転職を考えている方の中には、総合商社に転職したいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

世界中で活躍することができる総合商社は多くの人が憧れる業界であり、転職先として選ぶ人も多くいます。
しかし人気の転職先であることにより、ポイントをしっかり理解しておかなければ転職を成功させるのが難しい業界でもあります。

この記事では総合商社に転職したい方のために、商社が求めるスキルや面接時のポイント等を解説していきます。

総合商社の転職難易度

総合商社への転職の難易度はどれくらいかご存知でしょうか。

一般的に高学歴の社員が多いイメージがあり、なんとなく難易度は高いイメージを持っている方は多いと思いますが、ここでは具体的に採用活動における倍率を他の業界と比較したので、総合商社の具体的な難易度を理解しておきましょう。

今回は総合商社の中でも有名な三菱商事を例に、他の業界との比較尾を行いました。

入社倍率 就職難易度
三菱商事株式会社(総合商社) 約35倍*
株式会社明治(食品) 約2750倍*
森永乳業株式会社(乳製品) 約500倍*
株式会社ビジョン(通信) 約400倍*
三井住友カード株式会社(金融) 約100倍*

*就職四季報参照

上記の表を見ていただけるとわかると思いますが、他の入社倍率の高い業界と比較すると実は総合商社は入社倍率自体は高くないのです。

しかしここで注目していただきたいのが難易度の部分です。
表を見て疑問に思われた方もいると思いますが、上記表の難易度を見てみると倍率約35倍の三菱商事が、倍率500倍の森永乳業と同レベルの難易度となっています。

総合商社は、倍率自体は高くない一方で転職難易度は非常に高い業界であることがわかります。

倍率が低いのに転職難易度が高い理由
まず入社倍率という指標は、企業への応募者総数の中の内定者の割合です。
総合商社の倍率が低い最も大きな理由として、応募者総数が他業界に比べて非常に少ない事が挙げられます。
世間一般的に、総合商社というのは高学歴のエリートが働いているイメージがあり、求人応募へのハードルが非常に高いです。
こうした背景から、総合商社に応募する人数がそもそも少ないため、倍率自体は低い数値となっているということです。
一方で前述のようなイメージを持たれがちな総合商社でも応募する人というのは、自分のスキルや経験に自信を持っていることが多く熾烈な争いになるため、転職の難易度は高くなるということです。

総合商社への未経験転職は可能か

総合商社への異業種からの転職を考えている方や、スキルや経験が豊富ではない状態からの転職を考えている方のために、総合商社への未経験からの転職は可能なのかを解説していきます。

結論から申し上げると、未経験からでも総合商社に転職することは可能です。
総合商社だからといって転職の求人要項に未経験不可などと記載されていない限りは、絶対に採用してもらえないということはありません。

とは言ってもやはり優秀な人材が多い業種ではあるため、転職において求められる基準が高いことは確かです。
総合商社において求められるスキルについては後ほど詳しく解説します。

そんなハードルの高い転職ができる自信がないという方のために、これから総合商社に転職したい方におすすめの選択肢を紹介していきます。

総合商社以外の選択肢

総合商社以外の選択肢

  • 専門商社に転職する
  • 総合商社の子会社に転職する
  • 総合商社のグループ会社に転職する

専門商社に転職する

総合商社に転職する難しさを理解して不安を感じているという方におすすめの1つ目の選択肢は、まずは専門商社に転職して経験を積むことです。

総合商社の中途採用であるとオールマイティなスキルが求められる一方で、専門商社であれば特定の分野に特化したスキルや能力が求められます。
未経験であれば総合商社を目指すためにまずは特定の知識や経験を積み上げることを考えて、登竜門として専門商社に転職してみるというのも1つの手段です。

子会社・グループ会社に転職する

専門商社以外にも、総合商社の子会社やグループ会社に転職してみるという方法もあります。
子会社やグループ会社の場合、企業のネームブランドに差があるとはいえ、総合商社と似たような業務や似たような待遇を受けられることも多いです。

また実力が認められて親会社への出向のチャンスもあるため、未経験やスキルに自信のない方には特におすすめです。

転職エージェントを利用して有利に転職を進める

総合商社やそのグループ企業に転職したいと考えている方には特に、転職エ―ジェントの利用をおすすめします。

大手の総合商社などの場合、人材採用情報からプロジェクトなどの機密情報が外部に漏洩してしまうことを防ぐために、基本的に非公開求人という形式で中途採用を行っています。

非公開求人とは
多くの転職エージェントは非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェントを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職エージェントから紹介してもらいましょう。

