「薬剤師での転職の失敗ってなにがあるんだろう」
「何度も転職したくないから一度で決めたい

このような悩みを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に何度も転職をすると履歴書にも残りますし転職活動も労力を使うの一回で理想の会社に就職したいですよね。

そこで本記事では、薬剤師での転職での失敗談を紹介してあなたの転職のヒントとしてもらうと共に、転職での失敗を無くすアドバイス等を解説していきます。

転職失敗を防ぐヒントになるので転職の精度が高まりますよ。

2020年9月時点での最新情報

有効求人倍率

グラフは「一般職業紹介状況について/厚生労働省」を参考に当サイトが作成

対前年同月比有効求人倍率
令和2年1月 -1.06
令和2年2月 -1.34
令和2年3月 -1.21
令和2年4月 -0.85
令和2年5月 -0.91
令和2年6月 -0.98
令和2年7月 -1.15

表は「一般職業紹介状況について/厚生労働省」を参考に当サイトが作成

薬剤師の有効求人倍率(グラフ)はコロナ感染症によるダメージを受けて令和2年1月から減少傾向にあります。

全体の有効求人倍率と比較すると、まだ売り手有利ではありますが、去年の有効求人倍率(表)と比較すると1月から7月を通して減少しており、優秀な人材を獲得するために企業もよりいっそうシビアな目で求職者を見ており転職に対してハードルが高くなっています。

このように自分1人での転職は厳しくなっている現状で、転職エージェントを利用してより精度の高い転職をしましょう。

薬剤師求人が
圧倒的に多い
薬キャリ

薬キャリ
薬剤師登録者数No.1
コンサルタント満足度95%

\60秒で登録完了/

公式サイト→

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
最短3日で転職!
キャリアアップにも強みあり

\60秒で登録完了/

公式サイト→

薬剤師転職失敗談|3選

薬剤師の方に転職について失敗したことがあるか否かの調査をした結果多かった体験談の中から一部を紹介します。

失敗体験談:その1

口コミアイコン
20代女性
中小調剤薬局で働いていましたが、仲の良い同期が数名辞めてしまって自分も転職を決意しました。
転職した先の調剤薬局では職場環境の仲もあまり良くなく、ギスギスしていました。
サービス残業も多く、帰宅時間が遅くなることが多々ありました。
転職して3か月は頑張ろうと思っていましたが、もう次を探しています。

今回の失敗談のポイント
この方は同期が辞めてしまったことを理由に転勤しました。
しかし転職に求める条件をしっかりと自分の中に持っていなかったために、職場の雰囲気や残業等を確認しておらず、結果次の転職先を探すという結果になりました。

転職では自分の中に譲れないポイントを決めておいて、その条件のそろった企業を選ぶことで理想とのミスマッチを回避できます。
この方の場合では、仲の良い同期の転職がきっかけとなっていることから、職場の雰囲気を重視した転職を心がけることでミスマッチを回避できたのかもしれません。

失敗体験談:その2

口コミアイコン
30代男性
総合科目の処方箋を扱う仕事をしていました。
総合科目を扱っていたのでどの分野でも対応できると考えて、給与アップのために精神科専門の薬局に転職しました。
しかし、商品名や薬の名前を覚えることに時間がかかり、患者さんの数も多い職場だったので気軽に質問することができずにストレスがたまってしまい、結果前職の上司に戻ってこないかと声をかけていただいたこともあり、前職に復職しました。

今回の失敗談のポイント
この方は総合科目を扱っていたことからどの分野でもできると過信したために、あまり知識のない精神科専門に転職してしまい、結果退職しました。

転職する際には希望する分野の知識をしっかり学んでから行うことで転職後の仕事がスムーズにはかどります。

失敗体験談:その3

口コミアイコン
20代男性
前職の人間関係や低い給料が嫌で、早く転職したかったので好条件の転職先の求人を見つけてすぐに決めました。
しかし、内定後にその薬局を調べてみるとブラックな口コミが多くて出勤前から憂鬱になりました。実際にサービス残業も多く、上司も癖のある方でなかなか馴染めませんでした。

