘッドハンティング会社ですが、レイノスは福岡にも拠点があります。

そのため、福岡でヘッドハンティング会社をお探しの方にはレイノスがおすすめです。

IT業界に強いヘッドハンティング会社

こちらでは、IT業界に強いヘッドハンティング会社をご紹介していきます。
IT業界もヘッドハンティング会社を活用することによって、更なる年収アップを目指せます。

下記のヘッドハンティング会社は、業界の求人数や紹介実績が豊富のためおすすめです。

気になったものには登録し、より多くのスカウトを受けるチャンスをつかみましょう。

サービス 求人数 総合評価
リクルートダイレクトスカウト 非公開求人数
約53,000件
iX転職 不明
エンワールド 公開求人数
1,104件(他非公開求人あり)

【関連記事】
リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミをみる
エンワールドの評判・口コミをみる

ヘッドハンティング会社の選び方

ヘッドハンティング会社を選ぶにあたって以下の項目を参考にしてください。

>>おすすめのヘッドハンティング会社一覧に戻る

求人数の多いヘッドハンティング会社を選ぶ

求人数は多いに越したことはありません。
求人数が多いヘッドハンティング会社を選ぶことであなたの求める職業や業種の求人のスカウトを受けやすくなります。

また、求人数が多いということは多くの会社から信頼を得ている証拠です。

ヘッドハンティング会社に求人を出すには、多くの資金が必要です。
そのため信頼がない会社には求人が集まらないので求人数が多いヘッドハンティング会社は信頼が厚いということにつながります。

ヘッドハンターの信頼はヘッドハンティング会社の信頼と直結しています。優秀なヘッドハンターがいるヘッドハンティング会社は自然と信頼が高まり多くの求人を取り扱うようになります。

希望する役職や職種に強いヘッドハンティング会社を選ぶ

あなたが強みを持っている役職やスキルに強いヘッドハンティング会社を選ぶことは非常に重要です。

あなたが精通している業界のため、スカウトされやすくなります。

また、既に高いスキルを持っている方は、スカウトがたくさん来ることでしょう。

ヘッドハンターの質が高いヘッドハンティング会社を選ぶ

ヘッドハンターの質はあなたの転職に大きく影響を及ぼします。

質の見極めとして、以下のポイントを参考にしてください。

見極めのポイント
  • ヘッドハンターが業界に精通しているか
  • ヘッドハンターが自分の仕事を理解しているか
  • ヘッドハンター歴が長いか
  • 相性

ヘッドハンターによっては勤続年数が長くてもあなたの得意分野での知識が浅い方もいます。

あなたにあったヘッドハンターがいるヘッドハンティング会社を選ぶためにも複数の会社に登録するようにしましょう。

具体的には、ヘッドハンターとの連絡をとったり面談する中で、判断しましょう。
優秀なヘッドハンターはあなたの魅力を引き出す提案を行ってくれるでしょう。

相性のいいヘッドハンターを見極める際はあなたにとっての「心地の良い上司」をイメージすることです。

一緒に悩んでくれる、的確なアドバイスをしてくれる、相談しやすいなどあなたにとっての理想の上司像とフィットしたヘッドハンターを見つけることで相性のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

ヘッドハンティングの種類・特徴の違い

一口にヘッドハンティング会社といっても、特徴やサービスなど異なる部分があります。
こちらの章では、ヘッドハンティング会社の種類や特徴を解説していきます。

サーチ型・登録型の違い

まず、ヘッドハンティング会社には大きく分けて「サーチ型ヘッドハンティング会社」「登録型ヘッドハンティング会社」の2つがあります。

求職者が活用できるのは「登録型ヘッドハンティング会社」のみになりますが、今後「サーチ型ヘッドハンティング会社」からも電話が来るかもしれません。

その時に備え、2つの違いを把握しておきましょう。

特徴
サーチ型ヘッドハンティング会社 サーチ型はサイト内に会員登録窓口がないため、求職者側から登録することができません。
ヘッドハンティング会社が自ら候補者を探しだしスカウトを行います。
転職を希望していない方も含め、優秀な人材の情報を集めてアプローチしていきます。
エグゼクティブサーチとも呼ばれており、経営層や管理層クラスをターゲットにしています。
登録型ヘッドハンティング会社 登録型は会員登録窓口をサイト内に設けているヘッドハンティング会社のことを指します。
登録時に自分の経歴・スキルなどの情報を入力しておけば、それを見た企業から声がかるというものです。
こちらは実務層〜中間管理職の採用をターゲットにしているヘッドハンティング会社が多いです。

