「介護士を辞めて他業種に転職したい」「他業種に転職できるのか知りたい」という悩みや疑問を抱えている人は多いのではないでしょうか。

介護士から他業種へ転職して、忙しい日々から解放されることを期待している方もいるでしょう。

しかし、他業種へ転職する時には「これまでの経験があまり重視されない」など、注意しなければならないポイントがたくさんあります。

この記事では、介護士から転職できるおすすめの他業種を紹介するだけでなく、転職する際のメリット、デメリット、他業種への転職を成功へ導く転職エージェントも併せてご紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にして、介護士から他業種への転職を成功させてください。

介護求人数が
圧倒的に多い

スマイルSUPPORT介護
業界最大の求人数
アドバイザーによるフルサポート

\60秒で登録完了/

公式サイト→

マイナビ介護職
転職初心者におすすめ
全国23支社に展開

\転職業界大手の介護求人サイト/

公式サイト→

記事の目次

介護士が他業種に転職する7つの理由

さまざまな理由で介護士から他業種へ転職したいと考えている人がいるでしょうが、ここではその中のほんの一例をご紹介していきます。

理由1 年収が低い

介護士は平均的に年収が低く設定されており、250万円~300万円辺りだとされています。そのため、結婚を考えている人やこれから家族を養わなければならないと考えている人にとっては非常にネックとなる部分であると言えます。
また、「介護士は激務なのに、これほど薄給なのは割に合っていないのではないか」という声も多く見受けられました。
「働いた分の正当な報酬は受け取りたい」という当然な気持ちから、不満を抱いている介護士は多いようです。

理由2 人間関係でストレスが溜まる

施設内の人間関係がギスギスしていてストレスが溜まってしまうという人も多くいます。
パワハラ、モラハラを受けて疲れてしまうという人もいますし、同僚と気が合わずにお互い敬遠してしまうことで嫌な思いをしてしまうという人もいます。
加えて、利用者の方からも文句を言われてどんどんストレスが溜まっていくというつらい現状があるのもまた事実です。

理由3 夜勤や残業で生活リズムが狂う

夜勤明けから2連休、そして日勤をしてから3連休、そして夜勤が続く、といったように安定しない勤務時間だと、なかなか生活リズムが整わないという人も多くいます。
また、サービス残業が多く、残業代が出ないのに退勤しようとしたところを呼び止められて結局残業しなければいけないはめになってしまう、といったことも日常茶飯事のようです。
このように生活リズムが狂うと、体調にも支障をきたしてしまう可能性があります。

理由4 体力的に仕事が大変

介護の現場では、腰や膝を痛めてしまう人がとても多いようです。
利用者の方を持ち上げる時に腰に力を入れるため、どうしても腰を痛めてしまうのです。
力仕事だと言っても過言ではありませんから、体力にきついと感じるのも当然のことでしょう。
体を痛めたまま施設の中を動き回り、介助をすることは非常に困難です。他業種に転職したいと考えるのも無理はないでしょう。

理由5 将来が不安

先の見通しが立たず、将来が不安だという人も多くいます。
年収も低く、この先激務をどこまでやっていけるかわからないとなると確かに不安になってしまうでしょう。
「自分はどうすれば良いのだろうか」「本当に介護職を続けて良いのだろうか」と考えた時、やはり頭に浮かぶのは他業種への転職ですよね。

理由6 休みが少ない

とにかく休みが少ないことがつらく、「休みが少ないのが不満だ」という声も多く見受けられました。
介護職は常に人手不足ですから、休日でも駆り出されることが多く、それ以前に休日を設定してもらえないことも多いのです。
毎日の激務でただでさえ疲れているというのに、まともに休みも取れないとなると嫌気が差してしまう方も多いのでしょう。

理由7 他に良い仕事・職種があった

他に良い仕事・職種が見つかったという理由で介護職から離れる方も多くいます。介護士として働いている中で「こんな職に挑戦してみたい」という気持ちが出てくる場合が多いです。
そのような場合には、無理に介護士にこだわる必要はありません。転職したいと思う仕事が見つかったら一度転職を考えることをおすすめします。

もちろんやみくもに転職活動をすることはおすすめできませんが、方向性が定まったのであれば、すぐにでも行動を起こしましょう。早めに行動することは何よりも大事です。

介護士が他業種へ転職する時に重要視されていること

介護士が他業種へ転職する時、相手先の企業が重要視していることは年齢です。

特に20代は若さを売りにすることができます。介護職からの転職でも、これからまた御社で学んでいきますという態度を見せれば採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

30代は20代に比べて若さを売りにすることができないので、転職に関してはやや難しいところがあります。ただ、上手く自己PRをすることで転職に成功できる可能性は高まります。

年齢は意外と重要視される要素でもあるので、もし「転職したい」という気があれば、早めに決断をすることも大切です。

介護士の経験を活かせる他業種へ転職

ここでは、介護士の経験を活かすことができる他業種の転職先をご紹介します。

介護事務

介護事務は、介護サービス施設などに勤務している事務職員です。

介護事務とは
介護事務の主な仕事内容は「介護報酬請求業務」です。これは、利用者の方々に介護サービスを利用してもらい、その代わりに代金を請求するというものです。この請求業務が「介護報酬請求業務」であり、介護事務は主にこの業務を担当することになります。
しかし、介護事務の仕事はそれだけではありません。電話対応や来客対応、足りなくなった備品を購入して補充、場合によっては現場に出て介護士をフォローしなければならないこともあります。どこまでが業務の範疇であるかは施設によって違うので、まずしっかりと確認をとりましょう。

