CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「高卒での転職は厳しい」このような声を耳にして、転職に対して不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

実際に転職を考えているけど、学歴がないからと諦めてしまっている方は多いと思います。

しかし、高卒でも内定をしっかり勝ち取り、活躍している方も非常に多いです。

このような方の共通点として、高卒サポートが充実した転職エージェントを利用していることが挙げられます。

この記事では、高卒の方が転職を成功させるためにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルート
エージェント
業界トップのリクルートが運営
業界トップクラスの求人数
doda
業界トップクラスの転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
type転職
エージェント
首都圏の転職におすすめ
年収アップの非公開求人多数

▶︎横にスクロールできます▶︎

記事の目次

高卒の全ての方におすすめの転職エージェントランキング

それでは早速、まずは高卒の全ての方におすすめの転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

ここで紹介する転職エージェントは求人数・求人の質・転職サポート力が高いサービスを厳選しています。

どの転職エージェントを使えばいいか迷っている方は、まず登録しておくことをおすすめします。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
転職成功率 90%以上
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの最大の強みは業界トップクラスの求人数を保有し、転職支援実績No.1である点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職サイトです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

>>リクルートエージェントの口コミ・評判はこちら

2.doda

doda

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
転職成功率 約90%
公式サイト: https://doda.jp/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界トップクラスの転職サイトです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!との口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

>>dodaの口コミ・評判はこちら

3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
転職成功率 約90%
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職サイトです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

>>マイナビエージェントの口コミ・評判はこちら

4.リクナビNEXT

リクナビNEXT

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
公式サイト: https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは株式会社リクルートが運営する転職サイト(求人サイト)です。転職者の8割が利用していて、求人の量も膨大です。さらに、扱っている求人の8割以上がリクナビNEXTのみにしか掲載されていない限定求人のため、登録しておくと他で出会えない求人を見つけることができます。

また、転職活動を成功に導いてくれるようなコラムや、直接企業からオファーをもらえるスカウトサービスもありますので活用してみてはいかがでしょうか。

口コミアイコン
20代男性(営業 / 年収400万円台)
リクナビNEXTは自己分析サービスがあったり、スカウト機能があったりと転職サイトの中では充実したサービスで使いやすかったです。また忙しかった僕でも自分のペースで進めることができたので利用して正解でした。

>>リクナビNEXTの口コミ・評判はこちら

5.キャリアカーバー

キャリアカーバー

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
公式サイト: https://careercarver.jp/

リクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。

待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。

また。通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

口コミアイコン
30代男性(管理職 / 年収600万円台)
キャリアカーバーはハイキャリア転職に特化しているため、自分の持っているスキルを最大限活かせる条件の求人を紹介してもらいました。前の職場ではプロダクトマネージャーをしていたこともあり、転職後の年収は700万円とかなり水準が上がりました。

>>キャリアカーバーの口コミ・評判はこちら

高卒に特化している転職エージェントおすすめランキング

ここでは、高卒を始め第二新卒や既卒など、キャリアに自信のない方のサポートに強みを持っている転職エージェントをご紹介します。

特に転職に対して不安を持っている方は、ここで紹介する転職エージェントのサポートの恩恵を最大限受けることができるでしょう。

1.第二新卒AGENTneo


第二新卒AGENTneo

おすすめ度:
公式サイト: https://www.daini-agent.jp/

「第二新卒AGENTneo」は、ネオキャリアが運営する転職エージェントです。

サービス名から第二新卒のみが対象と思われがちですが、既卒やフリーターの就職サポートにも強みを持っています。

現在だけでなく将来的なキャリア形成まで考慮したキャリアアドバイスをしつつも、「やりたいこと」「やりたくないこと」を明確にしていったりと丁寧な面談を行ってくれますので、平均120分の面談時間を設けています。

対面面談の場合はほぼ当日中に求人を紹介してもらうこともでき、すぐに選考へと進むこともできます。

口コミアイコン
​女性​
​幼少の頃に一番嬉しかったことや大学時代に熱中したことなど、雑談を交えながら過去を深掘りしてくださり自分が大切にしている価値観を再認識できました。私の希望を聞くだけではなく、性格に合わせた職種や業界を提案してくださったのも嬉しかったです。


2.就職Shop


就職Shop

おすすめ度:
公式サイト: https://www.ss-shop.jp/

「就職Shop」は、株式会社リクルートが運営する既卒・フリーター向けの対面型就職・転職活動支援サービスです。

対面型のため基本的に電話面談はなく、関東・関西の主要エリアにある店舗で直接面談をします。
書類選考はなく、応募した企業で選考、面接を受けることができるので、すぐに就職したい方におすすめです。

また、求人数も同じく若年層向けの転職支援サービスであるハタラクティブよりも豊富で8500社以上の登録企業があります。さらに全ての企業が未経験者歓迎なので「未経験だけど正社員で働きたい」「就職活動に自信がない」若者にぴったりです。

口コミアイコン
女性
面接に合格しても不合格であっても、「どういった点が合格の決め手になったのか」「なぜ受からなかったのか」を丁寧にフィードバックしてくれました。不採用の理由を聞くのは不安だし怖かったけど、自分の改善すべき点ときちんと向き合うことで次の面接に活かすことができました。

>>就職Shopの評判・口コミを見る

3.UZUZ


UZUZ

おすすめ度:
公式サイト: https://daini2.co.jp/

UZUZ「既卒・第二新卒専門」の「エージェント型」転職サイトです。
他サイトよりもサポートがしっかりしていることが魅力で、一人一人に合わせたサポート体制をとっています。
既卒や第二新卒での転職を経験したエージェントがサポートしてくれるため、第二新卒や既卒の方にぴったりです。

ウズキャリの社員も元既卒や元第二新卒なので話しやすく、リアルな話が聞けます。
また、掲載している求人からは「ブラック企業」を徹底的に排除しています。そのため入社1年後の定着率は94%を超えています。

ただ、関東圏を中心とした求人しかなく、求人数も多くはないです。

サポートに時間をとってくれますが、その分こちらも時間がかかってしまうというデメリットもあります。
しっかりとサポートして欲しい、時間に余裕のある方は求人数の多いサイトと併用すると良いでしょう。

口コミアイコン
​女性​
​書類審査で落とされることが多かったので、ES(エントリーシート)添削と内定者の例文を見させてもらえたのが大きな収穫でした。自分の何をアピールすれば企業に「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえるのかを、考えるきっかけになりました。

>>UZUZの評判・口コミを見る

地域別|高卒におすすめの転職エージェント

ここでは地域別に高卒向け転職エージェントをご紹介します。

47都道府県別におすすめの転職エージェントをまとめたので、下記の表から希望の地域を選択してください。

関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄

職種別|高卒向けおすすめ転職エージェント

ここでは、職種別でおすすめな高卒向け転職エージェントをご紹介します。

以下の職種に強い高卒向け転職エージェントご紹介していきます。

ここからランキング紹介に入っていきます

営業職に強い高卒向け転職エージェント5選

営業職に強い高卒向け転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

営業に強いエージェントは以下の通りです。

1.リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

高卒営業系転職に強いエージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

公開求人数 149,000件(2021年4月更新)
非公開求人数 160,000件(2021年4月更新)


2.マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

公開求人数 20,000件(2021年4月更新)
非公開求人数 22,000件(2021年4月更新)


3.JACリクルートメント


JACリクルートメント

おすすめ度:

公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

公開求人数 3,300件(2021年4月更新)
非公開求人数 非公開(2021年4月更新)


4.doda


doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職エージェントでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2021年4月更新)
非公開求人数 54,000件(2021年4月更新)


5.Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2021年4月更新)
非公開求人数 33,181件(2021年4月更新)

事務職に強い高卒向けおすすめ転職エージェント

高卒転職において事務職に強いエージェントをランキング形式でご紹介します。

事務に強いエージェントは以下の通りです。

1.doda

doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。

※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2021年4月更新)
非公開求人数 54,000件(2021年4月更新)

2.リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

転職エージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。

ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

公開求人数 149,000件(2021年4月更新)
非公開求人数 160,000件(2021年4月更新)

3.パソナキャリア


パソナキャリア

おすすめ度:

