CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「転職サイトにはないようなハイレベルの転職をしたい」
「おすすめのヘッドハンティング会社ってどこ」

このような悩みを解決する記事です。

ヘッドハンティングには主に2種類あります。
会社の人事部等が直接スカウトする方法と、会社から依頼を受けたヘッドハンティング会社が代わりにスカウトする方法です。

本記事では後者について詳しく解説しています。

ヘッドハンティング会社の持つ求人は普通の転職サイトの求人とは異なり、年収700万から1000万円を超えるようなハイクラスなものまで扱っています。

また、ヘッドハンティングの特性上、今の就労環境よりも条件の良い転職でキャリアアップを目指すことができます。

そこで本記事では、ハイクラスの転職を目指す方に向けて、ヘッドハンティング会社の利用の方法や注意点などを分かりやすく解説します。

この記事を読むことで、普通の転職エージェントとの違いや、おすすめのヘッドハンティング会社を知ることができるので登録してみましょう。

最後まで読まずに、今すぐヘッドハンティング会社を知りたいという方はこちらからどうぞ

ここをクリック
  1. キャリアカーバーリクルートエグゼクティブエージェントdodaエグゼクティブの全てに無料登録する
  2. 複数のヘッドハンティング会社を利用して比較する
  3. 自分にあった会社を継続利用する

記事の目次

最初におすすめ|ヘッドハンティング会社3選

これからおすすめのヘッドハンティング会社をご紹介しますが、記事が長くなってしまうので、簡単に数社おすすめを知りたいという方に向けて表で紹介します。

下記に紹介する全てのヘッドハンティング会社に登録しておきましょう。
一社だけに登録するよりも多くのヘッドハンターに見つけて貰いやすくなり、より好条件での提案をいただける機会が増えます。
>>複数登録する理由はこちら

ヘッドハンティング会社名 コメント
キャリアカーバー 求人の質◎
年収800万~2000万の求人多数
リクルートエグゼクティブエージェント 転職業界トップクラス
エグゼクティブ層多数利用
dodaエグゼクティブ 業界でも人気のヘッドハンティング会社
年収800万円以上の求人限定

事前知識|ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティング会社をご紹介する前にヘッドハンティングについて解説します。

ヘッドハンティングとは、特定以上のスキルを持った優秀な人材を企業が雇用する目的でスカウトすることを言います。

企業側からすると、求人広告を出し面接して採用するよりも、望む人材に直接スカウトをする方がより企業の求める優秀な人材を獲得でき、スカウトされる方も転職サイトやエージェントには掲載されることがない好条件の待遇で転職を実現させることができるのです。

求められる人材の多くは、幹部クラスや社長候補などの、エグゼクティブ層と呼ばれる上級管理職や高いスキルを持ったエンジニアが多いです。

そのため、ハイクラス向けの転職と言えます。

しかし近年ではカンタンにスカウトできるヘッドハンティング会社やプラットフォームが登場したおかげで、ハイクラス以外も何かスキルがあればヘッドハンティングされやすい状況です。

ヘッドハンティングと引き抜きの違い

求める人材を獲得するという広い意味ではどちらにも大差はありません。

ヘッドハンティングはエグゼクティブ層等の希少な人材をスカウトして迎え入れることを目的としています。エグゼクティブ・ヘッドハンティングがこの例でしょう。

一方で引き抜きは、役職等を問わず外部の求める人材に声をかけて転職を促します。

トラブルの防止
外部の会社から優秀な人材を獲得するため、引き抜かれる会社からするとせっかく育てた優秀な経営者やエンジニアを他社に取られてしまうため阻止しようと考えて訴訟を起こそうと考えるかもしれません。

こういった面倒を避けるためのサービスとしてヘッドハンティング会社が存在します。
スカウトを受ける側も登録することで転職の意思を表明できるため、トラブル回避ができると企業も多く利用しています。

なので今の会社でもいいけど、もっと条件のいい会社で働きたいという方はヘッドハンティング会社に登録しておくといいでしょう。

ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違い

続いて似たサービスに転職エージェントがあるので、違いを紹介します。

転職エージェントとヘッドハンティング会社の大きな違いは以下の3つです。

仕組みの違い

最も大きな違いは仕組みの違いでしょう。

もともとはヘッドハンティングは外資系の企業によく見られる採用方法でした。
しかし、日本でも普及してきたことにより、人材ビジネスの一つとして注目されるようになりました。

