クリーデンスの評判・口コミ

「クリーデンスって悪い評判も聞いたことがあるけど、大丈夫だろうか」そんな不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

転職活動に失敗しないためにも、利用する前に評判や口コミを確認しておきたいですよね。
この記事ではクリーデンスを実際に利用した方からの口コミや評判を基に、転職業界を知り尽くした筆者がクリーデンスのメリット・デメリット、注意点、利用の流れなどを徹底的に調査しました。

求職者の方々からのご質問をまとめたよくある質問の解説もありますので、参考にしてみてください。

記事の目次

クリーデンスの評判・口コミ調査まとめ

クリーデンス

運営会社 パーソルキャリア株式会社
本社所在地 〒100-6328
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
・JR「東京駅」地下道より直結
・東京メトロ丸の内線「東京駅」地下道より直結
・東京メトロ千代田線「二重橋前駅」7番出口より徒歩2分
・都営三田線「大手町駅」D1出口より徒歩3分
・東京メトロ東西線「大手町駅」B1出口より徒歩5分
・東京メトロ半蔵門線「大手町駅」A5出口より徒歩6分
設立 1956年3月
対応地域 関東・関西・中部地域・一部海外地域
対応年代 20代30代40代50代※制限は無し
求人数 公開求人数:約700件以上
非公開求人数:求人の約70~75%
職種 ファッションデザイナー/パタンナー/MD(マーチャンダイザー)/アパレルバイヤー
VMD/プレス/販促/アパレル営業/店長/販売/店舗系/アパレル生産管理/物流/貿易
アパレル事務/その他
利用料金 無料
公式サイト https://www.crede.co.jp/lis/201703/typeb/pc/

▶︎横にスクロールできます▶︎

 

クリーデンスはアパレル・ファッション業界の求人に特化している転職エージェントです。
関東・関西・中部地域・一部海外地域まで幅広い求人をそろえているので、あなたの希望する仕事に出会える可能性が高いです。

クリーデンスの特徴
アパレル・ファッション専門ならではの実績と情報量
アパレル・ファッション業界、人材業界出身のキャリアアドバイザー
転職業界大手のパーソルキャリアが運営

メリット
  • 具体的なアドバイスをしてくれる
  • 近くに拠点がなくても対応してくれる
  • 企業との交渉力が高い
デメリット
  • 求人を紹介してもらえなかった
  • 連絡がしつこい
  • 質の悪い求人がある

▶︎横にスクロールできます▶︎

 
ぶっちゃけ話
クリーデンスはアパレルやファッション系希望の方におすすめしたい転職エージェントです。他のエージェントと比較するためにも一度登録してみることをおすすめします。

現在までに累計約140,000人以上の方に登録されているので、自分とは合わなかったという方もいらっしゃるでしょう。
クリーデンスの悪い評判はそんな方からの意見でした。

お急ぎの方のために、先にクリーデンスの調査結果をまとめましたが、実際に登録するかどうか迷った方は是非最後まで読んでみてください。
記事の後半には悪い評判も含めた実際に利用した方々からの口コミやクリーデンスのメリット・デメリット、特徴などの解説をいたします。

クリーデンスの評判・口コミ

口コミアイコン
20代男性
アパレル系やファッション系の求人に特化しているため、業界の状況や企業ごとの特性などに精通していて、転職に対して適切なアドバイスをしてくれました。アパレル・ファッション系で転職を考えている方にはおすすめの転職エージェントだと思います。
その他のレビューを見る
CareeReco(旧派遣reco)
平均評価:  
 3 レビュー
by クリー
ファッション関係やアパレル関係希望の方に向いています

クリーデンスは、アパレル業界やファッション業界に転職したいと考えてる方に向いています。

他の転職サイトでは募集をしていないような企業が多く存在し、非公開とされている求人も数多くあるので、アパレル関係を希望されている方は登録だけでもしておくべきサイトです。