今回の失敗談のポイント
この方の失敗は、転職先の薬局について詳しく調べていなかったために起こった失敗談といえます。面接を受ける前など事前に情報収集をすることは失敗しない転職の条件であるといえます。

しかし、事前にブラック企業かどうやって調べたらいいのか分からない方に向けてブラック企業を自分で注意できる方法を紹介します。

ブラック企業を見極める方法

ブラック企業を見極める方法は掲載内容から把握する方法と口コミから把握する方法の2種類があります。

ブラック企業の特徴(掲載内容から把握)

  • いつ見ても求人が掲載されている

    ブラック企業の場合は定着率が悪いのでいつも人を募集しているという傾向があります。
    そのためよく紹介される求人は注意が必要です。

  • 給与が高く設定されている

    給与が高く設定されている場合も念のため疑った方がいいかもしれません。
    というのも仕事量に応じた設定にするのが基本だからです。
    特に月給19~50万のように幅のある書き方をしている求人は注意してください。
    多くの場合は最低ラインからのスタートと考えた方がいいでしょう。

ブラック企業の特徴(口コミから把握)

  • 募集内容と実際の勤務内容が違う

    多くの場合、仕事を始める前の顔合わせで派遣会社立ち合いで雇用条件の確認が行われますが、このときしっかりと仕事内容の確認を行いましょう。

  • 有給消化率

    有給の消化率が悪い企業はブラック企業である可能性が高いといえます。有給は与えられた権利です。
    その権利を取得できない企業は働きやすい環境とは言いにくいでしょう。

  • パワハラやセクハラが日常的に行われている

    パワハラやセクハラが行われている企業は古典的な男尊女卑が抜けられていない場合や、かなり強い上下関係を強いている可能性があるため、このような口コミのある企業や病院も気をつけたほうがいいといえます。

  • 精神的な負担が大きい

    様々な要因によって精神的な負担を強いてくるブラック企業やブラック病院も存在します。
    例えば、長時間勤務の過重労働や成果を出していないことに対する厳しいプレッシャー、希望休が取れない、退職できないなどが挙げられます。

ブラック企業を見極める力を身につけて、あなたの求める人生をおくりましょう。

口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

薬剤師の転職|失敗してしまう特徴5選

前章のように薬剤師の転職で失敗してしまう方には特徴があります。前項で見えた特徴と合わせて紹介します。

転職に求める条件を決めていない
自分の能力に過信している
事前調査を行わずに転職する
条件を妥協してしまう
1人で転職をする

転職に求める条件を決めていない

前章の口コミでも紹介しましたが、転職をする際には転職に求める条件をしっかりと決めておく必要があります。

例えば、給与アップや家に近い職場、人間関係などがあげられます。
転職条件を決めた際に複数になる場合もあるでしょう。

そんな時は条件に優先順位を付けておきましょう。
希望の条件をつけていないといつまでたっても転職できないという結果になりかねません。

優先順位を付ける際は、給料面よりも子ども帰宅時間までに帰りたいといった感じで今の生活状況を考えて設定してくださいね。

自分の能力を過信している

自分の能力に過信することで自分の能力以上の職場についてしまい失敗したと感じる方が多くいらっしゃいます。

またそのような方は希望の条件を高く設定しすぎて、希望の転職先が見つからないという特徴もあります。

また、自分のキャリアを数年しか積んでない方は事前準備をしっかりと行う必要があります。
自分の能力を過信している方は準備を怠る危険があるので注意しまよう。
特に自分の扱ったことのない科目を扱う転職先は注意しましょう。

