「転職エージェントを使ってみたいけれど、本当に最後まで無料で使えるのか不安…」「転職エージェントはどうして無料で使えるの?」という人は少なくないでしょう。

確かに、転職エージェントが手厚いサポートを無料で行ってくれることには疑問を感じてしまいますよね。

そこでこの記事では、転職エージェントがどのような仕組みで報酬を受け取っているのかについて詳しく解説していきます。
転職エージェントが高い報酬を得るために行っている裏技についてもご紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

▶︎横にスクロールできます▶︎

記事の目次

転職エージェントの報酬の仕組みとは

ここでは、転職者が無料で転職エージェントを利用できる理由と、転職エージェントが貰える報酬の概算についてご紹介していきます。

1. なぜ転職者は無料で転職エージェントを利用できるのか

転職エージェントは転職者から料金を取らない代わりに、企業から紹介手数料を受け取っています。
企業が転職エージェントに紹介手数料を支払うことによって、転職エージェントは有能で企業にマッチした人材を探してくるという仕組みになっています。

転職者が無事、企業に転職することができれば、転職エージェントは成功報酬を得ることができるのです。
このように、企業と転職エージェントは繋がりを持っています。

2. 転職エージェントが貰える報酬とは

転職エージェントが貰える報酬は、一般的に転職者の年収の約30%と言われています。

例えば、転職者の年収が500万円だとしたら、500万円×0.3=150万円となります。

もちろんこれは一例であり、絶対とは言い切れません。
その時々によって相場は異なりますから、あくまでも目安だと考えてください。

転職エージェントは求人に応募してきた転職者を精査し、更に新たな求人を紹介するなど、さまざまな業務を請け負っています。
しかし、約30%だとすると、企業としてはかなり高い金額を転職エージェントに支払っているとも考えられます。

これでは企業が自ら転職者を募った方が安くあげられるのではないか、と思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところが、実は企業が動くよりも、転職エージェントに動いてもらった方が最終的には安く有能な人材を見つけることができるのです。

企業はなぜ転職エージェントを使うのか

ここでは、高い紹介手数料を払ってまでなぜ企業が転職エージェントを使うのかについてご説明します。

1. 厳選された人材を獲得できる

企業は厳選された人材を獲得するために転職エージェントを利用しています。

企業としては、優れた人材を一人でも多く集めるために集客力のある転職エージェントを利用していることが多いです。

あらかじめ一定の基準を転職エージェントに伝えることにより、よりハイレベルな人材だけに採用コストをかけています。

2. 人材を探す手間を省くことができる

企業が自ら募集をかけても、人材が見つからない可能性があります。

タイミングが悪い、転職者の目に留まらないなどといった理由から、人材が集まらない場合が考えられますが、転職エージェントに依頼すればそのような心配はいりません。

3. 面接がスムーズに進む

転職エージェントが連れてくる転職者は、一度転職エージェントによって吟味され、フィルターを通された人物です。

つまり、企業に引き合わされた段階で、既に第一段階の面接は突破していると言っても良いのです。

そのため企業としては不要な面接をすることはなくなり、本当にマッチしている人材とじっくり面接することができるようになります。
人材を選び取るまでにタイムロスが起きてしまうと、その分業務が滞ってしまう可能性も起きてしまいますから、人材確保はできるだけ早く行うべきです。

その点を加味すると、転職エージェントが紹介する人材を面接するということは、非常に理にかなっていると言えます。

エージェントが高い報酬を得るためにすること

エージェントは少しでも高い報酬を得ようとして転職者にさまざまな働きかけをします。
ここでは、そのうちの一部をご紹介していきます。

1. 多くの企業に応募してもらう

転職者が内定をもらえば、エージェントも成功報酬をもらうことができます。
そのため、応募数を増やすことで内定率をあげようと、応募をおすすめします。

もちろん応募する企業が多ければ多いほど内定率は上がりますから、成功する可能性も高まります。
一社がだめでも違う企業なら内定をもらうことができるかもしれませんから、多くの企業に応募することは転職者、転職エージェント両者にメリットがあります。

2. ミスマッチな企業を勧めてくる

エージェントには、それぞれ月ごとにノルマが定められています。
そのため、ミスマッチな企業でも、ノルマを達成するためであれば無理矢理勧められる可能性もなくはありません。

特に月末などの切り替わりの時期になると、ノルマ達成のためにエージェントはかなり力を入れてきます。
悪質な転職エージェントに登録してしまうと、明らかにミスマッチだとしてもゴリ押しをされることも考えられますから、転職エージェント選びには気をつけましょう。
>>転職エージェントとは|利用方法や上手な選び方まで徹底解説

