理学療法士・PTにおすすめの転職サイト・エージェントランキング

CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

理学療法士・PTの転職サイトを探したいと思っても、たくさんありすぎてどの転職サイトを選んだらいいのかわからないという悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のためにこの記事では、PT・理学療法士におすすめの転職サイトをご紹介していきます。

PT・OT・STにおすすめの転職サイト

PTOTSTワーカー

PT・OT・STワーカー
トップクラスの求人数!
長年の実績のある医療ワーカーグループ!

\1分で登録完了/

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル
Web上から簡単に転職相談OK
マイナビ独占求人も◎

\Web上で簡単登録/

実は転職サイト・転職エージェントにはそれぞれ特徴があるため、あなたのご希望や状況にあった転職サイト・転職エージェントを選ばないと転職の効率が落ちてしまうのです。

そこで、あなたにぴったりの転職サイトを見つけられるよう、おすすめの転職サイト・転職エージェントをランキング形式でまとめました。
選び方やポイントなども解説していきますので、しっかり知識をつけたい方は最後まで読んでみてください。

記事の目次

最初にチェック!理学療法士・PTにおすすめ転職サイト|ランキング上位の2つを紹介

このあと、自分にあった転職サイトを選ぶ方法について解説しますが、先に満足度が高く、質も良い転職サイトをご紹介します。
先におすすめが知りたい!という方はこちらを参考にしてくださいね。

ぶっちゃけ話1つの転職サイトに登録して終わりだと思っていませんか?実は、サイトによっては連絡の頻度や傾向など、合う合わないがとても大きいです。
そのため、複数の転職サイトに登録し、サービスの使い心地や担当者との相性を確認することがストレスなく転職活動を進める近道です。

転職サイト名 総合評価 コメント
PT・OT・STワーカー
長年実績のある医療ワーカーグループが運営
トップクラスの求人数
マイナビコメディカル
人材業界大手のマイナビが運営
転職後の定着率の高さが特徴

▶︎横にスクロールできます▶︎

理学療法士・PTが転職サイトを選ぶ3つのポイント

これから転職サイトを選ぶ際のポイントについて解説していきます。少し長くなりますので、先にランキングを確認したいかたはこちらを参考にしてください。

初めて転職される方や転職に不安を感じている方はまず以下の3つのポイントをチェックしておくと選びやすくなります。

1.転職サイトの種類とサポート体制

転職サイトには「サイト型」と「エージェント型」の2種類があります。
理学療法士・PTの転職サイトは主にしっかりサポートをしてくれる「エージェント型」が多いです。

エージェント型は自分の希望にあった求人を紹介してくれるため、転職活動に不慣れな方や忙しい方にはぴったりです。
どちらもメリットデメリットはありますが、偏った求人や意見にならないよう、どちらにも登録しておくことをおすすめします。
また、転職サイトごとにサポート体制の手厚さも違います。

「エージェント型」であれば、どこまで担当者がサポートしてくれるのか、「サイト型」であれば、コラムやサイトの見やすさなどを確認してみてください。
サポートが手厚すぎて自分には合わなかった、逆にさっぱりしすぎていた、など転職サイトによってバラバラです。

感じ方も人それぞれですので、自分にあった転職サイトを選びましょう。

2.求人数

転職は情報量が成功のカギです。情報が多ければ多いほど選択肢が広がります。
特に、地方での勤務を検討している方や、条件にしっかりこだわっていきたい方は、掲載求人数の多い転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

3.情報の質

求人数が多くても、掲載されている情報が薄い場合や、知りたい情報が載っていない場合もあります。
自分が求めている情報がしっかり載っているのかどうか、すぐに聞けるのかどうかも一つのポイントになります。
求人数が少ない一部の転職サイトでは、求人を掲載している企業一つ一つに取材をしているサイトもありますので、転職サイト選びの基準にしてください。

理学療法士・PTにおすすめの転職サイト/求人サイト・転職エージェントランキング21選

理学療法士・PTの転職サイトをお探しのあなたにおすすめの転職サイトをランキング形式でまとめました。
ランキングを読み終わる頃にはあなたにぴったりの転職サイトが見つかるはずです。

ランキングの前に上位5サービスの特徴をそれぞれ比較したので、それぞれの詳細を見る前にサービスの特徴をとらえたいという方は是非参考にしてください。

総合評価 詳細 エリア 公開求人の量 拠点 利用料 求人の質 使い勝手の良さ 特徴
PT・OT・STワーカー
詳細を見る 全国 * 全国に18拠点 無料 トップクラスの求人数
長年の実績のある医療ワーカーグループが運営
PT・OT・ST専門のアドバイザーが転職をサポート
マイナビコメディカル
詳細を見る 全国 * 全国に11拠点 無料 認知度抜群のマイナビブランド
事前調査によって仕入れた詳細な職場情報を保有
PT/OT人材バンク
詳細を見る 全国 * 全国に13拠点 無料 業界トップクラスの求人数
医療・介護に特化したエス・エム・エスキャリアが運営
非公開求人が豊富
リハのお仕事
詳細を見る 全国 * 全国に11拠点 無料 医療業界に特化したレバレジーズが運営
リアルな情報共有や手厚いサポートが特徴
PTOT求人ナビ
詳細を見る 東京/神奈川/千葉/埼玉 * - 無料 東証一部上場企業運営の転職エージェント
高給与への転職ならここがおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

*:一部対応していない地域があります。

1.PTOTSTワーカー

PT・OT・ST WORKER

おすすめ度:
公式サイト: https://ptotst-worker.com/

PTOTSTワーカーは、医療ワーカーグループが運営している理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向けの転職サービスです。
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向けの転職サービスの中ではトップクラスの求人数を誇り、独占求人や非公開求人なども保有しています。

転職に関しては、PT・OT・ST専門のアドバイザーがサポートしてくれます。ご要望のヒアリングから入職まで、トータルで転職をサポートするので安心です。
アドバイザーの方は各職種の特殊性・知識・市場ニーズを理解しているので、お客様のご希望に合った求人情報をご紹介いたします。

また、病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます。
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士で転職をお考えの方には、是非登録して欲しい転職サービスです。

公開求人数 62,291件
非公開求人 25,649件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

PTOTSTワーカーの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
理学療法士の転職活動で利用しました。
他の理学療法士向け転職サービスも複数利用していたのですが、PTOTSTワーカーは他社ではあまり見られない求人も紹介してくれました。
特にアドバイザーの方の対応の質が高く、真摯な対応をしてくれたので、転職期間中はかなり心強かったです。業界に関する知識も豊富で安心して任せることができました。
転職を考えている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は、PTOTSTワーカーを利用してみて下さい。


2.マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

おすすめ度:
公式サイト: https://co-medical.mynavi.jp/

マイナビコメディカルは、人材ビジネスを約40年にわたって展開するマイナビが運営している理学療法士向け転職サイトです。
業界トップクラスの求人数を誇っており、マイナビ独占求人を含む3万件以上の求人からあなたにあったお仕事を紹介してくれます。
また、求人の約40%は一般には公開されていない非公開求人です。