保育士

保育士の資格は、介護福祉士の資格を持っているととりやすいなどといったメリットもあり、比較的介護士から転向しやすいと言えます。
保育士の仕事は介護士よりもシフトによって生活リズムが大きく乱れることがありません。早番、遅番といったように分かれている場合がありますが、深夜まで業務が長引くことはまずないでしょう。
また、保育士の資格を取っておくと、保育園だけではなく以下のような場所でも働くことができるようになります。

  • 助産施設
  • 乳児院
  • 母子生活支援施設
  • 保育所
  • 児童厚生施設
  • 児童養護施設
  • 知的障害児施設
  • 知的障碍児通園施設
  • 盲ろうあ児施設
  • 肢体不自由児施設
  • 重症心身障害児施設
  • 情緒障害児短期治療施設
  • 児童自立支援施設
  • 児童家庭支援センター

働く場所の選択肢を増やすためにも、保育士の資格に興味があればぜひ取得を考えてみてください。

介護タクシー

介護タクシーの運転手も介護士の資格を活かすことができる仕事のひとつです。
介護タクシーとは、介護関連の資格を持つ運転手が行う通院などの際の乗降介助のことを指します。

似たものに「福祉タクシー」というものがありますが、こちらは運転手が介護関連の資格を有していません。そのため、要介護者の乗降などの手助けは行わず、付き添いの方に任せることになります。
また、介護タクシーは要介護1以上の認定を受け、自分一人で公共交通機関を利用することが困難な人が利用対象となります。
日常生活や社会生活で必要な行為に伴う外出において、介護タクシーを使うことが許されており、それ以外の外出に関しては福祉タクシーを利用することになっています。

看護師

医療の現場の最前線で働く看護師として活躍するという選択肢もあります。
介護士として培ったスキルやノウハウは、看護師として活かすことも可能です。患者さんから親しまれる看護師になる地力は鍛えられているはずですから、自信を持って働くことができるでしょう。
また、何より年収が安定するという魅力があります。キャリアを積めば積むほど年収が上がりますから、将来への不安も解消されるでしょう。
ただし、看護師として働くためには資格を取らなければなりません。
高校を卒業しているのであれば、専門学校に3年通い、看護師国家試験で合格する必要があります。看護大学に入り4年間学ぶという手段もありますが、学費が高い上に時間がかかりすぎてしまうためあまりおすすめできません。
ただし、短大などでは保健師や助産師の資格も同時に取得できる場合もあります。要項をよく確認してから受験するようにしてください。

准看護師とは
一般的に看護師と呼ばれているのは、正式には「正看護師」であり、「准看護師」と呼ばれる職業の人達もいます。准看護師は都道府県知事発行の免許を持つ看護師であり、「医師・歯科又は看護師の指示を受けて」業務を行います。
准看護師は1,2年で資格を取得することができ、全日制や夜間のみの半日制といった学校の通い方もできるので、もし早く資格を取りたいのであれば准看護師の道もチェックしてみましょう。

看護助手

転職しやすい他業種としては、看護助手も挙げられます。看護助手になるためには資格も経験も必要ありません。
看護助手は、看護師のように採血などを行うことはできませんが、その他の面でサポートをします。
診察の際の補助、患者の方の身の回りの介助など、介護士時代に培った経験が役に立つ場面がいくつもあるでしょう。

具体的な仕事内容
看護助手の仕事は看護師のサポートです。
具体的には、患者を呼び出して診察室で誘導する、書類や伝票を作成する、カルテを準備する、看護師からの伝言を医師間に伝えるなどが挙げられます。
看護助手は需要が高い仕事であり、この先更に市場価値が高まっていくと考えられます。今から看護助手として働いておくことをおすすめします。

介護士とは完全に離れた他業種へ転職

ここでは、介護士とは全く関係のない他業種の転職先をご紹介します。

システムエンジニアやIT関連の会社

近年、システムエンジニアやIT関連の求人は常に増え続けています。中途採用でも活躍することはできますし、独学で知識をつければフリーランスで契約を結ぶこともできます。
介護士としてのノウハウは残念ながら活かすことはできなくなってしまいますが、システムエンジニアとして成功すれば年収もアップすることができますし、生活が安定しライフスタイルを確立させることもできます。
そのためにもまずは、システムエンジニアになるためにはどのような知識が必要なのかということを確認し、勉強していきましょう。

システムエンジニアやIT関連会社に転職するには
システムエンジニアになるためには一定のスキルが必要です。これはIT関連会社に転職する時にも同じことが言えます。
しかし、独学では難しいからといってスクールに通うと高い費用や長い月日がかかってしまってもったいない場合もあります。
そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。
転職エージェントの中にはプログラミングスクールと同じようなカリキュラムを用意しているところもあり、学びながら転職活動を進めていくことができるというメリットがあります。
未経験からシステムエンジニアなどIT関連の仕事に転職したい人は、「IT・エンジニアにおすすめ転職エージェント15選」を参考にしてみてください。

