「看護師に向いていないのかもしれない」「辛い毎日に耐えられない」

上司からのパワハラや過酷な長時間労働などにより、心身ともに追い込まれ「看護師を辞めたい・辛い」と悩んでいる方は多くいます。

しかし、上司の引き止めや奨学金の返済といったさまざまな事情が原因で辞めたいと思っても辞められないのが現状です。

今回は、円満に退社するポイントや退職を申し出るタイミングなどを詳しく紹介します。

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

医療Worker
4年連続支持率No.1!
転職実績30,000件以上

\非公開求人多数/

公式サイト→

記事の目次

体力・精神的にも辛い看護師の離職率は10.7%

公益社団法人日本看護協会が発表した「2019年病院看護実態調査」によると、正規雇用看護職員の離職率は10.7%で前年比から横ばいとなっています。

特に病床数が少ない小規模の病院は、首都圏よりも離職率が高い傾向です。町の小さな病院は入社後の研修や福利厚生、医療設備などが整っておらず、提供できる医療サービスに限界があります。

また、人手不足による業務負担も大きく有給休暇を取得しづらい疲れが取れないといったことも離職率が高い原因なのかもしれません。働き方が多様化する昨今、夜間勤務や長時間残業を強制する職場は優秀な人材確保が難しくなります。

そのため、多くの医療機関では半休制度や夜間勤務を減らすなど、仕事とプライベートのバランスを配慮した仕組み作りが必要不可欠です。

参考:公益社団法人 日本看護協会

看護師が仕事を辞めたい・辛いと思う理由

「勤務時間が不規則で仕事と家庭の両立が難しい」「仕事内容と給与が見合わない」など、代表的な看護師の離職理由を詳しく見ていきましょう。

1.人間関係・パワハラ

女性が多い職場では、陰口をいわれたり、ありもしない噂を流されたり人間関係がギクシャクしがちです。

入社して間もない頃は、陰口を言われたり、ミスを落ち着けられたり理不尽な扱いを受けることが多々あります。新人時代はプレッシャーを感じやすく、看護師を辞めたいと思う人が多くいるようです。

また、看護師は患者とドクターの板挟みになりやすい立場です。ドクターからカルテを投げつけられ師長からは怒鳴られ、行き場のない感情を上手く処理できずストレスが溜まってしまうのかもしれません。

口コミアイコン

20代女性
上司のミスを押し付けられたり、患者や他のスタッフがいる前で怒鳴られたり、八つ当たりされたり、理不尽なことがあまりにも多すぎます。職場に近づくと吐き気がして出勤するのも億劫で、もう病院に行きたくありません。今すぐにでも辞めたいです。

2.夜間勤務や残業による長時間労働

病院のオペ室勤務や訪問介護では、オンコール体制を導入しています。

オンコールとは、病院の外来が閉まっている祝日や夜間でも24時間体制で患者対応を行う勤務形態の1つです。不調を感じたときすぐ頼れる存在がいるのは患者にとっては安心ですが、休日も肌身離さず携帯電話を持ち歩かなければなりません。

「就寝中、着信に気がつかなったらどうしよう」という不安から熟睡できず、睡眠不足に陥ります。睡眠不足で判断力や集中力が低下し、業務にも支障をきたしてしまいます。

口コミアイコン

20代女性
​オンコールが本当に辛いです。いつ電話が鳴るかわからないのでゆっくり寝られないし、疲れが取れません。オンコールは、精神的にも肉体的にも負担がかかります。仕事とプライベートの切り替えが難しいので、オンコールがない職場に転職したい。

3.給与が低い

日本看護協会が行った「2019年 病院看護実態調査」を見ると、新卒の平均基本給与が201,263円勤続年数10年以上の看護職員だと245,459円となっています。

看護職の給与基準は、年齢や勤続年数といった年功賃金制度が一般的です。病院の経営状態にも大きく左右され、勤続年数が長く実務経験を重ねたベテラン看護師でも給与が上がらないケースもあります。

仕事量だけが増えて給与が上がらない状態では、モチベーションは低下する一方です。看護師の仕事は成果や病院への貢献度が見えづらく、やりがいや存在価値を見出せないことも離職の原因となっています。

現在の職場で給与をアップするのであれば、主任や副師長、部長など管理職を目指してみましょう。管理職に就くと、基本給プラス20,000〜50,000円近い役職手当がつきます。