長い実績の中で多くの医療機関と関係を構築してきたため、理学療法士・PT向け転職サイトの中でトップクラスの情報収集力を備えています。

マイナビコメディカルは、職員の定着率を重視している点が大きな特徴です。
医療機関や施設の労働環境を徹底的に調査し、定着率が低い職場に関しては紹介しないという方針で転職サービスを行っています。

登録はオンラインですぐに完了
登録後はWeb上で気軽に転職相談もできます。

公開求人数 約27,000件
非公開求人 全求人の約40%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

マイナビコメディカルの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性
信頼できるところのサービスを使いたいと思ってマイナビが運営しているここの転職サイトを選びました。
さすがマイナビというだけあって使っていて安心感がありました。
PTOTなどの業界だけではなく、人材業界に対しての知見がすごいなという印象を受けました。
とても使い心地がいいサービスだったと思います。

マイナビコメディカルについてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>マイナビコメディカルの評判・口コミ|利用者の本音を調査しました


3.PT/OT人材バンク

PT/OT人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.ptotjinzaibank.com/

PT/OT人材バンクは、理学療法士専門の転職サイトです。

運営会社は、医療・介護に特化して人材サービスを提供している株式会社エス・エム・キャリアです。
これまでにサービスを展開することによって培ってきた医療機関や介護施設とのネットワークにより、幅広い求人を紹介してもらうことが出来ます。

リハビリ職専門のキャリアパートナーがサポートしてくれるので、求人情報だけではわからない職場のリアルな情報や条件面の詳細な情報を知ることが可能です。

公開求人数 約40,000件
非公開求人 登録後に紹介
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

PT/OT人材バンクの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
PTに特化した担当者がいるサービスを使ったことがなかったので、かなり専門性の高いアドバイスをしてくれたので助かりました。
特に勤務の条件面では詳しすぎるほどの情報をもらうことが出来てとても感謝しています。
求人自体も多くの施設を紹介してもらえて、選択肢が広がりました。


4.リハのお仕事

リハのお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://reha-oshigoto.jp/

リハのお仕事は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士さん向けの転職支援サービスです。

医療・介護系に特化したレバレジーズのサービスだからこそ、他にはない非公開求人を紹介してもらうことができます。

1人だけの転職活動では中々知ることができない、施設・病院内の人間関係や評判まで情報を共有してもらえます。
特に人間関係の悩みで転職を決意した方は、リハのお仕事を利用してこれまでの悩みを解決させることができるでしょう。

転職活動中のサポートの手厚さにも特徴があり、求職者の希望・経歴に合わせたアドバイスや、面接の日程調整・待遇の交渉まで、総合的にサポートを受けることができます。

相談だけでも受け付けているので、転職活動になかなか踏み出せない方も一度利用してみることをおすすめします。

リハのお仕事の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性
前職では人間関係が上手くいかずに転職しようと思ったので、リハのお仕事を利用して職場のリアルな情報を詳しく教えてもらえるのは本当に助かりました。
担当してくれた人がすごく親切にしてくれて、たくさんの悩みや不安に対してアドバイスをくれました。
あと登録が1分もかからないくらいで済んだので、そこも地味に嬉しいポイントでしたね。

>>リハのお仕事の口コミ・評判の詳細を見る

5.PTOT求人ナビ

PTOT求人ナビ

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

PTOT求人ナビは、1980年創業の東証一部上場企業である株式会社クイック運営の求人サイトです。
株式会社クイックは人材サービスを複数運営しており、丁寧なサービスを受けることができます。
理学療養士、作業療法士の高給与求人など幅広い求人を扱っていることが特徴です。
特にインセンティブがあり高給与が狙える、訪問リハビリテーションに強みがあり、訪問リハの経験がない方でも働くことのできる職場も多数。
また、面接や履歴書の対策も行ってくれるため、転職が初めての方にもおすすめです。

公開求人数 登録後にご紹介
非公開求人数 登録後にご紹介
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉

PTOT求人ナビの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性
年収をあげたかったので利用しました。
登録してすぐに転職することは希望していなかったのですが、急かされることなくいろいろと転職について教えてもらえたので安心しました。
実際に転職するタイミングで年収をあげたいと伝えると今の年収よりも高いお仕事を何社か提案してもらえました。
また転職する時には使いたい転職サイトです。


6.ハクビ介護

ハクビ介護

おすすめ度:
公式サイト: https://hakubiwork.com/

ハクビ介護は、介護教育専門のサービスを行っているハクビが運営する介護専門の転職サイトです。

介護の専門教育を行っているからこその専門的なサービスによって、利用者満足度95%以上で関東No.1の信頼を得ています。
介護専門学校として関係性を深めてきた施設の紹介をしてもらえるので、質の高い介護求人に出会うことが出来ます。

公開求人数 登録後に公開
非公開求人 登録後に公開
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

ハクビ介護の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性
ハクビの学校にもお世話になっていて、信頼できるので利用しました。
過去にハクビを利用していた先輩のアドバイスや体験談を聞くことが出来るのでとても参考になりました。
教育サービスと一貫していることもあってかなり細かい情報まで知れて、転職活動に活かすことが出来ました。


7.クリックジョブ介護

クリックジョブ介護

おすすめ度:
公式サイト: https://kaigo.clickjob.jp/

クリックジョブ介護は、介護の求人・転職・仕事探しサービスにおいて利用者満足度No.1の実績を誇る転職サイトです。

職場ごとの従業員の人柄などに関するデータも保有しているため、より詳細な職場環境を応募前に知ることが出来ます。
非公開求人も豊富で、面接の際に交通費1,000円の支給があるなど、使い勝手の良さが特徴の転職サイトです。

公開求人数 約30,000件
非公開求人数 登録後に紹介
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

クリックジョブ介護の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性
正直なところ最初に利用した理由は交通費をもらえるというところに惹かれたからです。
しかし使ってみると求人の幅広さと検索機能の充実度がすごくて、選んでよかったと思いました。
特に非公開求人の存在は今まで知らなかったので、他の求人サイトで転職先を決めてしまわなくて本当に良かったと思っています。

クリックジョブ介護についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>クリックジョブ介護の評判・口コミを利用者に聞きました

8.ジョブメドレー介護

ジョブメドレー介護

   

おすすめ度:
公式サイト: https://job-medley.com/

ジョブメドレーは、医療介護従事経験者が運営している転職サイトです。

利用者満足度96%で、PTや介護関連の転職サイトでは珍しいスカウト機能があるのが特徴です。
あなたの希望に合った求人を自分で探すこともできますが、あなたのプロフィールを見た事業所からスカウトが来ることもあります。

今までは転職先として候補に入っていなかったような職場からのスカウトが来ることもあるので、新たに視野を広げるためにもおすすめなサービスです。

公開求人数 約70,000件
スカウト 登録・プロフィール入力後に連絡
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

