CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「看護師の転職サイトのデメリットは?」
「利用してみたいけど悪い口コミも見るし不安」

と思っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく転職するなら、納得のいく形で転職活動を行いたいですよね。

この記事では、看護師が転職サイトを利用するデメリットや、デメリットを解消する方法などを解説していきます。

また看護師転職のあらゆる疑問点や、転職にベストなタイミング、転職サイトを利用せずに看護師が転職する方法についても解説していきます。

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

看護roo!
利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり

\業界最大級の病院件数/

公式サイト→

記事の目次

看護師が転職サイトを利用するデメリット

看護師が転職サイトを利用するデメリットは以下の通りです。

次の項目で、実際の口コミも一緒にそれぞれ詳しく解説していきます。

また、デメリットを解消する方法については以下の項目で紹介しています。
>>看護師転職サイトのデメリットを解消する方法はこちら

連絡が多すぎる担当者がいる

デメリットの1つとして、連絡が多すぎる担当者がいるということがあるようです。

実際にこんな口コミがあります。

口コミアイコン
30代女性
そろそろ違う職場に行ってみたくて登録しました。
ですが夜勤明けで寝ているときにも何度も電話がかかってきて困りました。
「後でかけなおすので、電話は一回にしてもらえないか」と頼みましたが、あまり要望を聞いてもらえませんでした。
自分の都合が優先なのかとがっかりしました。

出典:アンケート

口コミアイコン
30代女性
転職を考えていた時に登録しました。
最初の印象は良かったです。
ですが環境が変わり、結局転職しないことに決めました。
担当の方にその旨を伝えたのですが、その後何度も電話が来たり、メッセージが来たりして正直不快でした。

出典:アンケート

寝ている時など自分の好ましくないタイミングで電話を何度も掛けられたら、困りますよね。

密に連絡を取ることが苦手な方は、しんどいと感じてしまうかもしれません。

>>看護師転職サイトのデメリットを解消する方法はこちら

連絡が少なすぎる担当者がいる

前の項目とは反対に、連絡が少なすぎる担当者がいるようです。

実際にこんな口コミがあります。

口コミアイコン
40代女性
以前は連絡がスムーズに取り合えたため、今回の転職でも転職サイトを利用してみたら、殆ど連絡が来ない。
担当者の都合が優先されて、求人を全然紹介してもらえない。
問い合わせのメールを送っても返事が来ず、退会しました。

出典:アンケート

連絡がしつこすぎるのも考えものですが、連絡が殆ど来なければ転職サイトを利用している意味がないですよね。

連絡が来ないことで、良い案件を逃してしまう可能性も高まります。

>>看護師転職サイトのデメリットを解消する方法はこちら

希望条件とは異なる求人を紹介される

希望していた条件とは異なる求人情報を紹介されてしまうというデメリットがあります。

基本的に、転職サイトは希望条件に沿った案件を紹介してくれることが多いのですが、質の悪い転職サイトに登録してしまうとこうしたデメリットもあるようです。

実際に以下のような口コミがあります。

口コミアイコン
30代女性
希望とは明らかに条件が異なる求人をおすすめされた。
押しが強く、私が希望しないような条件の病院を誘導的におすすめしてきたりして困った。
担当者と私の転職へのスピード感も合わず、結局転職を辞めることを伝えると返信が来なくなった。

出典:アンケート

また以下の口コミにあるように、転職サイトによっては転職先の正確な情報が転職前に伝えられず、納得のできない結果で終わってしまうことがあります。

口コミアイコン
30代女性
転職した先が希望条件とは違っていました。
夜勤が多く、給料も聞いていたより低かったです。
担当者にはもう少し病院のことをしっかり調べて教えてほしいと思いました。

出典:アンケート

せっかく転職先が決まっても、希望の条件で働けないのは悲しいですよね。

>>看護師転職サイトのデメリットを解消する方法はこちら

十分なサポートが受けられない場合がある

十分なサポートが受けられない場合があるというデメリットもあります。

口コミアイコン
30代女性
私は医療現場で使える、とある専門資格を持っています。
それを担当コンサルタントに伝えたのですが、資格を持っている分野とは全く異なる科の職場を何度も勧められました。
担当者によっては医療分野の知識が薄く、満足のいくサポートをしてもらえないのかもしれないと感じました。