そんな人材ビジネスでの人材紹介サービスの一環として企業の求人を基にヘッドハンティング会社が条件にあった人材に直接スカウトを行うため、スカウト型と呼ばれており、スカウト型のサービスを展開する人材紹介会社がヘッドハンティング会社と呼ばれます。

対して転職エージェントは、転職意思のある求職者がデータベースに登録し、求人企業とのマッチングを図る目的で企業に紹介するサービスです。いわゆる登録型と呼ばれています。

このような攻めの姿勢と受け身の姿勢が採用の違いとなっています。

>>外資系に強い転職サイトおすすめランキング

立場の違い

ふたつ目の違いとして、転職をする方の立場の違いが上げられます。

転職エージェントでは求職者がエージェントに登録して仕事を求めることから、採用する会社の方が立場的に強くなってしまいます。

しかしヘッドハンティングでは、そもそも転職をしなくてもいいハイクラスの方が好条件での職場を探すために利用するため、登録者の方が立場的に強くなり自分の求める条件を実現させやすくなります。企業としても、お願いして入社してもらうというポジションになるので好条件を提示してでも獲得しようとします。

このように、ヘッドハンティングと転職エージェントでは立場の強弱の違いがあります。

案件のレベルや条件の違い

一般の方が見ることができる求人は誰でも応募できるような案件を多く取り扱っています。

役職でも、転職エージェントでは一般事務といった一般職であるのに対して、ヘッドハンティング会社では社長候補や幹部候補といった重役から、なにか特別なスキルを持った方など企業の求める条件を持っていればスカウトを受けることができます。

ぶっちゃけ話求職者目線で両者の違いを一言でいうと、「待ちのヘッドハンティング」と「攻めの転職エージェント」です。

転職の姿勢 企業に対する立場
ヘッドハンティング会社 待ち 強い
転職エージェント 攻め 弱い

あなたが今すぐでも転職をしたい場合には転職エージェントを利用しましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら

しかし、今すぐの転職は求めていないけどいい条件の職場に就きたい方はヘッドハンティング会社に登録しましょう。

おすすめのヘッドハンティング会社ランキング10選

ここからはおすすめのヘッドハンティング会社をご紹介します。

ヘッドハンティング会社は何か特別なスキルを持っていたり、今すぐに転職をしたい方でなければ登録しておくことをお勧めします。

登録して待つだけであなたに魅力を感じた会社やヘッドハンターからスカウトが来るため好条件での転職も可能になります。

また今すぐ転職をしたい方も、比較できる会社は多い方がいいので登録しておいて損はないでしょう。

今回ご紹介するヘッドハンティング会社は以下の項目で利用者からの調査を基におすすめできると判断した会社です。

判断基準

  • 求人数
  • ヘッドハンターの質
  • サポート体制

1位:キャリアカーバー


キャリアカーバー

おすすめ度:
公式サイト: https://careercarver.jp/

キャリアカーバーはリクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。

待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。

その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。

また、通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。


2位:リクルートエグゼクティブエージェント


リクルートエグゼクティブエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.recruit-ex.co.jp/

リクルートエグゼクティブエージェントは、業界トップクラスで求人案件数No1を誇るリクルートエージェントを展開する株式会社リクルートとリクルートの資本によるエグゼクティブサーチ・ヘッドハンティング企業です。

国内最大級のコンサルタントを擁し、社長をはじめ経営幹部や企業成長の核となるエンジニアなどのスペシャリスト等のエグゼクティブ層の人材が多く登録しています。

ただ、ヘッドハンターのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

3位:dodaエグゼクティブ


doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/executive/

転職エージェントでも有名なdoda(デューダ)のエグゼクティブ層向けのヘッドハンティング会社。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界トップクラスのヘッドハンティング会社です。

取り扱い求人は年収800万円以上に絞っており、プレミアム案件も多数保有しているのが魅力です。
実際に年収が上がったという評判が多く、実績を徐々に積み上げています。

