誰もがご存知であろう、世界を代表する大手IT企業「Google(グーグル)」。
「Google検索」のことを表す「ググる」という言葉が出来てしまうほど一般的になっています。

Googleは、2014年まで5年連続転職したい企業No.1に輝くIT企業です。
なので、新卒のみならず、転職者の方にもとても人気なので、採用倍率も非常に高いです。

この記事では、Googleへの転職を検討・希望している方に、Googleへの転職成功に有利になる情報をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

記事の目次

Googleの転職難易度の高さ

Googleの転職難易度は実際どれぐらいなのか。
ここでは、転職難易度の高さをご紹介します。

結論から申し上げると、転職難易度は日本でもトップクラスに高いと言えます。

Googleに転職する際に、学歴は関係ないですが、トップクラスの英語力や実績、能力が必要になります。

なので、Googleに転職を本気で考えた際には、やれることはやっておくという事に尽きます。

また、難易度が高いGoogleへの転職を実現させるには、転職エージェントの活用をおすすめします。

Googleへの転職には、JACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメントは外資系に強いので、Googleなどの外資系ITにも非常に相性が抜群です。

ちなみにGoogleへの転職をする倍率は米国のハーバード大学に入学するより25倍高いと言われています。

Googleへ転職する上で、押さえる必要があるポイント

  • 配属先の部署によって、業務量の違いがあるため、確認が必要
  • 一般に非公開の求人を確認するためにも、転職エージェントの活用がおすすめ

Googleへ転職するのに最適なエージェント

転職サイト名 コメント 公開求人数
JACリクルートメント 求人の質◎
管理職などにおすすめ
約3,500件
リクルートエージェント 転職業界最大手
ハイクラス向け求人も多数
約12,000件
ビズリーチ スカウトサービス
求人の1/3が
年収1,000万円以上
約12,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

Googleの転職成功を勝ち取るにはどうすればいいのか

Googleの勝ち取る方法は、転職エージェントの活用です。
転職エージェントを活用すべき理由に以下の3つが挙げられます。

Google転職向けた対策

  • 業界/企業に合わせた対策(書類・面接対策)をしてもらえる
  • エージェントしか持っていない非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
  • 条件アップなどの待遇面の交渉をしてくれる

ここからはこの3つのポイントについてご紹介します。

業界/企業に合わせた対策(書類・面接対策)をしてもらえる

転職エージェントはこれまで数多くの転職希望者を採用の成功に導いており、「Google」クラスの企業規模であればあるほど、内部選考を突破するためのノウハウを持っています。

具体的に、過去にどういった人が採用を勝ち取り、どういった人が落ちたのか、またその際どういった質問がきて、どういった回答をしたか、などのデータを、大手のエージェントだと持っています。

そういったデータをベースにした面接対策や志望動機の記入法などをあなたと一緒になって考えてくれます。

転職エージェントの人によっては面接担当者の名前やどういったタイプの人間か、担当者が好む人物を事前に教えてくれるケースもあるので、他の候補の方より有利に面接に臨むことが可能です。

エージェントしか持っていない非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに記載されていない「非公開求人」をたくさん持っています。

大手の転職エージェントともなると、Googleの非公開求人を持っている可能性が大いにあります。

また、非公開求人の募集が出ていなくても、あなたが素晴らしいスキルやキャリアを持っていれば、「こういった候補者の方がいるんですが、採用してみませんか」と転職エージェントが企業側に提案する事もあります。

公式サイトや転職サイトなどをチェックして「特に行きたい企業がない」と感じたとしても、一度転職エージェントに相談してみて非公開求人をチェックしてみることをおすすめします。

条件アップなどの待遇面の交渉をしてくれる

年収交渉は個人だとしにくいので、行うタイミングがわからず、交渉ができない事が圧倒的に多いです。

理由としては、個人のから応募してしまうと最終面接の場で、入社同意書を記入させられてしまうからです。

転職エージェントを活用すると、最終的な答えは、面接後にエージェント経由で交渉するのでその際に自分の希望を伝えることが可能です。

転職するのであれば少しでも良い条件で転職しましょう。

Googleの転職に強いエージェント

Googleへの転職を強く希望される方は、転職エージェントの活用おすすめします。

転職エージェントは、Googleが現在どういった人材を欲しているかを見極めた上で、書類添削や面接対策を行ってくれます。

また、転職エージェントの持つ8割以上の求人は、一般に公開されていない非公開求人です。

転職エージェントを活用することによって、求人サイトでは見つけられない求人に巡り合えるという点でも登録しておくことをおすすめします。

ただ、キャリアアドバイザーのスキル・経験によって違いが出てきますので、できれば大手転職エージェントに2~3社、特化型エージェントに1社の登録がベストです。

1.JACリクルートメント


JACリクルートメント

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/
JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