私は、デザイナーの求人を探すためにクリーデンスに登録を行いましたが、自分の得意とする分野を探すことが出来たのはとても良かったです。

ただ、クリーデンスは経験がある方を採用する傾向が非常に強いため、未経験の方では就職にこぎつけるまでがなかなか難しいと感じます。

同じ職種に転職を考えている方には、クリーデンスが向いています。

by K.E
転職サイトを利用して人生が変わりました

転職エージェントを利用して転職活動を行いました。よかった点としてクリーデンスはとてもスピード感があり私が求めていることの対して圧倒的なスピードで解決してくれました。

他にもクリーデンスの方の対応はアフターフォローまでもしっかりとしているため利用してよかったと思います。

悪かった点としてクリーデンスはスピード感はあったものの求めているもしか反応してくれずプラスアルファで情報をくれることが少ないように感じました。
そこを改善してくれば、クリーデンスは最高の転職エージェントになると思います。

by T.S
ファッション・アパレル業界に特化した転職エージェント

アパレル業界に務めたいと思っており、ネットで調べていると、転職エージェントのクリーデンスが、ファッション・アパレル業界の求人に特化した転職エージェントだということが書き込まれいたので、登録し、利用しました。

クリーデンスを利用してみた感想としては「求人案件が多いな」と感じました。他の転職エージェントでも、ファッション・アパレル業界の求人というのは多い傾向にあるのですが、自分が希望しているブランドを扱っている転職先がなかなか見つかりませんでした。

クリーデンスは無料でキャリアアドバイザーが付いてくれるのですが、そのキャリアアドバイザーが業界出身者の人だったので、自分が希望しているブランドを扱っている転職先を紹介してくれました。今では、自分の好きなブランドを携わられているので楽しく仕事ができています。

クリーデンスを利用して良かったなと思っています。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

良い評判・口コミから分析|クリーデンスを利用するメリット

良い評判・口コミを集めて分析したことで分かった、クリーデンスを利用するメリットを3つにまとめたので、解説と裏付けとなる情報もご紹介いたします。

クリーデンスを利用するメリット

  • 具体的なアドバイスをしてくれる
  • 近くに拠点がなくても対応してくれる
  • 企業との交渉力が高い

1.具体的なアドバイスをしてくれる

クリーデンスはアパレル系・ファッション系などの業界に特化した転職エージェントです。
キャリアアドバイザーはファッション業界で働いていた方や人材業界出身の方が多く在籍しているので、より具体的なアドバイスを受けることが出来ます。

アパレル・ファッション業界、人材業界出身のキャリアアドバイザー

口コミアイコン
20代女性
アパレル系の求人を探していましたが、キャリアに自信があまりありませんでした。しかし、担当のキャリアアドバイザーが応募した企業の特徴を細かく教えてくれて、安心して面接に挑めました。
口コミアイコン
30代女性
ファッション系の企業の転職を希望していると、キャリアアドバイザーに伝えたところ、面接での答え方や履歴書の書き方など丁寧にアドバイスしてくれました。

2.近くに拠点がなくても対応してくれる

クリーデンスは近くに拠点がない方に対して、電話相談をおこなっています。地方の方や在職中で直接相談に向かうことが難しい方にとってありがたいサービスです。

口コミアイコン
20代女性
私は近くに拠点がなかったのですが、電話での対応をしてもらいました。対面で相談が出来ない不安はありましたが、電話でも丁寧に対応してくれたので良かったです。
口コミアイコン
20代男性
拠点が近くになく直接面談するのは難しいと思っていたところ、電話面談が出来るのを知りました。僕の希望条件とキャリアを丁寧に聞いてくれて、転職の相談にも乗ってくれたので良かったです。

3.企業との交渉力が高い

クリーデンスはアパレル・ファッション業界の企業に精通しているため、企業との交渉力が高いです。
あなたのキャリアとスキルを最大限に活かせるよう交渉して、転職活動をサポートしてくれます。

アパレル・ファッション専門ならではの実績と情報量
アパレル・ファッション専門ならではの実績と情報量
クリーデンスの大きな特徴としてアパレル・ファッション業界に特化したアドバイザーがいることです。現在までに約140,000人以上の利用者をサポートしてきた実績、培ってきた知識を使いあなたの希望の企業に交渉してくれます。