業界最大級のネットワークを持つため、他のヘッドハンティング会社との比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。


4位:ランスタッド


ランスタッド

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは世界39か国、日本でも136拠点で人材ビジネスを展開する世界屈指のの総合人材サービス企業です。

日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外転職や外資系転職等のグローバルに強みがあり、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼を活かした優良求人が多数あります。

歴の長いヘッドハンターを多く抱えており、得意分野での徹底サポートをしてくれます。

また、ランスタッドは、年収800万円以上の求人が80%を占めていて、現在最前線で活躍中の20代後半〜30代のこれからハイクラスを目指したい方にはおすすめです。

特にグローバルコネクションが強いため、大手外資企業や日本進出を控えている企業、海外進出を控えている日経企業などを狙っている方はまず登録しておいた方がいいヘッドハンティング会社です。


5位:JACリクルートメント


JACリクルートメント

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがあるヘッドハンティング会社です。

企業ごとにヘッドハンターがいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめなヘッドハンティング会社です。


6位:クライス&カンパニー


クライス&カンパニー

公式サイト:https://www.kandc.com/
クライス&カンパニーは27年間の実績をもつヘッドハンティング会社です。キャリアコンサルタントの国家資格を取得したヘッドハンターが在籍しており、幅広い知識と業界の最新の情報を熟知しています。

また面接通過のためのコミュニケーションアップのサポートもありますので面接が不安な方も安心です。入社後もしっかりサポートしてくれるため、次の転職や今後のキャリアを見据えた転職ができることが魅力です。


7位:ix転職

iX転職
公式サイト:https://ix-tenshoku.jp/

iX転職はdodaで知られるパーソルが運営するハイクラス転職向けのヘッドハンティング会社です。

各業界に精通したヘッドハンターまたは企業から直接スカウトを受けることができます。ヘッドハンターは、応募から入社までの交渉などを代行してくれ、さらに選考の事前準備や面接対策についてなども相談することができます。

一般には公開されていない非公開求人も多数あり、職務経歴書の書き方などがまとめられているページもありますのでご活用ください。


8位:レイノス

レイノス
公式サイト:https://www.raynos.co.jp/

レイノスは「新規事業立ち上げ責任者」や「年収1000万円超えの幹部候補」といったハイキャリアの役職を持つ人材を対象とおしています。

100名を超えるヘッドハンターを抱えており、規模は日本最大級です。

レイノスではヘッドハンターが直接企業のマネジメント層とつながり、依頼を受けて人材を探してスカウトをするサーチ型のヘッドハンティングが特徴です。
そのためスカウトを受けると企業の経営者やマネジメント層と直接面談するという流れになります。


9位:MRIJAPAN

MRIJAPAN
公式サイト:https://www.mri-tmg.jp/

MRIJAPANは世界最大級の人材ネットワークを誇るMRIグループの日本法人です。
外資系グローバル企業のヘッドハンティングに強い会社です。

世界40カ国、600以上の拠点を展開し、毎年45,000人を超えるヘッドハンティングを成功させているという強みを持っています。

また、最新の転職市場動向に加え、履歴書・英文レジュメの添削・対象企業のエグゼクティブ層と面談する際の注意点等、幅広くサポートを展開しています。

国内、国外のグローバルっ企業への転職を検討しているのであれば、登録しておきましょう。


10位:AIMSインターナショナル

AIMSインターナショナル
公式サイト:https://www.mri-tmg.jp/

SIMSインターナショナルは世界最大級のエグゼクティブサーチ会社であり、日本でも経営幹部向けのヘッドハンティングを行っています。

日本では25年以上経営されていて、経営幹部クラスのエグゼクティブ層の実績が豊富なのが特徴です。

世界50カ国90以上の拠点を持ち、グローバルネットワークを活かした外資転職が強みです。

ヘッドハンティング会社の選び方

ヘッドハンティング会社を選ぶにあたって以下の項目を参考にしてください。

求人数の多いヘッドハンティング会社を選ぶ

求人数は多いに越したことはありません。
求人数が多いヘッドハンティング会社を選ぶことであなたの求める職業や業種の求人のスカウトを受けやすくなります。

また、求人数が多いということは多くの会社から信頼を得ている証拠です。

ヘッドハンティング会社に求人を出すには、多くの資金が必要です。
そのため信頼がない会社には求人が集まらないので求人数が多いヘッドハンティング会社は信頼が厚いということにつながります。