ジョブメドレーの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性
スカウトサービスがあるということで利用することを決めました。
他のサービスで求人を探しながらジョブメドレーではスカウトを待つことが出来るので、転職活動の効率がかなり上がったと思います。
ジョブメドレーといえばいろいろな職種でサービスを展開していて安心感があったので、その点も良かったと思います。

>>ジョブメドレー介護の評判・口コミを見る

9.メドフィット

メドフィット

   

おすすめ度:
公式サイト: https://medfit-gl.jp/

メドフィットは、理学療法士・PTをはじめとした医療・介護関連専門の転職サイトです。

サービスのスピード感に強みを持っており、特に求人紹介のスピードに関してはNo.1の自信を持っています。
転職が決まるまで最短3日というスピード感を誇っており、その上で転職エージェントが定期的に職場に足を運ぶことによって紹介する求人の質や提供する情報についても安定した水準を保つことが出来ています。

メドフィットの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
とにかく転職が決まるまでの時間が早かったです。
希望を伝えてからだいたい1週間くらいで転職先が決まったので、スピード感のあるサービスにはとても感謝しています。
知り合いから紹介してもらったのでキャンペーンで特典があったのも良かったです。
ただかなり高頻度で連絡を取る必要があるので、自分のペースで転職活動をしたい方には向かないかもしれません。


10.リハビリのお仕事

リハビリのお仕事

   

おすすめ度:
公式サイト: https://rehabili-shigoto.com/

リハビリのお仕事は、PT・OT・ST専門の転職サイトです。

応募前から職場の様子がわかるように内部事情まで徹底的に共有してもらえるので安心です。
リハビリ職に特化した転職支援サービスなので、専門的な情報を知ることが出来ます。

公開求人数 約2,200件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

リハビリのお仕事の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性
担当者の方がいい人でした。
親身になってサポートをしてくれている感じがして使い心地が良かったです。


11.コメディカルドットコム

コメディカルドットコム

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.co-medical.com/

コメディカルドットコムは、国内最大級の医療・介護求人サイトです。
PT・理学療法士やリハビリ職のみに特化しているというわけではありませんが、医療・介護関連の転職をサポートしているので豊富な知識を持っています。

全国10,000以上の法人との取引があり、求人全体で見ると圧倒的な数を誇っています。

また、コメディカルドットコムでは医療や介護のセミナー情報を検索できるので、スキルアップをしたい方におすすめです。

求人数 約54,000件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

コメディカルドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性
求人がとても多いので登録しました。
PTの求人数自体はそこまで多いというわけではなかったので少し残念でしたが、サイト自体は使いやすくて満足です。
企業に直接応募できる機能もあったので、年収を上げたい自分にとってはありがたかったです。


12.ベネッセスタイルケア

ベネッセスタイルケア

   

おすすめ度:
公式サイト: https://saiyo.benesse-style-care.co.jp/

べネッセスタイルケアは、ベネッセが運営する大手介護事業です。

ベネッセスタイルケアは多くの有料老人ホームを運営しており、PT・OT・STなどの職種で人材を募集しています。
厳密に言うと転職サイトとは異なってしまいますが、理学療法士やリハビリ職などで求人を探している方にはおすすめなサービスの1つとなっています。

求人数 約250件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

13.ハローワーク求人情報

ハローワーク求人情報

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.hellowork.mhlw.go.jp/

ハローワーク求人情報は多くの方が求人を検索しやすい環境を提供するために、株式会社アンティークによって運営されている転職サイトです。

全国の求人を掲載しており、「ハローワークインターネットサービス」よりも検索がしやすという特徴があります。

希望する勤務地や職種を登録すると、条件にあった求人が掲載された場合にメールでお知らせする機能も無料で利用できるといったサービスも行っています。

さらに当サイトの強みは、労働に関する専門家「社会保険労務士」があなたの転職活動を徹底サポートする点です。

求人数 約5,809件
対応エリア 全国

14.グッピー

グッピー

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.guppy.jp/

グッピーは医療・介護・福祉を専門に求人を掲載している転職サイトです。

簡単な質問に答えるだけで、あなたの特性や傾向が判断できる適性診断を受けられます。
適性診断は約3,000の法人にも利用されている信頼性の高いサービスです。

また、グッピーでは採用担当からスカウトの連絡が来ることがあります。
スカウト求人は好条件での待遇が多いので、好条件でPT転職をしたい方は登録しておきましょう。

求人数 約4,031件
対応エリア 全国・海外

グッピーについてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>グッピーの評判・口コミ|利用者の本音を調査しました

15.お仕事委員会

お仕事委員会

   

おすすめ度:
公式サイト: https://i4510.com/

仕事委員会はエル・ユーエスの運営する医療・社会福祉に特化した転職サイトです。

PT・OT・STへの転職での不安や疑問をコーディネーターがしっかりとヒアリングして解決します。
そして、あなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

掲載求人の他に非公開求人も扱っており、ハローワーク上の求人を検索することもできます。

求人数 約3,800件
対応エリア 全国


16.ジョブデポ 理学療法士

ジョブデポ 理学療法士

   

おすすめ度:
公式サイト: https://j-depo.com/

ジョブデポ 理学療法士は理学療法士に特化して求人を掲載している転職サイトです。

全国の理学療法士の求人を約2000件以上掲載しているのでお住いの地域の求人も見つかりやすいでしょう。

転職支援も行っているので、コーディネーターがあなたにマッチした求人の提案も行ってくれます。

求人数 約2,000件
対応エリア 全国

17.e介護転職

e介護転職

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.ekaigotenshoku.com/

e介護転職は株式会社ベストパーソンが運営する介護・福祉専門の転職サイトです。

全国に求人があり、住んでいる地域で働きたいと考える方は、地域から求人を検索できます。

また、求人ページ毎に現場の写真が多いため、職場の雰囲気や人間関係を重視して転職活動したい方におすすめです。

アドバイザーの制度がないため、求人の検索や応募、条件交渉などすべてを自分一人で行わなければなりません。そのため、アドバイザーがサポートしてくれるサイトと併用すると良いでしょう。

希望の条件が明確な方に向いている転職サイトです。

求人数 約68,000件以上
対応エリア 全国

18.PT-OT-ST.NET

PT-OT-ST.NET

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pt-ot-st.net/

PT-OT-ST.NETは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のためのリハビリ情報サイト・求人サイトです。

掲載求人に直接電話で応募ができるスピーディーな転職が特徴です。

他にも学会や研修会情報やPT・OT・STの養成校情報など役立つ情報が満載ですので登録しておいて損のないサイトです。

求人数 約1,000件以上
対応エリア 全国・海外

19.メディカル・コンシェルジュネット

メディカル・コンシェルジュネット

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.concier.net/

メディカル・コンシェルジュネットは医療・介護職の求人に特化した有資格者のための求人サイトです。

全国の理学療法士、作業療法士、臨床検査技師など医療・リハビリ関連の厳選された求人を豊富に取り扱っています。

公開求人の他にレアな好条件求人の非公開求人も保有しているので気になる方は登録してみましょう。

求人数 約650件以上
対応エリア 全国

メディカル・コンシェルジュネットを運営するメディカル・コンシェルジュについてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>メディカル・コンシェルジュの評判・口コミ|利用者の本音を調査

