今や私たちの生活には欠かせないものになっているECサイト「アマゾンジャパン(Amazon)(アマゾン)」。
最近の若い方でアマゾンジャパン(Amazon)を活用したことはないという方はなかなかいないのではないでしょうか。

アマゾンジャパン(Amazon)はこれまでのネットショッピングの常識を打ち破り、様々ななサービスを展開し続ける、ECサイトのパイオニア的存在です。

注文から1時間で発送されるスピード感や、最近ではアマゾンジャパン(Amazon)プライムと言われる上級会員に向けた動画見放題サービスや音楽聞き放題といった数多くのサービスを提供しています。

そんなアマゾンジャパン(Amazon)への転職希望者も増加傾向にあり、多くの方がアマゾンジャパン(Amazon)で「働きたい」と思い、競争率も非常に高くなっています。

この記事では、アマゾンジャパン(Amazon)への転職を検討・希望している方に、アマゾンジャパン(Amazon)への転職成功に有利になる情報をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

転職サイト名 コメント 公開求人数
JACリクルートメント 求人の質◎
管理職などにおすすめ
約3,500件
リクルートエージェント 転職業界最大手
ハイクラス向け求人も多数
約12,000件
ビズリーチ スカウトサービス
求人の1/3が
年収1,000万円以上
約12,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

記事の目次

アマゾンジャパン(Amazon)への転職の難易度

結論から言ってしまうと、アマゾンジャパン(Amazon)の転職難易度は職種によって難易度は異なります。

営業職やオペレーションなどの総合職・一般職に関しては、特別なスキルが必要がないので、比較的転職難易度は高くないです。

ただ、事業開発・マーケティング部門だと、職種によって必要なスキルが求められるので、未経験から転職するには厳しい職種です

また、エンジニアであったりWebデザイナーに関しては技術職になりますので、より高度なスキルやキャリアが大事になっていきます。

アマゾンジャパン(Amazon)への転職には、JACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメントは外資系に強いので、アマゾンジャパン(Amazon)などの外資系ITにも非常に相性が抜群です。

アマゾンジャパン(Amazon)の転職に近づけるには

アマゾンジャパン(Amazon)への転職を近づけるのにオススメなのが、転職エージェントの活用です。
転職エージェントの活用が転職成功に近づく理由として以下の3つが挙げられます。

アマゾンジャパン(Amazon)に転職エージェント活用がオススメな理由

  • あなたが希望する企業にマッチした面接対策・職務経歴書の記入法を教えてもらえる
  • 転職エージェントしか知らない非公開求人を案内してもらえる
  • 転職エージェントが企業側と条件交渉をしてくれる

ここからはこの3つのポイントについてご紹介します。

あなたが希望する企業にマッチした面接対策・職務経歴書の記入法を教えてもらえる

転職エージェントはこれまでにたくさんの転職希望者を内定に導いており、「アマゾンジャパン(Amazon)」クラスの企業規模であれば、内部選考を通過するための知識を持っています。

最初に、過去にどういった人が内定をもらい、どういった人が落選して、またその際どういった質問が飛んできて、どう答えたかなどのデータを経験豊富な大手のエージェントだと知っています。

そのデータをもとに面接対策や職務経歴書の記入法などをあなたと一緒になって親身になって考えてくれます。

転職エージェントによってはアマゾンジャパン(Amazon)の面接の担当者がどういうタイプの人間か知っているケースもあるので、それに合わせた面接対策をしてくれます。

転職エージェントしか知らない非公開求人を案内してもらえる

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」をたくさん保有しています。

大手のエージェントともなると、アマゾンジャパン(Amazon)の非公開求人を保有している可能性が非常に高いです。

また、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたが素晴らしいスキルやキャリアを持っていれば、「こういった転職希望者の方がいるんですが、採用してみませんか」と転職エージェントが実際に企業側に案内する事もあります。

公式サイトや転職サイトなどをみて「特に気になる求人がない」と思ったとしても、一度転職エージェントに相談してみて非公開求人をチェックしてみることをおすすめします。

非公開求人とは

    企業戦略によりあえて公開せず採用強化を目指す企業がエージェントにお願いする求人の事
    待遇面やポジションも好条件の事が多く、公開すると応募が非常に多くなる恐れがあるので、あえて非公開にしてるケースが多い

