CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

転職活動をする時、どんなところに注意すれば良いのかわからない
思わぬ失敗をして後悔しないか不安

このように思い悩んでいる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。特に初めて転職活動を行う方は、自分の行動が間違っていないかどうか、不安ですよね。

この記事では、転職活動の中で気を付けるべき注意点や、転職活動を成功に導くためにさらにやるべきこと、転職にまつわる疑問点などについて解説していきます。

それらを事前に知っておくだけで、失敗するリスクが下がり転職活動を効率的に行うことが出来ます。

また、さらに効果的に転職活動を行うには転職エージェントを活用するのがとてもおすすめです。

詳しい理由は記事内でも解説しますが、転職エージェントは転職のプロとして、あなたの転職活動をみっちりサポートしてくれるのです。

ぜひこの記事を活用して、転職活動に役立ててくださいね。

業界大手!求人数総合型転職エージェント
リクルートエージェント ロゴ
業界トップクラスの求人数
転職サイトでも有名

公式サイト→

doda
業界トップクラスの
転職エージェント
高い満足度

公式サイト→

記事の目次

現職場での注意点

この項目では、転職活動の際、あなたが現在勤めている職場に対して気を付けるべき点を解説していきます。

「現職場」を諦めないという選択肢を持っておく

転職活動を始めたことによってかえって現在勤務している会社が良く見えてくるなど、転職活動によって現職場の見え方が変わる場合があります。

そうした場合は一度「転職する」という目標を捨て、自分が本当に今の会社から離れる理由があるのかどうか、立ち止まって考える必要があります。

その結果、「辞めない」という選択肢を取ることがその時の最善である可能性もあるのです。

職場の人に「転職活動をしている」と伝えない

転職活動は社内の人に内緒で行いましょう。

転職活動をしているということが社内で噂になった場合、あなたはとても気まずい思いをするでしょう。

もし転職活動をやめて現職場に残ることになった場合は、居づらさがずっと続くことになってしまうかもしれません。

職場の人に伝えるのは、転職先から内定を頂いた後、直属の上司から順に伝えていきましょう。

退職時は最低限のマナーをわきまえること

現職場を退職する際は、最低限のマナーを守るようにしましょう。これは、円満退職を実現するためです。

円満退職をするためのマナーなどが詳しく書かれている下記の記事も、ぜひ参考にしてみてくださいね。
>>仕事を辞める際の注意点|円満に退職できる方法まとめ

年金や健康保険関係で気をつけること

入社日が決定したら、その入社日の前日を退職日に設定することをおすすめします。

何故なら、入社日と退職日の間に1日でも期間が空くことで健康保険年金の手続きを自分で完結させなければならなくなってしまうからです。

手続き関係で不安がある方は、転職エージェントなどに相談しながら転職活動を進めることをおすすめします。

転職エージェントはあなたの転職活動や、退職に関することを手厚くサポートしてくれます。無料で登録できるため、転職・退職手続きに不安がある方は一度登録してみてはいかがでしょうか。

返却物のやり取り

会社に預けているものや、会社に借りているものの返却が必要な場合があります。

一般的には、

  • 健康保険証
  • 名刺
  • 書類やパソコンなどの備品
  • 会社の経費で購入した文房具など
  • 身分証明書
  • の5点を退職時に返却します。
    在職中はこれらを無くさないようにしましょう。