20.ベネッセMCM PT・OT・STお仕事サポート

ベネッセMCM PT・OT・STお仕事サポート

おすすめ度:
公式サイト: https://ptotst.benesse-mcm.jp/

ベネッセMCM PT・OT・STお仕事サポートは、15年以上の活動実績がある医療介護業界に特化した転職サービスです。

PT・理学療法士の転職に特化したコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるため、安心して利用できることができます。

都道府県別や雇用形態、資格などから求人を絞って探すことができるため、求人が探しやすいと好評です。

他にも、PT・理学療法士の働き方や仕事内容、履歴書の書き方や面接対策についても紹介されているため、PT・理学療法士の方であれば登録しておいて間違いのない転職サービスです。

求人数 361件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

>>ベネッセMCMの評判・口コミを見る

21.リジョブ介護

リジョブ介護

おすすめ度:
公式サイト: https://relax-job.com/kaigo

リジョブ介護は、株式会社リジョブが運営している介護や看護に特化した転職サイトです。

理学療法士向けの求人も多くあり、理学療法士の資格を活かして働ける求人が多く揃っています。

会員数は40万人以上であり、たくさんのユーザーからの支持を得ています。
スカウト制度も充実しているため、内定率も高いのも特徴です。

理学療法士の資格を持っていて、介護、看護の現場で働きたいという方におすすめの転職サイトです。

求人数 519件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

目的別|おすすめの転職サイト

「おすすめの転職サイトが多くて選べない!」という方に向けて、目的別でおすすめの転職サイトをまとめました。
転職サイト名をタップすることで、希望の転職サイトのページに飛べます。

あなたの希望・目的にあったものがあれば、こちらから選んでみてくださいね。

クリニック・病院希望の方におすすめ転職サイト

転職サイトを選ぶチェックポイント
サポート力の高さ
キャリアアドバイザーの知識の深さ
求人数の多さ

転職サイト名 求人数 特徴
PTOTSTワーカー 約87,000件(非公開求人含む) 病院・クリニックの非公開求人多数
PT/OT人材バンク 約40,000件(公開求人のみ) サポート力◎
ハローワーク求人紹介可
リハのお仕事 サポート力◎
他転職サイトにはない非公開求人あり

介護施設希望の方におすすめ転職サイト

転職サイトを選ぶチェックポイント
施設の情報量の多さ
サポート力
求人数の多さ

転職サイト名 求人数 特徴
マイナビコメディカル 約27,000件(公開求人のみ) 非公開求人多数
厳選した介護施設のみご紹介
PTOT求人ナビ 約800件(公開求人のみ) 非公開求人が豊富
高給与求人多数あり
ジョブメドレー介護 約70,000件(公開求人のみ) スカウト機能あり
ご利用者満足度96%

一般企業希望の方におすすめ転職サイト

転職サイトを選ぶチェックポイント
企業求人の豊富さ
求人の質の高さ
検索機能での企業求人の見つけやすさ

転職サイト名 求人数 特徴
マイナビコメディカル 約27,000件(公開求人のみ) 非公開求人多数
スタッフの定着率が高い施設のみご紹介
PT/OT人材バンク 約40,000件(公開求人のみ) レア求人あり
職場の詳細情報を知れる
PTOTSTワーカー 約87,000件(非公開求人含む) 国内最大級の求人数
求人の質が高い◎

パート勤務希望の方におすすめ転職サイト

転職サイトを選ぶチェックポイント
求人の情報量の多さ
サポート力の高さ
パート求人に対応しているか

転職サイト名 求人数 特徴
PTOTSTワーカー 約87,000件(非公開求人含む) 国内最大級の求人数
パート求人多数あり
マイナビコメディカル 約27,000件(公開求人のみ) 求人の質が高い
サポート力◎
PT/OT人材バンク 約40,000件(公開求人のみ) 勤務時間の相談可
ハローワーク求人多数あり

理学療法士・PTにおすすめの転職サイトの選び方

理学療法士・PTの転職を効率的に進めるための転職サイトの選び方をご紹介します。

先程も述べたとおり、転職サイトにはそれぞれ特徴があるので、複数の転職サイトを上手に組み合わせて使うことが重要です。
以下のステップで転職活動を進めることで効率よく、失敗しない転職ができます。

1.エージェント型転職サイトに登録

転職サイトには「エージェント型」と「サイト型」があります。
「エージェント型」はアドバイザーが自分にあった求人を紹介してくれ、面接対策など手厚いサポートも魅力です。
「サイト型」は自分で求人を探し直接企業とやりとりができ、時間場所を選ばず転職活動を行うことができます。

理学療法士・PTのあなたには「エージェント型」の転職サイトにまず登録することをおすすめします。

エージェント型のメリット
  • 履歴書の書き方や面接対策など転職支援
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 1つの求人に対する情報量が多い
  • 説得してくれるので入社成功率が高い
  • 理学療法士・PTの転職で難しいことは自分のやる気や熱意を企業に伝えることです。
    スキルももちろん大切ですが、それだけで内定は出ません。

    熱意ややる気、長く続けてくれるかどうか、目に見えないあなたの武器をエージェントが企業に第三者の目としてしっかりと伝え、説得してくれます

    大手求人サイトでも「エージェント型」の転職サイトが増えており、多くの転職者が利用しています。サイトには公開されていないような人気の求人も紹介してもらえることがあるので登録しておきましょう。

    2.サイト型転職サイトに登録

    「エージェント型」転職サイトで希望にあった求人を紹介してもらえなかった場合やサポートが受けられなかった方は「サイト型」転職サイトに登録してみてください。

    自分で直接企業にアタックでき、コラムなどで転職活動についてまとめているサイトも多数あります。

    理学療法士・PT向けの転職サイトは多くがエージェント型のため、理学療法士・PTに特化したサイト型転職サイトを探すのは難しいかもしれません。

    エージェント型のサポートで満足できなかった理学療法士・PTの方には、掲載数が10,000件以上の総合サイトに登録することをおすすめします。

    おすすめのサイト型転職サイトは、下記の記事を参考にしてください。
    【関連記事】
    【毎日更新】転職サイトおすすめランキング|転職者からの評判・口コミを徹底解説

    3.合計3社以上を比較してみる

    「エージェント型」「サイト型」を合計3社ほど登録したあとは、各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用し、比較してみてください。

    比較のポイント
  • 求人検索のしやすさ
  • 担当者との連絡方法
  • 担当者の熱意
  • 進めていくうちに、ご自身で合う合わないがはっきりしてくると思います。
    使いやすいサービスであればそのまま継続し、もっと他に検討してみたいと思った場合には早めに他の転職サイトの利用も検討しましょう。

    また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思います。
    そのタイミングで改めて転職サイトを選び直しても良いですね。
      
