CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「プログラミングスクールが多すぎてどれを選べばいいかわからない」「名前もサービスも似てるし比較ができない」

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、利用経験者への調査をもとに厳選したおすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

記事を読み進めるのが面倒な方は、下記のリンクからおすすめのプログラミングスクールをご覧ください。

・プログラミングスクールおすすめランキングはこちら

>>転職支援に強いプログラミングスクールおすすめランキング

記事の後半では、プログラミングスクールの選び方や、学習する言語の選び方なども解説しています。

まだプログラミングについての知識が浅い方でも、最後まで読めば情報を網羅できるようになっています。

記事の目次

おすすめプログラミングスクールの特徴比較表

まずは、おすすめのプログラミングスクールそれぞれの特徴を比較してみました。

あなたに合ったプログラミングスクールを選ぶために、是非参考にしていただければと思います。

あなたの「受講タイプ」「目指せる職種」等を参考に、利用するプログラミングスクールを選んでみてください。

総合評価 受講タイプ 目指せる職種 対応エリア 無料体験 料金 転職サポート 特徴
TECH ACADEMY

→詳細を見る

オンライン フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
システムエンジニア
スマホアプリ開発
WEBデザイナー
WEBマーケター
WEBディレクターなど
全国 あり 129,000円~
(Webアプリケーションコース)
完全オンライン・コストパフォーマンス抜群のサービス
初めてプログラミングを学ぶ方におすすめ
DMM WEBCAMP

→詳細を見る

通学/オンライン フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
WEBデザイナー
WEBマーケター
WEBディレクター
システムエンジニアなど
教室:渋谷/新宿/難波 無料カウンセリング 628,000円~ 業界トップクラスの教育内容が特徴
転職先で即戦力として活躍したい方におすすめ
Pro Engineer

→詳細を見る

通学/スカイプ システムエンジニア
フロントエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
フィールドエンジニア
WEBデザイナー
データベースエンジニアなど
本社:港区虎ノ門 なし 無料 Javaやサーバー構築を無料で学ぶことが可
希望者は有名企業での有給インターンも可
侍エンジニア

→詳細を見る

オンライン プログラマー
フリーランスエンジニア
WEB制作エンジニア
WEBデザイナー
WEB開発エンジニア
ゲーム開発エンジニア
アプリ開発エンジニアなど
全国 あり 128,000円~
(転職コース)
※転職成功で受講料無料
転職が成功すると受講料が実質無料になる制度あり
なるべく早く転職を成功させたい方におすすめ
tech boost

→詳細を見る

通学/オンライン システムエンジニア
フリーランスエンジニア
フロントエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
WEBサイト制作者など
全国 無料説明会 29,800円/月
入学金:199,800円~
未経験者からIT人材として活躍するために必要なRubyやPHPをはじめ、
最新のAI技術まで習得することが可能

▶︎横にスクロールできます▶︎

ぶっちゃけ話プログラミングスクールによっては、登録後に「学びたい内容と違った」と感じてお金を無駄にする方が多くいます。
利用料金が高額なので、登録前に3つほどのスクールで無料体験を受けてみることをおすすめします。

まだ希望の職種や学習する言語が決まっていない方は、下記のリンクからどのような方向性で学習していきたいかを比較しておくことをおすすめします。

>>やりたい事から学習する言語を選ぶ

プログラミングスクールおすすめランキング12選

それでは早速、転職支援サービスのあるプログラミングスクールをご紹介していきます。

それぞれのサービスの基本情報に加え、実際の利用者の転職成功率を調査した結果をもとにランキング形式でご紹介するので、上位のサービスは特に利用がおすすめです。

1位.TECH ACADEMY

TECH ACADEMY

おすすめ度
料金 選択受講期間による
目安:Webアプリケーション学生4週間プランで149,000円~
受講期間 4週間~16週間でプランを選択
コース
(一部)
  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • Javaコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース
学べる言語
(一部)
Ruby、Swift、PHP、Javascript、
Git、HTML5、Css3、SQL、Java、Unity、C#など
その他:Google Analytics、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator
目指せる職種
(一部)
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • WEBデザイナー
  • WEBマーケター
  • WEBアナリスト
  • WEBディレクター
  • システムエンジニア
  • DTP・グラフィックデザイナー
受講スタイル オンライン
教室所在地 教室なし
転職成功率 約98%
公式サイト https://techacademy.jp/

「TECH ACADEMY」は、オンライン完結の講座を受けながら転職活動ができる、転職サポート付きの「プログラミングスクール」です。
講座は109,000円から受講でき、16コースの中からWEB業界で活躍するための本格的なプログラミングをしっかり学ぶことができます。
さらに、身に付けたスキルを活かせる環境への転職をサポートも魅力の一つです。

学習状況が企業やコンサルタントに共有されるので、ご自分が学んだ内容がそのままアピールポイントにもなり、転職活動に活かせます。

もっとしっかり学びたい方には、「TECH ACADEMY Pro」のコースもあり、よりプログラミングについて学べる上に、6ヶ月内定が出るまで企業面談をセッティングし、内定が出なければ全額返金という転職保証もついています。
しっかりスキルを付けてからの転職を考えている方はTECH ACADEMYがおすすめです。