口コミアイコン
30代女性
私が気になっていたブランドの企業に応募をしました。条件が厳しく通るか不安でしたが、アドバイザーが企業と交渉をしてくれて面接まで進むことが出来ました。私の転職を最後まで支えてくれました。
口コミアイコン
20代女性
まだキャリアが少なく、企業への応募が通るか不安でした。しかし、担当のキャリアアドバイザーが企業としっかり交渉してくれたおかげで、面接まで進み無事に内定をいただけました。利用して本当に良かったです。
クリーデンスのエージェントサービスで受けられるサポート

  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 業界・企業情報の提出
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリング
  • 求人の紹介
  • 志望企業への推薦
  • 円満退社のための手続きのアドバイス
  • 年収交渉
  • 入社日の調整

悪い評判・口コミから分析|クリーデンスを利用するデメリット

クリーデンスの悪い評判を聞いたことはありませんか?
ここでは、悪い評判・口コミもご紹介いたします。

クリーデンスは現在まで約140,000人以上の利用者がいます。その中の利用者1%が1件悪い評判を残すだけで、1,400件もの悪い評判が世の中に広まることになります。
ですから、あなたもクリーデンスの悪い評判を聞いたことがあるのではないでしょうか。

また、担当のキャリアアドバイザーによってサポート体制が異なるようです。
転職エージェントを利用するときにはキャリアアドバイザーとの相性が重要なポイントになりますので、実際に利用してみて合わないようであれば担当者の変更や他の転職エージェントの利用を検討してみてください。

デメリットに対する対策もご紹介いたしますので、是非参考になさってください。

クリーデンスを利用するデメリット

  • 求人を紹介してもらえなかった
  • 連絡がしつこい
  • 質の悪い求人がある

1.求人を紹介してもらえなかった

口コミアイコン
30代女性
ファッションデザイナー希望で求人を探していました。希望やスキル、キャリアをアドバイザーにお伝えして、求人の紹介を待っていましたが、私に適した求人は現在紹介できないとの返事がきました。こだわりがある方は希望の求人に出会うことが難しいと思います。
口コミアイコン
20代男性
僕はアパレル系で求人を探していました。キャリアアドバイザーと相談、希望条件を伝えて求人の紹介をお願いしました。しかし、僕の条件に適した求人がなく、別の求人を勧められました。キャリアが短い方には向かないと思います。

2.連絡がしつこい

口コミアイコン
20代女性
ファッション業界での転職を考えていて、クリーデンスを利用しました。アドバイザーが丁寧に相談に乗ってくれてとても助かりましたが、連絡のタイミングが夜遅かったり、仕事の時間帯で出れないときに複数回連絡をされることがありました。もう少し頻度を少なくしてほしかったです。
口コミアイコン
20代女性
初めての転職エージェントでした。アドバイザーに希望条件と現在のキャリアやスキルを話して求人を紹介してもらいました。いくつか求人が紹介され、考えるため時間をもらっていましたが、アドバイザーから何回も確認の連絡がきました。あまりにもしつこいので鬱陶しさまで感じました。

3.質の悪い求人がある

口コミアイコン
20代男性
希望条件に適している企業の求人をいくつか紹介されました。しかし、中には条件のハードルが高かったり、条件が悪かったりと質の低い求人がみられました。期待していたので、求人の質の悪さがあるのは少しがっかりしました。
口コミアイコン
30代女性
クリーデンスを利用して転職しました。条件に適した企業を見つけ応募し、無事に内定をもらって就職しました。しかしいざ就職すると、職場の雰囲気も良くない、条件も違うといった、いわゆるブラック企業でした。質の悪い求人に当たってしまいとても残念に感じています。
口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

クリーデンスの登録後の流れ

クリーデンスを利用するにはまずはWebから申し込む必要があります。
また、申し込み後の手順は下記のとおりです。しっかりと活用するためのポイントも併せてご紹介いたします。

