経理の転職を考え始めても、「転職サービスが多すぎる」「転職サイトの選び方がわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この様な悩みを抱えたまま転職活動を進めてしまうと無駄な時間や労力を使うことになりかねません。効率的に転職活動を成功させるためには。あなたにあった転職サイト選びが重要です。
この記事ではあなたにぴったりの転職エージェントを見つけることができるよう、サービスの特徴別・年齢別におすすめの転職サイトをまとめました。

記事の後半では経理の転職成功率を高めるためのポイントを解説していますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

記事の目次

経理職におすすめの転職エージェント・サイトおすすめランキング

では早速、経理への転職に強いおすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

サービスの詳細や求人数などを利用者からの口コミも交えながらご紹介しますが、ランキングを見るのが面倒という方のために、上位3サービスの特徴を表にまとめました。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

上記のサービスは業界大手で経理の求人数やサポート力も高いので、転職活動を始めたらまず登録しておくことをおすすめします。

ぶっちゃけ話転職エージェントは人によって合う合わないが大きいです。
複数のサービスに登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみるのが転職を成功させるための近道です。

ここからは経理の転職に強いおすすめの転職エージェント・サイトをそれぞれ詳しくご紹介していきます。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で求人案件数No.1の転職エージェントです。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

ITへの転職を考えている方はマイナビエージェント×ITもおすすめ。
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

3.JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。


4.doda

doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


5.Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

特徴別|経理職におすすめの転職エージェント

ここからはサービスの特徴別におすすめの転職エージェントをまとめましたので、下記の目次からあなたが求めるサービスの特徴を選んでください。

初めて転職する方におすすめ

初めての転職では何かと不安を感じることが多いですよね。
また、若いうちにキャリアを傷つけたくないという考えから、絶対に失敗したくないと考えている方が多いと思います。

そんな初めての転職では、大手で信頼できる転職エージェントを利用することをおすすめします。
ここでは初めての転職のサポートが手厚いサービスをご紹介します。

1.マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは20代・30代など若い世代の利用者が多いサービスなので、始めて転職する方に最適な転職エージェントです。

転職の他にも新卒や派遣など幅広くサービスを展開しているマイナビなので、専門的な業界知識によって転職活動を手助けしてくれます。

公開求人数 20,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 22,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性
初めての転職でとても不安でしたが、マイナビの方はとても親切に接してくれたのでホッとしました。
何をすればいいのか全く分からないという状況だったので、転職活動の進め方から教えてもらえて助かりました。


2.マイナビジョブ20’s

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20’sは20代・30代に人気のマイナビが運営している20代の転職に特化した「エージェント型」転職サイトです。
掲載されている全ての求人が20代対象の求人で、登録者の85%以上が社会人経験3年以内の20代です。
登録後、利用できる「適性診断」もありますので、転職に時間のある方は自己分析のために受験しておくことをおすすめします。
もちろんマイナビグループのノウハウもそのまま引き継がれているため、面接対策・書類添削などのサポートもしっかり受けることができます。


3.ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめ度:
公式サイト: https://hataractive.jp/

ハタラクティブは、第二新卒・新卒・既卒・フリーターなど、20代若手層に特化している転職エージェントです。

これまでに約15万人をサポートした実績もあり、未経験OKの求人も2000件以上持つため正社員未経験の方でも就職までしっかりサポートしてもらえます。
求人数は多くないですが、情報の質が高く、実際に取材した企業のみ掲載しているため、社内の雰囲気や仕事内容もしっかり把握、きちんとした企業を紹介してくれます。

内定率は80.4%、就職後の定着率は90%以上と、正社員を目指したい方はハタラクティブに登録するのがおすすめです。

経理職でキャリアアップしたい方におすすめ

自分の将来が不安、もっと高収入を狙いたい等の理由でキャリアアップを目指している方におすすめの転職サイトをご紹介します。
キャリアアップを目指す転職では、「マネジメント力」と「過去の実績」が求められます。そのためこれまでマネジメント経験がないことはマイナスに捉えられる可能性もあります。
しかし、社会人経験があればOKとしている企業も多いため求人は少なくありません。エージェントに相談してより条件の良い非公開求人を紹介してもらうと良いでしょう。

Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。企業と同じコンサルタントが一気通貫で担当してくれるのでプッシュもしやすく、さらに、企業の情報も事前にしっかり聞くことができます。

エンエージェント


エンエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://enagent.com/

エンエージェントは大手人材会社enジャパンが運営する転職エージェントです。
転職を考えたタイミングから入社後までのサポートや、適性診断による徹底分析など手厚いサポートを受けられることが特徴です。
まだエージェントとしての知名度は低いですが、適性診断もあり、初めての転職などのサポートもしっかりしています。
ただ、担当者の当たり外れがあるとの口コミも見かけるため、他の転職エージェントと併用する形での利用がおすすめです。

未経験から経理職に転職する方におすすめ

ここからは、異業種や経験なしから経理職に転職したいという方におすすめの転職エージェントをご紹介します。
ここでご紹介する転職サイトは、現在正社員として働いていない方や、既卒・第二新卒の方の転職サポートにも強いサービスです。

転職エージェントneo

転職エージェントneo

おすすめ度:
公式サイト: https://agent-neo.com/

転職エージェントneoはネオキャリアが運営する転職エージェントです。
ネオキャリアは新卒採用でのノウハウも豊富なため、20代・30代の方におすすめです。
現在だけでなく将来的なキャリア形成まで考慮したキャリアアドバイスをしつつも「やりたいこと」「やりたくないこと」などを明確にしていったりと丁寧な面談を行ってくれますので、平均120分の面談時間を設けています。

対面面談の場合はほぼ当日中に求人を紹介してもらうこともでき、すぐに選考へと進むこともできます。

口コミアイコン
30代男性(年収400万円台)

初めての転職活動で右も左もわからなかったのですが、担当者の方が親切でとっても安心できました。

自分のやりたくないことを伝えてもいいんだという安心感は大きかったと思います。

JAIC

JAIC

おすすめ度:
公式サイト: https://www.jaic-college.jp/

JAICはフリーター・既卒・未経験の就活サポートが強みの「エージェント型」転職サイトです。
フリーター・既卒・未経験からの就職成功率81.1%。定着率91.3%と成功率はかなり高いことがわかります。ジェイックの社員が就職先に実際に足を運んで状況を確認した情報を教えてくれることや、ビジネスマナーから丁寧に教えてもらえることも魅力です。
就職した後もしっかりサポートしてもらえるので、転職に不安のある方や自分の経歴に不安な方におすすめです。

経理専門の転職サイトを使いたい方におすすめ

ここでご紹介するのは、経理職に特化した専門の転職サイトです。
転職先の内部事情や選考突破のコツなど、専門知識を活かしたアドバイスをもらうことができます。

1.ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://career.jusnet.co.jp/

ジャスネットキャリアは経理をはじめ、会計・税務・財務などの求人に特化している転職エージェントです。
北海道・関東・関西・東海・海外と幅広い求人をそろえているので、あなたの希望する仕事に出会える可能性が高いです。

会計・税務・経理・財務分野に特化しているため、高い専門性豊富な取引企業の実績を誇っています。
経理に特化したサポートを受けたい方にはおすすめの転職エージェントです。


2.経理転職.com

経理転職.com

おすすめ度:
公式サイト: http://www.finance-jac.com/

経理転職.comは、大手転職エージェントである「JACリクルートメント」を運営する株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する、経理や財務に特化した転職サイトです。
JACはグローバルに人材サービスを展開しているグループなので、外資系企業へのサポートに強みを持っています。

また、経理の中でも比較的ハイキャリア向けの求人が多いので、自分のスキルに自信がある人のキャリアアップに適したサービスということができます。
一方で未経験から転職可能な求人は少ないので注意が必要です。


3.経理転職ナビ

経理転職ナビ

おすすめ度:
公式サイト: https://keiri-navi.workport.co.jp/

経理転職ナビは、大手転職サービスであるワークポートが運営している、経理・財務職に特化した転職エージェントです。
利用者の割合としては30~40代のミドル層が多く、即戦力人材の転職サポートに強みを持っています。