サーチ型・登録型の2つの見極め方

ヘッドハンティング会社の種類でもお伝えしていますが、上記の大きな違いはサイト内に「登録窓口があるか」です。
登録窓口のないヘッドハンティング会社ですと、サーチ型である可能性が高くなります。
また、エグゼクティブサーチと書かれているケースもあるので、そちらでも違いがわかりやすくなっています。

サーチ型では、電話・メール・SNSを使ってスカウトが来る

サーチ型ヘッドハンティング会社は、主に、電話・メール・SNSを使ってヘッドハンティングの連絡が入ります。
ただ、ヘッドハンティング会社を名乗った詐欺なども多発しているため、注意が必要です。

>>ヘッドハンティング会社の利用時の注意点を確認する

ヘッドハンティング会社の企業規模の違い

ヘッドハンティング会社は企業規模による特徴の違いもあります。

例えば、登録型ヘッドハンティング会社のリクルートダイレクトスカウトは、知名度が高く、大手人材会社が運営しています。
そのようなヘッドハンティング会社は、登録者・ヘッドハンターの数が共に多く、より多くの転職チャンスを掴むことが可能です。

一方で、中小企業の運営するヘッドハンティング会社の特徴は、一つの業界に特化したものもが多いことです。
求人数では大手ヘッドハンティング会社に劣ってしまう部分はありますが、よりピンポイントにあなたに合った企業からスカウトを受けられる可能性が高まります。

企業規模による違いから、大手企業・中小企業の両方のヘッドハンティング会社を活用することで、より大きなメリットが生じると言えるでしょう。

日本企業と外資系企業がある

ヘッドハンティング会社には、日本企業と外資系企業の2つが存在しています。
日本にヘッドハンティングのビジネスが参入してきたのが近年であるため、まだまだ外資系企業が多い業界です。

特徴としては、外資系ヘッドハンティング会社の方が、よりハイクラスな人材をターゲットにしていることが挙げられます。
エグゼクティブサーチと呼ばれるものの多くが、外資系企業のヘッドハンティング会社です。

一方、日本企業のヘッドハンティング会社の特徴としては、ハイクラス層〜中間管理職までの幅広い層をターゲットにしています。

初めて登録される方・スキルや経歴に不安感がある方は、幅広い層をターゲットにしている日本企業のヘッドハンティング会社がおすすめです。
この記事でも多くの日本企業のヘッドハンティング会社をご紹介していますので、気になったヘッドハンティング会社に登録することから始めてみましょう。

>>おすすめのヘッドハンティング会社ランキングはこちら

ヘッドハンティングの流れ

ヘッドハンターから連絡があります。
そこで企業が求人を募集している理由や条件など、あなたが気になる情報を確認しましょう。

そこであなたが満足のいく内容であったなら応募の意思を示すことでヘッドハンターが企業との面談の日時や場所の調整を行います。

役職によってはいきなり重役との面談もあります。
そのため一般的な転職面接とは異なり、2回や3回で終わるケースがほとんどです。

内定が出た場合はヘッドハンターを介して年俸などの条件を詳しく決めていきます。
ここで双方の合意に至れば転職となります。

ヘッドハンター経由での転職は多くの場合、役職がつくことがほとんどです。

ヘッドハンティング会社を使って転職活動をする理由

ヘッドハンティング会社を利用して転職活動をするべき理由は4つです。

ヘッドハンティング会社を使う理由

  • ハイクラス求人と出会いやすい
  • 待つだけ転職
  • ヘッドハンターによる転職の全面サポート
  • ヘッドハンターがあなたの魅力を企業に伝えてくれる

特にハイクラス求人と出会いやすいという点は非常に大きなメリットと言えるのではないでしょうか。ヘッドハンティング会社では多くの場合非公開求人として取り扱っているので、自分1人では見つけることが難しい求人を紹介してくれます。

また、ヘッドハンティングの特性上、待つだけの転職ができるので、転職エージェントと併用して使ったり、忙しくて転職活動に本腰を入れられないという方にも魅力的なサービスです。

登録してヘッドハンターがサポートをしてくれるので転職が不安な方にも安心して利用できるでしょう。

なぜヘッドハンティング会社に数社登録するのか?

