CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

新人看護師の中には、「まだ1年目だけれど辞めたい」「勤め始めたばかりだけれど辞めたくて仕方ない」という悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。

看護師という職種が激務であることは、誰もが知る事実です。
特に新人の頃は、悩みが尽きずに抱え込んでしまう方も少なくはありません。

そこでこの記事では、病院を辞めたいと考えている新人看護師の方のために、辞めたいと感じる理由をはっきりとご紹介していきます。
こういう理由は自分にも当てはまる、という部分が必ずあるでしょう。

また、転職を決めた方には、転職成功のポイントや、おすすめの転職エージェントをご紹介します。
つらい環境を変えるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

看護roo!
利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり

\業界最大級の病院件数/

公式サイト→

記事の目次

新人看護師が辞めたいと感じる理由とは?

看護師を辞めたい理由は人それぞれでしょうが、ここでは共通すると思われる理由をご紹介します。
自分もこれに当てはまる、と思い当たる部分があるでしょうから、ぜひ目を通してみてください。

1. 残業が多すぎる

どの病院にも共通して言えることですが、とにかく残業が多いという悩みを抱えている新人看護師の方はかなり多いのが現状です。

しかし、それは能力不足などが原因なわけではありません。残業が増えてしまったことで、自分を責めないようにしてください。
人手不足や患者の急変、緊急に運び込まれてきた患者の対応など、看護師がしなければならないことは時間などお構いなしに転がり込んできます。

看護師の世界では残業は日常茶飯事です。しかし、限度を超えたものに関しては耐えられないと感じてしまっても無理もありません。
その労働時間が法外であるならば尚更です。業務がどんどん積み重なっていくことが耐えられないと感じる新人看護師は少なくないのです。

2. ミスをしてしまった

新人のうちはミスはつきものです。しかし、そうと割り切れずに引きずってしまうという人もたくさんいます。

小さなミスだったとしても、それが重なってしまうと精神的にダメージを受けることは否めません。どうしてできなかったんだろう、また間違えたらどうしよう、といったように落ち込んでしまうことも多々あります。

また、ミスをしてしまうと周囲に迷惑をかけてしまいます。先輩や患者に迷惑をかけてしまうと、心が痛んで耐えられないこともあるでしょう。
大丈夫だよ、とフォローしてもらったとしても、ミスをしてしまった事実は消えないため、立ち直れないほどショックを受ける新人看護師は多いと言えます。

3. 十分な指導をしてもらえない

医療の現場は忙しい現場が多く、先輩指導員が「いちいち聞かないで自分でやって」と突き放すような態度をとることもしばしばあります。

教育が行き届いていないことはミスにも繋がりますし、何よりも自分で判断ができないまま仕事を進めることは困難です。
自分の判断で処置を行って、怒られてもたまりませんから、行動が制限されてやりにくさを感じる新人は大勢いるようです。

十分な指導をしてもらえない場合には、一度はしっかりと上司にその旨を伝えてみましょう。

4. 責任が重いことがつらい

ひとつひとつの行動に大きな責任が伴うことも、ストレスの原因になります。
学生時代には感じなかったプレッシャーが、正式に看護師になった途端に襲い掛かってくるのです。

許されていたことが許されなくなることもありますし、患者への処置だけでなく医師との連携も欠かせません。
命を預かっているという意識の重さが日々積み重なっていき、次第に職場に向かう足取りが重くなるという点も新人看護師によくある悩みです。

自分の行動が患者の命を左右するのだと考え、その責任の重さに耐えかねないと感じる人も多くいます。

5. 人間関係で悩んでいる

職場の悩みとして避けられないことのひとつとして挙げられるのが、人間関係に関するものです。
同僚と上手く波長が合わないと、滞りなく業務を進めることは非常に困難だと言えるでしょう。

気の合う仲間で助け合いながら仕事をしていきたい、という気持ちは誰しもが持っています。
特に看護師のように過酷な仕事をする現場では、尚更その気持ちが強いことでしょう。

しかし、入職して待っていたのは厳しい現実、といったことも少なくはありません。
仕事上、気の合わない人と距離を置くということは難しいですから、シフトによって憂鬱だということも多くあります。