公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。

人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

公開求人数 39,500件(2021年4月更新)
非公開求人数 非公開(2021年4月更新)

4.Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。

国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2021年4月更新)
非公開求人数 33,181件(2021年4月更新)


5.マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。

20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

公開求人数 20,000件(2021年4月更新)
非公開求人数 22,000件(2021年4月更新)

経理職に強い高卒向けおすすめ転職エージェント

経理職に強い高卒向けエージェントをランキング形式でご紹介します。

経理に強いエージェントは以下の通りです。

1.マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは20代・30代など若い世代の利用者が多いサービスなので、始めて転職する方に最適な転職エージェントです。

転職の他にも新卒や派遣など幅広くサービスを展開しているマイナビなので、専門的な業界知識によって転職活動を手助けしてくれます。

公開求人数 20,000件(2021年4月更新)
非公開求人数 22,000件(2021年4月更新)


2.マイナビジョブ20’s

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20’sは20代・30代に人気のマイナビが運営している20代の転職に特化した「エージェント型」転職サイトです。
掲載されている全ての求人が20代対象の求人で、登録者の85%以上が社会人経験3年以内の20代です。
登録後、利用できる「適性診断」もありますので、転職に時間のある方は自己分析のために受験しておくことをおすすめします。
もちろんマイナビグループのノウハウもそのまま引き継がれているため、面接対策・書類添削などのサポートもしっかり受けることができます。


3.ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめ度:
公式サイト: https://hataractive.jp/

ハタラクティブは、第二新卒・新卒・既卒・フリーターなど、20代若手層に特化している転職エージェントです。

これまでに約15万人をサポートした実績もあり、未経験OKの求人も2000件以上持つため正社員未経験の方でも就職までしっかりサポートしてもらえます。
求人数は多くないですが、情報の質が高く、実際に取材した企業のみ掲載しているため、社内の雰囲気や仕事内容もしっかり把握、きちんとした企業を紹介してくれます。

内定率は80.4%、就職後の定着率は90%以上と、正社員を目指したい方はハタラクティブに登録するのがおすすめです。

IT業界に強い高卒向けおすすめ転職エージェント

IT業界に強い高卒向け転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

IT系に強いエージェントは以下の通りです。

1.doda


doda

公式サイト:https://doda.jp/
「doda」は、大手人材会社のパーソルキャリアが運営する国内最大級の転職サイトです。
IT系の公開求人数は約15,000件ですが、非公開求人は30,000件以上と大手転職サイトの中でも抜群の求人数を誇っています。全国に求人があるため、地方での転職を考えられている方にもおすすめできます。
また、エージェントはエンジニアならではの書類や面接の対策をアドバイスしてくれ、年収や入社日の交渉まで行ってくれます。登録が必要ですが豊富な診断コンテンツもありますので、転職や進路を悩んでいる方は一度診断を受けてみてもいいかもしれません。

dodaはとにかく求人数が多いため、高齢での転職や他の転職サイトでは断られるような場合でも、「求人を提案してもらえた!」という口コミもありました。
他の転職サイトとの比較のためにもまずは登録してみ流ことをおすすめします。
> > dodaの公式サイトはこちら

2.リクルートエージェント


リクルートエージェントIT

公式サイト:https://www.r-agent.com/
「リクルートエージェント」は転職成功実績No.1で、これまでに30万人以上の転職を成功へ導いた実績のある転職サイトです。
求人数は20万件を超え、ITエンジニアの求人だけでも非公開求人含めて60,000件超と、求人数がとても豊富です。IT業界専門のキャリアアドバイザーが在席しており、業界や転職の最新情報を把握した上であなたの転職活動をサポートしてくれます。
履歴書の書き方からサポートしてもらえるだけでなく、面接力向上セミナーなどのセミナーで転職活動のノウハウを学ぶこともできます。
> > リクルートエージェントの公式サイトはこちら

3.Pro Engineer


PROengineer

公式サイト:https://proengineer.internous.co.jp/
「Pro Engineer」は、無料の実践型就職支援講座を提供している「エージェント型」の転職サイトです。
実践型就職支援講座「プログラマカレッジ」では、プログラミングの考え方などの基礎知識からECサイトなどの作成まで通常20万円以上かかってしまう授業を無料で受講できる講座です。そこで学んだことを活かし、受講者の得意分野にあった就職先を紹介してもらえます。
未経験からプログラマへの正社員就業率は96.2%とかなり高く、さらに就職後も95%の方が就職先で継続して活躍できています。
もちろん就職対策もサポートしてもらえるので転職が初めて、エンジニアも未経験という方も安心して転職することができます。
関東に求人が集中していますので、関東で転職を考えられている方はぜひ登録してみてください。
> > PRO engineerの公式サイトはこちら

4.ワークポート


ワークポート

公式サイト:https://www.workport.co.jp/
「ワークポート」は、転職決定人数部門で第1位の「エージェント型」転職サイトです。
公開求人数は10,000件以上と比較的充実しており、地方にも求人があります。

未経験からのキャリアチェンジに強く、17年の実績があるため未経験からエンジニアになりたい方も安心です。
また、エンジニアスクールがあり、完全無料で通い放題、好きな時間に学ぶことができますので、独学から始める方や全くの未経験の方はしっかり知識を付けながら転職活動を進めることをおすすめします。
> > ワークポートの公式サイトはこちら

5.TECH ACADEMY


TECH ACADEMY

公式サイト:https://techacademy.jp/
「TECH ACADEMY」は、オンライン完結の講座を受けながら転職活動ができる、転職サポート付きの「プログラミングスクール」です。
講座は109,000円から受講でき、16コースの中から本格的なプログラミングをしっかり学ぶことができます。さらに、身に付けたスキルを活かせる環境への転職をサポートしてもらえることも魅力の一つです。
学習状況が企業やコンサルタントに共有されるので、ご自分が学んだ内容がそのままアピールポイントにもなり、転職活動にいかせます。
もっとしっかり学びたい方には、「TECH ACADEMY Pro」のコースもあり、よりプログラミングについて学べる上に、6ヶ月内定が出るまで企業面談をセッティングし、内定が出なければ全額返金という転職保証もついています。
しっかりスキルを付けてからの転職を考えている方はTECH ACADEMYがおすすめです。
> > TECH ACADEMYの公式サイトはこちら

6.DMM WEBCAMP


DMMWEBCAMP

公式サイト:https://web-camp.io/pro/
「DMM WEBCAMP」は、転職保証付きの「プログラミングスクール」です。
未経験からITエンジニアへの転職をサポートしており、転職成功率は98%とかなり高いです。また98%中95%が未経験からの転職と、未経験からエンジニアに転職する方でもしっかり転職ができることがわかります。
コースの金額はほかのスクールと比べると高額ですが、3ヶ月のカリキュラム達成後、転職ができなかった場合には全額返金という転職保証を付けています。
DMM WEBCAMPは教室に通い放題、講師にも質問し放題、5ヶ月のキャリアサポートプランもあることも魅力です。しっかり実力を付けて自信を持って転職をしたい方はこちらでしっかり知識と実力を付けてみるのもいいかもしれません。
> > DMM WEBCAMPの公式サイトはこちら

エンジニア職に強い高卒向けおすすめ転職エージェント

1.レバテックキャリア


レバテックキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://career.levtech.jp/

「レバテックキャリア」は、初めての転職から年収アップまで様々な転職を考えられる「エージェント型」の転職サイトです。
公開求人数は約7,000件と大手求人サイトと比べると多くはないですが、15年分のノウハウとデータを使ったエージェントサポートに定評があります。
スキルを求められる求人が多いエンジニアに特化した転職活動サポートのため、ご自分のこれまでの成果物や得意なスキルを上手に伝えるポートフォリオや面接の対策をしっかり相談できます。
60%以上の人が平均約50万円の年収が上がっており、年収アップにも期待できます。
全国に求人はありますが、特に関東圏には多数求人が集まっていますので、関東圏での転職をお考えの方はぜひ登録してみてください。
> > レバテックキャリアの公式サイトはこちら

