CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

保育士を辞めて他業種に転職したい、他業種に転職できるのか知りたいという悩みや疑問を抱えている人は多いのではないでしょうか。

他業種に魅力を感じることや、保育士を辞めたいと感じることは働いているなかでふと湧き上がるものですよね。

しかし、他業種へ転職する時には「これまでの経験があまり重視されない」などの注意しなければならないポイントがたくさんあります。

この記事では、保育士から転職できるおすすめの他業種を紹介するだけでなく、転職する際のメリット、デメリット、他業種への転職を成功へ導く転職エージェントも併せてご紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にして、保育士から他業種への転職を成功させてください。

人気求人が豊富

保育士ワーカーバナー

保育士ワーカー
求人数49,950件
全国対応

\Web登録60秒/

公式サイト→

ヒトシア保育(旧:保育ひろば)
非公開求人多数!
小規模開催の転職フェアが人気

\60秒で登録完了/

公式サイト→

【関連記事】
介護転職におすすめの転職サイト|選び方や口コミも解説

介護職に強い転職エージェントおすすめランキング|希望条件別に特徴比較

記事の目次

保育士が他業種に転職する5つの理由

さまざまな理由で保育士から他業種へ転職したいと考えている人がいるでしょうが、ここではその中のほんの一例をご紹介していきます。

理由1. 年収が低い

保育士の年収は昔に比べて改善されつつありますが、それでも一般的な職種に比べると低いのは事実です。
園によっては、10年在籍している先輩の給与が、新米保育士の給与と数万円程度しか変わらないところもあります。

さらには、結婚・出産を経て復職するとなるとフルでは働けないので、その分また年収が下がってしまいます。
保育士は重労働であるにもかかわらず変わらない待遇に絶望し、保育士を辞めてしまいます。

理由2. 職場内の人間関係

保育士は女性率がとても高い職種ですが、女性だけの職場での人間関係は非常に難しいものがあります。
離職理由として上位にあがるのが、人間関係だそうです。

また、私立の保育園などでは、経営側の権限が強く、園独自の経営方針を持っているところがほとんどです。
それが肌に合わないと余計ストレスとなってしまうこともあるようです。

>>女性におすすめの転職サイトを見てみる

理由3. 保護者の対応

モンスターペアレントという言葉が流行った時期がありますが、事実そういった保護者は一定数存在します。
自分自身の子供を大切にするからこそ、つい口出しをしたくなってしまうのだと思いますが、保育士側からすると、保護者のクレームは大きな負担になります。

保育園の経営者側も、働いている保育士より保護者を優先してしまいがちなので、結果保育士の不満が溜まる原因となります。

理由4. 体力的に仕事が大変

保育の現場では、腰や膝を痛めてしまう人がとても多いようです。
園児の体を持ち上げたりする時に腰に力を入れるため、どうしても腰を痛めてしまうのです。
力仕事だと言っても過言ではありませんから、体力的にきついと感じるのも当然のことでしょう。

体を痛めたまま園の中を動き回り、園児の対応をすることは非常に困難です。他業種に転職したいと考えるのも無理はないでしょう。

理由5. 休みが少ない

とにかく休みが少ないことがつらく、不満だという声も多く見受けられました。
保育業界は常に人手不足ですから、休日の対応をすることも多く、それ以前に休日を設定してもらえないことも多いのです。
毎日の激務で、ただでさえ疲れているというのに、まともに休みも取れないとなると嫌気が差してしまうのは当然のことでしょう。保育士に見切りをつけ、他業種に移りたくなるのは当然のことです。

保育士が他業種へ転職する時に重要視されていることとは

保育士が他業種へ転職する時、相手先の企業が重要視していることは年齢です。
特に20代は若さを売りにすることができます。保育士からの転職でも、これからまた御社で学んでいきますという態度を見せれば採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

30代は20代に比べて若さを売りにすることができないので、転職に関してはやや難しいところがあります。ただ、上手く自己PRをすることで転職に成功できる可能性は高まります。
年齢は意外と重要視される要素でもあるので、もし「転職したい」という気があるのであれば、早めに決断をすることも大切です。

保育士の経験を活かせる他業種へ転職

ここでは、保育士の経験を活かすことができる他業種の転職先をご紹介します。

介護職

保育士と介護士は勉強する科目が共通している部分が多々あります。
資格内容だけでなく、仕事においても人に接するのは共通ですので、今までの経験が最も活きる転職が出来るでしょう。

相手をする年齢層も大きく変わるので、新たな気持ちで仕事へと臨めるはずです。

介護士の働く場所
介護士として働く勤務先の種類は、大きくわけて老人ホームなどの施設、医療機関、利用者の個人宅の3つがあります。

①施設
施設の利用者、入居者の身の回りの世話やサポートを行います。

②医療機関
院内ヘルパーとして、担当医師や看護師の指示に従いながら食事の配膳・ベッドメイキング・その他雑務を行います。

③個人宅
身体介護や生活援助が主な仕事となります。掃除やゴミ捨て、入浴、調理、通院介助など、各利用者によって支援の内容は様々です。

その他にも、デイサービス(通所介護)、デイケア(通所リハビリテーション)といった、利用者が日中だけ滞在する日帰り施設での介護があります。
また、在宅利用にしても日帰りも泊まりもある小規模多機能施設(小規模多機能型居宅介護)があります。