出典:アンケート

担当者によっては専門知識が少ないことがあり、看護師として転職をする際に満足なサポートが受けられないようです。

これではせっかく転職サイトを利用しても、理想の求人に出会える可能性が少なくなってしまいます。

>>看護師転職サイトのデメリットを解消する方法はこちら

人気の病院では不利になることがある

転職応募者に人気が高い病院は、転職サイトでの応募が不利になることがあるというデメリットもあります。

経歴・スキル・人柄などに対する評価が同じの場合、「転職サイトを経由して応募した看護師」と「直接病院に応募した看護師」では後者が優先的に採用されることが多いです。

人気が高い病院は自分たちの運営する公式ホームページに応募が多く届き、そこから採用をした方が「紹介手数料」がかからずに済むからです。

病院側は転職サイトを経由して応募した看護師を採用すると、転職サイトに紹介手数料を払わなければなりません。

公益社団法人全日本病院協会のアンケート調査によると、この紹介手数料を「高い」と言っている病院は全体のなんと約82%を占めました。

実際に、調査結果から病院の採用担当側の意見を紹介します。(一部抜粋)

  • 手数料が高すぎる
  • 紹介料率が各社ごとにバラバラで高い
  • 出来ることなら紹介会社を通さずに採用していきたい

そのため転職応募者が多い病院では、同じ条件であれば「転職サイト経由で応募した看護師」よりも「手数料がかからない直接応募の看護師」が選ばれてしまうことがあります。

勤めたい病院が明確に決まっている場合は、その病院に直接応募した方が良いかもしれません。

こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。
>>看護師は本当に転職サイトを使わない方がいいのか

またデメリットの解消法は、以下の項目で解説しています。
>>看護師転職サイトのデメリットを解消する方法はこちら

次の項目では、こうしたデメリットが生じる原因についてさらに解説していきます。

看護師転職サイトの利用でデメリットが生じる原因

看護師転職サイトの利用でデメリットが生じる原因は、以下の通りです。

次の項目で、それぞれ詳しく解説していきます。

また、デメリットの解消方法についてはこちらの項目で解説しています。
>>看護師転職サイトのデメリットを解消する方法はこちら

担当者との相性が合わない

看護師転職サイトの利用で生じるデメリットの原因の一つに、「担当者との相性が合わない」ことが挙げられます。

相性が合わないと、連絡頻度や希望条件の意思確認が取れないことに繋がってしまうからです。

そして多すぎる、もしくは少なすぎる連絡頻度に悩まされたり、あなたが希望した条件をきちんと理解してもらえないなどの問題が起こり、満足のいく転職活動が行えなくなってしまいます。

またあなたが専門とする分野に詳しくない人が担当者となってしまった場合、あなたの強みが理解してもらえない可能性があります。

そうした場合、希望の求人や最適な求人を紹介される確率が減ってしまいます。

転職に対する熱意のアピール不足

「転職に対する熱意をあまりアピールしない」ことも、看護師転職サイトの利用で生じるデメリットの原因の一つです。

転職サイトの担当者は、一人で数十人の転職活動者を抱えることもあります。

そのためあまり転職活動に対して熱意が無さそうな看護師に対しては、他の求職者に比べてサポートの優先度が低くなります。

そして「担当者からの連絡が来ない」「十分なサポートが受けられない」といった問題に繋がってしまいます。

転職サイトの運営の仕組み

転職サイトの利用で生じるデメリットの原因の一つに、「転職サイトの運営の仕組み」があります。

転職サイトは看護師を紹介した病院から、紹介手数料というものをもらいます。

その紹介手数料を利益として、転職サイトは運営を行っています。

つまり看護師を転職させるほど利益を得られる仕組みなので、悪質な転職サイトや担当者が求職者に合っていない求人でも強引に紹介し、紹介人数を稼ごうとすることがあります。

そのような時に「希望条件と異なる求人を紹介される」といった問題が起こってしまいます。

こうした問題を防ぐためには、「悪質な転職サイトを選ばない」、もしくは転職サイトに複数登録しておくことが大切です。

登録がおすすめできる転職サイトは以下を参考にしてみてください。
>>看護師向け求人・転職サイトおすすめランキング|評判・口コミを比較

転職サイトが小規模

「小規模な転職サイトを利用すること」も、デメリットの原因の一つです。

これは、小規模な転職サイトが持つ求人数が少ないためです。

求人数が少ない転職サイトでは、希望条件と合う求人に出会える確率が少なくなってしまいます。

そのため、希望条件と異なる求人を紹介されてしまうという問題に繋がりやすくなります。

看護師転職サイトのデメリットを解消する方法

上記では、看護師転職サイトのデメリットについて解説してきました。

こうしたデメリットを解消する方法はあります。

次の項目で、それぞれ詳しく解説していきます。

また、看護師転職サイトを効果的に利用する方法の項目もあわせて参考にしてみてください。
>>看護師転職サイトを効果的に利用する方法はこちら

優秀な担当者を見つける

優秀な担当者に出会う事はとても大切です。

優秀な担当者は、あなたの経歴やスキルが転職市場でどのくらい通用するのかを把握し、あなたに合った求人を持ってきてくれます。

そのため、希望条件を満たした転職先に就職できる可能性が高まります。

優秀な担当者の見つけ方
複数の転職サイトに登録する
各転職サイトの担当者を比較
転職サイトによっては担当者を変更できるため、合わなかったら変更する

複数の転職サイトの担当者を比較する際、態度や求人の質、サポートが充実しているかどうかを比較することで優秀な担当者に出会える確率が上がります。

こちらの記事でおすすめしたい転職サイトを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
>>看護師向け求人・転職サイトおすすめランキング|評判・口コミを比較

