・「転職をしたいけど、いつから始めるのが良いか分からない」
・「転職活動をするのに有利・不利な時期はあるのだろうか」

とお悩みではありませんでしょうか。

今の職場を転職したいと思っていても、どのタイミングが良いのか分からずに月日が経ってしまった、という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

じつは開始時期というのは、転職活動を成功させるにあたり非常に重要です。
時期により転職市場が全く異なるので、いつ開始するかが転職活動成功を左右させるといっても過言でありません。

この記事では、多くの看護師転職をサポートしてきた筆者が、看護師が転職活動をはじめるベストタイミング、年次別の転職実態、新しい職場を探すコツと併せてご紹介します。

記事の目次

看護師の転職時期|ベストなタイミング

下記は数々の転職市場のデータをもとに、もっとも転職に向いてる時期・向いてない時期をご紹介します。

転職活動開始に向いてる時期
1月・6月・11月
転職活動開始に向いてない時期
3月・4月・8月

転職に向いてる時期

1月
12月ボーナスをもらった後に退職し、年明けから転職活動を開始、2~3月に勤務先を決定、4月の新年度入職の流れが見込めます。
求人数が増加するうえ、2・3月と比較すると競争率が低い傾向にあります。復職者も含めて転職活動がしやすい時期でしょう。

6月
ボーナスが支給される時期。同時に離職者が増えるシーズンでもあります。
離職者が増えると、その分病院各所では求人数が増加し、転職者にとっては売り手市場となります。

11月
年明けの入職に向け、求人数が増加する時期。そのあとに転職活動に絶好な月が2ヶ月も続くため、秋からの転職活動開始におすすめです。

転職に向いてない時期

3・4月
求人数が少なくなる時期で、4月は新卒看護師が多く入ってくる時期なので人事はその対応に追われます。転職者フォローは手薄になるでしょう。3月はとくに退職者の有給休暇取得率が高く不向きでしょう。

8月
夏休みの取得率が高い時期なので、人手不足で転職市場の動きは鈍るでしょう。
業界・職場全体が忙しい時期は、当然面接の機会が減少しますので、転職活動には不向きな時期です。

看護師の転職時期|月ごとの業界事情

続いて、月ごとの転職活動開始適正度をそれぞれ5段階評価で示しました。
何月から転職活動を開始するか、ご自身の希望と合わせて是非検討してみてください。

おすすめ度 理由
1月 ★★★★★ ・年末年始の繁忙期で需要急増
・ボーナス受け取り後の退職が出来る
2月 ★★☆☆☆ ・閑散期のため需要減少
3月 ★☆☆☆☆ ・年度末のため採用活動縮小
4月 ★☆☆☆☆ ・新年度のため求人数も多い
・スタートを切りやすい
5月 ★★☆☆☆ ・新人研修真っ只中
・連休のため若干の繁忙期
6月 ★★★★★ ・新人対応後、採用活動の再開
7月 ★★★★☆ ・ボーナス受け取り後の退職が出来る
・夏季休暇前のため需要急増
8月 ★☆☆☆☆ ・夏季休暇中のため採用活動がにぶる
9月 ★★★☆☆ ・上半期の最終月
・求人数は増加傾向
10月 ★★★★☆ ・下半期の開始月
・職場になじみやすいタイミング
11月 ★★★★★ ・年明けの採用活動活発化
・翌㋃入社をねらえる
12月 ★★☆☆☆ ・年末年始のため業界自体が繁忙期

▶︎横にスクロールできます▶︎

ここからは、看護師転職における各月の採用状況の詳細をご説明します。
各月の人事の動向など詳しく知りたい方はご覧ください。

1月(おすすめ度★★★★★)

4月入職を目指して動き始めるには最適です。
1~3月は求人数が一気に増え競争率も高いですが、初月の1月は求人数、競争率ともまだ上昇段階なので比較的ねらい目です。

また、1月は休職していた看護師が復職するのにも最適な時期です。
4月に新卒看護師も同時に就職するため、一緒のタイミングで業務を開始しすいでしょう。

2月(おすすめ度★★☆☆☆)