飲食業などのサービス業

飲食業など、サービス業は人と接する業種です。介護業とは全く異なりますが、笑顔で人と接するという点では共通しています。面接などでは、その点を強みとしてアピールすると良いでしょう。
人と接することが苦痛でないのであれば、サービス業はとても良い環境であると言えます。大手であれば高額なボーナスが出ることも期待できますし、突然企業が倒産するといったことも考えにくいでしょう。
サービス業と一言で言っても種類は豊富です。飲食、アパレル、百貨店の店員など、あなたの理想とする職業に就きましょう。
また、サービス業は常に豊富な求人数を持っています。サービス業の求人を見ない日はないくらいですから、求人サイトはきちんとチェックしておきましょう。
安定と将来性の両方を手に入れることができる転職ですから、ぜひ成功させたいところです。

営業

人と接することに慣れているのなら、営業職もおすすめです。例えば、介護関連の商品を扱っている企業であれば面接に受かりやすくなるでしょう。
福祉用品などを販売している企業や、介護用品のメーカーなど、介護職で働いていたことを強みとしてアピールできる転職先は数多くあります。
営業職として再出発するとすれば、そういった介護関連の企業が受かりやすいのでおすすめです。
営業職は大きく年収をアップさせることが期待できるため、これまで薄給で苦しんでいたという人にはぜひ挑戦してもらいたい業種です。

営業職のデメリット
営業職は手取りが良いかもしれませんが、毎月のノルマに追われる日々が待っている可能性があることも否定できません。もし介護士を辞めたらゆったりとした仕事がしたい、という人には営業職はあまりおすすめできないかもしれません。

製造業

逆に、人と関わりたくないという人には製造業がおすすめです。工場内では黙々と作業をすることが求められるため、あまり積極的にコミュニケーションをとる必要がありません。
レクリエーションの準備や掲示物を作成する際に手先が器用だった人に特におすすめなのが製造業です。細かい作業を伴う仕事ですから、介護士時代に手先が器用だと言われていた覚えがある人は製造業も転職先の選択肢に含めてみてください。
工場はほぼ必ずと言って良いほど求人募集が出ていますから、興味があれば交通手段や待遇などの条件だけでも確認してみてください。

製造業は具体的に何をするのか
製造業では、組立、加工でライン作業を行います。この時、道具や機械を用いて部品の点検を行い、基準を満たしているか、きちんと製品として問題がないかなどを確認します。また、軽作業では仕分けを行い、梱包作業にも携わります。基本的に細かい作業が大半を占めているので、淡々と確実に、ミスなく繰り返すことができる人が向いていると言えるでしょう。

建設業

建設業と言っても、実際に現場でビルを建てるわけではありません。CADソフトを使って図面を引くことも、取引先と打ち合わせをすることも、現場を視察することも、全て建設業の仕事です。
過度に誰かと関わることはありませんが、疲れやすい仕事ですから、誰かが疲れていたら声をかけてあげられるかもしれません。介護士のスキルは、そういったところで役に立ちそうです。
また、取引先との打ち合わせでは、笑顔での対応をすることで良い印象を持ってもらえる可能性が高いため、介護士として働いてきた経験が全て無駄になってしまうというわけではありません。
ただし、入社するにあたってCADソフトが必須である場合が多いため、ビジネスシーンで使えるレベルにしておく必要があります。

CADオペレーターの種類
ここでは、短期間で取得することができるCADオペレーターの資格をご紹介します。
2次元CAD利用技術者試験
2次元CAD利用技術者試験は、最も基本的であり取得がしやすいCADオペレーターの資格試験です。2級、1級と基礎概要の3つのコースがあり、2級と基礎概要は3ヶ月程度の就学経験が受験参加条件となっています。1級は筆記試験と実技試験の両方を受けなければなりませんが、2級と基礎概要コースはどちらも筆記試験のみの試験となります。
オートデスク認定資格プログラム試験
オートデスク認定資格プログラム試験は、オートデスク社の実施する民間のCAD資格ですが、世界標準の資格であるためぜひ取得することをおすすめします。この試験は、AutoCADプロフェッショナル試験などの5つのコースに分かれています。自分が必要だと思うものを取りましょう。

介護士が他業種に転職するメリット

ここでは、介護士が他業種に転職することで得られるメリットとデメリットをご紹介します。

「本当に他業種に転職しても大丈夫なのか」と思っている人もいらっしゃるでしょう。

そのような悩みを解決するための参考として、口コミをご紹介します。

メリット1 不規則な生活が直った

介護士時代には不規則な生活を強いられていたけれど、生活リズムが整ったということに喜びを感じている人は多くいます。

口コミアイコン
30代女性
夜勤が多くてつらかったため、アパレル職に転職しました。現在は店頭に立っているのですが、もちろん夜勤はありません。夜ゆっくり過ごすことができるのは、本当に嬉しいです。一日の疲れを取ることができるため、次の日もまた頑張ろうと思えるようになりますね。
口コミアイコン
20代女性
これまで生活リズムが整っていなかったため、全然疲れが抜けませんでした。しかし、転職してからきちんと夜休めるようになったのでぐっすり眠れるようになりましたし、元気に職場に向かうことができるようになりました。仕事にも意欲がわいていますし、転職して良かったと思っています。
口コミアイコン
30代女性
介護士だった頃は昼働いて、夜働いて、休んで、また夜働いて…といったように、シフト制だったので、それがとてもきつかったです。そのため、シフト制ではない事務職に就いたのですが、毎日安定して働くことができてとても体調が安定しています。体調を崩しがちだったのですが、規則正しい生活を送っている現在では全くそのようなことはなくなりました。