タイプ:「エージェント型」転職サイト
対応エリア:全国・海外
公開求人数:3,263件
非公開求人:求人全体の約60%

2.リクルートエージェント


リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

タイプ:「エージェント型」転職サイト
対応エリア:全国
公開求人数:129,158件 
非公開求人数:141,859件

3.ビズリーチ



公式サイト:https://www.bizreach.jp/
ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
有料ではありますが、「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。
他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用することができますので。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

タイプ:「サイト型」転職サイト 
※スカウトサービス・エージェントサービスあり
対応エリア:全国
公開求人数:約128,000件

Googleの面接流れ・対策やポイント

転職の際に、面接の内容や対策を知っておくのは重要ですよね。
なので、ここではGoogleの面接内容・対策についてご紹介いたします。

まずは面接の流れからご紹介します。

Googleの面接の流れ

ステップ1 応募・書類選考
ステップ2 面接
ステップ3 入社

以上が流れになります。
面接の実施方法としては以下の方法で行います。

  • 電話・ハングアウト面接
  • オフィス面接

以上の2点になります。

この2つの面接方法についてご紹介します。

電話・ハングアウト面接

Googleでは複数回行われる面接のうち、電話やハングアウトを活用した面接が行われるようです。
これは、同僚・上司となる可能性が高い方との面接です。

この時、ソフトウェアエンジニアの職種の人はコーディング関係の質問に返答しなければなりません。
Googleドキュメントで面接官と画面共有をしながら、その場でコードを記入し、その思考プロセスを説明します。
ソフトウェアエンジニア職種の面接に関しては、およそ30~60分程です。その他の職種の面接は30~45分程と言われています。
応募職種に関する技術や自ら持つ知識を聞かれる質問、仮定に基づく質問がされることから、プロフェッショナルなスキルや知識が必須になります。

オフィス面接

選考が進んでいくと、4名のGoogle社員の方とのオフィスにて面接が行われます。それぞれ30~45分程の面接になります。
ソフトウェアエンジニア職種への応募の時、コーディングスキルや専門性に関わる質問がきます。
プログラム言語のみならず、データ構造、アルゴリズムなどの一般知識に関わることも聞かれます。

また、実際に職場で実践しているようなディスカッションもされます。お互いに意見を交換し合い、様々なアプローチを確認していく試験です。
自分の意見や解決方法についてアウトプットできるよう準備が必要です。

さらにその他職種へ応募した際に、次の4つのキーワードを意識した長所をを訴える力が求められます。
この4つのポイントを持つ人がGoogleが必要とする人物と言えます。

Googleのオフィス面接において必要な4つのポイント

  • 一般的認識能力
  • リーダーシップ
  • 業種知識
  • Googleらしさ

一般的認識能力

課題を解決するための手段は1つだけではありません。課題解決のためにどのようにトライし、解決に導いていくのかが大事です。
さらにもっと大事なのは思考プロセスやデータの使用方法を自分自身で理解し、判断が可能かどうかです。そういった実績があれば、アピールすることをおすすめします。

リーダーシップ

これまでリーダーとしてグループをまとめてきた経験や、チームを成功に向けた貢献などをアピールしましょう。
コミュニケーション能力や意思決定能力についてチェックされています。

業種知識

これまで築き上げてきたスキルや知識、キャリアはもちろん大事ですが、変化のスピードが非常に早い現代において、即戦力のみならず、長期的な目線でポテンシャルがあるかも大事です。
新しいビジネスエリアへの興味や関心なども聞かれるでしょう。

Googleらしさ

Googleらしさは1番面接において重要視されるポイントです。
Googleらしさとは「個人またはグループでどういう形で仕事に向き合う」「他のメンバーをどういったサポートをするか」「あやふやな状況をどう乗り切るか」「自分の殻を打ち破っているか」ということです。
Googleらしさに関しては4点をアピールするようにしましょう。

Googleへ転職する上で、押さえる必要があるポイント

  • 配属先の部署によって、業務量の違いがあるため、確認が必要
  • 一般に非公開の求人を確認するためにも、転職エージェントの活用がおすすめ

 

Googleの募集職種

Googleが募集する職種はエンジニアをはじめ、営業、マーケティング、デザインと多種多様に存在します。

待遇面は基本変わらないですが、給与は部署によって違います。日本企業だと、営業職系が高くなりやすいですが、Googleはテックカンパニーなので、エンジニア職の待遇の方が良くなる傾向があります。