介護職に特化した転職エージェントを知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

【関連記事】
介護転職におすすめの転職サイト|選び方や口コミも解説

介護職に強い転職エージェントおすすめランキング|希望条件別に特徴比較

託児所

保育園のように子どもを預かる無認可の託児所だけでなく、美容院や自動車学校、ホテルや病院など、託児を行っている施設は今とても増えています。
イベントやコンサートといった行事の際にスポットで預ける託児アルバイトやベビーシッターなどもあります。

幼児教室

必ずしも保育士の資格が必要というわけではありませんが、保育士の資格を持っていると有利になることが多い仕事の一つです。
また、ご自分で教室を開くという時にも、有資格者であるということは保護者からの安心の目が違います。

学童保育・児童館

小学生の児童を対象として、放課後・長期休暇期間などに一時的にに預かり保育をするものです。
自治体によっては、「放課後児童クラブ」などと呼ぶところもあります。

2015年より放課後児童支援員の資格があると有利とになりました。この放課後児童支員は新しい資格なので、まだ認知が薄いのですが、一定の条件を満たす人が研修を受けることで取得することが出来ます。
その一つの条件として、「保育士資格を持っている方」というのがあります。保育士資格を持っていることは大きなメリットになるでしょう。

乳児院・児童養護施設

乳児院や児童養護施設では、保育士資格を取得している方向けの求人があります。なかなかハードな仕事ではありますが、正社員の求人で月給20万円以上という好条件もあり、収入面では比較的安定しているといえます。

また、宿直がない就業方法を選べるところもあるので、収入面での転職を考えた時に検討したい職場です。

保育士とは完全に離れた他業種へ転職

ここでは、保育士とは全く関係のない他業種の転職先をご紹介します。
心機一転、保育士とは関連のない仕事をやってみたい、自分の新たな可能性を見つけたいという方は参考にされてみて下さい。

一般事務

安定した仕事として人気の一般事務は、求人数が多いのと同時に保育士だけでなく多くの方が希望する職種でもあります。最近ではどの会社も事務職を採用していることも多いです。

ただ、保育士はPCスキルを活かす場面が少ないことからPCに苦手意識を持つ方が少なくありません。
事前にPCの苦手意識を払拭するために、PCに関する資格を取得することをおすすめします。

飲食業などのサービス業

レストランやアパレルなどのサービス業は、保育士時代で培ったコミュニケーション能力を存分に活かせるでしょう。

人と接することが苦痛でないのであれば、サービス業はとても良い環境であると言えます。大手であれば高額なボーナスが出ることも期待できますし、突然企業が倒産するといったことも考えにくいでしょう。
アミューズメント系の接客では子どもと近い距離で出来る職種も多いため、経験を買われ採用される可能性が高いです。

ただし、サービス業の場合は変則的なお休みになってしまったり、場合によって夜遅くなるので事前に勤務形態をよくチェックしておくことです。

営業

人と接することに慣れているのなら、営業職もおすすめです。例えば、保育関連の商品を扱っている企業であれば面接に受かりやすくなるでしょう。

保育用品などを販売している企業や、保育用品のメーカーなど、保育園で働いていたことを強みとしてアピールできる転職先は数多くあります。
営業職として再出発するとすれば、そういった保育関連の企業が受かりやすいのでおすすめです。

営業職は大きく年収をアップさせることが期待できるため、これまで薄給で苦しんでいたという人にはぜひ挑戦してもらいたい業種です。

営業職のデメリット
営業職は手取りが良いかもしれませんが、毎月のノルマに追われる日々が待っている可能性があることも否定できません。もし保育士を辞めたらゆったりとした仕事がしたい、という人には営業職はあまりおすすめできないかもしれません。

システムエンジニア・IT関連の業務

近年、システムエンジニアやIT関連の求人は常に増え続けています。中途採用でも活躍することはできますし、独学で知識をつければフリーランスで契約を結ぶこともできます。

>>フリーランスにおすすめの求人サイト
>>フリーランスエージェントおすすめランキング

保育士としてのノウハウは残念ながら活かすことはできなくなってしまいますが、システムエンジニアとして成功すれば年収もアップすることができますし、生活が安定しライフスタイルを確立させることもできます。

そのためにもまずは、システムエンジニアになるためにはどのような知識が必要なのかということを確認し、勉強していきましょう。

システムエンジニアやIT関連会社に転職するには
システムエンジニアになるためには一定のスキルが必要です。これはIT関連会社に転職する時にも同じことが言えます。
しかし、独学では難しいからといってスクールに通うと高い費用や長い月日がかかってしまってもったいない場合もあります。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。
転職エージェントの中にはプログラミングスクールと同じようなカリキュラムを用意しているところもあり、学びながら転職活動を進めていくことができるというメリットがあります。

未経験からシステムエンジニアなどIT関連の仕事に転職したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

【関連記事】
エンジニア向け転職エージェントおすすめランキング
エンジニアにおすすめの転職サイトランキング
エンジニアに強い派遣会社おすすめランキング
プログラミングスクールおすすめランキング

在宅ワーク

近年、在宅でできる仕事も以前より増えてきています。例えばライティングやデータ入力作業、音声起こし、添削指導など。経験を問われるものでなければ単価が低いのも事実ですが、家庭と両立させて無理なく働きたい方にはおすすめです。

