CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

実際に派遣社員として働く男性の方は多く存在し、国内の派遣全体の40%の56万人の男性が派遣で働いていると言われています。

そんな派遣で働く男性の方に向けて、この記事では派遣で働く男性について徹底的に解説をしていきます。
男性の方におすすめな派遣会社も合わせてご紹介しますので、役に立つでしょう。

最初におすすめの派遣会社を知りたい方は、この3社がおすすめです。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶

派遣で働きたい男性の方には必見の内容となっていますので、ぜひ御覧ください。

男性におすすめの派遣会社ランキングはこちらから移動できますので、是非登録をしてみて下さい。

最初にチェック!高評価の派遣会社
高時給案件が多い
派遣会社

【オンライン登録可能】
高時給案件多い
求人数に強み
主婦向け案件多数
全国に派遣案件あり

\スマホで登録2分/

公式サイト→

※当サイトで一番人気

大手の実績
抜群のブランド力
全国に派遣案件あり

\登録かんたん/

公式サイト→

意外と男性の派遣は多い?

まずは、国内の男性派遣の現状について詳しくご紹介していきます。

国内に派遣として働いている男性の方は、どのくらいいるのでしょうか?

日本人材派遣協会の調査によると、
派遣社員141万人のうち、男性56万人・女性85万人となっています。

派遣社員全体の約40%が男性の派遣社員であるということがわかります。

「派遣」というと女性のコールセンタ-やオフィスワークなどが思い浮かぶ方が多いかも知れませんが、意外と男性の派遣の方も多く、かなりの数の男性が派遣として働いているのです。

男性が派遣で働く理由

では、男性が派遣で働く理由として、どのような理由があるのでしょうか?

男性 派遣選んだ理由

参考:「2019年 派遣社員の意識・就労実態調査」

マイナビによって行われた、派遣に関する調査によると

「派遣社員を選んだ理由」で最も多かった回答は「正社員として就職できなかったから」が一番多く、43.0%となりました。
また、「すぐに仕事に就ける」という理由で派遣社員を選んだ人も多く、28.9%でした。

一方、女性の場合、「働く日数・時間を選べる」が36.8%と一番高く、「すぐに仕事に就ける」が35.7%でした。

このような結果から、男性の派遣は、「正社員までのつなぎ」または「正社員になれなかったから」という理由で、派遣で働いている方が多い傾向にあります。
少数ではありますが、「人間関係に縛られたくない」など働きやすさから派遣として働いている方も多いようです。

一方で女性の派遣場合は、全体的に「働きやすさ」などから派遣を選んでいる傾向があります。

男性が派遣で活躍している業種

この章では、男性が派遣社員として活躍している業種について詳しく説明してきます。

男性 派遣業種

参考:総務省 労働力調査基本集計

派遣では働く男性計56万人のうち、製造関連で働く人が全体の約40%となる22万人、運搬、清掃などが約21%の12万人、専門・技術職が約10%事務職が約9%となりました。

半数以上の男性の派遣社員の方は、製造関連、運搬業、専門職の分野で働いていることがわかります。

一方、女性の場合は事務職が一番多く、全体の女性派遣の約半分を占めます。
事務職で働く男性派遣社員は9%なので、女性と比べると少ないですが、男性でも一定数、事務職派遣もいるようです。

男性が派遣で活躍している職種は主に

  • 製造業
  • 運送業
  • 専門・技術職
  • 事務職

であることがわかります。

ここからは、この4つの職種についてそれぞれ解説をしていきます。

製造業

製造業における派遣スタッフの業務内容は、主に製造上の加工や機器操作です。
特に力仕事が多く、男性の力が求められる仕事でもあります。

製造業の派遣で働くメリットとしては、比較的時給が良いということが挙げられます。現在の製造現場では、人手不足な工場が多く、その分、時給も高めに設定されていることが多いです。

一方、デメリットとして、仕事によっては重労働を強いられたり、高いスキルを求められる場合があります。
高時給な案件ほど高いスキルを求められるため、事前に「時給が高い理由はなぜなのか」を聞いておく事も必要です。

製造業に強い派遣会社としては、日研トータルソーシングがおすすめです。
スキルアップ・資格取得サポートが充実しているため、未経験の男性でも働く事が可能です。

製造系に強い派遣会社は以下の記事にも詳しく記載してありますので、是非参考にして下さい。
>>工場・製造業に強いおすすめの派遣会社ランキング【求人数No.1を調査】