2.DYM就職


おすすめ度:
公式サイト: https://www.dshu.jp/

「DYM就職」は、首都圏IT企業への転職に強い転職エージェントです。
特に大手企業とのつながりが強く、福利厚生が充実した、仕事とプライベートのバランスを取りやすい求人が多いことが魅力。来社不要のオンライン面談も可能で、平日は夜22時まで、土日も面談できるため、忙しくて時間が取れない方も安心です。
若手の転職に実績があり、初めての転職の方や転職活動に不安のある方におすすめしたい転職エージェントです。
> > DYM就職の公式サイトはこちら

3.マイナビエージェント × IT


マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp/it/

「マイナビエージェント × IT」は、20代・30代に人気の、マイナビが運営するITやエンジニアに特化した「エージェント型」の転職サイトです。
取引社数は15,000社以上、求人数は公開求人数だけで19,293件と充実しています。独占求人や非公開求人も多数あり、求人情報の8割が「非公開求人」になっているため、より満足のいく転職には登録が欠かせません。
社内SEやITコンサルタントの特集ページもあり、サイト内はみやすくなっています。
エージェントは応募書類添削、面接対策から転職後のアフターフォローまでしっかりサポートしてくれるため、若手の転職に人気です。IT専任チームを組んでいるため、業界に精通したコンサルタントと話ができ、悩みも相談しやすいと好評です。
> > マイナビエージェント × ITの公式サイトはこちら

4.TECH ACADEMY


TECH ACADEMY

おすすめ度:
公式サイト: https://techacademy.jp/

「TECH ACADEMY」は、オンライン完結の講座を受けながら転職活動ができる、転職サポート付きの「プログラミングスクール」です。
講座は109,000円から受講でき、16コースの中から本格的なプログラミングをしっかり学ぶことができます。さらに、身に付けたスキルを活かせる環境への転職をサポートしてもらえることも魅力の一つです。
学習状況が企業やコンサルタントに共有されるので、ご自分が学んだ内容がそのままアピールポイントにもなり、転職活動にいかせます。
もっとしっかり学びたい方には、「TECH ACADEMY Pro」のコースもあり、よりプログラミングについて学べる上に、6ヶ月内定が出るまで企業面談をセッティングし、内定が出なければ全額返金という転職保証もついています。

しっかりスキルを付けてからの転職を考えている方はTECH ACADEMYがおすすめです。
> > TECH ACADEMYの公式サイトはこちら

5.DMM WEBCAMP


DMMWEBCAMP

おすすめ度:
公式サイト: https://web-camp.io/pro/

「DMM WEBCAMP」は、転職保証付きの「プログラミングスクール」です。
未経験からITエンジニアへの転職をサポートしており、転職成功率は98%とかなり高いです。また98%中95%が未経験からの転職と、未経験からエンジニアに転職する方でもしっかり転職ができることがわかります。
コースの金額はほかのスクールと比べると高額ですが、3ヶ月のカリキュラム達成後、転職ができなかった場合には全額返金という転職保証を付けています。
DMM WEBCAMPは教室に通い放題、講師にも質問し放題、5ヶ月のキャリアサポートプランもあることも魅力です。しっかり実力を付けて自信を持って転職をしたい方はこちらでしっかり知識と実力を付けてみるのもいいかもしれません。

> > DMM WEBCAMPの公式サイトはこちら

ゲーム業界に強い転職エージェント

1.DYM就職

おすすめ度:
公式サイト: https://www.dshu.jp/

「DYM就職」は、首都圏IT企業への転職に強い転職エージェントです。
第二新卒やキャリアチェンジを考えている方のサポートにも強みを持っているため、未経験からゲーム業界を目指す方にもおすすめです。

特に大手企業とのつながりが強く、福利厚生が充実した、仕事とプライベートのバランスを取りやすい求人が多いことが魅力。来社不要のオンライン面談も可能で、平日は夜22時まで、土日も面談できるため、忙しくて時間が取れない方も安心です。
若手の転職に実績があり、初めての転職の方や転職活動に不安のある方におすすめしたい転職エージェントです。

>>DYM就職の評判・口コミ

2.レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://career.levtech.jp/

「レバテックキャリア」は、初めての転職から年収アップまで様々な転職を考えられる転職エージェントです。
ゲーム業界を始めとしたIT・エンジニアを中心とした求人を扱っており、もちろんゲーム業界への転職サポートにも力を入れています。

公開求人数は約7,000件と大手求人サイトと比べると多くはないですが、15年分のノウハウとデータを使ったエージェントサポートに定評があり、非公開求人も多数あります。
スキルを求められる求人が多いエンジニアに特化した転職活動サポートのため、ご自分のこれまでの成果物や得意なスキルを上手に伝えるポートフォリオや面接の対策をしっかり相談できます。

未経験OKの求人が掲載されていたり、60%以上の人が平均約50万円の年収が上がっているなど年収アップやスキルアップにも期待できますので、IT系での転職を考えている全ての方におすすめです。
全国に求人はありますが、特に関東圏には多数求人が集まっています。首都圏での転職を考えている方は登録してみてくださいね。

>>レバテックキャリアの評判・口コミ

3.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

「doda」は、大手人材会社のパーソルキャリアが運営する国内最大級の転職エージェントです。
ゲーム業界を含めたIT系の公開求人数は約15,000件ですが、非公開求人は30,000件以上と大手転職エージェントの中でも抜群の求人数を誇っています。全国に求人があるため、地方での転職を考えられている方にもおすすめできます。
また、エージェントはゲーム業界・エンジニアならではの書類や面接の対策をアドバイスしてくれ、年収や入社日の交渉まで行ってくれます。登録が必要ですが豊富な診断コンテンツもありますので、転職や進路を悩んでいる方は一度診断を受けてみてもいいかもしれません。

dodaはとにかく求人数が多いため、高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でも、「求人を提案してもらえた!」という口コミもありました。
他の転職エージェントとの比較のためにもまずは登録してみることをおすすめします。

>>dodaの評判・口コミ

ゲーム業界におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング

Web業界に強い高卒向けおすすめ転職エージェント

1.レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめ度:
運営会社 レバテック株式会社
対象年代 20~40代
Web業界求人数 約10,000件
利用料金 無料
公式サイト: https://career.levtech.jp/

「レバテックキャリア」は、Web業界のエンジニアやデザイナーに特化した転職エージェントです。
Webエンジニア・Webデザイナーを中心とした求人を扱っており、Web業界を目指す方はまず登録しておくべき転職エージェントです。

公開求人数は約7,000件と大手求人サイトと比べると多くはないですが、15年分のノウハウとデータを使ったエージェントサポートに定評があり、非公開求人も多数あります。
スキルを求められる求人が多いWeb業界に特化した転職活動サポートのため、ご自分のこれまでの成果物や得意なスキルを上手に伝えるポートフォリオや面接の対策をしっかり相談できます。

60%以上の人がの年収が平均約50万円上がっており、年収アップも期待できますのでWeb業界での転職を考えている全ての方におすすめです。
全国に求人はありますが、特に関東圏には多数求人が集まっています。首都圏での転職を考えている方に特におすすめです。


2.DYM就職

おすすめ度:
運営会社 株式会社DYM
対象年代 20~40代
Web業界求人数 登録後に紹介
利用料金 無料
公式サイト: https://www.dshu.jp/

「DYM就職」は、首都圏のWeb系業界への転職に強い転職エージェントです。
第二新卒やキャリアチェンジを考えている方のサポートにも強みを持っているため、未経験からWebエンジニアやWebデザイナーを目指す方にもおすすめです。

特に大手企業とのつながりが強く、福利厚生が充実した、仕事とプライベートのバランスを取りやすい求人が多いことが魅力です。
来社不要のオンライン面談も可能で、平日は夜22時まで、土日も面談できるため、忙しくて時間が取れない方も安心です。

若手の転職に実績があり、初めて転職する方や転職活動に不安のある方におすすめしたい転職エージェントです。


3.doda

doda

おすすめ度:
運営会社 パーソルキャリア株式会社
対象年代 20~50代
Web業界求人数 約38,000件
利用料金 無料
公式サイト: https://doda.jp/

「doda」は、大手人材会社のパーソルキャリアが運営する国内最大級の転職エージェントです。
WebやITに関わる公開求人数は約15,000件ですが、非公開求人は30,000件以上と、大手転職エージェントの中でも抜群の求人数を誇っています。