転職サイトなどで”在宅ワーク”と検索すると様々な案件が出てきます。

在宅ワークの種類
ここでは、簡単に在宅ワークの種類を一部ご紹介します。

ライター
企業からの依頼に合わせて、記事の執筆を行うというものです。
経験がなくても始められる案件も多く、安定して人気があります。文章を書くことが好きであれば是非検討したい在宅ワークです。文字数・難易度によって報酬額に差はありますが、比較的良い報酬をもらえるというのも人気の理由です。

データ入力
企業からの依頼合わせて、データの入力作業をするというものです。
リストの作成や商品情報の入力といった単純作業が多いことが特徴です。他にも、インターネットを活用しながら特定の内容についての情報を調べまとめるといったリサーチ業務も。
WordやExcelなどのOfficeソフトを使用します。

文字起こし
企業からの依頼合わせて、録音された音声をヘッドホンで聞きながら文字に起こすという作業です。
ある程度タイピングスキルが求められますが、徐々に慣れていきさえすれば比較的負荷なくできます。書き起こした文字数に応じて報酬が支払われるケースがほとんどです。

添削指導
子どものオンライン学習をしている企業などで、添削を行う指導者のことです。
基本的には、指導者マニュアルに沿って添削を行いますが、学年や難易度に応じて経験・知識を要する場合もあります。間接的にではありますが、子どもと接する仕事となります。

製造業

逆に、人と関わりたくないという人には製造業がおすすめです。工場内では黙々と作業をすることが求められるため、あまり積極的にコミュニケーションをとる必要がありません。

レクリエーションの準備や掲示物を作成する際に手先が器用だった人に特におすすめなのが製造業です。細かい作業を伴う仕事ですから、保育士時代に手先が器用だと言われていた覚えがある人は製造業も転職先の選択肢に含めてみてください。

工場はほぼ必ずと言って良いほど求人募集が出ていますから、興味があれば交通手段や待遇などの条件だけでも確認してみてください。

製造業は具体的に何をするのか
製造業では、組立、加工でライン作業を行います。この時、道具や機械を用いて部品の点検を行い、基準を満たしているか、きちんと製品として問題がないかなどを確認します。

また、軽作業では仕分けを行い、梱包作業にも携わります。基本的に細かい作業が大半を占めているので、淡々と確実に、ミスなく繰り返すことができる人が向いていると言えるでしょう。

建設業

建設業と言っても、実際に現場でビルを建てるわけではありません。CADソフトを使って図面を引くことも、取引先と打ち合わせをすることも、現場を視察することも、全て建設業の仕事です。

過度に誰かと関わることはありませんが、疲れやすい仕事ですから、誰かが疲れていたら声をかけてあげられるかもしれません。保育士のスキルは、そういったところで役に立ちそうです。

また、取引先との打ち合わせでは、笑顔での対応をすることで良い印象を持ってもらえる可能性が高いため、保育士として働いてきた経験が全て無駄になってしまうというわけではありません。

ただし、入社するにあたってCADソフトが必須である場合が多いため、ビジネスシーンで使えるレベルにしておく必要があります。

CADオペレーターの種類
ここでは、短期間で取得することができるCADオペレーターの資格をご紹介します。

2次元CAD利用技術者試験
2次元CAD利用技術者試験は、最も基本的であり取得がしやすいCADオペレーターの資格試験です。2級、1級と基礎概要の3つのコースがあり、2級と基礎概要は3ヶ月程度の就学経験が受験参加条件となっています。1級は筆記試験と実技試験の両方を受けなければなりませんが、2級と基礎概要コースはどちらも筆記試験のみの試験となります。

オートデスク認定資格プログラム試験
オートデスク認定資格プログラム試験は、オートデスク社の実施する民間のCAD資格ですが、世界標準の資格であるためぜひ取得することをおすすめします。この試験は、AutoCADプロフェッショナル試験などの5つのコースに分かれています。自分が必要だと思うものを取りましょう。

保育士が他業種に転職するメリット

ここでは、保育士が他業種に転職することで得られるメリットとデメリットをご紹介します。
「本当に他業種に転職しても大丈夫なのか」と思っている人もいらっしゃるでしょう。

そのような悩みを解決するための参考として、口コミをご紹介します。

メリット1. 保育士より給料UPする可能性がある

保育業界は全体的に給料が低いですが、その他の業種に転職すれば給料UPを図ることが出来るかもしれません。
例えば、一般企業での事務業務などは、毎年昇給の見込みが高く、勤務年数が長いほど収入UPが見込めます。

口コミアイコン
30代女性
休みが少なく激務にも関わらず、なかなかそれに見合うお給料が頂けず悩んでおりました。
一般事務に転職した今は、きちんとお休みが取れるだけでなく年収もアップしたのでとても嬉しいです。
口コミアイコン
20代女性
保育士から営業に転職しました。はじめは慣れないことも多く大変でしたが、持ち前の明るさとコミュニケーション力で頑張っていたところ上司が頑張りを評価してくれて、半年後には年収が上がりました。
保育士の時には年収がなかなか上がらなかったので感謝しています。
口コミアイコン
30代女性
長く働いていた保育士を家庭との両立のため辞職しました。体力的にも無理なく働ける仕事をと思い、一般事務で働き始めましたが
給与もしっかりしているし昇給制度もあるので、安心して長く働くことが出来ます。