医療機関がそこまで忙しくならない時期ですが、求人は減少傾向となります。
そのため、転職者へのフォローが行き届きやすく、時間をかけてもらえる可能性が高いです。

また、この時期に転職・復職をした場合には、職場が落ち着いているため働きやすい、慣れやすいという良さがあります。

3月(おすすめ度★☆☆☆☆)

4月入職者が決定し始めるため、求人数は減少傾向にあります。
人手不足の場合は求人を出しているケースもありますが、3月から動き出すのは得策ではありません。

それに3月は年度末であり、病院内では退職する看護師が増えます。
有給休暇を消化する看護師が増える結果、病院内は忙しくなり採用活動も鈍るので、3月入職はおすすめ出来ません。

4月(おすすめ度★☆☆☆☆)

4月は多くの新卒看護師が入職します。
人員は潤っていることから求人数は減少し、選択肢も少なくなるため、転職開始には不向きでしょう。

もし人手不足となっている職場がある場合、何かしらの特殊事情がある可能性があるので、慎重に確認することがおすすめです。
また4月に入職したら、新人と一緒に研修を受けられる機会あるため、転職者も新しい職場になじみやすいメリットがあります。

5月(おすすめ度★★☆☆☆)

4月入職により人員が満たされている時期なので求人は少ない傾向にあるでしょう。
新人研修が続いているため、採用担当者は多忙で転職活動には向かない時期です。

また大型連休も挟むため、何かと時間がかかりやすいでしょう。
尚、5月は公立医療機関の採用活動が本格化する時期なので、公立への転職を希望する方は情報収集を開始しましょう。

6月(おすすめ度★★★★★)

4月入職の新人研修が一段落するので、転職者へのフォローが行き届く時期でしょう。

また、おそらくボーナスを受け取った後に退職する看護師が出るので、その補充人員を募集する傾向があります。
そのため、転職活動がスムーズに開始できますし、好条件の求人も多く転職に向いている時期と言えます。

7月(おすすめ度★★★★☆)

6月の退職者が増えることから、7月の求人数は増加傾向となるでしょう。
そのため、多くの求人の中から選びやすい時期です。しかし、夏季休暇に入る看護師が多くなるため、職場は忙しくなり、フォローは手薄になりがちです。

ですので急いで転職したい方、研修をきちんと受けたいと考えている方にはおすすめできません。

8月(おすすめ度★☆☆☆☆)

夏季休暇で常に人手不足となる8月は、かなり忙しい時期です。
このため、転職活動では面接の機会を設けてもらうことすら難しくなりやすいでしょう。

また、もし8月入職しても、すぐに慌ただしい時期を迎えるため、手厚いフォローや研修は望めないと思った方がよいでしょう。
やむを得ず転職を急ぐ場合は、このことを予め理解しておきましょう。

9月(おすすめ度★★★☆☆)

上半期の最終月です。このため、看護師転職市場でも、下半期に向け人員強化をする病院が増えます。
10月入職に向け大量採用を行うところが多く、即戦力となりうる看護師なら即座に転職できる時期でしょう。

また、求人数が徐々に増加し始めるタイミングなので、情報収集から転職活動を開始するにもおすすめな時期です。

10月(おすすめ度★★★★☆)

9月の大量採用に比較すると求人数はいったん減少傾向となりますが、月の後半は年末の離職者増加を見越して、求人数が増加していくでしょう。
そのため転職活動開始におすすめの月であると言えるでしょう。

また、一般企業と同様に看護業界でも人事異動のタイミングです。そのため、そうした事情と併せて採用活動をするケースもあります。

11月(おすすめ度★★★★★)

年明けに向けた採用活動が活発化し、求人数が増える時期です。
転職活動の開始には非常に最適な時期であり、翌年4月の転職を考えている方もこの時期から動き出すのがおすすめです。