参考:2019年 病院看護実態調査

口コミアイコン

​30代男性
世間からは「看護師=高給取り」だと思われていますが、薬剤師や医師に比べると医療者のなかでも安いと思います。人の命に関わる仕事なので責任が重く、勤務時間も不規則。そのうえ患者と医者の板挟みになり、精神的肉体的なストレスが大きい。それなのに給料はめちゃくちゃ安くて、割りに合わないと思う。

4.勤務先がブラック

「残業が多いのに残業代がもらえない」「有給休暇申請を拒否される」といったことがある場合は、ブラックの可能性があります。

現在の職場が下記の項目に該当するのであれば、転職した方が良いかもしれません。

  • 常に求人募集している
  • 相場よりも平均給与が高い
  • 月の残業時間が明記されていない
  • 在籍している看護師の平均年齢が高い

口コミアイコン

​20代女性
​人手が足りずほぼ毎回のように残業を強いられ、定時であがれたことがありません。残業してるのに残業代を払ってもらえていないし、休みたくても有給を使わせてもらえないし限界です。家と職場の往復で自分の時間もなく、全然心が休まらない…。

5.休みを取りづらい

勤務先によりますが、病院は二交替や三交替など24時間交代の勤務体制となることから、有給休暇の取得率が低いといわれています。

先ほどもお話しましたが、医療機関は人手不足による激務で看護師一人ひとりへの負担が大きく、「自分だけ休むのは申し訳ない」と遠慮し休暇を取りづらいようです。

プライベートを充実させることで、組織へのエンゲージメントが高まったり結束力が強化されたりモチベーション向上につながります。

仕事とプライベートのバランスを重視するのであれば、クリニック勤務がおすすめです。土・日祝祭日は休診日のところが多く、夏休みや年末年始など長期休暇も取得できます。

口コミアイコン

​30代男性
上司に有給を申請したら、「人が少ないんだから、休まれたら困る」という理由で承諾を得られませんでした。普段の休みもオンコール待機でまともに休めていないんだから、せめて休みの日くらい仕事を忘れて恋人とゆっくり過ごしたい。

6.仕事と子育ての両立が難しい

ハードワークな看護師の仕事と子育てを両立するのは、簡単なことではありません。

看護師の仕事は夜間勤務や当直など、勤務時間が不規則です。勤務後は、家族のための食事準備や衣類の洗濯、子どもの世話など家庭の仕事に追われて息つく間もありません。

共働きの世帯が増えている昨今、家庭内の負担を軽減するため、ママナースが多い職場に転勤もしくは上司に時短勤務を交渉する看護師もいるようです。

困りごとは一人で抱え込まず家族と話し合い、無理のない範囲でゆっくり進んでいきましょう。

口コミアイコン

​40代女性
​3年のブランクを経て、以前の職場へ復帰しました。疲れて帰った後に、部屋を片付けたり子どものお弁当準備をしたり怒涛の日々。看護師の仕事は体力勝負なので、仕事と子育ての両立を考え時短勤務にできないか上司に相談しようと思っています。

看護師の仕事が辛い。辞めたいけど辞められない理由

「上司から退職の承諾を得られない」「奨学金の一括返済を求められた」などの理由で、辞めたいと思っても辞められない看護師がたくさんいます。

1.師長に引き止められる

看護師を辞められない代表的な理由が、上司からの引き止めです。人間関係や夜勤が辛いことを退職理由にすると、他部署への異動や時短勤務など待遇面を改善することで残るよう説得されるでしょう。

嘘はよくありませんが、「親の介護が必要になった」「引っ越すことになった」など家庭の事情を理由にすると引き止められにくくなります。

どうしても辞めさせてもらえないのであれば、退職手続きを行ってくれる退職代行サービスを利用するのも1つの方法です。

2.奨学金を全額返済が必要な病院奨学金制度

看護師の中には、病院奨学金制度を利用している人も多いのではないでしょうか。

「病院奨学金制度」とは、奨学金の返済費用を病院側が負担してくれる制度です。指定の医療機関で、一定期間働くことが前提となっています。

「奨学金の返済で貯金ができない」「生活が成り立たない」という心配もなく安心して働けます。

【例】病院奨学金制度の利用条件
  • 病院に2〜3年勤務する
  • 月5万円支給(奨学金返済分)
  • 退職時は残りの奨学金を一括返済する

という具合に、病院奨学金制度の利用条件は働く病院によって異なります。

奨学金を返済し終わる前に退職すると、違約金が発生したり一括返済を要求されたりトラブルも多いようです。

奨学金の返済がある方は、利用条件も忘れずに確認してください。一括返済となっているのであれば、事情を説明して分割返済にしてもらえないか交渉しましょう。

よくある退職トラブル
【残業代が出なくなった】
未払いの残業代は、退職してから3年以内であれば請求できます。民法改正により残業代請求の時効期間が、2年から3年に延長されました。