総合商社への転職においては、1人だけで転職活動をしようとするとまず求人を見つけ出すだけでもかなりの労力がかかってしまいます。
これは子会社やグループ会社への転職をかが得ている方にも言えることであり、総合商社グループ企業は非公開で必要な少人数の人材を確保していることが多いです。

このように総合商社と転職エージェントはかなり相性がいいので、ぜひ利用することをおすすめします。

ここからは総合商社やそのグループ企業・子会社に強い転職エージェントを紹介していきますので是非参考にしてみてください。

総合商社を目指す方におすすめの転職エージェント

総合商社などの大手企業を目指す方には、大手の転職エージェントを利用することをおすすめします。

大手の転職エージェントを利用するメリットは、求人数が多い・求人の質が高い・サポート力が高いことです。
以下の3つの転職エージェントは特に利用をおすすめできるサービスなので、どれに登録すればいいかわからないという方はまず登録しておくことをおすすめします。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

1−1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


1−2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!


1−3.Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。


1−4.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!との口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


1−5.type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは1994年から運営している老舗の「エージェント型」転職サイトです。年収アップにこだわった転職エージェントで、転職者の約71%が年収アップを実現しています。
また、8割は非公開求人で、中には大手企業や人気の案件もあります。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件にとても強いエージェントですので首都圏で転職を考えられている方は特におすすめです。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収400万円台)
type転職エージェントは転職エージェントの老舗企業だと聞いていたので、自分に合った転職先を探し出してくれるのではないかと期待して登録しました。
非公開求人の取り扱い量がとても多かったです。type転職エージェントの求人は、質にもこだわっているようで、紹介してくれた企業はしっかりとした企業ばかりでした。

自分が出した条件には、厳しいものがありましたが、そこを見事にクリアしてくれて転職先を見つけてくれたので、こちらを利用して良かったなと感じました。

女性の総合商社への転職

転職エージェントを利用している方のお話を聞いていると、女性でも総合商社に転職することが出来るのかと不安になっている方がよくいらっしゃいます。

ですが女性だからといって不安になる必要はなく、女性でも男性と同様に総合商社への転職を十分に目指すことができます。
特に繊細な作業であったり正確性が求められる仕事が得意な方は、一般職の即戦力として重宝されます。

女性の場合も同様に、総合商社を目指す場合には転職エージェントを利用するのがおすすめです。
下記の転職エージェントは女性のサポートに特化しているので、女性としての強みを活かして転職したいという方は大手エージェントと合わせて是非ご活用ください。

▶︎横にスクロールできます▶︎

総合商社に転職するための条件

ここまで述べてきた通り、総合商社は転職においても高水準のスキルや経歴を求められます。
ここでは総合商社の転職において求められる具体的なスキルや人間性、条件について紹介していきます。

未経験の方は選考を受ける前に独学でもこれらを身に着けておくことで、転職の成功率がアップするので是非参考にしてください。

総合商社で必要なスキル・人間性

総合商社では幅広くかつ質の高いスキルが求められます。
そのためどのようなスキルが必要かと問われると、オールマイティなスキルと答えざるを得ません。

しかしこのように言われてもどうしようもないと思いますので、ここでは未経験で転職する場合に最低限必須となるスキルを紹介していきます。

総合商社で最低限必要なスキル

  • 主体性・積極性がある
  • 論理的に物事を考えられる
  • 柔軟性がある
  • 忍耐力がある
  • 成長意欲がある

主体性・積極性がある

総合商社では基本的にチームでプロジェクトを遂行していくことになるので、集団で業務を行っていく中でも主体的に自分の意見を伝えることや、積極的にチームに貢献していくことが求められます。

論理的に物事を考えられる

最近の総合商社においては、経営陣だけではなく現場の社員も自らの業務が会社の利益を考えたときにどのように機能しているかを考える必要性が高まっています。

また論理的思考力を持っていないと、業務の効率化や目的のためのプロセスを丁寧に考えることができなくなるため、総合商社のような効率性を重視する業界では必須のスキルとなります。

柔軟性がある

ここ数年は、総合商社のような伝統的企業であっても変化が激しい時代です。
特に今後の総合商社は、日本を代表する業界としてさらに新しい要素を取り込んでいくことが予想されます。

そのなかで変化を嫌う性格であったり保守的な考え方をする人の場合、企業の将来像に合わない人材とみなされてしまいます。
グローバル化などによって変化が激しい昨今の状況を踏まえると、柔軟性を持っていることは必須であるということができます。

