激務からくる疲れや常に緊張感がある環境により、医者を辞めたいと感じたドクターがいると思います

多くの方がとにかくこの生活から解放されたいと感じていることでしょう。そのような方のためにこの記事では、医者を辞めたいと悩む原因退職を考え直す理由悩みを解決できる方法を余すことなくご紹介します。

最後まで見ていただければ、医者を辞めるべきか続けるべきか明確になり、今後のキャリアを見出すことができます。ぜひ参考にしてください。

医師求人が
豊富

エムスリーキャリア
医師の登録実績No.1
利用者満足度96%以上

\60秒で登録完了/

公式サイト→

マイナビドクター
業界トップクラスの求人数
企業求人案件も多数

\60秒で登録完了/

公式サイト→

記事の目次

医者を辞めたいと考える理由

医者を辞めたいと考える理由として以下の5つが多いです。

この記事をご覧になっている医者の方で共感することがいくつかあるでしょう。
 

医者を辞めたいと考える要因5つ
  • 激務に耐えられない
  • 医療ミスなどのプレッシャー
  • 給与形態が劣悪な環境が多い
  • 人間関係が難しい
  • 女性の立場が低い

理由① 激務に耐えられない

医者の業務は激務とよく言われることがあります。一日中患者さんと対応するため、気を休める時間が少なく、緊急の手術が入った時には長時間の集中や緊張感など心身ともに疲労が大きいです

口コミサイトでも過酷な労働環境に対しての不満や残業時間の多さ、職場関係など私生活にまで影響を及ぼしている状況が伺えます。

  • 退職した人の仕事が自分に集中し残業が多い
  • 当直明けに仕事をすることがある
  • オンコール対応に追われる

仕事に追われる毎日が嫌になり、医者を辞めたいと考える人が多いです。

口コミアイコン

​30代男性
​僕の病院は規模が大きく、緊急の患者や手術など仕事がとても多かったです。そのため、休む時間もあまりなく常に患者さんの対応をしている記憶しかありません。現在は転職して落ち着いていますが、当時は明日にでも医者を辞めたいと感じるほど追い込まれていました

理由② 医療ミスなどのプレッシャー

医者の仕事は人の命を預かる仕事なため、小さな医療ミスでも大きな問題へと直結します。最善の処置を施しても、患者に何かしら異変があった場合は責められたりと対人的なストレスを抱えることも多いです。

大きな病院では立場など責任を負うことが多く、学会など常に周りからの注目やプレッシャーを受けることがあるので、精神的な疲労もよく見られるでしょう。

特に医療トラブルの対応には手を焼く医者も多く、理不尽な文句や批判を受けることも少なくありません。手術で命を救えなかった患者の家族からは恨まれたりと私生活まで影響を及ぼすこともごくまれにあります。

このように、精神的に危険を感じたり仕事に行くのが嫌になり、辞める医者もよく見られます。

口コミアイコン

​30代男性
​通常の診察などはそこまで追い込まれませんが、手術前や後は精神的にも辛く感じることがあります。命に関わることをするため、集中力など研ぎ澄ましている時間が長く、イライラしてしまうことも多かったです

理由③ 給与形態が劣悪な環境が多い

医者の職業は、古い体制の職場が多くサービス残業が当たり前のように行われていることが現在でも見かけます。医者の仕事は人の命を預かる職業柄、緊急の手術や診断などあるため、労働時間に沿った働き方をすることが難しい傾向にあります

また、医者の仕事は「専門業務型裁量労働制」と思われることが良くありますが、実際は違います。医者も一般職と同じ基準なため、時間外の手当てを請求することができます。

専門業務型裁量労働制
業務の性質上、業務遂行の手段や方法、時間配分等を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務として厚生労働省令及び厚生労働大臣告示によって定められた業務の中から、対象となる業務を労使で定め、労働者を実際にその業務に就かせた場合、労使であらかじめ定めた時間働いたものとみなす制度です。

厚生労働省

対応のひどい職場だと、医者の仕事はみなし残業とされることも多く、実際に働いた時間ほど給料がもらえないことも少なくありません。もしそのような職場環境である場合は、早急な退職や転職を考えるべきでしょう。