1.「転職支援サービスお申し込み」フォームから申し込み
2.キャリアアドバイザーとの面談
3.求人紹介・書類添削・面接対策
4.応募・面接
5.内定・退職手続き

1.「転職支援サービスお申し込み」フォームから申し込み

まずは、「転職支援サービスお申し込み」フォームから申し込みます。
申し込みでは下記のような内容を入力します。

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収

まだ転職を考え始めた初期段階であまり具体的に分からないという方も大体で構いませんので入力しておきましょう。
お申し込みの内容により担当のキャリアアドバイザーが変わる可能性があります。

申し込み後は2〜7日程度で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡がきます。

転職エージェントとのやりとりをスムーズに
勤務中に転職エージェントからの着信があったりすると困るという方も多いのではないでしょうか。
そのような方はあらかじめ「電話対応が可能な時間帯」「メールなら対応できる時間帯」を伝えておくと安心です。
それでも、急ぎの場合もあったりしますので「不在の場合には、必ず留守番電話を残してください」と伝えておくのも有効です。
2.キャリアアドバイザーとの面談

面談は対面もしくは電話形式が可能です。
面談場所はクリーデンスの拠点となります。東京・大阪・名古屋にそれぞれプライバシーに配慮された個室の面談ブースを設置しています。
下記に全国の拠点一覧も記載していますので、参考になさってください。近くに拠点が無い方は電話面談も可能ですので、ご相談ください。

また、クリーデンスでは仕事を続けながら転職活動をしている方のためにも、土曜日も対応しています。
業界・職種に詳しい専任のキャリアアドバイザーがつきます。これまでの経験や希望条件の詳細を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案が行われます。
面談で行うのは下記のような内容です。

キャリアの棚卸し

キャリアアドバイザーと共に客観的にみたあなたの強み・弱みを整理します。

転職の目的や希望条件の確認

転職で実現したいことや譲れない条件の確認をします。転職すること自体がゴールではなく、転職してどうなりたいかを考えます。入社後の活躍やキャリアアップ、どのような生活・環境を望むのかしっかり伝えておきましょう。

方向性の明確化

面談後の転職活動の進め方を決めます。希望の転職時期から逆算してスケジュールを立てていきます。

現在の転職市場に関する情報共有

現在の転職市場ではどのような人材が求められているのかなどの情報を得ることができます。客観的にみた、あなたの評価・強みを確認しておきましょう。

当日の面談をスムーズに進めるためには、希望条件や希望職種・業界をある程度具体的に考えておきましょう。

キャリアアドバイザーとの面談では、最新の転職市場の情報を得られるだけでなく、あなたの現在の状況や今後の方針を整理しながらスケジュール立てることができますので、やるべきことが明確になってくると思います。

全国の拠点一覧
東京支社
〒107-0052
東京都港区赤坂7-3-37 カナダ大使館ビル2F
・東京メトロ銀座線
・半蔵門線
・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」 4番出口より徒歩5分

大阪支社
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 17F
・JR東海道線「大阪駅」連絡橋口より徒歩7分

名古屋支社
〒450-6490
愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28-12 大名古屋ビルヂング14F
・JR「名古屋駅」より徒歩3分

面談時の服装
面談時の服装は自由です。
リラックスして話せることを重視するのであれば、着慣れた私服などがいいでしょう。
一方、企業との面接対策も兼ねて身だしなみのアドバイスも受けたいという方はスーツなどでいくのもおすすめです。
身だしなみのアドバイスはどこをどのように注意すると採用担当者からの印象が良くなるのか、より具体的に提案してもらいましょう。
3.求人紹介・書類添削・面接対策

面談の内容を基に非公開求人などの紹介が始まります。
求人の紹介とともに、志望業界の最新動向や求人企業の風土、職場環境などの情報提供も受けられます。

書類添削や面接力向上セミナーもありますので、是非活用してみましょう。

非公開求人とは
多くの転職エージェントは非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェントを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。

その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職エージェントから紹介してもらいましょう。

4.応募・面接

応募したい企業が決まれば、キャリアアドバイザーに推薦してもらいます。

5.内定・退職手続き

転職エージェントを利用すると個人だとなかなか難しい年収や待遇の交渉も代行してくれます。入社日の調整も代行してくれたり、円満退職にするためのアドバイスもくれます。
退職するとなると引き継ぎなど何かと忙しくなることも多いかと思いますが、サポートしてくれる存在があると安心できます。

クリーデンスに関するよくある疑問

Q1.キャリアアドバイザーに話したことは企業にも筒抜けなのでしょうか?
Q2.紹介された求人は応募しないことも可能でしょうか?
Q3.在職中なのですが登録は可能ですか?
Q4.キャリアアドバイザーは変更できますか?
Q5.退会はどのようにできますか?