担当者に、すぐに転職したい旨を伝える

担当者との最初のやり取りで、転職時期はいつ頃を考えているのかと聞かれると思います。

もし転職をしたいという意志が明確にあったら、すぐにでも転職したい、もしくは良い転職先が見つかればすぐにでもと伝えましょう。

担当者に転職したい意志を伝えることも、とても大切です。

担当者は数多くの求職者を同時に担当していることがあるので、転職したい意志が強い人から優先的にサポートをする傾向があります。

そのため、転職時期などを聞かれたときはすぐにでも転職したい旨を伝え、自分の転職への意志をアピールすると良いでしょう。

担当者に細かく要望を伝える

担当者に要望を細かく伝えることも大切です。

連絡頻度・就業条件など自分の希望を細かくしっかりと伝えておかないと、後で連絡がしつこく感じたり、希望条件と異なる求人を紹介されてしまったりする可能性があります。

担当者と自分の希望を共有することで、転職サイトを心地よく利用することが出来ます。

複数の転職サイトを利用する

どの転職サイトを利用するかは、とても大切です。

ですが、必ずしも一般的に評判の良い転職サイトがあなたに合うとは限りません。

また、希望条件を満たす求人があるとも限りません。

合わない転職サイトだけに登録した結果、数か月転職が決まらないという場合もあります。

そうした時、複数の転職サイトに登録しておくととても安心です。

出会える求人の数が多くなり、希望条件を満たした転職先に就職できる可能性を上げることが出来ます。

どのサイトに複数登録すれば良いかわからないという方は、以下の3社に登録することをおすすめします。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
看護roo!

利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり!
ナース人材バンク

看護師登録者数No.1!
年間10万人以上が利用

▶︎横にスクロールできます▶︎

看護師が転職サイトを利用するメリット

看護師が転職サイトを利用する際に生じるデメリットについて、解説してきました。

では、看護師は転職サイトを利用しない方が良いのでしょうか。

実は公益社団法人全日本病院協会のアンケートによると、有効回答のうちなんと73.5%の病院が転職サイトを利用して採用を行っていると回答しています。

つまり利用しないことで、出会える求人情報が限られてきてしまうのです。

そのためデメリットだけを見て転職サイトを利用しないと決めてしまうのはもったいないです。

この項目では転職サイトを利用することで得られるメリットについて解説していきます。

主なメリットは以下の通りです。

次の項目でそれぞれ詳しく解説していきます。

希望に合った求人が効率よく見つけられる

転職サイトに登録すると、転職活動のサポートをしてくれる担当者があなたにつきます。

担当者はあなたの希望やスキルをしっかりとヒアリングした上で、合った求人を紹介してくれます。

そのため、忙しい中でも効率的に転職先を探すことが出来ます。

実際に以下のような口コミがあります。

長期のブランクにも関わらず希望通りの転職

口コミアイコン
40代女性
結婚や出産を機に看護師を辞め専業主婦になって長い間過ごしていましたが、経済的な事情から看護師に復職しようと考えました。
友人看護師の勧めで、緊張しながらも転職サイトに登録し、担当者の方と連絡を取り合いました。
担当者の方はとても親切に相談に乗って下さり、ブランクの長さや夜勤が出来ないこと、知識に対する不安など様々なことを伝えましたが、「大丈夫」と言って下さり条件の良い正社員採用の求人を紹介して頂けました。
本当に感謝しています。

出典:アンケート

資格を活かせる転職先を紹介してくれた

口コミアイコン
30代女性
前の病院で勤務していた際、とある資格を取りました。
ですが在籍していた病院ではその資格手当の制度が整っておらず、役職手当がつくからと代わりに管理職を任されることになってしまいました。
管理職では思った通りの働き方が出来ず転職を決意しましたが、忙しかったので転職サイトを利用しました。
その際転職サイトの担当の方が詳細に私の希望する条件や経歴について聞いて下さり、とても安心したのを覚えています。
そして資格を活かせる求人を絞り込んで頂き、無事今の病院に勤務することが出来ました。

出典:アンケート

病院の内情を教えてもらえる

転職サイトを利用すると、志望する求人の病院の内情を教えてくれます。

仕事をしながらの忙しい転職活動ではもちろん、そうでなくても転職前に一人で病院の内情を知ることは難しいです。

そのため転職前に人間関係や福利厚生などについて詳しい事情を聞くことが出来るのは、転職サイトを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