    また会社によっては上記に挙げたもの以外にも返却が必要な場合があるため、しっかりと会社に確認を取りましょう。

    転職先企業での注意点

    この項目では、転職活動の際、あなたが転職先企業もしくは転職先として考えている企業に対して気を付けるべき点を解説していきます。

    面接会場に到着した瞬間から、マナーに気を配る

    新卒採用とは異なり、中途採用の場合はビジネスマナーがとても大切になってきます。

    企業が中途採用をする際は、一般的に即戦力を求めていることが多いです。しかしビジネスマナーが出来ていないと、「即戦力ではない」と見なされてしまうのです。

    面接時だけでなく、会場に到着した瞬間から自分の振る舞いやマナーをチェックされていると思っていたほうが良いでしょう。

    内定後に、採用条件を必ずよく確認すること

    内定をもらった後は、業務内容・待遇・労働時間などの採用条件を転職予定先に必ず確認するようにしましょう。

    何故なら、採用条件というのは求人時と内定後で異なってしまう場合があるからです。

    このような仕事をさせられるなんて、聞いていない」「内定時に聞いていた月給の額よりも少ない」などというケースは、あり得ます。

    転職後に条件良く働くためにも、内定後に採用条件の確認は必ず行いましょう。

    ぶっちゃけ話給与条件で不満がある場合、それに関する交渉を自分の代わりにやってくれる転職エージェントを活用するのがおすすめです。

    もちろんあなたが転職先に直接交渉することも可能ですが、言いだしにくいこともあると思います。

    そうした際は転職エージェントを活用して転職活動を行うほうがスムーズに条件交渉が進みます。
    >>おすすめの転職エージェントを確認する

    転職先の社風を知っておくこと

    転職先の社風は、内定承諾前に必ず確認しておきましょう。

    もちろん入社前に転職先の内情を全て知ることは難しいですが、転職者向けの口コミサイト転職エージェントを活用することで企業の情報を集めることが出来ます。

    そうして情報収集することで、転職先の長所や短所をざっくりと把握することが出来ます。

    もしその社風が自分に合わないと感じたときは内定を承諾することを一旦保留し、他企業と比較しながら、慎重に転職先を選ぶことをおすすめします。

    面接での身だしなみ

    身だしなみは必ず整えましょう。

    服装だけでなく、髪型にも気を配りましょう。
    清潔感や品を感じさせる見た目にしておくことで、面接選考で好印象を与えることが出来ます。

    職務経歴書の作成

    職務経歴書は、面接では伝えることのできないあなたの魅力や熱意を転職希望先にアピールすることのできる書類です。

    この職務経歴書の出来が、書類選考の合否を大きく左右することになります。
    そのため転職先ごとに書き方を変えて、しっかりと作成しなくてはいけません。

    大きな注意点として、インターネット上にある職務経歴書のテンプレートの文章に従いすぎないようにすることが挙げられます。

    それらを用いすぎると、案外簡単にその職務経歴書がコピペの文章だと企業に分かってしまいます。
    そして、書類選考が不合格になってしまうこともあるのです。

    そのため他の人が書いた完璧なテンプレートを真似したくなる気持ちも分かりますが、なるべく自分の言葉で経歴や思いを企業に伝えるようにしましょう。

    そして必ず、企業が求めていることが何かをを考えながら内容を練りましょう。

    例えば企業の募集人材の要項や経営計画などに目を通し、今どのような人材が求められているのかなどを自分なりに分析するのも一つの手かと思います。

    書き方に自信のない人は転職エージェントに相談するのもおすすめです。

    転職エージェントに登録すると、あなたに担当者がつくことになります。
    そしてその担当者は転職のプロとして、職務経歴書の作成を1からサポートしてくれるのです。

    客観的な意見も聞けるため、一人で転職活動をしていて不安な方にはとてもおすすめです。
    >>おすすめの転職エージェントを確認する

    応募先企業の管理をしっかりする

    転職活動の際、企業からの内定を確実に得るために数多くの応募をしてしまうことがあります。

    それ自体は悪いことではないのですが、企業管理をしっかりしていないと面接などで混乱してしまう可能性があります。

    例えば、用意していた職務経歴書がどの企業のものなのか混同してしまい、面接で大失敗してしまうなどが挙げられます。

    作成した書類はコピーを取ったり、PDF化してデータ整理をしておくなど、管理を怠らないように気を付けましょう。

    質問はできるだけ面接中に解消する

    質問は出来るだけ面接中にしてしまうようにしましょう。

    内定後でないと聞いてもしょうがないことや、内定後でないと聞きづらいことなどは仕方ありませんが、多くの質問をメールなどで送ることは人事担当者の負担を大きくしてしまいます。