口コミアイコン

​40代男性
​立場が上になり、仕事や役割が増えてきましたが、昇級前と大して変わらない給与に不満を感じました。上司に取り合っても状況が変わらなかったので、その職場を辞めることを決意しました

理由④ 人間関係が難しい

医者の仕事場は年功序列制である場所が現在でも多く、上司との関係性など苦労している人がいます。自分よりも功績を残していない先輩や新しい医療体制を全く受け入れず文句ばかり言う上司など、勤務年数が長いだけで立場が上になることが基本です

そのため、自分の意見が通らなかったり、功績を上げてもなかなか昇進できないなど、キャリアアップが難しい職場が少なくありません。また、長時間の労働からイライラする人も多く、職場の雰囲気が悪いことがあります。

お互い気を貼ったりストレスが溜まりやすい環境で働いている人は、職場の変更や医者を辞める決断をすることが多いです。

口コミアイコン

​40代男性
​私の上司は昔からの医療体制にこだわり、新しいことに挑戦しようとしない人でした。そのため、常に新しい技術を取り入れて刷新していこうと考える私とは考えが合わず何度も衝突しました。長い間水掛け論が続き、ストレスも限界になったのでその職場を離れることにしました。

理由⑤ 女性の立場が低い

現在は社会的に考え方が変わり始めていますが、病院などはまだ体制が変わらない場所が多く、女性ドクターの立場が低いことがあります。特に医者の業界は男性優位性な傾向が残っており、管理職や院長など男性が属していることがほとんどです。

また、ご年配の方は女性ドクターに対して抵抗を感じる人がいるため、対応に困る医者もいるようです。その他には、学会などでも下に見られることがまれにあり、不満を感じる女性ドクターがいらっしゃいます。

もちろん、ごく少数の職場での事例ですが、不満を感じて転職や退職を考える人がいるようです。

口コミアイコン

​30代女性
​職場は私より10歳ほど年上の人がほとんどです。私が功績を残しても褒められることは少なく、上司も昇給など積極的に考えてくれません。職場は古い考え方や医療体制なので、女性の立場が低く辛く感じたので転職を考えました

医者を辞めたいと感じても一度考え直すべき

この記事を読んでいる人のほとんどは、「ストレスが溜まり辛い」「早く医者を辞めたい」と考えているでしょう。

でも一度踏みとどまり考えて見ることも大切です「やっぱり辞めなければ良かった…」と後悔することは一番良くないことです

医者は他の職業と比較して魅力的なことが多いです。以下でそれぞれ見ていきましょう。

1.高収入を得られる

まず一つ目は医者の職業は高収入であることです。医者は専門職の中でも平均年収が高く、長年勤めれば年収1,000万円を目指すことが可能な職業でもあります。

若手の医者でも一般職の平均年収より200万円ほど高い給与水準なため、若い年齢のうちからキャリアを作り上げることが可能です。他の職業ではこの給与水準に届くことが少なく、特に一般職への転職をした場合は、これ以上の給与を目指すことは難しくなるでしょう

体調面に影響を及ぼしている場合は転職・退職を考えるべきですが、単純に仕事に飽きたなどの理由でしたら、一度考え直すことをおすすめします。はっきりした目的・理由を持つことで、辞めた時の後悔が少なくなります。

2.必要とされている仕事で誇り高い

医者の仕事は高度な知識を学び、最新の医学に基づいた技術を身に付けた人しかなれない職業です。社会的にもかなり立場が高い職業で、子供から大人まで憧れの存在です。

また、患者やその家族からは、命を救ってもらう命の恩人なため、感謝されることも多いです。重要な仕事がほとんどで、精神的に辛いこともありますが、その分やりがいも多い仕事でもあります

医者の職業に対して未練がない人は問題ありませんが、医者の仕事に誇りを持っている人は公開する可能性が高いです。よく検討してから転職・退職をするようにしましょう。

3.常に成長できる環境

三つ目は、医者として働くことは、常に成長できる環境が整っているという点です。介護士や保育士などの専門職とは違い、医者は学会など常に新しい知識や技術に触れる機会があります。

一般職では同じ仕事をこなす日々が多く、人として成長することが難しい傾向にありますが、医者の職業は常に最新知識を取り入れる必要があり、受動的ではなく能動的に成長できます。

