「建設業を辞めたい」
「精神的にきついから転職したい」

このような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

建設業は3K(きつい・汚い・危険)と呼ばれる過酷な環境であり、実際に過労による自殺等も問題になっています。

転職は逃げることではないですし、働くために生きているわけではないので、建築業を辞めたい感じている方は思い切って転職を検討しましょう。

そうは言っても今の職場を辞めることや転職が不安という方のために、転職業界のプロである筆者が実際に建設業を辞めたいと感じている方の意見や、どのような方法で転職を行うのか解説しています。

他の方もあなたと似た悩みを持っていることを知ることができるので、1人で悩まずにあなたの求める人生を送るきっかけを掴んでくださいね。

最後まで読まずに、今すぐ転職先を知りたいという方はこちらからどうぞ

建設業から転職希望多数|建設業を辞めたい理由6選

建設業を辞めたいと考えている方は実際に多くいらっしゃいます。

そこでこの章では特に多かった理由を6つピックアップして紹介します。

それでは詳しく解説してきます。

休みが少ない

建設業週休表
4週あたりの休暇日数
建設工事全体 4.60日
建築工事 4.35日
土木工事 4.71日

※表、グラフは建設業における働き方改革/国土交通省を参考に作成

上記の表を見ると分かるように、休日は週1回、全体的な休みも少ないのが現状です。

また、休みが週に1日なので、友達との時間や趣味に使える時間が少なく、
次の日から仕事でリラックスできる時間が少ないのです。

さらに現場によっては日曜日出勤もあり、月の休みが減ってしまう…なんてこともあるようです。

これほど過酷な労働条件の現場では、長く働きたいと思う方が難しいですよね。

残業が多いが、残業代が支給されない

建設業の仕事は労働時間の面で見てもとにかく休みがありません。

オリンピック・パラリンピックの会場となる新国立競技場の建設現場で働いていた23歳の男性が自殺したニュースを覚えている方も多いのではないでしょうか。

実際に建設業界の自殺者の割合は全業種の中で全体の3割と一番高い割合なのです。

そのような問題の原因の一つとして時間外労働が挙げられます。

上記のニュースを例に挙げると、男性は一か月の間に190時間を超える時間外労働を行っていたのです。

このような職場の残業の実態はサービス残業が主で公には隠されていることが多いのです。

定時は17時でも、現場の仕事が終わればデスクに戻って次の段取りの作成などデスクワーク作業があり、仕事終わりは23時など。

このような労働環境でも残業代がでない…

しかし次の日は定時スタートの通常勤務。

こんな職場では仕事のために生きているようなもので、なんのために働いているのか分からなくなってしまいますね…

外勤は転職が多いのでライフプランが立てにくい

施工や設計に関わる職種の場合は、プロジェクトの度に現場が変わります。
中には居住地から離れている現場もあり、転勤も珍しくありません。

また、工事が長期的なプロジェクトの場合は長い期間単身赴任になってしまう方もいます。

いつどこに飛ばされるのかはプロジェクトに左右されるため、ライフプランが立てられないという声がありました。

家族がいる方は家族を守るために働いているのに、家に帰れず家族に会えない、といった矛盾で辞めたいと考えているようです。

社員のほとんどが中高年で若手は人間関係の構築がむずかしい

最近の若者は働きやすさや、お金よりも自由な時間を重視するので、建設業に入社してくる人が少ないのです。
また、仮に入社しても過酷な労働でなかなか定着しません。

そのため建設業のほとんどの社員が中高年で、若手にとっては歳の近い先輩がいないので共通の話題が少ないうえ、人間関係を構築しにくく現場になじみにくいのです。

その結果、悩みを打ち明けられる仕事仲間を見つけることができずに抱えたまま、会社を辞めてしまうことが多いのです。

怖い人が多い

建設業の方は体育会系の職場が多く、その従業員は気の短い人が多いため、気の弱い方にとってはなかなかに苦痛である場合が多いです。