    志望動機を丸暗記しない

    志望動機を丸暗記してしまうと、緊張して内容が飛んでしまったとき面接官に捻った聞かれ方をした際に、言葉に詰まってしまう可能性が高くなります。

    そうなると、自分の思いを面接官に伝えきれず、面接が不本意な結果に終わってしまいます。

    対策としては、自分の言葉でしっかりと思いを伝えられるように練習をすることです。

    やり方の例としては、ただ文章を全て丸暗記するのではなく、自分の中で大事にしているキーワードだけを暗記して、それを元に自分の意見を何も見ずに組み立てる練習をするのも良いでしょう。

    志望動機に関わらず、面接官に聞かれそうなことは鏡を見て自分の表情などを確認しつつ、思いを伝えられるように対策すると良いでしょう。

    また転職エージェントと一緒に転職活動をすると、転職のプロとして模擬面接を何度も行ってくれます。

    もし一人で練習するだけでは不安だという方は、転職エージェントを活用しながら転職活動をすることをおすすめします。
    >>おすすめの転職エージェントを確認する

    ビジネスシーンにそれぞれ合った持ち物を選ぶ

    ビジネスシーンやTPOに沿った持ち物を選ぶようにしましょう。

    実力があってもビジネスシーンに適していない持ち物を持っているだけで、社会人としてのマナーがないと見なされ、転職活動に不利になってしまう可能性があります。

    内定承諾・辞退

    内定が出ると、書面として内定通知書が届きます。
    そこには入社日や書面の返送日などの期日が書かれています。

    内定を承諾しても良いとあなたが思ったら、書類に記入をして転職予定先の企業に送付してください。

    内定辞退をするつもりなら、連絡は早めに行った方が良いでしょう。

    ギリギリになって連絡をすると、トラブルへ発展してしまう場合があります。

    またもし、内定を承諾するか、辞退するか悩んでいる段階なら次の行動は慎重に行った方がよいです。
    内定辞退などは一度してしまうと、取り消しが難しい場合があります。

    入社に迷うのであれば、内定承諾期限を伸ばしてもらえないか転職先企業に相談してみましょう。

    その他|転職活動の際の注意点

    この項目では、上記以外の点で転職活動の際に気を付けるべき点を解説していきます。

    パソコンやメールアドレスを用意する

    個人用のパソコンやメールアドレスを持っていないことで、転職活動がスムーズに進めづらくなります。

    なぜパソコンがあった方が良いのかというと、職務経歴書や、自己PR資料の作成などをする際、作業がしやすいからです。

    スマートフォンなどでは画面も小さく作業が滞りがちになってしまいます。
    またメールアドレスは企業との連絡のやり取りなどに必要です。

    この二点は転職活動の際の基本的なインフラ環境として、あった方が良いでしょう。

    なるべく在職中に転職活動を行うこと

    転職活動は、なるべく在職中に行うのがおすすめです。

    どうしても現職場を早く離れなければならない理由などがある場合は別ですが、そうでない場合は、転職先が決まる前に現職場に退職の旨を伝えるのは控えましょう。

    理由は金銭面での負担が大きくなるからです。

    当然退職してしまうと、お給料は支払われなくなります。

    そうすると、転職活動にかかる費用や生活費などで貯金が圧迫されてしまうため、精神的にも追い詰められかねないのです。

    そうした負担を避けるためにも、転職活動はやむを得ない場合を除いて在職中に行うようにしましょう。

    ですが転職先が決まった後は、退職する旨を退職の1カ月前までには現職場に伝えるようにしましょう。

    こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。
    >>仕事を辞める際の注意点 円満に退職できる方法まとめ