メリット2 人間関係の悩みがなくなった

介護の現場は人間関係の悩みがつきものだという意見が多く見受けられました。
他業種に転職して、それが解決したという人が多くいるようです。

口コミアイコン
30代女性
介護士時代は上司にパワハラやモラハラを受けていて、かなり参っていました。しかし、今の職場では全くそのようなことはなく、上司は穏やかな性格の人なので上から目線でものを言ってくることはありません。ストレスでつぶれてしまう前に、転職して良かったです。
口コミアイコン
20代女性
以前の職場では、同僚とギスギスした関係が続いていたためやりづらさを感じていました。忙しいこともあって、お互いを思いやる余裕もなかったのだと思います。今の職場では皆余裕があるからか、誰かがミスをしたら皆でフォローするという体制が整っていてとても働きやすいです。
口コミアイコン
30代女性
介護士の現場では常にぴりついた空気が流れていたので皆殺伐としていて、愚痴や悪口を言ったりしていてとても気分が悪かったのですが、今の業種に転職してからはそういったことが全くないのでとても心地よく働くことができています。

メリット3 新しい経験ができる

介護士は施設内、あるいは病院内など、決まった場所でルーチンワークをしているため、なかなか新しい経験をする機会を得ることが難しいです。
そこで、他業種に転職することで、今までとは全く違う新しい経験をすることができるようになります。

口コミアイコン
30代女性
介護士をしていた頃とは全く違う職種に就いたので、毎日新鮮な経験をしています。お客様を相手に販売をしているのですが、接客の仕方も一から教えてもらっています。
口コミアイコン
20代女性
ライン工になったのですが、介護士の頃とは全く違うスキルを求められて毎日勉強しながら仕事をしています。まだまだ戦力になっているとは言えないかもしれませんが、早く技術を身につけたいと思っています。
口コミアイコン
30代女性
憧れていた商社に入社することができたので、毎日営業で駆け回っています。先輩の背中を追いかけるようにして仕事を学んでいますが、とてもやりがいがあって楽しいです。介護士を続けていたら経験できない充実感だなと思います。

介護士が他業種に転職するデメリット

介護士から他業種へ転職して良かったという人も多くいます。
しかしその一方で、転職して悪い部分もあったというデメリットを感じている人もいます。

デメリット1 人に感謝される機会が減った

「ありがとう」と日常的に言われていた言葉を誰もかけてくれなくなったことで、何となく寂しさを感じるという人は一定数いるようです。

口コミアイコン
30代女性
これまで介護士時代には、何かをする度に「ありがとう」と言われていましたし、利用者様のご家族にも「ありがとうございます」と言われていました。今の仕事に転職してからは全くそういう言葉を聞かないので、どことなく寂しい気持ちになってしまいます。
口コミアイコン
20代女性
今まで当然のように「ありがとう」という言葉を聞いていましたが、転職してからそれが当たり前ではないことに気づかされました。たまに聞く「ありがとう」はあいさつのようなもので、心がこもっていないというか、介護士の頃に聞いていた「ありがとう」とは別物なんですよね。なんだかたまに寂しくなります。
口コミアイコン
30代女性
今の職場は全くお礼を言わないところで、それでも円滑に仕事が進んでいるから問題はないのですが、たまには「ありがとう」と言えばいいのにな、と思います。施設にいた頃は皆よく「ありがとう」と言いあっていたな、と思い出すと何だか懐かしくなります。もっと「ありがとう」と言ってほしいと思いながら今日も仕事をしています。

デメリット2 介護士としてブランクができてしまう

他業種に転職した後、再び介護士として働こうと考えている人にとっては、ブランクができてしまうというデメリットがあります。
確かにいつでも介護士に戻れるという安心感はありますが、ブランクの期間が長いと不安になってしまうこともあるでしょう。

口コミアイコン
30代女性
現在の職場では介護士としてのスキルを発揮することは全くないので、もしこの先介護士に戻ることになったらブランクがあって上手く働けないのではないかと心配です。しかし、現在の職場を離れるつもりもありませんし、どうすれば良いのかわからず、今のところ宙ぶらりんな状態で困っています。
口コミアイコン
20代女性
介護士に戻るかもしれないと思っているのですが、どんどん知識や技術が薄れていくのを感じています。もし今の職場を辞めても、もしかしたら介護士には戻れないかと思ってしまい不安です。
口コミアイコン
30代女性
介護士時代にはできていたことも、こうして少しでも現場を離れてしまうと勘が鈍ってしまってできなくなってしまう気がしています。ブランクを埋めようにも方法がわかりませんし、もしまた介護士をしようと思っても、上手く動けるか不安です。

デメリット3 介護士時代より環境が良くなるとは限らない

介護士時代につらい思いを経験したからこそ、他業種への転職を決意したという人が多いのですが、転職先によっては介護士時代の悩みが改善されない場合もあるので注意しましょう。