ただし、11月は10月入職・異動者の研修が積極的に行われている時期でもあり、採用担当者は多忙です。面接を入れるといった転職活動そのものの時期には向いてないことを念頭に置きましょう。

12月(おすすめ度★★☆☆☆)

年末年始の時期で、業界全体が繁忙期となるため、転職活動をするには不向きでしょう。
求職者の動きも鈍くなりやすく、求人数は減少傾向になります。

ボーナス支給月でもあるため、現職から焦って転職をせずに年明けを待ってもよいでしょう。

看護師の転職時期|勤務年数ごとの転職活動

看護師のキャリアプランにおいて、転職に適したタイミングは入職後5~10年目です。

これは、5年以上の経験を積めば、責任ある仕事を任される機会も増えるため、自分で対応できる仕事の幅が広がっているためです。同時に、年齢的にはまだ若く将来的に経験を積んでいける時期でもあります。

採用担当者の観点からは、即戦力になる可能性が高いことと、成長が見込まれる年次であることから、積極的に採用したいと思うでしょう。

10年以上キャリアのある看護師の場合、採用担当者によっては「ベテランであるがゆえに、新たな知識の習得が難しい」と判断することもあります。
職場環境をよくリサーチして、これまでに培った知識を存分に生かせそうなポジションかを吟味することがおすすめです。

転職におすすめの年数
入職後5~10年目

しかしながら、必ずしも5~10年目の年次で転職出来る方ばかりではないでしょう。
個々の事情によって転職時の年数はさまざまです。

続いては、勤続年数に応じた転職活動開始のポイントをご紹介します。

勤続年数ごとのポイント

勤続年数1~2年目

1〜2年目の看護師は、第二新卒の募集をしている病院を探すと転職しやすいです。

第二新卒とは、学校等卒業して一度就職した人が、短期間のうちに転職をする人のことです。(主に卒業後3年以内の人材)
第二新卒の募集では、入職後に新人同様の扱いとして一から教育してくれる病院も多いです。第二新卒とは、「すぐに辞めた人を雇う」ことが前提なので、普通の求人よりも応募のハードルが低いと言えます。

勤続年数3~5年目

3年目〜5年目を超えてくると、どの時期に転職しても引く手あまたと言ってもいいでしょう。
一通りの経験やスキルが身についているので、即戦力としての役割を期待されるためです。

また、1~2年目の看護師と比べて求人の幅も広がりますので、あなたの希望する働き方・勉強したい分野の職場への転職も検討出来るでしょう。
現在の職場に不満を感じているのならば、積極的に転職活動してよい時期でしょう。

勤続年数6~10年目

勤続が6年目〜10年目になると、現在の職場で主戦力であることが多いため、そもそも退職しづらい年数です。

また、この年数ではプライベートで結婚・出産等変化が起きやすい時期です。
そのため、転職を考える場合には自分のライフスタイルに沿った時期の転職をおすすめします。

ライフスタイルに沿った転職時期
『今年中に結婚、来年には子供が欲しい。育休を取りたいので、今は転職せずこのまま勤める。』
『親と同居することに。転職開始は引越しが決まってからにしよう。』

きちんと将来を見据えた計画を立て、転職時期を考えましょう。

看護師の転職時期|年次別の転職実態

看護師が転職するおすすめのタイミングは、一般的に5~10年目と言われていますが、実際は個々の事情で様々なケースがあります。

ここでは年次別の看護師の実際の事例を通して、転職活動の実態をご紹介します。

年次別の実態

1. 入職1年目で転職した場合

口コミアイコン
入職1年目のAさん
1年目の新人看護師です。毎日、患者さんの命に関わる様な責任の重い仕事をやらせてもらっています。
ミスをしてしまった時のことを考えてしまい、とても怖くなります。先輩と一緒にやってはいるものの「先輩に迷惑をかけられない」「自分のせいで患者さんにトラブルが起きてしまったらどうしよう」などと考えると耐えられません。