事前調査を行わずに転職する

事前に転職先の調査を行わないことで失敗したという方が大変多くいらっしゃいました。

「転職したけどこんなはずじゃなかった」
なんてことにならないためにも、しっかりと転職先の調査を行うようにしましょう。

調査する項目は自分の求める条件とあっているかどうかを重視しましょう。
また、事前に職場見学にいくことで職場感がわかるのでどのような働き方ができるかを想像することができるようになるでしょう。

条件を妥協してしまう

急いで転職する方に陥りやすい失敗の1つです。

ある男性の話をします。
転職先を探さずに仕事を辞めてしまった方です。
辞めた後、すぐに転職先が見つかるだろうと思っていたそうです。

しかし、希望の求人先が見つからずに貯金が減ってしまい、最終的には納得のしていない求人に決めたそうです。
しかし、給料面で不満が出てしまい、転職先を探しているそうです。

転職に求める条件に優先順位を決めていないことと、転職を急いでしまったために起こった失敗談です。

このように妥協した転職はすぐに次の転職になりがちなので注意しましょう。

1人で転職をする

1人で転職活動をすると情報収集に限界がでてくるため、希望の求人を探す際に一苦労します。

知人から話を聞いただけ、応募企業のホームページを見ただけなど、一部の情報のみで企業を判断してしまうおそれがあり危険です。

例えば応募先のホームページだけでなく、その職場で働く方の意見を聞いたり、専門科目の場合はその専門の方に話を聞いたりしましょう。身近にそのような方がいない場合は転職エージェントを利用するという方法もあります。

転職エージェントは無料で利用できて薬剤師の業界に精通したプロの方のアドバイスを受けることができるので、あなた1人での転職をより精度の高いものに変えてくれます。

そこで転職エージェントを使えば他にどのようなメリットがあるのかを次の章で紹介します。

薬剤師の転職に失敗しないおすすめの方法|転職エージェントを利用

1人で転職をするのと転職エージェントを利用して担当者と一緒に二人三脚で転職をするのでは転職の成功確率が大幅に変わってきます。

転職エージェントを利用すれば、通常公開されていない非公開求人を紹介してもらうことができます。

公開求人と非公開求人の違い

  • 公開求人

    あなたがハローワークやインターネットで見つけることができる求人。
    あなた1人でも見つけることができるため、エージェント型転職エージェントを利用する必要はないのです。

  • 非公開求人

    非公開求人は一般に公開されておらず、エージェント型転職エージェントや派遣会社を通してのみ紹介してもらえる求人。

    求人を出す企業が人材を募集しているのに非公開にしているのか気になる方もいるでしょう。

    理由は主に2つあります。

非公開求人にする理由
1:事業戦略を踏まえて
新規事業等で急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は企業側は、人員募集をおやけにすることを拒むことがあります。

2:採用活動効率化のため
求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうようなレア求人であるため、看護師の応募を絞るという目的があります。

この非公開求人を紹介してもらえることが大きなメリットと言えますが、他にも事前に求人先の職場情報を紹介してもらえます。
また、希望すれば職場見学をすることができる場合もあるので事前調査を行う際にも有利になるでしょう。

転職エージェントを利用すれば上記で挙げた特徴を解消することができます。

  • 転職に求める条件を決めていない→

    担当者がキャリアの棚卸を行ってくれる

  • 自分の能力に過信している→

    担当者が客観的にあなたの状況を判断してくれるため能力に過信していても適切なアドバイスを提供してくれます。

  • 事前調査を行わずに転職する→

    担当者が企業の情報を把握しているので詳しく話を聞くことができます。

  • 条件を妥協してしまう→

    あなたにあった最適な求人を紹介してくれるので無理に妥協することはなくなるでしょう。
    また、レア求人が豊富な非公開求人の中から紹介してくれるので希望を超える求人が見つかる場合があります。