6. 業務内容が厳しすぎる

わかっていたことだとはいえ、実務が始まってからあまりにも激務であるため心が折れかけてしまうという新人看護師もいます。

仕事は楽しさだけが全てではありません。その現実につらさを抱いてしまうと、毎日職場へ行く足取りが重くなってしまうことも無理はないことでしょう。

こういう業務も看護師の仕事のうちなのか、と新人として働き始めて驚くことも多く、患者のケア以外の業務に時間を割かなければならないという事態も生じてしまいます。
患者のケアだけが仕事だと思っていた場合、実務ではそのギャップに苦しむことになってしまう新人看護師も多いです。

7. いじめや嫌がらせを受けた

看護の現場で最もつらいと言っても過言ではないこととして、いじめや嫌がらせの被害が挙げられます。

いじめや嫌がらせによって、ただでさえ業務に追われて大変だというのにも関わらず精神的にもダメージを受けてしまいます。

特に自分だけがターゲットとなった場合はかなり過酷な現実だとしか言いようがありません。
やめてほしいと直接言うわけにはいきませんから、毎日ストレスが溜まって職場にいたくない、行きたくないと思ってしまう新人看護師は多いでしょう。

8. なかなか成長できないと感じた

現場で働く上で、スキルアップは欠かせません。しかし、それが思うようにいかないこともあるでしょう。

特に、同期と比べてしまい「あの人にはできるのに自分にはできない」と考えてしまうと、気持ちが落ち込んでしまうことは致し方ありません。

成長速度は人それぞれとはいえ、どうしても気になってしまうことは否めません。
こればかりは、大丈夫だよと周囲にフォローされても解決する問題ではありませんから、自分で乗り越えていくしかない壁のうちのひとつだと言えます。

9. 夜勤からの生活リズムを整えられない

看護師には必ずと言って良いほど夜勤があります。特に総合病院では避けられないものでしょう。
ベテランともなれば、夜勤との付き合い方も心得ていますから、問題なく取り組むことができるはずです。

しかし、新人看護師の場合は、上手く向き合えないという問題を抱えることも珍しくはありません。

夜勤の連続によって生活リズムを崩し、体調も崩してしまったという新人看護師も実際に多くいます。

10. 患者から不当な扱いを受けた

患者から常に感謝されるとは限りません。「どうしてそんなこともできないんだ」といわれのない叱責を受けることもありますし、話しかけてもきちんと答えてくれない人もいます。

よくある悩みとして挙げられることが、セクハラなどです。言葉であれ行動であれ、度を超えているものは全てセクハラとみなすべきです。

患者から不当な扱いを受けている場合には、すぐに上司などに相談することが大切です。

11. 休みが不規則である

看護師は基本的にシフト制で勤務する職種です。そのため、休みたい日を選びにくい、連勤があると疲れが抜けないなど、悩みが尽きない新人看護師は多いでしょう。

固定された週休二日制ではないことを苦痛と感じる人にとって、シフト制はかなり厳しいところがあります。

また、休みが不規則であることによって友人と会うことができないなど、リフレッシュする時間を取りにくいという点もストレスの一因です。

12. 他の職業と比べてしまう

看護師として働き始めたけれど、つらいと感じた時に周囲を見渡して、もしあの職業に就いていたら悩まずに済んだのかもしれないと考えてしまう新人看護師は少なくありません。

もちろん、どのような職業であっても悩みや葛藤はつきものです。しかし、新人看護師にとっては現状よりももっと良い環境で働ける可能性を見出すことが多々あります。

これは正に「隣の芝生は青く見える」というものですが、日々の激務に慣れないうちはそう考えてしまっても仕方のないことです。

看護師を辞めるべきか

この章では、新人看護師が辞めたいと思った時に、実際に辞めた方が良いかどうかについてご説明していきます。
辞めたいと思ったからすぐに辞める、と考えている方は、一度立ち止まって考えてみてください。
せっかく職に就いたのですから、それを手放すことはなるべく避けましょう。

こんな時は辞めるべき

まずは辞めた方が得策なケースをご紹介します。

自分では解決できない問題や苦しい状況の場合、きっぱりと辞めた方が良い場合もあるのです。

1. いじめや人間関係で悩んでいる時

いじめや人間関係など、対人関係の悩みがある場合は辞めて次の職場を探すべきです。
対人関係は自分の努力で解決することが難しい悩みであり、日々ストレスが蓄積していくのみです。

それに悩まされることは非常に厳しく、つらい日々を送る必要があります。
ストレスに耐えられなくなる前に、転職先を探すべきです。

2. 残業代が出ない時

いくら長時間の残業をしても、全く残業代が支払われない場合も転職するべきです。
多少の残業は仕方ないとしても、自分が耐えられない、諦めがつかないと感じたら、それは危険なサインです。