3. 高い年収交渉をする

転職エージェントの売りのひとつとして、年収交渉が挙げられます。
これは転職者のメリットにもなりますが、実は、転職エージェントにもメリットがあります。

前述の通り、転職エージェントの報酬は転職者の年収の約30%です。
つまり、転職者の年収が高ければ高いほど転職エージェントの報酬も高くなるというわけです。

そのため、エージェントはなるべく年収を高くできるように交渉をするのです。

4. 面接の日程を調整する

転職エージェントは、他社に人材をさらわれないように面接の日程を調整して、なるべく早く自社で面接ができるようにします。

面接は早いもの勝ちといった側面があり、多少強引だと思われる場合でも、日程を調整してスケジュールを組むこともあります。
転職者にとっても早く面接を組むことで早く転職活動を進められるため、良い側面もありますが、マイペースに進めていきたい場合はその意思をしっかり転職エージェントに伝えておきましょう。

5. 転職者をランキング付けする

あまり気持ちの良い話ではありませんが、エージェントの中で転職者は密かにランキング付けされていることがあります。

あまりやる気のない転職者やがもちろん下位に置かれていますし、年収が低い転職者は年収が高い転職者より優先順位が下がってしまいます。
また、本当は年齢制限や性別による制限があるにもかかわらず、それを表に出していない求人も実は多いようです。

6. 転職後に手厚くフォローする

エージェントが転職後にも手厚くフォローしてくれるということも、転職エージェントを使うメリットのひとつとして挙げられますが、実は転職エージェントにもメリットがあります。

転職エージェントは、紹介した転職者がすぐに退職してしまった場合ペナルティを負わなくてはならない場合があります。
紹介した転職者がすぐに辞めてしまったら、転職エージェントとしては失敗してしまった責任を負わなくてはなりません。

そのような場合、エージェントはどのような責任の取り方をするのでしょうか。
次の章では、転職エージェントのペナルティについてご説明します。

転職後すぐに会社を辞めてしまった場合どうなるか

ここでは、転職エージェントが紹介した転職者がすぐに辞めてしまった場合、どのようなことが起きるのかについてご説明していきます。

1. 転職者が賠償金を請求されることはない

もし転職エージェントの紹介で転職した企業にをすぐ辞めたとしても、転職者本人が賠償金を請求されることはありません。
安心して転職活動を行ってください。
しかし、その後のエージェントとの関係性が良好に保たれるかどうかはわかりません。
エージェントの中での優先順位が下がってしまう可能性もありますし、同じエージェントを使って転職することは難しくなります。

そのような場合には、他の転職エージェントを利用すれば良いのですが、すぐに退職してしまうと経歴に傷がついてしまいます。
どうしても耐えられない場合をのぞき、できるだけ退職せず様子をみてみることをおすすめします。

2. エージェントは人材の紹介料を返金しなければならない

転職者にペナルティがない代わりに、転職エージェントには人材紹介料を返金しなければならない場合があります。
企業との付き合い方も変わってしまいますし、得られるはずだった利益も得られず、転職者にかけた労力も無駄になってしまいます。
それを避けるためにも、エージェントは転職者にアフターフォローにも力を入れています。

3. 3ヶ月以内にスペックの高い人材を無料で紹介する

すぐに辞めてしまった人材よりも、更にハイスペックな人材を無料で紹介しなければならないという厳しい条件を突きつけられることもあります。
初めに紹介した人材のスペックが高かった場合は、特に難易度が上がってしまいます。

特に外資系の企業などでは、人材の質にこだわりが強いため、ハイスペックな人材をみすみす逃してしまうことに対するペナルティはかなり重いものとなります。
エージェントは転職者の人生を背負っていると同時に、企業からのプレッシャーも背負っているのです。

転職エージェントを利用する際に気をつけたいこと

転職エージェントは転職者に寄り添ってくれる頼りになる存在ですが、利益も出さなければなりません。
これから転職エージェントをうまく活用するためのいくつかのポイントをご説明します。
これらに気をつけて、あなたにとって最良の転職にしてください。

1. ゴリ押しされてもきちんと断る

興味のない求人や明らかにミスマッチな求人をゴリ押しされたら、しっかりと断りましょう。

あなたが本当に希望する求人に手が届くまで随分と時間を無駄にしてしまいます。

ゴリ押しされてしまったから仕方なく、応募するだけしてみようといった気持ちで応募することだけは絶対に避けましょう。
一度応募してしまうと、その範囲も紹介できると判断されより希望とは異なる求人を紹介されてしまいます。

2. 複数の転職エージェントを併用する

一社の転職エージェントだけを利用していると、どうしても目が曇りがちになってしまいます。
受けられるサービスも偏ってしまいますし、加えて、エージェントの言う通りに動かないといけないような強迫観念に囚われてしまう可能性もあります。