  • 1人で転職をする→

    担当者と二人三脚で転職を行うことができるので1人で先走った判断をすることがなくなりますよ。

転職を失敗させないために|おすすめの転職エージェント

ここでは転職を失敗させないためのおすすめの転職エージェントを紹介します。

1.薬キャリ|最初に登録しておくべき転職サイト

薬キャリ

おすすめ度:
公式サイト: https://agent.m3career.com/

薬キャリは、医療業界専門のエムスりーグループが運営しているサイトです。全国の提携コンサルタント企業30社以上の薬剤師求人を一括で探すことができ、掲載されている求人数は圧倒的。
「サイト型」だけではなく、「エージェント型」としてもかなり評価が高く、薬剤師登録者数No.1・コンサルタント満足度95%を誇っています。

最短即日で最大10件の求人を紹介するなど、スピード感のある対応が人気で、非公開求人も紹介してくれます。また、医療業界に顔が広い企業でもあるため、製薬会社や病院などに転職したい方には特におすすめです。
ママさん薬剤師の方をサポートする「薬キャリmama」というサイトもあり、ママさん薬剤師への手厚いサポートも魅力の一つと言えます。

求人数、情報の質、サポート体制、全てにおいて優秀な転職サイトですので、転職を考えている方は最初に登録しておくべきサイトです。

公開求人数 約57,000件(2020年3月現在)
非公開求人 8,000件以上
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

薬キャリの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
妊娠などで約1年のブランクがありましたが、正社員として雇用してもらえました。自分で探しても見つけることができなかった職場候補を提案もらえたので選択肢の幅がとても広がり、無理なく働くことができています。
求人もすぐに何件か提案してくレました。こんなにすぐ決まると思っていなかったので満足しています。


2.リクナビ薬剤師|キャリアアップしたい方におすすめ

リクナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師は、人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師さんのための転職サイトです。
「エージェント型」のサイトで、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが転職をしっかりサポートしてくれます。また、最短3日での転職が可能で急いで転職したい!と希望している方にもおすすめです。

リクナビ薬剤師の最大の魅力は、キャリアアップしやすい点です。高収入案件を多数揃えているため、キャリアアップ、給与アップを目指している方はぴったりです。
ドラッグストアや薬局への転職にも強いです。

公開求人数 約35,000件(2020年3月現在)
非公開求人 75%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

リクナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(薬剤師 / 年収500万円台)
前職はかなり残業があったので残業が少ない職種を希望していました。給与もできるだけ下げたくない、と希望を伝えたところ、的確な求人を紹介してもらえ、ドラッグストアに転職できました。
大きくはないですが給与も上がりました。微妙なニュアンスの違いについてもしっかり聞いていただけ、連絡も早く丁寧でした。


3.マイナビ薬剤師|20代・30代の転職におすすめ

マイナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師は、20代や30代に人気のマイナビが運営する薬剤師さんに特化した「エージェント型」転職サイトです。全国15拠点の薬剤師専任アドバイザーが転職をサポートしてくれ、必要であれば求人情報の読み方からレクチャーもしてくれる手厚さです。利用者満足度No.1も獲得しています。
また、紹介件数は平均19.5件と他と比べても多く、選択肢が多い方が嬉しい方にはぴったりです。基本的には会って相談できるので、転職活動に慣れていない方や細かいニュアンスまで伝えたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。
サイトでは閲覧数の多い求人をランキングでまとめていたり、求人特集があったりと、とても探しやすいのではないでしょうか。定期的に転職相談会も実施しているので、まだ転職を決めきっていない方も気軽に参加してみてもいいかもしれません。

公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
非公開求人 40%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
転職は初めてだったのですが、しっかりと履歴書など含め教えてもらえたので安心できました。時間がない時や遅い時間には、電話でサポートしてもらえたり、対応も早かったです。
そのおかげもあって早めに転職活動を終えることができました。ただ、病院の求人はあまり多くはないので、希望する方は気になるかもしれません。