2位.DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP

おすすめ度
料金 通常:628,000円
専門:828,000円
受講期間 4週間~16週間でプランを選択
コース
(一部)
  • 転職コース(通常)
  • 転職コース(専門)
学べる言語
(一部)
Ruby、Swift、PHP、Javascript、
Git、HTML5、Css3、SQL、Java、Unity、C#など
目指せる職種
(一部)
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • WEBデザイナー
  • WEBマーケター
  • WEBディレクター
  • システムエンジニア
受講スタイル オンライン・通学
教室所在地 渋谷・新宿・難波
転職成功率 約98%(返金保証あり)
公式サイト https://web-camp.io/

「DMM WEBCAMP」は、転職保証付きの「プログラミングスクール」です。
未経験からWeb業界への転職をサポートしており、転職成功率は98%とかなり高いです。また98%中95%が未経験からの転職と、未経験からWeb業界に転職する方でもしっかり転職ができることがわかります。

利用者の転職成功率・離職率・サービス満足度の全てが1位のTech Academyと同じ水準であるため、全ての方におすすめできるプログラミングスクールの1つです。

コースの金額はほかのスクールと比べると高額ですが、3ヶ月のカリキュラム達成後、転職ができなかった場合には全額返金という転職保証を付けています。
DMM WEBCAMPは教室に通い放題、講師にも質問し放題、5ヶ月のキャリアサポートプランがあることも魅力です。しっかり実力を付けて自信を持って転職をしたい方はDMM WEBCAMPでしっかり知識と実力を付けてみることをおすすめします。


3位.Pro Engineer

PROengineer

 

おすすめ度
料金 無料
受講期間 1ヶ月~3ヶ月
コース
(一部)
  • 就職支援講座
学べる言語
(一部)
Java、PHP、HTML、CSS、Stuts、Smarty、PostgreSQL、MySQL、JUnit、Linux、Apacheなど
受講スタイル 通学・スカイプ
教室所在地 本社:港区虎ノ門
転職成功率 約96,2%
公式サイト https://proengineer.co.jp/

「Pro Engineer」は、無料の実践型就職支援講座を提供しているプログラミングスクールです。
実践型就職支援講座「プログラマカレッジ」では、Web業界で必要なプログラミングなどの基礎知識からECサイトなどの作成まで通常20万円以上かかってしまう授業を無料で受講できる講座です。

そこで学んだことを活かし、受講者の得意分野にあった就職先を紹介してもらえます。
未経験からプログラマへの正社員就業率は96.2%とかなり高く、さらに就職後も95%の方が就職先で継続して活躍できています。

もちろん就職対策もサポートしてもらえるので転職が初めて、エンジニア未経験という方も安心して転職することができます。
関東に求人が集中していますので、関東で転職を考えられている方はぜひ登録してみてください。


4位.侍エンジニア塾


侍エンジニア塾

 

おすすめ度
料金 月額3,333円から
受講期間 4週間~24週間でプラン選択
コース
  • デビューコース
  • エキスパートコース
  • AIコース
  • 転職コース
  • Webデザインコース
  • フリーランスコース
学べる言語
(一部)
HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Git、GitHub、PHP、Wordpress、
EC CUBE、PHP、Laravel、MySQL、Bootstrapなど
受講スタイル オンライン
教室所在地 教室なし
転職成功率 約94.1%
公式サイト https://www.sejuku.net/

侍エンジニア塾は、日本初のマンツーマン型のプログラミング塾です。
プログラミング講座だけでなく、プロのキャリアアドバイザーによる転職サポートも充実しており、94.1%の転職成功率を誇ります。

侍エンジニア塾の特徴として、オーダーメイドカリキュラムというものがあり、自分のペースでプログラミングを学ぶことができます。レッスン満足度も「プログラミングスクール10社中でNo.1」とユーザーの方から高い評価を受けています。

完全にプログラミング能力をつけてから転職をすることができるので、エンジニア未経験という方でも自信を持って働くことが可能です。

侍エンジニア塾の90%のユーザーがエンジニア未経験のため、転職サポートも手厚く、「未経験だけどエンジニアに転職したい」という方にはかなりおすすめできます。

>>侍エンジニアの口コミ・評判を見る

5位.tech boost

tech boost

 

おすすめ度
料金 入学金:115,000円から
基本月額料金:29,800円
受講期間 3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月から選択
コース
  • スタンダードコース
  • ブーストコース
学べる言語
(一部)
HTML、CSS、JavaScriptなど
受講スタイル 通学・オンライン
教室所在地 渋谷
転職成功率 不明
公式サイト https://tech-boost.jp/

「tech boost」は、エンジニアが選ぶプログラミングスクール第1位に選ばれているサービスです。
特にキャリアサポートにおいて高い満足度を誇っており、転職時に充実したサポートを受けたい方に特におすすめのプログラミングスクールです。