メリット2. 精神的・肉体的負担が軽減する

人とのふれあいの多さや体力が勝負となる保育士の仕事。それに比べ、他業種ではそれらの負担を軽減させられるものもあるでしょう。

人との接触が最低限で済む職場に転職すれば精神的な負担を減らすことが出来ますし、事務職に転職すればデスクワークが増えるため肉体的な負担を減らすことが出来ます。

口コミアイコン
30代女性
保育士時代は上司にパワハラやモラハラを受けていて、かなり参っていました。しかし、今の職場では全くそのようなことはなく、上司は穏やかな性格の人なので上から目線でものを言ってくることはありません。ストレスでつぶれてしまう前に、転職して良かったです。
口コミアイコン
20代女性
以前の職場では、同僚とギスギスした関係が続いていたためやりづらさを感じていました。忙しいこともあって、お互いを思いやる余裕もなかったのだと思います。今の職場では皆余裕があるからか、誰かがミスをしたら皆でフォローするという体制が整っていてとても働きやすいです。
口コミアイコン
50代女性
保育士の現場は、かなりの体力勝負です。子どものエネルギーに負けないように毎日子どもと一緒に泥んこになって遊びます。子どもはとても可愛いいのですが、歳のせいもあって体力の限界。
今後は体力負担が少なく、長く働ける仕事にシフトしたいと思い、一般事務職にキャリアチェンジしました。

メリット3. 選択肢が広がり、新たな適性が見つかる

保育士は施設内など決まった場所でルーチンワークをしているため、なかなか新しい経験をする機会を得ることが難しいです。
もしかすると、保育士以外にも自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

その他の業種も経験することで、自分の新たな適性が見つかり将来的なキャリアプランを考えるきっかけとなります。それに加えて、仕事の選択肢の幅が広がります。

口コミアイコン
30代女性
保育士をしていた頃とは全く違う職種に就いたので、毎日新鮮な経験をしています。お客様を相手に販売をしているのですが、接客の仕方も一から教えてもらっています。
口コミアイコン
20代女性
ライン工になったのですが、保育士の頃とは全く違うスキルを求められて毎日勉強しながら仕事をしています。まだまだ戦力になっているとは言えないかもしれませんが、早く技術を身につけたいと思っています。
口コミアイコン
30代女性
憧れていたメーカー企業に入社することができ、毎日営業で駆け回っています。先輩の背中を追いかけるようにして仕事を学んでいますが、とてもやりがいがあって楽しいです。保育士を続けていたら経験できない充実感だなと思います。

保育士が他業種に転職するデメリット

保育士から他業種へ転職して良かったという人も多くいます。
しかしその一方で、転職して悪い部分もあったというデメリットを感じている人もいます。

デメリット1. 子どもと触れ合う機会が減った

当たり前ではありますが、保育士は子どもと接する仕事。元々子供が好きだからという理由で保育士をこころざした方は少なくないでしょう。

他業種に転職すれば、明らかに子どもと接する機会は減るでしょう。いかに子どもと接する職場が特殊な空間であったかを気付かされるかもしれません。

口コミアイコン
30代女性
これまで保育士時代には、常に沢山の子どもに囲まれ「先生、先生」と言われながら、忙しくも充実した日々を送っていました。
現在の職場では子どもと接する機会はまずないので、元々子供好きな自分としては少し寂しさを感じています。
口コミアイコン
20代女性
保育の現場では、「ありがとう」「ごめんなさい」など常に相手を思いやる心をもって接するのを、自ら実践して子供たちに教えていました。
現在は保育を離れ一般企業に勤めていますが、あまりにそういった基本的な挨拶が出来る方が少なくびっくりしてしまいます。
口コミアイコン
30代女性
今の職場は全くお礼を言わないところで、それでも円滑に仕事が進んでいるから問題はないのですが、たまには「ありがとう」と言えばいいのにな、と思います。施設にいた頃は皆よく「ありがとう」と言いあっていたな、と思い出すと何だか懐かしくなります。もっと「ありがとう」と言ってほしいと思いながら今日も仕事をしています。

デメリット2. 保育士としてブランクができてしまう

他業種に転職した後、再び保育士として働こうと考えている方にとっては、ブランクができてしまうというデメリットがあります。
資格があればいつでも保育士に戻れるという安心感はありますが、ブランクの期間が長いと不安になってしまうこともあるでしょう。

口コミアイコン
30代女性
現在の職場では保育士としてのスキルを発揮することは全くないので、もしもこの先保育士に戻ることになったら、ブランクがあって上手く働けないのではないかと心配です。しかし、現在の職場を離れるつもりもありませんし、どうすれば良いのかわからず、今のところ宙ぶらりんな状態で困っています。
口コミアイコン
20代女性
保育士に戻るかもしれないと思っているのですが、どんどん知識や技術が薄れていくのを感じています。もし今の職場を辞めても、もしかしたら保育士には戻れないかと思ってしまい不安です。
口コミアイコン
30代女性
保育士時代にはできていたことも、こうして少しでも現場を離れてしまうと勘が鈍ってしまってできなくなってしまう気がしています。ブランクを埋めようにも方法がわかりませんし、もしまた保育士をしようと思っても、上手く動けるか不安です。