ヘッドハンターの信頼はヘッドハンティング会社の信頼と直結しています。優秀なヘッドハンターがいるヘッドハンティング会社は自然と信頼が高まり多くの求人を取り扱うようになります。

希望する役職や職種に強いヘッドハンティング会社を選ぶ

あなたが強みを持っている役職やスキルに強いヘッドハンティング会社を選ぶことは非常に重要です。

あなたが精通している業界のため、スカウトされやすくなります。

また、既に高いスキルを持っている方は、スカウトがたくさん来ることでしょう。

ヘッドハンターの質が高いヘッドハンティング会社を選ぶ

ヘッドハンターの質はあなたの転職に大きく影響を及ぼします。

質の見極めとして、以下のポイントを参考にしてください。

見極めのポイント
  • ヘッドハンターが業界に精通しているか
  • ヘッドハンターが自分の仕事を理解しているか
  • ヘッドハンター歴が長いか
  • 相性

ヘッドハンターによっては勤続年数が長くてもあなたの得意分野での知識が浅い方もいます。

あなたにあったヘッドハンターがいるヘッドハンティング会社を選ぶためにも複数の会社に登録するようにしましょう。

具体的には、ヘッドハンターとの連絡をとったり面談する中で、判断しましょう。
優秀なヘッドハンターはあなたの魅力を引き出す提案を行ってくれるでしょう。

相性のいいヘッドハンターを見極める際はあなたにとっての「心地の良い上司」をイメージすることです。

一緒に悩んでくれる、的確なアドバイスをしてくれる、相談しやすいなどあなたにとっての理想の上司像とフィットしたヘッドハンターを見つけることで相性のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

ヘッドハンティングの流れ

ヘッドハンターから連絡があります。
そこで企業が求人を募集している理由や条件など、あなたが気になる情報を確認しましょう。

そこであなたが満足のいく内容であったなら応募の意思を示すことでヘッドハンターが企業との面談の日時や場所の調整を行います。

役職によってはいきなり重役との面談もあります。
そのため一般的な転職面接とは異なり、2回や3回で終わるケースがほとんどです。

内定が出た場合はヘッドハンターを介して年俸などの条件を詳しく決めていきます。
ここで双方の合意に至れば転職となります。

ヘッドハンター経由での転職は多くの場合、役職がつくことがほとんどです。

ヘッドハンティング会社を使って転職活動をする理由

ヘッドハンティング会社を利用して転職活動をするべき理由は4つです。

ヘッドハンティング会社を使う理由

  • ハイクラス求人と出会いやすい
  • 待つだけ転職
  • ヘッドハンターによる転職の全面サポート
  • ヘッドハンターがあなたの魅力を企業に伝えてくれる

特にハイクラス求人と出会いやすいという点は非常に大きなメリットと言えるのではないでしょうか。ヘッドハンティング会社では多くの場合非公開求人として取り扱っているので、自分1人では見つけることが難しい求人を紹介してくれます。

また、ヘッドハンティングの特性上、待つだけの転職ができるので、転職エージェントと併用して使ったり、忙しくて転職活動に本腰を入れられないという方にも魅力的なサービスです。

登録してヘッドハンターがサポートをしてくれるので転職が不安な方にも安心して利用できるでしょう。

なぜヘッドハンティング会社に数社登録するのか?

