「教員からの転職は難しい?」「教員から転職したいけどどうしたらいいのか」と思っている教員の方も多いのではないでしょうか?

民間企業の方の転職は定着しており、今では転職は当たり前のこととなりました。

しかしその一方、教員の方は職業柄、転職がしづらいと感じている方が多いようです。

そんな方に向けてこの記事では、教員の転職事情と転職するためのコツなどをまとめてご紹介していきます。

また、後半部分では、教員の方におすすめな転職エージェントも紹介していますので、是非ご一読ください。

最初におすすめ転職エージェントをチェックしたい方はこちらから移動できます。

▶︎横にスクロールできます▶︎

教員からの転職は難しい?

結論から言うと、教員から民間企業に転職をするのは難しいというのは事実です。

もちろん今までに教員から民間企業への転職に成功した方は大勢いますし、その人の能力次第によって転職のしやすさは変わります。

しかし、将来活躍が期待できる20代の方やマネジメント経験のある優秀な方などでないと、なかなか転職先が見つからないという厳しい現状があります。

そこで、まずこの章では教員からの転職が難しい理由について述べていきます。

教員からの転職が難しい理由は以下の通りです。

教員からの転職が難しい理由
  • 転職するタイミングがない
  • ビジネス経験が不足しているとみなされる
  • 年収がもともと高い場合が多い

転職するタイミングがない

まず、教員の方の転職が難しい理由として、転職するタイミングがないということが挙げられます。

教員の方の年間のスケジュールはかなり忙しく、基本的に年度の最後まで担任としての業務があります。特にクラスの担任を受け持っている教員は「転職に時間を割くことができない」と感じてる方が多いようです。

また、生徒たちの姿を見ていると「最後まで役目を終えたい」と感じてしまう方も多く、転職のタイミングを逃してしまうのでしょう。

教員の転職するタイミング
教員の転職するタイミングはいつがベストなのでしょうか?
結論、転職するタイミングは3月末に退職をして、4月1日もしくは5月1日に入社という形が一番良いでしょう。

教員でクラスを持っている場合は迷惑をかけてしまうことに繋がります。
迷惑をかけないためにも退職する3ヶ月前には、学校に伝えられるとベストです。

ビジネス経験が不足しているとみなされる

教員の場合、ビジネス経験が不足されているとみなされて、転職活動が上手く進まないケースも多いようです。

企業で働く場合と違い、学校の教育の現場は生徒に指導することがメインであり、売上や成果などを気にしない業務となります。

そのため、ビジネスマンの基本が身についていないとみなされる場合が多く、企業側から戦力とみてもらえません。即戦力ではなく企業側の教育コストもかかるため、企業は採用を取りづらいのでしょう。

20代の教員であれば、年齢が若い分可能性はありますが、30代、40代と年齢が上がっていくにつれて、一般企業で働くというのは難しくなります。転職しようか悩んでいて、結局年を重ねて、転職しづらくなってしまったという方も多くいるようです。

ビジネス上のコミュニケーション
民間企業に転職するためには、ビジネス上のコミュニケーションを学んでおく必要があります。
ビジネス上では、要点をまとめて結論から話すことと数字を意識するという2点がかなり重要となります。

教員の方の場合、普段は生徒と接する場面が多いため、「ビジネス上のコミュニケーションに慣れない」という方も多くいらっしゃいますが、この2つのコミュニケーションの基本は意識しておくことが大切です。

年収がもともと高い場合が多い

また、教員の転職の場合、年収の交渉が大きなネックとなる場合が多いです。

教員は基本的に年功序列によって給料が決まります。そのため、30代以降の転職者の場合、民間企業に転すると給料が下がってしまう場合が多いようです。

公立小学校の平均年収は、20代後半で約400~450万円、30代前半で500~550万円であるのに対して、民間企業の平均年収は20代後半で350~400万円、30代前半で450~500万円程となっており、平均年収で見ると企業の方が50万円程低く設定されています。