全国に求人があるため、首都圏以外での転職を考えられている方にもおすすめできます。
また、エージェントはWeb業界ならではの書類や面接の対策をアドバイスしてくれ、年収や入社日の交渉まで行ってくれます。

WebデザイナーやWebエンジニアで働きたいと考えている方は是非登録をおすすめしています。

dodaはとにかく求人数が多いため、高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でも、「求人を提案してもらえた」という口コミもありました。
他の転職エージェントとの比較のためにもまずは登録してみることをおすすめします。

Web業界に強い転職エージェントおすすめランキング

介護職に強い高卒向けおすすめ転職エージェント

1.ミラクス介護

公開
求人数
100,300件
総合評価
対応地域 北海道
茨城県、栃木県、群馬県、
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
公式サイト https://kaigo.miraxs.co.jp/kaigo

ミラクス介護は、数多くの認可保育園、老人ホームを運営する医療・介護・福祉を幅広く提供する株式会社miraxsが運営しています。求人数業界最大なので選択肢が広いことが魅力です。
運営会社が有料老人ホームや認可保育園を運営しているので、関連施設での研修や勤務も可能な体制が整っています。

また、未経験者や資格取得中、ブランクのある人でも転職求人に応募することが可能です。キャリアアドバイザーによるフルサポートは、面接に同行してくれたり、就職先に直接聞きにくい給料やシフトなどの条件交渉をしてくれたり、就業中何か問題が起きた際に代わりに交渉を行ってくれます。転職や介護業界が未経験の方におすすめです。

>>ミラクス介護の評判・口コミを見る

2位 介護ワーカー

介護ワーカー

公開
求人数
約72,000件
総合評価
対応地域 全国
公式サイト https://kaigoworker.jp/

介護ワーカーは、株式会社トライトキャリアが運営している介護士転職に特化した転職サイトです。

紹介している求人数はかなり多く、公開求人が約72,000件、非公開求人が約18,000件とかなりの求人数を保有しています。
全国的に求人を取り揃えているため、首都圏エリアだけでなく、地方エリアで転職したいという方にもおすすめできる転職サイトです。

また、求人も高時給のものや労働条件の良いものが揃っており、ワークライフバランスに合わせた働き方をすることができます。
担当者の方も丁寧にサポートしてくれるため、転職が初めての方や未経験者の方でも安心して働くことができるでしょう。

>>介護ワーカーの評判・口コミを見る

3.マイナビ介護職

公開
求人数
37,028件
総合評価
対応地域 北海道・宮城・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・広島・岡山・福岡
公式サイト https://kaigoshoku.mynavi.jp/

転職業界大手のマイナビグループが運営する介護職に特化した転職サイトです。
求人数も豊富ですので「オープニングスタッフ募集」「年間休日110日以上」「住宅手当付き」「好条件の夜勤あり求人」など、細かく条件を指定して探すことが可能です。希望に合った求人を紹介してくれる確率も高く、求人の質も高いと人気があります。

また、キャリアアドバイザーがサポートしてくれるので転職初心者にもおすすめです。キャリアアドバイザーは施設を訪問し、スタッフの配置人数やお給料事情のことまで詳しい職場環境を聞いています。そのため、転職先には直接聞けない不安なことを気軽に相談できるので心強いでしょう。地方在住者のために無料の「出張転職相談会」も不定期開催していますので、面談に行きたいけど遠くていけないという方でも安心です。

>>マイナビ介護の評判・口コミを見る

介護転職におすすめの転職サイト

看護職に強い高卒向けおすすめ転職エージェント

1.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事はIT転職やフリーランスに強いレバレジーズの運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
友達に進めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。クチコミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。
また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる転職サイトです。

>>看護のお仕事の評判・口コミを見る

2.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は、利用者満足度96.2%を誇る看護師転職に特化した転職エージェントです。
業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件を超えています。
応募手続きから退職交渉、給与アップ交渉などのサポートも充実。履歴書の添削や面接練習も行ってくれます。また、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴です。
10年以上、看護師さんの転職支援を行ってきた実績のある転職エージェントですので、転職に慣れていない方はぜひ相談してみてください。

>>看護roo!の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

3.医療ワーカー

医療ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療ワーカーは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
看護師専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

>>医療ワーカーの評判・口コミを見る

看護師向け求人・転職サイトおすすめランキング

建築・建設業界に強い高卒向けおすすめ転職エージェント

1.DYM就職(土木)

DYM就職(土木)

おすすめ度:
公式サイト: https://www.dshu.jp/

建築・建設業界でおすすめの転職エージェントランキング1位は、DYM就職(土木)です。

DYM就職(土木)の1番の特徴は、大手企業との強いつながりによる厳選された求人です。有料求人社数2,000社以上を取り扱っており、担当のコンサルタントがあなたに最適な求人を提案してくれます。

また、社員のワークライフバランスや福利厚生の充実した企業が多いので、仕事とプライベートのバランスが取れる求人も多く存在します。

紹介している求人も、現場の施行管理から設計・作成など、建築・土木に関する幅広い求人を取り揃えています。スキルアップやキャリアチェンジしたい方にも、是非おすすめできる転職エージェントです。

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

3.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

4.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。


5.Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

年齢別でおすすめな高卒向け転職エージェント

ここでは、年齢別でおすすめな高卒向け転職エージェントをご紹介します。

以下の年齢別に強い高卒向け転職エージェントご紹介していきます。

ここからランキング紹介に入っていきます

20代の高卒の方におすすめな転職エージェント

高卒転職において20代に強いエージェントをランキング形式でご紹介します。

20代に強いエージェントは以下の通りです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で転職支援実績No.1の「エージェント型」転職サイトで約37万人の実績があります。
多くの実績からあなたも見つけていないあなたのスキルや価値を見つけてくれます。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。

doda


doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/

転職を考えている方であれば、必ず登録しておきたいサイトが「「doda」です。
超大手転職サイトで「サイト型」「エージェント型」どちらでも利用できます、サイトには掲載されていない非公開求人などを含む10万件以上の求人から自分にあった求人を紹介してくれるエージェントサービスや企業から直接オファーが届くスカウトサービスも提供しているため、一度の登録でいろいろな利用方法ができます。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で転職者満足度No.1も獲得しています。首都圏だけでなく地方にも対応しています。

もちろんエージェントサービスでは履歴書や職務経歴書の書き方からサポートしてくれますので初めての転職でも安心です。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録があります

type転職エージェント

type転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは1994年から運営している老舗の「エージェント型」転職サイトです。年収アップにこだわった転職エージェントで、転職者の約71%が年収アップを実現しています。特に20代30代の利用者が多いです。
また、8割は非公開求人で、中には大手企業や人気の案件もあります。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件にとても強いエージェントですので首都圏で転職を考えられている方は特におすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめ度:

公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

30代の高卒の方におすすめな転職エージェント

高卒転職において30代に強いエージェントをランキング形式でご紹介します。

30代に強いエージェントは以下の通りです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で転職支援実績No.1の「エージェント型」転職サイトで約37万人の実績があります。
多くの実績からあなたも見つけていないあなたのスキルや価値を見つけてくれます。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。

doda


doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

転職を考えている方であれば、必ず登録しておきたいサイトが「「doda」です。
超大手転職サイトで「サイト型」「エージェント型」どちらでも利用できます、サイトには掲載されていない非公開求人などを含む10万件以上の求人から自分にあった求人を紹介してくれるエージェントサービスや企業から直接オファーが届くスカウトサービスも提供しているため、一度の登録でいろいろな利用方法ができます。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で転職者満足度No.1も獲得しています。首都圏だけでなく地方にも対応しています。

もちろんエージェントサービスでは履歴書や職務経歴書の書き方からサポートしてくれますので初めての転職でも安心です。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録があります

type転職エージェント

type転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは1994年から運営している老舗の「エージェント型」転職サイトです。年収アップにこだわった転職エージェントで、転職者の約71%が年収アップを実現しています。特に20代30代の利用者が多いです。
また、8割は非公開求人で、中には大手企業や人気の案件もあります。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件にとても強いエージェントですので首都圏で転職を考えられている方は特におすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。
総合型の転職サイトであるため、希望する未経験職種以外にも条件や希望にあった職種と出会える可能性もあります。