4.ファルマスタッフ|転職に不安な方におすすめ

ファルマスタッフ

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、薬剤師転職サポート20年の歴史をもつ薬剤師さんのための「エージェント型」転職サイトです。
転職相談満足度96.5%と満足度が高く、求人数も約60,000件。
グループ会社には、日本調剤株式会社があり、教育のノウハウがしっかりしているため、登録者はしっかりとした教育環境を利用できることも大きな魅力です。
  面接同行サービスもあるほどコンサルティングには力を入れており、初めての転職や転職に不安のある方、第二新卒の方にもぴったり。
  「転職しない相談会」という、今後のキャリアや自分の市場価値を確かめるための相談会も開催しているので、転職はまだ具体的に考えていない方もぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
第二新卒です。求人数が多く、薬剤師専門のサイトだったので登録しました。あまり経験もない状態の転職で不安でしたが、面接にも同行してくれ、親身に相談に乗ってくれたのでとても安心できました。
また、eラーニングの受講ができたので、転職活動中の時間も有効に時間を使えたなと思います。


5.アプロドットコム|正社員以外の幅広い提案も。

アプロドットコム

   

おすすめ度:
公式サイト: https://apuro.com/

アプロドットコムは、求人数約5万件を誇る「エージェント型」転職サイトです。
求人数が多いことや、丁寧なサポート体制が魅力で、面接対策や履歴書の書き方までサポートを受けることができます。また、派遣の求人数も多いため、正社員だけでなく幅広い提案をしてもらえます。
登録後、900本以上の講座を無料で受講することができ、薬剤師としてデビューしてから日が浅い方もしっかり学びを深めながら転職することができます。
求人数が多い分、駅近など条件の良い求人も多いという口コミも。今よりも条件はよくしたいけどまだ自信はない…そんな方におすすめの転職サイトです。

公開求人数 約47,000件(2020年3月現在)
非公開求人 約20,000件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

アプロドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性(薬剤師 / 年収300万円台)
前回の転職では大手サイトを使いましたが、評判の良かったアプロドットコムさんに登録しました。残業の量や休みなどしっかりこだわったのですが、満足する転職になりました。
面接に同席してくれ、評判通り丁寧なエージェントでした。ただ、提案してもらった求人より自分で探した求人の方がしっくりきました。

最適な転職先を見つけるおすすめの方法

いざ転職を決意するとやるべきことは

自己分析(何をしたいのか)
求人探し
企業調査(ブラック企業に入らないために)
履歴書や職務経歴書の作成(質の高いものを作成)
面接対策
面接日の日程調節

といった作業が挙げられます。
このような作業を仕事をしながら同時に行うのは非常に大変な作業でしょう。

転職エージェントは上記の作業をほぼ全て肩代わりしてくれるサービスですのであなたの転職が圧倒的に有利になるでしょう。

「自分ひとりだけで転職を行う」と気張るのもいいのですが、代行できるところは任せて仕事や勉強に力を入れる方が時間を有意義に使えるのではないでしょうか。

転職エージェントがおすすめの理由
  • 完全無料で転職サポートを利用できる
  • 希望を伝えると求人を探して紹介してくれる
  • 求人先企業を詳しく教えてくれる
  • 面接の日程の調整や給料交渉などを行ってくれる
  • 推薦状を出してくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 複数の内定をいただいた場合、代わりに断ってくれる
  • 現職の退職アドバイスを行ってくれる

転職を失敗しないための転職エージェントの利用の5つのポイント

1.複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは複数登録しておきましょう。

理由としては

複数の登録がおすすめの理由
  • 求人を比較できて選択の幅が広がる
  • 用途によって会社を使い分けることができる

    専門職特化で見て給料の比較をしたい等

が挙げられます。

下記の転職エージェントに登録し操作性や求人数・質に満足できた転職エージェントに頼ってみましょう。

おすすめの転職エージェント

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
薬キャリ 約55,000件
全国の提携コンサルタント企業の求人を
一括で探せる!
リクナビ薬剤師 約35,000件
認知度No.1!
急な転職にも対応しているサイト。
マイナビ薬剤師 約58,000件
ご利用満足度No.1!
全国15拠点でサービスを展開。