エンジニアリング・テクノロジー系

エンジニアリング・テクノロジー部門はGoogleの中核を担う職種です。

Googleは検索エンジンのGoogleやAndroidのOS、YouTubeだけでなく、さまざまなサービスの開発を行っており、機械学習や自動運転をはじめとした流行りの技術でも最先端を走っています。

また、待遇面も非常に良く、優秀なエンジニアであれば数千万の年収を手にすることも可能です。

職種も細かく分けられており、以下のような職種を募集しています。
ソフトウェアはもちろん、ハードウェアやデータも扱います。

Googleの面接対策に強いエージェント

募集されているエンジニアリング・テクノロジー系の職種は以下の通りです。

Googleのエンジニアリング・テクノロジー部門の募集職種
  • システムエンジニア(SE)
  • データサイエンティスト
  • ソフトウェアエンジニア
  • テクニカルプログラム マネージャー
  • プロダクトマネージャー
  • エレクトリカルエンジニア
  • テクニカルソリューション
  • テストエンジニア
  • コーポレートオペレーション/オーディオビデオエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • ソーシング/サプライチェーン
  • システムインテグレータ
  • オペレーションエンジニア
  • メカニカルエンジニア
  • テクニカルライター
  • セキュリティエンジニア/プライバシーエンジニア
  • インダストリアルデザイナー
  • ネットワークデプロメントエンジニア
  • マニュファクチャリングエンジニア

セールス、サービス/サポート系

セールス、サービス/サポート部門はGoogleが開発したサービスの営業、顧客サポートが中心の部門です。

Googleの収益のほとんどが検索連動型広告を中心とした広告収入によって成り立っており、広告主のフォローをして収益を作り出すセールスやサポートの仕事はとても大事です。

顧客層も幅広く存在しており、Fortune500に掲載されるような大企業をはじめ、街の中小・零細企業においても、何かしらのGoogleのサービスを活用しています。

募集されているセールス、サービス/サポート系の職種は以下の通りです。

Googleのセールス系・サポート系部門の募集職種
  • アカウントマネージャー
  • ニュービジネスセールス
  • ビジネスパートナーシップ
  • プログラムマネージャー
  • ソリューションコンサルタント
  • アナリスト
  • トレーナー/インストラクショナルデザイナー
  • ストラテジー/オペレーション

マーケティング/コミュニケーション系

マーケティング/コミュニケーション部門はGoogleのマーケティングや広報の役割を担当します。

製品の販売戦略やブランディングはもちろんのこと、データ解析を行うアナリスト、戦略を創造的に落とし込むクリエイティブデザイナーなど様々な業種が存在します。

募集しているマーケティング/コミュニケーション系の職種は以下の通りです。

Googleのマーケティング/コミュニケーション系部門の募集職種
  • マーケティング
  • 広報
  • アナリスト
  • クリエイティブデザイナー
  • コミュニケーション
  • マーチャンダイジニング
  • イベントプランナー
  • コピーライター、コンテンツ

デザイナー系

Googleの良質なサービスはデザインにもこだわりを見せており、Googleのデザイナー部門の業務はすごく大事です。

Googleが必要とするデザインとはただ設計が魅力的なだけではなく、UI/UXの質が高いことを指します。
Googleの製品は何十億ものユーザーが使うので、感覚的に操りやすく、製品の個性が出やすいデザインが必要とされます。

募集しているデザイナー系の職種は以下の通りです。

Googleのデザイナー系部門の募集職種
  • UXエンジニア
  • ビジュアルデザイナー
  • モーションデザイナー
  • インタラクションデザイナー
  • UXリサーチャー
  • コンテンツストラテジスト/UXライター

ビジネスストラテジー系

ビジネスストラテジー部門はGoogleの経営戦略を練る担当部署です。

データ分析をして経営陣が欲しい情報をはじき出します。
例に出すと、買収や投資の判断、製品の収益化戦略、新興市場開拓の戦略策定などGoogleの短期的・長期的繁栄のための戦略計画を立てます。

募集しているビジネスストラテジー系の職種は以下の通りです。

Googleのビジネスストラテジー系部門の募集職種
  • アナリスト
  • ストラテジー/オペレーション
  • プログラムマネージャー

Googleの特徴

ここでは、Googleの企業の特徴をご紹介します。

Googleへの転職を目指す際に押さえておくべき特徴

Googleへの転職を目指す際に押さえておくべき特徴

  • 検索エンジン「Google」、動画サイト「YouTube」を運営する世界を代表するIT企業
  • 外資系ならではの自由で伸び伸びと勤務できる環境、福利厚生も充実
  • 中途採用で募集中の職種は技術系をはじめ、数多く存在する
  • 職種特化型の募集で、スキル・経験を重要視
  • 拘束時間は長くないが、部署によっては業務量が多い
  • 中途採用で入社数年で営業系は年収1,000万円、技術系は同数千万とかなりの好条件