    転職サイトは見やすさ、担当者との相性や求人情報の質が重要です。

    まずは登録してみて、一番良いと思った転職サイトを活用する、という心構えで選んでみてくださいね。

    【関連記事】
    【毎日更新】転職サイトおすすめランキング|転職者からの評判・口コミを徹底解説
    【毎日更新】転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミから比較

    理学療法士の理想が叶う求人の探し方

    希望条件をまとめておく

    初めにあなたの希望条件を簡単にまとめておきましょう。
    その際、「譲れない条件」と「できれば叶えたい条件」を分けておくと良いでしょう。

    あなたの希望条件に完璧に合う求人を見つけられる可能性はそう高くはありません。

    そのため「絶対に譲れない条件」と「妥協できる条件」といった風に優先順位をつけておくと、お仕事探しがしやすくなりますよ。

    転職サイトの検索機能を活用する

    理学療法士向け転職サイトの多くは、

    1. 詳細に希望条件を絞り込めるもの
    2. フリーワード検索のしやすいもの

    など、検索機能が充実しています。

    例えば、マイナビコメディカルでは、病院・介護福祉施設などの施設別、正社員・パートなどの雇用形態別で検索することが可能です。

    それらを選択した後、さらにキーワード検索を追加できるので、希望条件を詳細に絞り込んで検索することができます。

    これら検索機能を使いこなすことによって、あなたの希望条件に近い求人を見つけ出せるようになります。

    求人紹介も受ける

    転職サイトで求人検索しつつ、同時に転職エージェント型転職サイトで求人紹介を受けましょう。
    転職エージェント型に登録していると、あなたの希望に合った求人紹介を受けられます。

    時には思ってもみなかったような求人紹介を受けることがあるので、お仕事探しの視野が広がります。

    同時に「求人型転職サイト」「エージェント型転職サイト」の2つを活用することによって、多くの求人を見比べることが可能です。

    納得のいく転職ができるよう、さまざまな転職サイトを利用していきましょう。

    理学療法士・PTの転職市場

    PT(理学療法士)の需要は、近年増え続けています。
    需要が増加しているため、それに合わせて求人数も増加してきています。

    各転職サイトの求人数は近年増え続けており、PT・OT・ST WORKERでは、公開求人数が62,291件、非公開求人が25,649件とかなりの求人数を有しています。

    将来的に見ても、理学療法士の規模は拡大するようです。
    厚生労働省によると、今後10万人の理学療法士の就業数の増加が予想されています。

    (参考:理学療法士・作業療法士の需給推計を踏まえた今後の方向性について

    病院やクリニックに加え、介護施設や一般企業と幅広い働き口があるため、求人数は多く転職しやすいと言えます。

    理学療法士の主な職場
    • 医療施設
    • 急性期病院
      療養型病院
      リハビリ型病院

    • 介護・福祉施設
    • 介護老人保健施設
      通所リハビリテーション
      訪問リハビリテーション
      身体障がい者療養施設
      身体障がい者福祉センター
      児童福祉施設

    • 公的施設
    • 一般企業
    • 教育・研究施設
    • スポーツ施設

    PT(理学療法士)の離職率

    PT(理学療法士)の需要は高まっている一方、離職率は高いと言えます。

    医療系は離職率はそれほど高くないですが、特に介護施設系は離職率が高く、職場によっては30%を超える職場もあります。
    (参考:公益社団法人 日本理学療法士協会

    年齢で見ると理学療法士転職者の80%以上が20代~30代であり、比較的若めの層が多く転職をしているようです。

    PT(理学療法士)の転職理由

    PT(理学療法士)の転職理由として挙げられるのが、

    • 職場環境
    • 人間関係
    • 給与

    の問題がほとんどです。

    病院や医院勤務では、閉鎖的な空間になることが多く、人間関係が悪化しやすく、新しい環境でやり直したいと思っている方も多くいます。
    介護の現場であれば「理学療法以外の仕事をやらなくてはいけない」という問題に直面して、辞めたいと思っている理学療法士の方も多いです。

    今の職場に悩んでいる方にとって、より良い職場環境で働くためにも、転職は良い選択肢となるでしょう。
    理学療法士の転職は近年増え続けているため、転職に関して不安を感じる必要性はないと言えます。

    ランキングで紹介したPT(理学療法士)に特化した転職サイトを活用して転職に成功していきましょう。
    >>転職サイトのランキングに戻る

    理学療法士・PT転職時の転職サイトの役割

    転職サイトとは、ただ自分が好きな条件を設定して求人を検索することができるだけのサービスではありません。
    希望条件のヒアリングや先行サポートを通じて、求職者が抱える様々な悩みを解決するサービスです。

    主な転職サイトの役割は下記のようになっています。

    転職サイトの役割
    • 求職者のニーズに合った求人企業の紹介
    • 企業に提出する書類の添削
    • 面接対策・面接日程調整
    • 入社日や条件などの企業との交渉
    • アフターサポート

    ほとんどの転職サイトは、これらのサービスを無料で利用できます。

    求人企業の紹介の際には、求職者のこれまでのキャリアをキャリアアドバイザーと一緒に見直し、どのような仕事が向いているか、将来どうなりたいかなどを考えるキャリアの棚卸しを行います。

    これに加え、書類作成や面接対策、企業との交渉などはなかなか1人では上手くできない内容なので、転職サイトを利用してプロのサポートを活用することをおすすめします。

    転職サイトのメリット・デメリット

    転職サイトには良い面も悪い面もあります。

    前述の通り転職サイトは上手く活用すれば多くの恩恵を受けることができるサービスですが、誤った使い方をしてしまうと転職活動がうまくいかなくなることもあり、下手すればこれまでのあなたのキャリアを台無しにしてしまう恐れもあります。

    正しく活用して転職活動を成功させるため、メリットとデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

    転職サイトのメリット

    メリット
    転職に関するあらゆるサポートを受けることができる
    客観的な視点を取り入れることができる
    非公開求人に出会うことができる
    書類添削・面接対策で選考突破率が高まる
    これらのサービスを無料で利用することができる

    このように転職サイトには様々なメリットがあります。
    いずれも転職サイトを利用することで、1人で転職活動をする際には不可能だったことが可能になる、あるいは簡単になる内容です。

    転職サイトのデメリット

    デメリット
    担当者から見て転職成功する見込みがないと十分サービスを受けられない
    転職に時間がかかる
    転職サイト側の利益のために希望と異なる求人を紹介される場合がある

    転職サイトといっても、やはりビジネスなので転職サイト側にとって利益にならないことは積極的に行ってくれないことが多いです。
    またキャリアアドバイザーとの面談などの時間を確保しなければいけないので、1人で転職活動をするときに比べて転職までに時間がかかります。

