CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「訪問看護師の給料、年収はどれくらいなのだろうか」「訪問看護師として働いているけれど、自分は平均以上の給料をもらっているのか」といった疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今後のキャリアプランを考えるためにも、訪問看護師が看護師という職種の中でどの程度の水準の給料をもらっているのか知っておくことは非常に重要です。

この記事では、訪問看護師の平均給料の紹介と合わせて、平均年収や時給を上げる方法まで解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

看護roo!
利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり

\業界最大級の病院件数/

公式サイト→

訪問看護師の平均年収は約400万円

訪問看護師の平均年収は、340万円~500万円です。最も多い年収は400万円台ということになりますが、ここにはボーナスも含まれているため平均月収がそのまま反映されているというわけではありません。

なお、年収の中には資格手当と危険手当が含まれています。看護師免許そのものに対する資格手当と、実際に患者宅において医療処理を行う、行為そのものに伴うリスクに対する危険手当です。

平均年収は所属する施設や病院の規模によって大きく異なります。小規模経営の施設などでは、やはり大規模な総合病院などよりも年収が下がってしまうことが多いため、年収に差ができてしまいます。

もっとも、どちらで働くべきかという疑問に対しては自分のライフスタイルに合うかどうか、またその勤務先の人員数などを考慮した上で答えを出す必要があるでしょう。

勤務している訪問看護師の数が少ないと、その分仕事において負担が大きくなってしまうことも考えられます。しかし、多ければ人間関係などで悩むこともあり得ます。そういった事由を熟慮して勤務先を決めましょう。

看護師におすすめの転職サイトランキングはこちら

訪問看護師の平均月収は約30万円

訪問看護師の平均月収は、25万円~35万円です。年齢、役職などによって上下の差はありますが、基本的にはこの幅の中に収まっています。
職種は異なりますが、サラリーマンの平均月収は30万円前後なので、一般的な給与水準と同じと考えて問題ないでしょう。

ただし、これを薄給だと捉えている人も少なからずいます。
理由として挙げられることは、激務であるにも関わらず給料が上がりにくいという点にあると考えられます。

訪問看護師は病院勤務の看護師よりも給料の上がり幅が少なく、その代わりにボーナスが少しずつ上がっていくという傾向にあります。

月収が大きく上がることはあまり期待できませんが、ボーナスで取り戻せると考えれば、日々の激務にも見合った月収だと感じることができるでしょう。

訪問看護師のボーナス

また、ボーナスは平均60万円~100万円とかなり開きがあり、働き方や所持している資格によって金額が異なります。

高いボーナスを得るためには、職場で活躍することや、資格を取得することが重要になります。

とはいえ基本的には上記の通り十分な額のボーナスを受け取ることができるので、給与の総額について心配する必要はそこまでないでしょう。

訪問看護師の平均時給は約2,000円

訪問看護師の平均時給は、地域や職場によって異なりますが、平均すると約2,000円です。

時給が高いところでは3,000円を超える職場もあるようで、低くても約1,100円ほどですので、全国的に見ると高額帯な職種と言えます。

時給性で働いている訪問看護師の方には、基本的にはボーナスが支給されないことが多いので、ボーナスも含めて考えると給料は低くなってしまいます。

時給をもっと上げたい方には、時給の高い派遣で働くことをおすすめします。

看護師派遣・単発に強いおすすめ派遣会社ランキング【口コミや評判を調査】

他の看護師との年収の比較

それでは、訪問看護師以外の看護師との年収の差をご紹介します。

参考:看護師の年収額483万円|給与の特徴を徹底解説

まず、正看護師の平均年収は482万円です。男性は496万円、女性は481万円と、多少差はありますが、どちらも400万円台後半です。

そして准看護師の平均年収は403万円です。男性は424万円、女性は400万円と、こちらも差はありますが、400万円台前半だということがわかります。

職種 平均年収
訪問看護師 約400万円
正社員看護師 482万円
准看護師 403万円

一方で訪問看護師は前述の通り400万円台が多いとはいえ、後半とまではいきません。このように他の看護師との差は少なからずあるため、訪問看護師の平均年収は看護師という職種の中では低めであると言えます。