実際にこんな口コミがあります。

口コミアイコン
20代女性
転職サイト経由で転職をしました。
担当者の方は私の希望の条件やスキルを重視して求人を探してくれました。
その際病院内の人間関係や環境、離職率の高さなども内部事情として教えてくれたので、より良い転職先選びをすることが出来ました。
求人の段階で詳細に情報を教えてくれる転職サイトに登録すると、無駄に面接を受けることなく転職先がすんなり見つけられると思います。

出典:アンケート

面倒な手続きを代行してもらえる

転職サイトを利用すると、面倒な手続きを代わりにやってもらうことが出来ます。

例えば面接の日程調節、企業との細かなやり取りなどです。

これらは意外と手間がかかるので、特に在職中の転職活動だと面倒に感じることも多いでしょう。

転職サイトを利用すると、これらは全て担当者が代行してくれます。

そのため、転職活動の負担を大きく減らすことが出来ます。

ぶっちゃけ話転職サイトによっては、退職手続きも代行してくれるところがあります。
代行してほしい方は、複数の転職サイトに登録してそれぞれ詳しく話を聞いてみることをおすすめします。

おすすめしたい転職サイトを記事内で紹介しているので、特に登録したい転職サイトが決まっていない方はここから2~3社登録してみてくださいね。
>>おすすめの看護師転職サイトはこちら

非公開求人を紹介してもらえる

転職サイトを利用すると、非公開求人を紹介してもらうことが出来ます。

非公開求人の中には人気が高い求人や、優良求人が多く存在します。

これは、公開求人にして応募をかけると応募が殺到してしまうような求人が非公開求人として扱われている場合が多いからです。

応募が殺到することは一見病院側にメリットのように思えますが、採用業務にその分手間を掛けざるを得ないというデメリットが生まれます。

それを防ぐために非公開求人が用いられる事があります。

この非公開求人は各転職サイトの利用者だけに紹介されるため、転職先の選択肢を広げることが出来ます。

書類添削・面接対策をしてもらえる

転職サイトを利用することで、担当者に応募書類の添削や面接の対策をしてもらうことが出来ます。

例えば、採用担当者が見たときに魅力的に映る応募書類の作成や、模擬面接の実施などです。

そのため、採用される確率を高めることができます。

実際に以下のような口コミがあります。

口コミアイコン
40代女性
色々な転職サイトに登録したが、履歴書添削や面接対策のサービスが一番助かった。
私は転職のことは何もわからなかったので、特に面接官に受ける履歴書の書き方を教えてくれるのがとてもよかった。
連絡も早く、自分が強みだと思っていなかったことを深堀りしてくれたのも、履歴書を書く上で役立てることが出来た。
最終的に、面接を受けたところは全てちゃんと内定を頂くことが出来た。

出典:アンケート

転職先との条件交渉を代わりに行ってくれる

転職サイトを利用すると、転職先との条件交渉を代わりに行ってもらうことが出来ます。

自分で条件交渉をする場合は上手く行わないと選考に影響が出ることもあるため、かなり気を付けなければなりません。

ですが転職サイトの担当者は各職場の待遇や相場について理解しており、様々な交渉のノウハウを持っているため、転職サイトを利用することで条件交渉を対等にスムーズに行うことができます。

実際に以下のような口コミがあります。

口コミアイコン
40代女性
条件交渉をしてもらったおかげで、夜勤をなくすことが出来ました。
家事との両立もでき、日々のストレスが減りました。

出典:アンケート

転職サイトの利用をおすすめしたい看護師

転職サイトの利用を特におすすめしたい看護師の特徴は、以下の通りです。

次の項目でそれぞれ詳しく解説していきます。

転職活動を初めて行う看護師

転職活動を初めて行う看護師は、転職サイトを利用することを特におすすめします。

転職活動では、求人の絞り込みや履歴書の作成、面接の対策、現職の退職手続きなどやるべきことが多くあります。

さらに転職先との条件交渉などもしたいとなると、転職活動が初めての看護師が一人で行うハードルはとても高くなります。

転職サイトを活用すると、こうした手続きや交渉は担当者に任せたり、相談しながら行うことが出来るので安心です。

転職活動を一人で行うのが不安な看護師

転職活動を一人で行うのが不安な看護師にも、転職サイトの利用はおすすめです。

特に在職中の看護師は忙しい事が多く、転職活動に多くの時間を割けないことがほとんどです。

そうした時間面の不安や、希望条件を満たす転職先を選べるかどうかの不安、現職をトラブルなく退職できるかどうかの不安は、転職サイトの活用で減らすことが出来ます。

多くの求人に出会いたい看護師

多くの求人に出会いたい看護師も、転職サイトの利用はおすすめです。

転職サイトは公開求人だけでなく、非公開求人を多く持っています。

そのため転職サイトを活用することで、一人で転職活動するだけでは出会えなかった多様な求人に出会うことが出来ます。

希望条件が多い看護師は、より希望の条件を満たす転職先に巡り会える可能性を高めることが出来ます。

転職先の病院の内情を知りたい看護師

転職先の病院の内情を知りたい看護師も、転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職先の病院の人間関係や人事制度など、一人で転職活動を行うだけではそのような内部事情を知ることは困難です。