Googleへ転職するのに最適なエージェント

転職サイト名 コメント 公開求人数
JACリクルートメント 求人の質◎
管理職などにおすすめ
約3,500件
リクルートエージェント 転職業界最大手
ハイクラス向け求人も多数
約12,000件
ビズリーチ スカウトサービス
求人の1/3が
年収1,000万円以上
約12,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

Googleはどういった会社か

Googleのサービス内容

インターネット関連のサービスと製品に特化している米国ののグローバル企業で、検索エンジン、クラウドコンピューティング、オンライン広告、ソフトウェア、ハードウェア関連の領域を拡大しています。

検索エンジンに関しては、日本においてヤフーに次いで2位です。
ですが、ヤフーの検索エンジンはヤフーが提供しているわけではなく、実際はGoogleが提供しています。
なので、日本の検索エンジンはGoogleがほぼ100%独占していると言っていいでしょう。
また、皆さんご存知の動画サイト「YouTube」もGoogleが展開しているサービスです。

今後のサービス展開

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使用できるようにする」というミッションのもと、Googleが最近特に注力し始めている領域は以下の3つです。

Googleが注力しつつある領域

  • ウェアラブルデバイス
  • ロボット開発
  • 自動運転車

ウェアラブルデバイスは、グーグルグラスが有名です。
これまでのソフトウェアのみならず、ハードウェアにまでサービス拡大をしているようです。
また、自社開発に固執せず、企業買収を積極的に行い、巨大市場になるであろう事業に力を入れているようです。

海外事業

Googleは、世界50か国・70を超えるオフィスが存在しています。
ロシアをはじめとした旧ソ連圏、アフリカではオフィス展開は少ないですが、それ以外のエリアでは拠点を構えています。

また、世界の主要国の検索エンジンの90%以上がGoogleが占めています。
例に挙げますとイギリスの検索エンジンだと99%のシェアを獲得しており、日本よりも占めています。
今となっては世界にその存在感を示すIT界の大手企業と言えます。

日本支社でも積極的な採用活動を行っているおり、募集の職種も数多くあるため、中途採用の活躍できる場もさらに増加することでしょう。

Googleの平均年収

ここではGoogleの平均年収についてご紹介します。

平均年収は約800万円前後

Googleの平均年収は約800万円と言われています。
ですが、Google自体の個人結果次第で給与が変動すること、ボーナスも多ければ年4回も存在するので一概に多くのGoogle社員がこの年収とも限りません。

個人結果が良ければ年収1000万円を超える事もできるし、逆に結果が出なければ800万円未満ということもあります。

Googleの初任給

正確なものはないものの、Googleの大卒初任給は460万円だと予測されます。
一般的な大卒初任給は約250万円ということを考えると、かなり高い水準だと言われています。
ただし、外資コンサルや外資系銀行と比較するとやはり低くなってしまいます。

Google本社だと3000万円まで上がる

Googleの米国本社へ出向するような優秀な方だと、年収2000万円後半~3000万円代も狙えるレベルになります。
米国駐在の経験は給与に大きく関わり、日本法人よりもはるかに高額になります。

Googleの年齢別平均年収

ここでは、Googleの年齢別平均年収額についてご紹介します。
Google年齢別年収推移

年齢 平均年収
20~24歳 597万円
25~29歳 750万円
30~34歳 830万円
35~39歳 950万円
40~44歳 1107万円
45~49歳 1159万円
50~54歳 1248万円
55~59歳 1444万円
60~64歳 983万円

40代には1000万円超えるようになってきます。
50代になると1500万円近い年収を受け取る方が多いです。
ただ、Googleレベルの企業ともなると優秀な人の集まりになるので、新たな挑戦を求め、会社を設立したり、転職したりする方が非常に多いです。
そのため50代までGoogleに残る方は非常に少ないです。

Google社員の声|口コミ・評判

ここでは実際にGoogleで勤務している方の口コミや内部情報をまとめました。
是非参考にしてみてください。

Googleの給与・福利厚生

Googleの給与・福利厚生

  • 給与1,000万+ボーナス300万円、朝食・昼食・夕食の食事付き、自己啓発に関わる費用も負担
  • 30代で年収1,600万円を狙える
  • 競合他社と比較しても桁違いに高い
  • エンジニアは年収は数千万円

