派遣会社への登録は長年ニートをしている方でも登録することができます。

しかし面接や顔合わせでニート期間中のことについて聞かれるのが不安で一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

ここではニートの方でも派遣会社に登録できる理由と面接・顔合わせ対策、職務経歴書の書き方についてご紹介します。

この記事のまとめ
  • 求人数が多い派遣会社に登録すればニートの方でも仕事はたくさんある
  • 面接・顔合わせで嘘はNG!空白期間の職務経歴書の書き方について
  • 派遣社員から正社員になる方法は3つある
最初にチェック!高評価の派遣会社
高時給案件が多い
派遣会社

高時給案件多い・
求人数に強み

\スマホで登録2分/

※当サイトで一番人気

大手の実績・ブランド力

\スタッフサービスと合わせて登録/

ニート(無職)でも派遣社員になれる!

学校を卒業してから1度も働いたことがない社会人経験なしのニートでも派遣社員になることは可能です。

実際に社会人経験が少なく、10年以上専業主婦をしていた40代の女性でも派遣でバリバリ働いているのですから。聞こえが悪いですが、企業側からすれば専業主婦もただ引きこもっていたニートであってもスキル的に大差なければ採用に影響を及ぼすことは少ないです。

ただし、ニートでも派遣社員になれるといっても紹介される仕事や職種は限定されています。あなたが仕事を探している同時期に、社会人経験が豊富でスキルのある方がいるなら、派遣会社は優先的にその方に仕事を紹介します。

特に事務職は人気の仕事で、パソコンスキルに自信があるニートの方でも採用されるのは簡単ではありません。

未経験OK・社会人経験なしの仕事がたくさんある

しかし職種を選ばなければ、ニートの方でも採用される仕事が派遣会社に登録すればたくさんあります。

例えば、派遣会社大手のテンプスタッフでは未経験OKの求人が11975件も掲載されていました。

テンプスタッフ 未経験ok

職種はオフィスワークやテレマーケティング、販売員、設備管理、倉庫作業など幅広く掲載されています。

時給は1200円~1400円程度の仕事が多く、一般的な派遣の時給である1500円と比較すると高くはないですが、バイトよりも高いですし社会的信用も得られます。

アルバイトやフリータでは作ることが難しいクレジットカードも派遣社員なら審査もすんなり通ることができますよ。

派遣で働き始めるということは、社会復帰への第1歩として王道ともいえるでしょう。

ニートから派遣社員になった 2chでの体験談

事務希望とのことですがまずスキルを身につけてからと言うことでコールセンターから挑戦しましょうか
事務以外厳しいですか?うーんそうなると中々wうーんw
やはりスキルがある人が優先的になっちゃうので…w

まずは短期の工場派遣がオススメだよ
登録時にニートだったこと言っても即働かせてくれてる
工場にぼっちがいっぱいいるし安心するわ

  • 希望する職種に就けなかった
  • 仕事が辛くてすぐに辞めてしまった
  • 派遣では将来に希望が持てないから登録したくない

このような意見が多くみられました。

ただ工場や倉庫での作業はコミュニケーションスキルに自信がない方には評判が良かったです。

ニートから派遣社員になったTwitterでの体験談

Twitterでは2chよりも派遣に対する評判はいいようです。

ニートが派遣に登録できなかったという口コミは見られませんでしたし、派遣から正社員に抜擢されたという意見もありました。

あまり2chの評判を見てしまうと働く意欲が薄れてしまうので「これから頑張って社会復帰しよう!」と思っている方は長時間見ないようにした方が賢明かもしれませんね。

ニートが面接や顔合わせで聞かれることは?

ニートや社会人経験がない方が不安に思うのは「派遣登録の面談や企業への顔合わせで何を聞かれるんだろう?」ということではないでしょうか。

派遣登録会では派遣会社に訪問して、登録から就業までの流れや派遣の仕組み、福利厚生や社会保険の説明、スキルチェックの後に営業担当と面接があります。

面接では以下のことを質問されます。

  • どんな仕事を希望しているか?(職種や業種)
  • 今まで働いてきた仕事などの職務経歴
  • 希望する勤務条件(最低時給、通勤時間、勤務時間、残業の有無)
  • どのくらいの期間働きたいのか
  • なぜ派遣で働きたいのか?
  • 前職の退職理由
  • 今後どのようにキャリア構築していきたいか

これらの質問はほとんど聞かれるので、質問されたらすんなりと答えられるようにしましょう。

経歴書の書き方。職歴・経歴詐称は絶対ダメ

主に事前に提出する職務経歴書を参考に面談を進めていきますので、ニート期間中のことについて「この空白の期間は何をしていましたか?」と聞かれることになります。

これが嫌で派遣で働きたくないという方も多いでしょうが、職務経歴書には正直に書きましょう。

 

ニートの職務経歴書の書き方

 