口コミアイコン
30代女性
サービス残業が多いところが嫌だったので施設を辞めて転職したのですが、転職先もサービス残業が多く困っています。残業がない仕事に就けると思い期待していたのですが、とんだ期待外れでした。毎日とても大変です。
口コミアイコン
20代女性
以前の職場では重いものを持つことが多く、ずいぶんと体を酷使していたため、そういった作業のない業種を選びました。しかし、現在もやはり荷物を運ぶことがあり、布製品なのですが、これがとても重くてきついです。1箱持つたびに腰が痛くなるので、ここでもまた腰が痛くなるのかとうんざりしています。
口コミアイコン
30代女性
人間関係に疲れてしまって前職を辞めたのですが、新しい職場も雰囲気が悪く、特に繁忙期には殺伐としていてとても嫌な空気が漂っています。前職に戻りたいわけではありませんが、もう少し雰囲気が良い職場が良いな、とは思います。

介護士から他業種へ転職するときの注意点と対策

介護士から他業種へ転職する時には、注意するべき点がいくつかあります。
ここでは、その注意点と対策についてご紹介していきます。

注意点1 介護士と比べて他業種は求人数が少ない

介護士は人手不足であるため常に求人が出ており、引く手あまたです。
しかし、他業種となるとそうはいきません。あなたが希望している職種の求人がなかなか求人を出してこないということは十分に考えられます。
そういう時は転職エージェントを使いましょう。転職エージェントを利用すると、自分では見つけられなかった求人に出会うことができます。
こちらの「【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較」を参考にしてみてください。

注意点2 これまでのキャリアを評価されにくい

介護士としてキャリアを積み、スキルを伸ばしてきたとしても、他業種に転職する際にはあまり評価の対象にはなりません。
もちろん長年介護士として勤めあげてきたことは立派なことですから、大きな加点となりますが、他業種へのアピールとして介護士だったということだけでは少し弱いと言わざるを得ないでしょう。
対策としては、自分が志望する企業に対してどのように貢献することができるかを考えてみてください。介護士という枠は取り除いてしまっても構いません。
また、自己PRできることを考えてみてください。介護士として働いてきた中で使えるエピソードがあれば、それを利用しても良いでしょう。

注意点3 出された条件に対して判断がつかない

未経験の業界への転職ですから、給与などの相場が全くわからない状態です。そのため、相手企業が提示してくる条件が相場より高いのか低いのか、自分ではなかなか判断がつかないという注意点があります。
このような時には、転職のプロである転職エージェントを頼りましょう。転職エージェントは給与交渉まで行ってくれますから、自分一人では給与交渉まで行う自信がないという人も安心して任せることができます。

介護士が他業種に転職するときには転職エージェントの利用がおすすめ

このように、介護士が他業種に転職するときにはいくつか注意点があります。
しかし、それを解消してくれる上に転職を成功させてくれるのが転職エージェントです。

加えて、転職エージェントは注意点をカバーしてくれるだけでなく、面接対策や書類添削まで無料で行ってくれます。

転職相談 あなたが今後どのようなキャリアを進んでいくか、
転職に対してどのような不安を抱えているかヒアリングし、アドバイスを提供してくれます。
求人紹介 あなたから聞いた希望条件や企業の特徴を分析して、あなたとマッチした求人を紹介してくれます。
その他にもあなたにおすすめの求人も紹介してくれるため、転職の幅が広がります。
面接対策 企業の特徴に合わせて、どのような質問をするべきか、
答えはどう返答すればいいかなど、具体的なアドバイスを提供してくれます。
希望を出せば、模擬面接をしてくれる転職エージェントもいますので、
気になる方は1度聞いて見るといいと思います。
書類添削 書類選考で重要となる履歴書などの添削を行ってくれます。
企業がどんな人材を求めているか把握し、
あなたが書類選考で通れるよう親身に対応してくれます。
企業との条件交渉 介護師から他業種へ転職するときの大きな壁となる、条件交渉を代わりに行ってくれます。
あなたが希望する条件にできるだけ近づけるよう、交渉をしてくれるので、
希望条件がある方は隠さず伝えておくと良いでしょう。
企業に対してあなたの強みをアピール 転職エージェントは、あなたについてヒアリングを行い、そこから分析したあなたの強みを企業に直接アピールしてくれます。
あなたの転職を後押ししてくれるため、心強いです。

▶︎横にスクロールできます▶︎

総合型転職エージェント|タイプ別おすすめ転職エージェント

求人数が多くサポートの質が高い総合型転職エージェントに2社ほど登録しておくと、転職活動が楽になります。

サポート」と「求人数」の観点で比較したおすすめ転職エージェント3社をご紹介します。

リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントです。

約200,000件の求人数を保有しているため、求人の選択肢で困ることはありません。
また、介護士から他業種へ転職するときに課題となる「求人数」も解決でき、質の高いサポートを受けることができるためおすすめです。

マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは20代・30代の求人力が強く、大手企業から新規ベンチャー企業まで様々な求人を取り扱っています。

マイナビグループで培ってきた就職・転職ノウハウを駆使したサポートで、あなたの転職を支えてくれます。
介護士から他業種へ転職する20代・30代の方は、ぜひ利用することをおすすめします。

Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、グローバルなネットワークを作り上げることで、豊富な求人を取り揃えています。

営業系やIT系、メディカル系や事務系など幅広い職業への転職が可能なため、介護師から転職を考えている方におすすめです。

担当の方も専門領域に精通しているため、あなたが気になっている業界について詳しく聞くことができます。

転職が初めての方でも利用しやすい転職エージェントです。

関連記事この他にも転職エージェントを調べたい方は、「転職エージェントランキング」で質の高い転職エージェントをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