労働基準監督署は強制力がないため、弁護士に相談した方が良いでしょう。弁護士依頼費用はかかりますが、高確率で未払いの残業代を取り戻せます。

【有給休暇を消化させてもらえない】
労働基準法第39条では、労働者は有給休暇の取得が義務付けられているため病院側は拒否することができません。有給労働基準法第39条に違反したとして6ヶ月以上の懲役または30万円以下の罰金が科されます。

病院側は有給申請を拒むのであれば、直属の上司ではなく人事部に相談しましょう。上司の独断で決めている可能性があります。

看護師の仕事が辛い・辞めたいと思ったらすべきこと

看護師を辞めたい、辛いと思っても、収入面や退職後の生活を考えると決断に迷いが生じます。

まずは、休みをとってのんびり過ごし仕事から離れる時間を作ってみてはどうでしょうか。

休暇を取得して心身を休める

休日と有給を組み合わせて長期休暇を取得すれば、仕事から解放され心身ともにリラックスできます。

普段の休日では行けない場所まで足を伸ばして温泉を堪能したり、自然の景色に癒されたり、羽を伸ばす時間も必要です。自分の時間が充実し心が満たされると、気持ちが前向きになることもあります。

部署を異動する

看護師の仕事が辛くてどうしようもないときは、部署異動がきっかけで状況を変えられるかもしれません。

部署異動の意思をはっきり伝えないと、「忍耐力が足りない」「根性がない」といった精神論で終わるケースもあります。上司ではなく人事担当者に、「今の職場が辛いので部署を異動したいです」と伝えましょう。

配属先の部署が必ずしも満足できる環境だとは限りません。同僚とは程よい距離感を保ち、目の前の仕事を一生懸命続けるといった毎日の積み重ねで未来は創られていくのではないでしょうか。

働く環境を変える

辞めたい理由を分析してみると、辛いのは看護師ではなく「今の職場」ということも考えられます。

長時間残業や同僚からの陰湿ないじめなど、過酷な環境で我慢して働き続ける必要はありません。日勤のみの病院やオンコールのない職場に転職することで、辛い状況を少しは変えられるのではないでしょうか。

以下で、転職に関して様々なサポートをしてくれる、おすすめの転職エージェントをご紹介します。転職の意思が少しでもある方は登録だけでもしておくと今後の仕事の進め方がスムーズになるでしょう。

看護師の転職におすすめの転職エージェント

好条件の求人を多数保有する、看護師の転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

1.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事はIT転職やフリーランスに強いレバレジーズの運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
友達に勧めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。クチコミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。
また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。


2.医療Worker

医療Worker

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療WOKERは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。


3.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

4.マイナビ看護師

マイナビ看護師

おすすめ度:
公式サイト: https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は20代30代に人気を誇るマイナビが運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
3年連続認知度No.1で、全国に求人もあります。求人情報の読み方からレクチャーしてくれるほどの丁寧なサポートが魅力で、面接対策はもちろんですが、面接に同行してもらうこともできます。
セミナーも開催していますのでそもそも転職を悩んでいるという方にもお勧めできます。病院はもちろん、クリニックや介護施設などの求人も多く扱っていますので、多くの選択肢から検討することができます

口コミアイコン
30代女性(年収300万円台)
子供を産むタイミングで仕事をやめ、昔お世話になったマイナビさんを利用しました。転職活動をそもそも何から初めるべきか悩んでいましたが、相談してからスムーズに運びました。
夜勤なし、残業少なめという条件も叶えてくれて感謝しています。


5.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は利用者満足度96.2%で最も選ばれている看護師さんにおすすめの「エージェント型」転職サイトです。登録しなくても情報をしっかり見ることもできるので「サイト型」のような使い方も可能です。
求人数も37,000件と豊富で、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴。病院内の内部情報を事前にしっかり知ることができるため人間関係なども事前に把握しておけます。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、給与面でより理想的な病院を紹介してもらいました。
少し連絡が多かったことが気になりました。

看護師から異業種への転職に強い転職エージェント

ここからは、丁寧なサポート・未経験からでも挑戦できる求人が豊富など、看護師から異業種への転職に強いエージェントを厳選して紹介します。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で求人案件数No.1の転職エージェントです。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