毎日のように上司からの罵声やパワハラが横行する職場もあり、精神的にもきつい職業です。

自分のミスを上司から怒鳴られるのはまだ理解できますが、中には現場監督の自分が現場の設備に関して「汚ねぇだろ!」とキレられる等。

もちろん中には兄貴肌で良い人もいいますが、気が強い人が多いと周囲の顔色を伺いながら仕事をするといったストレスをため込みやすい職業でもあるのです。

給料が低い

建設業は上記でも述べたように休みが少なく、時間外労働が多い職業です。
しかしそんな過酷な労働にも関わらず給料が低いという問題もあるのです。

もちろん役職によっても変わってきますので一概に全ての方が給料が低いとは言えませんが、設計者や事務関連は特に給料が低いと言われています。

一例ですが、朝9時から深夜の0時まで働き日曜日休み、月に1回あるかないかの土曜日休み。
そんな彼の手取りは18万程度だったそうです。

施工管理などで手取りが10万円前半の方もいるようで、労働時間と対価があっていないというのが離職率の高さの原因でしょう。

また、給料アップの方法として挙げられるキャリアアップですが、昇給率が低く5000円程しかアップしないなんてこともあるようです。
しかしキャリアアップすると任せられる仕事は大幅に増えます。

仕事が増えると責任がさらに重くなるので肉体的、精神的負担は大幅に増してしまいます。

激務過ぎて仕事そのものを嫌いになってしまったら地獄でしかないですよね。

ここまで辞めたいと相談に来る方のよくある意見をピックアップして紹介しました。
次の章では実際に仕事を辞めたいと考えている方に転職の準備ともいえるべき大切なことをお伝えします。

建設業からの転職で気をつけるべきこと

この章では建設業から転職する際に気をつけるべきことを解説していきます。

実際に建設業を辞めたいと考えていてもどのようにして前に進めば良いのか不安ですよね。

そんな方は下記のポイントから整理してみてはいかがでしょうか。

ポイント1:早めの転職を心がける

どの業界でも同じことですが、転職を決意したのであればすぐに行動したほうが時間を有効活用できるでしょう。

また、あなたが肉体的、精神的苦痛から早く解放されることができます。

しかし、30代をこえての転職は即戦力性が重要視されるため、別の業界でチャレンジしたいと考えている場合は転職成功の難易度が上がってしまいます。

そのような観点からも転職をしたいと考えた時点が動き始める絶好のチャンスと言えるでしょう。

また、異業種への転職の場合は1人では難しい場合もあるので、転職エージェントの利用をおすすめします。

>>転職エージェントがおすすめの理由を見る

早め早めの行動を心がけて転職先の候補を事前にリストアップすることで、
転職候補が見つかっているという安心感と、なぜその仕事に就きたいのかをゆっくりと考えることができるでしょう。

ポイント2:転職に何を求めているのかはっきりとさせる

あなたが何を求めて転職をするのかを明確にしていないと次の会社でも納得がいかない…なんてことになりかねません。

給料のアップを望むのであれば純粋に給料の高い仕事を探すと良いのですが、
自分の時間を大切にしたい場合は、残業時間や月の休み等を考慮して選ぶといった作戦を立てることができます。

ポイント3:幅広く情報収集

「企業の求人で良いことしか書いていない」
と悩んだことはないですか?
もしくは今の会社はそのような求人から選んたものではないですか?

求人情報を出す企業によっては、過去に使った文言を使いまわしたりしているところもあります。

そのような求人情報はいつでも使いまわせるよう抽象的な内容になっている場合があります。

また、求人情報に嘘の内容を平気で掲載するブラック企業も存在するので
1つの情報媒体のみを信用するのではなく、複数の情報を幅広く集めることで精度の高い情報を集めることができるでしょう。

ここでは掲載されている求人情報からブラックな可能性のある企業を探す方法を紹介したいと思います。

ブラック企業の特徴(掲載内容から把握)