しかし転職サイトを利用すると、そうした事情を担当者から聞くことが出来ます。

転職サイトは無料で利用できるため、人間関係がきっかけで転職を考えている看護師は特に、転職サイトを活用してこうした内情を聞いておくことをおすすめします。

看護師におすすめの転職サイト

この項目では、看護師におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介していきます。

評判が良く本当にすすめられる転職サイトばかりなので、「登録したいけれどどのサイトに登録するか決めていない」という人はここから良いと思ったサイトに2~3社選んで登録してみてください。

1.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事はIT転職やフリーランスに強いレバレジーズの運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
友達に勧めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。クチコミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。
また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。

>>看護のお仕事の評判や口コミを詳しくチェックしてみる


2.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は、利用者満足度96.2%を誇る看護師転職に特化した転職エージェントです。
業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件を超えています。
応募手続きから退職交渉、給与アップ交渉などのサポートも充実。履歴書の添削や面接練習も行ってくれます。また、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴です。
10年以上、看護師さんの転職支援を行ってきた実績のある転職エージェントですので、転職に慣れていない方はぜひ相談してみてください。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、希望にあった求人をさらに紹介してもらえました。
転職先についても正直にアドバイスをもらえたおかげで自分にあった病院を探すことができました。給与面でも理想的な病院に決まったのでとても感謝してます。

>>看護roo!の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

3.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

>>ナース人材バンクの評判や口コミを詳しくチェックしてみる


4.医療ワーカー

医療ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療ワーカーは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。

>>医療ワーカーの評判や口コミを詳しくチェックしてみる


5.マイナビ看護師

マイナビ看護師

おすすめ度:
公式サイト: https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は20代30代に人気を誇るマイナビが運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
3年連続認知度No.1で、全国に求人もあります。求人情報の読み方からレクチャーしてくれるほどの丁寧なサポートが魅力で、面接対策はもちろんですが、面接に同行してもらうこともできます。
セミナーも開催していますのでそもそも転職を悩んでいるという方にもお勧めできます。病院はもちろん、クリニックや介護施設などの求人も多く扱っていますので、多くの選択肢から検討することができます

口コミアイコン
30代女性(年収300万円台)
子供を産むタイミングで仕事をやめ、昔お世話になったマイナビさんを利用しました。転職活動をそもそも何から初めるべきか悩んでいましたが、相談してからスムーズに運びました。
夜勤なし、残業少なめという条件も叶えてくれて感謝しています。