    ぶっちゃけ話失業給付金などは支給までに時間がかかることも多い一方、税金は多くの場合失業している間も払い続けなければなりません。
    転職先に内定をもらう前に現職場に退職の話をするのは、慎重に行った方が良いです。

    一人で転職活動を進めない

    転職活動を行うのが初めての方や、スムーズに転職活動を行いたいという方が、一人で転職活動を行うのはおすすめできません。

    なるべく転職活動に詳しい人の話を聞きながら、転職活動を進める方が良いです。

    あなたのスキル・経験で、どの程度の年収を狙えるのか

    どのような職場が合っているのか

    面接でどのような点をアピールすべきなのか

    そもそも転職をすべきなのか

    上記の点を自分の視点だけでなく、客観的な視点も取り入れて判断し、転職活動に臨む方が転職後のミスマッチが少なくなります。

    周囲に転職活動に詳しく信頼できる人がいたらその人に転職活動の相談をしてみましょう。

    そういった方がいない、又はそうした身近な方に相談するだけでは不安だという方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

    転職エージェントは転職活動に関わる知識を多く持っています。

    特にこの記事内で紹介している転職エージェントは、あなただけでなく多くの転職者の相談に乗ってきた実績があるため、あなたのアピールポイントやあなたに合った転職先を一緒に探してくれますよ。
    >>おすすめの転職エージェントを確認する

    イメージだけで企業を選ばないこと

    イメージだけで志望企業を選んでしまうと、転職後にミスマッチで後悔してしまうことが多いです。

    ネームバリューがあるからきっと良い企業だろう

    ホワイト企業で有名だから

    東証一部上場しているから待遇は良いだろう

    こうした勝手なイメージや決め付けで志望企業を選ぶのではなく、

    • 働く際、自分がどんな条件を重視しているのか
    • 自分の中でのホワイト企業の定義は何か
    • どの待遇が満足なのか

    など、自分の本当に働きたい条件をよく考えて、転職活動をすることが大切です。
    また企業の情報は、様々な角度から比較・検討しましょう。

    自分の「市場価値」を高く設定しすぎないこと

    自分の市場価値を見誤ったまま転職活動をすると、失敗してしまう可能性が高いです。

    特に転職前に能力を過剰に評価されていたり、実力以上の給与をもらっていると、自分の市場価値を多く見積もりすぎてしまい、求人を絞りすぎて転職が難しくなってしまうことがあるのです。