メンバークラスやスタッフクラスの求人ももちろんありますが、CFO候補や財務経理部長候補などハイクラスポジションの求人も多く揃っています。
求職者のニーズに応じたレベルの求人を探すことができる転職サービスです。

Uターン・Iターン希望の方におすすめ

UターンやIターン転職を考えている方も多いのではないでしょうか。
実は転職エージェントの中には、こうしたニーズのサポートに強みを持っているサービスもあります。

ここではUターン・Iターン転職に強い転職エージェントをご紹介します。

1.リージョナルキャリア

リージョナルキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.regional.co.jp/

「暮らしたいところで思い切り働く」というテーマを掲げている、リージョナルキャリア広は、Uターン・Iターン転職に特化した転職エージェントです。
地域に密着したコンサルタントが、その地域ならではの状況を理解して、求職者にぴったりの案件を紹介してくれます。
独自の繋がりを活かした企業経営者とのコネクションにより、リージョナルキャリアならではの独占案件が多数そろっています。

大都市からのUターン・Iターンも支援していて、東京オフィスから、TV面談やSkypeなどを使った電話面談も行うなどサポートがしっかりしています


2.マイナビ転職

マイナビ転職

おすすめ度:
公式サイト: https://tenshoku.mynavi.jp/

幅広い人材サービスを展開していることで有名なマイナビは、Uターン・Iターン転職の求人も多く保有しています。
Uターン・Iターン希望の方のためになる情報も発信しているので、気になった方はホームページをご覧ください。

マイナビ転職に掲載されている約80%の求人は限定公開されている求人です。また、「社会人経験20年以上歓迎」などの選択項目もあり求人を絞りやすく、探しやすいことも魅力です。
アプリからであれば希望条件を登録することで求人を毎日送ってくれるサービスもあります。スカウト機能や転職フェアも開催されています。

3.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。
様々なニーズに対応した求人を保有しており、もちろんUターン・Iターン希望の方向けの案件も多くあります。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

年代別|経理におすすめの転職エージェント

ここでは年代別に経理転職に強いおすすめの転職サイトをご紹介します。
転職のタイミングによって企業が求める条件や選考ポイントが異なるので、利用するべき転職サイトが変わります。

年代別で利用すべき転職エージェントをご紹介するので、是非参考にしてみてください。

20代におすすめの転職エージェント

おすすめ転職サイト 公式サイト
doda https://doda.jp/
マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/

doda


doda転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

転職を考えている方であれば、必ず登録しておきたいサイトが「「doda」です。
超大手転職サイトで、サイトには掲載されていない非公開求人などを含む10万件以上の求人から自分にあった求人を紹介してくれるエージェントサービスや企業から直接オファーが届くスカウトサービスも提供しているため、一度の登録でいろいろな利用方法ができます。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で転職者満足度No.1も獲得しています。首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!という口コミもありました。

他の転職サービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

30代におすすめの転職エージェント

おすすめ転職サイト 公式サイト
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/

ビズリーチ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職エージェントです。

他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスという特徴があります。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方には是非一度登録してみることをおすすめします。

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

40代におすすめの転職エージェント

おすすめ転職サイト 公式サイト
キャリアカーバー https://careercarver.jp/
ランスタッド https://www.randstad.co.jp/

キャリアカーバー

キャリアカーバー

おすすめ度:
公式サイト: https://careercarver.jp/

リクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。

待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。
その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。
また。通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

ランスタッド

ランスタッド

おすすめ度:
公式サイト: https://www.randstad.co.jp/professionals/

ランスタッドは世界39か国、日本でも136拠点で人材ビジネスを展開する世界最大級の総合人材サービス企業です。
日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外転職や外資系転職に強みがあり、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼を活かした優良求人が多数あります。

また、ランスタッドのハイクラス転職は、年収800万円以上の求人が80%を占めていて、現在最前線で活躍中の20代後半〜30代のこれからハイクラスを目指したい方にはおすすめです。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収500万円台)
外資系の会社に転職を考えていましたが、自分の経歴もあまり良くなく、他の大手エージェントからは、当てはまる求人がないと断られることもありました。
ランスタッドは、求人を探してくれて、丁寧にサポートしてくれました。
最終的には私の条件とは違った転職になりましたが、チャンスはもらえたので納得の転職となりました。