教員の方が企業で働くには、どうしても「未経験」として扱われることが多いため、年収が上がることは期待しない方が良いでしょう。

教員の転職理由

他の教員の方がどのような理由で転職をしたいのかと気になっている方も多いでしょう。

そんな方にこの章では、よくある教員の転職理由を紹介していきます。

教員の転職理由として、以下の4つの理由が挙げられます。

教員の転職理由
  • 仕事量が多すぎる
  • 保護者からの厳しい対応
  • 同僚職員との関係が悪い
  • 生徒指導が上手くいかない

これらの転職理由を参考にして、ご自身の場合と比べてみてください。

また、それぞれの解決策もまとめましたので、お悩みの方は解決策も参考にしてみてください。

仕事量が多すぎる

まず、1つ目の理由として仕事量が多すぎるということが挙げられます。

教員の仕事内容は、クラス運営・教科の指導だけではなく、部活指導やその他の生徒指導など多岐に渡ります。クラス運営だけでもかなり忙しいですが、もらえる給与も少なく、部活顧問の仕事であれば一日2,000円程度の場合が多いようです。

残業したらその分だけ給与がもらえる一般企業と比べると、かなりきつい労働環境であるでしょう。

解決策

自分の業務内容が忙しすぎる場合、しっかりと仕事を断る勇気を持つことも必要です。
特に若い教員の方などは、周りから認めてもらおうとたくさんの仕事を引き受けてしまいがちですが、仕事をこなせなければ逆に迷惑がかかってしまうことも考えられます。

仕事を断っているのに、必要以上の仕事を任されるという場合には転職も視野に入れてみましょう。

おすすめの転職エージェントを探したい方は【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較を参考にしてください。

保護者からの厳しい対応

また、保護者からの厳しい対応も転職理由の1つとして挙げられます。

小学校や中学校に多いですが、モンスターペアレントと呼ばれるような親がいることも事実です。

当然そのような親への対応をするのは、クラス教員の担当ですから、その分負担がかかります。実際にモンスターペアレントの対応に病んでしまう教員の方も多くいます。

解決策

そのような場合には、まずは学校の上司、もしくは仲の良い同僚に相談をしましょう。意外と生徒の親とのトラブルはよくある問題ですので、前例を参考にすることで解決策が見つかることがあります。

教員のメンタルが病んでしまう理由として、生徒の親からの厳しい対応はよくあることなので、何か問題が起こった際には、とにかく一人で抱え込まずに周りに相談するようにしましょう。

同僚職員との関係が悪い

同僚職員との関係が悪いということも転職理由の1つです。

学校という環境だけでなく民間企業の職場でも言えることですが、同じ職場の同僚との関係が悪くなってしまうと辞めたいという気持ちが芽生えるものです。

特に部活の顧問など大変な仕事は若い教員の方に押し付けられてしまうことが多く、それがきっかけで人間関係が悪くなってしまうということが多いです。

また、企業の場合、新入社員は「まだ慣れていないから仕方ない」と甘く見られがちですが、教員は生徒を教える立場ですので「一人の大人の教員」として見られて厳しく扱われます。

学校という狭い環境の中ですので、関係が悪化した場合に転職を考えてしまうのも無理ないでしょう。

解決策

苦手な上司、同僚がいた場合でも、一緒に仕事をする上ではコミュニケーションは円滑に取る必要があります。

誰か他の上司の方や学校のトップの方に相談をして、その方と仕事で関わらないようにできるかお願いをしましょう。「苦手な人がいるから」という理由だけで転職してしまっては後悔が残ります。

できるだけ最善を尽くして関係を良好にすることも大切です。
それでもどうしても仕事上関わらなければならず、その人が嫌だという場合には、転職も一つの選択肢とするのがおすすめです。