転職エージェントが企業側と条件交渉をしてくれる

給与面などの待遇面の交渉は転職希望者本人だとしにくいので、行うタイミングがわからず、交渉ができない事が圧倒的に多いです。

理由としては、個人で応募してしまうと最終面接の場で、入社同意書の記入をするように言われるからです。

転職エージェントを活用すると、面接した後に自分の希望を担当エージェントがアマゾンジャパン(Amazon)と条件交渉するのでその際に伝えることが可能です。

転職するのであれば可能な限り良い条件での転職をおすすめします。

アマゾンジャパン(Amazon)の転職に強いエージェント

転職サイト名 コメント 公開求人数
JACリクルートメント 求人の質◎
管理職などにおすすめ
約3,500件
リクルートエージェント 転職業界最大手
ハイクラス向け求人も多数
約12,000件
ビズリーチ スカウトサービス
求人の1/3が
年収1,000万円以上
約12,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

アマゾンジャパン(Amazon)への転職に有利な転職エージェント

アマゾンジャパン(Amazon)への転職を強く希望される方は、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは、アマゾンジャパン(Amazon)が現在どういった人材を欲しているかを見極めた上で、書類添削や面接対策を行ってくれます。

また、転職エージェントの持つ8割以上の求人は、一般に公開されていない非公開求人です。

転職エージェントを活用することによって、求人サイトでは見つけられない求人に巡り合えるという点でも登録しておくことをおすすめします。

ただ、キャリアアドバイザーのスキル・経験によって違いが出てきますので、できれば大手転職エージェントに2~3社、特化型エージェントに1社の登録がベストです。

1.JACリクルートメント


JACリクルートメント

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/
JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

タイプ:「エージェント型」転職サイト
対応エリア:全国・海外
公開求人数:3,263件
非公開求人:求人全体の約60%

2.リクルートエージェント


リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

タイプ:「エージェント型」転職サイト
対応エリア:全国
公開求人数:129,158件 
非公開求人数:141,859件

3.ビズリーチ



公式サイト:https://www.bizreach.jp/
ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
有料ではありますが、「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。
他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用することができますので。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

タイプ:「サイト型」転職サイト 
※スカウトサービス・エージェントサービスあり
対応エリア:全国
公開求人数:約128,000件

アマゾンジャパン(Amazon)の採用情報について

ここではアマゾンジャパン(Amazon)での採用情報についてご紹介します。

実際アマゾンジャパン(Amazon)の公式サイトにどういった職種が募集されているか記載されています。

是非アマゾンジャパン(Amazon)の転職活動の参考にしてみてください。

営業

アマゾンジャパン(Amazon)においてとても重要な営業職です。

アマゾンジャパン(Amazon)の営業は、アマゾンジャパン(Amazon)の品揃えの増加を目指しセラーサービス部門においての営業や、広告においてメーカーに対しブランディング提案します。

営業職への転職に必要なスキルは以下の通りです。

アマゾンジャパン(Amazon)の営業に必要なスキル

  • 3年以上の営業、コンサルティングの経験を持っている方
  • 新規ビジネス開拓に向けた熱い気持ちを持っている方
  • 長期的、広い視野でクライアントとwin-winの関係に導ける方
  • ビジネスレベルに必要な英語力(TOEIC750点)以上をお持ちの方

といったスキルが求められます。

エンジニア

アマゾンジャパン(Amazon)の業務の中心であるエンジニア職。

アマゾンジャパン(Amazon)には多くのエンジニアが所属しており、その職種も多種多様です。

例えばITテクニカルサポートエンジニアというポジションは普通の企業で言うところの「社内SE」です。

アマゾンジャパン(Amazon)のエンジニアの役割としてアマゾンジャパン(Amazon)の拠点においてのITインフラ導入から、社内PCの問題解決まで担当します。

社内SEですが、そのSEは日本トップのECサイトの運営会社なのでやりがいも非常に感じやすい環境です。

アマゾンジャパン(Amazon)のエンジニアにおいて必要なスキルは以下の通りです。

アマゾンジャパン(Amazon)のエンジニアに必要なスキル

  • インターネットルーティングプロトコル(BGP,OSPFなど)のスキルとキャリアを持った人
  • 5年以上のネットワーク管理業務のキャリアを持った人
  • ルーター・スイッチ(Cisco37xx,38xx,45xx,49xx,65xx,Nexus,それに関連したスーパーバイザー、ラインカード)のスキルとキャリアを持った方
  • ビジネスレベルに必要な英語力(TOEIC750点)以上をお持ちの方

といったスキルが求められます。

リクルーター(人事部)