40代の高卒の方におすすめな転職エージェント

高卒転職において40代に強いエージェントをランキング形式でご紹介します。

40代に強いエージェントは以下の通りです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で転職支援実績No.1の「エージェント型」転職サイトで約37万人の実績があります。
多くの実績からあなたも見つけていないあなたのスキルや価値を見つけてくれます。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。

doda


doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

転職を考えている方であれば、必ず登録しておきたいサイトが「「doda」です。
超大手転職サイトで「サイト型」「エージェント型」どちらでも利用できます、サイトには掲載されていない非公開求人などを含む10万件以上の求人から自分にあった求人を紹介してくれるエージェントサービスや企業から直接オファーが届くスカウトサービスも提供しているため、一度の登録でいろいろな利用方法ができます。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で転職者満足度No.1も獲得しています。首都圏だけでなく地方にも対応しています。

もちろんエージェントサービスでは履歴書や職務経歴書の書き方からサポートしてくれますので初めての転職でも安心です。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録があります

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

高卒の方向け転職エージェント以外の手段

ここでは、高卒の方が仕事を変えたい・働きたいと思った時に使える転職エージェント以外の手段をご紹介します。

高卒の方の場合、正社員として働くよりも他の働き方を選んだほうが、高収入やプライベートを確保できる場合もあります。

例えば「派遣社員」の平均年収は約330万円なので、平均月給は約27万円となります。
厚生労働省『学歴、性、年齢階級別賃金』を見ると、高卒40代女性の給料は19万8,000円となっており、この場合は派遣社員として働いたほうが年収が高くなります。

ぜひ正社員という枠にとらわれず、あなたに最も適した働き方を見つけてみましょう。

求人サイト・転職サイト

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント転職エージェントとして有名ですが、求人サイトとしてもおすすめできるサービスです。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人の数もトップクラスの転職サイトです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

>>リクルートエージェントの口コミ・評判はこちら

2.doda

doda

dodaは求人数が全国トップレベルの求人サイトです。
求人数が多いので、あなたの希望に合った求人が見つかりやすいのが特徴です。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件が見つかるという声もありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにも、まずは求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

>>dodaの口コミ・評判はこちら

3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは転職エージェントとしても有名ですが、
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

>>マイナビエージェントの口コミ・評判はこちら

ハローワーク

ハローワーク

おすすめ度
求人の数
求人の質
URL https://www.hellowork.mhlw.go.jp/

ハローワークは、厚生労働省が運営している、転職や就職を支援を促進しているサービスです。

厚生労働省が運営していることもあり、公的機関に就業サポートをしてもらえるという安心感があります。

もちろん高卒の方の支援も行っているので、安心して頼れるサービスをお探しの方はぜひ利用してみましょう。

派遣会社

1.スタッフサービス

スタッフサービス
おすすめは人材派遣のリーディングカンパニーであるスタッフサービスです。

スタッフサービスはリクルートグループの企業で、大手企業への派遣数の多さ、営業力の高さ、研修体制の充実度、フォローの良さなど優良な派遣会社に必要なポイントすべてを抑えています。

今月退社するから、翌月から別の派遣のお仕事を開始したい!」場合でも、相談することが可能なので、急ぎで仕事をお探しの方にもピッタリの派遣会社です。

誰もが知っている企業への派遣実績もありますので、
まだ登録されていない方は、始めに登録しておくべき派遣会社です。
公式サイトURL:https://www.022022.net/

>>2分で完了<<

>>スタッフサービスの評判や口コミを詳しくチェックしてみる

2.テンプスタッフ

テンプスタッフ

売上・スタッフ満足度日本一のテンプスタッフです。日本全国に拠点が有りどの地域に住んでいても派遣の仕事が紹介されることが魅力的です。

また、派遣スタッフをフォローする「コーディネーター」もスタッフに寄り添い、あなたでも気づけなかったピッタリの仕事を紹介するため、非常に評価が高いです。
月刊人材ビジネスによる派遣スタッフ満足度調査で、「クチコミNo.1」を獲得しています。

積極的に派遣会社をM&Aしており、ますます企業規模が拡大しています。

まだテンプスタッフに登録されていない方は迷わず派遣登録すべきです。
登録もWEBですぐに完了します。
公式サイトURL:https://www.tempstaff.co.jp/

>>2分で完了<<

>>テンプスタッフの評判や口コミを詳しくチェックしてみる

3.パソナ

パソナ

求人件数
サポート力
スキルアップ体制
福利厚生

パソナは創業40年以上の歴史がある企業で、日本でもトップクラスの大手派遣会社です。

派遣スタッフ満足度調査でパソナを友人に勧めたい派遣会社「クチコミNo.1」を7回も獲得しています。

パソナの派遣案件は高時給・大手上場企業・事務職が非常に多く、これまで身に着けた事務経験を活かしたい意欲がある若手の方にとてもおすすめです。

福利厚生についても、派遣会社の中で最高クラスに整われており、一般的な社会保険はもちろん旅行や美容・演劇や育児代行などを安く活用できる制度が設けられています。

公式サイトURL:https://www.pasona.co.jp/

>>パソナの評判や口コミを詳しくチェックする

転職エージェントを効果的に利用する12個のポイント

事前準備は入念にしておく

転職したいという強い思いがあるうちに、事前準備を済ませておきましょう。
転職活動で最も手間と時間がかかるのが事前準備です。
転職エージェントに相談したり、求人サイトのコラムを読みながら準備を進めましょう。

転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる

また、転職の目的に優先順位をつけることも大切です。
「年収をあげたい」「雇用形態を変えたい」「休みを増やしたい」など、目的を明確にしておきましょう。

転職活動に時間がかかればかかるほど資金的にも精神的にも余裕がなくなりやすいです。

事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう。
焦って転職してしまうと、希望とはかけ離れた就職になりかねません。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントには複数登録するのが効果的です。

複数のサイトに登録する理由

  • 求人を比較できて選択の幅が広がる
  • 用途によって使い分けることができる
  • 各エージェントの独占求人や非公開求人を網羅できる
  • 担当者を比較できる

比較して使いやすいと思った転職エージェントを使うという心構えでいることが大切です。

登録のおすすめは、先に紹介した転職エージェントからを2~3社登録することです。
そうすることで総合評価の高いサイトと自分にとって価値のある求人を持つサイトを比較することができます。

>>ランキングから複数登録する

スケジュール確認を徹底する

転職活動ではいくつかの企業の選考を同時に受けることもあり、スケジュールの確認が難しくなることもあります。

担当者に言われたことは必ずメモを取り、面接日程などは必ずスケジュール帳などで管理するようにしましょう。

連絡は素早く・こまめに

転職エージェントは企業から依頼を受けると、データベースの中から条件を絞って応募者を探していきます。
この時に更新日の新しい順番(連絡が新しいもの)から優先的に案件を紹介しています。

連絡が遅いとなぜ優先されないのか
更新日が古い=連絡をとっていない
というアルゴリズムになっています。連絡をとっていないということはすでに派遣先を決めた可能性が高いと判断されてしまうので、連絡は素早く・こまめに取りましょう。

就業開始時期は「良いところがあればすぐにでも」

担当者との面談では必ず就業の希望時期を聞かれます。

その場合には少し時間をかけて仕事を探したい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。

転職エージェントは早く求職者に仕事を紹介して就業してもらいたいと考えているため、就業意欲が高い求職者に対しては優先的に仕事を紹介してくれる傾向があります。

また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

業界情報や転職市場の状況を聞く

転職エージェントを利用して面談を行ってもらう際には、希望の業界や転職市場がどのような状況なのかを聞くようにしましょう。

業界・市場の状況を知ることで、本当に今転職するべきなのかを改めて検討することが出来ます。

さらに業界の状況がわかれば、職場を選ぶ際に合理的な選び方をすることができるようになるのでおすすめです。

職場のリアルな情報を教えてもらう

転職エージェントを利用する際には、面談で職場のリアルな情報を教えてもらうようにしましょう。

求人情報や企業の採用情報を見ているだけでは知ることが出来ない職場の内部情報を知ることができるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットの1つです。