ヘッドハンティング会社を複数登録することで以下のメリットを得られます。

複数のヘッドハンティング会社に登録する理由
  • ヘッドハンターを比較できる
  • 多くのヘッドハンターに見つけてもらえる
  • 保有している求人がそれぞれで異なる

ヘッドハンターを比較することはヘッドハンティング会社を利用するうえで非常に重要です。
ヘッドハンターの見極めに関しては次章で詳しく解説します。

また、複数のヘッドハンティング会社に登録することで一社だけに登録するよりも多くのヘッドハンターにあなたを見つけて貰いやすくなります。

また、ヘッドハンティング会社ごとに保有している求人も異なるため、複数に登録しておくと、A社ではあなたに魅力を感じる会社がなかったとしても、B社では見つかったなんてことも。

そのため、登録は複数して有益な待つだけ転職を心がけましょう。

>>ヘッドハンティング会社はこちら

ヘッドハンティング会社の利用の注意点

ヘッドハンティング会社の利用の注意点は以下の4つです。

詐欺に注意

ヘッドハンターはスカウトのために電話をかけてくる場合があるのですが、この際に詐欺に注意してください。

ヘッドハンターを装って個人情報が抜き取ることが目的です。

仮に電話がっかかってきた時は、なぜ自分が対象なのか自分のどの点が評価されたのか具体的に話をきくようにしましょう。

また、個人ではなく会社に電話がかかってくるケースもあります。
このような場合の詐欺は、会社を検索して出てきた人宛に適当にかけている場合があります。

仮に正式なヘッドハンターからであれば、しっかりとした内容を具体的に伝えてもらうことができるので、内容を聞いてから個人情報を話すようにしましょう。

転職条件を細部まで確認する

上記の点と被る点もあるのですが、転職の条件は詳しく詳細まで確認してください。

具体的には給料面をはじめ、待遇や役職です。
確認を怠ったために、想定していた働き方が実現できずに後悔をしたという方もいらっしゃいます。

理想の転職のためにしっかりと確認しましょう。

信頼できるヘッドハンティング会社を選ぶ

ヘッドハンティング会社の中には紹介料のために詐欺まがいの手口を使う会社も存在します。
スカウトが来たからとすぐに転職を決めずに、スカウト先の企業を検索して慎重に行動してください。
せっかくのあなたのキャリアに傷がつくのを防げるでしょう。

スカウトと採用は異なる

混同しがちなのですが、スカウトが来たタイミングで内定と勘違いして会社を辞めてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、スカウトは採用ではないため双方の合意が無い場合は就職することができません。
スカウトと採用を混同してしまい、就職できなければ無職になってしまう恐れがあります。

雇用契約書を締結するまでは退職の話は進めないようにしましょう。

ヘッドハンティングでの年収の決め方

ヘッドハンティングされると、給与が大幅にアップするイメージがありますが、実際どのように給与を決めているのでしょうか。
順に見ていきましょう。

年収が下がってもオファーを承諾することも

「ヘッドハンティングのオファーを承諾した」と聞くと、大幅にアップした給与額の提示をされたんでしょ?と考える方も多いと思います。
ですが、実際は現在の年収よりも低い額の提示であっても、ヘッドハンティングのオファーを承諾をする方も少なくありません。

なので、一概に「ヘッドハンティング=年収アップ」とは言えない部分があります。

では、そういった方々は何を基準にオファーを受けたのでしょうか。
主な要素は以下の通りです。

  • 自分のやりたいこと・叶えたいことのため
  • 上位ポジションかどうか
  • 企業理念・経営者への共感

全ての方がこれらを基準にして選んだわけではありませんが、多くの方に共通して言えるのは「お金に変えられないものを大切にしている」といった部分です。

自分のやりたいこと・企業理念への共感はまさにお金よりも「やり甲斐」を重視していると言えるでしょう。
ポジション重視についても、大きな権限を持つことができれば自分の理想に近い働き方が可能になります。

年収が下がってでも過酷な労働環境・成果への大きなプレッシャーから解放され、人生を豊かにしていきたいと考える方は多いようです。

ヘッドハンティングの年収の決まり方は?