忍耐力がある

総合商社は他の業界に比べてハードな仕事内容がつきものです。
オールマイティに活躍することが求められるため、仕事の幅の広さや求められる仕事の質も高いことは間違いありません。

そのため、総合商社ではハードな業務や仕事内容の幅広さに負けない忍耐力が求められます。

成長意欲がある

総合商社においては、現状の自分に満足せずに常に成長する意欲を持つことが求められます。
先ほどから紹介している通り、総合商社では長期的に見ると非常に幅広い業務内容を任されることになります。

そのため、自分が現状出来る仕事のみに満足するような方だと戦力になることができません。
常に向上心・成長意欲をもって仕事に臨むことができるかが重要になります。

英語が出来なくても商社に転職できるか
総合商社に転職する際に英語力が必要であるか気になる方は多いと思います。
英語ができないと絶対に総合商社に転職できないというわけではありませんが、中途採用は新卒に比べて採用基準における語学力の比重が高まることは確かです。
基準として、TOEIC700点以上の英語力はつけておくべきです。海外での活躍を目指す方はさらなる高得点が求められます。
総合商社の中途面接では必ず語学力について聞かれます。
もし語学力に自信がないという方は、転職エージェントにあなただけのアピールポイントを分析してもらいましょう。

>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

総合商社に転職する年齢制限

総合商社の人材は基本的に新卒採用によって募集されています。
この理由は長期間の研修や育成を通じて、長期的なキャリア形成と企業文化の浸透を図るためです。

つまり総合商社では若い世代を採用したいと考えているため、年齢を重ねるごとに転職するのは難しくなっていきます。

具体的な基準があるわけではありませんが、年齢ごとの成長度合いを考えると、20代後半までが総合商社へ転職する年齢制限です。

30代以上の方は総合商社への転職は難しいかもしれませんが、経験やキャリアを積み重ねてきた経験を転職に活かせる業界は多くあります。
是非転職エージェントを活用してあなたに合った業界を見つけてください。

>>30代におすすめの転職エージェントはこちら
>>40代におすすめの転職エージェントはこちら

総合商社への転職における学歴

商社といえば学歴が高い従業員が多いイメージがあります。
しかし中途採用の場合は、実は新卒採用に比べると学歴が重視されない傾向があります。

中途の場合は学歴よりも実務スキルや経験が見られるので、学歴にコンプレックスを抱えている方もそこまで心配する必要はありません。
学歴よりも、アピールすることができる資格や実務スキル、自分なりの強みを伸ばしておくことが重要になります。

転職先として人気の商社10選

総合商社を転職先として選ぶ方に特に人気の企業を紹介します。

それぞれの企業の転職難易度や平均年収・事業内容を把握して、転職先選びの参考にしてください。

総合商社

三菱商事
転職難易度
平均年収 約1,400万円

主な事業内容:天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発など

伊藤忠商事
転職難易度
平均年収 約1,300万円

主な事業内容:繊維、金属、食料、機械、エネルギー・化学品、住生活、情報・金融など

住友商事
転職難易度
平均年収 約1,250万円

主な事業内容:金属、輸送機・建機、インフラ、メディア・デジタル、生活・不動産、資源・化学品など

丸紅
転職難易度
平均年収 約1,200万円

主な事業内容:生活産業、食料・アグリ・化学品、エネルギー・金属、電力・インフラ、社会産業・金融、CDIO、地域別事業展開など

三井物産
転職難易度
平均年収 約1,200万円

主な事業内容:鉄鋼製品、金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、食料、流通事業、ヘルスケア・サービス、ICT、コーポレートディベロップメントなど

双日
転職難易度
平均年収 約1,100万円

主な事業内容:自動車、プラント、航空、医療インフラ、エネルギー、金属資源、化学品、食料、農林資源、消費財、工業団地など

豊田通商
転職難易度
平均年収 約1,000万円

主な事業内容:金属、グローバル部品・ロジスティクス、自動車、機械・エネルギー・プラントプロジェクト、化学品・エレクトロニクス、食料・生活産業など

専門商社

ミズノ
転職難易度
平均年収 約620万円

主な事業内容:スポーツなど

日本ロレアル
転職難易度
平均年収 約610万円

主な事業内容:化粧品など

日本出版販売
転職難易度
平均年収 約600万円

主な事業内容:出版など

総合商社への転職に有効な志望動機の考え方

総合商社に転職したい方が抱える悩みの1つが、面接や書類作成の際の志望動機が思い浮かばないことです。

転職をする際に志望動機を考える最も良い方法は、あなたが転職に何を求めているかを明確にして、志望先がその内容に合致していることを説明することです。

とは言っても複数の総合商社を受けるとなると、似たような企業ばかりで志望動機を考えるのが大変ですよね。
そんな方のためにここでは志望動機を考える際のテクニック・ポイントを紹介していきます。