生徒指導が上手くいかない

生徒指導が上手くいかないことで転職を考えている教員の方も多くいます。

生徒指導が上手くいかないという理由だけで転職をしてしまうということは、あまりおすすめできません。

以下の解決策を試してみてから、転職を考えることをおすすめします。

解決策

「生徒指導が上手くいかない理由は何なのか」を明確にすることが大切です。

自分が気をつければ改善するものなのか、頑張ってもどうしようもないのかをしっかりと分析してください。

その際に自分の思っていること・悩みを紙に書き出すと分析しやすくなります。自分の悩み・考えを可視化することで答えが見えてくるかもしれません。

教員から転職するコツ4選

「考えた結果、転職した方が良さそうだ」と思った方も多いでしょう。

そんな方のために、この章では教員から転職するコツをご紹介していきます。

転職をするのであれば、成功するために以下のことを意識してみてください。

教員から転職するコツ4選
  • 自己分析をする
  • 教員免許や経験が活きる転職先を選択する
  • スキルや資格をあらかじめ身に着けておく
  • 転職エージェントを活用する

それぞれ順に解説していきます。

自己分析をする

転職する理由を明確にするためには、自己分析をしっかりと行いましょう。

自己分析が行えていないと、適した転職先を見つけることはできません。「自分の憧れの職種だから」「人気のある職種だから」「年収が良い職種だから」などといった考え方で転職先を選んでしまうと、今よりも後悔してしまうことになりかねません。

まずは自分が、現在どのようなスキルを持っていて、何を得意としているのか、転職先で活かせそうな能力はあるか、どこで活躍できるかを冷静に見つめ直す必要があります。

あまりにも今の自分とかけ離れた企業ばかりに応募し続けていても、内定を貰える確率は低いと言えます。自分のキャリアを振り返って、どの程度の企業なら自分を受け入れてくれるかということを見極めることも必要となるでしょう。

教員免許や経験が活きる転職先を選択する

教育分野と全く関係のない転職先に転職するというのは可能ではありますが、難易度が高く転職に成功する確率も低くなります。

その場合、教員免許や今までの教育経験が活きる転職先を選択するということも大切です。

教員におすすめの転職先
  • 教育分野の民間企業
  • 塾・予備校の講師
  • 人材派遣会社
  • 大学職員
  • 留学エージェント

上記の転職先が教員の方にはおすすめです。

おすすめの転職先はこの記事の後半部分でも詳しく紹介しています。こちらから移動できるので、是非確認してみてください。

スキルや資格をあらかじめ身に着けておく

教員から転職をするには、前述したとおり難しいというのが事実です。

そのため、スキルや資格を学んでおくことで転職に成功できる可能性が高まります。

「民間企業に転職をしたいのであれば、ビジネス上のコミュニケーションを学んでおく」「英語の教育をしたいのであればTOEIC、英検のスコアを取っておく」など前々から準備できることはたくさんあります。

転職を考えた時から、「この企業に入るには何が求められるか」を意識して準備をしておきましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用することも重要です。転職エージェントとは、ただ求人を紹介するだけの転職サイトと違って、担当のコンサルタントの方が相談や様々なサポートを通して、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

コンサルタントの方との相談を通して、普通では聞けないような転職情報も聞き出すことができ、他の方より圧倒的に有利に転職活動を進めることができると思います。

特に教員の方にとって転職は身近ではなく、周りの同僚の方でも「転職をした」という方は少ないのではないでしょうか?
だからこそ、転職エージェントの方に相談する価値があります。

これから紹介する転職エージェントに登録して、教員からの転職を成功させてください。

教員におすすめの転職エージェント

ここからは、教員の方におすすめの転職エージェントについてご紹介します。

1つだけではなく、複数の転職エージェントに登録することでより多くの情報を得ることができますので、併用することもおすすめです。

おすすめ6社を抜粋して紹介していますので、是非登録してみてください。

1位:リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

転職エージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

公開求人数 149,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 160,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
40代女性(事務 / 年収300万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


2位:マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

公開求人数 20,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 22,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!