有名WEB企業などの転職実績が多く、口コミを見てみても転職後満足度も高く、信頼性の高いサポートを提供してもらうことができます。

>>おすすめランキングの続きを見る

6位.GEEK JOB

GEEK JOB

転職成功率: 約97.8%
転職後の離職率: 約3%
サービス満足度
おすすめ度:
公式サイト: https://camp.geekjob.jp/

「GEEK JOB」は、転職が決まるまでのスピード感に強みを持っているプログラミングスクールです。
オンライン型のスクールとして運営しており、いつでもどこでも24時間学習することが可能です。

取引企業数は3.500社以上を誇っており、未経験から正社員転職が可能な企業は500社以上とのつながりがあります。

オンラインで無料体験やキャリア相談の体験が可能なので、気になった方はまずは無料体験から利用してみることをおすすめします。


7位.Aidemy Premium Plan

Aidemy Premium Plan

転職成功率: 約96%
転職後の離職率: 約4%
サービス満足度
おすすめ度:
公式サイト: https://premium.aidemy.net/

「Aidemy Premium Plan」は、AIプログラミングに特化したプログラミングスクールです。
3か月でAI人材になれることを謳い文句としており、短い期間で市場価値を上げたい方からの人気が高いサービスとなっています。

取引企業数は3.500社以上を誇っており、未経験から正社員転職が可能な企業は500社以上とのつながりがあります。

AIを活用できる人材はこれからの世の中でますます必要になるため、スクールを利用して市場価値の高いスキル・知識を身に着けることができるのは大きなメリットとなります。
AI学習サービス満足度No.1を獲得しているので、AIプログラミングに興味のある方はぜひ利用してみることをおすすめします。


8位.TECH CAMP

TECH CAMP

転職成功率: 約99%
転職後の離職率: 約6%
サービス満足度
おすすめ度:
公式サイト: https://tech-camp.in/

「TECH CAMP」は、転職成功率トップクラスのプログラミングスクールです。

転職サポートについてはかなりの強みを持っており、もし転職できなかった場合は全額返金される制度があります。
それほど転職の成功率には自信を持っており、多くの利用者から高い満足度を得ています。

さらに月々21.200円からの受講が可能なので、費用をかけすぎずにエンジニア転職したい方におすすめのプログラミングスクールです。


9位.RaiseTech

RaiseTech

転職成功率: 約98%
転職後の離職率: 約5%
サービス満足度
おすすめ度:
公式サイト: https://raise-tech.net/

「RaiseTech」は、最速で稼げるエンジニアになるためのWebエンジニアリングスクールです。
プログラミングだけを教えるのではなく、転職後に実際に現場で通用するための様々な力を身に着けることができます。

プログラム未経験からでも丁寧にサポートを行ってくれるので、安心して受講することができます。
とにかく現場で通用するスキルの獲得に特化しているので、「Javaフルコース」や「AWSフルコース」など、基礎から応用まで網羅的に学べるコースが用意されています。


10位.DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE

転職成功率: 約95%
転職後の離職率: 約5%
サービス満足度
おすすめ度:
公式サイト: https://diveintocode.jp/

「DIVE INTO CODE」は、集団講義を通してエンジニアとしての実力を身に着けるためのプログラミングスクールです。
仲間と一緒に学ぶことができるため、プログラミングを学んでいるだけでは身につかない、チームワークやコミュニケーション能力も身に着けることができます。

もし遠方で通うことができないという方は、オンラインで受講できるコースも用意されているのでご安心ください。
Ruby on Railsなど、最近のWebアプリケーション開発に欠かせない技術を習得することができます。


11位.AIジョブカレ

AIジョブカレ

転職成功率: 約95%
転職後の離職率: 約6%
サービス満足度
おすすめ度:
公式サイト: https://www.aijobcolle.com/

「AIジョブカレ」は、人工知能技術の専門プログラミングスクールです。
中級者向けのコースから、文系出身など基礎からしっかり学びたい方に向けてのコースまで、幅広い方が活用することが可能です。

特に初心者向けの講座として、高校の数学レベルから講習などを受けることができる入門講座が多く用意されています。
未経験からAI人材としての活用を目指す方におすすめのプログラミングスクールです。


12位.CodeCamp

CodeCamp

転職成功率: 約90%
転職後の離職率: 約5%
サービス満足度
おすすめ度:
公式サイト: https://codecamp.jp/

「CodeCamp」は、完全オンラインのマンツーマンプログラミングスクールです。
個人レッスンでプログラミングを学んでいくので、初めて学ぶ方でもあなたのペースに合わせて学習を進めていくことができます。

コースとしてはWeb業界で幅広く活かせるアプリ開発やデザインを学べるコースに加え、プログラミングスクールでは珍しいカスタマーサクセス職への転職に特化したコースも用意されています。
カスタマーサクセスは最近注目されている職種なので、今後活躍の場を広げるための技術を得ることができるでしょう。

プログラミングスクールを利用する5つのメリット

エンジニア転職を考えている方、特に未経験から転職を目指している方が、プログラミングスクールを利用するべき理由をご紹介します。

プログラミングスクールを利用することによるメリットは以下の通りです。

未経験からプログラミングを体系的に学べる
モチベーションを維持しやすい
プログラミングスクールの転職支援を受けられる
ポートフォリオ実績を作ることができる
知識・スキルを示す根拠ができる