ただでさえ忙しいというのに、更に残業をし、それでも給与に反映されないという環境は不満ばかりを生んでしまいます。
看護師という職業そのものを嫌いになってしまう前に、より残業に関して理解のある職場に転職するべきでしょう。

看護師の年収に関しては、こちらの記事に詳しく記載していますので、ご自身の年収額の比較して、是非参考にしてみて下さい。

>>看護師の年収額483万円|給与の特徴を徹底解説

3. 正当な評価を受けられない時

いくら働いても全く正当な評価を受けられていないと感じた場合も、転職先を探すべきです。
どこからを正当な評価と捉えるかは人それぞれでしょうが、明らかに不当な扱いを受けている場合はモチベーションの維持にも関わる問題ですから、退職をおすすめします。

周囲は昇格しているのに、同じ業務に取り組んでいる自分だけが評価されていない、などといった場合には抗議をすることは難しいでしょう。

4. 健康状態に影響がある時

心身ともに疲れ果て、健康状態に悪い影響が及んだ場合にはすぐに退職しましょう。
職場で我慢をしすぎて、ストレスによって体を壊すことだけは避けるべきです。

健康でいれば次の職場を探すことができますが、体調が悪ければ転職活動はできません。
まずは自分の体を大切にすることを第一に考えましょう。

こんな時は辞めない方が良い

次に、辞めるべきではないケースについてご紹介します。
どれほどつらくても、まだ辞めるには早いという場合もあります。
現状を客観視して、冷静な判断をしましょう。

1. 自分のスキル不足に悩んだ時

日々の業務の中で自分にはスキルが足りない、と悩むこともあるでしょう。
しかし、新人であるならばスキルが十分備わっていないことは当然です。

そのため、スキルが不足していることは当たり前なのだと思うようにしましょう。
ここで辞めてしまっては、次の職場でも同じことを繰り返してしまう可能性が非常に高いです。

2. 周りと比べて落ち込んだ時

特に同期と自分の能力を比べた時などに、劣っているのではないかと感じて落ち込んでしまった時もあるでしょう。
だからといって、それは主観的な見方でしかないため、全く気にする必要はありません。

他の人から見ればあなたの方が優れているという面もたくさんありますから、劣等感に支配されることは無意味です。
極力周りのことは考えず、自分のスキルを磨くことだけに没入しましょう。

3. 成長したビジョンが見えない時

自分がこれからどうなっていくのか、どう成長していくのか、ビジョンが見えない時もあるでしょう。
しかし、それは働き始めてすぐに描けるようになるものではありません。

ある程度経験を積まなければ、自分の将来を明確にすることはできないのです。
そのため、将来に対して不安を抱くのではなく、まずは毎日コツコツと経験を積んでいくべきです。

4. 休みたいという気持ちが強い時

日々激務が続いていると、思いっきり休みたいと思うこともあるでしょう。
しかし、休みたいという衝動に駆られて退職するべきではありません。

その時はすっきりするかもしれませんが、すぐに退職してしまったことを後悔することになってしまいます。
転職活動もしなければなりませんし、辞めたからといって楽になれるわけではないことを覚えておきましょう。

辞める前に知っておきたい悩みを解消する方法

ここでは、辞めたい気持ちが強い方に向けて悩みを解消する方法をご紹介します。
退職を決意する前に、まずこれらを一通り行ってみてください。

1. 同期に相談する

一番簡単な方法として、同期に相談するということが挙げられます。
同期は同じ悩みを抱えている可能性が非常に高く、話し合うことで痛みを分かち合うことや、解決策を見出すことができるかもしれません。

まずは誰かに話してみることが何よりも大切です。
一人で考えていると、どうしてもネガティブな方へと流れてしまいますから、できるだけ周囲に相談するようにしましょう。

2. 一度休みをとる

1日だけで良いので、何も考えずに過ごせる休暇をとりましょう。
もちろん休みを取りにくい状況にある方もいるかもしれませんが、どのタイミングでも良いので無理をしてでも休んでみてください。