しかしながら、訪問看護師にはその職でしか得られないやりがいがありますし、他の看護師職種と比較しても活躍や資格取得によって給料を高めやすい職種であるとも言えます。

ひとりひとりの患者さんとじっくり向き合うことができるため、その点において大きなやりがいを感じながら働いている方が多いです。

オンコールの平均手当

訪問看護師特有の仕事として挙げられるオンコールですが、その平均手当は1回につき1,000円~3,000円となっており、ほぼ1,000円~2,000円台に収まっています。

他にも時間外緊急手当てとして1回あたり平均5,000円~10,000円という数字も出ていますが、ここではオンコールに絞ってご説明していきます。

オンコールは当番制で緊急時の対応をすることを指しており、夜間は支給される携帯電話を家に持ち帰り非常時に備えて待機をする仕事です。ほとんどは自宅での待機となりますが、施設によっては施設内での待機をすることもあります。

いつ電話がかかってくるか心配で気が休まらないという人も多く、訪問看護師は夜間においても気が抜けない仕事だと言えるでしょう。

しかし、患者さんにとって訪問看護師はなくてはならない存在です。
夜間にも頼れる相手がいるという安心感をもたらすためには、オンコールは非常に重要な役割を果たしています。

もし他の看護師職種も見てみたいという方がいれば、看護師専門の転職サイトを利用してみましょう。

看護師におすすめの求人サイトランキングはこちら

地域別の平均収入

訪問看護師の平均収入を地域別に比べてみていきます。

  • 東京:415万円
  • 神奈川:398万円
  • 埼玉:385万円

こちらのデータから、東京が最も高い平均年収であり、都心から離れていくに従って平均年収が下がっていくことがお分かり頂けるでしょう。

東京都は常に深刻な人手不足を抱えています。施設数も他の県よりも多いため、必然的に平均年収が上がると考えられます。

あなたが住んでいる地域で給料を上げる方法として、地域別の特化型転職サイトを使うこともおすすめです。
それぞれの地域で給料を最大化するためのアドバイスをもらうことができます。

関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄

訪問看護師が給料を上げる方法

ここでは訪問看護師が給料を上げるための4つの方法をご紹介します。
資格を取る
管理職になる
転職する
転職エージェントを活用する

資格を取る


資格を取得することで給料を上げるという方法があります。訪問看護師には元々看護師免許に対する資格手当と、医療処置を行う際に伴うリスクに対する危険手当というものがついています。

これらに加えて資格を取得しておけば、更に給料を上げることができるでしょう。

おすすめの資格
  • 認定看護師
  • 専門看護師
  • ケアマネージャー

ケアマネージャーは看護よりも介護のイメージが強いかもしれませんが、看護師として働く上でも重要な資格だと言えます。

管理職になる


キャリアを積むことによって、管理職に就くことも給料を大幅に上げる方法のひとつです。多角的な視点から物事を見られるようになることも大きなメリットだと言えるでしょう。

また、シフト管理や施設そのものの運営に携わることができるため、今後のキャリアアップのためにも役立てることができます。
単に給料を上げるだけでなく、今後のキャリアプランにも関わる大きな一歩となるでしょう。

転職する


看護師の資格を取得するには時間を要する一方、役職に就くのにも、役職のポストが詰まっていては昇給することも難しいでしょう。

そのような場合には、転職によって、年収が上がる場合もあります。

転職をすることによってスキルアップやキャリアアップしやすい環境へ職場を変えることも可能です。
病院や施設によっては、資格支援制度を導入していると所もあるようですから、今の職場に満足していないようであれば、転職することをおすすめします。

創業が長い日本企業の中には、年功序列の文化が未だに根強く残っています。人材不足によるベテラン世代のポスト詰まりが影響し、なかなか役職が上がらず年収アップは期待できないかもしれません。役職が上がるのを待つのではなく、転職した方が得策です。

転職エージェントを活用する


年収アップを目的に転職活動を行う場合は、転職エージェントを利用した方が良いでしょう。看護師業界の採用市場に詳しい専任のキャリアアドバイザーが、求職者にとって役立つ情報や希望条件に近い求人を多数紹介してくれます。

プロの手を借りることで、好条件の求人に出会えたり、年収が上がったり、理想の働き方を実現できるのではないでしょうか。

転職エージェントの選び方や登録・利用の流れなど、詳しい内容について知りたい方は下記の記事も参考にしてみてください。

看護師向け求人・転職サイトおすすめランキング|口コミ・評判から比較

訪問看護師におすすめの転職エージェント

ここでは訪問看護師の方におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職によって給与を上げたいという方はぜひ登録してみてください。