>>マイナビ看護師の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

看護師転職サイトの利用方法

看護師転職サイトの利用方法は、以下の通りです。

次の項目で解説していきます。

転職サイトの利用が初めてだったり、手順に不安がある方は参考にしてみてください。

登録

まず、転職サイトの公式ページから会員登録をします。

同じ転職サイトの中で、転職サービスだけでなく派遣サービスを扱っている事もあるので、登録前にしっかり確認をしましょう。

カウンセリング

登録をした後は、担当者からあなたに電話かメールで連絡が来ます。

その際、現職の状況や転職希望時期、希望条件などについて聞かれることがあります。

また、実際に会ってカウンセリングをしてもらう方法と、電話のみで対応してもらう方法などがあります。

実際に会ってカウンセリングをしてもらう場合は、登録後に来た電話やメールで日程調節をします。

初回のカウンセリングでは、以下のことを主に話します。

カウンセリング
あなたの今までのキャリアについて
あなたの強みを整理
転職理由について
希望条件の整理
現在の転職市場の話

このカウンセリングは転職のプロである担当者の意見を聞きながら行うので、自分の考えを転職活動に向けて整理することが出来ます。

また、転職活動において次にすべきことへの理解にも繋がります。

求人紹介

カウンセリングの後は、担当者があなたに合いそうな求人を探してきて、紹介してくれます。

この際、病院の内部に詳しい転職サイトだと、求人先病院の内情を聞くとしっかりと教えてくれます。

またそれぞれの転職サイトでしか利用することのできない独占求人、非公開求人もあるので、複数の転職サイトから求人紹介を受けるようにすると選択肢が広がりおすすめです。

選考書類の添削、応募

応募する企業が決まったら、選考書類を作成し、応募します。

この際、担当者に電話やメール、場合によっては直接会ってアドバイスを受けることが出来ます。

職務経歴書などは複数の選考で利用できるので、しっかりとあなたの強みがアピール出来るものを作りましょう。

完成した書類は、担当者が推薦文を添えて企業に提出してくれます。

推薦文は自分では伝えられない強みや魅力を、病院にアピールする効果があります。

内容を確認させてもらうことも可能なので、しっかりアピールしてくれているのか気になる方は見せてもらいましょう。

書類選考は通常一週間程度かかります。

面接対策

書類選考の後は、面接選考があります。

日程調節・設定は転職サイトが行ってくれます。

また、模擬面接などのサポートもしてもらえます。不安な方は担当者にお願いしてみましょう。

他にも応募先の病院に合わせた質問予想、面接官のタイプ別質問予想、面接選考で重視されるポイントなども教えてもらえます。

面接がもし不採用だった場合でも、その理由を担当者が病院にヒアリングしてくれているので、フィードバックを受けて次の選考に活かすことが出来ます。

内定・入職・アフターサポート

内定が出たら、担当者が病院に給料交渉入社日の調整を行ってくれます。

理想の給料額や、入社日があればしっかり担当者に伝えましょう。

また他にも現職の退職サポート」「入社までのスケジュール調整などをしてくれます。

「退職の際は上司にどのように報告するか」など、転職サイトは退職に関するノウハウを持っていることが多いです。

不安がある人は、担当者に頼りましょう。

看護師転職サイトをさらに効果的に利用する方法

転職サイトを効果的に利用する方法は、以下の通りです。

次の項目で、それぞれ詳しく解説していきます。

また、記事上部でご紹介した「看護師転職サイトのデメリットを解消する方法」もあわせて参考にしてみてくださいね。
>>看護師転職サイトのデメリットを解消する方法はこちら

返信は早めにする

担当者からの日程調整や求人紹介の連絡には、なるべく早く返信するようにしましょう

転職サイトの担当者は一般的に、転職意欲の高い人から優先的にサポートをする傾向があります。

そのため返信が早く転職意欲が高いと判断された人は、より手厚いサポートを受けることが出来ます。

そして多くの求人を紹介してもらえるため、希望の転職先に就職できる可能性を高めることが出来ます。

合わなければ担当変更を申し出る

「転職活動へのスピード感が合わない」、「サポートがいまいちかみ合わない」「持ってくる求人が見当はずれ」など、担当者との相性が悪いことで悩んでしまう人もいるかもしれません。

しかし、そういったときは遠慮せずに担当者の変更をお願いしましょう。

担当者の変更は特に大した問題ではありません。

変更をお願いする際は電話やメールなどで、「他の担当者の方の意見も伺いたい」「他の担当者と一度お話しさせてほしい」としっかり伝えましょう。

また転職サイトによっては、担当者に言わずともサイトのお客様サポート窓口から担当変更をお願いできますよ。

なお、どうしても担当変更が言い出しづらい場合は、他の転職サイトを利用しましょう。

同じ求人に複数の転職サイトから応募しない

転職サイトを複数利用する場合、同じ求人に複数の転職サイトから何度も応募しないように気をつけましょう

転職サイトにも病院にも不信感を与えてしまいます。

場合によってはその採用が破談になり、転職サイトから新規の求人を紹介されなくなってしまう可能性もあります。

担当者に経歴や希望条件を包み隠さず話す

担当者には経歴や希望条件を包み隠さず話しましょう。

特に、経歴やスキルについて嘘をつかない方が良いです。

基本的に登録情報や、やり取りした内容は残ります。

嘘がばれると危険な人材として判断され、紹介される案件が限られる場合もあります。

ベストな看護師の転職タイミング

この項目では、看護師にとってベストな転職タイミングについて詳しく解説していきます。

勤務年数による転職タイミング

転職におすすめの年数は、入職後5~10年目です。

採用担当者は、5年以上の経験を積んでいる看護師は「即戦力になる可能性が高い」ため、積極的に採用したいと考えることが多いようです。

ですが10年以上のキャリアを持つ看護師は、採用担当者によっては「ベテランゆえに新たな知識の習得が難しい」と思われてしまうことがあります。

そのため看護師の転職におすすめの年数は5~10年目の年次だと考えられます。

一方で個々の事情によって転職におすすめの年数はさまざまなので、あくまで参考程度に見てください。

月次別の転職タイミング

転職活動開始に向いている時期は1月・6月・11月です。

それぞれ向いている理由について表で解説します。

理由
1月 12月にボーナスをもらって退職し、1月に転職活動を開始してだいたい2~3月に勤務先を決められる
そのため4月の新年度入職の流れが見込める
求人数も増加し、2・3月と比較すると競争率も低い傾向がある
6月 ボーナスが支給される時期であると同時に離職者が増えるシーズン
そのため病院各所で求人が増加し、転職者の売り手市場となる
11月 年明けの入職に向けて求人数が増加する
その後には転職活動に絶好な月が2か月ほど続く