    以上のようなメリットとデメリットを総合的に見てみると、正しく利用していれば利用者にとって損になることはほとんどない事がわかります。

    転職サイトはメリット・デメリットをしっかりと理解していれば、転職活動をする上で心強いパートナーとなってくれることは間違いないです。

    理学療法士が収入を増やす方法

    「診療報酬点数が決まっている」「1回のリハビリ時間が決まっている」などの背景から、理学療法士は1日に稼げるお金に上限があります。

    そのため、理学療法士は昇給が少ないというのが実情です。

    では、収入を上げることは不可能なの?というとそうではありません。

    こちらの章では、「理学療法士が収入を増やす方法」をご紹介していきますので、どのような方法があるのか見ていきましょう。

    条件の良い施設・病院に転職する

    すぐに収入を増やせる方法という観点からは、転職が1番の近道です。
    よく勘違いされやすいのが、「転職=収入が減る」ということです。

    確かに、適当に選んだ転職サイトから求人応募をしていると収入が下がってしまう恐れがあります。

    しかし、サポート力が高く優良な転職サイトから応募することによって、しっかりとした評価をしてもらえ、年収を上げていくことが可能です。

    実際に、サポート力が高く優良な転職サイトは、高条件の非公開求人を多く保有しています。
    非公開求人は年収が高いものが多いので、紹介してもらい採用されることで年収アップを狙えます。

    >>理学療法士の非公開求人を紹介してもらう

    また、勤務先の職種を変えてみるのも効果的です。
    介護分野から一般病院や総合病院といった医療分野に転職することで、年収を上げられる可能性があります。

    理学療法士として役職を目指す

    「役職に就いて年収を増やす」理想であり、王道の方法です。
    理学療法士のような専門職であっても、役職に就くために頑張ることは一般的な企業と変わりません。

    その方法は、長く勤め、実力をつけていくことです。

    長く勤める理由としては、理学療法士の場合役職のポスト自体が少なく、空くケースがあまりないからです。
    なので、長く勤めタイミングを待つ必要があります。

    他、実力をつけていく方法としては以下のような資格取得がおすすめです。

    認定理学療法士 日本理学療法士協会の認定資格。
    理学療法士の専門性を高めていくことを目的とし、生涯学習の一環として7つの専門分野から1つ以上を選び、各分野のスペシャリストを目指す。
    専門理学療法士 日本理学療法士協会の認定資格。
    理学療法士の学問的発展に寄与する研究能力を高めていくことを目的とし、生涯学習の一環として7つの専門分野から1つ以上を選び、高い学術的知識を身につけることが求められている。
    呼吸療法認定士 【特定非営利活動法人日本胸部外科学会・一般社団法人日本呼吸器学会・公益社団法人日本麻酔科学会】が合同で創設した認定資格。
    吸入療法、酸素療法、呼吸療法の的確な実施と、その機器の管理等をする。
    NST専門療法士 日本静脈経腸栄養学会が認定する資格。
    病院で患者に合わせた最良の方法で栄養療法を提供できるよう、サポートを行う。

    他にも理学療法士の仕事の幅を広げていく資格は多くあります。
    あなたの得意業務・興味のある分野から関連する資格を取得し、理学療法士の理学療法士の専門性を高めていきましょう。

    資格取得を積極的に行っていると、理学療法士としてスキルアップしていけるだけでなく、社内でも高い評価を得ることができます。

    その頑張りが役職への近道にも繋がっていくことでしょう。

    頑張って働いているのに評価されない環境であれば、転職をするのも一つの手です。

    >>転職を考えてみる

    副業をする

    副業が可能な場合、こちらもおすすめの方法です。

    どのような副業があるのかまとめました。

    Webライター クラウドソーシングで仕事を獲得する
    パソコンで文章を書く
    ブログ 自分のブログを開設し、広告収入・アフィリエイトで稼ぐ
    YouTube 動画を取り、編集しアップする

    難易度が高そうだと感じた方もいるかもしれません。
    しかし、上記は一度身につけてしまえば色々なお仕事に応用できます。

    また、ブログやYouTubeであれば「理学療法士」という専門職を活かし、理学療法士に関する情報を発信することも可能です。
    理学療法士の方も、副業を始めている方が増えています。

    収入を上げるためにも、様々なことにチャレンジしてみましょう。

    理学療法士の転職で失敗する人の特徴と失敗しない方法

    転職で失敗している理学療法士の方には共通点があります。
    こちらの章では、転職で失敗している人の特徴のまとめと、解決方法をお伝えしていきます。

    あなたの転職活動を成功させるためにも、他の人の失敗例をみていきましょう。

    希望条件がまとまっていない

    「なんとなく今の職場が嫌だな」という理由から、転職を繰り返してしまう方は少なくありません。
    「なぜその職場が嫌だったのか?」という原因を考えずに転職活動を行ってしまうので、転職をしても根本的な改善にはなりません。

    下記のように箇条書きでいいので、前職の嫌だった部分を書き出してみましょう。

    前職で嫌だったこと

    • 給与面に不満を感じていた
    • スキルアップできる環境ではなかった
    • 人間関係が悪かった

    「退職した原因を考える」と聞くと、面倒に感じるかもしれませんが、上記のように簡単に書き出すだけでも効果的です。

    その中で、特に嫌だったなと感じた部分を重視して転職活動を行っていきましょう。

    そうすることによって、あなたの希望条件が明確になるはずです。

    転職活動の期間にゆとりがない

    転職活動に失敗している理学療法士の多くは、転職活動の時間が少ない傾向にあります。
    転職を成功させるためにも、時間に余裕を持って転職活動の計画を立てるようにしましょう。

    計画を立てる時、働き始めたい日(ゴール)から逆算して考えてみると、計画性の高いスケジュールを組むことができます。

    下記の内容でスケジュールを立ててみましょう。

    転職活動のスケジュールを立てる

    1. 希望条件を明確にする
    2. 転職のしやすい時期を調べる(理学療法士の方におすすめの転職時期は3月・5月・8月)
    3. 働き始めたい日(ゴール)を決める
    4. 転職サイトに登録・気になった求人の企業をリサーチ
    5. 実際に応募していく(必ず求人応募は複数する)
    6. 内定が出たら退社を申し出る

    各項目ずつ期間を定めておきましょう。
    このようにスケジュールを立てておくことで、ゆとりを持った転職活動が可能です。

    焦りは正常な判断を鈍らせます。
    冷静な判断ができるよう、ゆとりのある転職活動のスケジュールを立てていきましょう。

    応募の前に企業をリサーチしていない

    前述でも述べましたが、応募前に企業をリサーチをしておくことは非常に大切です。
    リサーチを怠ってしまうと、「イメージと違った」「人間関係が悪かった」など、入社後のミスマッチに繋がってしまいます。