ヘッドハンティングの年収が決まるのは最後の最後であることが多いです。
交渉を重ねて年収を最終的に決定していきます。

まず、企業側はおおよその年収を決め、それに見合った適正な人材を探していきます。

ヘッドハンティングの話に興味を持った方の希望年収があれば、ヘッドハンターにその希望を伝え、交渉を行ってもらいます。

その内容はさまざまで、単純に年収〇〇円以上といった交渉のみならず、「成果を出したら翌年は役職を引き上げて年収は〇〇円アップする」といった条件をつけた交渉などもあります。

年収以外にも、ヘッドハンティングによって自分の希望を交渉し、叶えることができます。

年収が高いことに越したことはありませんが、年収だけに固執せず、働きやすさ・やり甲斐など全体的なバランスを考え交渉を行うことも一つの手です。

ヘッドハンティングされるには|されやすい人の特徴

この章では、ヘッドハンティングされやすい人の特徴を解説していきます。
どのような人がヘッドハンティングされやすいのか、順に見ていきましょう。

社内・社外問わず人脈がある

ヘッドハンティング会社に登録しなくても、「サーチ型」と呼ばれる方法でヘッドハンターから声がかかる事があります。

そのような人達は、社内・社外問わず人脈が広いといった特徴があります。
なぜ、人脈がある人の方がヘッドハンターから声がかかりやすいのかというと、ヘッドハンターの情報源は、人伝いの紹介であることが多いからです。

人脈があればあるほど、あなたの名前があがる確率が高くなり、ヘッドハンターの目に止まりやすくなります。

また、近年ではSNSで情報を得ているヘッドハンターも少なくありません。
ヘッドハンティングをされるような優秀な人たちとの交流があれば、あなたもヘッドハンティングをされる確率は高まります。

ヘッドハンティングをされるためにも、

  • セミナー
  • 勉強会
  • 異業種交流会

などに参加し、積極的に人脈を作っていきましょう。

スキル・能力が高い

ヘッドハンティングは、「ハイクラスな管理職などの層がされるもの」と思っていませんか?
ですが、経験年数が少ない若手であっても、管理職についていなくても、スキルがある・能力が高い人はヘッドハンティングされるケースがあります。

例を挙げるとすると、以下のような能力・専門的スキルがある人はヘッドハンティングされる可能性が高まります。

  • 営業成績が高い
  • 専門的な知識が豊富
  • マルチリンガル

上記のように、専門性が高い・スキルがある人は、会社でのポジションが低くてもヘッドハンティングをされる可能性は大いにあります。

ヒューマンスキルが高い

仕事のスキルが高いことに加え、重要視される能力は、ヒューマンスキルです。

ヘッドハンティングされる人は、ヘッドハンティングする企業側から一緒に働きたいと思われるような人物です。
そのため、いくら優れた能力がある・スキルが高い人であっても、人事が会社の組織の中で扱いづらいと判断されてしまえば、ヘッドハンティングされる可能性は低くなってしまいます。

仕事ができることは大前提にありますが、それに加えてヒューマンスキルの高い人ほど、ヘッドハンティングの声がかかりやすくなると言えます。

ヘッドハンティング会社から電話・メールが来たら

ヘッドハンティング会社に登録していなくても、突然ヘッドハンティング会社から電話・メールが届くことがあります。
これは、サーチ型と呼ばれるヘッドハンティング会社からの連絡です。

サーチ型は登録型と違い、転職希望者であるかどうかに関わらず、優秀な人材にヘドハンターが声をかけるといったものです。
>>サーチ型について詳しくみてみる

「突然の連絡でどうしていいのかわからないけど興味はある」といった方のために、こちらの章では連絡を受けた後の流れを解説していきます。

ヘッドハンティング会社を調べてみる

最初に注意しておいていただきたいことが、「ヘッドハンティング会社を名乗った詐欺が多発している」ということです。

そのため、ヘッドハンティング会社から急に連絡をもらった場合、そのことも念頭におきながら対応していく必要があります。

まず、 ヘッドハンティング会社から電話が来たら、会社名をメモし調べてみましょう。

社名を名乗らないヘッドハンティング会社もありますが、そのような所は調べようがありません。
そのため、詐欺である可能性も頭に入れておき、対応していきましょう。

会社名がわかる場合、HPなどから信頼できるヘッドハンティング会社か確認します。

口コミなども合わせてみておくと有効です。

会社名がわかる場合は、信頼のできるヘッドハンティング会社かどうか必ず調べてから会うようにしましょう。

話だけでも聞いてみる

ヘッドハンティングの内容が気になった場合、話だけでも聞いてみることをおすすめします。
どんなに高学歴で実績・スキルがある人材でも、日本の転職市場を見てみると、年齢を重ねれば重ねるほど、転職は難しくなってしまいます。
そのため、需要の高い時に好条件で転職をするというのは、将来的に見てメリットの大きなことであるからです。