このような詳細な情報を知るためには、キャリアアドバイザーが実際に職場を調査している転職エージェントを利用するようにしましょう。

経歴やスキルは正直に伝える

面談で伝えた登録情報・やり取りの内容は情報が残ります。
後から「話が違う」となってしまうと、嘘をつく人物として、紹介してもらえる求人が限られてくる可能性もあります。

また、事実と異なる情報を伝えると、転職先でのミスマッチにつながることが非常に多いです。
このようなことがないように、面談では全てを正直に伝えることをおすすめします。

また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

希望条件は優先順位や理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。

あなたの希望を叶える求人を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当者に共有することが重要です。

なぜなら担当者はその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。

あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のサポートの方向性がズレてしまう可能性があります。

そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、希望通りの求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ求人には複数の転職エージェントから応募しないように注意しましょう。

さまざまなサービスから同じ求人に複数回応募してしまうと、企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。

企業側から「他の転職エージェントからも応募がある」と担当者に連絡が入ってしまう恐れがあります。

これは両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからその後良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。

「推薦文」とは企業にあなたのことを紹介する書類です。
企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、内容を確認しておきたいところです。

担当者によっては職務経歴書をそのまま書き写しているだけだったりと、企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

担当者に情を持たない

担当者に情を持って接してはいけません。
仮に担当者が合わないと感じた場合に変更しずらくなってしまい、良い会社が見つからなくなる恐れがあります。

そのためシビアな目をもって担当者と接することが重要です。

転職エージェントに登録して転職するまでの流れ

ここでは、転職エージェントを利用した場合の転職手順をご紹介します。

サービスによって多少違いはありますが、一般的な転職エージェント利用の流れを図解したので、ぜひ参考にしてみてください。

転職サイト 利用の流れ

上記の図解で大まかな転職サイト利用の流れがわかるかと思いますが、より詳しく知りたい方のために利用の流れの詳細をご紹介していきます。

1.転職エージェントの登録ページから登録する
2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)
3.アドバイザーによるキャリアカウンセリング
4.求人を紹介してもらう
5.書類選考の対策・準備をサポートしてもらう
6.面接対策を受ける
7.内定と退職手続きのサポート

1.転職エージェントの登録ページから登録する

それぞれ転職エージェントの公式ページから登録します。

「転職サポート」「面談」等の表記を目印に、各サービスのホームページから登録してみてください。

登録画面を見つけられるか不安な方は、ランキング部分に掲載しているリンクから各社の申し込みページへ移動できますので、お役立てください。
>>高卒の方におすすめの転職エージェントに戻る

登録時に個人プロフィールや職務経歴などを具体的に入力しておくと、後のステップがスムーズに進みます。

2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

登録後は数日以内に連絡があります。

連絡の内容はざっくりとした「転職希望時期」「希望する職種や業界」「希望年収」などの確認とキャリアカウンセリング面談の日程調整です。

10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。

3.アドバイザーによるキャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。

初回の面談では現在のご自身の状況やご希望のヒアリングと転職市場など企業側の状況を整理し、考えをまとめていきます。

主に話題になるのは下記のような内容です。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • あなたのキャリアの棚卸し
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでのご希望条件の整理
  • ご自身の強みの棚卸

キャリアカウンセリングではプロの意見をききながら、あなたの考えを整理できるので、転職活動において次にするべき行動や自分の強みが分かります。

転職をお考えの方はまずはキャリアカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

4.求人を紹介してもらう
キャリアカウンセリングの内容をもとに アドバイザーがあなたに合った求人を紹介してくれます。
最初は30件近く紹介されることもあり、思ってもみなかった大手の求人や個性的な魅力のある中小企業、新たに挑戦できそうな職種などさまざまな提案があるかもしれません。
各転職エージェントごとに紹介される求人はことなりますので、比較してみましょう。
5.書類選考の対策・準備をサポートしてもらう

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。

作成から添削まで担当者からアドバイスをもらうこともできます。
場合によっては直接面談しながらアドバイスを受けることもできます。

職務経歴書は複数の選考で利用できますので、積極的に意見をもらって、しっかりとご自身をアピールできるものを作り上げましょう。

完成したものはアドバイザーが推薦文を添えて企業側に提出してくれます。
アドバイザーに推薦文を確認させてもらうことも可能です。
担当のアドバイザーが熱意をもってしっかりアピールしてくれているかが分かりますので、確認させてもらいましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

6.面接対策を受ける

書類選考通過後の面接日程調整も転職エージェントが代行してくれます。

模擬面接も可能ですので不安な方はお願いしてみましょう。その他にも面接官のタイプやどのような質問をされる可能性が高いのかなども教えてくれます。

面接の結果もエージェントから知らされます。不採用の場合は理由もヒアリングしてくれるので、次に活かすこともできます。

7.内定と退職手続きのサポート

内定の連絡もエージェントから知らされます。

内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

どれもあまり経験のない手続きだとおもいますので、転職エージェントの支援を最大限活用しましょう。

高卒の方が転職前に必ず知っておくべき知識

ここでは高卒の方が転職活動を始める前に絶対に知っておくべき情報をご紹介します。

ここで紹介する知識がないと、せっかく労力をかけても転職活動が失敗に終わってしまうこともあります。

しっかりと知識を取り入れて、転職活動の成功率を高めましょう。

高卒での転職が厳しい理由

ここでは高卒での転職が厳しい理由をご紹介します。

高卒での転職が厳しい理由としては以下の通りです。

高卒での転職が厳しい理由

  • 高卒の学歴で選択肢が狭まる
  • 大卒が当たり前の風潮がある
  • 高卒のイメージが良くない
  • このような理由が挙げられます。
    ここからは一つずつご紹介していきます。

    高卒の学歴で選択肢が狭まる

    まず一番に挙げられるのは、学歴不問の案件に絞って転職先を見つけなければならないので、単純に選択できる求人が少なくなってしまいます。

    選択肢が少なくなったので、特に地方だと高卒の方同士で少ないイスを争うことになるので、より採用の確率が下がってしまうという悪循環が生まれてしまいます。

    さらに、学歴による転職の厳しさは、都会の方が厳しいと思われがちですが、実際には求人数が少なめの地方の人のほうが厳しいです。

    案件の数が少ないという事はそれだけ転職の選択肢も少なくなるという事です。

    大卒が当たり前の風潮がある

    以前は高卒で就職することは、普通でしたが、現在の日本の学歴に対する意識が変化しつつあり、「高校卒業後は進学」という風潮が当たり前になりつつあります。

    そのため大卒の方も増えているのも一つの大きな原因です。

    直近のデータで2018年では、大学や短期大学への進学率は57.9%、浪人生を含まない現役生だけに限っても、54.8%と年々上昇傾向にあるとされています。

    このように大卒が当たり前になっていくことによって、大卒前提の求人が増加して、高卒向けの求人はどんどん減ってきています。

    そういった荒波にもまれないためにも、高卒の方が転職の際は、素早い対応と思い切った選択が必要になります。

    高卒のイメージが良くない

    高卒の方は大卒の方と比較した際にさまざまな不満が生まれやすいです。

    例えば大卒の方と比較して給与面が低いといった傾向が強いです。

    周りの友人が進学している方も多いので、悩みの共有できないといった点も高卒の方の意欲が失われてしまう原因になってしまうようです。

    厚労省の調査によれば、就職してから3年以内に離職してしまう方の割合が高卒者の方で約40%、大卒者の方で約32%と発表されています。

    このようなデータによって、高卒者は早期退職者が多いイメージが根付いてしまっている人事担当者もいるようです。

    決して全員が悪いイメージを持っているわけではありませんが、イメージ的な部分で少し不利な面はあります。

    そのイメージを払しょくするためにも、自分の強みを見つけ、身に着ける必要があります

    高卒で転職した際の給与

    不景気が続くこの世の中、給料や待遇面を良くするために転職を目指す高卒の方も多いかと思います。

    では実際に転職した際に収入アップは狙えるのか。

    ここでは大卒の初任給と例に出して、高卒の給与問題をまとめました。給与アップのために転職を目指している方は是非参考にしてみて下さい。

    大卒と高卒の初任給の差

    高卒の初任給は、16万円程度が相場と言われています。

    一方、大卒の初任給は19万円~20万円前後が平均と言われているので、その差は3万円程の差があると言われています。

    大きく差が開いたとしても3~7万円程の差があると言われています。

    業務内容によっては、高卒も大卒もそこまで大きく変わらないので、給料の差にどこか不満を感じる事も多いでしょう。

    この給料の差には、人的資本論と言われる考え方が大きく影響しています。

    高卒よりも大卒の給料を高額に設定する考え方「人的資本論」

    人的資本論という経済学の考え方において、大学で4年間多く学んでいる分、高卒の人間よりも大卒の人間の方が会社に利益をもたらす確率が高いと期待した方が合理的と言われています。