未経験からプログラミングを体系的に学べる

1つ目のメリットは、未経験からでもプログラミングを体系的に学ぶことができる点です。

未経験者の場合、勉強しようと思っても何から手を付ければいいかわからないという方が多いと思います。
プログラミングと言っても非常に多くの言語があり、職業の種類も多いので分からないことだらけになってしまいがちです。

プログラミングスクールでは、あなたのなりたい職種や身につけたいスキルに応じて、必要なカリキュラムを体系的に学ぶことができます。
エンジニア転職まで無駄なく効率的に進めていきたいという方は、プログラミングスクールに通うのが最もおすすめの手段です。

モチベーションを維持しやすい

2つ目のメリットは、モチベーションを維持しやすいことです。

プログラミングの独学で苦労することの1つとして、モチベーションの維持が挙げられます。
1人だけで勉強していると、やる気やモチベーションが下がったり、勉強内容が正しいのか不安になる事が多いです。

プログラミングスクールでは、通学型の場合は教室に行けば一緒に頑張っている仲間の姿が見えるのでモチベーション向上につながります。
オンライン型の場合は、Web面談等を通じて講師とコミュニケーションをとることで、学習に関する不安を取り除くことができます。

プログラミング学習においてモチベーション維持や不安解決は非常に重要なので、プログラミングスクールに通う大きなメリットということができます。

プログラミングスクールの転職支援を受けられる

3つ目のメリットは、プログラミングスクールの転職支援を受けられる点です。

未経験からエンジニアに転職する際に最も注意しなければならないのが、転職先選びです。

実は未経験のエンジニア募集においては、エンジニアに転職したい方の気持ちを悪いように利用する企業も少なくありません。
エンジニアとして採用されたにも関わらず、事務作業や全く関係のない業務を任されるのはよくあることです。
また、あなたが身に着けたスキルと全く関係のない企業に転職してしまう危険もあります。

プログラミングスクールは信頼できる企業だけを紹介してくれますし、あなたが身に着けたスキルをしっかり把握しているので、転職した後もスキル面で困ることがない企業を紹介してくれます。

ぶっちゃけ話未経験のエンジニア転職を悪用する企業は、かなり多いのが現実です。せっかく身に着けたプログラミングスキルを無駄にしないためにも、転職先選びは慎重に行いましょう。

特に以下の特徴に当てはまる企業は、未経験エンジニアの転職先として選ばないことをおすすめします。

  • 給料が著しく高い企業(未経験エンジニアの場合、月給20~30万円が妥当)
  • 業務内容が明確ではない企業(プログラミングと関係のない業務を任される可能性がある)
  • 業務範囲がかなり狭い企業(エンジニアとして成長することができない)
口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

>>転職アプリのおすすめを知りたい方はこちら

ポートフォリオ実績を作ることができる

4つ目のメリットはポートフォリオ実績を作ることができる点です。

エンジニアの転職では、ポートフォリオ実績を作ることができる転職先にあなたのポートフォリオを提出することになります。
企業はポートフォリオをもとにあなたのスキルや技術を判断することになるので、転職活動においてポートフォリオは非常に重要です。

多くのプログラミングスクールでは、講座の中でアプリケーションやホームページを制作することになります。
スクールで制作したものはポートフォリオとしてそのまま活用することができるので、転職活動に有利になります。

知識・スキルを示す根拠ができる

5つ目のメリットは、転職活動で知識やスキルを企業に示す根拠ができることです。

企業の採用担当からすると、プログラミングのスキルは書類選考や面接では判断がなかなか難しいです。
しかしプログラミングスクールに通っていたことを伝えることで、どの程度スキルや知識を身に着けているかを採用担当者に示すことができます。

転職活動の面接で経歴などを説明しやすくもなりますので、転職時にはプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

>>プログラミングスクールおすすめランキングを見る

フリーランスで働くことを考えている方は以下のサイトも参考にしてください。
>>フリーランスにおすすめの求人サイト|エンジニア向けもご紹介

いまプログラミングを学ぶべき5つの理由

これからプログラミングを学びたいと考えている方は、プログラミングを学ぶことによってどのようなメリットがあるのかを理解しているでしょうか。

実は未経験でも、これからプログラミングを学ぶことには多くのメリットがあるのです。

ここではプログラミングを学ぶことのメリットをご紹介しますので、これから勉強することであなたにどのような未来が待っているのかを理解しておきましょう。

プログラミングを学ぶことのメリット

  • 高収入を狙える
  • 収入が安定する
  • 好きな場所で仕事ができる
  • 好きな時間に仕事ができる
  • 論理的思考力が身につく

高収入を狙える

プログラミングを学ぶことによって、市場価値の高い人材になることができます。
今の日本においてはエンジニアが不足しており、これからITやWEBがどんどん発達していく中で、プログラミングを身に着けた人材はますます重宝されるようになります。

エンジニアは貴重な人材だからこそ、高収入を見込むことができるのです。

収入が安定する

「高収入を狙える」で紹介した内容と似ていますが、エンジニアは貴重な人材であるため、求人数もこれからどんどん増え続ける職種であることが予想されます。

ITが発達していく中で、エンジニアが必要なくなることは考えにくいので、他の職種と比較すると収入が安定する事が考えられます。

しかしITの世界は変化が激しいため、現状のプログラミングスキルに満足していては市場価値が下がっていってしまいます。
常に最新の知識・技術を身に着けることを心がけ、市場価値を高め続けることが重要です。