▶︎横にスクロールできます▶︎

2.気になる求人があれば早めに応募

気になった求人を見つけた場合は、今すぐにでも応募するようにしましょう。
なぜなら、掲載されている求人情報は募集枠が埋まった時点で募集が終了してしまうからです。

悩んだ結果応募したいと思っても手遅れになってしまいます。

実際に希望した求人が募集を停止してしまっていたり、募集枠が埋まってしまい選考が見送りになってしまった方もいらっしゃいます。

「もっと早く応募しておけばよかった」なんて後悔しないように、良い求人を見つけた瞬間に行動するようにしましょう。

3.履歴書や職務経歴書は質の高いものを用意

転職エージェントに登録する際には履歴書や職務経歴書をアップする場合があります。

そのような場合には質にこだわってください。

ここの良し悪しで企業からのスカウト率や返信率、書類選考率が大きく変わってきます。
採用担当者はより良い人材を採用したいと考えますが、面接前の段階では書類のみしか判断できません。

ここで手を抜いてしまうといつまでも企業から書類選考の通過がこないなんてことにもなりかねません。
なので履歴書・職務経歴書は徹底的にこだわるように心がけましょう。

4.面接対策をしっかりと行う

希望している企業の書類選考に通過したら採用面接のための対策をしっかりと行いましょう。
面接での合格率は、

  • 「1次面接」:約20~40%
  • 「2次面接」:約20~50%
  • 「3次面接」:約50%

と言われています。

しかしこの数値はしっかりと事前対策を行った場合で、面接対策を行わずに面接に臨むと、「0%」なんて最悪の結果になりかねません。

そうならないためにも事前に面接対策をしっかりと行い、あなたの第一志望の企業に内定をもらいましょう。

5.転職先を慎重に決める

第一志望の企業から内定をいただけた場合はいいですが、仮に複数の企業から内定をいただいた場合は慎重に企業を選びましょう。

あなたが本当にやりたい仕事や社風と相性、年収などを総合的に判断して選んでください。
実際にブランドネームのみで企業を選んでしまい、やりたかった仕事とは違ったなんて方もたくさんいらっしゃいます。

なので今一度なぜ転職をするのかという初期段階に振り返ってみてください。

まとめ

今回は薬剤師転職での失敗を少なくする方法を解説しました。

薬剤師転職業界はコロナの影響で昨年度と比べると有効求人数が減少傾向にあり、転職により精度が求められるようになりました。

そこで当サイトでは転職エージェントを利用しての転職をおすすめしています。

  • 担当者がキャリアの棚卸を行ってくれる
  • 担当者が客観的にあなたの状況を判断してくれるため能力に過信していても適切なアドバイスを提供してくれます
  • 担当者が企業の情報を把握しているので詳しく話を聞くことができます
  • あなたにあった最適な求人を紹介してくれるので無理に妥協することはなくなるでしょう。
    また、レア求人が豊富な非公開求人の中から紹介してくれるので希望を超える求人が見つかる場合があります
  • 担当者と二人三脚で転職を行うことができるので1人で先走った判断をすることがなくる

精度が求められる転職で転職エージェントを利用して周りと差をつけていち早く転職を成功させましょう。
>>おすすめの転職エージェントランキングを見る

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
薬キャリ 約55,000件
全国の提携コンサルタント企業の求人を
一括で探せる!
リクナビ薬剤師 約35,000件
認知度No.1!
急な転職にも対応しているサイト。
マイナビ薬剤師 約58,000件
ご利用満足度No.1!
全国15拠点でサービスを展開。

▶︎横にスクロールできます▶︎

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