運送業

運送業の派遣の仕事は、主にトラックなどで荷物を運送する業務です。
現在は、ネット通販の規模が拡大しており、ますます運送業社の需要は拡大してきています。

運送業派遣のメリットとしては、働き口がたくさん存在するという事です。
都市部だけでなく、地方にも働き口が多くあるため、地方でも派遣として働く事が容易です。

また、運送派遣の場合は、残業や休日出勤がほとんどなく、自分の時間を作れる点も大きなメリットでしょう。

一方、デメリットとしては、長く働ける保証はないという点です。多くの働き口があることは事実ですが、最悪の場合、契約次第では仕事を続けられない場合もあることを注意して下さい。

専門・技術職

専門・技術職の派遣としては、IT系や開発職の仕事が挙げられます。
このような職種の場合は、前職での専門的な知識や業務経験があると、有利に派遣として働くことができます。

未経験であると少し難しい部分があリますので、独学でプログラミングを学んだりする必要があるでしょう。

比較的他の派遣業種と比べると、平均時給が高い場合が多く、高収入を目指すことも可能です。

専門職派遣のおすすめの派遣会社は下記の記事に詳しく載っていますので、こちらもご参照下さい。

>>IT・エンジニア派遣に強いおすすめの派遣会社ランキング|未経験OKや高時給案件が豊富

事務職

男性の事務職派遣の割合は、全体の10%であり、比較的少数となっていますが、男性の派遣の方にもおすすめの職種です。

事務職にも様々な種類があり、以下のような業務内容があります。

事務職の業務内容

  • 一般事務
  • 人事事務
  • 営業事務
  • 経理事務
  • その他の事務職

事務派遣で働く事のメリットとしては、スキルアップがしやすい事が挙げられます。
PC作業や電話応対などによって、バックオフィス業務を経験できることは良いキャリアアップに繋がります。

事務職について興味のある方は、下記の記事に詳しく載っていますので、ぜひこちらも読んでみて下さい。

>>事務職に強いおすすめの派遣会社ランキング【求人数No.1を調査】

男性が派遣で働くメリット

この章では、男性が派遣で働くメリットについて、解説をしていきます。

男性が派遣で働くメリットとしては、主に以下の3つが挙げられます。

男性が派遣で働くメリット
  • 職選びの選択肢が広がる
  • 拘束時間が短い
  • 大企業で働ける可能性もある

それぞれ順に紹介していきます。

職選びの選択肢が広がる

まず1つ目のメリットとして、職選びの選択肢が広がるということが挙げられます。

派遣社員で働くということは、正社員で働くことと比べて、比較的自由に仕事を変えることができ、自分に最適な職を選択することが可能です。
正社員よりも選択肢が広がるので、幅広い視点から自分の将来の職を探す事ができるでしょう。

例えば、男性の方で事務での仕事に興味があれば、短期間だけ契約して職場の雰囲気や事務業務を一通り経験することも可能ですし、工場業務であっても、自分に合っているかどうかを短期間の業務で知ることができます。

特に男性の20代、30代である場合は、まだまだキャリアの途中ですので、焦って自分に合っていない企業に転職してしまうことはもったいないと言えます。

派遣社員であれば、より幅広い選択肢を持って働くことが可能となります。

拘束時間が短い

2つ目のメリットとして、拘束時間が短いということが挙げられます。

正社員の場合と比べて、派遣社員の場合は、残業や休日出勤の縛りがありません。そのため、拘束時間が短く、自分の時間を確立しやすくなります。
特に男性の場合は、「自分の時間が欲しい」という方も多いようなので、派遣という働き方は最適なのかも知れません。

また、派遣であるがゆえに、過度な責任を追わなくて済むということもメリットの1つでしょう。
男性の場合、「責任の伴う仕事を振られやすい」ということも事実としてあります。そのため、派遣という働き方はストレスの少ない働き方でしょう。

大企業で働ける可能性もある

あまりイメージが湧かないかも知れませんが、派遣社員から大企業の正社員になるということは実際によくあります。

派遣として長期間働いていれば、企業に自分の実力をわかってもらいやすくなるため、優秀な結果を残せば正社員になれるチャンスは大いにあるのです。

また、派遣として半年以上働いていく中で、上司の方から働いている姿は全部見られます。

その人の人柄や仕事ぶりなどを半年以上かけて判断されるため、企業側から見てもその人の本性を見て判断ができ、採用に繋がりやすいのでしょう。
もし、派遣として大企業で働くチャンスがあれば、かなりのチャンスだと言えます。

派遣として働くことはキャリアアップに繋がりやすい事は覚えておきましょう。

男性が派遣で働くデメリット

男性が派遣で働くメリットもある一方で、デメリットももちろん存在致します。
そこでこの章では、男性が派遣で働くデメリットについて、解説をしていきます。

男性が派遣で働くメリットとしては、主に以下の3つが挙げられます。

男性が派遣で働くデメリット
  • 職場環境が変化しやすい
  • 福利厚生が少ない
  • 派遣で働く男性は結婚がしづらい?