    応募前・就業前に下記のようにリサーチを行ってみましょう。

    応募先企業のリサーチの仕方

    1. 口コミサイトをチェック
    2. 転職サイトのキャリアアドバイザーから情報をもらう
    3. 職場見学にいく

    もちろん、上記全てを行っていても転職先が合わなかったという場合もあります。
    ですが、実際に調べておくことでリスクを減らすことは可能です。

    転職活動を成功させるためにも、事前にわかることは調べておきましょう。

    自分に合った転職サイトを利用していない

    実は同じ理学療法士特化型転職サイトであっても、それぞれ強み・特徴が異なります。

    • あなたの希望する勤務先の種類が少ない
    • 求めているサポート力ではない
    • 担当者が合わない

    上記のような不満があっても、「また別の転職サイトに登録するのが面倒だから」などの理由から、1社のみしか利用していない人は転職活動を失敗しやすい傾向にあります。

    自分に合っていない転職サイトを利用していくのはストレスにもなります。
    下記の方法で自分に合った転職サイトを見つけていきましょう。

    自分に合った転職サイトの見つけ方

    1. 必ず2〜3社以上登録する
    2. 担当者と相性が悪ければ変更を申し出る
    3. 希望条件で検索してみる

    まず、転職サイトは2〜3社以上の登録がおすすめです。
    理由は転職サイトを比較できるためです。

    比較することによってあなたに合った転職サイトを見つけることが可能です。
    必ず2〜3社以上登録し、比較するようにしましょう。

    >>自分に合った転職サイトを見つける

    理学療法士・PTが失敗しない転職サイト利用時の7つのポイント

    理学療法士・PTが転職サイトを利用する際には、意識しておくべきポイントがいくつかあります。

    1. 事前準備は入念に

    「転職したい!」という強い思いがあるうちに、事前準備を済ませておきましょう。
    一番手間と時間がかかる事前準備。エージェントに頼ってみたり、転職サイトのコラムを読みながら準備を進めましょう。

    転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる
  • また、転職の目的に優先順位をつけることも大切です。
    「年収をあげたい・雇用形態を変えたい…」などです。自分のキャリアや将来についても考えてみてください。
    転職活動に時間がかかればかかるほど資金的にも精神的にも余裕がなくなりやすいです。
    事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう

    焦って転職してしまうと、自分の希望とはかけ離れた就職になりかねません。

    2. 1つの転職サイトに絞らない

    転職サイトにはサイトごとに強みや特徴があります。
    「求人数」や「求人の幅」に強みのあるサイトや「サポート」が得意なサイト、病院や企業などの求人が多いサイトなどがありますが、あなたの希望全てが揃っている転職サイトはなかなかありません。

    そのため、「求人数の多い」転職サイトとあなたの希望に近いより特化型の転職サイトを同時に利用することをおすすめします。
    また、エージェント型転職サイトであれば担当者やエージェントごとに合う合わないが出てきます。

    先にいくつか登録した中からあなたにあった転職サイトを選ぶと良いでしょう。

    3.業界情報や転職市場の状況を聞く

    転職サイトを利用して面談を行ってもらう際には、理学療法士・PTの業界や転職市場がどのような状況なのかを聞くようにしましょう。

    業界・市場の状況を知ることで、本当に今転職するべきなのかを改めて検討することが出来ます。
    さらに業界の状況がわかれば、職場を選ぶ際に合理的な選び方ができるのでおすすめです。

    4.職場のリアルな情報を教えてもらう

    転職サイトを利用する際には、面談で職場のリアルな情報を教えてもらうことを意識しましょう。

    職場のリアルな情報は、求人情報や企業の採用情報を見ているだけでは知ることができません。

    その点、事前に「職場の内部情報」を知れるのは、転職サイトを利用する大きなメリットです。
    このような詳細な情報を知るためには、キャリアアドバイザーが実際に職場を調査している転職サイトを利用すると良いでしょう。

    5.転職時期は「すぐにでも」

    転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。
    その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

    理由は”良い求人を優先的に紹介してもらう”ためです。

    エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
    そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。

    また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

    6.経歴やスキルは正直に伝える

    一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。
    後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

    入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。

    また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職サイトを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

    7.担当のキャリアアドバイザーは変更できる

    実際にやり取りをしてみると担当者に対し「うまく意思疎通ができない」「話しにくい」と感じることもあると思います。
    そのような場合には別の転職サイトを利用してみるというのもおすすめですが、その他のサービスは使いやすい、他には無い求人があるなどといった場合には、担当のキャリアコンサルタントを変えてもらうというのもおすすめです。

    どうしても相性などの問題もありますので、担当変更はさほど大きな問題ではありません。

    ただし、頻繁に担当者を変えたり、あまりに失礼な態度をとってしまうと要注意人物とされてしまうこともありますので注意しましょう。

    理学療法士・PTの転職サイト利用の流れ

    こちらでは、転職サイトの利用の流れをご紹介していきます。
    「エージェント型」と「サイト型転職サイト」では登録の流れが異なるため、分けてご紹介していきます。

    理学療法士・PTの転職サイト利用の流れ

    エージェント型転職サイト

    1.転職サイトの登録ページから登録

    各転職サイトの公式ページから登録します。
    登録完了メールも確認しておきましょう。

    2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

    登録後、数日以内に連絡があります。
    10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。
    忙しい方や遠方の方はオンラインでの面談や電話面談が可能かどうか確認しておくと良いでしょう。

    3.担当者によるキャリアカウンセリング

    キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。
    初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

    • 現在の転職市場についてレクチャー
    • ご自身のキャリアの棚卸
    • 転職理由のヒアリング
    • 転職するうえでのご希望条件の整理
    • ご自身の強みの棚卸

    4.求人を紹介してもらう

    キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。
    もちろんサイト内で気になる求人があった場合は自分からエージェントに相談することも可能です。

    5.書類選考の対策などサポートしてもらう

    気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
    作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうことも可能です。
    転職未経験の方はサポートのしっかりした転職エージェントに登録しておきましょう。

    書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

    6.面接対策を受ける

    書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。
    面接に不安のある方、転職未経験の方はしっかり面接対策も受けておくと良いでしょう。
    面接に同行してくれる転職エージェントもあります。事前に自分にあっている転職エージェントを探しておきましょう。

    7.内定と退職手続きのサポート

    内定の連絡もエージェントから知らされます。
    内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

    サイト型転職サイト

    1.転職サイトの登録ページから登録する

    各転職サイトの公式ページから登録します。
    同じ会社内でもエージェントや派遣登録などのページがあるので注意しましょう。

    2.サイト内で求人を探す

    職種や勤務地、希望の年収など様々な条件から求人を探します。
    1つのサイトの情報ではなく、複数のサイトを併用することをおすすめします。

    3.エントリーする

    自分の希望にあっていると思った企業があれば自分で応募します。
    サイト内から応募できます。

    4.面接

    エントリー後、サイトに登録した情婦などから選考が始まります。
    面接に進んだ場合は企業から連絡があります。

    5.内定

    無事面接が終わったら企業からの連絡を待ちます。
    内定後は転職サイトを通さず、直接企業とやり取りをする形になります。

    理学療法士・PTが転職する際によくある質問

    Q&A

    未経験からPTへの転職は難しいですか?