好きな場所で仕事ができる

プログラミングを身に着けることによって、パソコン1つで様々な課題を解決することができるようになります。

そうなるとリモートワークや遠隔でのやり取りを活用することで、好きな場所でエンジニアとして活躍することが可能になります。
実際に、最近ではフリーランスのエンジニアが好きな場所で仕事をしながら、会社員よりもはるかに高収入を得ているという現状があります。

また、「業界別在宅ワーク導入企業数」においても、IT・WEB業界が1位でした。

好きな時間に仕事ができる

フリーランスエンジニアになると、会社員ではないため好きな時間に仕事ができるようになります。

決まった時間に勤務しなければならなかった会社員と比べると、心の余裕ができ、好きなことに費やす時間も増えるので、人生が豊かになります。

また、これからの時代は会社が個人を守ってくれることを期待し続けるのはリスクが大きいので、個人で稼ぐ力を身に着けるためにも、プログラミングは有効です。

【関連記事】

論理的思考力が身につく

プログラミングを習得するためには、論理的思考力が必要とされます。

つまり、プログラミングを身に着けることによって必然的に論理的思考力も身につくということになります。

論理的思考力はビジネスのあらゆるシーンで必要なスキルであり、仮にエンジニアとは異なる道に進むことになったとしても、いつまでも活かすことができるスキルです。

プログラミングスクールで転職成功した方の口コミ・評判

口コミアイコン

​20代男性
もともと文系だったこともあって、プログラミングの勉強については不安しかなかったのですが、スクールに通うことで基礎から丁寧に教えてもらうことができてとても助かりました。
僕は教室に通うタイプのスクールを選びましたが、仲間がいることでモチベーションを維持できたのが一番の良い点です。

口コミアイコン

​20代男性
お金を払ってでも基礎から体系的に勉強したいと思っていたので、プログラミングスクールという存在にはとても助けられました。
本を読んで勉強してみたこともありましたが全然続かなかったので、やっぱりスクールに通うのが自分には合っていたと思います。

口コミアイコン

​20代女性
以前は、エンジニアになりたいけど今から勉強し始めたってどうせ遅いよなと思っていました。
プログラミングスクールで働いている知り合いのエンジニアに誘われて試しに勉強してみましたが、スクールに入るとここまで成長が早いのかと自分でもびっくりするほどの成果が出ました。
つい半年前まではエンジニアなんて夢のまた夢だと思っていた私が、今となっては見習いエンジニアなので、人生何があるかわからないなと思いました。

その他の口コミを見る
口コミアイコン

20代男性
そこまで深く考えずに何となくエンジニアになりたいなと思っていたぐらいでしたが、実際にプログラミングスクールに入ったらかなりモチベーションが上がりました。
やはり自分でお金をかけているというプレッシャーもあるので、通ってよかったなと思っています。

口コミアイコン

30代男性
プログラミングは趣味で少し触ったことがあったので自信があったのですが、転職しようと思ったら1度失敗してしまいました。
ショックでしたが、プログラミングスクールに通い始めてから自分の愚かさに気づきました。
転職に必要なことはスクールで襲われるので、入ってよかったと思っています。

口コミアイコン

30代女性
前職は不動産で、全くプログラミングとは関係のない分野でしたが、プログラミングスクールでは基礎から教わることができたので良かったです。
未経験だとその分自分で勉強する時間を確保するなどの必要はありますが、やればやった分だけ力になるなと思いました。

口コミアイコン

20代女性
プログラミングスクールというと男性ばかりが多いイメージがありましたが、私が通ったところは女性の割合も多くて安心しました。
プライベートでも会えるような友人も作ることができたので、人脈が広がった点でもよかったなと思っています。

口コミアイコン

20代男性
新卒で入った会社が辛すぎて辞めることを決意しましたが、正直何もスキルがない状態だったので不安で仕方ありませんでした。
そんな中で基礎から短期間でスキルを身に着けて転職サービスまで受けられるプログラミングスクールにはとても助けられました。
人生が変わったと言っても過言ではありません。

口コミアイコン

20代男性
ついこの間までバリバリの文系として生きてきたので、現在エンジニアとして働いていることが不思議な気持ちです。
人生の大半を文系として生きてきた自分でも転職成功できたので、プログラミングって意外と簡単だなと思いました(笑)

口コミアイコン

20代女性
プログラミングを学びたいと、常々思ってはいましたが行動できずにいました。
勉強するとお金がかなりかかると思っていましたが、意外とリーズナブルなスクールがあったのでそちらを利用しました。
現在絶賛猛勉強中ですが、楽しく毎日取り組めています。

転職成功のためのプログラミングスクールの選び方

記事の前半では転職サポートに強いプログラミングスクールを紹介しましたが、ランキング上位のサービスが必ずしもあなたにマッチするとは限りません。
最終的にはご自身のニーズに合ったプログラミングスクールを選べるようになるのが良いでしょう。
ここでは、選びのヒントになるポイントを3つご紹介します。