    どんなに自分の経歴やスペックに自信があっても、客観的に自分を評価し、市場価値を見極めることが大切です。

    こうした自分の客観的に見た市場価値を測る際も、転職エージェントの活用は非常におすすめです。

    転職エージェントは先入観などを抜きに、転職のプロとしてあなたの市場価値を見極めてくれるからです。
    >>おすすめの転職エージェントを確認する

    転職活動を成功させるためにやるべきこと

    この項目では、転職活動を成功させるためにさらにやった方が良いことについて、解説していきます。

    自己分析を徹底的に行うこと

    中途採用では、多くの場合企業は即戦力を求めています。

    そのため、転職活動の際は「自分が即戦力である」ということを客観的な裏付けも併せて、アピールしなければなりません。

    その際自己分析はとても大切になってきます。

    自己分析をすることで、自分の強みや、自分の実績、そしてそれがどのように転職先の業務に貢献できるかなどをエピソードと共に認識することが出来ます。

    そしてその強みや経験に紐づくエピソードを、自分の中でしっかりとまとめ、面接などで答えられるようにしておきましょう。

    そうすることで、自分が転職先にとって「即戦力」となる人材であるという事が相手にも伝わるのです。

    なお、エピソードと実績が客観的に結びついているかどうかは、自分ひとりだと判断しづらい時もあるかもしれません。

    そのような時は、転職エージェントなど転職活動に詳しい人に相談して、意見を貰うのもおすすめですよ。
    >>おすすめの転職エージェントを確認する

    転職理由をポジティブに答えられるようにすること

    転職活動をする理由として、転職先企業に伝えるものは出来るだけポジティブな理由が良いです。

    何故かというと、転職先企業の人事にとって、ネガティブな動機を元に転職活動をしている人の印象はあまり良くうつらないことが多いからです。

    自己分析などで自分のキャリアを振り返る際、どうしてもネガティブなものが出てきてしまうことはあると思います。

    ですが、それらをなるべくポジティブな言い方で伝えられるように対策しておいた方が良いです。

    興味のある求人にはどんどん応募すること

    多くの求人に応募すればするほど、自分に合った会社に巡り合う可能性が高くなり、転職先も決まりやすくなります。

    そのため絶対に転職をしたいと思っている方は特に、なるべく多くの企業に応募することをおすすめします。

    また未経験の分野に飛び込む際は、100社の選考を受けても内定にたどり着けないということもあります。

    そのため興味がある業界や職種などを絞りすぎず、興味がある求人はとりあえず申し込むと良いですよ。

    その際、応募先の企業管理は怠らないようにしましょう。

    対策をしっかりしてから面接に臨むこと

    これは大前提ですが、面接対策を怠ってはいけません。

    自己分析や企業分析は出来ているし、大丈夫だろう

    と思っていても、いざ転職先企業との面接でしっかりと思いを伝えることが出来るとは限りません。

    自分の話したい内容はしっかりと要点をまとめ、相手が聞きやすい形で話すことが大切です。

    例えば、「結論を最初に伝え、その後に裏付けとなる話をする」など、相手が聞きやすい順番で話すことも心掛けましょう。

    なお、転職エージェントは無料で模擬面接を行ってくれます。

    面接練習をしっかりと行いたい人は、登録するのがおすすめです。
    >>おすすめの転職エージェントに登録する

    失敗の振り返りをきちんとすること

    転職時の選考で、一社も落ちないという人はなかなか珍しいです。
    どうしても選考に落ちてしまうことはあるのです。

    そうした中で大事になってくるのは、何がダメで選考に落ちたのかを振り返り、次の選考に生かすことです。

    もちろんあなたに落ち度などはなく、単に転職希望先とあなたとの相性が悪く、落ちただけという場合もあるでしょう。

    しかし、振り返る余地があるなら、振り返った方が良いです。

    どんな質問をされたか、どこで答えに詰まってしまったかなど、次の選考に生かせそうなことはメモを取ってみてください。

    特に選考の直後だと記憶も新しいので、出来れば選考の直後に振り返りをすることをおすすめします。

    ぶっちゃけ話転職エージェントを経由して選考を受けると、選考で落ちた際になぜ落ちたのか理由を聞ける時があります。
    面接のフィードバックが欲しい方は転職エージェント経由の選考を受けてみると良いと思います。
    >>おすすめの転職エージェントに登録する

    転職にまつわる疑問

    この項目では、転職活動にまつわる疑問点について解説していきます。

    転職活動と就職活動の違いは?

    転職活動と、いわゆる新卒時に行われる就職活動とは、何が違うのでしょうか。

    1つは転職活動では、即戦力が求められるということです。

    もちろん、就職活動時にも即戦力となる人材のほうが重宝されることが多いですが、多くは直前まで学生だった人たちが多く、社会人としての経験をしたことのない人がほとんどです。

    そのため、即戦力というよりはポテンシャルを見られることが多いのです。

    一方転職活動は、企業にとって「中途採用」という形になるため、その選考を受ける人は社会人経験を積んだ人がほとんどです。

    そのため選考を受けるにあたって社会人経験を積んできていることは前提であり、その社会人経験の中で「どんなスキルを身につけてきたのか」、また「それをどう転職先企業で生かせるのか」ということをアピールできるかが大切になってきます。