医学に関して探求心がある方はこの点をよく検討し、転職・退職を考えましょう。

それでも医者を辞めたいなら転職する

上記の記事を読んで、それでも医者を辞めたいと感じたなら、転職の準備をしましょう。

今の時代、医者で転職する人は増えてきています。

転職といっても「医者を続けたまま職場を変える」人や「医者から異業種へ転職」する人など様々です。

以下でそれぞれの転職方法をご紹介しますので参考にしてください。

1.異業種へ転職

医者から異業種へ転職する場合、未経験という扱いになることがほとんどです。

様々な転職サービスがありますが、選ぶ基準として「大手」で「幅広い業種」を扱った転職サービスの利用がおすすめです。

また、転職サービスには「転職サイト」と「転職エージェント」がありますが、異業種への転職は転職エージェントを利用しましょう。

理由は以下のサポートを無料で受けることができるため、安心して転職活動ができるからです。
 

利用できるサポート
  1. 転職相談
  2. 求人紹介
  3. 書類添削
  4. 選考先企業とのマッチング
  5. 面接対策

 
おすすめの転職エージェントは「異業種への転職におすすめの転職エージェント」でご紹介していますのでリンクから進んでください。

2.医者として転職

医者を続けた場合の転職は、医療業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

医者に特化した転職エージェントでは、担当者が医療業界の市場や転職に詳しく、あなたに適したアドバイスやサポートを提供してくれます。

そのため、ブラック企業に当たる可能性が低く、希望した条件をほとんど満たした案件に出会えます

おすすめの転職エージェントは「医者の転職におすすめの転職エージェント」でご紹介していますのでリンクから進んでください。

医者を辞めたいと思っても心配しなくていい

医者を辞めることに不安を感じている人も少なからずいると思います。

医者を辞めることは、つまり病院など職場を退職することで、医者として働くことができる権利を失うわけではありません

そのため、医者への復職や開業など様々な選択肢が残されているので、不安に感じなくて大丈夫です。

以下に事例を挙げていますので、参考程度にご覧ください。

医師免許があれば再就職が可能

現在は、医師免許を一度獲得すれば更新する必要もなく、医療行為に従事することができます。そのため、医者として復職することが可能であり、その他にも「産業医」「製薬会社」「公衆衛生医師」など就職先が多くあります。

再就職ができるため、中には常勤医者を辞めて別の職業に就く方もよく見かけます。就職先としては、以下の職業が多い傾向にあります。

  • メディカルドクター
  • 生命保険会社
  • 製薬会社

医者への復帰が難しいのではないかと心配していた方も多いと思いますが、安心して今後のキャリアを考えましょう。

開業という手段もある

医者を辞めた場合、転職の他にも開業するという手段があります。あなたがこれまで考えてきた医療体制を実現することもでき、あなたの医療方針で仕事をすることが可能になります

また、経営に成功すると病院に勤務しているときよりも年収が上がる可能性もあるので、挑戦してみるのも一つの手です。「医者の仕事は好きだが勤める職場環境が悪かった」のような人にはおすすめの方法でしょう。

非常勤でも十分収入を得ることができる

非常勤の医者は20代・30代と若い世代で増えており、通常勤務の医者に劣らないほどの給与を受け取ることができます。

特に医者のアルバイトは一般職と同じ程度の平均年収となることが多く、「勤務医の就労実態と意識に関する調査」ではアルバイトの平均年収は約600万円であるとの報告があります。