経理転職で転職エージェントを使うべき理由

経理の転職の際には、転職エージェントを使うことを強くおすすめします。

その理由は、転職エージェントを利用することには以下のようなメリットがあるからです。

転職エージェントのメリット
客観的な視点を取り入れることができる
非公開求人に出会うことができる
書類添削・面接対策で選考突破率が高まる
全てのサービスを無料で利用することができる

ではそれぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

客観的な視点を取り入れることができる

転職エージェントに相談することによって、転職のプロの意見や考え方を取り入れることができます。

自分だけで転職活動をしているだけでは思いつかなかったような転職の方向性や、転職のプロならではの専門的なアドバイスを得られるのは大きなメリットです。

特に転職成功のために重要になる「自己分析」は自分だけで考えるのは大変なので、転職エージェントに一緒に考えてもらうことをおすすめします。

非公開求人に出会うことができる

転職エージェントを利用することで、非公開求人に出会うことができます。

求人サイトなどには掲載されていない求人なので、思わぬ高年収求人や、あなたのニーズに合った求人に出会うことができるかもしれません。

転職エージェントを利用していない人よりも格段に有利に転職活動を進めることができます。

非公開求人とは
多くの転職エージェントや派遣会社は非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェント・派遣会社を利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。
その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。
新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。
求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は人材サービスを利用した非公開求人として人員を募集します。
こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に担当者から紹介してもらいましょう。

書類添削・面接対策で選考突破率が高まる

転職エージェントは書類添削や面接対策など、選考を突破するためのサポートを行ってくれます。

最近では書類の作成が苦手、作成方法が分からないという方は増えてきています。
そのような方にとって、書類作成サポートがあるのはかなり助かりますよね。

また、面接対策では企業の内部事情をよく理解したエージェントが、内定に必要なポイントを詳しく教えてくれるので、面接が苦手という方でも安心です。

全てのサービスを無料で利用することができる

転職エージェント最大のメリットは、あらゆるサポートやサービスを無料で利用することができる点です。

上記の通り転職エージェントには様々なサポートがありますが、これらを無料で利用できるのは非常に大きな魅力です。

転職エージェントを無料で利用できる理由としては、転職エージェントは転職先の企業から報酬をもらっているからです。
転職エージェントが受け取る報酬は職種や企業によって異なりますが、平均すると転職者の年収の約30~40%です。

これだけ高い報酬が発生しているため、求職者は転職エージェントを無料で利用することが可能なのです。

>>おすすめの転職サイト・エージェントを見る

成功する転職エージェントの使い方6つのポイント

1.連絡は素早く・こまめに

担当のキャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。

人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。
日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。

また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。

複数の転職エージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。

あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。

2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。
その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。

転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。

また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

3.経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。
後から「話が違う‥」などとなってしまうと、虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも、正直に伝えることをおすすめします。

また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

4.希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。

より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のキャリアコンサルタントに共有することが重要です。
なぜならキャリアコンサルタントは希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。

あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。

そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

5.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。
さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと、企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。

また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

6.推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。

「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。
企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。

担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもあります。

ですので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

転職エージェント利用の流れ

エージェント型転職サイト

1.転職サイトの登録ページから登録

各転職サイトの公式ページから登録します。登録完了メールも確認しておきましょう。

2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

登録後、数日以内に連絡があります。
10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。
忙しい方や遠方の方はオンラインでの面談や電話面談が可能かどうか確認しておくと良いでしょう。

3.担当者によるキャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。
初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • ご自身のキャリアの棚卸
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでのご希望条件の整理
  • ご自身の強みの棚卸

4.求人を紹介してもらう

キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。
もちろんサイト内で気になる求人があった場合は自分からエージェントに相談することも可能です。

5.書類選考の対策などサポートしてもらう

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。

転職未経験の方はサポートのしっかりした転職エージェントに登録しておきましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