  • いつ見ても求人が掲載されている

    ブラック企業の場合は定着率が悪いのでいつも人を募集しているという傾向があります。
    そのためよく紹介される求人は注意が必要です。

  • 給与が高く設定されている

    給与が高く設定されている場合も念のため疑った方がいいかもしれません。
    というのも仕事量に応じた設定にするのが基本だからです。
    特に月給19~50万のように幅のある書き方をしている求人は注意してください。
    多くの場合は最低ラインからのスタートと考えた方がいいでしょう。

ブラック企業の特徴(口コミから把握)

  • 募集内容と実際の勤務内容が違う

    多くの場合、仕事を始める前の顔合わせで転職エージェント立ち合いで雇用条件の確認が行われますが、このときしっかりと仕事内容の確認を行いましょう。

  • 有給消化率

    有給の消化率が悪い企業はブラック企業である可能性が高いといえます。有給は与えられた権利です。
    その権利を取得できない企業は働きやすい環境とは言いにくいでしょう。

  • パワハラやセクハラが日常的に行われている

    パワハラやセクハラが行われている企業は古典的な男尊女卑が抜けていない場合や、かなり強い上下関係を強いている可能性があるため、このような口コミのある企業や病院も気をつけたほうがいいです。

  • 精神的な負担が大きい

    様々な要因によって精神的な負担が多いブラック企業も存在します。
    例えば、長時間勤務の過重労働や成果を出していないことに対する厳しいプレッシャー、希望休が取れない、退職できないなどが挙げられます。

ブラック企業を見極める力を身につけて、あなたの求める人生をおくりましょう。

口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

建設業界から転職の選択肢

実際に建設業界から転職をしたいと考えた際、次のような選択肢が考えられるでしょう。

  • 建設業界内のホワイト企業に転職
  • 異業種への転職

建設業界内のホワイト企業への転職の場合は、あなたがこれまで培ってきたスキルを十分に発揮できるので即戦力としても採用の可能性は十分高いといえるでしょう。

ここでは勝手のわからない異業種への転職について解説してきます。

異業種についての業界理解

建設業界から異業界に転職する際はその業界について詳しく理解する必要があります。

そのため、どのような業界かまず下調べを行いましょう。

またどの業界でもいえることですが、その業界についての資格を持っていると転職に強くなるので、勉強をして資格をとっておきましょう。

勉強や資格取得などの例

  • 公務員の場合

    公務員試験があるため、事前に過去問をしっかり解いて出題パターンを覚えて対策を練ったりすることもできます。

  • WEB業界の場合

    資格があれば有利になりますが、この業界での一番のアピールはポートフォリオです。

    そのため自分でプログラム言語を用いてサイトを制作しておくなどの準備をしておきましょう。
    そうすることで面接担当者にアピールすることもできます。

1日の労働時間が長く1週間の休みも少ない建設業の場合、勉強の時間を確保することも容易ではないでしょう。

しかし会社をやめて失業保険だけでは不安という方は休業して資格の勉強をするという方法もあります。

医師の診断でドクターストップをもらえばカンタンに休業することもできますし、休業中は会社からの給料は出ませんが、条件を満たすことで健康保険の傷病手当を受給することができます。

傷病手当を受け取るための条件
  • 社会保険に加入している
  • 怪我や病気で動けない
  • 連続して4日以上仕事を休んでいる
  • 休職中に会社から給料が支払われていない