小さなミスをすることもあり、先輩から指導される日々です。今すぐには出来ませんが、もう一度自分自身を見つめなおした方がよいでしょうか。

解決策

Aさんにはもう少し今の職場に残ることをご提案します。
ただどうしても人間関係の悩みに耐えられないのであれば小規模なクリニックなどを一つの選択肢としてご紹介します。

Aさんはまだ入職1年目なので第二新卒で応募することが出来ます。

2. 入職5年目で転職した場合

口コミアイコン
入職5年目のBさん
看護師として5年勤めています。
とにかく毎日に忙殺されています。毎朝7時に集合と言いながら、先生によっては5時から出勤する方もいらっしゃいます。
そうするとそれに合わせて出勤せざるを得ず寝不足と疲労が抜けません。これは病院自体の医師不足と同時に看護師不足も原因としてあったと思います。

もう少しゆとりがありつつ任せてもらえる職場に就きたいです。

解決策

転職のタイミングとしてはベストです。
5年目というのは、適度に経験・知見を既に積み上げており、それでいてまだまだ融通の利く年次です。

したがって、どの職場においても即戦力として必要とされるし、まだまだ吸収・成長出来ます。
新たな職場に思い切ってチャレンジすることをおすすめします。

3. 入職10年目で転職した場合

口コミアイコン
入職10年目のCさん
看護師を今年で10年目をむかえますが、今さら転職出来るのか不安です。
私は外科の看護師として過ごしてきましたが、4年前に結婚をし、子供が生まれましたので途中産休をはさんで2年前に復帰しました。

現在の仕事に不満があるわけでは無いですが、刺激がないと感じてしまっております。新たに何かに挑戦したいという思いはありつつ、今の仕事は常にルーティーンワークになってしまっています。

解決策

実は10年目での転職は思われているほど難しくはなく、経験・知見が現場では非常に重宝され即戦略として活躍できるでしょう。

また看護師はもちろん、例えばMR、産業保健師、医療機器企業の事務といった異業種のお仕事に挑戦してみるのも良いでしょう。
看護師で培った細やか気遣いはどの業界・業種でも貴重な武器となるはずです。

転職活動に必要な3つのSTEP

転職にベストな時期がわかったら、今度は実際にいつ頃から転職活動をスタートすれば良いのか悩むかと思います。一般的に、適切なのは退職から3ヶ月前といわれています。
理由は、 転職の準備期間のほかに現在の職場での退職手続きがあるからです。

それでは具体的に、3ヶ月間でどのように転職活動を進めていくかご紹介します。

転職活動に必要な3つのSTEP
・転職理由をまとめる
・情報収集をする
・転職先を決定する

STEP1. 転職理由をまとめる

転職を考え出したら、まずなぜ転職したいのかの理由を明らかにすることです。

「5年働いたからそろそろだと思って。」
「同期がみんな転職してるから。」

このようにはっきりしない転職理由だと、今後の情報収集で何を優先的に探せばよいのかわからなくなります。
あなた自身が 転職により何がしたいのか、何をしたくないのかをはっきりさせておきましょう。

STEP2. 情報収集をする

次に、情報収集をしましょう。
時期が間違っていなくても、よい求人情報を集められなければ、そもそも納得のいく転職はできません。
情報不足だと、転職後にギャップを感じてしまうなど失敗してしまう可能性もあります。

情報収集の一例

  • どんな病院があるのか。
  • 給与・待遇はどうなのか。
  • どれくらい施設や設備が整っているのか。
  • 実際に働いている人の声はどうか。
  • 口コミはどうか。

なお、情報収集には看護師専門の転職サイトの活用がおすすめす。

転職サイトを利用することで、転職した人の生の声や、病院の様子を知っている人から話を聞くことが出来るためです。
さらには、情報収集の他にもキャリアアドバイザーが面倒なやりとり・手続きを全て代行してくれます。