総合商社への転職に有効な志望動機を考えるポイントは、以下の通りです。

志望動機を考えるポイント

  • 将来的に何がしたいかを考える
  • 総合商社に転職したい理由を考える
  • その中でも志望企業を選んだ理由を考える
  • 自分が志望企業に貢献できることを考える

将来的に何がしたいかを考える

志望動機を作成するうえでまず最初に考えるべきなのは、将来的にあなたは何がしたいのかということです。

この後にも紹介しますが、なぜ総合商社業界を選んだのか、その中でもなぜその企業を選んだのかは志望動機を考える上で欠かせない内容です。
将来的に何がしたいかが明確になっていると、これらの内容を考えるのが非常に楽になります

また、面接の際になぜ今の職場が嫌なのか、なぜ転職したいと思ったのかなどと聞かれた際にも回答がしやすくなります。

総合商社に転職したい理由を考える

次に考える内容は、総合商社業界をなぜ選んだのかです。

将来的に何がしたいかが明確になっていれば、あとはあなたがやりたい事と総合商社でできる事を考えるだけです。
これらを書き出し、あなたの転職理由と一致率が高い内容をピックアップしておきましょう。

その中でも志望企業を選んだ理由を伝える

総合商社を選んだ理由で考えたことと同じ内容を、次は企業単位で考える必要があります。
複数の総合商社の事業内容や、転職した際の業務内容などを詳しく調べ、志望している企業でしかできないことを考えます。

この内容は先ほど紹介した業界志望度理由と合わせて面接で頻繁に聞かれる内容なので、志望動機を考えるのと合わせて面接対策にもなります。
最も考えるのが大変な内容だとは思いますが、転職活動において非常に重要な内容となるので頑張りましょう。

自分が志望企業に貢献できることを伝える

志望動機というよりも面接で使える内容となりますが、転職活動において企業にとってのあなたを採用するメリットを説明することは非常に重要です。

これはなかなかできている人が多くない印象を受けますが、人材を採用するということは企業にとってコストがかかることなので、そのコストを支払ってでもあなたを採用したいと思わせなければ転職は成功しません。

内容が志望動機とは少しずれた内容となるので、入れ込みすぎることは逆効果ですが、志望動機の締めくくりの要素として有効なので上手く活用してみてください。

上記の内容が思いつかない方へ
ここまで総合商社への志望動機を考えるポイントを紹介しましたが、これらの内容を考えても思いつかないという方はいらっしゃると思います。
自分だけでは志望動機を考えられないという方は、転職のプロである転職エージェントに相談してみることをおすすめします。
転職エージェントは志望動機を考えるために必要な自己分析や、各企業の選考に有利になる志望動機を無料で一緒に考えてくれます。
他にも様々な転職サポートを行ってくれるので、不安や悩みを抱えている方はぜひ転職エージェントに相談してみてください。
>>おすすめの転職エージェントを見る

総合商社の面接時に見られるポイント

総合商社の採用面接では、面接官に様々な内容の質問をされます。
しかし結局のところ採用するかを判断する基準は、大きく分けて2つのポイントに分類されます。

つまり下記の2つのポイントを意識して面接に臨むことで、回答の軸をもって質問への受け答えをすることができるようになります。

総合商社の面接時に見られるポイント

  • 伸びしろがあるか
  • 一緒に仕事をしたいと思えるか

面接ではいくつも質問をされますが、最終的に判断している基準は多くの場合上記2つのポイントになります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

伸びしろがあるか

採用担当者は採用する人材を選考する際、現状のスキルよりも今後の伸びしろを見ていることが多いです。

総合商社では新卒を多く採用していることからもわかる通り、どれだけ自社に貢献できる人材に育ってくれるか、どれだけ育成の余地があるかを選考において重視します。

ではどのようなポイントから伸びしろを判断されるのでしょうか。

仕事を継続的に好きでいられるかどうか

結局のところ、仕事を好きでいられないと継続的に成長することはできません。

逆に仕事が好きであれば熱中することができ、自分の生活を集中して仕事に注ぐことができます。
このように継続的に意識を高く持ち、自分の時間を仕事のために投資できる人材であることが求められます。

自発的に学習できるかどうか

先ほども紹介しましたが、最近ではグローバル化などの影響によって常に新しいことに挑戦していく気持ちを持った総合商社が多いです。
こうした変化の多い環境で働くためには、常に自発的に学習していく姿勢が求められます。