ITへの転職を考えている方はマイナビエージェント×ITもおすすめ。
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

3.JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。


4.doda

doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


5.Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

看護師派遣として働くのもあり

1.看護のお仕事 派遣

看護のお仕事

社名 レバレジーズメディカルケア株式会社
登録拠点 国内12拠点
渋谷、大阪、福岡、立川、千葉、北海道、渋谷、広島、神奈川、愛知、埼玉、京都
総求人件数 4,568件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 労働者派遣事業 派13-310987

看護のお仕事派遣 公式サイト:
https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事の特徴は非公開求人が多いことです。人気の求人は公開してしまうと募集が殺到してしまうため、登録者に限り公開されます。

非公開求人の中には実際に働いているスタッフや入院患者さんからの口コミが掲載されていることがあります。

派遣のお仕事の特徴として、職場の内部事情に詳しい事が挙げられます。人間関係、離職率、雰囲気、評判など、職場に欠かせない情報が充実しており、実際働いてみたらイメージと全然違った等のミスマッチを大幅に減らすことができます。

待遇交渉についても、看護のお仕事の担当者が行ってくれるため、時給やシフトの条件などの待遇交渉がとても楽チンです。


2.MCナースネット

ナースネット

社名 株式会社メディカル・コンシェルジュ
登録拠点 国内21拠点
恵比寿、新宿、札幌、仙台、埼玉、池袋、柏、千葉、町田、横浜、浜松、名古屋、京都、大阪、なんば、神戸、岡山、広島、高松、松山、福岡
派遣求人件数 2,150件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 労働者派遣事業 派13-070607

MCナースネット公式サイト:
https://mc-nurse.net/

MCナースネットは看護師の求人に特化した人材派遣サービスです。派遣の仕事だけでも2,150件以上あり、派遣や単発のお仕事を探している人におすすめです。

病院での勤務以外にも介護施設、保育園など、医療機関以外の仕事も豊富に取り扱っているので、今までとは違った環境で働くことができます。

看護師に特に人気のツアーナースや健診などの派遣案件、夜勤の無い企業求人が非常に多く、保健師のお仕事も企業や学校の案件が多くあります。

また、MCナースネットには「フレックスチャージ」という給料前払いサービスがありますので「急な出費ができてお金が必要」なときでも安心です。


3.スタッフサービス・メディカル

スタッフサービスメディカル

社名 スタッフサービス・メディカル
登録拠点 国内77拠点
札幌、仙台、つくば、水戸、宇都宮、埼玉、川越、高崎、越谷、千葉、船橋、松戸、柏、成田、新宿、秋葉原、りんかい、渋谷、池袋、北千住、西東京、町田、横浜、新横浜、川崎、相模原、湘南、平塚、新潟、長野、松本、金沢、岐阜、静岡、沼津、浜松、名古屋、岡崎、三重、滋賀、京都、梅田、大阪中央、難波、天王寺、京橋、堺、西宮、神戸、姫路、奈良、和歌山、岡山、松江、倉敷、広島、福山、山口、松山、高松、徳島、高知、北九州、福岡、久留米、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
派遣
求人数
6,349件
労働者派遣事業 労働者派遣事業[派13-011061

スタッフ・サービスメディカル公式サイト:
https://www.staffservice-medical.jp/

スタッフサービス・メディカルは株式会社スタッフサービスが運営する医療・福祉専門のお仕事情報サイトです。
業界内でもトップクラスの求人数を誇り、全国各地のオフィスでお仕事説明会も随時開催されています。

就業先は大学病院や介護施設が多く、未経験者や資格がない方でも働くことのできる求人も多数用意されているのが特徴です。

また、福利厚生が充実しており、各種社会保険はもちろん有給休暇や育児休暇制度、スキルアップのための資格取得支援制度やセミナー割引などのサービスも用意されています。

すべてのお仕事で交通費を支給しているため、通勤費を気にせずお仕事を選ぶことができるのも嬉しいポイントです。


4.ジョブメドレー

ジョブメドレー

社名 ジョブメドレー
登録拠点 日本全国対応

ジョブメドレー公式サイト:
https://job-medley.com/

ジョブメドレーは医療・介護福祉・歯科の総合求人No.1サイトです。

日本全国の看護のお仕事を取り扱っており、正社員・契約社員やパート・アルバイトを含んだ求人数は20,000件を超えています

お仕事探しも転職エージェント型ではなく、自分で好みのお仕事に応募するタイプなのでご自身のペースでお仕事を探せます。転職会社からのしつこい電話や催促などありません。