アマゾンジャパン(Amazon)の発展のカギを握るのはリクルーター(人事部)です。

アマゾンジャパン(Amazon)のリクルーターは数々の採用イベントを経て、優秀な人材獲得に尽力します。

中途採用のリクルーターは、複数のビジネスのカテゴリーを任され、任されたカテゴリーの発展のサポートをする役割です。

アマゾンジャパン(Amazon)のリクルーターにおいて必要なスキルは以下の通りです。

アマゾンジャパン(Amazon)のリクルーターに必要なスキル

  • 3年以上の人事部にいた経験をお持ちの方
  • 高いコミュニケーション力
  • ビジネスレベルに必要な英語力(TOEIC750点)以上をお持ちの方

アマゾンジャパン(Amazon)の選考から採用までの流れ・面接対策

ここでは、選考から内定までの流れから、面接内容でそれに向けた対策をご紹介します。

アマゾンジャパン(Amazon)の選考から採用の流れ

アマゾンジャパン(Amazon)の選考から採用の流れは次の通りです。

アマゾンジャパン(Amazon)の選考から内定の流れ

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 内定

以上がアマゾンジャパン(Amazon)における選考の流れです。

アマゾンジャパン(Amazon)の面接の中にループ面接という特殊な面接があります。

ループ面接というのは、複数の面接官とそれぞれ面接をする方式です。

書類選考の選考結果が返ってくるのは目安は2週間と言われていますので、選考から内定まで2週間から1ヶ月ほどかかると見ていいでしょう。

アマゾンジャパン(Amazon)の面接内容

アマゾンジャパン(Amazon)の面接においてよく聞かれる項目は以下の通りです。

アマゾンジャパン(Amazon)の面接においてよく聞かれること

  • 数々の会社の中でアマゾンジャパン(Amazon)選択した理由は?
  • アマゾンジャパン(Amazon)の企業理念で、自分が大事にしているものは?
  • 仕事に何を必要にしている?

などの志望動機を中心に聞かれる多いようです。

なので、アマゾンジャパン(Amazon)に転職した後の明確なゴールをしっかりと決め、そのゴールをいかに志望動機に反映することが重要になります。

また、管理職・マネジメント職の転職の際はこういうことを聞かれます。

マネジメント職・管理職の面接で聞かれること

  • 5年後の自分の未来像は見えているか?
  • リーダーシップとは何か?

など、マネジメントをする事への想いや考え方についての質問されることが多いのでそこに対応できるように準備しておきましょう。

転職サイトにおいても、1番求人数が最多のカスタマーサポート(CS)部門の面接では、こういったことをよく聞かれます

カスタマーサポート職の面接で聞かれること

  • 休日の過ごし方は?
  • ストレス解消はどうやって行っている?

などの過度のストレスかかる業種なので、そのストレスを発散方法について聞かれることが多かったようです。

なので、自分の趣味を上手く面接の中で伝えられると良いでしょう。

アマゾンジャパン(Amazon)の採用のページにも記載している全社員が大事にしている行動指針「Our Leadership Principles (OLP)」が面接でも重視され、この14項目をベースに質問されるみたいです。

OLPは「アマゾンジャパン(Amazon)においては全員がリーダーである」という理念を掲げています。

アマゾンジャパン(Amazon)は基本的に信念にマッチした人材を欲しているため、前職においてリーダーシップや人をまとめた経験にOLPを関連付けた話をして、自分がアマゾンジャパン(Amazon)の理念とマッチしているところをアマゾンジャパン(Amazon)の面接で売り込みましょう。

アマゾンジャパン(Amazon)の面接対策に強い転職エージェント

転職サイト名 コメント 公開求人数
JACリクルートメント 求人の質◎
管理職などにおすすめ
約3,500件
リクルートエージェント 転職業界最大手
ハイクラス向け求人も多数
約12,000件
ビズリーチ スカウトサービス
求人の1/3が
年収1,000万円以上
約12,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

アマゾンジャパン(Amazon)の求める人材

アマゾンジャパン(Amazon)が求める人材として以下の人材を挙げています。

アマゾンジャパン(Amazon)の求める人材

  • リーダーとしての意識を強く持ち、自ら率先して行動できる人材
  • たくさんのことに興味を持ち、常に探求心を忘れない人材
  • クライアントのために新たな視野を持ち、色々な可能性を考えられる人材