これとは反対に言われたことしかやらない、自主性を持った行動ができないという方だと、総合商社からすると必要ない人材として見られてしまいます。
厳しいと思われる方もいるかもしれませんが、総合商社で働きたいということであれば相応の覚悟が必要ということになります。

一緒に仕事をしたいと思えるか

総合商社では、事業や配属部署によってころなりますが基本的にはチーム単位で仕事をすることになります。
どれだけ個人で成果を上げる能力があったとしても、チームワークがなく協調性に欠けた人材であれば、一緒に働きたいとは思ってもらえません。

逆にいえば優れたスキルや経験を持っていなくても、人間性が認められて一緒に働きたいと思ってもらえれば未経験でも採用されるチャンスがあるとも言えます。

転職エージェントに相談すると、このようにスキルや経験がなくてもアピールすることができるポイントを一緒に考えてくれます。
あなただけのアピールポイントを知りたいという方は是非転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

総合商社の面接でよく聞かれる質問

ここでは転職するために必要な考え方やポイントについて紹介してきました。
ここからは総合商社で面接を受ける際に、よく聞かれる質問を紹介します。

総合商社の採用において見られるポイントや基準について説明しました。
実際に質問内容を見てもらえばわかると思いますが、基本的には紹介した基準を判断するための質問内容となっています。

下記で紹介する内容以外の質問をされた場合でも、採用のポイントを踏まえておけば自然に受け答えできると思いますので不安になる必要はありません。


Q1.なぜ総合商社に転職しようと思ったのですか?
Q2.将来はどんな仕事をしたいですか?
Q3.前職で学んだことはありますか?
Q4.なぜ当社の選考を受けようとおもったのですか?
Q5.何か質問はありますか?

Q1.なぜ総合商社に転職しようと思ったのですか?

  • 質問の意図:総合商社で働くことが転職者の中で動機づけされているかの確認

これはほとんど全ての中途採用面接で聞かれる質問だと思います。
採用担当者はこの質問で総合商社で働きたい理由を聞くことにより、転職者の中にどのような転職の軸があるのかを聞き出そうとしています。
また、その軸から総合商社に転職してもすぐに辞めないかどうかを判断しています。

Q2.将来はどんな仕事をしたいですか?

  • 質問の意図:採用の目的と転職者の意図が一致しているかの確認

企業が採用を行う際、どのような人を採用するか、何を目的として採用するかどうかを決めています。
そこで転職者が今後どんなことをしていきたいのかを聞くことによって、転職者が企業の求める人材になることができるかどうかを判断しています。

Q3.前職で学んだことはありますか?

  • 質問の意図:技術や知識の吸収力はあるか

転職者の今後の伸びしろを判断するためにされる質問です。
具体的なスキルや知識だけではなく、それらを会得するためにどのような努力や学習をしたのかもアピールしておきましょう。

そうすることで成長意欲があることを採用担当者に印象づけることができます。

Q4.なぜ当社の選考を受けようとおもったのですか?

  • 質問の意図:会社に対して熱意があるか

総合商社といっても複数の企業が存在するため、その中でもなぜその企業の選考を受けたのかを説明できるようにしておきましょう。

採用担当者は、選考を受ける会社のことは少なからず調べているだろうと考えています。
企業の理念やビジョンなどを把握し、どこに共感したのか、なぜその企業に入りたいかをアピールすることが重要です。

Q5.何か質問はありますか?

  • 質問の意図:会社に対して興味関心があるか

いわゆる逆質問ですが、ここで何も質問をしないというのは印象が悪いです。
転職者側から積極的に質問をすることで、その企業に対する興味関心が強いことをアピールできます。

質問の内容も、転職した後の自分の姿を想像して具体性のある質問をすると良いです。
これによって転職後のイメージを具体的に持てていることをアピールすることができ、さらに企業側としても採用した後の具体的なイメージが浮かぶので、採用したいと思ってもらいやすくなります。

総合商社への転職まとめ

この記事では総合商社や専門商社に転職するために必要なスキルや面接時のポイントなどを紹介してきました。

ここまで説明してきた通り、総合商社は難易度が高い転職先です。
総合商社に転職するための条件も紹介しましたが、これらに当てはまらなかった方は転職に対して不安な気持ちになっているかもしれません。

しかし優れたスキルや経験が無くても、転職エージェントに相談することであなただけのアピールポイントを一緒に考えてくれます。

総合商社への転職は、難しいですが成功すれば新しい人生を歩むことができます。
エージェントを活用し、あなたの転職が成功することを祈っています。

>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