>>看護師転職サイトおすすめランキング|タイプ別に徹底解説

STEP3. 転職先を決定する

最後に実際に転職先を決めていきましょう。
希望の転職先が見つかったら、求人サイトなどを活用して病院見学・面接のアポイントを取りましょう。
求人サイトを利用した場合は、 担当者が代理で面倒な病院側とのやり取りをしてくれます。

>>看護師転職サイトおすすめランキング|タイプ別に徹底解説

看護師が転職に失敗しないためやるべきこと

現在の職場に悩みがある方、転職をしたいけどなかなか一歩が踏み出せないという方は、まずは周囲の人に相談することをおすすめします。

他人へ話すことで、自分自身の頭の中も整理され、自分が本当にするべきことを把握できるようになるでしょう。

しかし中には「職場の人に相談したことで、辞めようとしているのがばれてしまうのではないか。」「転職に詳しくて、相談に乗ってくれる人が周りにいない」といった状況の方もいると思います。

そのような方々は、1度転職サイトに登録して担当者に相談することをおすすめします。
転職のプロならではのアドバイスを頂けるでしょう。

転職サイト利用の流れ

前述でもご紹介しましたが、ここでは転職を成功に導いてくれる転職エージェントをどう利用するのか流れを詳しくご紹介します。

転職相談 あなたが今後どのようなキャリアを進んでいくか、
転職に対してどのような不安を抱えているかヒアリングし、アドバイスを提供してくれます。
求人紹介 あなたから聞いた希望条件や企業の特徴を分析して、あなたとマッチした求人を紹介してくれます。
その他にもあなたにおすすめの求人も紹介してくれるため、転職の幅が広がります。
面接対策 企業の特徴に合わせて、どのような質問をするべきか、
答えはどう返答すればいいかなど、具体的なアドバイスを提供してくれます。
希望を出せば、模擬面接をしてくれる転職エージェントもいますので、
気になる方は1度聞いて見るといいと思います。
書類添削 書類選考で重要となる履歴書などの添削を行ってくれます。
企業がどんな人材を求めているか把握し、
あなたが書類選考で通れるよう親身に対応してくれます。
企業との条件交渉 転職するときの大きな壁となる、条件交渉を代わりに行ってくれます。
あなたが希望する条件にできるだけ近づけるよう、交渉をしてくれるので、
希望条件がある方は隠さず伝えておくと良いでしょう。
企業に対してあなたの強みをアピール 転職エージェントは、あなたについてヒアリングを行い、そこから分析したあなたの強みを企業に直接アピールしてくれます。
あなたの転職を後押ししてくれるため、心強いです。

▶︎横にスクロールできます▶︎

総合型転職エージェント|タイプ別おすすめ転職エージェント

求人数が多くサポートの質が高い総合型転職エージェントに2社ほど登録しておくと、転職活動が楽になります。

サポート」と「求人数」の観点で比較したおすすめ転職エージェント3社をご紹介します。

リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントです。

約200,000件の求人数を保有しているため、求人の選択肢で困ることはありません。
また、転職するときに課題となる「求人数」も解決でき、質の高いサポートを受けることができるためおすすめです。

マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは20代・30代の求人力が強く、大手企業から新規ベンチャー企業まで様々な求人を取り扱っています。

マイナビグループで培ってきた就職・転職ノウハウを駆使したサポートで、あなたの転職を支えてくれます。
転職する20代・30代の方は、ぜひ利用することをおすすめします。

Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、グローバルなネットワークを作り上げることで、豊富な求人を取り揃えています。

営業系やIT系、メディカル系や事務系など幅広い職業への転職が可能なため、看護師から転職を考えている方におすすめです。

担当の方も専門領域に精通しているため、あなたが気になっている業界について詳しく聞くことができます。

転職が初めての方でも利用しやすい転職エージェントです。

関連記事この他にも転職エージェントを調べたい方は、「【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較」で質の高い転職エージェントをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