をアマゾンジャパン(Amazon)が求められている人材だと言われています。

待ちの姿勢ではなく、常にリーダーとしての自覚を持ちながら率先して動ける人材を求めていることが考えられますね。

また、アマゾンジャパン(Amazon)は非常にスピード感を重視している企業でもあります。

なので、自分のペースで仕事をしたい方よりかは、常に変化が起き続ける状況を楽しみ続けることができる人のほうが向いている企業であると言えます。

「Our Leadership Principles (OLP)」は、実際他の口コミサイトでも目にする機会が多い言葉でした。

このOLPはただの企業理念ではなく、ビジネスにおいての判断であったり、採用、評価制度といった会社においての重要な場面においてのベースの部分になるものです。

アマゾンジャパン(Amazon)の社員同士の日常会話においても、このOLPがベースになっていることが多く、まさにアマゾンジャパン(Amazon)の企業文化として浸透しているようです。

アマゾンジャパン(Amazon)の新卒採用には先輩社員の例が記載されており、それぞれの職種の業務内容が詳しく記載されており、入社後のイメージが湧きやすくなっています。

一方、中途採用情報の方にはキャリアパスの例が記載されており、アマゾンジャパン(Amazon)転職成功に向けての大きなヒントになります。

どこの部署の社員が、日常的にどのようなことを考え、仕事に臨んでいるのか、アマゾンジャパン(Amazon)社員の労働環境も含めて感じることができます。

あなたが興味のある部署に日々活躍している社員の声は、書類・面接対策においてすごくヒントになるので、チェックしておくことをおすすめします。

アマゾンジャパン(Amazon)の社員の声

ここでは、実際にアマゾンジャパン(Amazon)に中途採用で採用され勤務している社員の声を集めてみました。
是非今後の参考にしてみてください。

アマゾンジャパン(Amazon)の給与・福利厚生

アマゾンジャパン(Amazon)の給与・福利厚生

  • アマゾンジャパン(Amazon)は年俸制を取っており、12分割した金額が月給として渡される
  • 管理職クラスの給与は非常に高額
  • 自社株によって年俸のほとんどが払われている
  • カフェテリアポイント2万円分が毎年もらえる

アマゾンジャパン(Amazon)は基本給の改定が年2回行われていて、制限付き株式は個人成績に準じて2年目以降も継続的に渡されるので、評価の高い人が必然的に給与が増加するシステムになっています。

アマゾンジャパン(Amazon)の株価は継続的に上がり続けているので、この自社株は非常に素晴らしいという声が多かったです。

昇進すればするほど、非常に高い給与が支給されているようです。

福利厚生は、特にこれといったものはないのですが、必要なものはしっかりあるそうです。給与が高いため、手当てなどはあまりないようです。

アマゾンジャパン(Amazon)のワークライフバランス

アマゾンジャパン(Amazon)のワークライフバランス

  • 本社勤務ならば、在宅、フレックスに変更可能
  • 繁忙期は以上に忙しい
  • 1週間の連続の休暇取得も可能
  • 自分で責任を負い、自分で管理するため自由度は非常に高い

アマゾンジャパン(Amazon)は有給100%消化を目指しているので、非常に取りやすい環境のようです。

社員数も多いことから、10連休等も取りやすく、旅行や趣味に使う時間も取りやすい企業だという声もありました。

また、急な通院であったり、家族の体調不良での休みあるいは在宅勤務での対応が可能なので、とても利便性が高く、部署ごとにも異なりますがシニアマネージャーが早めに帰るので、早く帰宅することが当たり前という風潮があったという声もありました。

しかし、ワークライフバランスは部署ごとに異なっていて、現場に近い部署だとプライベートの時間を作るのが厳しいという声もあります。

さらにアマゾンジャパン(Amazon)はグローバル企業なので、海外とコールミーティングする機会も多く、勤務時間外に行われることもあるので、その時は臨機応変に勤務時間の変更が可能なようです。

アマゾンジャパン(Amazon)の社風

アマゾンジャパン(Amazon)の社風

  • 若い社員が多く、性別問わず活躍可能な会社
  • 上下関係もそこまでなく、自由な文化
  • クライアントを常に第一に考え色々な決断を下す
  • 社内イベントもハロウィン・クリスマスと非常に多い

アマゾンジャパン(Amazon)はいい意味でも、悪い意味でも自由な社風です。

社内イベントも非常に多く、他の部署の社員と交流ができる機会が非常に多いという声もありました。

また、それぞれの社員が自分のゴールに向かって黙々と励んでいるので、弱冠個人主義的な部分はありますが、チームワークが必要な際はしっかりと協力し合っているので、自分自身明確なゴールを持っている人は、そこに向かって取り組める環境で、指示待ち人間だと厳しい職場だという声もありました。