6.面接対策を受ける

書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

面接に不安のある方、転職未経験の方はしっかり面接対策も受けておくと良いでしょう。
面接に同行してくれる転職エージェントもあります。事前に自分にあっている転職エージェントを探しておきましょう。

7.内定と退職手続きのサポート

内定の連絡もエージェントから知らされます。
内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

サイト型転職サイト

1.転職サイトの登録ページから登録する

各転職サイトの公式ページから登録します。
同じ会社内でもエージェントや派遣登録などのページがあるので注意しましょう。

2.サイト内で求人を探す

職種や勤務地、希望の年収など様々な条件から求人を探します。
1つのサイトの情報ではなく、複数のサイトを併用することをおすすめします。

3.エントリーする

自分の希望にあっていると思った企業があれば自分で応募します。
サイト内から応募できます。

4.面接

エントリー後、サイトに登録した情報などから選考が始まります。
面接に進んだ場合は企業から連絡があります。

5.内定

無事面接が終わったら企業からの連絡を待ちます。

内定後は転職サイトを通さず、直接企業とやり取りをする形になります。

経理の転職成功率を高める方法

経理職への転職を成功させるための方法をご紹介します。

経理の転職は企業によっては倍率がかなり高い場合もあるので、転職活動前にやれることはやっておくべきです。

経理転職の成功率を高める方法は下記のとおりです。

経理転職成功のポイント
企業にアピールできる経験をしておく
転職に有利な資格を取得しておく

企業にアピールできる経験をしておく

転職を成功させるためには、一般的に書類選考と面接を突破する必要があります。

ですので、このどちらでもアピールできるような経験をしておくことにより、それぞれの選考を突破できる確率がかなり高まります。

企業目線で経理を採用する際に評価が高い経験としては、下記のようなものが挙げられます。

企業からの評価が高い経験

  • マネジメント業務
  • 単体決算業務
  • 連結決算業務
  • 管理会計業務(4軸からの分析)
  • 海外取引
  • ファイナンス管理業務

転職に有利な資格を取得しておく

経理に限ったことではありませんが、資格を取得しておくことは転職を有利に進めることにつながります。

書類に記載するだけでどのような能力があるかを企業に示すことができるので、採用担当者としても判断がしやすくなります。

経理が転職成功率を高めるためにとっておくべき資格は下記のとおりです。

経理転職の必須資格

  • 簿記2級
  • 給与計算検定
  • ビジネス会計検定
  • MOS
キャリア・年収アップのための資格

  • 簿記1級
  • FASS検定
  • 経理事務パスポート検定
  • 公認会計士
海外で活躍するための資格

  • 米国公認会計士
  • 国際会計検定

経理に関する資格は数多く存在するので、あなたの理想の転職先、キャリアプランに応じて取得する資格を選びましょう。

経理職の業務の実態

未経験から経理に転職したい方、またブランクがある方などは、現在の経理職がどのような実体か分からないという方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな方のために、経理職の業務内容や将来性についてご紹介しますので、経理についてまだよくわからないという方は参考にしてください。

経理の仕事内容

期間 業務内容
1日単位 ・現金の出納状況の確認

・伝票整理

・経費計算

・備品の購入

月次単位 ・給与計算

・勤怠管理

・売掛金の回収

・買掛金の支払い

年単位 ・決算書の作成

・貸借対照表の作成

・税金や保険の管理

経理職への転職が向いている人の特徴

経理の業務内容について前述しましたが、他の職種よりも数字を扱う業務が多く、会社全体のお金の流れを把握しておく必要も出てきます。

このように専門的な業務が多い経理職に向いている人の特徴をご紹介します。

経理に向いている人の特徴

  • 平均以上のパソコンスキルがある人
  • 広範なマネジメントができる人
  • 数字に強い人
  • コミュニケーションが苦ではない方

経理はPCを使った数字の管理、会社における広範なお金の管理、社内外の人々とのやり取りなどの業務が多いです。

上記の特徴に当てはまる方は、経理への転職をおすすめします。

経理の平均年収

経理の平均年収はどれくらいかご存知でしょうか。

今回は厚生労働省のデータ、実際に経理として働いている方の口コミを基に、経理職の平均年収を調査しました。

経理の平均年収
・経理職の平均年収は約360万円

※平均月収約26万円~約35万円

調査の結果、経理の平均年収は上記のようになっていました。
しかし今回の調査ではボーナスを考慮していないので、企業によってボーナスが多い正社員等の場合は、年収800万円以上という方もいらっしゃいました。