1位.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事は、看護師のための優良転職サイトです。
友達に勧めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。

さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。
口コミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。

また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。
アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる優良な転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。

>>看護のお仕事の評判・口コミを見る

2位.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は、利用者満足度96.2%を誇る看護師転職に特化した転職サイトです。
業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件を超えています。
応募手続きから退職交渉、給与アップ交渉などのサポートも充実。履歴書の添削や面接練習も行ってくれます。また、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴です。
10年以上、看護師さんの転職支援を行ってきた実績のある転職サイトですので、転職に慣れていない方はぜひ相談してみてください。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、希望にあった求人をさらに紹介してもらえました。
転職先についても正直にアドバイスをもらえたおかげで自分にあった病院を探すことができました。給与面でも理想的な病院に決まったのでとても感謝してます。

>>看護roo!の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

3位.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

>>ナース人材バンクの評判・口コミを見る

4位.医療ワーカー

医療ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療ワーカーは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
看護師専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。

>>医療ワーカーの評判・口コミを見る

5位.ナースではたらこ

ナースではたらこ

おすすめ度:
公式サイト: https://iryo-de-hatarako.net/

ナースではたらこは看護の転職業界大手のサービスです。

働きたい病院の逆指名機能がついていることや、24時間電話相談が可能など、ユーザーにとって便利な機能が備わっています。

求人数自体はそこまで多くありませんが、転職サポートにかなり強みがあるので、登録だけでもしておくことをおすすめします。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
他にはないような転職サポートがかなり多くて楽しい気持ちになりました。
あとは他のサービスと違って、無駄な電話が全然かかってこないのが良かったです。

>>ナースではたらこの評判・口コミを見る

看護師転職エージェントの上手な活用ポイント6つ

「希望条件は優先順位をつけて伝える」「スキルや経歴は正直に伝える」など、転職エージェントを上手に利用する6つのコツを紹介します。
1. 連絡は素早く・こまめに
2. 転職時期は「良いところがあればすぐにでも」
3. 経歴やスキルは正直に伝える
4. 希望条件は優先順位をつける・理由を伝える
5. 応募はひとつの案件に対して一度だけにする
6. 推薦文は確認させてもらう

1. 連絡は素早く・こまめに


担当のキャリアアドバイザーへの連絡は、スピーディーに行いましょう。返信が早いと転職意欲が高いと評価され、好条件の非公開求人を優先的に紹介してもらえる可能性があります。

担当者への連絡を後回しにすると、貴重な転職チャンスを逃すかもしれません。常日頃から、素早い返信を心掛けましょう。

連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡をして、まだ転職活動をしていることを伝えることも大切です。
継続的に連絡をとることで、新しい求人を紹介してもらえる機会が多くなります。

2. 転職時期は「良いところがあればすぐにでも」


転職エージェントとの面談で必ず聞かれるのが、「希望の転職時期はいつ頃をお考えでしょうか」という質問です。

少し時間をかけて転職活動をしたい方も、「良いところがあればすぐにでも」と伝えましょう。
転職意思が強い求職者はエージェントの売上につながりやすいことから、優先して求人を紹介してもらえます。

3. 経歴やスキルは正直に伝える


学歴や職歴、スキルは正しい情報を伝えましょう。転職回数が多いと「長続きしない人物」というマイナスな印象を相手に与え、内定の合否に響く可能性があります。誰でも自分を良く見せたいと思うのは当然のことです。

最近の職場の採用活動では、リファレンスチェック(経歴照会)を行うケースが多いといわれています。
提出した情報が嘘だと発覚した場合は内定取り消しはもちろん、経歴詐欺として訴えられるリスクも免れません。

4. 希望条件は優先順位をつける・理由を伝える


面談前に、希望条件に優先順位をつけましょう。自分の希望通りの転職先を見つけるには、自分の考えを担当者に共有する必要があります。

的外れな求人を紹介されたり、レスポンスが遅かったり、転職活動がうまく進まないかもしれません。

「給与」「休日日数」「福利厚生」「駅からの近さ」など、希望条件をリストアップしたら優先順位をつけておきましょう。
優先順位をつけられない場合は、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査し希望に合った求人を見つけましょう。