もしも働いてないのに「バイトをしていた」と嘘をついてはいけません。面談相手は人事のプロですので、すぐに嘘だとバレてしまいますし、採用されたとしても後ろめたさを感じながら働き続けなければなりませんから。

空白の期間の答えについての例としては

  • 自分に合った仕事をしていた
  • スキル向上や資格取得のために勉強をしていた
  • 家庭の事情で家事や介護をしていた

空白の期間の長さにもよりますが、上記のように答えれば単純に何もしていなかったと答えるよりも良い印象を与えられるでしょう。

ニートでも有利になる資格やスキル

派遣に登録することに対して特別必要になる資格やスキルはありません。

しいて例を挙げるとしたら

  • パソコン技能(タイピング速度、エクセルの使い方)
  • 一般教養やビジネスマナー(名刺の渡し方、挨拶の仕方)

これくらいを予習しておけば派遣登録の際のスキルチェックは高得点を獲得できるでしょう。

ただ派遣登録のために長時間勉強する必要はなく、大手派遣会社のテンプスタッフやスタッフサービスでは、登録スタッフに対して、スキルアップ研修が無料で受講できるようになりますので、そちらで実践的な勉強ができます。

スキルアップ研修や社会保障が充実しているオススメの派遣会社はこちらの記事で紹介しています。未経験OK・社会人経験なしでもOKの求人も多く掲載していますので、ニートの方が最初に登録するのにぴったりですよ。

↓  ↓  ↓  ↓

派遣社員になるメリットとデメリット

派遣社員になることはメリットだけではなくデメリットもあります。「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも事前に確認しておきましょう。

メリット

  • 社会人経験がないニートでも働ける
  • 自分で仕事を探さなくてもいい
  • 派遣先企業が自分に合わなければ契約期間終了後、職場を変えられる
  • 時給が高い仕事なら正社員よりも給料が多い
  • 自分がやりたい仕事に挑戦できる

社会人経験がないニートでも働ける

一番のメリットは社会経験がないニートの方にも紹介できる仕事が多数あることです。

社会人経験がないニートが職に在りつくのは簡単ではありません。「せっかく勇気を出して面接に行ったのに空白期間があるせいで、嫌味を言われただけで終わってしまった」このようなケースは少なくありません。

派遣は登録だけなら誰でもできます。ニートから社会復帰するはじめの一歩として派遣は適しています。

自分で仕事を探さなくてもいい

担当の方が自分の希望条件に見合った求人を紹介してくれますので、自分でわざわざ仕事を探す必要はありません。

派遣先企業が自分に合わなければ契約期間終了後、職場を変えられる

紹介された派遣先で仕事をしているうちに「この仕事や職場は自分には合わないな」と思うことがあるかもしれません。
仕事によって契約期間は異なりますが、基本的に3か月ごとに契約を更新するか、しないかを決めることができます。

その時は契約期間の終了後、他の派遣先企業を紹介してくれるので正社員のように一度入ったら辞めるのが大変ということもないのです。

ただし契約期間中に辞めてしまうのは派遣先企業や派遣会社の信頼を損ねるのでNGです。

時給が高い仕事なら正社員よりも給料が多い

派遣で経験を重ねることによってスキルを身に着ければ高時給の仕事も紹介されるようになります。時給によっては正社員として働いている人よりも高い給料をもらっている人も多くいます。

自分がやりたい仕事に挑戦できる

終身雇用制度は完全に崩壊したものの、日本では「1つの企業にずっと務めるのが基本だ」という風潮があります。
周りからの目を気にして嫌々仕事をしている正社員が多くいます。

しかし派遣社員なら次々と自分がやりたい業種に挑戦できるので、どんな仕事が好きなのか、自分には何が向いているか分からない人にとって働き甲斐のあるものになるでしょう。

デメリット

  • 仕事が紹介されない可能性があり不安定
  • ボーナスや退職金がない
  • 責任のある業務ができない

仕事が紹介されない可能性があり不安定

自分のやりたい仕事に挑戦できる一方、契約期間終了後、次の仕事を中々紹介されないこともあります。次の派遣先が決まらないとその期間中は収入がありませんので、不安定な状態です。

対策としては1つの派遣会社だけではなく、複数の派遣会社に登録しておいて、いつ契約期間が終了しても代わりの仕事を見つけられるような状態を整えておくことです。

ボーナスや退職金がない

派遣会社や派遣先企業によってことなりますが、基本的にボーナスがない求人がほとんどです。

また退職金もほぼもらえないと考えておいて間違いありません。そもそも退職金は同じ会社で定年まで働き続けることを前提とした謝礼金のようなものであり、一般企業の正社員であっても退職金をもらえない人も多くいます。