職場環境が変化しやすい

これは女性の派遣に関しても言えることですが、職場環境が変化しやすいということがデメリットとして挙げられます。

規定では派遣は同じ職場には3年までしかいることができません。そのため、職場でどんなにいい関係を築いたとしても、契約が更新できなければ、転勤せざるをえないでしょう。

また、3年まるごと働ける派遣社員の割合は少なく、平均して半年から1年間の間で派遣社員の職場は変わっています。
派遣で働く以上、その事は頭に入れておいたほうが良いでしょう。

福利厚生が少ない

福利厚生が少ないということもデメリットとして挙げられます。

正社員の場合、福利厚生として、交通費手当や住宅手当などの福利厚生を受けられる事が多いですが、派遣の場合、それらの福利厚生は受けることができません。

一見、正社員と比べると給料は変わらないように見えますが、全体で見ると、福利厚生の面で大きな差が開いています。

派遣で働く男性は結婚がしづらい?

派遣で働く男性は結婚がしづらいということもよく言われるようです。

もちろん一概に言えることではありませんが、派遣という不安定な立場上、結婚する男性が少ないということがあります。

正規雇用の未婚率

  • 20代男性:67.5%
  • 30代男性:30.7%

非正規雇用の未婚率

  • 20代男性:94.0%
  • 30代男性:75.6%

これはあるデータですが、非正規雇用の男性の方が圧倒的に未婚率が高い事がわかります。

派遣という身分上、立場が不安定ということもデメリットの1つと言えるでしょう。

男性におすすめの派遣会社ランキング

この章では、男性におすすめの派遣会社をランキング形式でご紹介致します。

男性の派遣の方であれば、登録しておいて間違いない派遣会社ですので、ぜひ、複数の派遣会社に登録することをおすすめします。

1.スタッフサービス


おすすめは人材派遣のリーディングカンパニーであるスタッフサービスです。

優良派遣事業者の認定番号は1802003(02)です。

スタッフサービスはリクルートグループの企業で、大手企業への派遣数の多さ、営業力の高さ、研修体制の充実度、フォローの良さなど優良な派遣会社に必要なポイントすべてを抑えています。

今月退社するから、翌月から別の派遣のお仕事を開始したい!」場合でも、相談することが可能なので、急ぎで仕事をお探しの方にもピッタリの派遣会社です。

誰もが知っている企業への派遣実績もありますので、
まだ登録されていない方は、始めに登録しておくべき派遣会社です。
公式サイトURL:https://www.022022.net/

スタッフサービスの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(東京)
スタッフサービスは充実の福利厚生と細かいケアがとても良かったです。色んな派遣会社に登録していますが、中でもスタッフサービスの福利厚生はとても充実していて、登録派遣社員のための定期健康診断や提携英会話スクールでお得な料金でレッスンが受けられたりしてとてもありがたかったです。

>>2分で完了<<

>>スタッフサービスの評判や口コミを詳しくチェックしてみる

2.ランスタッド

ランスタッド
ランスタッドは1960年にオランダで創業。日本支社は1980年に設立したランスタッド・ホールディングスが運営する世界最大級の総合人材サービスです。

ランスタッドは世界的企業ですが日本での知名度はスタッフサービスやテンプスタッよりも低いため、登録者が少なく、お仕事を紹介されやすいメリットがあります。

製造業や軽作業といった簡単な業務内容から英語を必要とする医療、銀行、貿易といった金融業など、スキルを求められる求人も多く掲載されています。

ランスタッドでは福利厚生としてランスタッドクラブオフが活用できます。有名なホテルなどをリーズナブルな料金でご利用いただけるほか、優待対象施設をご利用いただけます。

>>>ランスタッドの製造・軽作業に特化した登録ページはこちら

>>>ランスタッドの事務に特化した登録ページはこちら

ランスタッドの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(東京)
柔軟性があり優秀なコーディネーター揃い。ランスタッドの強みは、フットワークの軽さだと思います。こちらの時間に合わせて登録時間を営業時間外にズラしてくれたり、登録時についでに数社紹介案件をピックアップしてくださっていたのには感激しました。かなりさばけている印象を受けましたね。また、派遣先と時給の交渉をしてくださったこともありました。
不便に感じたのはメールでの紹介案件の情報共有が少ないところくらいです。