ヘッドハンティング会社を複数登録することで以下のメリットを得られます。

複数のヘッドハンティング会社に登録する理由
  • ヘッドハンターを比較できる
  • 多くのヘッドハンターに見つけてもらえる
  • 保有している求人がそれぞれで異なる

ヘッドハンターを比較することはヘッドハンティング会社を利用するうえで非常に重要です。
ヘッドハンターの見極めに関しては次章で詳しく解説します。

また、複数のヘッドハンティング会社に登録することで一社だけに登録するよりも多くのヘッドハンターにあなたを見つけて貰いやすくなります。

また、ヘッドハンティング会社ごとに保有している求人も異なるため、複数に登録しておくと、A社ではあなたに魅力を感じる会社がなかったとしても、B社では見つかったなんてことも。

そのため、登録は複数して有益な待つだけ転職を心がけましょう。

>>ヘッドハンティング会社はこちら

ヘッドハンティング会社の利用の注意点

ヘッドハンティング会社の利用の注意点は以下の4つです。

詐欺に注意
転職条件を細部まで確認する
信頼できるヘッドハンティング会社を選ぶ
スカウトと採用は異なる

詐欺に注意

ヘッドハンターはスカウトのために電話をかけてくる場合があるのですが、この際に詐欺に注意してください。

ヘッドハンターを装って個人情報が抜き取ることが目的です。

仮に電話がっかかってきた時は、なぜ自分が対象なのか自分のどの点が評価されたのか具体的に話をきくようにしましょう。

また、個人ではなく会社に電話がかかってくるケースもあります。
このような場合の詐欺は、会社を検索して出てきた人宛に適当にかけている場合があります。

仮に正式なヘッドハンターからであれば、しっかりとした内容を具体的に伝えてもらうことができるので、内容を聞いてから個人情報を話すようにしましょう。

転職条件を細部まで確認する

上記の点と被る点もあるのですが、転職の条件は詳しく詳細まで確認してください。

具体的には給料面をはじめ、待遇や役職です。
確認を怠ったために、想定していた働き方が実現できずに後悔をしたという方もいらっしゃいます。

理想の転職のためにしっかりと確認しましょう。

信頼できるヘッドハンティング会社を選ぶ

ヘッドハンティング会社の中には紹介料のために詐欺まがいの手口を使う会社も存在します。
スカウトが来たからとすぐに転職を決めずに、スカウト先の企業を検索して慎重に行動してください。
せっかくのあなたのキャリアに傷がつくのを防げるでしょう。

スカウトと採用は異なる

混同しがちなのですが、スカウトが来たタイミングで内定と勘違いして会社を辞めてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、スカウトは採用ではないため双方の合意が無い場合は就職することができません。
スカウトと採用を混同してしまい、就職できなければ無職になってしまう恐れがあります。

雇用契約書を締結するまでは退職の話は進めないようにしましょう。

ヘッドハンティング会社の利用でよくある質問

まだ若いのですがヘッドハンティングされる可能性はありますか?
英語はできたら有利ですか?

まだ若いのですがヘッドハンティングされる可能性はありますか?

専門性のあるスキルを身に着けている場合は多いにあります。
例えば、プログラミングスキル等が挙げられます。

これらのエンジニアスキルはDXが推進される現在では非常に重宝されます。

【関連記事】
エンジニア向け転職エージェントおすすめランキング
エンジニアにおすすめの転職サイトランキング
エンジニアに強い派遣会社おすすめランキング
プログラミングスクールおすすめランキング

また、若い頃は転職をしっかりサポートしてくれる転職エージェントの活用もおすすめです。
ヘッドハンティングではありませんが、あなたの条件にあった企業を担当コンサルタントが紹介してくれます。
>>20代におすすめの転職エージェント
>>20代転職サイトおすすめランキング

英語はできたら有利ですか?

有利です。

というのも、英語ができると外資系企業からヘッドハンティングされる可能性が高まるからです。

外資系企業で働きたい方や英語を使った仕事をしたい方は英語でのヘッドハンティングを狙ってみましょう。

おすすめのヘッドハンティング会社|まとめ

ここまでおすすめのヘッドハンティング会社をランキング形式で紹介し、利用の方法や注意点も解説しました。

>>おすすめのヘッドハンティング会社ランキングはこちら

ヘッドハンティングは登録しておくと、ヘッドハンターからスカウトが来るのを待つ姿勢の転職方法です。

そのため今すぐ転職したい、自分で求人を見て転職したいという方は転職エージェントの利用がおすすめです。

>>おすすめの転職エージェントはこちら

おすすめのヘッドハンティング会社があなたにあった転職先を見つける手助けになると幸いです。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