    未経験の場合でも、転職サイトには資格さえあればOK、未経験可などの求人も多いです。
    しかし直接応募の場合は一定のスキルや経験が求められたり、条件として経験勤続年数が設定されている場合が多いので、未経験でもPTへ転職したいという方は転職サイト・エージェントを利用するようにしましょう。

    ブランクがありますが大丈夫ですか?

    多くの場合、ブランクがあっても採用してもらうことは可能です。
    ただし採用条件として一定以上のブランクがある場合は応募できない求人もあるので注意しましょう。
    転職サイトの担当者に相談してみると、ブランクがあっても転職に有利になるようなスキルアップ支援をしてくれたり企業側に交渉してくれることもあるので、まずは担当者に相談してみることをおすすめします。

    理学療法士・PTが転職する理由はなんですか

    理学療法士・PTの転職理由は主に以下の5つです。

    • ライフスタイル(結婚・出産など)変化のため
    • 人間関係に悩みがあるため
    • 待遇や職場に不満があるため
    • キャリアアップのため
    • 会社の将来性が不安

    自分の転職理由を明確にしておくと、転職エージェントに相談する際や求人を選ぶ際の指標になりますので、しっかり言語化できるようにしておきましょう。

    何回も転職していますが影響はありますか

    転職回数で合否が決定することはありませんが、3回以上の転職であれば理由の説明を求められる可能性はあります。
    以前の転職理由は明確に説明できるようにしておくと良いでしょう。
    転職は頻度が高いと、企業側に「継続して働いてもらえないかもしれない…」という印象を与えてしまうことは否めませんのでしっかりと準備しておきましょう。

    いまPTの転職市場はどうなっていますか?

    昨今の日本では高齢化が進んでおり、PT・理学療法士に関しては人材不足が深刻化しています。
    高齢化が進みきった後には今とは逆の流れになってしまうので、PT・理学療法士の価値が高まっている現在は、絶好の転職チャンスであるということが出来ます。

    PT以外の転職におすすめの職種はありますか?

    PT・理学療法士の経験のある方には、介護士への転職がおすすめできます。
    理由としてはPTで培ってきた知識や技術を直接的に活かすことができ、人を思いやる心を持っているPT経験者であれば必ず活躍することができる業種だからです。

    介護士におすすめの転職サービスは、以下の記事も参考にしてください。

    【関連記事】
    介護士におすすめの転職サイトランキング|評判・失敗しない転職のポイント
    介護職に強い転職エージェントおすすめランキング|希望条件別に特徴比較
    作業療法士・OTにおすすめの転職サイト・エージェント|プロ厳選ランキング25選
    言語聴覚士・STにおすすめの転職サイト・エージェントランキング24選

    志望動機が思い浮かびません

    志望動機が思い浮かばないという方は、改めてなぜ転職しようと思ったのか、前の職場の何が嫌だったのか、どのような働き方がしたいのかを細かく考え直してみましょう。
    このようにあなたが転職活動を始めた理由を深堀りすることで、面接の際にはっきりとあなたの意見を言うことができるようになります。
    もし自分だけで詳細な深堀りが難しいという方は、転職サイトの担当者に直接相談して一緒に考えてもらいましょう。

    今の職場を円満に辞める方法を教えて下さい

    転職活動には現在の職場の退職がつきものです。
    いざ退職となると勇気が必要ですし、どうすれば円満に退職できるかは意外とわからないですよね。
    そんな方は、仕事を辞める時に抑えておくべきポイントをまとめた「仕事を辞める際の注意点|円満に退職できる方法まとめ」をぜひ参考にしてください。

    30代〜40代の理学療法士は転職できますか?

    一般的企業では、30代半ば〜40代の転職は難しいと言われています。
    ですが、理学療法士の転職においては30代〜40代でも影響はあまりないと言えます。

    理由としては、さらなる高齢化社会を迎える日本において、理学療法士の需要はどんどんと高まっていくことが予測されるからです。

    理学療法士の数は年々増え、飽和状態とも言われていますが、その分高齢者の数が増えているので30代〜40代であっても転職はしやすい職種と言えるでしょう。

    新卒で人気の施設はどこですか?

    厚生労働省のデータによると、新卒に人気の施設は下記の通りでです。
    養成校での臨床実習先と就職先は、同様の分布であるようです。

    就業先
    1位
    一般病院
    2位
    総合病院
    3位
    診療所
    4位
    介護施設
    5位
    大学病院

    【出典:厚生労働省】

    理学療法士・PTおすすめ転職サイトまとめ

    この記事では、実際に転職サイトを利用した方の評判やレビュー・口コミも添えて理学療法士・PTのあなたにおすすめの転職サイト・エージェントをご紹介しました。
    転職サイトは転職活動を行っていく上で欠かせない存在です。

    転職活動が初めてであれば「エージェント型」の転職サイトも活用して、希望の求人を見つけてください。

    本記事でご紹介した転職サイトの中から3社ほど登録し、実際に利用してみて、相性を確かめてみてくださいね。
    きっと効率よく自分なりの転職活動を見つけることができると思います。
    ランキングに戻る

    総合評価 詳細 エリア 公開求人の量 拠点 利用料 求人の質 使い勝手の良さ 特徴
    PT・OT・STワーカー
    詳細を見る 全国 * 全国に18拠点 無料 トップクラスの求人数
    長年の実績のある医療ワーカーグループが運営
    PT・OT・ST専門のアドバイザーが転職をサポート
    マイナビコメディカル
    詳細を見る 全国 * 全国に11拠点 無料 認知度抜群のマイナビブランド
    事前調査によって仕入れた詳細な職場情報を保有
    PT/OT人材バンク
    詳細を見る 全国 * 全国に13拠点 無料 業界トップクラスの求人数
    医療・介護に特化したエス・エム・エスキャリアが運営
    非公開求人が豊富
    リハのお仕事
    詳細を見る 全国 * 全国に11拠点 無料 医療業界に特化したレバレジーズが運営
    リアルな情報共有や手厚いサポートが特徴
    PTOT求人ナビ
    詳細を見る 東京/神奈川/千葉/埼玉 * - 無料 東証一部上場企業運営の転職エージェント
    高給与への転職ならここがおすすめ

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    *:一部対応していない地域があります。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄
    参考文献
    職業情報提供サイト
    理学療法士(PT)の職業詳細
    作業療法士(OT)の職業詳細
    言語聴覚士(ST)の職業詳細

    厚生労働省
    理学療法士・作業療法士の 需給推計について
    リハビリテーション専門職の チーム医療
    理学療法士を取り巻く状況について
    医師・看護職員・理学療法士・ 作業療法士の従業者数について
    理学療法士・作業療法士・言語聴覚士需給調査
    言語聴覚士及び言語聴覚士指定講習会について
    高齢者の自立支援に資する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の活用
    地域包括ケア構築に向けて

    科学技術情報発信・流通総合システム
    我が国の作業療法士による研究活動の現状と課題
    リハビリテーション医療における言語聴覚士の現状と課題
    作業療法士・理学療法士の職業生活満足度に 影響を与える要因
    女性理学療法士とキャリアデザイン