    実際に大学で講義で学んだことがそのまま業務につながるとは限りませんが、この人的資本論により、大卒は高卒よりも高額な給料をもらえる仕組みが出来上がっています。

    また、大卒は受験や卒論というしっかりとした努力の証もあります。

    大卒の学歴を手にする努力と能力を持っているという事実が、人事の評価に繋がり、高卒よりも高額な金額を設定される理由の一つになるのです。

    転職すると高卒でも昇給は見込めるのか

    ただ転職したのみでは、劇的に収入アップは不可能です。

    それに高卒の転職では、求人数がそもそも少ない点も忘れてはいけません

    高卒転職で給料を上げる方法

    高卒の学歴で昇給するには、学歴以外の評価ポイントを上げて転職する必要があります。

    業種によってはスキルや資格の有無で手当がついてくるので、現在の仕事でスキルやキャリアを身に着けると転職でも有利になります。

    高卒の方が大卒に勝っているところは、大卒よりも早い段階での社会人経験や業務経験を積んでいることが挙げられます。

    大卒の就活生に真似ができない経験を武器に転職活動をしましょう。

    社会人歴が長いという強みは若いうちのみでしか活用できない

    注意すべき点は、若いうちに目標や将来像を設定して、早期のうちに転職を決めておくことです。

    年齢が上がれば、同年代の大卒も同様のキャリアを積むため、高卒の強みである経験の豊富さが通用しなくなってしまいます。

    一般的に高卒での転職が厳しいという事実はありますが、不可能ではありません。

    高卒の方が転職を成功させるためには転職に大事な武器を取り揃えることがすごく大事です。

    大事な武器を持つことで、何の転職対策もなしに、各段に収入アップであったり待遇面の改善の期待が見込める転職になります。

    高卒転職を実現させるために必要なポイント

    では高卒で転職を実現させるために必要なポイントはいったい何でしょうか。

    ここでは、高卒で転職するために大事なことを紹介していきます。

    大事なポイントとしては以下の通りです。

    高卒転職で実現させるために必要なポイント

  • 自己分析を行い、自分自身の理解を深める
  • 自分が即戦力であることをアピールする
  • 前向きな転職理由を伝える
  • 以上が大事なポイントになってきます。では一つ一つ詳しくご紹介していきます。

    自己分析を行い、自分自身の理解を深める

    転職活動において、自己分析は欠かせないものになります。

    自分が何を目指しているのか、仕事のどういったところにやりがいを見出しているのか、などのように改めて自らと向き合う事が大事です。

    やる気や思いを伝える事も非常に重要ですが、もちろん培ったスキルやキャリアを転職希望先に伝える事も考慮しなければなりません。

    転職活動をきっかけに、自分自身のことをはじめ、これまで培ってきたスキルや経験を一度見つめ直してみてください。

    自分が即戦力であることをアピールする

    多くの企業は、中途採用には即戦力を求めています。

    あなたを採用することで、企業側がどういったメリットがあるのかという説明をすることが大事です。

    なので、自分が培ったスキルやキャリアを「転職先の仕事にどういったメリットを与えることができるか」をアピールが重要になります。

    「自分は御社の即戦力になれる」と面接担当者に伝える事が出来たら、合格する確率はグッと高まるでしょう。

    前向きな転職理由を伝える

    転職活動において、前職を退職した理由は絶対に聞かれます。

    その際に「人間関係が上手く行かなかった」「業務が辛すぎた」といった、ネガティブな退職理由を伝えるのはNGです。

    ネガティブな理由を回答してしまうと、人事担当者は「仮に採用したとしてもまた同じような理由で退職してしまうのでは?」と心配になってしまいます。

    なので、「新しい環境に挑戦して自分を成長させたい」「以前から興味があった分野の仕事にチャレンジしたい」など、本音は違ったとしても、転職理由は前向きな理由を伝えた方が好印象を与えることができます。

    またなぜそういった経緯になったかも説明できるように、しっかり対策しておきましょう。

    高卒転職に強い資格

    転職市場では非常に需要が高く、高卒にも強い資格は以下の5つが強いです。

    高卒転職に強い5つの資格

  • TOEICなどの外国語検定
  • WordなどのMOS
  • 秘書検定
  • 調理師
  • 宅地建物取引士
  • といった資格がおすすめになります。ではここから一つずつご紹介していきます。

    TOEICなどの外国語検定

    観光業や接客業で強い資格として挙げられるのが、TOEICなどの外国語に関する資格です。

    インバウンドに力に入れている企業が増加傾向が強い現代では、業界関係なく評価が高いです。

    中でも観光業や接客業の直接外国人観光客と関わる事の多い仕事の方は、外国人観光客の多いエリアの担当者として期待されるでしょう。

    WordなどのMOS

    MOSはマイクロソフト社のオフィスソフトを使いこなせる事が可能であることを証明する資格です。

    Excel、Word、PowerPointは業界問わず活用することの多いオフィスソフト。

    各企業の求人票を見てみても「Excel、Wordの初歩的知識がある人」を上げる企業も少なくありません。

    オフィスワークでの仕事を希望している方は、MOSの資格取得を目指しましょう。

    秘書検定

    秘書検定を学び、資格取得するメリットは、秘書としての能力育成が可能な上に、面接やビジネスシーンにおいて非常に活用できる立ち振る舞いができるようになることです。

    秘書を目指す気がなくても、秘書検定を保有しているだけで「ビジネスマナーは完璧」という印象を与えることができます。

    調理師

    調理師は活躍の場所が見つかりやすい国家資格です。

    飲食店で2年以上の実務経験が受験資格に必要ですが、調理関係の専門学校いかずとも受験が可能で目指しやすいです。

    そのままその飲食店で勤務するも良し、ホテルのレストランで経験を積んだり、将来自分の店を持つ選択肢も見えてきます。

    宅地建物取引士

    宅地建物取引士は調理師と同じく保有しておくと働く場所の選択肢も非常に多いのでおすすめです。

    不動産売買が正しく行われるようにサポートする業務を担っている宅地建物取引士は、契約書への署名・捺印といった非常に重要な役割を担うので、常時求人がある状態です。

    宅地建物取引士と聞くと不動産の企業しか勤務先が無いように感じるかもですが、近年はリノベーションが流行っていることもあって、中古物件を取り扱う建築事務所でも需要が高まっています。