デメリット3. 保育士時代より環境が良くなるとは限らない

保育士時代につらい思いを経験したからこそ、他業種への転職を決意したという人が多いのですが、転職先によっては保育士時代の悩みが改善されない場合もあるので注意しましょう。

口コミアイコン
30代女性
サービス残業が多いところが嫌だったので施設を辞めて転職したのですが、転職先もサービス残業が多く困っています。残業がない仕事に就けると思い期待していたのですが、とんだ期待外れでした。毎日とても大変です。
口コミアイコン
20代女性
以前の職場ではずいぶんと体を酷使して作業を行っていたため、そういった作業のない業種を選びました。
しかし、現在の介護施設でもやはり荷物を運ぶことがあり、布製品なのですが、これがとても重くてきついです。1箱持つたびに腰が痛くなるので、ここでもまた腰が痛くなるのかとうんざりしています。
口コミアイコン
30代女性
人間関係に疲れてしまって前職を辞めたのですが、新しい職場も雰囲気が悪く、特に繁忙期には殺伐としていてとても嫌な空気が漂っています。前職に戻りたいわけではありませんが、もう少し雰囲気が良い職場が良いな、とは思います。

保育士から他業種へ転職するときの注意点と対策

保育士から他業種へ転職する時には、注意するべき点がいくつかあります。
ここでは、その注意点と対策についてご紹介していきます。

注意点1. 保育士と比べて他業種は求人数が少ない

保育士は人手不足であるため常に求人が出ており、引く手あまたです。
しかし、他業種となるとそうはいきません。あなたが希望している職種の求人がなかなか求人を出してこないということは十分に考えられます。

そういう時は転職エージェントを使いましょう。転職エージェントを利用すると、自分では見つけられなかった求人に出会うことができます。
こちらの「転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミをもとに比較」を参考にしてみてください。

注意点2. これまでのキャリアを評価されにくい

保育士としてキャリアを積み、スキルを伸ばしてきたとしても、他業種に転職する際にはあまり評価の対象にはなりません。

もちろん長年保育士として勤めあげてきたことは立派なことですから、大きな加点となりますが、他業種へのアピールとして保育士だったということだけでは少し弱いと言わざるを得ないでしょう。
対策としては、自分が志望する企業に対してどのように貢献することができるかを考えてみてください。保育士という枠は取り除いてしまっても構いません。

また、自己PRできることを考えてみてください。保育士として働いてきた中で使えるエピソードがあれば、それを利用しても良いでしょう。

注意点3. 出された条件に対して判断がつかない

未経験の業界への転職ですから、給与などの相場が全くわからない状態です。そのため、相手企業が提示してくる条件が相場より高いのか低いのか、自分ではなかなか判断がつかないという注意点があります。

このような時には、転職のプロである転職エージェントを頼りましょう。転職エージェントは給与交渉まで行ってくれますから、自分一人では給与交渉まで行う自信がないという人も安心して任せることができます。

保育士が他業種に転職するときには転職エージェントの利用がおすすめ

このように、保育士が他業種に転職するときにはいくつか注意点があります。
しかし、それを解消してくれる上に転職を成功させてくれるのが転職エージェントです。

加えて、転職エージェントは注意点をカバーしてくれるだけでなく、面接対策や書類添削まで無料で行ってくれます。

転職相談 あなたが今後どのようなキャリアを進んでいくか、
転職に対してどのような不安を抱えているかヒアリングし、アドバイスを提供してくれます。
求人紹介 あなたから聞いた希望条件や企業の特徴を分析して、あなたとマッチした求人を紹介してくれます。
その他にもあなたにおすすめの求人も紹介してくれるため、転職の幅が広がります。
面接対策 企業の特徴に合わせて、どのような質問をするべきか、
答えはどう返答すればいいかなど、具体的なアドバイスを提供してくれます。
希望を出せば、模擬面接をしてくれる転職エージェントもいますので、
気になる方は1度聞いて見るといいと思います。
書類添削 書類選考で重要となる履歴書などの添削を行ってくれます。
企業がどんな人材を求めているか把握し、
あなたが書類選考で通れるよう親身に対応してくれます。
企業との条件交渉 保育士から他業種へ転職するときの大きな壁となる、条件交渉を代わりに行ってくれます。
あなたが希望する条件にできるだけ近づけるよう、交渉をしてくれるので、
希望条件がある方は隠さず伝えておくと良いでしょう。
企業に対してあなたの強みをアピール 転職エージェントは、あなたについてヒアリングを行い、そこから分析したあなたの強みを企業に直接アピールしてくれます。
あなたの転職を後押ししてくれるため、心強いです。

▶︎横にスクロールできます▶︎

総合型転職エージェント|タイプ別おすすめ転職エージェント

求人数が多くサポートの質が高い総合型転職エージェントに2社ほど登録しておくと、転職活動が楽になります。

サポート」と「求人数」の観点で比較したおすすめ転職エージェント3社をご紹介します。

リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントです。

約200,000件の求人数を保有しているため、求人の選択肢で困ることはありません。
また、保育士から他業種へ転職するときに課題となる「求人数」も解決でき、質の高いサポートを受けることができるためおすすめです。

マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは20代・30代の求人力が強く、大手企業から新規ベンチャー企業まで様々な求人を取り扱っています。

マイナビグループで培ってきた就職・転職ノウハウを駆使したサポートで、あなたの転職を支えてくれます。
保育士から他業種へ転職する20代・30代の方は、ぜひ利用することをおすすめします。

Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、グローバルなネットワークを作り上げることで、豊富な求人を取り揃えています。

営業系やIT系、メディカル系や事務系など幅広い職業への転職が可能なため、看護師から転職を考えている方におすすめです。

担当の方も専門領域に精通しているため、あなたが気になっている業界について詳しく聞くことができます。

転職が初めての方でも利用しやすい転職エージェントです。

関連記事この他にも転職エージェントを調べたい方は、「転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミをもとに比較」で質の高い転職エージェントをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

保育士特化型転職エージェント|タイプ別おすすめ転職エージェント

ここでは保育士に特化した転職エージェントをご紹介します。

保育士の資格を活かせる職業に転職を考えている方にはおすすめです。

1.保育士ワーカー|2年連続支持率No1の転職サイト

保育士ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://hoikushi-worker.com/

保育士ワーカーは保育業界に特化した老舗の保育士専門の転職サイトです。
求人数がとても多く、北海道から沖縄まで全国各地の案件を取り扱っています。

保育士ワーカーでは、利用者の8割が年収アップに成功したという実績があります。
また、顧客満足度も97%と高く、2年連続支持率No1の転職サイトです。

各案件ごとに実際の残業時間、有給消化率、職場の人間関係など、一般の求人情報ではわからない情報も教えてくれるため、転職後に働き方のズレが生じにくくなっているのも特徴です。

>>詳細を見る

保育士ワーカーの口コミ・評判(一部抜粋)

口コミアイコン
20代女性(保育士 / 年収300万円台)
担当の方はしっかりと私のフォローをしてくださり、相談にも乗ってくれました。特に年収についての相談だったので難しかったとは思うのですが、私に最適な求人をご丁寧に紹介してくれました。
おかげで、無事に年収アップできる職場に転職することができたので、保育士ワーカーさんには感謝しかないです。

>>保育士ワーカーの口コミ・評判をみる

2.ヒトシア保育|最初に登録しておくべき転職サイト

ヒトシア保育

おすすめ度:
公式サイト: https://hitoshia-hoiku.com/

ヒトシア保育は保育士さん、幼稚園教論さんのための「エージェント型」転職サイトです。徹底的にキャリアプランナーが転職をサポートしてくれます。
相談だけの利用もできますし、入園までの交渉や調整も代行してくれます。
また、求人数は業界トップクラス。非公開求人含め40,000件以上を紹介できます。

転職フェアは小規模開催で事業所の方としっかり話ができます。
スピード感を持って動いてくれるため比較的早く転職活動を終えることができるようです。
痒いところに手が届く、おすすめの転職サイトです。

>>詳細を見る

ヒトシア保育の口コミ・評判(一部抜粋)

口コミアイコン
20代女性(保育士 / 年収300万円台)
かなり豊富な求人数のようでわがままな条件でも結構たくさん紹介してもらえました。さらに動くスピードもとても早く転職活動がスムーズにいきました。
自分一人では全然終わらなかったと思います。担当者の方もかなりてきぱきと提案やセッティングをしてくれたのでとても感謝してます。

>>ヒトシア保育の口コミ・評判をみる

3.マイナビ保育士|一都三県に強みを持つ転職サイト

マイナビ保育士

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku.mynavi.jp/

マイナビ保育士は総合転職サイトでも有名なマイナビが運営している保育士に特化した転職サイトです。

特に一都三県でのサービス提供に強みを持っており、一都三県に関しては業界トップクラスの求人数を誇っています。

20〜30代に人気のサイトで、3年連続認知度No.1、2年連続使いたいサイトNo.1、ご利用者満足度No.1の実績があります。
「サイト型」「エージェント型」どちらとしても利用でき、「エージェント型」を利用すると入園後のアフターフォローも受けることができます。また転職相談会などのイベントもあるため気軽に相談もできます。

一都三県に特化した専門のアドバイザーが駐在しており、園や施設に直接訪問していることによるリアルな情報を伝えることができます。

特に一都三県で転職を考えている保育士の方に利用がおすすめのサービスです。

マイナビ保育士の口コミ・評判(一部抜粋)

>>詳細を見る

口コミアイコン
20代女性(保育士 / 年収200万円台)
初めての転職で不安に思っていたのですが面接にも同行してもらえて、転職や仕事との向き合い方なども話すことができたので、安心できました。時間が遅くなっても対応してもらえましたし、転職を進めやすかったっです。

>>マイナビ保育士の口コミ・評判をみる

4.保育士人材バンク|効率の良い転職活動をサポート

保育士人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku.jinzaibank.com/

保育士人材バンクは保育業界に特化した転職サイトで一都三県を中心に展開しています。
公開求人数は1万件を超え、ハローワークや一般には公開されていない非公開求人も多数掲載されています。
登録後は会員限定のレア求人を紹介してもらえ、気になる求人があれば職場の雰囲気など内情も一緒に教えてくれます。
関東での転職におすすめで、一都三県の求人が多数掲載されています。

キャリアパートナーが専任でマッチングを行ってくれるため、一人ひとりの働き方やキャリアにあわせて最適な求人を紹介してくれます。
給与や福利厚生、立地だけでなく施設の方針や雰囲気などのソフト面でもあった施設をマッチングしてくれるため、転職後のミスマッチも起きづらいのも特徴です。
>>公式サイトで詳細を見る