>>ランスタッドの評判や口コミを詳しくチェックする

3.マンパワー

派遣求人サイトのマンパワーは世界80カ国以上にサービスネットワークを有する米国マンパワーグループの日本法人です。
優良派遣事業者の認定番号は1702009(02)です。

世界最大級の人材派遣会社なので、英語を使う仕事や、大手外資企業の求人も豊富にあります。
TOEIC対策プログラムやプロによるキャリア相談などのプログラムを無料で受けることができるなど、スキル・キャリアアップにも積極的です。
また、日本で初めての人材派遣を開始したということもあり、長い歴史の中で得た信頼を獲得しており、国内の大手企業や優良企業のにも強い特徴があります。全国に拠点があるため、場所を選ばずお仕事のご紹介ができますよ。
公式サイトURL:https://www.manpowerjobnet.com/

マンパワーの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(名古屋)
失業して1年ほどブラブラしていましたが、生活が苦しくなってきたので仕事探しを始めました。形態は特にこだわりがなく、友達の勧めと毎週給与が入ってくるのと単価が高いのが魅力で派遣会社に登録しました。
こちらの話もよく聞いてくださり、数名でコールセンターの面接に挑みました。多数雇用予定だったようで他の派遣会社からの人も多くいろんな話を聞くことができました。

>>マンパワーの評判や口コミをチェックする

男性の方が派遣会社を選ぶ際のポイント

派遣で働くことができたとしても派遣会社自体のフォローやサポートがないブラックな派遣会社に勤めてしまっては元も子もありません。

派遣で働く男性の場合、重労働を任せられやすかったり、ブラックな環境での労働を強要されてしまう可能性もあります。

しっかりと重点をチェックしていきましょう。

信頼できる派遣会社を選ぶポイントは3つあります。

派遣会社を選ぶポイント
  • 優良派遣事業者に認定されているか
  • 営業担当などの従業員が多いか
  • スキルアップや研修制度が充実しているか

それぞれ順に紹介していきます。

優良派遣事業者に認定されているか

厚生労働省が認定した優良派遣事業者のアイキャッチ画像

1番はじめにチェックするポイントは厚生労働省から委託を受けた認定機関による【優良派遣事業者認定制度】に認定されているかどうかを見ます。

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。

 

優良派遣認定事業者として登録されているのは2020年10月時点で167社あります。

つまり現在日本にある派遣会社は約85,000社もあることから派遣事業者数の1%未満の優れた派遣会社しか優良派遣事業者として認定されていません。

この記事で紹介している派遣会社は優良派遣事業のみを選定しています。

営業担当などの従業員が多いか

営業担当の方は大勢の派遣スタッフの担当をしています。

派遣会社の悪い口コミとしてよく挙げられる「営業担当の対応が悪い!!」という指摘がありますが、一人ひとりにかけられる時間は限られているので全員に手が回らないのが現状です。

担当する派遣スタッフの人数が多すぎて手が回らない

また求人数が多くなればなるほど、仕事を紹介してくれるコーディネーターの方がすべての派遣先企業の状況を把握できなくなります。

その結果、希望していた勤務条件が違っていたり、職場の雰囲気が悪い派遣先に行かされたりしますので、派遣スタッフの登録数と従業員の人数の比率はチェックしておきたいですね。

営業担当数が多ければ求人案件を1社ずつ詳しく調べることができます。求人情報には掲載していないリアルな情報を教えてくれますよ。

スキルアップや研修制度が充実しているか

派遣会社に登録する人でパソコンのスキルに自信がなかったり、基本的なビジネスマナーを知らない方も多いです。

大手派遣会社なら未経験者が分からない点や躓くポイントを熟知していますので、丁寧に教えてくれますよ。

希望する仕事、条件がよい仕事の紹介を受けるため3社以上に登録しましょう。
(1人平均4.3社登録、4人中3人が3社以上の派遣会社に登録)

先程紹介した条件別の派遣会社おすすめランキングの中から、ご自身に合った派遣会社を選んでみて下さい。
ランキングをもう一度見たい方はこちらから

派遣会社登録からお仕事開始までの流れ

派遣登録からの流れ
派遣会社のウェブページには書いていない本当の就業開始までの流れをご説明していきます。
詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