「再就職を検討しているが不安」と考えている人は、アルバイトから働き始めるのも一つの手段です。

医者を辞めたい時の退職理由の伝え方

医者を辞める時も他の職業と同じような進め方をします。

基本を押さえておけば円満に退職できますので、以下で確認しましょう。

2か月前に退職を伝える

退職を考えたらまずは上司に退職の意向を伝えましょう。

退職することを伝える適した時期は退職予定日の2か月前です。

理由としては、退職時に必要な引き継ぎ書のまとめや各手続きなど、問題なく進めることができる期間が2か月だからです。

早めに伝えて、職場が慌てることなくお互い落ち着いた状態で退職に進みましょう。

繁忙期は避ける

医療業界にも繁忙期や落ち着いている時期があります。

繁忙期など人手が欲しい時期に退職をしてしまうと、病院側にも負担をかけてしまい、円満に退職することが難しくなります

また、新しい人を雇うことも考えなければならないので、できる限り繁忙期の退職は避けるようにしましょう。

必ず直属の上司に話す

退職することが決まったら、必ず直属の上司に口頭で退職の意思を伝えるようにしましょう。

言いにくい場合でも、勇気を出して一番先に上司に退職のことを伝えるようにすることが大切です。

この時、同僚や後輩や上司以上の役職の人に先に伝えることは避けましょう

上司が人伝に聞いた場合、印象を悪くしてしまいます。

また、メールや電話ではなく、時間をとってもらい対面で直接伝えることも大切です

誠意をもって話せば理解してもらえる可能性も高く、「聞いていない」などと簡単な対処をされることも少なくなります。

退職理由は前向きで

どの職業でも退職理由はポジティブな内容にすることが基本です。

理由としては会社や病院もポジティブな退職理由なら納得しやすく認めてくれるからです。

本当の理由が「ストレスが多い職場だったから」や「業務が忙しすぎて嫌になった」などでも、ポジティブな内容に言い換えて伝えるようにしましょう。

もちろん嘘は良くありませんので、ニュアンスを変えた言葉を伝えるようにすることが大切です。

転職の場合は転職エージェントの利用がおすすめ

医者を辞めたいと感じた方は転職を考えると思います。

転職をする場合は転職エージェントの利用がおすすめです。

上記でも転職エージェントについて少し触れましたが、「面接対策」や「書類添削」など無料で行ってくれる転職サービスです。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、求職者と求人企業の間に立って、転職の成功を支援するサービスです。

転職活動では、自分に合った企業の探し方や応募書類の作り方、面接での受け答えなど押さえておくべきポイントが山ほどあります。こうした転職ノウハウを全て自分だけで把握することは困難であり、なにかと不安の多い転職活動を効率的に進めることができなくなってしまいます。

転職エージェントは転職に関するあらゆるサポートをしてくれるサービスなので、求人選びや選考対策など1人で悩む必要がなく、初めて転職活動をする方にはまず利用をおすすめしたいサービスです。

転職活動で絶対に失敗しないためにも、転職エージェントを利用する際の注意点や上手な活用法を知っておく必要があります。転職エージェントは使い方を誤るとむしろ逆効果になってしまう可能性もあります。

また、転職エージェントを利用すると、他では扱っていない独自の案件や非公開求人など見ることができ、転職の幅がいっきに広がります。

非公開求人とは

多くの転職エージェントは非公開求人を紹介してくれます。企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェントを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。

その理由は主に2つ。

1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。

2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職エージェントから紹介してもらいましょう。

このようなメリットがありますので、転職を考えている人は転職エージェントを利用しましょう。

以下では「医者転職におすすめの転職エージェント」と「異業種への転職におすすめの転職エージェント」をそれぞれご紹介します。

医者の転職におすすめの転職エージェント

ここでは、医者を続けながら転職したいと感じている人におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1.エムスリーキャリア

エムスリーキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://agent.m3.com/

エムスリーキャリアは8年連続で医師の登録実績No.1の実績があるエージェント型の転職サイトです。
さらに口コミでは、エムスリーキャリアを利用して転職した医師の96%以上が満足したと回答しています。

エムスリーキャリアの強みは何といっても非公開求人です。
他のサイトやエージェントは保有していない秘匿性の高い求人を保有しており、転職に成功した医師の約9割以上が非公開求人を利用しています。

またコンサルタント全員に対して医療経営士の資格取得が義務付けられていることによる圧倒的な交渉力も強みです。

口コミアイコン
40代男性(年収1,300万円台)
いろいろな転職サービスを使って試してみましたが、エムスリーキャリアのコンサルタントが一番専門性が高いと思いました。
経営的な観点から医療機関のことについて話していただけたので、かなり質の高い求人の選び方ができたのではないかと思っています。
レベルが高くて正直ついていけない話もありましたが、分からない部分については質問すれば丁寧に説明してもらえたので助かりました。
転職が決まったところもかなりハイレベルだったので非常に満足しています。
口コミアイコン
40代女性(年収1,000万円台)
すごく専門的なサポートを受けることが出来たなという印象です。
医療業界についても今まで知らなかったことを知ることが出来て新鮮でした。
各サポートに関しても安心感があり、全てお任せできるなという信頼ができました。
私が忙しいせいであまり多くのサポートを受けられなかったことだけは残念でした