休みを取った場合には、できるだけリラックスしておきましょう。
趣味があればそれに没頭するのも良いですし、ゆっくりと睡眠をとることもおすすめです。

3. 気持ちをリセットする

何よりも大切なことは、気持ちをリセットすることです。
思い詰めすぎていると感じたら、一度仕事から意識を放してみましょう。

考えすぎてしまうと、良くない方に思考が流れてしまいます。
自分には非はないのだと、改めて確認することは非常に大切です。

4. 初心に返る

そして、初心に返ってみましょう。
どうして看護師になりたかったのか、看護師になって何をしたかったのか、今一度振り返ってみてください。

忙しさのせいで忘れかけていた初心を思い出すことで、まだ頑張ろうと思えるでしょう。
諦めず、看護学校に入学した頃の気持ちを思い出してみてください。

5. やりがいを考える

自分にとっての看護師とはどういう意味を持つ職業だろう、と考えてみてください。
そこにやりがいを感じられれば、それはモチベーションに繋がります。

仕事にやりがいを見出すことができれば、まだ続けていけると思えるでしょう。

新人看護師が辞めた場合のデメリット

ここでは、新人看護師が仕事を辞めた場合のデメリットについてご説明します。
特に、すぐにでも辞めてしまいたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

1. 転職先が見つかりにくい

新人看護師が転職先を探す時、実務経験年数が少ないことは大きなデメリットとなります。
求人によっては、何年か経験を積んでいなければ応募することさえできないというものも少なくはありません。

実際に半年程度しか労働経験がない、などといった場合には特に注意が必要です。
ほとんどの病院は、中途採用するのであれば即戦力となる人材を求めています。

経験があまりない新人看護師では「まだ教育が必要な段階にあるのでは」と考えられてしまい採用されることが難しくなってしまうのです。

なかなか転職が難しいという方は、複数の看護師転職サイト・エージェントを併用することで転職に成功できる可能性が高まります。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
看護roo!

利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり!
ナース人材バンク

看護師登録者数No.1!
年間10万人以上が利用

▶︎横にスクロールできます▶︎

2. 面接で不利になってしまう

数か月単位で退職してしまうと、面接官に悪印象を与えてしまいます。

「この人はすぐに辞めるのではないか」「我慢ができない人なのではないか」などといったように、仕事が続かない人だとレッテルを貼られてしまう可能性が非常に高いのです。

もちろん誰もが「今度こそ長く勤めたい」と思っているでしょう。
しかし、経験年数が少ないと、その熱意を面接官に伝えることはなかなか難しくなってしまいます。

3. 十分なスキルを身につけられない

経験を積まずに仕事を辞めてしまった場合、看護師として必要なスキルを十分に身につけられないという懸念があります。

今後、看護師を続けていくにあたって、新人のうちに身につけておくべき基礎的なスキルを会得しないまま転職をすることになってしまいます。

その場合、転職先でいざ働こうとした時に右往左往してしまうことも考えられます。

これらのデメリットを考えた上で、転職についてもう一度考えてみることをおすすめします。

新人看護師が転職を成功させるポイント

どうすれば転職を成功させられるのか、6点のポイントをご紹介します。

1. 退職する際に退職理由をはっきりさせておく

退職理由を明確にしておかないと、面接の際に「なぜ前職を辞めたのか」との問いに答えられなくなってしまいます。

面接を受けるためには必ず答えを用意しておかなければなりませんが、何のために辞めたのか自分でもよくわかっていないという状態では、面接官に転職の意を伝えることはできないでしょう。

もちろん「何となく辞めた」という人はいないでしょう。
なぜ自分が退職に至ったのかを順序立てて見つめ直してみましょう。

2. 志望動機は前向きなものにする

「人間関係がうまくいかなかった」「残業が多すぎた」など、実際には深刻な問題があって退職したのだとしても、それをそのまま面接官に伝えるべきではありません。

確かに自分にとっては嫌なことだったかもしれませんが、面接官は「この人はすぐに文句を言うのか」「もしかしたら、また辞めてしまうのではないか」といった懸念を抱いてしまいます。

「もっとチームワークを大事にする職場に転職したかった」「キャリアアップのために転職したかった」など、前向きな志望動機を答えるようにしましょう。

看護師の志望動機の書き方や注意点については、こちらの記事でも詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

>>看護師の志望動機の書き方や注意点を徹底解説|実際の例文も紹介

3. できないことは正直にできないと言う

自分を良く見せて、面接に受かりたいと思ってしまうこともあるかもしれません。
しかし、高いスキルを持っていると嘘を吐いてしまうと、実際に業務が始まってからつらい思いをすることになってしまいます。

周囲の人達はあなたができると思ってさまざまな業務を頼んでくるでしょう。
しかし、実際にそれらを成し遂げられるスキルが備わっていないとなると、どう対応して良いかわからなくなってしまいます。