上記の要項を満たすと最長で1年6か月支給されます。

ぶっちゃけ話傷病手当は精神的なドクターストップによる休職にも対応できるようです。

建設業界から異業種への転職|人気な転職先

異業種と言ってもどのような転職先があるのかと思っている方にむけてここでは人気のある転職先を紹介していきます。

理由も含めて紹介するのでよかったら参考にしてみください。

建設業から人気の転職先:公務員

建設業を辞めて公務員試験を受ける方は多くいらっしゃいます。

公務員は就業時間や残業時間がしっかりとしているため、建設業時代ではなかなか取ることのできなかった自分の時間を持つことができます。

また、地方公務員になればライフプランを立てやすくなるといったメリットもあります。

さらに、建設業出身の方であれば、市役所の土木課などで即戦力として働くこともできます。

そんな魅力的な公務員になるための建設業の方にとっての問題は、公務員試験をパスすることでしょう。

建設業の方は時間がとりづらいため、勉強の時間がなかったり、公務員試験が土日のため休めないといった問題もあります。

本気で公務員を目指す方は退職してから公務員試験合格を目指す方も多くいらっしゃいます。

建設業から人気の転職先:宅配ドライバー

建設業からの人気の転職先として人気なのが宅配ドライバーです。

建設業を辞めたい理由の一つにも入っている人間関係のトラブルですが、宅配中は気にすることがありません。

トラック運転手の有効求人倍率
厚生労働省 「職業安定業務統計」より国土交通省作成

宅配業界は人手不足が深刻な問題であり、トラック運転手の有効求人倍率は全職業平均よりも約2倍程高い値となっているのです。

トラック運転手も残業はありますが、建設業のような自分の時間がないといった状況にはならないでしょう。

建設業から人気の転職先:不動産関係

不動産関係で人気の転職先としては、不動産仲介営業と不動産開発業者が挙げられます。

不動産仲介営業は家やビル等、出来上がった建物を販売する立場の仕事です。

建物を販売するためには深い知識を要するため、建設に関する幅広い知識や経験は大いに役に立つでしょう。

不動産開発業者は別名デベロッパーとも言われる、新しい住宅地やリゾート地の開発・造成など大規模な不動産開発や再開発を行う仕事のことです。

開発や再開発を企画し、業者を選定、施工管理者に工事依頼をかける立場となるので、建設業界で学んだ経験を活かして働くことができます。

建設業から人気の転職先:IT・WEB業界

最近の転職業界の傾向としては学歴や職歴ではなく、人物本位で採用を決める企業が増えていることが挙げられます。

特に、IT・WEB業界は古い考えに捉われていては常に進化するインターネット社会で生存できないため、最近の傾向を取り入れる会社が多いのです。

あなたが40歳未満の場合はまだこれから活躍できるため、スキルややる気次第で転職できる可能性は十分にあるでしょう。

最初は学ぶ事が多くて苦戦するでしょうが、まだ若く挑戦したいと考えるのであればまったく狭き門というわけではないでしょう。

またIT・WEB業界は人手不足と言われている業界ですので転職もしやすいのではないでしょうか。

学びながら転職することのできるサービスもあるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。
>>IT・エンジニアにおすすめ転職エージェント16選|タイプ別に徹底解説

ぶっちゃけ話厳しい環境で耐え抜いたあなたならどのような職業でもやる気と学ぶ姿勢があれば就くことができるでしょう。そういった意味では、かつての経験が活かされる職種ばかりを選ばずに、幅広く何をしたいかで考えてみてはいかがでしょうか。職業スキルが希望業界では役に経たなくても、身に着けてきたマインドはきっと役に立つはずです。

建設業界からの最適な転職先を見つけるおすすめの方法

いざ転職を決意するとやるべきことは

自己分析(何をしたいのか)
求人探し
企業調査(ブラック企業に入らないために)
履歴書や職務経歴書の作成(質の高いものを作成)
面接対策
面接日の日程調節

といった作業が挙げられます。
このような作業を仕事をしながらもしくは資格の勉強をしながら同時に行うのは非常に大変な作業でしょう。

ここでおすすめしたいのが転職エージェントです。
転職エージェントは上記の作業をほぼ全て肩代わりしてくれるサービスです。

「自分ひとりだけで転職を行う」と気張るのもいいのですが、代行できるところは任せて資格取得や試験勉強に力を入れる方が時間を有意義に使えるのではないでしょうか。

転職エージェントがおすすめの理由

  • 完全無料で転職サポートを利用できる
  • 希望を伝えると求人を探して紹介してくれる
  • 求人先企業について詳しく教えてくれる
  • 面接の日程の調整や給料交渉などを行ってくれる
  • 推薦状を出してくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 複数の内定をいただいた場合、代わりに断ってくれる
  • 現職の退職アドバイスを行ってくれる