    また中途採用では一般的に、就職活動に比べて選考フローが短いのも特徴です。

    自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

    「自己都合退職」とは、労働者自らが希望して退職するケースを指します。

    一般的に、多くの退職がこの自己都合退職に当てはまります。

    これは結婚や介護、病気、療養などを理由に退職する場合はもちろん、自分が望む仕事内容や待遇を求めて転職することも、自己都合退職と見なされます。

    自己都合退職の主なメリットは、会社都合退職と比べて転職活動の際に退職理由をそこまで深く追及されない点が挙げられるでしょう。

    これに対して「会社都合退職」とは、企業などに退職を余儀なくされるケースを指します。

    経営不振による人員整理などで一方的に労働契約を解除される場合が一般的ですが、退職勧奨・希望退職に応じた場合も含まれます。

    他には、何らかのハラスメント被害を受けた場合、勤務地移転に伴う通勤困難などの理由で退職せざるを得なくなった場合などが含まれます。

    会社都合退職の主なメリットは、失業給付金の支給を受けるまでのスピードが早く、また給付金の金額も多くなることが挙げられます。

    自己都合退職の場合、この失業給付金はもらえるまでにおよそ3カ月待たなくてはならないという制限があります。

    しかし、会社都合退職の場合はそれがなく、ハローワークへの申請を経て最低7日間の待機期間のみで、失業給付金を取得できるのです。

    貰える金額も自己都合退職の場合より多く、給付期間も最大330日と長いです。

    もし失業給付金の申請を考えている方は、自分自身でも調べてみることをおすすめします。

    円満に退職するには?

    円満退職が実現可能な例として、

  • 結婚・妊娠を機に仕事を辞める
  • 家族の介護が必要になり面倒を見なくてはならなくなった
  • これからの自分のスキルアップを目指してという理由
  • などが挙げられます。

    その他にも円満退職に必要なことは色々とありますので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
    >>仕事を辞める際の注意点 円満に退職できる方法まとめ

    また、利用は有料ですが退職代行サービスというものもあります。

    実績多数の退職代行サービス

    辞めるんです

    辞めるんです
    LINEで無料相談
    (24時間365日対応)
    退職率100%、有給消化もサポート
    即日退職・後払いOK

    \LINE無料相談可/

    公式サイト→


    退職代行ニコイチ

    退職代行ニコイチ
    有給消化もサポート
    追加料金一切無し

    \LINE無料相談可/

    公式サイト→

    現職場を退職することに不安な方は、こうしたサービスの利用を検討しても良いかもしれません。

    おすすめの転職エージェント

    この項目では、転職活動の際に利用するのがおすすめの転職エージェントや、なぜ転職エージェントを使うのがおすすめなのか、ということについて解説していきます。

    転職エージェントをおすすめする理由

    転職エージェントに登録することをおすすめする理由は、

    メリット
    非公開求人を紹介してもらえる
    書類選考の対策や面接準備のサポートを行ってくれる
    入社までのスケジュール調整を行ってくれる
    退職までの手続きのサポートを行ってくれる
    年収の交渉をしてもらえる

    主にこの5点が挙げられます。

    ちなみに非公開求人とは、企業のホームページや転職サイトなどで掲載されていない非公開の求人のことです。

    この非公開求人によって一般には公表されていない求人に出会うことができ、自分の理想の働き方を叶える求人に出会える確率が上がります。

    他にも転職エージェントはあなたに合った求人を探してくれたり、あなたを企業にプッシュしてくれることもあります。

    また、転職エージェントは複数利用することでより効率的に転職活動を進めることが出来ます。

    事実リクルートの調査で、「転職を成功させた人ほど、複数の転職エージェントを利用している」という結果が確認されているのです。

    ちなみに転職成功者の転職エージェント利用社数は、平均4.2社でした。

    もっと転職エージェントについて知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
    >>【毎日更新】転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミから比較
    >>転職エージェントとは|利用方法や上手な選び方まで徹底解説
    >>転職エージェントを比較|一目でわかる業種・職種別比較一覧