介護士特化型転職エージェント|タイプ別おすすめ転職エージェント

ここでは介護士に特化した転職エージェントをご紹介します。

介護士の資格を活かせる職業に転職を考えている方にはおすすめです。

1.スマイルSUPPORT介護

公開
求人数
100,300件
総合評価
対応地域 北海道
茨城県、栃木県、群馬県、
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
公式サイト https://www.h-career-support.com/kaigo

スマイルSUPPORT介護は、数多くの認可保育園、老人ホームを運営する医療・介護・福祉を幅広く提供するHITOWAキャリアサポート株式会社が運営しています。求人数業界最大なので選択肢が広いことが魅力です。
運営会社が有料老人ホームや認可保育園を運営しているので、関連施設での研修や勤務も可能な体制が整っています。

また、未経験者や資格取得中、ブランクのある人でも転職求人に応募することが可能です。キャリアアドバイザーによるフルサポートは、面接に同行してくれたり、就職先に直接聞きにくい給料やシフトなどの条件交渉をしてくれたり、就業中何か問題が起きた際に代わりに交渉を行ってくれます。転職や介護業界が未経験の方におすすめです。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
スマイルSUPPORT介護の良い点としては、履歴書など入社する前の事前準備のフォローがしっかりしていたところです。他社のサービスは求人を載せて後は本人次第というものが多いのですがこちらのスマイルSUPPORT介護は面接などの対応もしてくれるので非常に助かります。特に主婦の方で再度働きたいという方は試験などを数年受けておらず学生と比べて慣れていない方が多いのでこういったフォロー体制が充実していると便利だと思いました。

2.マイナビ介護職

公開
求人数
37,028件
総合評価
対応地域 北海道・宮城・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・広島・岡山・福岡
公式サイト https://kaigoshoku.mynavi.jp/

転職業界大手のマイナビグループが運営する介護職に特化した転職サイトです。
求人数も豊富ですので「オープニングスタッフ募集」「年間休日110日以上」「住宅手当付き」「好条件の夜勤あり求人」など、細かく条件を指定して探すことが可能です。希望に合った求人を紹介してくれる確率も高く、求人の質も高いと人気があります。

また、キャリアアドバイザーがサポートしてくれるので転職初心者にもおすすめです。キャリアアドバイザーは施設を訪問し、スタッフの配置人数やお給料事情のことまで詳しい職場環境を聞いています。そのため、転職先には直接聞けない不安なことを気軽に相談できるので心強いでしょう。地方在住者のために無料の「出張転職相談会」も不定期開催していますので、面談に行きたいけど遠くていけないという方でも安心です。

口コミアイコン
30代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安だったのですが、コンサルタントの方が丁寧にアドバイスしてくれたので大変助かりました。履歴書の書き方から面接での話し方などのアドバイスは、初心者の私にはとても嬉しいものでした。アドバイスも事務的なものではなく、希望の職場や環境など具体的に聞いてくれ、親身にサポートしてくれました。本当に良かったです。大手なので安心感もあり、すぐに内定が決まったのも素晴らしいサポートがあったからだと思っています。またこちらはまだ実際に受けたわけではないのですが、転職先でのトラブルの際にもキャリアアドバイザーが対応してくれるようです。何から何までサポートが手厚く、大変感謝しています。

3.きらケア介護求人

公開
求人数
89,130件
総合評価
対応地域 北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木、群馬、愛知県、静岡県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、広島県、福岡県
公式サイト https://job.kiracare.jp/

きらケアは求人数が多く対応地域が広いことが魅力の転職サイトです。転職先の施設の内部情報など、職場選びに欠かせない情報収集にも力をいれています。年間700回を超える事業所訪問と、当社の派遣事業で実際に現場で働くスタッフからヒアリングを行っているので転職後にギャップが生じにくいのも特徴です。また、気になった施設には事前に見学に行けるため、自身の目で雰囲気を確認できるのも嬉しいポイントでしょう。

経験者はもちろんのこと、無資格でも登録可能で、アドバイザーが無資格・未経験での介護士への転職をサポートしています。時給アップやシフトなどの条件交渉をアドバイザーが代行してくれるので、転職初心者に優しいサイトです。さらに地域は限定されますが、就職面接に同行してのフォローもしてくれます。

口コミアイコン
40代男性(年収400万円台)
40代で転職するのは難しいと半ば諦めていましたが、思い切ってきらケアさんに相談しました。今の状況のヒアリングから、今後の働き方の提案まで丁寧にしてくれてまた正社員として就職できたのでうれしかったです。特に不満はありませんでしたが、たまに連絡が遅く感じることがありました。

4.かいご畑

公開
求人数
10,090件
総合評価
対応地域 北海道、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、茨城、栃木、山梨、岐阜、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、岡山、奈良、福岡、佐賀、広島、山口
公式サイト https://kaigobatake.jp/

かいご畑は無資格・実務未経験でも応募可能。働きながら0円で介護資格が取得できる「キャリアアップ応援制度」もあるので、無資格・未経験から介護士への就職を目指す方におすすめです。
また専任のコーディネーターは有資格者や現場経験者が多く、フルサポートが無料で受けられます。
フルタイムの求人は少ない傾向にあり、パートタイムから初めてみたいという方に向いているでしょう。介護職に興味があり、転職を考え始めたばかりの段階の方でも一度相談してみることをおすすめします。