看護師特化型転職エージェント|タイプ別おすすめ転職エージェント

ここでは看護師に特化した転職エージェントをご紹介します。

1.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事はIT転職やフリーランスに強いレバレジーズの運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
友達に進めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。クチコミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。
また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。

2.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

3.マイナビ看護師

マイナビ看護師

おすすめ度:
公式サイト: https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は20代30代に人気を誇るマイナビが運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
3年連続認知度No.1で、全国に求人もあります。求人情報の読み方からレクチャーしてくれるほどの丁寧なサポートが魅力で、面接対策はもちろんですが、面接に同行してもらうこともできます。
セミナーも開催していますのでそもそも転職を悩んでいるという方にもお勧めできます。病院はもちろん、クリニックや介護施設などの求人も多く扱っていますので、多くの選択肢から検討することができます

口コミアイコン
30代女性(年収300万円台)
子供を産むタイミングで仕事をやめ、昔お世話になったマイナビさんを利用しました。転職活動をそもそも何から初めるべきか悩んでいましたが、相談してからスムーズに運びました。
夜勤なし、残業少なめという条件も叶えてくれて感謝しています。

4.医療Worker

医療Worker

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療WOKERは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。

5.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は利用者満足度96.2%で最も選ばれている看護師さんにおすすめの「エージェント型」転職サイトです。登録しなくても情報をしっかり見ることもできるので「サイト型」のような使い方も可能です。
求人数も37,000件と豊富で、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴。病院内の内部情報を事前にしっかり知ることができるため人間関係なども事前に把握しておけます。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、給与面でより理想的な病院を紹介してもらいました。
少し連絡が多かったことが気になりました。

転職エージェントを150%活用するコツ

1.エージェントとの連絡はこまめにとる
2.エージェントと相性が悪ければ変更してもらう
3.サイトは毎日欠かさず確認する
4.経歴やスキルは偽らないようにする
5.エージェントには遠慮せず質問する

1.エージェントとの連絡はこまめにとる


エージェントは転職に対する熱意が高い人に優先的に求人を紹介しています。連絡を疎かにしていると、「この人はもう転職をしないのだろうか」と思われてしまい、求人を紹介してもらえなくなってしまいます。
また、サイトには掲載されていないけれどエージェントだけが持っている求人情報というものもあります。これを知ることができるのはエージェントと密な連絡を取っている人だけですから、日頃からコンタクトを取り続けておくようにしましょう。
もしメールが来たら必ず返信し、電話に出られなければ折り返しをするといったことは忘れないようにしてください。

2.エージェントと相性が悪ければ変更してもらう


どの転職エージェントにも、態度の悪さが目立つ、あまり仕事にやる気を見せない、口調に棘があるなどといったエージェントは存在しています。
そういったエージェントが担当になってしまった場合には、我慢をせずに担当の変更を申し出てください。
スムーズに転職活動を進めていくうえで、エージェントの存在は非常に重要なものとなります。
エージェントがやる気を出してくれないと、こちらはどう動けば良いかわからなくなってしまいます。
遠慮することなく、事情を話して担当を替えてもらいましょう。

3.サイトは毎日欠かさず確認する


転職エージェントのサイトは必ず毎日確認しましょう。
毎日更新されるサイトの求人情報の中には、条件の良いものもあるでしょうから、すぐにエージェントに連絡できるようにしておく必要があります。
条件の良い求人はすぐに他の人にとられてしまうかもしれません。サイトを毎日確認していないと、出遅れてしまうのです。
常に新着情報を手に入れるためにも、サイトのチェックは欠かさないようにしてください。

4.経歴やスキルは偽らないようにする


経歴を偽ったまま入社してしまうと、虚偽の申告をしたとして最悪の場合解雇になってしまうこともあります。
短い職歴がいくつもある場合など、そのまま申告したくないこともあるかもしれませんが、エージェントは決してそれを悪いように相手企業に伝えることはしません。そのため、安心して正直に職歴を話してください。
また、スキルも同様です。あれもできる、これもできると話しても、実際に現場でできないと、事前の話と違うという問題になってしまいます。
スキルを偽って申告することも、信用を失う原因の一つとなります。絶対にやめましょう。