プログラミングスクールを選ぶ際は、以下の3点を確認しましょう。

1.目指す職種に対応しているか
2.学びたい言語に対応しているか
3.実践的なカリキュラムが入っているか
4.理想の転職活動期間と通う期間は一致しているか
5.希望の学習環境は用意されているか

1.目指す職種に対応しているか

プログラミングスクールを選ぶ際には、まずあなたがどのような職種を目指していくのかを明確にしましょう。

ITやWeb業界の世界では、職種によって必要な言語や勉強すべきことが異なります。

中には学習のスタイルからコースを選ぶことができるプログラミングスクールもありますが、効率的に転職の成功を目指している方は、どのような職種を目指していくのかを明確にしておきましょう。

エンジニアの職種にどのようなものがあるかわからないという方のために、代表的な職種を下記で紹介しておきます。

エンジニアの職種

  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー(PG)
  • テストエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • インフラエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • サービスエンジニア
  • カスタマーエンジニア
  • サポートエンジニア
  • セールスエンジニア
  • 社内SE
  • バックエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • マークアップエンジニア
  • 制御・組み込みエンジニア
  • IoTエンジニア
  • アプリケーションエンジニア

2.学びたい言語に対応しているか

プログラミングスクールを選ぶ際には、どのような言語を学べるのかを比較することも重要です。

未経験からエンジニアを目指す方の中には、どの言語を学ぶべきなのかわからない方が多いと思います。

そんな方のために、必要スキルとして募集要項に記載されている言語を、求人数ランキングとして以下で紹介しておきます。

言語別|求人数ランキング

  • 1位 Java
  • 2位 PHP
  • 3位 Ruby
  • 4位 C#/C#.net
  • 5位 JavaScript
  • 6位 Python
  • 7位 Objective-C/Swift
  • 8位 C/C++
  • 9位 HTML
  • 10位 Android

求人数ランキングとしては上記のようになっていますが、案件が多い分上位の言語は難易度が高くなっていますので、未経験の方はHTML・CSSなど難易度の低い言語から学習を始めることをおすすめします。

3.実践的なカリキュラムが入っているか

エンジニアとして転職するためには、プログラミング言語を学ぶだけでは不十分です。

学んだ言語でどのようなサービスを作るか、ユーザーに喜んでもらうためにはどうすればいいかなどを考える力も必要不可欠です。
また、実際の現場ではチームプレーでサービスを設計していくため、コミュニケーション能力やチームワークも必要となります。

これらを身に着けるためには、座学やテキストで勉強するだけではなく、実際に自分でサービスを作り上げる経験をするのが有効です。

ですので、カリキュラムに実践的なカリキュラムが入っているかどうかは必ず確認しておくようにしましょう。

>>プログラミングスクールおすすめランキングを見る

4.理想の転職活動期間と通う期間は一致しているか

想定している転職するまでの期間と、プログラミングスクールを利用する期間が一致しているかどうかも確認しておきましょう。

プログラミングスクールはそれぞれ受講期間が異なるので、確認しておかないと想定外の時間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

受講期間が短ければその分転職先を探したり、転職活動の時間を多く確保することができますが、一方で成長につながる仕事を任せてもらえない可能性が高いなどのデメリットもあります。

将来のことを考えると、最初は長期間じっくりと勉強し、成長できる環境が整った転職先から内定をもらうことをおすすめします。

5.希望の学習環境は用意されているか

プログラミングスクールと言っても、スクールによって学習環境は大きく異なります。

代表的な違いとしては、通学型かオンライン型かです。
実際に教室に通って直接指導を受けたい方と、時間がないためオンラインで学習したい方では、プログラミングスクールの選び方が大きく異なります。

あなたがどのように学習を進めていきたいか、どのような学習の仕方が相性がよさそうかをしっかりと考えたうえで、プログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

【関連記事】

学習するプログラミング言語の選び方

プログラミングスクールを選ぶ以前に、どの言語を学ぶか決まっていない方も多いと思います。

学習するプログラミング言語の選び方は、あなたが将来どのような仕事をしたいかによって選ぶようにしましょう。

とはいえまだ将来のことなんて考えられないという方も多いと思いますので、そのような場合は汎用性の高い言語を学習しておき、幅広いキャリアの選択肢を持っておくのもおすすめです。

ここでは希望別に、学習するのがおすすめなプログラミング言語をご紹介します。

フロントエンドにおすすめの言語

WEBサイトやWEBアプリケーションなどの、デザインやエフェクトを作成する仕事は、フロントエンドエンジニアと呼ばれます。

フロントエンドエンジニアは、基本的にユーザーが目にする部分の構築・作成を担当します。

ユーザーの興味を引くおしゃれなデザインや、ユーザーが使いやすいアプリケーションの仕組みなどを考えて実際に作るので、やりがいを感じやすいでしょう。

そんなフロントエンドにおすすめのプログラミング言語は下記となります。

  • HTML
  • ユーザーが目にする文字や画像など、表示される基本的な情報を入力するためのマークアップ言語です。

  • CSS
  • HTMLで作成した内容にデザイン性を付加するためのスタイルシート言語です。

  • JavaScript
  • HTMLで作成した内容に動きや様々な仕組みを付加することができます。
    その他にも、サーバーとやり取りするための仕組み構築などの役割も担っています。