話を聞いてみて「違うな」と思えば断れば良いだけです。
気になる内容であれば、実際にヘッドハンターと会って話を聞いてみましょう。

内定が出てから決めることも可能

面談後、内定が出てから悩んでしまうこともあるかと思います。
その時は、現職で働き続けるメリットと、転職後のメリットを様々な角度から考え比較してみる必要があります。

それによって、今回はオファーを断ったとしても、今後のキャリアについて考えてみる良い機会になるかもしれません。

また、ヘッドハンティング会社には「サーチ型」意外にも、「登録型」というものがあります。

登録型は、ヘッドハンティング会社のHPにあなたの職歴などの情報を入力しておくだけで、それを見たヘッドハンターから声がかかるというものです。

様々な内容のヘッドハンティングのオファーを受けられるので、あなたの希望に合うお仕事も見つかるはずです。

今回のオファーの条件に納得できなかった場合、登録型で様々な企業からスカウトを待ってみるというのも一つの手です。

>>登録型ヘッドハンティング会社を見てみる

ヘッドハンティング会社を活用した人の事例

こちらの章では、ヘッドハンティング会社を活用した人の事例を集めました。
この記事で紹介しているヘッドハンティング会社を活用した事例もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ヘッドハンティング会社を活用した人の実例

成功事例|年収が上がった

こちらの記事のランキング1位になっているリクルートダイレクトスカウトの事例を探しました。
リクルートダイレクトスカウトは、その求人数の多さやサポート力の高さから、良い評価のものが多くありました。

リクルートダイレクトスカウトを活用した人の事例

口コミアイコン
30代女性
前職は、忙しい割に給与が今ひとつで、収入を増やしたいと思い転職を決意しました。
様々な転職サイトに登録してみましたが、中々自分に合うものが見つからず...その中で、ようやくリクルートダイレクトスカウトさんに辿り着き、これだ!と思い登録に至りました。
ヘッドハンティング会社の利用は初めてでしたが、自分のスキルや職歴を登録しておいて、あとはヘッドハンターから声がかるのを待つというスタイルは、多忙な私にはぴったりでした。

ハイクラス求人が多く、私に声がかかるのか不安でしたが、登録後2週間ほどで私の希望していた条件の企業の紹介をうける事ができました。

ヘッドハンターさんの尽力のおかげで、とんとん拍子で転職の運びとなりました。

前職より時間的なゆとりも生まれ、年収も上がり、非常に良い転職ができました。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録してみる
>>リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミをみる

成功事例|外資系企業に入れた

次に、こちらの記事で2位にランクインされているエンワールドを活用した実例です。
外資系企業に強いエンワールドは、20〜30代に人気の高いヘッドハンティング会社です。

エンワールドを活用した人の事例

口コミアイコン
30代男性
一般企業から外資系企業への転職を目指して転職活動を行っていました。
その中で、外資系企業への転職ならエンワールドが良いと聞き、登録しました。

初めての転職でもあったので不安が大きかったのですが、こちらでは応募書類のアドバイスや面接対策をしてもらえたこともあり、安心して転職活動を行えました。

自分の求めていた条件の企業に入職する事ができ、感謝しかありません。
ご紹介いただいた企業でこれから頑張っていきます!