反対に、3・4月や8月は転職活動開始時期として不向きです。

理由は以下の表の通りです。

理由
3・4月 求人が少なくなる時期
新卒看護師が4月に多く入ってくるので、人事はその対応に追われており、転職者フォローが手薄になる
3月は退職者の有給休暇取得率が高いため特に不向き
8月 夏休みの取得率が高く、人手不足で転職市場の動きが鈍る
そのような職場や業界全体で忙しい時期は面接の機会が減少するので不向き

転職の時期に関して、以下の記事でより詳しく解説しているのでこちらもぜひ参考にしてみてください。
>>看護師の転職|踏み切るベストな時期と年次別の実態調査

看護師転職サイトの利用にまつわるQ&A

転職サイト利用のよくある疑問点は以下の通りです。

次の項目で、詳しく解説していきます。

1.今の病院を辞めないと登録できないのか

どの転職サイトも、今の仕事を辞めずに登録可能です。

また基本的に今の職場に転職サイトから電話がかかってきたりすることはありませんが、スカウト型の転職サイトでは今在籍している病院があなたの情報を閲覧してしまう可能性があります。

スカウト型の転職サイトを利用する場合は、特定の企業からは自分の情報を隠せる「非公開用のブロック機能」を実装している転職サイトが多いので、その機能を活用しましょう。

社内のパソコンを使って転職活動をするのも、ログがチェックされてしまう可能性があるので隠したい場合は注意してくださいね。

2.転職サイトの複数登録でトラブルは起きるのか

基本的に、複数登録していることを担当者に伝えておけば大丈夫です。

実際に、この記事で紹介している転職サイトで「複数登録しても構いません」と記載しているサイトもあります。

担当者の方にしっかり伝えていないと、以下のようなトラブルに繋がりかねません。

トラブル
同じ転職先を紹介されてしまう
面接日程などのスケジューリングがスムーズにいかない

同じ転職先を紹介されると、その求人をどちらか片方では断わらなくてはならなくなります。

またその求人を他で紹介されたことを伝えておけば、担当者がその求人を探して持ってくる時間を短縮出来るため、その分の時間で担当者はあなたに合った他の求人を持ってきてくれた可能性もあります。

他にも、複数登録していることを伝えないと面接の日程がダブルブッキングしてしまう可能性などがあり、危険です。

複数利用する場合は、事前に担当者に伝えておきましょう。

また、複数登録していると伝えることで優先的にサポートをしてもらえる可能性も上げる事が出来ます。

担当者は、転職者が競合他社で転職せずに自社で転職することを望んでいるため、他に譲らないためにもサポート強化に力を入れてくれるようになるのです。

どの転職サイトを選べばよいかわからない方は以下の項目を参考にしてみてください。
>>おすすめの看護師転職サイトはこちら

3.地方在住でも、看護師転職サイトは利用できるのか

地方に住んでいても、看護師転職サイトは利用できます。

実際に、この記事で取り上げている看護師転職サイトの多くは全国に求人を持っています。

4.転職先病院の内情はどこまで教えてもらえるか

転職先の病院の内情で、職場の雰囲気人間関係有給消化率残業の実態実際の給与体系などを教えてもらえます。

しかしこの情報量は転職サイトや担当者によるところが大きいです。

そのため転職サイトに登録した際は、その転職サイトや担当者がどれぐらい病院の内情に詳しいのかをチェックすることをおすすめします。

なお、この記事で取り上げているような人気の高い転職サイトは病院の内情に詳しい場合が多いです。

もし他と比較して情報の満足度が低い担当者がいた場合は、担当の変更をお願いしたり、他の転職サイトを利用するなどしましょう。

5.転職サイトに登録して内定がもらえないことはあるのか

登録しても、内定をもらえないことはあります。

口コミサイトによると、面接選考がとても苦手だったり、育休を取っていてワークライフバランスが保てない看護師の方が内定をもらえていないようでした。

ただ、転職サイトは模擬面接などを無料で実施してくれるので、面接に自信がない方は積極的に頼んでみると良いでしょう。

またワークライフバランスを優先して転職を行いたい場合はその旨を担当者に伝え、時短勤務が出来る病院などを探してもらいましょう。

転職サイトを利用しない看護師の転職方法

看護師転職サイトを利用しないで転職する方法は、以下の通りです。

次の項目でそれぞれ解説していきます。

求人紹介サイト

求人紹介サイトは、看護師求人の情報を一括で検索できるサービスです。

大体は無料で利用できます。

メリット
転職活動をマイペースに勧められる

転職活動を今すぐしたいというわけではないという人には、おすすめです。

デメリット
全て自分で転職の応募や手続き、条件交渉を行わなければならない
面接のフィードバックをもらえない

面接のフィードバックなどをもらえないと、自分の欠点に気付きにくくなってしまいます。

面接が苦手な人、仕事が忙しくて転職活動にあまり時間を割けない人、転職活動のやり方に不安を感じる人が求人紹介サイトを利用する場合は、他サービスと併用するのがおすすめです。