その他には変化が非常に激しい企業なので、同じ業務を黙々とこなし続けたい人にとっては向いていないようです。

アマゾンジャパン(Amazon)の成長機会・キャリア形成

アマゾンジャパン(Amazon)の成長機会・キャリア形成

  • 自分で裁量を決めることが可能なので、自分でやりたいことを決めることが可能
  • トランスファー制度が存在する
  • 自ら考え、自らで動かなければならないので思考能力が高まる
  • 優秀な人が揃っているので学べることが非常に多い

アマゾンジャパン(Amazon)は企業から与えられるのではなく、自分から積極的に学ぶ姿勢が大切という意見が非常に多かったです。

積極的に行動して初めて学べることが多く、待ちの姿勢だとアマゾンジャパン(Amazon)での成長は厳しいようです。

実際にマネージャー研修や選抜研修は存在しますが、特別なことを学べるわけではなく、自分の行動次第で目標達成に向けた取り組みや人間関係など、実際に現場を肌で感じたほうが学べることは多いという声が多かったです。

また、社内にて新たな事業が出来ていることや、企業自体がどんどん成長していることから、空席のポジションが多く社内異動も激しいので、自ら行動を起こすことでキャリア形成がしやすい環境のようです。

なので、世界その名を轟かす大企業がどういった進め方で仕事を行っているのかを学べたことは今後のキャリアにおいて、非常にためになったというアマゾンジャパン(Amazon)で勤務してるからこそ出る声もありました。

アマゾンジャパン(Amazon)の入社後のギャップ

アマゾンジャパン(Amazon)の入社後のギャップ

  • 基本的にチームワークはなく、個人主義で業務をこなす
  • とにかく非常にスピードが速い
  • 想像以上に実力主義だった
  • 常に人手不足である

アマゾンジャパン(Amazon)はとにかくスピード感がある企業で、そのスピードについていくので精一杯だったという声も多かったです。

このスピード感についていけなかった社員は退職していってしまうようです。

また、外部から見たら自由な意見の交換がなされていているように感じられたが、実際入社したら体育会的雰囲気が強く、昔の日本企業に近い感じがしたという声もありましたので、部署によって異なっているのかもしれません。

ですが、入社前後で印象に変化を感じなかったという声もあったので、部署によってはイメージ通りの企業だと言えます。

アマゾンジャパン(Amazon)の退職検討理由

アマゾンジャパン(Amazon)の退職検討理由

  • 企業規模が大きくなりすぎた
  • 分業制なので、自分の仕事が会社に貢献できているかわからなくなった
  • アマゾンジャパン(Amazon)のみでしか活用できないスキルの吸収をするように言われることが多く、長期的に勤務することに不安を覚えた
  • 求められるレベルが高すぎてストレスを感じた

アマゾンジャパン(Amazon)は長く勤務すると、他に転職しても通用ができなくなるのではないかと心配になる方もいるようです。

どの業務を行うにしても、Amazon独自のやり方が取り入れてしまうので、良く言えばスピード感のある判断、悪く言えば、見切り発車が非常に多く、他に会社では通用が不可能ではないかと思うようです。

その他には、アメリカ本社からの意見が優先されてしまうので、この企業ではキャリアを築くのが厳しいと感じ転職を決意したという声もありました。

また、IT企業だと思って入社したら、実際は、小売業と物流業だったので、ITの知識・人脈を手にすることができなかったので転職したという意見はありました。

アマゾンジャパン(Amazon)のコロナ対策

アマゾンジャパン(Amazon)のコロナ対策

  • コアタイムなしのフレックスタイム制を導入
  • 完全在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)の部署がある
  • 出社時にはソーシャルディスタンス・消毒・検温の徹底
  • ITサポートの導入でより良い在宅勤務の実現のサポート強化

アマゾンジャパン(Amazon)では新型コロナウィルス流行前より在宅勤務の強化をしており、自宅から参加可能なオンライン会議の実施が日常的にされています。
また、在宅勤務の時に活用できるディスプレイやヘッドセットの提供を行っており、PCトラブルが生じた際はITサポートが受けられるようにして在宅勤務が可能な環境への取り組みを強化しています。

アマゾンジャパン(Amazon)の年収

アマゾンジャパン(Amazon)への転職を目指す方は、実際どれぐらい年収がもらえるのか気になりますよね。
ここではアマゾンジャパン(Amazon)の年齢別・職種別の年収をご紹介していきます。