そこでおすすめしたいのが、複数の転職エージェントを併用するという方法です。

何社かの転職エージェントを併用することで、どのエージェントが最も自分に適しているか、真摯に向き合ってくれるかなどを見極めることができます。

余裕を持って転職活動をするためには、一社のみに縛られることがないようにすることが大切です。
複数の転職エージェント利用についてもっと知りたい方はこちら

3. エージェントの質を見極める

一緒に自分の将来を考えてくれる転職エージェントはあなたの転職に良くも悪くも大きな影響があります。
エージェントにはまだ経験が浅い人もいますし、ノルマだけをこなせば良いと考えている人も残念ながらいます。
その中で質の高いエージェントを見極めることは、非常に重要です。

いくつかのサービスを利用しながらあなたと相性の良い転職エージェントを見つけましょう。
エージェントが手を抜いていたり、相性が合わないことがあれば、担当替えをお願いすることもできます。

エージェントが二人三脚で歩んでくれないということがわかった時点で、見切りをつけた方が良いでしょう。

転職エージェントを利用するメリット

ここまで転職エージェントを利用する企業や転職エージェントのメリットについてご説明してきましたが、それを踏まえた上で、転職を考えているあなたが転職エージェントを利用するメリットをご説明します。

1. 非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントは、それぞれ非公開求人と呼ばれる求人情報を持っています。

これは転職エージェントに登録しなければ閲覧・応募することができないものです。

非公開求人は、企業があえてオープンにしていない、質の高い求人であり、転職をする上で確実に見ておきたい求人情報です。

非公開求人を紹介してくれるのは転職エージェントだけですから、登録することによってより質の高い求人を閲覧し、応募することができるようになるのです。

企業は転職エージェントという一枚のフィルターを介して応募してきてほしい人材を求めているので、必然的に求人のレベルはが高くなるのでしょう。

2. 面接対策などをしてくれる

転職エージェントの売りとして、面接対策や書類添削をしてくれるというものがあります。

これは自分一人では決してできるものではありません。プロの技術や知識は何物にも代えがたいものです。

特に面接対策は、面接を苦手とする人にとっては欠かせないものとなるでしょう。

自分を客観視してくれるアドバイスはもちろんのこと、企業が知りたがっているポイントや、されるであろう質問とそれに対する最適な回答を教えてくれるという点において、エージェントよりも頼りになる存在はいません。

各対策において、自信がないと思っているところをフォローしてくれる優秀なエージェントは転職活動においてとても頼もしいと言えます。

3. 企業に対して推薦してくれる

エージェントは、推薦文というものを書いて企業に提出してくれます。

この推薦文によって、企業は「この人に会ってみよう」という気持ちを固めてくれるため、ここでつまずくことは決してないようにしたいところです。

推薦文はこちらがエージェントと話す中でアピールをし、具体的なエピソードを交えることや強い転職の意思を表すことによってより良いものとなります。

反対に、あまり話さないでいると、推薦文は簡素なものになってしまい、企業の採用担当者に響かなくなってしまいます。

しかし、推薦文を充実させることができれば、企業はそれだけでかなり好印象を抱いてくれます。

良い位置からのスタートを切ることができるのは、エージェントの推薦があってこそなのです。

4. 企業の内情を詳しく教えてくれる

転職先がイメージと違っていた、ということをなくすためにもエージェントの助言はとても大切なものとなります。

エージェントは企業の内情を詳しく知っていて、雰囲気や細かい業務内容を教えてくれるのです。

あらかじめイメージを掴んでおくことで、実際の職場とのギャップを減らせるという大きなメリットがあります。

何も知らない状態で転職先に飛び込んでいくよりも、どのようなところなのか事前に情報をもらっておいた方が安心することもできるでしょう。

企業についての情報を詳しく知ることは、一人で転職活動をしていては絶対にできません。

エージェントの持つ情報力を存分に活かしてもらいましょう。

おすすめの転職エージェント

ここでは、おすすめの転職エージェントをご紹介します。
転職エージェントにはそれぞれの特長がありますので、それを理解して自分に合ったものを選びましょう。
ここで紹介するものはどれも優れているもので、複数併用するのにおすすめの転職エージェントです。

1位:リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

転職エージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

公開求人数 149,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 160,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
40代女性(事務 / 年収300万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


2位:マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

公開求人数 20,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 22,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!


3位:JACリクルートメント


JACリクルートメント

おすすめ度:

公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

公開求人数 3,300件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

また、下の記事も参考にしてみてください。
>>【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較

転職エージェントの報酬を徹底解説|まとめ

この記事では、転職エージェントがどのように報酬を得ているのか、また、転職エージェントを利用する際に気をつけたいことなどについてご紹介してきました。

転職エージェントは確かに利益を追求してはいますが、もちろん転職者の味方です。

敷居の高さやとっつきにくさを感じる必要はありません。

上手く活用して、転職活動の幅を広げていってください。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

ランキングで紹介した転職エージェントも利用してみることをおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