年収を重視しているという方は、転職エージェントとの面談時に高いボーナスを希望してい旨を伝えましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら

経理の安定性

経理職はこれまで安定性の高い職種であると言われてきました。

会社の経営状況を把握していることが求められる経理職は、会社にとって必要不可欠な存在であるため、解雇のリスクが少ない状況が続いてきました。

しかし最近では「内部統制報告制度」という制度により、多くの企業に事業報告書を内閣総理大臣に提出することが義務付けられました。

これにより報告書を提出前に外部に監査してもらう必要が生じたため、会社内部での経理職の価値が以前よりも下がっているのが現状です。

経理職として安定して活躍するためには、より高度な知識やスキルを身に着ける必要性が高まっています。

高度な知識やスキルを証明するためには、資格を取得しておく事が有効です。

後悔しないための転職先の選び方

経理転職したいと思ったとき、転職先を選ぶ際には気を付けなければいけないポイントがあります。

転職サイト利用者の中には、転職後に後悔したという方もいらっしゃいますが、そういった方は共通してこのポイントを意識できていなかったことが原因です。

せっかく転職したのにミスマッチだったということにならないように、下記のポイントに気を付けて転職先を選びましょう。

求人を選ぶポイント
  • なぜ今の職場から転職したいのかを明確にする
  • あなたの求める条件が転職先にあるのかを確認する
  • 給料を意識しすぎない
  • 転職先の従業員の口コミを確認する

なぜ今の職場から転職したいのかを明確にする

「あなたはなぜ転職したいのか」これは転職活動を始める前に必ず明確にしておきましょう。

転職サイトで求人を探すにしてもエージェントに求人を探してもらうにしても、あなたがなぜ転職したいのかが明確になっていなければ良い求人を選択する基準がなくなってしまいます。

よくある失敗として、とにかく今働いている職場が嫌だからといって、希望を明確にせず転職先を探してしまうパターンです。

今の職場に嫌気がさしている場合、他の職場が実際よりも良く見えてしまうという傾向があります。
このような時、他の職場の良い部分ばかりが見えてしまい、悪い部分を見極めるのが非常に難しい状態になっています。

これは転職後に後悔する方に最も多いパターンなので注意しましょう。

あなたの求める条件が転職先にあるのかを確認する

あなたがなぜ転職したいのかを明確にした後は、あなたの希望をかなえてくれる環境が転職先にはあるのかを確認しましょう。

前述の通り、転職活動中というのは他の職場の良い部分ばかりに注目してしまいがちです。
求人情報の良い部分にばかり目を向けてしまうのではなく、本当にあなたが求めている条件を満たしているのか確認することが重要です。

給料を意識しすぎない

転職先を選ぶ際には給料を意識しすぎるのは危険な可能性もあるので注意しましょう。

もちろん転職の希望条件として給料アップを狙っている方は多いと思います。
しかし給料が著しく高いなどの場合、労働条件の面で従業員に過度な負担となる内容になっている場合があります。

給料が高い求人が絶対に悪いというわけではありませんが、その他の条件もしっかりと確認して問題がないことを確かめるようにしましょう。

転職先の従業員の口コミを確認する

転職先の良し悪しを確かめるのに最も手軽な方法は、転職先で実際に働いている従業員の口コミを確認することです。

実際に勤務している人のリアルな口コミを見ることによって、職場の労働環境や人間関係などの内部事情を把握することができます。

人間の価値観は多様なので全ての口コミを鵜吞みにしてしまうのはよくないですが、転職先を決めるための重要な参考資料になることは間違いありません。

口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

経理職の転職に関するよくある質問と回答

なぜ無料で使えるのですか?