責任のある業務ができない

派遣スタッフに任される仕事は基本的に誰でもできるような仕事です。責任のある業務を任されることは少ないです。

それに対してどのように感じるかは人それぞれですが、スキルアップをしたい人にとっては業務内容に物足りなさを感じることもあります。

ニートが派遣社員から正社員になる方法

「はじめは派遣会社で働いて、いつかは正社員になりたい」

このように考えている前向きな方も多いのではないでしょうか。派遣会社で働いて正社員になる方法は3つあります。

  1. 派遣で働きながら正社員の仕事を探す
  2. 派遣先で実力を認められて直接雇用を目指す
  3. 紹介予定派遣制度を利用する

派遣で働きながら正社員の仕事を探す

派遣で働きながら正社員の仕事を探す方法です。

派遣の仕事をこなしていくうちに自分のスキルに自信が持てるようになれば探してみるのはおすすめです。簡単ではありませんが、派遣で働いてきた実績がついた後なら現状よりもはるかに採用される可能性が高くなります。

人手不足の介護職を狙えば正社員として雇用されやすくなります。

派遣先で実力を認められて直接雇用を目指す

契約期間終了後、派遣先企業から実力を認められれば直接雇用を打診されることがあります。

ただ直接雇用といっても契約社員での雇用が実情です。たいていは派遣社員として勤務していた時の方が待遇が良いのです。

企業が派遣労働者を引き抜くのは、派遣社員として働いている従業員の能力を買って囲いたいという意図があるのはもちろんのことです。

ですが、この裏には派遣会社に支払わなければいけない「紹介料」を削減したいという意図が隠されていることも知っておかなければいけません。

直接雇用を打診された場合でも、舞い上がらずしっかり契約内容を確認してくださいね。

紹介予定派遣制度を利用する

紹介予定派遣とは派遣先に直接雇用されることを前提に、一定期間派遣社員として就業、派遣期間の終了時に派遣社員と派遣先企業が合意すれば、正社員や契約社員としての採用が決まる働き方です。

ニートから派遣になるFAQ

親の扶養の社会保険から派遣会社の社会保険に変更するためには何をすればいいの?

派遣会社の規定にもよりますので、登録会のときに営業担当さんに確認しましょう。

以下ではテンプスタッフの社会保障制度を事例に挙げて紹介します。

加入資格

健康保険・厚生年金保険
1週間の所定労働時間が30時間以上および1ヶ月の所定労働日数が15日以上(雇用元の一般社員の4分の3以上)で2ヶ月を超える契約期間がある場合、加入いただきます。

また、1週間の所定労働時間が30時間未満または1ヶ月の所定労働日数が15日未満(雇用元の一般社員の4分の3未満)の場合であっても、以下のすべてに該当する場合、加入いただきます。(短時間労働者区分として加入)
1. 1週間の所定労働時間が20時間以上
2. 賃金の月額が88,000円以上
3. 1年以上の雇用が見込まれる
4. 厚生年金保険の被保険者数が501人以上の企業(所属会社毎に判断)で就業する

加入手続き

加入資格が生じる仕事に就かれる場合は、雇用手続き時に加入手続きをいたします。
雇用手続きの際には、雇用保険被保険者証・年金手帳・基礎年金番号通知書の3点をお持ちください。
「社会保険加入に関する同意書」に必要事項をご記入の上、提出いただきます。
受領した情報をもとに契約ごとの加入日にあわせてご本人分の加入手続きを行います。
(扶養家族がいらっしゃる方は、別途お手続きが必要ですのでご連絡ください)
手続き開始時には「社会保険加入手続き通知書」をお送りしますので内容をご確認ください。

また現在フリーターで国民健康保険に加入している場合は、派遣会社の社会保険に加入後14日以内に国民健康保険を解約する必要があります。

国民健康保険の解約は市町村の役所で行います。

10年以上ニートの30代でも派遣に登録できる?

前の職場では実際に10年以上ニートをしていた30代の方を派遣しています。

はじめのうちは派遣先の企業でもコミュニケーション能力に難ありと評価されていたようですが、辛抱強く業務を全うしていました。

まとめ

この記事ではニート(無職)から派遣に登録できるのか。面接と顔合わせや職務経歴書の書き方について紹介しました。

長い間仕事をしていないと、空白期間について触れられるのが怖くて一歩が踏み出せなくなっていませんか?

しかし派遣会社は敵ではなく、あなたの味方です。無理なく社会復帰できるような職場を提案してくれるので、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

派遣会社大手のスタッフサービステンプスタッフなら求人数が多くスキルアップ研修も充実していますので、どちらかに登録するのをおすすめします。

エリア別おすすめ派遣会社ランキング
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックテンプスタッフに登録してお仕事を探す
未経験案件が豊富
・業界最大手の実績
・豊富な職種

未経験で事務職に転職

総務事務におすすめの派遣会社ランキング
製造・軽作業・工場におすすめの派遣会社ランキング
アパレル・ファッションに強いおすすめの派遣会社ランキング
コスメ(美容部員)に強いおすすめ派遣会社ランキング
秘書に強いおすすめの派遣会社ランキング
介護職に強いおすすめの派遣会社ランキング
CADオペレーターに強いおすすめの派遣会社ランキング

おすすめの記事