2.マイナビドクター

マイナビドクター

おすすめ度:
公式サイト: https://doctor.mynavi.jp/

マイナビドクターは、人材サービスの大手企業であるマイナビが運営している医師向けのエージェント型転職サイトです。

マイナビ全体で、医師をはじめとして看護師や薬剤師、介護士などの求人を扱っており、全国の医療機関や施設との密接な関係を構築しています。
取引先医療機関の数は20,000件以上であり、医師転職サービスの中でもトップクラスの求人数です。

またマイナビドクターの大きな特徴は、産業医などの企業求人が多いことです。
マイナビが運営しているほかのサービスで一般企業の求人を多く扱っているため、こうしたネットワークを活かした産業医求人に多く出会うことが出来ます。

口コミアイコン
30代男性(年収1,000万円台)
学生の頃お世話になったことがあるので、マイナビが運営しているサービスを使いました。
他のサービスに比べて求人の幅が広いなと思いました。
自分はこれといった転職の希望はなかったのですが、たくさんの求人を見ているうちに自分にはこれしかないというものが見つかりました。
さすがマイナビという感じでした。
口コミアイコン
30代女性(年収1,100万円台)
産業医の求人を探していたので、マイナビドクターは私にぴったりのサービスでした。
大学病院でしか働いたことがなかった私が知らなかった業界事情を詳しく教えてもらえました。
1人では確実に転職できていなかったと思います。
ただ、たまに医師とは関係のなさそうな求人も紹介されたことに関しては疑問が残りました。

3.リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.recruit-dc.co.jp/

医師の転職を目指す方が必ず登録しておくべきサイトが「リクルートドクターズキャリア」です。
転職業界の最大手であるリクルートが運営している医師専用のエージェント型転職サイトです。

医師の転職を37年以上サポートしており、利用者からの支持率はなんと83%です。
リクルートグループのネットワークを活かすことで求人数約1万件以上を誇っており、医師ならではの様々な転職ニーズに合わせたサポートを提供しています。

1979年から蓄積してきた医師業界に関する情報量リクルートグループの転職ノウハウが加わり、質の高い医師の転職を実現してくれます。

医師の転職サービスの中で「求人数」「求人の質」「サポート体制」すべてにおいてトップクラスなので、登録しておいて損のない転職エージェントです。

口コミアイコン
30代男性(年収1,200万円台)
個人的には転職といえばリクルートという印象があったので、リクルートグループの医師専用転職サービスがあると聞いてすぐに登録してみました。
使ってみての感想は、やはりリクルートは間違いないなという感じです。
求人の数は多く、サポートもかなり手厚かったと思うので非の打ちどころがないですね。
もともとの希望以上の条件で転職することが出来たので本当に良かったです。
口コミアイコン
30代女性(年収1,000万円台)
さすが大手という感じで安心感がありました。
転職ノウハウを知り尽くしているという感じで、こちらの疑問に対して全て丁寧に回答してくれて、転職活動に対する不安がほとんどなくなりました。
特に選考対策がかなり手厚かった印象です。
とてもお世話になったので感謝しています。

異業種への転職におすすめの転職エージェント

ここでは、医者から異業種への転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で求人案件数No.1の転職エージェントです。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

ITへの転職を考えている方はマイナビエージェント×ITもおすすめ。
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

3.JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。


4.doda

doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


5.Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

【医者を辞めたい】悩みの原因と解決方法 まとめ

多くの医者は多忙な毎日を過ごしています。しかし、その中には仕事の忙しさやプレッシャーからストレスを感じ、医者を辞めたいと考える人がいます。

この記事ではそのような人達がどのような理由で医者を辞めたいと考えるのか紹介し、医者を辞めたい場合の解決方法をまとめました。

結論として、医者を辞めたいと感じたら転職を検討しましょう

転職をする場合は転職エージェントを利用し、十分なサポートを受けながら転職活動を行うと成功率があがります。

上手に活用して、最適なキャリアを作り上げていきましょう。
 

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