転職サイトはあなたが入社する際に、企業から紹介料を受け取っているからです。
紹介料はあなたが入社した場合に支払われる年収の数%に当たる金額とされることが多いため、あなたがお給料の良い就職先に入社することは転職サイトにとってもメリットなのです。
ただし、あなたが転職しなければ利益にならないので、無理な提案をするエージェントもいる可能性があります。
このページ内で紹介しているような評判の良い転職エージェントを選んだり、複数のエージェントを比較することでそのような転職エージェントに騙されないように注意しましょう。

経理の転職には転職サイトしか方法はないですか?

転職サイト以外にも方法はあります。以下が主に利用されている転職方法です。

主な転職方法
  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 直接応募
  • ハローワークを利用するメリットはなんと言っても求人数の多さです。また地元の求人も多いため、地元で転職活動をしたい方にはメリットが大きいです。
    デメリットは自分で積極的に行動しなければほぼ進まなくなってしまうことです。
    最後に直接応募ですが、あまりおすすめはできません。サポートや交渉などもエージェントが行ってくれるため、自分で転職するより入社できる可能性も好条件を引き出せる可能性もあるからです。

    未経験やブランクがある状況でも経理に転職できますか?

    今までは経理の転職といえば即戦力の採用が一般的だったため、未経験は不利でした。
    しかし最近では企業が求める条件も多様になってきているので、未経験やブランクがあっても心配する必要はありません。
    ただし未経験やブランクがある場合はそれ相応の意欲や熱意を示す必要があるので、転職エージェントのアドバイスをもらいながらアピールポイントを考えましょう。

    経理の転職は倍率が高いですか?

    経理・財務部門の求人倍率は、2019年6月時点で0.47倍です。
    これは求職者が仮に100人いた場合、47件しか求人がないということです。
    現在も求人倍率は低下傾向にあるので、経理転職の倍率は高くなっていくことが予想されます。

    経理転職の志望動機が思いつきません

    志望動機を考える際には、まずあなたの転職の目的を明確にしましょう。
    何のために転職をするのか、そして転職先にはあなたの目的を達成するためにどのような要素が存在するのか、これらを考えればおのずと志望動機が出来上がっていることでしょう。

    経理の転職は何歳ぐらいか有利ですか?

    少し前までは企業が経理に求める要素が、「十分な経験と能力」「会社に長くいてくれること」だったため、これらを満たす30代の方が経理転職に有利でした。
    しかし最近では同じ企業にずっと務めることが当たり前ではなくなってきており、企業が経理に求める条件も変わってきています。

    また、転職エージェントが世代ごとの転職における強みを教えてくれるので心配する必要はありません。
    あなたならではの強みを最大限に活かすためには、転職エージェントに相談してみましょう。
    >>おすすめの転職エージェントはこちら

    経理の転職がしやすい時期を教えてください

    転職の時期は、求職者や企業によってベストな時期が変わるので一概には言えませんが、一般的には企業の年度が替わるタイミングでの転職がいいとされています。
    多くの企業では3~4月、9~10月が年度が切り替わるタイミングです。
    年度が切り替わるタイミングでは、人材の入れ替わりが起こるので、人材補充を行う企業が多いのです。

    大手企業の経理に転職するにはどうすればいいですか?

    大手企業の経理職の場合、業務が細かく分かれていることが多いです。
    ですので幅広いスキルよりも、特定の分野に特化した知識やスキルを身に着けておくことが必要です。
    また、大手企業の経理は「非公開求人」として募集されることが多いです。
    非公開求人は転職エージェントが紹介してくれるので、非公開求人を多く保有している大手転職エージェントに登録することをおすすめします。

    経理におすすめの転職エージェント・サイトまとめ

    この記事では、経理の転職に強いおすすめの転職エージェント・転職サイトをご紹介しました。
    また、経理の転職に役立つ情報も幅広くお伝えしたので、参考にしていただければ幸いです。

    プロである転職エージェントのサポートを活用し、あなたの人生において大切な転職が成功することを祈っています。

    転職エージェント 総合評価 コメント
    リクルートエージェント

    業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
    マイナビエージェント

    新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
    JACリクルートメント

    求人の質◎
    管理職などにおすすめ

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    >>おすすめの転職エージェントを見る

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