これは自分だけの問題ではなく、業務を遂行できないと周囲にも迷惑をかけてしまうでしょう。
そういった事態を避けるためにも、面接では正直にスキルを伝えましょう。

4. 口コミサイトをチェックしておく

転職先の病院の内情を知っておくことも非常に重要です。
「思っていたような職場ではなかった」といったことにならないように、事前に口コミサイトで評判をチェックしておきましょう。

特に、看護師の口コミが集まる「ナスコミ」がおすすめです。

しかし、口コミサイトは役に立つ反面、大げさに悪い評判を載せている場合もありますから、その点には十分に注意し、あくまでも参考程度に留めておきましょう。

5. 前職の不満を解決できる職場か確かめる

「現在の給料が不満で転職を決めた」「院内の雰囲気がギスギスしていたから転職しようと思った」など、職場を変えることで改善できる理由であれば、まずは転職先の病院があなたの望む環境であるか確かめる必要があります。

求人票の給与欄は、絶対に妥協できないラインを超えているか確かめるほか、雰囲気が気になるのであれば実際に足を運んでみるなど、実際に転職してから不満を抱かないように気をつけてください。

せっかく転職したのに、また転職したいと思ってしまわないようにしましょう。

6. 転職エージェントを利用する

自力で転職先を探すことは、そう簡単ではありません。
求人の集め方も手探り状態ですし、その内情を詳しく知ることは更に難しいと言えるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントです。
転職エージェントはあなたにぴったりの求人を探してきてくれるだけでなく、病院の内情を知り尽くしています。

そのため、どのような細かい質問や、直接病院にしたくないような質問もエージェントを介して知ることができます。

看護師の方におすすめの転職サイト・エージェントは以下の記事でも詳しく記載していますので、参考にしてみて下さい。

>>看護師転職サイトおすすめランキング|口コミ・評判から徹底比較

看護師におすすめの転職エージェントは以下の3社がおすすめです。

複数の転職エージェントを併用して、転職を是非成功させて下さい。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
看護roo!

利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり!
ナース人材バンク

看護師登録者数No.1!
年間10万人以上が利用

▶︎横にスクロールできます▶︎

次の章では、おすすめの転職エージェントを、詳しくご紹介していきます。

7. 新人看護師におすすめの転職エージェント

この章では、新人看護師の方におすすめの転職エージェントを1社ずつ詳しくご紹介していきます。

それぞれエージェントごとに特徴があるので、あなたに合った転職エージェントに登録してみて下さい。

1位.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事は、看護師のための優良転職サイトです。
友達に勧めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。

さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。
口コミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。

また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。
アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる優良な転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。

>>看護のお仕事の評判・口コミを見る

2位.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は、利用者満足度96.2%を誇る看護師転職に特化した転職サイトです。
業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件を超えています。
応募手続きから退職交渉、給与アップ交渉などのサポートも充実。履歴書の添削や面接練習も行ってくれます。また、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴です。
10年以上、看護師さんの転職支援を行ってきた実績のある転職サイトですので、転職に慣れていない方はぜひ相談してみてください。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、希望にあった求人をさらに紹介してもらえました。
転職先についても正直にアドバイスをもらえたおかげで自分にあった病院を探すことができました。給与面でも理想的な病院に決まったのでとても感謝してます。

>>看護roo!の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

3位.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

>>ナース人材バンクの評判・口コミを見る

4位.医療ワーカー

医療ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療ワーカーは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
看護師専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。

>>医療ワーカーの評判・口コミを見る

5位.ナースではたらこ

ナースではたらこ

おすすめ度:
公式サイト: https://iryo-de-hatarako.net/

ナースではたらこは看護の転職業界大手のサービスです。

働きたい病院の逆指名機能がついていることや、24時間電話相談が可能など、ユーザーにとって便利な機能が備わっています。

求人数自体はそこまで多くありませんが、転職サポートにかなり強みがあるので、登録だけでもしておくことをおすすめします。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
他にはないような転職サポートがかなり多くて楽しい気持ちになりました。
あとは他のサービスと違って、無駄な電話が全然かかってこないのが良かったです。

>>ナースではたらこの評判・口コミを見る

8. 転職エージェントの上手な利用の仕方

1. 連絡はこまめに・素早く取る
2. 経歴やスキルは正直に伝える
3. 希望条件には順位をつける
4. サイトは毎日チェックする
5. 求人について迷ったらキャリアアドバイザーにすぐ相談する