口コミアイコン
40代女性(年収200万円台)
かいご畑の良い点としては、フルタイムでなくパートの求人が多いところです。介護に全く触れたことがない初心者の方でも試しに週に数日だけ働きたいという方がいると思いますがそのような方は絶対にかいご畑を最初利用するのが良いと思います。時間を指定して働ける求人ということで夕方には自宅に帰らなければならないという主婦の方にも便利なサービスだと思います。PCやスマホに慣れていない40代以降の女性の方でも簡単に検索できるサービスでした。悪い点としては男性でがっつり働きたい方の求人は非常に少ないというところです。

5.ジョブメドレー介護

公開
求人数
160,000件
総合評価
対応地域 全国
公式サイト https://job-medley.com/hh/

ジョブメドレー介護は元介護士が運営している転職サイトです。就業形態や年収などの条件や地方の求人など、希望に沿った求人を絞ることができます。
ジョブメドレーの特徴は、自分で求人案件を探すだけではなく、プロフィールや希望条件をサイトに登録すると企業からスカウトが送られてくることです。スカウトされた案件は好条件のものが多く、さらに内定率が1.7倍となるので、スカウト制度の利用をおすすめします。

また、サイト内にはコラムがあり、履歴書の書き方や初出勤までの準備などを学ぶことができます。転職に興味を持ち始めたばかりの方や、転職初心者、転職に急いでいない方に向いています。

口コミアイコン
20代女性(年収200万円台)
医療専用の求人サイトなので歯科助手の求人数も豊富でした。応募先とはジョブメドレーのチャットでやりとりできたので、スムーズでよかったです。希望の職種を登録するとスカウトが何件かもらえ、こんなのもあるんだと新しい発見もあり、色々検討できました。資格がなくても大丈夫なところからもスカウトが来たりしました。私の視野も広げることができたのは、ジョブメドレーさんのおかげだと思っています。ありがとうございました。

関連記事介護士に特化した転職サイトをもっと調べたい方は「介護転職におすすめの転職サイト・エージェント14選|選び方や口コミも解説」を参考にしてください。

転職エージェントを150%活用するコツ

1. エージェントとの連絡はこまめにとる
2. エージェントと相性が悪ければ変更してもらう
3. サイトは毎日欠かさず確認する
4. 経歴やスキルは偽らないようにする
5. エージェントには遠慮せず質問する

1. エージェントとの連絡はこまめにとる


エージェントは転職に対する熱意が高い人に優先的に求人を紹介しています。連絡を疎かにしていると「この人はもう転職をしないのだろうか」と思われてしまい、求人を紹介してもらえなくなってしまいます。
また、サイトには掲載されていないけれどエージェントだけが持っている求人情報というものもあります。これを知ることができるのはエージェントと密な連絡を取っている人だけですから、日頃からコンタクトを取り続けておくようにしましょう。
もしメールが来たら必ず返信し、電話に出られなければ折り返しをするといったことは忘れないようにしてください。

2. エージェントと相性が悪ければ変更してもらう


どの転職エージェントにも、態度の悪さが目立つ、あまり仕事にやる気を見せない、口調に棘があるなどといったエージェントは存在しています。
そういったエージェントが担当になってしまった場合には、我慢をせずに担当の変更を申し出てください。
スムーズに転職活動を進めていくうえで、エージェントの存在は非常に重要なものとなります。
エージェントがやる気を出してくれないと、こちらはどう動けば良いかわからなくなってしまいます。
遠慮することなく、事情を話して担当を替えてもらいましょう。

3. サイトは毎日欠かさず確認する


転職エージェントのサイトは必ず毎日確認しましょう。
毎日更新されるサイトの求人情報の中には、条件の良いものもあるでしょうから、すぐにエージェントに連絡できるようにしておく必要があります。
条件の良い求人はすぐに他の人にとられてしまうかもしれません。サイトを毎日確認していないと、出遅れてしまうのです。
常に新着情報を手に入れるためにも、サイトのチェックは欠かさないようにしてください。

4. 経歴やスキルは偽らないようにする


経歴を偽ったまま入社してしまうと、虚偽の申告をしたとして最悪の場合解雇になってしまうこともあります。
短い職歴がいくつもある場合など、そのまま申告したくないこともあるかもしれませんが、エージェントは決してそれを悪いように相手企業に伝えることはしません。そのため、安心して正直に職歴を話してください。
また、スキルも同様です。「あれもできるこれもできる」と話しても、実際に現場でできないと事前の話と違うという問題になってしまいます。
スキルを偽って申告することも、信用を失う原因の一つとなります。絶対にやめましょう。

5. エージェントには遠慮せず質問する


せっかく転職エージェントに登録したのですから、エージェントには何でも質問しましょう。
転職が初めてならなおさらです。些細なことでも、遠慮せずどんどん質問してください。
こんなことを聞いても大丈夫かな、と思ってしまうかもしれませんが、エージェントは親切に教えてくれます。
むしろ、わからないことをそのままにして転職活動を進めていくと、エージェントとの心理的な距離やさまざまな面での齟齬が生まれてしまい、やるべきことをやれていないというミスや、伝達ミスなどが起きてしまいます。
わからないことは序盤のうちに解決しておきましょう。