Googleの給与は他の競合他社と比較しても最高レベルで満足度も高いという意見が大多数を占めます。
営業職に関しては、1,000万円以上の社員の方が多く、1,000万円後半の社員の方も一定数いるみたいです。
技術職に関しては、数千万円の社員が多くいるようです。シリコンバレー系企業にしては、技術職は非常に優遇されています。

福利厚生に関しても、食事付き、自己啓発に関する費用負担、スポーツジムも完備されていて、非常に満足という社員の方の声が多かったです。

Googleのワークライフバランス

Googleのワークライフバランス

  • ストレスを感じる事はない
  • 部署によっては残業があるが、基本的には全くない
  • 成果主義のため、成果を出してさえいれば残業は関係しなくてよい
  • 仕事のみならず、プライベートも充実している社員が非常に多い

Googleは成果を出していれば残業はありません。ただ、営業職系の求められるノルマが高く設定されているので残業もあるようです。
ただ、一方でテレワーク化も進んでおり、オフィス以外での仕事も認められているのです。

Googleの社風

Googleの社風

  • 自由で伸び伸びと働ける環境
  • リスクを恐れず、新たなものを生み出そうという気持ちが強い
  • 個人の専門性が高く、上下関係はあまりない
  • 米国本社がすべてではなく、日本法人独自の風土が許されている

Googleの社風としては、自由でチャレンジ精神旺盛という社員の意見が多かったです。
外資系企業への転職で一番の懸念点なのが、本社の影響力がどれだけあるのかという点があります。
ですが、Googleは日本での独自の産休・育児休暇制度もあり、日本法人の意思を尊重されるようです。

Googleの成長開発・キャリア構築

Googleの成長開発・キャリア構築

  • 情報は溢れていて、自ら学ぶ姿勢があればいくらでも学ぶことが可能
  • 多国籍企業のため、国際感覚が必然的に習得される
  • 将来的にどんなキャリアを目指したとしても、そのスキルを身につけることは可能
  • 限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮する力が身につく

Googleの社員の方は自立意識が非常に高く、何でも揃っている環境でどれだけ自ら情報を引き付けられるかによって、成長のスピードが変わってくるという意見が多いです。
企業としても研修の機会が用意されていますが、実際に業務をこなしていく事によって学べることの方がとても多いようです。

また、国際感覚も習得することが可能という声も多かったです。

Googleの入社後のギャップ

Googleの入社後のギャップ

  • 日本支社には決定権が与えられていないため、アメリカ本社かAPAC本社に決定権がある
  • 会社の公用語は英語
  • 自ら行動しなければ何も与えられない
  • 業務が事細かく分けられているので、やりがいを感じにくいところがある

個人主義で本人に全て任せているという意見がかなり多かったです。
また、外資系IT企業に共通点は、業務が事細かく分けられているのでやりがいを感じずらい、というのも少数意見ですがありました。

Googleの退職検討理由

Googleの退職検討理由

  • 大手企業になってしまい、やりがいを感じなくなった
  • 企業ブランド力が高すぎて、個人の成長にはつながりにくい
  • スタートアップ企業で新たなチャレンジがしたくなった
  • 別部門へのキャリアパスが厳しく、年齢的にプレイヤーを続けるのが厳しくなった

Googleはとても素晴らしい会社で、仕事も非常に充実しているが、大手企業であるがゆえのやりがいを感じにくくなったという意見が多かったです。

また企業としての圧倒的な存在価値によって、社員の向上心も薄れ、自らの将来の成長に対し不安を感じる、という意見も多数ありました。

他の企業では考えられない、Googleならではの意見だと思います。

まとめ

ここまで、Googleに転職についてのご紹介をしてきました。

転職において倍率の非常に高い企業ですが、部署によっては業務量が多かったり、部署単位で満足度が違う企業という部分もあります。

会社としてだけで判断せず、実際どんな環境で勤務するのか、部署レベルまでしっかり情報を収集して、その上でGoogleへの挑戦をおすすめします。

Googleの転職に強い転職エージェント

転職サイト名 コメント 公開求人数
JACリクルートメント 求人の質◎
管理職などにおすすめ
約3,500件
リクルートエージェント 転職業界最大手
ハイクラス向け求人も多数
約12,000件
ビズリーチ スカウトサービス
求人の1/3が
年収1,000万円以上
約12,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

Googleへの転職が決まった後、そこからが本当のスタートです。
「この企業に入社して、大変なことも多いだろうけど、頑張って続けよう」
そういった転職の実現に少しでも貢献できれば私たちも嬉しいです。
【2020年版】転職サイトランキング|プロが転職サイトの選び方も解説

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