お仕事も日本全国にあるため、都心だけでなく地方の看護のお仕事に強いのも特徴的です。

ただ、自分でお仕事を探すのが大変とお考えの方にも安心のサービスがあり、もし気になる求人が見つからなくても無料の会員登録をしておけば担当のキャリアサポートがあなたに変わって求人情報探しをお手伝いします。
その上、プロフィールを登録しておけば、各企業からスカウトメールを受け取ることも出来ますので、まずは登録しておくことを強くおすすめします。

ジョブメドレーはお祝い金制度も設けられており、ジョブメドレー経由で入職された方にボーナスをプレゼントしています。求人によって金額は変動しますが、案件紹介画面から確認できます。

\60秒で登録完了/

総合求人No.1は楽天リサーチ (2016年7月)調べ

5.パソナメディカル

パソナメディカル

社名 パソナメディカル
登録拠点 日本全国対応

パソナメディカルは、40年間以上紹介実績のあるパソナが運営している求人紹介サービスです。登録者数は38,000人以上にのぼり、丁寧なサポートやライフスタイルに合わせたスキルアップ支援に定評があります

全国各地の資格や経験を活かした仕事を紹介しており、病院だけでなく、企業・学校関連、臨床開発関連など、多種多様な仕事が幅広く紹介されています。
また、福利厚生が充実しており、旅行やレジャーなどといったベネフィットステーションのサービスをお得に利用することができるのも嬉しいポイントです。

正社員の求人も多数ありますので、正社員など、派遣以外の選択肢と悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

看護師が円満退社するためにやるべきこと

1.就業規則を確認しておく

勤務先の就業規則によって異なりますが、退職日の申し出は1ヶ月〜3ヶ月前が一般的です。民法627条1項では、期間の定めがない雇用契約の場合は2週間前までに申告すれば良いと記されています。

民法(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
627条
1 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

勤務先の就業規則が「退職日の2ヶ月前」となっている場合は、会社のルールを優先しましょう。退職意思は早めに伝えた方が、余裕を持って業務の引き継ぎを行えます。

2.業務の引き継ぎ

業務の引き継ぎが不十分だと、「仕事の進め方を把握するのに時間がかかる」「自分で情報収集しなければならない」など残されたメンバーに迷惑がかかります。

引き継ぎが必要な業務とそうでないものを整理し、月・週・日単位で発生する仕事の流れも分けておくと親切です。

業務を引き継ぐときのポイント

  • 現在、自分が担当している仕事を書き出す
  • 引き継ぎが必要な業務をまとめる
  • 後任者と一緒に業務を行いながら教える

3.有給休暇の残日数を確認

人事部に有給休暇の残日数を確認しましょう。

業務の引継ぎ期間と有給休暇の残日数を踏まえて上司と相談し、退職までのスケジュールを会社と共有します。後任者への業務の引継ぎが終了した後に、有給をまとめて消化するのが一般的です。

しかし、「忙しいのに有給休暇を取得されたら困る」「後任者が見つかるまでは出勤してほしい」など、病院側の都合で退職日を延ばされるケースもあります。

業務の引継ぎ内容と完了するまでのスケジュールは、管理シートで上司にも共有しておくと退職までの段取りがスムーズです。

【例文あり】スムーズに退職するための上手な理由の伝え方

退職は言い出しにくいものですが、「出産・育児・介護」「転勤に伴う引越し」など止むを得ない事情であれば、上司に納得してもらいやすいでしょう。

1.家族の介護

「誰の介護をするのか」「どんな病気なのか」など、根掘り葉掘り聞かれることもあります。プライベートな問題が絡むため、聞かれたことに対して全てを打ち明ける必要はありません。

ただし、家族の介護を退職理由にするときは注意が必要です。職場と自宅が近いと、同僚や上司と鉢合わせるリスクがあるという点も頭に入れておきましょう。

【例文】介護を退職理由にする場合

家族が高齢となり、介護のため実家に帰ることになりました。仕事を離れて家族の介護に専念したく、大変申し訳ありませんが◯月に退職をさせていただきたく存じます。

現在、私が担当している業務は責任を持って引き継ぎを行いますので、それまではご指導の程よろしくお願い致します。

2.転勤に伴う引越し

家族の都合による事情は周囲はどうすることもできません。転職先についてあれこれ聞かれた場合は、「落ち着いたら考えたいと思っています」と濁しておきましょう。

【例文】転勤・引越しを退職理由にする場合

夫の転勤により家族で地方へ引っ越すことになりました。大変悩みましたが、子どもが進学を控えており家族全員で受験サポートをするため◯月での退職を考えております。大変急で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