>>比較表からプログラミングスクールを選ぶ

【関連記事】

サーバーサイド・バックエンドにおすすめの言語

サーバーの構築や、Webサイトのデータ(ユーザーのアカウント情報など)を管理する仕組みを作る仕事は、サーバーサイドエンジニアと呼ばれます。

求人サイトによっては、バックエンドエンジニアと一括りにされている場合もあります。

サーバーサイド・バックエンドにおすすめのプログラミング言語は下記となります。

  • Java
  • 日本で最も使われている言語の1つです。
    基本的にどのような案件でも対応することが可能です。

  • Ruby
  • Ruby on Railsというフレームワークと合わせて習得することで、多くの案件に対応することができます。
    他の言語と比較すると案件の単価が高い傾向があります。

  • PHP
  • ホームページ制作でよく使われる言語です。
    多くのホームページ制作で使われているWordPressで使用できるので、案件が多い言語です。

  • Go
  • Googleが開発した言語で、処理速度が速いのが特徴です。
    比較的新しい言語で、将来性があると期待されています。

  • Python
  • AIやIoTなどに活用される言語です。
    学習難易度が高くないことで有名なので、初学者におすすめです。

>>比較表からプログラミングスクールを選ぶ

【関連記事】

AI・IoT・人工知能開発におすすめの言語

AIやIoTなど、注目度がどんどん高まっている領域で活躍したいと考える方は多いのではないでしょうか。

将来的にまだまだ成長性がある分野なので、今から学習を始めても活躍の場があると言えるでしょう。

AI・IoTにおすすめのプログラミング言語は下記となります。

  • Python
  • AIや人工知能に最も使われているプログラミング言語です。
    機械学習に利用できるライブラリが充実しており、AIの領域をこれから学習し始める方におすすめの言語です。

  • R
  • R言語は、統計学・データ解析に使用されてきた言語です。
    AIが機能するための機械学習データ収集を目的として使用されています。

  • C++
  • プログラミング言語の元祖であるC言語にオブジェクト機能の概念を追加した言語です。
    需要が高い一方で、習得難易度が高いことが特徴です。

  • Julia
  • 2012年に公開された新しい言語です。
      これまでの言語のいいとこ取りをしたような機能になっており、これからますますしようされる言語になる可能性もあります。

>>比較表からプログラミングスクールを選ぶ

スマホアプリ開発などにおすすめの言語

スマホアプリの開発に携わりたいと考える方も最近では増えています。

多くの人々がスマートフォンを使うようになってきており、スマホアプリの開発ができることは市場価値を高めることに繋がります。

スマホアプリ開発におすすめのプログラミング言語は下記となります。

  • Swift
  • iOSアプリを開発するための新しい言語です。
    基本的に今からiOSアプリを開発するのであればまずSwiftを学習するのがおすすめです。

  • Objective-C
  • Swiftより前から使われているiOSアプリ開発言語です。
    現在のアプリはObjective-Cが使われていることも多いので、習得すれば活躍の場が広がります。

  • Java
  • 初期にAndroidアプリ開発の就留言語として使われていました。
    インターネット上に情報が多いので、やりたいことを実現しやすい特徴があります。

  • Kotlin
  • Javaの上位互換として評判のいいAndroidアプリ開発言語です。
    Javaでは表現が難しかったコードが書けるなどの特徴があります。

  • Xamarin、React Native、Flutter
  • これらはAndroid・iOS両方の環境で動作するアプリを開発できます。
    その分様々な制約があり、覚えることも多いので、上級者向けの言語といえます。

>>比較表からプログラミングスクールを選ぶ

【関連記事】

汎用性の高いおすすめの言語

まだどのような仕事をやりたいか明確ではない方は、汎用性の高いプログラミング言語を学習しておきましょう。

初めてプログラミングを学ぶ方などは特に、多くの現場で使える汎用性の高い言語を学んでおくことで、他の言語を学ぶための土台を作ることができます。

  • Java
  • WebサイトやWebアプリの作成から、Androidアプリの開発やシステム開発などを行うことができます。
    習得するのは簡単ではありませんが、幅広い現場で活躍することが可能になります。

  • Python
  • Webサイト・Webアプリの作成や、AI開発まで行うことができます。
    将来性のある言語である上に、習得難易度がそこまで高くありません。

  • JavaScript
  • フロントエンドの現場では間違いなく利用する言語です。
    また、仕組みが他の言語にも応用しやすいので、初めて学ぶ言語におすすめです。

>>比較表からプログラミングスクールを選ぶ

【関連記事】

転職でプログラミングスクールの利用が向いていない人の特徴

ここまで、プログラミングスクールに通うことのメリットなど、良い面を中心に紹介してきましたが、実はプログラミングスクールに通うのがおすすめできない方も存在します。

以下の特徴に当てはまる方は、プログラミングスクールではなく、自分で勉強を進めるなどほかの手段を選ぶといいでしょう。

プログラミングスクールが向いていない人の特徴

  • 自分だけで勉強していける自信がある方
  • 勉強のためにお金を払いたくない方
  • 人に教わるのが嫌いな方

ここから1つずつ詳しく見ていきます。
「プログラミングスクールが向いていない人の特徴」に当てはまる方は、この後ご紹介する「>>プログラミングスクール以外の転職サービス」の利用をおすすめします。