1. 連絡はこまめに・素早く取る


キャリアアドバイザーとの連絡はこまめに取るようにしましょう。
キャリアアドバイザーはまだサイトに載っていない求人を抱えている可能性があるため、早くエントリーするためには連絡を取って確認する必要があります。

また、キャリアアドバイザーから連絡があった場合にはすぐに応えられるようにしておくことも大切です。
待っていても連絡が来ないと判断された場合、キャリアアドバイザーは違う求職者に求人を回してしまいます。
良い求人を逃さないためにも、キャリアアドバイザーには素早く連絡が取れるようにしておきましょう。

2. 経歴やスキルは正直に伝える


これまでの職歴や、スキルの度合いは正直に伝えましょう。
短い職歴が多いと不利になるのではないか、と考えて隠したくなってしまうかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

職歴が短くても、キャリアアドバイザーはそれを悪く伝えることはありません。
それよりも、虚偽の申告をしていたことが後々になってわかってしまったという事態の方が大きな問題です。

また、スキルに関しても同様です。
必要なスキルを全て「できる」と答えてしまい、いざ業務を任された時に全くできない、となっては派遣先の企業は困ってしまいますし、何よりも今後の信用問題に関わります。

経歴やスキルは嘘偽ることなく、正直に伝えましょう。

3. 希望条件には順位をつける


求人を探す際には、希望条件に順位をつけましょう。
さまざまな希望条件があるでしょうが、それら全てを満たす求人があるとは限りません。
その時に、自分が一番大切に思っている条件はどれだろう、と考えてみてください。

求人を探す上で軸となる条件を見つけておくことは非常に大切です。
なお、条件が決まったらキャリアアドバイザーにも伝えておきましょう。
キャリアアドバイザーと意思疎通ができていないと、希望する条件に当てはまる求人を提案してもらえません。

希望する条件については、じっくりと話し合ってみてください。

4. サイトは毎日チェックする


派遣会社の求人画面は毎日チェックしましょう。
求人はどんどん更新されていくので、目を離してはいけません。
また、応募者が多数の求人は早々に応募を締め切ってしまうこともあります。

もし興味のある求人を見つけたら、すぐ連絡するようにしてください。
サイトの求人は増減の動きが激しい時期がありますから、もしめぼしい求人がなかなか見つからないようであればそういった時期を狙ってみるのも良いでしょう。

どうしても見つからないという場合は、キャリアアドバイザーに直接連絡してみてください。
サイトに未掲載の求人を抱えていることも多いので、希望する求人が見つかる可能性は高いです。

5. 求人について迷ったらキャリアアドバイザーにすぐ相談する


良いと思っても応募するべきか迷ってしまう求人があったら、まずキャリアアドバイザーに相談しましょう。
一人で悩んでいても良い結果は生まれませんし、時間だけが過ぎてしまいます。
その間に別の求職者に決まってしまうということもあり得るので、求人を掴みたいのであればすぐにキャリアアドバイザーに相談するべきです。

その求人ではどのような求められているのかなど、詳しい条件は求人票だけではわからない場合が多々あります。
直接キャリアアドバイザーに詳細を聞いた上で、応募するかどうか判断するのが最もいいと言えるでしょう。

まとめ

新人看護師の方々が辞めたいと感じた時に試してもらいたいストレスへの対処法や、一般的に辞めたいと思う理由についてご紹介してきました。

もし今辞めたいけれど踏ん切りがつかず悩んでいるという人は、一度転職エージェントに相談してみてください。

また、複数の転職エージェントを併用することで転職に成功できる確立が高まります。是非、活用していきましょう。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
看護roo!

利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり!
ナース人材バンク

看護師登録者数No.1!
年間10万人以上が利用

▶︎横にスクロールできます▶︎

【看護】都道府県別おすすめ転職サイト
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄
参考文献
看護職員就業状況実態調査結果
看護職のキャリアと働き方支援サイト
看護職のキャリア
看護職員の現状と推移
看護職員研修事業の実施状況及び事業計画に関する調査について
看護業務実態調査について
福祉及び介護施設における看護師の日雇派遣に関するニーズ等の実態調査
ナースセンターによる看護職員の復職支援の強化
「訪問看護ステーションの求人倍率」継続して高水準
看護職賃金の実態とその改善策
看護職就業者数の動向に関する研究
公益社団法人日本看護協会
准看護師のための進学特設サイト
看護職のワーク・ライフ・バランス推進事業
いきいき働く医療機関サポートWeb
医療専門職支援人材確保支援事業報告書(抄)