退職までの一般的な流れ

上司に退職を申し出てから退職するまでの、一般的な流れを見ていきましょう。退職手続きの方法がわからない方は、参考にしてみてください。

1.直属の上司に退職意思を伝える

直属の上司に、口頭で退職の意思を伝えましょう。

まずは、上司に「お話したいことがあるので、お時間をいただけないでしょうか」と先にアポイントをとるのがマナーです。

口頭ではなく、面談という形でメールを送る際は下記の例文を参考にしてみてください。

件名:面談のお願い

◯◯部長

お疲れ様です。
◯◯科の◯◯◯◯です。

お話したいことがあり、30分ほどお時間をいただけますと幸いです。

◯月◯日~◯日の間で、13:00時以降はご都合いかがでしょうか。
会議室や個室など静かな場所で、お話したいと考えております。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い致します。

———-
◯◯ ◯◯
携帯:000-0000-0000
E-mail:[email protected]

 

また、場所は周囲に話を聞かれずゆっくり会話できる会議室を選んでください。

カフェや居酒屋といった食事の席で退職の話を切り出すのはタブーです。誰が会話を聞いているかわからないうえに、お酒が入ると言った言わないの水掛け論になりかねません。

「◯月いっぱいで退職させてください」とはっきり伝えることで、引き止められにくくなります。周囲に迷惑をかけないよう、退職を申し出るタイミングも配慮しましょう。

退職を申し出るタイミング
【年度末前】
組織体制の見直しが行われる年度末(3月末)は、求人が増える時期です。新卒社員の教育係を任されたり、昇格したり働く環境が変わりやすいため、上司には年度末前に退職を伝えましょう。
【ボーナス支給後】
一般的なボーナス支給月は、7月と12月の年2回。退職を伝えるなら、ボーナスを受け取った1ヶ月後が良いでしょう。ボーナス前に退職意思を伝えると、支給額を意図的に減らされる場合があります。

2.退職日を決定する

上司と、業務の引き継ぎ事項や有給休暇の消化時期などを相談し退職日を決定します。

3.退職届を提出

退職届は、退職日の1ヶ月前までに提出します。就業規則に提出日の指定がある場合は、記載内容に従いましょう。

会議室や個室など人目につかない場所で、手書きの退職届を広げて上司に手渡しするのがマナーです。封筒のまま渡すと、「中身は入っていなかった」「退職届を確認できないから受理できない」などトラブルになる可能性があります。

4.業務の引継ぎ・お世話になった人への挨拶

退職届が受理されたら、後任者とともに同僚や患者のもとをまわり退職の挨拶を行います。退職挨拶のタイミングで後任者の紹介をした方が、業務の引き継ぎがスムーズです。

5.退職

退職日までにロッカーを整理し、下記の備品を返却します。人事部に確認し、受け取る書類と返す備品それぞれを確認しておきましょう。

最終出勤日は、お世話になった感謝を込めて菓子折りを持っていくと好印象です。業務の合間でも手が汚れず食べやすい、クッキーやフィナンシェなど個包装の焼き菓子が良いかもしれません。

返却するもの

  • 健康保険被保険者証
  • 社員証やカードキー(身分証明書)
  • ネームバッジ
  • バッジ
  • 名刺
  • ユニフォーム
  • 職場の経費で購入した書籍や事務用品
  • 業務マニュアルやデータ
  • ロッカーの鍵
  • 通勤定期券

退職日に会社から受け取るもの

  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳

まとめ

看護師は、命を預かる責任の重い仕事です。

劣悪な環境で我慢して働き続け心身ともにダメージを受けてしまっては、「また看護師として働きたい」と思っても社会復帰できなくなる可能性もあります。

思い切って環境を変え、ゆっくり自分と向き合う時間も大切にしてはどうでしょうか。

看護師の仕事が辛い・辞めたいと思ったら

  • 長期休暇を取って自分の時間を楽しむ
  • 部署異動を検討・申し出る
  • 働く環境を変えてみる

この記事を見て、転職を少しでも考えた人は「看護師転職サイト徹底比較|プロが選ぶ目的別転職サイト9選」の記事を参考に今後の活動を決めると良いでしょう。看護師転職に関してまとめた記事なので、きっとあなたの役に立ちます。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