自分だけで勉強していける自信がある方

そもそも自分だけで勉強していける自信がある方は、プログラミングスクールを利用する必要はありません。

自分が何を学ぶ必要があり、どのように勉強を進めていくべきかまでしっかり想定ができているという方は、独学で学ぶ方が効率が良いでしょう。

プログラミングスクールはかなりお金がかかってしまうサービスであるため、独学の方が金銭的にも余裕を持って勉強を行うことができます。

勉強のためにお金を払いたくない方

「勉強するためだけにお金なんて払いたくない」このように考えている方には、プログラミングスクールの利用はおすすめできません。

自分のスキルのために投資することに抵抗がある方は、プログラミングスクールに通ったとしても結果を出すことができずに終わってしまうでしょう。

「お金を払ってでもスキルを身につけたい」「お金を払ってでもエンジニアになりたい」このように考えている方こそ、プログラミングスクールを利用するべきでしょう。

人に教わるのが嫌いな方

最近では、人から何かを教わること自体に嫌悪感を覚える方が増えてきています。

このように、人に教わることが嫌いな方にも、プログラミングスクールの利用はおすすめできません。

こうした嫌悪感はその人の本質的な個性であるため、一定期間の継続が必要なプログラミング学習のどこかで嫌になってやめてしまうことになる可能性が非常に高いです。

そうなるとお金も時間ももったいないので、このような方はプログラミングスクールには通わない方がいいでしょう。

フリーランスで働くことを考えている方は以下のサイトも参考にしてください。
>>フリーランスにおすすめの求人サイト|エンジニア向けもご紹介

プログラミングスクール以外の転職サービス

エンジニアに転職するための手段は、プログラミングスクールを利用するだけではありません。

その他の手段としておすすめなのが、転職エージェントの利用です。

ここではエンジニア転職に特化した転職エージェントを3社ご紹介するので、参考にしていただければ幸いです。

転職エージェントの利用は無料なので、プログラミングスクールと併用するのが最も効率的な方法です。

1.レバテックキャリア


レバテックキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://career.levtech.jp/

「レバテックキャリア」は、初めての転職から年収アップまで様々な転職を考えられる「エージェント型」の転職サイトです。
公開求人数は約7,000件と大手求人サイトと比べると多くはないですが、15年分のノウハウとデータを使ったエージェントサポートに定評があります。
スキルを求められる求人が多いエンジニアに特化した転職活動サポートのため、ご自分のこれまでの成果物や得意なスキルを上手に伝えるポートフォリオや面接の対策をしっかり相談できます。
60%以上の人が平均約50万円の年収が上がっており、年収アップにも期待できます。
全国に求人はありますが、特に関東圏には多数求人が集まっていますので、関東圏での転職をお考えの方はぜひ登録してみてください。
> > レバテックキャリアの公式サイトはこちら

2.DYM就職

おすすめ度:
公式サイト: https://www.dshu.jp/

「DYM就職」は、首都圏IT企業への転職に強いエージェント型の転職サイトです。
特に大手企業とのつながりが強く、福利厚生が充実した、仕事とプライベートのバランスを取りやすい求人が多いことが魅力。来社不要のオンライン面談も可能で、平日は夜22時まで、土日も面談できるため、忙しくて時間が取れない方も安心です。
若手の転職に実績があり、初めての転職の方や転職活動に不安のある方におすすめしたいエージェント型の転職サイトです。
> > DYM就職の公式サイトはこちら

3.マイナビエージェント × IT


マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp/it/

「マイナビエージェント × IT」は、20代・30代に人気の、マイナビが運営するITやエンジニアに特化した「エージェント型」の転職サイトです。
取引社数は15,000社以上、求人数は公開求人数だけで19,293件と充実しています。独占求人や非公開求人も多数あり、求人情報の8割が「非公開求人」になっているため、より満足のいく転職には登録が欠かせません。
社内SEやITコンサルタントの特集ページもあり、サイト内はみやすくなっています。
エージェントは応募書類添削、面接対策から転職後のアフターフォローまでしっかりサポートしてくれるため、若手の転職に人気です。IT専任チームを組んでいるため、業界に精通したコンサルタントと話ができ、悩みも相談しやすいと好評です。
> > マイナビエージェント × ITの公式サイトはこちら

転職でおすすめのプログラミングスクールまとめ

この記事では、転職支援に強いおすすめのプログラミングスクールを、ランキング形式でご紹介しました。
記事の後半では、プログラミングスクールの選び方など、転職に役立つ知識をお伝えしたので、参考にしていただければ幸いです。

プログラミングスクールを利用して転職を成功させるためにも、目指す職種・必要な言語を明確にし、あなたにぴったりのプログラミングスクールを探してみてください。
>>プログラミングスクールおすすめランキングに戻る

プログラミングスクールと合わせて、ITに強い転職エージェントも併用することで、勉強と転職先探しを効率よく進めることができます。
>>おすすめの転職エージェントを見たい方はこちら

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