保育士人材バンクの口コミ・評判(一部抜粋)

口コミアイコン
20代女性(保育士 / 年収300万円台)
条件が定まっていない状況から一緒にキャリアプランも考えてくれました。紹介数は多くありませんが、条件にあった施設のなかからさらに職場の雰囲気や人間関係を聞いて選べました。


5.保育士バンク|こだわった検索がしたい方向け転職サイト

保育士バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.hoikushibank.com/

保育士バンク保育士がおすすめする保育士求人・転職サービスNo.1の「エージェント型」転職サイトです。公開求人数は40,000件を超え、他の転職サイトと比べてもかなりの件数を誇っています。好条件の案件が多数あり、地方の求人数も豊富に揃っています。
こだわり検索では「ヨコミネ式」など細かい検索が可能なので職場環境にこだわりがある方はとても探しやすいサイトです。

また、直接相談に行かなくても、電話での相談が可能なことも忙しい保育士さんにとっては嬉しいポイントではないでしょうか。
ただ、求人数が多い分、求人が変わっていないことがあるという口コミも見かけますので登録して紹介してもらうことをおすすめします。

>>詳細を見る

保育士バンクの口コミ・評判(一部抜粋)

口コミアイコン
30代女性(保育士 / 年収300万円台)
前職では休日出勤もありましたが、転職してから完全に土日休みになりました。人間関係も原因となって転職を決めたので先に内部事情を聞けたので参考になりました。アドバイザーがすばらしかっった分、サイトのメンテナンスがあまりできていない印象だったのが残念でした。

>>保育士バンクの口コミ・評判をみる

関連記事保育士に特化した転職サイトをもっと調べたい方は「保育士転職に強い転職エージェントランキング|選び方や活用術も徹底解説」を参考にしてください。

転職エージェントを150%活用するコツ

1.エージェントとの連絡はこまめにとる
2.エージェントと相性が悪ければ変更してもらう
3.サイトは毎日欠かさず確認する
4.経歴やスキルは偽らないようにする
5.エージェントには遠慮せず質問する

1.エージェントとの連絡はこまめにとる


エージェントは転職に対する熱意が高い人に優先的に求人を紹介しています。連絡を疎かにしていると、「この人はもう転職をしないのだろうか」と思われてしまい、求人を紹介してもらえなくなってしまいます。
また、サイトには掲載されていないけれどエージェントだけが持っている求人情報というものもあります。これを知ることができるのはエージェントと密な連絡を取っている人だけですから、日頃からコンタクトを取り続けておくようにしましょう。
もしメールが来たら必ず返信し、電話に出られなければ折り返しをするといったことは忘れないようにしてください。

2.エージェントと相性が悪ければ変更してもらう


どの転職エージェントにも、態度の悪さが目立つ、あまり仕事にやる気を見せない、口調に棘があるなどといったエージェントは存在しています。
そういったエージェントが担当になってしまった場合には、我慢をせずに担当の変更を申し出てください。
スムーズに転職活動を進めていくうえで、エージェントの存在は非常に重要なものとなります。
エージェントがやる気を出してくれないと、こちらはどう動けば良いかわからなくなってしまいます。
遠慮することなく、事情を話して担当を替えてもらいましょう。

3.サイトは毎日欠かさず確認する


転職エージェントのサイトは必ず毎日確認しましょう。
毎日更新されるサイトの求人情報の中には、条件の良いものもあるでしょうから、すぐにエージェントに連絡できるようにしておく必要があります。
条件の良い求人はすぐに他の人にとられてしまうかもしれません。サイトを毎日確認していないと、出遅れてしまうのです。
常に新着情報を手に入れるためにも、サイトのチェックは欠かさないようにしてください。

4.経歴やスキルは偽らないようにする


経歴を偽ったまま入社してしまうと、虚偽の申告をしたとして最悪の場合解雇になってしまうこともあります。
短い職歴がいくつもある場合など、そのまま申告したくないこともあるかもしれませんが、エージェントは決してそれを悪いように相手企業に伝えることはしません。そのため、安心して正直に職歴を話してください。
また、スキルも同様です。あれもできる、これもできると話しても、実際に現場でできないと、事前の話と違うという問題になってしまいます。
スキルを偽って申告することも、信用を失う原因の一つとなります。絶対にやめましょう。

5.エージェントには遠慮せず質問する


せっかく転職エージェントに登録したのですから、エージェントには何でも質問しましょう。
転職が初めてならなおさらです。些細なことでも、遠慮せずどんどん質問してください。
こんなことを聞いても大丈夫かな、と思ってしまうかもしれませんが、エージェントは親切に教えてくれます。
むしろ、わからないことをそのままにして転職活動を進めていくと、エージェントとの心理的な距離やさまざまな面での齟齬が生まれてしまい、やるべきことをやれていないというミスや、伝達ミスなどが起きてしまいます。
わからないことは序盤のうちに解決しておきましょう。

転職エージェントの利用手順

ここでは、転職エージェントの利用手順をご紹介します。

転職エージェントの利用が初めてで、どのような流れで進むのか不安な方は参考にしてください。

手順1 公式ページから登録する

まず初めに利用する転職エージェントの公式ページから登録を行います。
転職サイトによっては「転職サービス」と「派遣サービス」の両方を扱っていることがあるので、よく確認しましょう。