5. 応募はひとつの案件に対して一度だけにする


複数のエージェントから、同じ求人に応募することは原則禁止されています。企業からエージェント側に「◯◯様は、他のエージェントから推薦されており選考できません」というメールが届くことがあるようです。

こうなるとスケジュール管理ができない人と判断され、選考へ進めなくなったり、エージェントとの信頼関係が崩壊したり、さまざまな悪影響をもたらします。
重複応募が原因で面接NGが出た企業には、再応募することはできません。

6. 推薦文は確認させてもらう


転職エージェントが応募時に添える推薦状とは、転職者の強みやスキルなどを応募企業にアピールするものです。
推薦状も採用の合否を決める重要な判断材料となります。

事前に推薦文の内容を確認しておきましょう。

担当者によっては、職務経歴書の内容をそのまま書いているケースもゼロではありません。「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的に見て、どのような評価なのか知りたい」などと伝えると良いかもしれません。

訪問看護師転職に関するよくある疑問

Q1. 看護師のベストな転職時期はいつですか?
Q2. 転職活動の平均期間はどれくらいですか?
Q3. 転職回数が多いと採用合否に影響しますか?
Q4. 年齢によって求められる知識やスキルは変わりますか?

Q1. 看護師のベストな転職時期はいつですか?


転職活動をするなら、2〜3月と8〜9月をおすすめします。新年度や下半期に向けて組織体制や人員配置を見直す企業が多く、好条件の求人が多く公開される時期です。

企業の採用活動が活発化し、応募が集中して競争が激化する可能性もあります。3月入社を目指すなら前年の12月、8月入社を考えているのであれば6月頃から転職活動を始めましょう。

Q2. 転職活動の平均期間はどれくらいですか?


個人差はありますが、看護師の転職期間は1〜2ヶ月程度です。

働きながら求人探しや応募企業との面接日程調整、面接などをすべて一人で行うのは至難の技。転職活動をスムーズに行うのであれば、エージェントを使用した方が良いでしょう。

転職エージェントなら求人紹介から入社日の調整など、求職者のサポート体制が整っています。企業の公式ホームページや求人転職サイトには掲載していない、非公開求人を多数保有しているのもエージェントの特徴です。

非公開求人とは
転職エージェントだけが独自に保有している求人のことです。
非公開求人は、従来の転職サイトや求人情報誌には掲載されていません。公開求人よりも倍率が低く、内定を獲得できる可能性が高くなります。

Q3. 転職回数が多いと採用合否に影響しますか?


転職回数が必ずしも選考に影響するとは限りません。

「転職理由を教えてください」という質問に対しキャリアの一貫性を主張することで、面接官に対しポジティブな印象を与えられます。「仕事内容と給与が見合わない」「上司と合わない」など、環境や周囲に責任を押し付けるような発言は絶対に避けましょう。

ちなみに、20代で転職回数が多いと採用合否に影響する場合もあります。転職回数が3回以上になると、「辞めぐせがついている」「仕事が長続きしない」とマイナス評価になることもあるようです。

Q4. 年齢によって求められる知識やスキルは変わりますか?


企業が求めるスキルや能力は、年齢によって異なります。

看護業界に限らず、20代であればポテンシャルや成長意欲、即戦力採用となる30代は実務経験やスキルの高さ、そして40代に入るとマネジメント能力を重視した採用活動を行うのが一般的です。

闇雲に転職活動を行うのではなく、資格を取得したり、スキルを磨いたり、自分のアピールポイントを見つけましょう。

まとめ

この記事では、様々な観点から訪問看護師の年収について解説をしていきました。
訪問看護師の年収・給与にお悩みのある方にとって有益な情報となっていれば幸いです。

また、訪問看護師の年収アップには、転職エージェントのサポートを借りて、他の職場へと転職をすることもおすすめです。

この記事内で紹介致しました、看護師におすすめの転職サイトランキングから、ぜひ、登録をしてみて下さい。
以下におすすめの看護師転職エージェントも紹介しています。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
看護roo!

利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり!
ナース人材バンク

看護師登録者数No.1!
年間10万人以上が利用

▶︎横にスクロールできます▶︎

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