3位:JACリクルートメント


JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

公開求人数 3,300件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。


4位:doda


doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


5位:Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。


6位:パソナキャリア


パソナキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

公開求人数 39,500件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(マーケティング / 年収500万円台)
キャリアアドバイザーが現実的なキャリアプランを提示してくれたことが印象に残っています。
現在だけでなく数年後にさらなるステップアップを目指した転職を考えることができる転職活動のアドバイスをいただけました。
最初は紹介された求人が少なく、不安を感じましたが、最終的には自分に合った求人を吟味していただいたうえでの提案でしたので大変感謝しています。

転職エージェント利用の流れ

エージェント型転職サイト

1.転職サイトの登録ページから登録

各転職サイトの公式ページから登録します。登録完了メールも確認しておきましょう。

2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

登録後、数日以内に連絡があります。
10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。
忙しい方や遠方の方はオンラインでの面談や電話面談が可能かどうか確認しておくと良いでしょう。

3.担当者によるキャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。
初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • ご自身のキャリアの棚卸
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでのご希望条件の整理
  • ご自身の強みの棚卸

4.求人を紹介してもらう

キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。
もちろんサイト内で気になる求人があった場合は自分からエージェントに相談することも可能です。

5.書類選考の対策などサポートしてもらう

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。

転職未経験の方はサポートのしっかりした転職エージェントに登録しておきましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

6.面接対策を受ける

書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

面接に不安のある方、転職未経験の方はしっかり面接対策も受けておくと良いでしょう。
面接に同行してくれる転職エージェントもあります。事前に自分にあっている転職エージェントを探しておきましょう。

7.内定と退職手続きのサポート

内定の連絡もエージェントから知らされます。
内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

サイト型転職サイト

1.転職サイトの登録ページから登録する

各転職サイトの公式ページから登録します。
同じ会社内でもエージェントや派遣登録などのページがあるので注意しましょう。

2.サイト内で求人を探す

職種や勤務地、希望の年収など様々な条件から求人を探します。
1つのサイトの情報ではなく、複数のサイトを併用することをおすすめします。

3.エントリーする

自分の希望にあっていると思った企業があれば自分で応募します。
サイト内から応募できます。

4.面接

エントリー後、サイトに登録した情報などから選考が始まります。
面接に進んだ場合は企業から連絡があります。

5.内定

無事面接が終わったら企業からの連絡を待ちます。

内定後は転職サイトを通さず、直接企業とやり取りをする形になります。

教員の方の転職サイト・エージェント活用法

続いて、教員の方の転職サイト・エージェント活用法をご紹介します。
転職サイト・エージェントを利用する際の活用するコツをしっかりと知っておくことが重要です。

以下の5点が上手く活用できるポイントとなります。

事前準備は入念にしておく

事前準備をなるべく早めに済ませておくことが大切です。
一番手間と時間がかかる事前準備。エージェントに頼ってみたり、転職サイトのコラムを読みながら準備を進めましょう。

転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる

自分のキャリアや将来についてしっかりと考えることも大切です。

転職活動に時間がかかればかかるほど精神的にも余裕がなくなりやすいものです。

事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう。
焦って転職してしまうと、自分の希望とはかけ離れた就職になりかねません。

複数の転職サイトに登録する

複数の転職サイト・エージェントに登録しておくこともおすすめします。
理由としては

  • 担当者を比較できて最適な人を選べる
  • 用途によって会社を使い分けることができる
  • 非公開求人や独占案件をカバーできる

が挙げられます。
ランキングで紹介した教員の方向けの転職サイト・エージェントの中から複数選んで是非活用してください。

希望条件の優先順位をつける

希望条件を明確にしておくということも重要です。職場環境の良い職場で働きたい、できるだけ給与の良い仕事が良い、精神的にストレスがかからない仕事が良いなどそれぞれ希望の条件などがあると思います。