など、あなたの転職が大幅に楽になりますよ。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントは完全無料なので完全ノーリスクで利用することのできるサービスですが、実はたくさんのエージェントが存在してどれを選べばいいのかわからないのではないでしょうか。

実際にどこも同じだと適当に選んでしまうとあなたの気持ちに寄り添わない転職サポートをされる場合もあります。

そうならないためにも転職エージェントの選び方やおすすめなどを紹介している記事を用意しているので
よかったら参考にしてみてください。
【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較

上記の記事のおすすめ転職エージェントを3社紹介するので今すぐ知りたいという方は下記の表から登録してください。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

転職エージェントの利用のポイントとして、複数の転職エージェントに登録するようにしましょう。

複数の登録がおすすめの理由

  • 求人を比較できて選択の幅が広がる
  • 用途によって会社を使い分けることができる

    (専門職特化で見て給料の比較をしたい等)

  • 各転職エージェントの独占求人や非公開求人を網羅できる
  • 担当者を比較できるので最適な担当者を選べる

上記の理由が挙げられます。

そして、複数登録した転職エージェントの中から満足のいく転職エージェントに転職サポートをお願いするようにしましょう。

建設業からの転職でよくある不安と対策

建設業からの転職は不安がありますよね。

現在の職場を退職する際にも様々な不安を抱えることも多いと思います。

ここでは建設業からの転職でよくある不安と対策を紹介するので、よければ参考にしてください。

辞めさせてくれない

この悩みは建設業界に多いのではないでしょうか。

何度も上司に相談しても「仕事が回らなくなる」と辞めさせてもらえない。

このような背景として人手不足が挙げられますが、それは会社都合であり、あなたの人生をすり減らしてまで働き続けるべきではないでしょう。

退職の自由は法律で認められている

  • 民法627条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

    1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

  • 民法628条(やむを得ない事由による雇用の解除)

    当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

参考:知って役立つ労働法 働くときに必要な基礎知識

つまり、期間の定めのない雇用の場合の退職は2週間前に通知すれば法律上はいつでも辞めることができるとされています。また、やむを得ない事由に関して、各当事者は直ちに契約の解除をすることができるとあります。

なので社員のことを考えずに会社都合を押し付ける会社は無理やりにでも転職した方がいいでしょう。

賠償金を請求される

退職に際して賠償金を求められる場合があるようですが、それは正当なものなのか不安に感じている方もいるでしょう。

上記でも解説したように、基本的に退職は自由とされています。
しかし注意が必要なのは雇用期間の定めがある場合です。

雇用契約期間に定めがある場合は、契約期間の初日から一年を経過する前は「やむを得ない事由」がある場合でなければ期間途中で辞職することができないと決まっています。(民法628条)

このやむを得ない事由とはは「期間満了まで労働契約を継続することが不当・不公正と認められるほどに重大な理由が生じたこと」をいいます。

例)雇い主から生命を脅かす労働を命じられた、賃金不払い等の重大な責務不履行、病気や怪我等で就労不能に陥った場合等

そのため、上記のような理由でない場合は雇用契約期間を満了するまではその職場で働く義務があるとされています。

賠償金を請求される場合

  • やむを得ない事由が本人の一方的な過失によるものである場合
  • 退職できないのに出社しない場合

    上記のような場合は無断欠勤・労務府提供となり、企業が損害を被れば会社は責務不履行に基づく損害賠償請求(民法415条)が可能になります。
    また期間の定めがない場合、退職の意思を示して2週間が経過していない間は退職できないとさだめられているので注意しましょう。

ぶっちゃけ話賠償金として請求できる金額には限りがあり、責務不履行によって生じた損害として相当因果関係があるものに対してのみでそれ以外の法外な請求は逆に損害賠償請求できる場合もあります。

建設業から転職|まとめ

ここまで、建設業を辞めて転職したいと考えている方に、同じ職業の方がどのような理由で辞めたいと思っているのか、転職の際に気を付けるべきポイントを解説しました。

早ければ早いほど転職の可能性が高まるので、今現在建設業で働いているけど辞めたいという方は
転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