Q1.キャリアアドバイザーに話したことは企業にも筒抜けなのでしょうか?

転職エージェントに話したことがそのまま企業に伝わるわけではありません。
職歴が多かったり、退職理由が話しづらいものだったりするとごまかしてしまいたくなるものですが、なるべく正直に伝えることをおすすめします。
嘘をついたり、その場限りのごまかしをしてしまうと、これまでの経験を整理したときにつじつまが合わなくなってしまう上に、二度とその企業の選考を受けられなくなってしまう可能性もあります。

キャリアアドバイザーは経歴などの少しでも良い見せ方・伝え方も一緒に考えてくれます。
不安なことは気軽に相談してみましょう。

Q2.紹介された求人は応募しないことも可能でしょうか?

もちろん可能です。応募したくないものについてはきっぱり断りましょう。
キャリアアドバイザーと価値観が合わないとあなたが考えていたものと違う求人ばかり紹介されてしまうということもあるかと思います。
そういった場合はなぜその求人ではだめなのか、絶対に譲れない条件などをなるべく具体的に伝えましょう。
そうすることで、希望の求人を紹介してもらいやすくなっていきます。

Q3.在職中なのですが登録は可能ですか?

大丈夫です。転職を考えている段階から相談などしたほうが転職の成功率が高い傾向にあります。

Q4.キャリアアドバイザーは変更できますか?

専任のキャリアアドバイザーの変更をお願いすることも可能です。職種や業界、地域によっては変更が難しいこともありますが、あまりに合わない場合は変更をお願いしてみるのもいいかもしれません。
こちらのページからお問い合わせが可能です。

Q5.退会はどのようにできますか?

Webページで退会の手続きが可能です。
氏名、生年月日、メールアドレスなど簡単な項目を入力するだけで退会できますので、サービスが不要になった方はマイページログイン後、マイページトップページの下のほうにあるリンクから手続きを済ませましょう。

クリーデンスの利用がおすすめなひと

転職エージェントは主に「求人の量・質」「サポート体制」で比較することができます。

クリーデンスはアパレル・ファッション業界に特化しているのが魅力です。
より専門領域に特化しており、数多くの方々を転職成功に導いてきたノウハウを活かした質の高いアドバイス・サポートも受けることができます。

そのため、アパレル・ファッション系の転職をお考えのすべての方に一度は利用していただきたいエージェントサービスです。

ですが、転職エージェントを選ぶ際にはひとつの転職エージェントだけに頼らないことが最も重要です。
なぜなら、あなたの希望する働き方と転職エージェントの得意不得意が合っていなければ本当に希望していた働き方を叶える求人には出会えないからです。

クリーデンスと併せて複数の転職エージェントを利用し、数名のキャリアアドバイザーと出会うことで、あなたの希望する働き方をきちんと理解してくれるひとに出会えると思います。

まずは、多くの方に併用することをおすすめしたい総合型転職エージェント業界大手2社をご紹介いたします。

▶︎横にスクロールできます▶︎

次に、特化型転職エージェントをタイプ別におすすめ一覧でご紹介いたします。
特化型転職エージェントは特定の職種・業界・タイプ別に特化したサポートが魅力です。
気になる業界がある方はそこに特化したものをお選びください。担当者が業界出身者であることが多く、専門性の高いアドバイスを得ることができ、転職活動がスムーズに進められる可能性が高くなります。

クリーデンスはサポートも充実しているため、他の転職エージェントと併用がおすすめです。
加えて、40代、50代の方はハイクラス向けのエージェントサービスやこれまでの経験を活かせるような業界・職種に特化したものを併用しましょう。