そのような場合は、希望の優先順位を明確にしてから転職サイト・エージェントを利用するようにしましょう。

優先順位が決まっていないままたくさんの要望を出すと、担当のコンサルタントの方も結局はあなたが何を重視しているのかが見えづらく、あなたに沿った求人を紹介してもらえない可能性があります。

なるべく、自分が重視している点はどこなのかを明確にしてから相談をすると効率的に転職活動が行えます。

自分の状況をはっきりと伝える

また、転職サイト・エージェントを利用するにあたってご自身の情報をはっきりと伝えるということも重要となります。

障害を持っている方にとって、どのような職務の経歴を持っていて、どのような点で障がいがあるのかといったことを明確に事前に伝えておくことで企業とのミスマッチを防ぐことができます。

今、現在の自分の状況をはっきりと伝えるようにしましょう。

教員におすすめの転職先

ここからは、転職を決意した教員の方に向けておすすめの転職先を紹介していきます。

教員の経験や教職の資格を活かせる職場を紹介していますので、是非参考にしてみてください。

教育分野の民間企業

まず、おすすめなのが教育分野の民間企業です。

そのような民間企業は教員経験のある人材を欲していることが多く、面接も通りやすいです。また、同じ教育業界で働くことになるので、全くの未経験として働くことにはなりません。

よくある仕事内容としては、教科書の出版・通信教育・e-ラーニングなどが挙げられます。民間企業への転職にしては、比較的今までの教員の経験が生きやすい職場であると言えるでしょう。

塾・予備校の講師

教員から転職した職種として最も多いのが塾や予備校の講師です。

基本的に学習塾や予備校は人手不足の状態が多いので、求人も多く掲載されています。

ただ、働く形態や業務内容は、今までの教員の仕事自体とあまり変わらないことがほとんどですので、「教えるという職が嫌になった」という方にはあまりおすすめできません。

人材派遣会社

教員とは全く別の仕事をしたいという方には人材派遣会社をおすすめできます。

人材派遣会社の仕事内容は、取引先との営業や顧客への派遣先の紹介まで多岐に渡ります。

一見、教員とは全然違う仕事内容ですが、プレゼン力やコミュニケーション力を活かせる職場でもあります。そのため、未経験とは言えど、教員のスキルを活かしやすい職場であると言えるでしょう。

大学職員

大学職員もまた、教員からの転職先としておすすめです。

実際に大学職員に採用されるには難易度が高く、かなりの倍率の選考をくぐり抜ける必要があります。そのため、大学職員を目指している方は内定が出た後に教員を退職するようにしましょう。

また、私立大学の給与はかなり待遇がよく、転職先の給与が高くなる場合がほとんどです。

労働環境も整っているため、かなりホワイトな職場も言えるでしょう。

留学エージェント

意外な職場としておすすめできるのが留学エージェントの職員です。

留学についてのカウンセリングや留学手配などが主な仕事内容となり、基本的に顧客は学生・若い世代の方であることが多いです。

教員の仕事から活かしたコミュニケーションスキルや教える能力を活かすことのできる職場でしょう。

また、近年海外留学の数は上昇・任期傾向にあります。そのため、留学エージェントは今後の成長にも期待できる職でもあります。

資格としてTOEICやIELTSなどの資格があると、転職活動がスムーズに進みやすいです。また、「JAOS認定留学カウンセラー」という留学エージェント向けの資格もあるので、取っておいて損はないでしょう。

教員からの転職|まとめ

教員からの転職の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事では主に、教員の方が転職するコツや教員の方におすすめの転職先についてもご紹介いたしました。

書かれていたことを参考にして、是非教員からの転職を成功させてください。

また、教員の方は転職エージェントを活用することで転職に成功できる確率が高まります。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

上記の3社が特におすすめですので、一度登録してみてください。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