5.エージェントには遠慮せず質問する


せっかく転職エージェントに登録したのですから、エージェントには何でも質問しましょう。
転職が初めてならなおさらです。些細なことでも、遠慮せずどんどん質問してください。
こんなことを聞いても大丈夫かな、と思ってしまうかもしれませんが、エージェントは親切に教えてくれます。
むしろ、わからないことをそのままにして転職活動を進めていくと、エージェントとの心理的な距離やさまざまな面での齟齬が生まれてしまい、やるべきことをやれていないというミスや、伝達ミスなどが起きてしまいます。
わからないことは序盤のうちに解決しておきましょう。

転職エージェントの利用手順

ここでは、転職エージェントの利用手順をご紹介します。

転職エージェントの利用が初めてで、どのような流れで進むのか不安な方は参考にしてください。

手順1 公式ページから登録する

まず初めに利用する転職エージェントの公式ページから登録を行います。
転職サイトによっては「転職サービス」と「派遣サービス」の両方を扱っていることがあるので、よく確認しましょう。

登録の際には、以下の情報を記入します。

希望職種
希望勤務地
希望条件
希望年収

手順2 キャリアカウンセリング

登録後に担当の方から連絡がきて、カウンセリングの日程を決めます。

キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。

初回の面談では現在のご自身の状況やご希望のヒアリングと転職市場など企業側の状況を整理し、考えをまとめていきます。

主に話題になるのは下記のような内容です。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • ご自身のキャリアの棚卸
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでのご希望条件の整理
  • ご自身の強みの棚卸

キャリアカウンセリングではプロの意見をききながら、ご自身の考えを整理できるので、転職活動において次にするべき行動やご自身の強みが分かります。

転職をお考えの方はまずはキャリアカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

手順3 求人を紹介してもらう

カウンセリングが終わり、次に行うのが求人紹介です。

担当の方があなたの希望条件や希望業界などをヒアリングして、分析しあなたに適した求人を紹介してくれます。

なかには転職エージェント独自に保有している非公開求人なども紹介してくれるので、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

手順4 書類選考の対策

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。エージェントサービスのユーザーページにはサンプルもありますので参考にしましょう。

作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。場合によっては直接面談しながらアドバイスを受けることもできます。

職務経歴書は複数の選考で利用できますので、積極的に意見をもらって、しっかりとご自身をアピールできるものを作り上げましょう。

完成したものはエージェントが推薦文を添えて企業側に提出してくれます。エージェントに推薦文を確認させてもらうことも可能です。担当のエージェントが熱意をもってしっかりアピールしてくれているかが分かりますので、確認させてもらいましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

手順5 面接対策のサポート

書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

模擬面接も可能ですので不安な方はお願いしてみましょう。その他にも面接官のタイプやどのような質問をされる可能性が高いのかなども教えてくれます。

面接の結果もエージェントから知らされます。不採用の場合は理由もヒアリングしてくれるので、次に活かすこともできます。

手順6 内定が決まった後のアフターフォロー

内定の連絡もエージェントから知らされます。

内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

どれもあまり経験のない手続きだと思いますので、エージェントの支援を受けましょう。

まとめ

この記事では、看護師が転職するにあたっての適切な時期と年次ごとの転職実情などをご紹介しました。
また、転職サイトを使う際の利用の流れや、おすすめの転職サイトについても触れています。

転職時に気をつけるべきポイントを押さえたり、時に転職サイトを効果的に利用することで、あなたの悩みが解決へと向かい、明るいキャリアを築いていけることを願っています。

この記事で紹介しきれなかった転職エージェントに関しては、下の記事でご紹介しています。
興味のある方はぜひご覧ください。

>>看護師転職サイトおすすめランキング|タイプ別に徹底解説
>>転職サイトを比較|特徴別の比較一覧でわかりやすく解説

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