ハイクラスや第二新卒、女性などの特徴に合わせた転職エージェントもありますので、下記の表の中にはあなたに合ったものもあると思います。

おすすめサービス 公式サイト
看護師 看護のお仕事 https://kango-oshigoto.jp/
介護 スマイルSUPPORT介護 https://www.h-career-support.com/kaigo/
保育士 保育ひろば https://hoiku-hiroba.com/
薬剤師 薬キャリ https://pcareer.m3.com/
IT・Web
エンジニア
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
製造業系
エンジニア
メイテックネクスト https://www.m-next.jp/
管理部門
(経理・財務・
人事・総務)
MS-Japan https://www.jmsc.co.jp/
公認会計士 マイナビ会計士 https://cpa.mynavi.jp/
医師 エムスリーキャリア https://agent.m3.com/
アパレル クリーデンス https://www.crede.co.jp/
クリエイティブ マスメディアン https://www.massmedian.co.jp/
マーケティング マーケティング
転職.com
http://www.marketing-jac.com/
コンサル JACリクルートメント http://www.jac-recruitment.jp/
金融 マイナビ金融AGENT https://mynavi-agent.jp/
ゲーム Geekly https://www.geekly.co.jp/
外資 ロバート・
ウォルターズ
https://www.robertwalters.co.jp
管理職・
ハイクラス
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
女性の転職 パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/
ニート・
フリーター
就職Shop https://www.ss-shop.jp/
ベンチャー Goodfind https://www.goodfind.jp/2020/
第二新卒 ハタラクティブ https://hataractive.jp/

▶︎横にスクロールできます▶︎

最終的には総合型と特化型で合計3社ほど利用するのがおすすめです。

各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみてください。
求人の検索のしやすさや担当者との連絡の方法、担当者の熱意などあなたで合う合わないがはっきりとしてくると思います。
使いやすいサービスについてはそのまま継続利用し、もっと他にも検討してみたいとおもった場合には早めに他の転職エージェントの利用も検討しましょう。

また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思うので、そのタイミングで改めて転職エージェントを選んでみるのもいいですね。
転職エージェントは担当するキャリアコンサルタントの相性や質が最も重要です。まずは利用してみて、一番良いと思ったところを活用するという心構えで選んでみることをおすすめします。

転職決定者は約4.2社の転職エージェントを利用
実は転職を見事成功させた人ほど複数の転職エージェントを利用していることがリクルートの調査により確認されています。

【転職エージェント利用社数】

転職決定者 平均 4.2 社
全体 平均 2.1 社

複数の転職エージェントを利用することが転職成功につながる理由は2つあります。
1つ目の理由は非公開求人の存在です。特に総合型転職エージェントの場合、そのエージェントでしか見ることができない独占の非公開求人を扱っています。複数の転職エージェントに登録することで多くの非公開求人を見ることができ、自分の可能性を広げることができます。
2つ目の理由は自分に合った転職エージェントを見つけやすくなることです。実際に複数の転職エージェントに登録して利用してみることによって、転職エージェントとの相性を実際に感じることができます。
転職活動を成功させるためには、自分に合った転職エージェントを見つけることがとても重要なので、その後の転職活動をより効率的に進めるためにも、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを最大限に活用する6つのポイント

1.連絡は素早く・こまめに

担当のキャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。
人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。
複数の転職エージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。
あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。

2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。
転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

3.経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

4.希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のキャリアコンサルタントに共有することが重要です。
なぜならキャリアコンサルタントはその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。
あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。
そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

5.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。
また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

6.推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。
「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。
担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

クリーデンスの評判・口コミまとめ

この記事ではクリーデンスの評判・口コミとそれを基にしたクリーデンスのメリット・デメリットなどをまとめてご紹介いたしました。

クリーデンスの特徴
アパレル・ファッション専門ならではの実績と情報量
アパレル・ファッション業界、人材業界出身のキャリアアドバイザー
転職業界大手のパーソルキャリアが運営

クリーデンスは業界に特化した求人や手厚いサポートが魅力ですが、一方で担当者によっては紹介してくる求人の質が悪かったり、対応が良くない場合もあるようです。

他の転職エージェントと併用し、あなたの転職の成功確率を高めましょう。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