転職エージェントの利用手順

ここでは、転職エージェントの利用手順をご紹介します。

転職エージェントの利用が初めてで、どのような流れで進むのか不安な方は参考にしてください。

手順1 公式ページから登録する

まず初めに利用する転職エージェントの公式ページから登録を行います。
転職サイトによっては「転職サービス」と「派遣サービス」の両方を扱っていることがあるので、よく確認しましょう。

登録の際には、以下の情報を記入します。

希望職種
希望勤務地
希望条件
希望年収

手順2 キャリアカウンセリング

登録後に担当の方から連絡がきて、カウンセリングの日程を決めます。

キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。

初回の面談では現在のご自身の状況やご希望のヒアリングと転職市場など企業側の状況を整理し、考えをまとめていきます。

主に話題になるのは下記のような内容です。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • ご自身のキャリアの棚卸
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでのご希望条件の整理
  • ご自身の強みの棚卸

キャリアカウンセリングではプロの意見をききながら、ご自身の考えを整理できるので、転職活動において次にするべき行動やご自身の強みが分かります。

転職をお考えの方はまずはキャリアカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

手順3 求人を紹介してもらう

カウンセリングが終わり、次に行うのが求人紹介です。

担当の方があなたの希望条件や希望業界などをヒアリングして、分析しあなたに適した求人を紹介してくれます。

なかには転職エージェント独自に保有している非公開求人なども紹介してくれるので、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

手順4 書類選考の対策

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。エージェントサービスのユーザーページにはサンプルもありますので参考にしましょう。

作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。場合によっては直接面談しながらアドバイスを受けることもできます。

職務経歴書は複数の選考で利用できますので、積極的に意見をもらって、しっかりとご自身をアピールできるものを作り上げましょう。

完成したものはエージェントが推薦文を添えて企業側に提出してくれます。エージェントに推薦文を確認させてもらうことも可能です。担当のエージェントが熱意をもってしっかりアピールしてくれているかが分かりますので、確認させてもらいましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

手順5 面接対策のサポート

書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

模擬面接も可能ですので不安な方はお願いしてみましょう。その他にも面接官のタイプやどのような質問をされる可能性が高いのかなども教えてくれます。

面接の結果もエージェントから知らされます。不採用の場合は理由もヒアリングしてくれるので、次に活かすこともできます。

手順6 内定が決まった後のアフターフォロー

内定の連絡もエージェントから知らされます。

内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

どれもあまり経験のない手続きだと思いますので、エージェントの支援を受けましょう。

他業種へ転職するときに気になる疑問点

1. 他業種で活かせる介護士のスキルはありますか?
2. いきなり正社員で他業種に転職するのは怖いのですが、他に方法はありませんか?
3. 他業種への転職は難しいですか?

1. 他業種で活かせる介護士のスキルはありますか?


介護士で培ったスキルやノウハウが全て無駄になってしまうということは決してありません。
介護関連の業種に就かなかったとしても、対人スキルは確実に他の人よりも優れているでしょうから、それを武器に営業職で活躍するという道を進むこともできます。

いずれにせよ、どのような道で自分が活躍できるかを転職エージェントに相談してみてください。
あなたが思っているよりも、スキルを活かせる職種は多くあります。

2. いきなり正社員で他業種に転職するのは怖いのですが、他に方法はありませんか?


「他業種に転向したいけれどいきなり正社員になるのは怖い」という人には派遣社員がおすすめです。
派遣社員であれば期限つきで働くことができるので、もしつらい職場や合わない職場であった場合でも職場を変えることができます。

アルバイトやパートよりも安定していますし、サービス残業をさせられることもありません。
「正社員は少し怖くて踏み出せない」という人は派遣社員も検討してみるといいでしょう。

派遣会社選びには、こちらの記事「派遣会社おすすめランキング【派遣のプロが選び方や評判・口コミを解説】」を参考にしてみてください。

3. 他業種への転職は難しいですか?


簡単ではないことは確かです。しかし、転職エージェントのアドバイスを聞いて、更に自発的に行動すれば決して不可能なことではありません。

これまで他業種のことを知らなかったという人も、これから転職活動を進めていけば徐々に重要な情報を切り取っていく癖をつけることができるようになりますから、過度に心配する必要はありません。

上手に転職エージェントを利用してください。

まとめ

この記事では、介護士から転職できるおすすめの他業種のほかに、転職をする際のメリットやデメリット、他業種への転職を成功に導くサービスをご紹介しました。
是非、紹介した転職エージェントの中から、複数選んで登録してみてください。

サービス名 公開求人数 総合評価 コメント
スマイルSUPPORT介護 約100,000件
求人数◎
キャリアアドバイザーによる
フルサポートあり!
マイナビ介護職 約30,000件
キャリアアドバイザーが
しっかりサポート
きらケア介護求人 約80,000件
求人数、対応地域◎!
無資格でも登録可能

▶︎横にスクロールできます▶︎

介護士から他業種への転職は人気もあり、希望している人も多いでしょう。

転職時に気をつけるポイントを押さえたり、おすすめのサービスを利用することで、転職を成功させることができるようになります。

この記事では紹介しきれなかった転職エージェントに関しては、下の記事でご紹介しています。
興味のある方はぜひご覧ください。

介護転職におすすめの転職サイト・エージェント14選|選び方や口コミも解説
転職サイトを比較|特徴別の比較一覧でわかりやすく解説

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