アマゾンジャパン(Amazon)の年齢別の平均年収

アマゾンジャパン(Amazon)の年齢別の平均年収は以下の通りです。

20代の平均年収は552万円

アマゾンジャパン(Amazon)で勤務する20代の平均年収は約552万円です。

20代の若手世代でも年収500万越えも狙えるので、他の業界と比較しても高年収と言えます。

30代の平均年収は665万円

アマゾンジャパン(Amazon)で勤務する30代の平均年収は約665万円です。

アマゾンジャパン(Amazon)では、職種が細かく分かれているので、その中でもエンジニアであったり、デザイナーといった専門スキルが必要になる職種は年収が高くなります。

若いうちから入社して勤務すると、30代を過ぎてきたあたりから少しずつ業務内容や年収額が変化してくるのではと予想されます。

40代の平均年収は847万円

アマゾンジャパン(Amazon)で勤務する40代の平均年収は約847万円です。

アマゾンジャパン(Amazon)では中途入社の方も積極的に採用活動も行っているので、専門性の高いスキルを持つ人材は勤続年数が短くても高年収が狙えます。

40代からの入社であっても、高い年収が狙える可能性が高いです。

50代の平均年収は969万円

アマゾンジャパン(Amazon)で勤務する50代の平均年収は約969万円です。

アマゾンジャパン(Amazon)では、年収1000万円越えの人も非常に多く、アマゾンジャパン(Amazon)においては50代が最も年収を得られる年代になります。

60代の平均年収は807万円

アマゾンジャパン(Amazon)で勤務する60代の平均年収は約807万円です。

アマゾンジャパン(Amazon)で新卒から定年まで勤務した場合の稼げる額は、約3億6000万円ほどになります。

日本人の生涯で稼げる額は約1億7000万円なので、アマゾンジャパン(Amazon)で勤務すると約1億9000万円ほど多く稼げます。

アマゾンジャパン(Amazon)の職種別の平均年収

次にアマゾンジャパン(Amazon)の職種別の平均年収額をご紹介していきます。

営業系の社員の平均年収額は656万円

アマゾンジャパン(Amazon)の営業系社員の平均年収額は約656万円で、400万円~500万円が中間値と言われています。

営業系の社員の中でも年収額が高い人は1000万円近く稼いでいる人もいるので、平均額だと656万円になります。

企画・事務・管理系の社員の平均年収額は680万円

アマゾンジャパン(Amazon)の企画・事務・管理系の社員の平均年収額は680万円です。

企画・事務・管理系で勤務する人の中でも年収700万円越えの人も多く存在します。

クリエイティブ系の社員の平均年収額は525万円

アマゾンジャパン(Amazon)のクリエイティブ系の社員の平均年収額は525万円です。

クリエイティブ系の社員でも、クリエイティブディレクターやWebプロデューサーといった役職になると、年収900万円越えも狙えます。

IT・エンジニア系の社員の平均年収額は742万円

アマゾンジャパン(Amazon)において最も大事な職種のIT・エンジニア系の社員の平均年収額は742万円です。

もちろん最も重要な職種なので、Amazonの中で最も年収が高額な職種になります。

IT・エンジニア系で役職に就くと、年収1000万円以上手にすることになります。

まとめ

ここまで、アマゾンジャパン(Amazon)に転職についてのご紹介をしてきました。

転職において倍率の非常に高い企業ですが、部署によっては業務量が多かったり、部署単位で満足度が違う企業という部分もあります。

会社としてだけで判断せず、実際どんな環境で勤務するのか、部署レベルまでしっかり情報を収集して、その上でアマゾンジャパン(Amazon)への挑戦をおすすめします。

アマゾンジャパン(Amazon)の転職に強い転職エージェント

転職サイト名 コメント 公開求人数
JACリクルートメント 求人の質◎
管理職などにおすすめ
約3,500件
リクルートエージェント 転職業界最大手
ハイクラス向け求人も多数
約12,000件
ビズリーチ スカウトサービス
求人の1/3が
年収1,000万円以上
約12,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

アマゾンジャパン(Amazon)への転職が決まった後、そこからが本当のスタートです。
「この企業に入社して、大変なことも多いだろうけど、頑張って続けよう」
そういった転職の実現に少しでも貢献できれば私たちも嬉しいです。
【2020年版】転職サイトランキング|プロが転職サイトの選び方も解説

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