    また、ここからはおすすめしたい転職エージェントを紹介するので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

    1.リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめ度
    求人の数・質
    転職サポート力
    転職成功率 90%以上
    公式サイト: https://www.r-agent.com/

    リクルートエージェントの最大の強みは業界トップクラスの求人数を保有し、転職支援実績No.1である点。

    求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職サイトです。
    「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
    ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

    口コミアイコン
    30代女性(事務 / 年収500万円台)
    リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
    ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
    転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

    >>リクルートエージェントの口コミ・評判はこちら

    2.doda

    doda

    おすすめ度
    求人の数・質
    転職サポート力
    転職成功率 約90%
    公式サイト: https://doda.jp/

    転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界トップクラスの転職サイトです。

    求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
    とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!との口コミもありました。

    他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
    ※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

    口コミアイコン
    30代男性(営業 / 年収350万円台)
    dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
    履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
    求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

    >>dodaの口コミ・評判はこちら

    3.マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめ度
    求人の数・質
    転職サポート力
    転職成功率 約90%
    公式サイト: https://mynavi-agent.jp

    新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職サイトです。
    20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

    未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

    口コミアイコン
    20代女性(広報 / 年収400万円台)
    新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
    やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
    丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

    >>マイナビエージェントの口コミ・評判はこちら

    4.リクナビNEXT

    リクナビNEXT

    おすすめ度
    求人の数・質
    転職サポート力
    公式サイト: https://next.rikunabi.com/

    リクナビNEXTは株式会社リクルートが運営する転職サイト(求人サイト)です。転職者の8割が利用していて、求人の量も膨大です。さらに、扱っている求人の8割以上がリクナビNEXTのみにしか掲載されていない限定求人のため、登録しておくと他で出会えない求人を見つけることができます。

    また、転職活動を成功に導いてくれるようなコラムや、直接企業からオファーをもらえるスカウトサービスもありますので活用してみてはいかがでしょうか。

    口コミアイコン
    20代男性(営業 / 年収400万円台)
    リクナビNEXTは自己分析サービスがあったり、スカウト機能があったりと転職サイトの中では充実したサービスで使いやすかったです。また忙しかった僕でも自分のペースで進めることができたので利用して正解でした。

    >>リクナビNEXTの口コミ・評判はこちら

    5.キャリアカーバー

    キャリアカーバー

    おすすめ度
    求人の数・質
    転職サポート力
    公式サイト: https://careercarver.jp/

    リクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。

    待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。

    また。通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

    口コミアイコン
    30代男性(管理職 / 年収600万円台)
    キャリアカーバーはハイキャリア転職に特化しているため、自分の持っているスキルを最大限活かせる条件の求人を紹介してもらいました。前の職場ではプロダクトマネージャーをしていたこともあり、転職後の年収は700万円とかなり水準が上がりました。

    >>キャリアカーバーの口コミ・評判はこちら

    まとめ

    転職には、様々な注意点があります。

    転職活動における主な注意点
    職場の人に転職活動していることを伝えない
    返却物や保険などに気を付ける
    職務経歴書はコピペなどをせず丁寧に作成する
    内定後は採用条件を要確認
    客観的な視点を得るため、なるべく一人で転職活動をしない

    以上5点を、主な注意点としてまとめました。
    ですが、記事にある通りこの5点の他にも様々な注意点があります。

    こうしたことを気にする手間が煩わしい方や、効率的に転職の成功率を上げたい方は、転職エージェントの活用をおすすめします。

    転職エージェントと共に転職活動をすることで、事前準備から面接準備、退職の手続きなどのサポートや相談を転職活動のプロから受けることが出来ますよ。
    >>おすすめの転職エージェントに登録する

    ぜひこの記事で紹介したことを参考にして、転職活動を成功させてくださいね。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄
    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