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は「国民に安定した雇用機会を確保すること」を目的とする行政機関で、主に職業紹介事業を行っています。

メリット
中立の立場で求人紹介、アドバイスをくれる
各地域にあるため地方求人も探せる

国が運営しているので、求職者だけでなく人材を求める病院側も無料で利用できます。

そのため、求人の紹介は中立に行われることが多いです。

(なお、求職者はハローワークに限らず転職サービスを利用するときにお金を取られることはあまりないです。)

デメリット
ブラックな求人が比較的多い
専門的なアドバイスをもらえることは少ない

企業の求人掲載が無料で出来てしまう一方、採用にお金をかけたくない病院、大量募集したいブラックな病院の求人などが転職サイトと比較して多いようです。

またハローワークでは様々な職種を扱っているため、看護師専門の担当者やアドバイザーはあまりいません。

もし手厚いサポートを受けたい方でハローワークを利用したい方は、転職サイトと併用することをおすすめします。

ナースセンター

ナースセンターは、各都道府県の公益社団法人看護協会が運営する無料職業紹介所です。

eナースセンターという、インターネット上で職業紹介を行ってくれるサービスも行っています。

メリット
看護経験のある人が相談に乗ってくれる
復職支援が充実している

ナースセンターは看護職の専門アドバイザーがいることが多く、また復職に向けて研修なども行ってくれます。

そのため、看護師としてブランクが空いてしまった方にはおすすめです。

デメリット
大手の病院の掲載が少なく、中小規模の病院の求人が多い
採用実績が低い

大手の病院を狙いたい方には、あまり向いていないかもしれません。

また日本医師会総合政策研究機構の2017年の調査によると、看護職員採用の採用実績をあげた募集媒体としてナースセンターを選んだ病院はなんと2.3%しかいませんでした。

そのためナースセンターを利用する場合には、出来る限り他サービスと一緒に使うことをおすすめします。

友人・知人の紹介

友人・知人の紹介で病院に転職すると、どんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

メリット
職場のリアルな情報が事前に聞ける
他経由の応募よりも病院に信頼してもらえる

友人や知人からの紹介だと、求人には書いていない病院の内情を詳しく教えてもらえる事が多いため、転職後のミスマッチを少なくすることが出来ます。

また病院側も良く知っている内部の人からの紹介だと、最初から親近感を持ってくれたり、信頼をしてくれたりするケースが多いです。

デメリット
実際に見学などをして合わないと思っても言い出しづらい
合わなかった場合、退職しづらい

「友人がせっかく紹介してくれたから」
「友人の勤務する病院を断るのは勇気がいる」

そうした理由から、自分の思うイメージと違っていた場合でも辞退や退職を言い出しづらいということがあります。

もし病院の内情を知りたいけれど、友人・知人の紹介を断る勇気はないという方は、担当者が転職前に内情を教えてくれる転職サイトや、口コミサイトの利用をおすすめします。

口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

>>転職アプリのおすすめを知りたい方はこちら

直接応募

直接応募とは、病院の公式ホームページから掲載されている求人に応募することです。

メリット
マッチング率が上がる

直接応募の場合、病院側は紹介手数料などがかからないため、他サービス経由よりも病院の採用のハードルが下がります。

デメリット
転職時期が調整しづらい
全て自分で転職の応募や手続きを行う必要がある

希望の病院が求人を出しているとも限らないため、手っ取り早く多くの病院に応募したい人にとっては効率が悪くなってしまいます。

また応募後も、様々な手続きや条件交渉は一人で行う必要があるので、転職が初めての方などは転職サイトなどを活用すると良いでしょう。
>>おすすめの看護師転職サイトはこちら

まとめ

この記事では、看護師が転職サイトを利用する際のデメリットその解消法、また転職サイト経由以外の転職方法などを紹介しました。

転職サイトは利用の際にいくつかのポイントを抑えておくと、デメリットよりもメリットの方が大きいです。

記事内でもおすすめの転職サイトを5つほど載せているので、自分に合った転職サイトを見つけてくださいね。
>>おすすめの看護師転職サイトはこちら

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