    建築会社は建築士のみならず、物件や提案を売る営業職も募集しているので、中には業界未経験者も募集中という企業もあるようです。

    宅地建物取引士の資格を保有してると、その他の業界未経験者と比較しても採用されやすく、給料アップも非常に見込めます。

    高卒転職に向いている業界

    この章では高卒の転職に向いている業界をご紹介します。

    是非今後の転職活動の参考にしてみてください。

    IT業界

       
    まずはIT業界です。

    IT業界は学歴ではなくスキル重視の傾向が強いです。

    プログラマーやWebデザイナーは仕事の結果次第で評価が変わってくるので、能力さえ高ければ昇進や昇給を十分狙えます。

    ある程度経験を積んで、一流の技術を習得したエンジニアはフリーランスとして活躍することも可能です。

    飲食業界

    飲食店も実力主義の仕事です。高卒からひたすら働き続けて社長までのし上がる人が多い業界なのでチャンスは非常にあります。

    アルバイトであればともかく、正社員として採用してもらうには年齢的に若くないと厳しいです。

    人件費を抑えることで労働時間が長くなることもあるので、そういった意味でも体力面で自信がないと厳しいです。

    運送・製造業界

    日常的に採用を継続をしているような企業に応募するのも非常におすすめです。

    タクシー運転手、バス、トラックといったドライバー系は最終学歴が高卒の方も比較的採用されやすいです。

    大手の鉄道会社も高卒者の中途採用を積極的に募集しています。

    工場などの製造業も高卒の方が中心となって活躍している業界です。

    大手メーカー、中小企業の工場を関係なく、常に人材不足なので、今はもちろん、今後転職する際にも求人はたくさんあります。

    優良企業に転職できれば残業は非常に少ないです。

    弁護士・税理士業界

    学力に自信があれば、将来的に弁護士や税理士といった国家資格にも挑戦ができます。

    こういった国家資格は基本的に大学教養課程や専門大学院を修了していかなければ受験不可なので、高卒の方は認定試験を受験する必要があります。

    ハードルは他の業界と比較しても非常に高いですが、自分の努力次第では高卒でも弁護士になることは可能だと言えるでしょう。

    尚且つ、20代であれば警察官、消防官、自衛官といった公務員の採用試験を受けること将来的には可能です。

    高卒転職に向いていない業界

    一方で高卒転職に向いていない業界も存在します。

    この章では高卒転職に向いていない業界を詳しくご紹介します。

    マスコミ業界

    テレビ局、新聞社、広告代理店といった業界は非常に学歴を重要視しているので高卒の方には正直言って厳しいです。

    ですが、上記の業界であっても中小企業や下請け企業であればノーチャンスというわけではありません。

    まずは求人が出ているかをチェックして、あればぜひ応募してみることをおすすめします。

    金融業界

    銀行などの金融機関も高卒の方の転職が厳しい業界です。

    昔であれば、商業高校の出身者が採用されるケースはありましたが、1990年代以降ほとんど採用されることはなくなりました。

    なので、金融業界に関しましては大卒以上の学歴が求められるという事を頭に入れておきましょう。

    ですが、地方銀行や新規の銀行をはじめ、学歴に関わらず採用している企業も存在するので最初からあきらめず、挑戦してみてください。

    商社

    大手の商社にも金融と同様、大卒、もしくは大学院修了の方の採用がほとんどです。

    小さい企業であれば採用を行っているケースもありますが、そういったケースだと職務経歴を問われる事は非常に多いです。

    商社に関しては大卒以上であっても、非常に人気の高い転職先になるのでその分、競争率はさらに高くなります。

    ですが、「学歴不問」や「高卒以上」の求人であればあなたも企業に必要だとされている人材の一人です。まずは一度応募することをおすすめします。

    高卒未経験でも転職可能な職種

    この章では高卒未経験の職種を紹介していきます。

    是非今後の転職活動の参考にしてみてください。

    営業

    「営業職」は、全国で最も求人数の多い職種です。

    これは顧客に自社製品やサービスの購入を促進した後に契約を取り付ける職種のことを言います。

    営業においては接客・販売業と並び未経験歓迎の求人が多数存在しており、特に必要な資格も特になく、学歴より実力主義の傾向が強いので、その時点で営業スキルがなかったとしてもやる気とハートの強さがあれば転職は可能です。

    そして向上心の強い高卒の方に嬉しい要素として、営業職は努力次第では多くの収入を得ることが可能です。

    営業職向きの人の特徴としてはやわらかい雰囲気をお持ちの方や明るい方で、コミュニケーション能力や傾聴力、目標達成に向けたコミットするための行動力が大事になります。

    営業職を目指す高卒の方は是非、この職種が自分の性格にマッチしているか一度チェックしましょう。

    営業職は単純に商品やサービスを売り込む仕事でなく、顧客に「価値」を提供することのできる魅力的な仕事です。興味がある方は是非転職を検討してみましょう。

    事務

    「事務職」は書類の作成・処理、ファイリングといった整理、電話応対・来客応対、その他データ入力といった業務全般を担当します。

    その組織にとって欠かすことのできない仕事のことを言います。

    事務職は資格が特に必要とされていないケースが多いので、未経験で学歴も強くなくても転職が可能です。

    ですが事務職に関しては他の正社員のサポートをすることがメインの業務です。

    なので周囲に気を配れる能力が必要になります。

    また、事務職のケースだとマルチにタスクをこなす必要がありますので、物事を同時進行できる方は非常に向いていると考えられます。

    接客・販売

    「接客・販売」についてはある程度イメージがしやすい職種だと思います。簡単に言ってしまえばお客さんに商品を売る職種です。

    ですが「商品を売る」という意味で営業と似ていると感じている方もいらっしゃると思いますが、販売は店舗などの購入意思があるお客さんに向けて、商品購入を促すのが主な職種なので、営業職と比較して少しハードルが低いです。

    接客・販売系の業界や職種も未経験歓迎の案件多数あり、学歴も重要視しない求人が非常に多いです。

    また接客・販売職も明るくやわらかな印象の方に非常に向いていて、基本的なコミュニケーションスキルや説明スキルが必要とされてますが、これらに関してはしっかり練習をしておけば身につくので安心してください。

    高卒の転職に関するよくある質問と回答

    Q1.女性の高卒なのですが転職できますか?

    基本的に性別によって採用の可否を判断することは違法なので、女性だからといって転職が不利になることはありません。

    しかし企業の状況によっては、男女どちらかの採用を強化している時期もあるので、タイミングによっては男女で転職成功率が異なる可能性もあります。

    転職エージェントは企業に足を運んで内部事情を調査していることもあるので、このようなタイミングによっと変わる採用の力の入れ具合まで教えてもらうことができます。

    Q2.高卒が有利になる資格はありますか?

    高卒が有利になる資格はたくさんありますが、特に高卒者には国家資格の取得をおすすめします。

    国家資格を取得していれば、転職や就職のチャンスがかなり広がります。

    取得すべき資格はいくつかありますが、ここでは厳選して特に取得がおすすめの国家資格をご紹介します。

    • 基本情報技術者
    • 通関士
    • 宅地建物取引士
    • 登録販売者
    • 中小企業診断士

    Q3.大手企業に高卒でも転職できますか?

    たとえ高卒であっても、大手企業への転職を目指すのは十分可能です。

    学力が業務の質に直結するような仕事だと難しいかもしれませんが、学力を活かして働く業界は徐々に少なくなってきているため、高卒でも大手企業への転職が可能です。

    例えばIT業界では、学力とは異なるプログラミングなどの専門スキルが必要になるため、高卒だとしてもスキルを身につければ大手企業に採用される可能性は高まります。

    IT業界おすすめ転職サイトランキング

    Q4.高卒で働くのにおすすめの業界はどこですか?

    高卒の方が働くにあたっておすすめなのは、下記の業界です。

    • IT業界
    • 自動車業界
    • 製造業界
    • 鉄道業界
    • ホテル業界
    • 保険業界
    • 建設業界

    関連記事
    IT業界おすすめ転職サイトランキング
    自動車整備士におすすめの転職サイトランキング
    【建設・建築】施工管理に強いおすすめの転職サイト・エージェント

    Q5.高卒でも稼げる仕事はありますか?

    高卒でも、適正がある職種で仕事ができれば、稼ぐことは可能です。

    現在でも活躍している高卒の方が多い職種は下記のとおりです。

    • 営業職
    • 販売職
    • 事務職
    • 技術職

    Q6.資格なし、未経験の高卒でも転職できますか?

    実際のところ、資格や経験がない状態での転職は、スキルがある方と比べると成功確率が下がってしまいます。

    この場合、今までの人生経験から何かしらアピールするエピソードなどを用意する必要があります。

    しかしどのようなエピソードが企業からの評価が高いかを判断するのは非常に難しいです。
    その場合、転職エージェントに相談してアピール内容を考えてもらうことが有効です。

    >>おすすめの転職エージェントを見る

    まとめ

    今回は高卒転職についての記事紹介しました。

    高卒の方でも資格取得やスキル向上で転職の道が切り開かれていきます。

    もし転職に関して迷った際は転職エージェントでの活用もおすすめです。

    あなたの転職活動がよりよいものになる事を心より願っています。

    転職エージェント 総合評価 コメント
    リクルート
    エージェント
    業界トップのリクルートが運営
    業界トップクラスの求人数
    doda
    業界トップクラスの転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
    type転職
    エージェント
    首都圏の転職におすすめ
    年収アップの非公開求人多数

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