>>エンワールドに登録してみる
>>エンワールドの評判・口コミをみる

失敗事例|勘違いだった

こちらはヘッドハンティングの失敗事例です。
ヘッドハンティングをされたと思ったら、勘違いであったということも少なくありません。

ヘッドハンター側も人材を集めて紹介していかないと報酬を得ることができないため、闇雲にかけている営業電話である可能性も高いです。
登録もしてもいないのに連絡が来るヘッドハンティングのスカウトには注意しておきましょう。

ヘッドハンティングを受けた人の実例

口コミアイコン
30代男性
外資系企業に勤めて一年目です。先日、職場にヘッドハンターを名乗る人から電話がかかってきました。
「自分の実力が認められた」と浮かれていましたが、「自分にヘッドハンティング?」といった疑問もあり、一度調べてみました。
すると、闇雲にかけたスカウトの営業電話だったようです。
外資系企業に勤めていると、能力を評価されなくても、そのような営業電話などの連絡はよくあることのようです。
営業電話だったのかと残念にも感じましたが、いつか声がかかるような人材になれるよう、力をつけていきたいと思います。

ヘッドハンティング会社の利用でよくある質問

まだ若手ですがヘッドハンティングされる可能性はありますか?
英語はできたら有利ですか?
ヘッドハンティングの断り方を教えてください?
ヘッドハンティングの情報源は??
どうやってヘットハンティングされるの?やり方は??
ヘッドハンティング会社の利用に費用はかかりますか??

まだ若手ですがヘッドハンティングされる可能性はありますか?

専門性のあるスキルを身に着けている場合は多いにあります。
例えば、プログラミングスキル等が挙げられます。

これらのエンジニアスキルはDXが推進される現在では非常に重宝されます。

【関連記事】
エンジニア向け転職エージェントおすすめランキング
エンジニアにおすすめの転職サイトランキング
エンジニアに強い派遣会社おすすめランキング
プログラミングスクールおすすめランキング

また、若手の頃は転職をしっかりサポートしてくれる転職エージェントの活用もおすすめです。
ヘッドハンティングではありませんが、あなたの条件にあった企業を担当コンサルタントが紹介してくれます。
>>20代におすすめの転職エージェント
>>20代転職サイトおすすめランキング

英語はできたら有利ですか?

有利です。

というのも、英語ができると外資系企業からヘッドハンティングされる可能性が高まるからです。

外資系企業で働きたい方や英語を使った仕事をしたい方は英語でのヘッドハンティングを狙ってみましょう。

ヘッドハンティングの断り方を教えてください

メール・電話で断る事が可能です。
その時の注意点としては、

  • 丁寧な姿勢を忘れない
  • 企業批判は避ける

ことです。
ヘッドハンターとの関係を良好に保っておくためにも、マイナスの印象を与えないように気をつけましょう。

ヘッドハンティングの情報源は?

サーチ型ヘッドハンティングの場合、登録していないにも関わらず、あなたの電話番号や連絡先を知っているので不思議に感じますよね。

その情報源の多くは人伝である場合が多いです。
ヘッドハンターと関わりをもったあなたの知り合いが、あなたを優秀な人材だと紹介するというものです。

近年ではSNSの普及もあり、そのようなところから情報を得ている場合もあります。

どうやってヘットハンティングされるの?やり方は?

ヘッドハンティングされやすくするには、下記のようなスキルなどが必要です。

  • 管理職に就く
  • 会社に貢献できる人材になる
  • 専門的な知識を深めていく

会社でのポジションが高くなくても、専門的な知識がある・営業売り上げが高いなどの理由から、ヘッドハンティングをされる場合もあります。
さらに、営業力×英語力が高いなど、スキルを掛け合わせていくことであなたの需要が高まります。

ヘッドハンティング会社の利用に費用はかかりますか?

求職者側は、転職支援なども全て無料で利用できます。

なぜなら、人材を探しているクライアント企業側から料金を支払ってもらう仕組みになっているからです。
そのため、求職者側に費用が発生することはありません。

安心してヘッドハンティング会社をご利用ください。

>>おすすめのヘッドハンティング会社ランキングはこちら

おすすめのヘッドハンティング会社|まとめ

ここまでおすすめのヘッドハンティング会社をランキング形式で紹介し、利用の方法や注意点も解説しました。

>>おすすめのヘッドハンティング会社ランキングはこちら

ヘッドハンティングは登録しておくと、ヘッドハンターからスカウトが来るのを待つ姿勢の転職方法です。

そのため今すぐ転職したい、自分で求人を見て転職したいという方は転職エージェントの利用がおすすめです。

>>おすすめの転職エージェントはこちら

おすすめのヘッドハンティング会社があなたにあった転職先を見つける手助けになると幸いです。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