1.プロフィールWEB登録or派遣登録会予約

まず派遣会社に自身の情報を登録する必要があります。この登録の方法は大きく2つあります。

派遣会社のWEBページでプロフィール登録

自分の氏名・住所・生年月日やこれまでの職歴を登録し、後日登録会に参加します。
その場で改めて登録した情報の確認が行われます。

派遣登録説明会予約

派遣会社によってはWEB登録を受け付けていない会社もあります。その場合は派遣会社のWEBページで派遣登録会の予約をします。

2.派遣登録説明会の参加

派遣会社に登録するために、派遣会社が指定もしくは自分が選んだ会場にてプロフィールや経歴の紹介、スキルテストなどを受講します。

WEBページでプロフィール登録した場合でも、登録会に参加しなければ仕事の応募が出来ますが最終的な紹介がされませんのでご注意ください。
登録会での悪い対応やだらしない服装等は今後の仕事紹介に非常に影響してきます。相手もあなたと同じ人間です。誠実な対応を取っていきましょう。

登録会の時点であなたの経歴・スキルと人材派遣会社が募集している仕事がマッチしていたらその場で紹介されます。

3.派遣会社から求人紹介を受ける

派遣会社への登録後、WEBページ上で仕事の応募ができるようになります。

派遣会社側でも自社が保有している派遣案件と派遣会社の登録者をマッチングしており、適合している人がいれば電話又はメールにて連絡してきます。

4.人材派遣会社社内選考

あなたがお仕事を応募した場合、または派遣会社が紹介した仕事を受諾した場合は、派遣会社内で社内選考がおこなわれます。

選考の理由は他の応募者と比較して経歴やスキルが今回紹介する仕事とどちらが適合しているかを判断するためです。

5.職場見学(顔合わせ)

社内選考通過後、紹介された会社での職場見学(顔合わせ)があります。実際に紹介された会社(派遣先)に派遣会社の担当営業といき、自身の経歴の説明や紹介企業(派遣先)からの仕事説明などが行われます。

ここで注意していただきたいのは面接ではなく職場見学です。

あなたと派遣先企業(実際に働くところで)の情報に相違が無いことを解消するために行います。実際に働き始めて言われたことと違うとならないように、しっかり質問をしてください。

6.派遣先での就業開始

職場見学であなたの就業の意志が固まれば、派遣先での就業開始です。

派遣登録から就業開始までの期間

登録から就業開始まで、通常2,3週間程時間を要します。すべてのタイミングがいい方ですと登録から就業開始まで3日の方などもいます。

男性の派遣会社でよくある質問と回答

求人でチェックすべきポイントはありますか?

特に男性の派遣の場合、派遣求人でチェックすべきポイントとして、以下のような点が挙げられます。

派遣求人でチェックすべき点
・正社員登用があるかどうか
・紹介予定派遣であるかどうか
・正社員になった前例があるかどうか

これら3つの点を男性派遣の方はチェックするようにしましょう。

特に男性派遣の場合は、派遣から正社員を目指している方が多いので、正社員になれるチャンスがあるかどうかということはかなり重要になります。

しっかりと、これら3点を考慮した上で、派遣求人を受けるようにしましょう。

良い派遣先に配属されやすくするには?

良い派遣先に就くためには、派遣会社の社員さんとの協力が必要となります。

派遣会社の社員さんに自分がどれだけできるのかをアピールすることが重要です。

もし、その派遣会社にスキルアップ制度などがあれば、制度を活用して行きたい業界について学ぶ事も必要となります。
そのような制度がない場合でも、「独学で基本の情報は学ぶ」などして意欲は見せた方がいいかも知れません。

とにかく学ぶ意欲があること、やる気を見せることで、少しは大手などの派遣先に就ける可能性が高くなるでしょう。

派遣社員でも有給休暇とれますか?

派遣社員でも有給休暇を取得することはできます。
有給休暇とは、正社員・契約社員・派遣社員などの雇用形態に関わらず平等に与えられるものです。

労働基準法にも、以下のように定められています。

有給休暇について|労働基準法
使用者は、その雇入れの日から起算して6ヵ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続または分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない。

派遣社員の場合、派遣会社との雇用契約を締結したのちに、派遣先企業での勤務を開始した日が「雇入れ日」です。言い換えると、派遣先企業で勤務して6ヵ月間が経過し、全労働日の8割以上を出勤していれば、10日間の有給休暇が発生するということです。

まとめ

この記事では、男性の派遣への意識、男性が派遣会社で働くメリット・デメリットなど、徹底的に解説をしていきました。

派遣で働く事に迷っている男性の方も多いと思いますが、この記事で書かれていた事が参考になりましたら幸いです。

ランキングで紹介した派遣会社にもぜひ登録をしてみて下さい。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