登録の際には、以下の情報を記入します。

希望職種
希望勤務地
希望条件
希望年収

手順2 キャリアカウンセリング

登録後に担当の方から連絡がきて、カウンセリングの日程を決めます。

キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。

初回の面談では現在のご自身の状況やご希望のヒアリングと転職市場など企業側の状況を整理し、考えをまとめていきます。

主に話題になるのは下記のような内容です。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • ご自身のキャリアの棚卸
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでのご希望条件の整理
  • ご自身の強みの棚卸

キャリアカウンセリングではプロの意見をききながら、ご自身の考えを整理できるので、転職活動において次にするべき行動やご自身の強みが分かります。

転職をお考えの方はまずはキャリアカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

手順3 求人を紹介してもらう

カウンセリングが終わり、次に行うのが求人紹介です。

担当の方があなたの希望条件や希望業界などをヒアリングして、分析しあなたに適した求人を紹介してくれます。

なかには転職エージェント独自に保有している非公開求人なども紹介してくれるので、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

手順4 書類選考の対策

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。エージェントサービスのユーザーページにはサンプルもありますので参考にしましょう。

作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。場合によっては直接面談しながらアドバイスを受けることもできます。

職務経歴書は複数の選考で利用できますので、積極的に意見をもらって、しっかりとご自身をアピールできるものを作り上げましょう。

完成したものはエージェントが推薦文を添えて企業側に提出してくれます。エージェントに推薦文を確認させてもらうことも可能です。担当のエージェントが熱意をもってしっかりアピールしてくれているかが分かりますので、確認させてもらいましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

手順5 面接対策のサポート

書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

模擬面接も可能ですので不安な方はお願いしてみましょう。その他にも面接官のタイプやどのような質問をされる可能性が高いのかなども教えてくれます。

面接の結果もエージェントから知らされます。不採用の場合は理由もヒアリングしてくれるので、次に活かすこともできます。

手順6 内定が決まった後のアフターフォロー

内定の連絡もエージェントから知らされます。

内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

どれもあまり経験のない手続きだと思いますので、エージェントの支援を受けましょう。

他業種へ転職するときに気になる疑問点

1.他業種で活かせる保育士のスキルはありますか?
2.いきなり正社員で他業種に転職するのは怖いのですが、他に方法はありませんか?
3.他業種への転職は難しいですか?

1.他業種で活かせる保育士のスキルはありますか?


保育士で培ったスキルやノウハウが全て無駄になってしまうということは決してありません。
保育関連の業種に就かなかったとしても、対人スキルは確実に他の人よりも優れているでしょうから、それを武器に営業職で活躍するという道を進むこともできます。

いずれにせよ、どのような道で自分が活躍できるかを転職エージェントに相談してみてください。
あなたが思っているよりも、スキルを活かせる職種は多くあります。

2.いきなり正社員で他業種に転職するのは怖いのですが、他に方法はありませんか?


他業種に転向したいけれどいきなり正社員になるのは怖い、という人には派遣社員がおすすめです。
派遣社員であれば期限つきで働くことができるので、もしつらい職場や合わない職場であった場合でも職場を変えることができます。

アルバイトやパートよりも安定していますし、サービス残業をさせられることもありません。
「正社員は少し怖くて踏み出せない」という人は派遣社員に挑戦してみることをおすすめします。

派遣会社選びには、こちらの記事「派遣会社おすすめランキング【派遣のプロが選び方や評判・口コミを解説】」を参考にしてみてください。

3.他業種への転職は難しいですか?


簡単ではないことは確かです。しかし、転職エージェントのアドバイスを聞いて、更に自発的に行動すれば決して不可能なことではありません。

これまで他業種のことを知らなかったという人も、これから転職活動を進めていけば徐々に重要な情報を切り取っていく癖をつけることができるようになりますから、過度に心配する必要はありません。

上手に転職エージェントを利用してください。

まとめ

この記事では、保育士から転職できるおすすめの他業種のほかに、転職をする際のメリットやデメリット、他業種への転職を成功に導くサービスをご紹介しました。

保育士から他業種への転職は人気もあり、希望している人も多いでしょう。

転職時に気をつけるポイントを押さえたり、おすすめのサービスを利用することで、転職を成功させることができるようになります。

この記事では紹介しきれなかった転職エージェントに関しては、下の記事でご紹介しています。
興味のある方はぜひご覧ください。

【おすすめ】保育士転職サイト11選|口コミや選び方も解説
転職サイトを比較|特徴別の比較一覧でわかりやすく解説

【保育】都道府県別おすすめ転職サイト
関東 東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄
参考文献
厚生労働省
保育士等に関する関係資料
保育士の再就職支援に関する報告書
保育士職業詳細|職業情報サイト
保育士のキャリアアップの仕組みの構築と 処遇改善について
保育士の平均賃金
ミライの保育士
保育の現場・職業の魅力向上に関する 報告書
保育士の現状と主な取組
保育士を支える保育士確保に向けた総合的取組
保育士を対象とした調査|本調査データ集
保育所等について
保育分野における職業紹介事業に関するアンケート調査の概要
保育分野における人材不足の現状

内閣府
子ども・子育て支援新制度ハンドブック(平成27年7月改訂版)

独立行政法人福祉医療機構
「保育人材」に関するアンケート調査結果